霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 諒解(りやうかい)〔一六二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第4篇 四鳥の別 よみ:しちょうのわかれ
章:第16章 諒解 よみ:りょうかい 通し章番号:1623
口述日:1923(大正12)年05月25日(旧04月10日) 口述場所:天声社 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 343頁 修補版: 校定版:231頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 初稚姫(はつわかひめ)は、002(はや)くもエルの(みなと)につきたまひ、003アスマガルダ、004ブラヷーダ、005カークス、006ベース、007スマートと(とも)008阜頭(ふとう)()つて玉国別(たまくにわけ)(ふね)(すす)(きた)るを()ちつつあつた。009(ふね)(やうや)くにしてエルの(みなと)についた。010玉国別(たまくにわけ)(うれ)しげに(ふね)より一行(いつかう)(とも)(のぼ)(きた)り、011初稚姫(はつわかひめ)(まへ)()つて一礼(いちれい)(をは)り、
012玉国別(たまくにわけ)『スーラヤの(きよ)(みづうみ)(やうや)くに
013(かみ)(めぐみ)(わた)()にけり。
014初稚姫(はつわかひめ)(うづ)(みこと)逸早(いちはや)
015()きたまひたる(こと)(たふと)さ』
016初稚姫(はつわかひめ)(みづうみ)(おも)(なが)めて幾度(いくたび)
017()ちあぐみけり(きみ)御船(みふね)を』
018真純彦(ますみひこ)金銀(きんぎん)(なみ)(ただよ)ひし(この)(うみ)
019初稚姫(はつわかひめ)(かがや)きにしかず。
020(なみ)(うへ)ゆエルの(みなと)(なが)むれば
021()(かがや)きぬ(うづ)御姿(みすがた)
022三千彦(みちひこ)(つき)()(しほ)みち(ふね)(ひと)()
023(こころ)みちつつ浪路(なみぢ)(わた)()ぬ。
024(つつが)なく(かみ)(めぐみ)(わた)()
025(この)(みづうみ)(わか)れむとぞする。
026(わか)()のつらさは浪路(なみぢ)にあるものを
027(ともな)ひたまへ初稚姫(はつわかひめ)(きみ)
028初稚姫(はつわかひめ)皇神(すめかみ)御言(みこと)(かしこ)(すす)()
029(かみ)としあれば(とも)(たの)まじ』
030デビス(ひめ)惟神(かむながら)(みち)()(ひと)(ただ)一人(ひとり)
031(すす)(おきて)()らずありけり。
032如何(いか)にせば(かみ)御心(みむね)(かな)ふらむ
033(わが)()(きみ)(とも)にある()は』
034ブラヷーダ『(わらは)とて(かみ)としあれば草枕(くさまくら)
035一人(ひとり)(たび)如何(いか)(おそ)れむ。
036さりながら(かみ)(ゆる)せし()(きみ)
037(わか)れて如何(いか)(すす)()ざらめ』
038初稚姫(はつわかひめ)大神(おほかみ)のまけのまにまに(すす)()
039如何(いか)でか(ひと)(ちから)とやせむ。
040三五(あななひ)(かみ)御規(みのり)(ただ)一人(ひとり)
041(みち)つたへ()くぞ(つと)めなりけり』
042治道(ちだう)『あら(たふと)初稚姫(はつわかひめ)御言葉(おんことば)
043(わが)(たましひ)(やみ)()らしぬ』
044玉国別(たまくにわけ)大神(おほかみ)御言(みこと)(かしこ)(すす)(われ)
045一人(ひとり)はゆるせ初稚(はつわか)(きみ)
046初稚姫(はつわかひめ)(なれ)こそは(かみ)()さしの神司(かむつかさ)
047やすくましませ真純彦(ますみひこ)(とも)に』
048伊太彦(いたひこ)『これはしたり三千彦(みちひこ)さまの真似(まね)をして
049(おも)はず()らず(やみ)(まよ)ひぬ』
050 伊太彦(いたひこ)埠頭(ふとう)(いし)(こし)()ちかけ、051双手(もろて)()んで何事(なにごと)思案(しあん)()れて()る。052(その)両眼(りやうがん)には(なみだ)さへ(したた)り、053さも懺悔(ざんげ)(じやう)()へざるものの(ごと)くであつた。054ブラヷーダは(こころ)(こころ)ならず055伊太彦(いたひこ)(まへ)(にじ)()り、
056『もし(わが)()君様(きみさま)057貴方(あなた)(にはか)(すぐ)れさせられぬ御心持(おこころもち)058(なに)心配(しんぱい)(こと)出来(でき)(まゐ)りましたか、059差支(さしつかへ)()くば(わたし)仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ。060夫婦(ふうふ)となれば何処(どこ)(まで)苦楽(くらく)(とも)にするのが天地(てんち)(みち)(ござ)います』
061 伊太彦(いたひこ)(くび)左右(さいう)()り、062(こゑ)までかすめて、
063『ブラヷーダ、064どうか(いま)(まで)(えん)ぢやと(あきら)めて、065(この)伊太彦(いたひこ)(ゆる)して()れ。066一生(いつしやう)御願(おねが)ひだ』
067ブラヷーダ『(なに)がお()(さは)つたか()りませぬが、068つい初稚姫(はつわかひめ)(さま)御言葉(おことば)(したが)つて貴郎(あなた)御船(おふね)(はな)069(さき)(まゐ)つたのが御意(ぎよい)(さは)つたので(ござ)いませう。070(まこと)()まない(こと)(いた)しました。071(この)()はきつと貴方(あなた)身辺(しんぺん)御保護(ごほご)(いた)しますからお(ゆる)(くだ)さいませ』
072(なみだ)ぐむ。
073伊太(いた)『いやいや074(けつ)してそんな(こと)(かれ)(これ)(おも)ふのではない。075(まへ)初稚姫(はつわかひめ)(さま)のお(とも)をして大変(たいへん)結構(けつこう)であつた。076天晴(あつばれ)ハルナの(みやこ)(まゐ)つて神命(しんめい)(はた)077(その)(うへ)神様(かみさま)のお(ゆる)しを()てお(まへ)夫婦(ふうふ)になれるものならなりませう。078(この)伊太彦(いたひこ)はお(まへ)(わか)れたならば079一生(いつしやう)独身(どくしん)生活(せいくわつ)をして神界(しんかい)(つか)へる(つも)りだ。080(まへ)(これ)から(わたし)(はな)れて(いへ)(かへ)り、081両親(りやうしん)孝行(かうかう)(つく)し、082適当(てきたう)(をつと)(えら)んで安楽(あんらく)(くら)してくれ。083(しか)(いつ)たん(わか)れても(えん)さへあれば(また)()(こと)出来(でき)るだらう。084初稚姫(はつわかひめ)(さま)のお言葉(ことば)()ひ、085ウバナンダ竜王(りうわう)言葉(ことば)()ひ、086もはや(この)伊太彦(いたひこ)()つても()てもおられなくなつて仕舞(しま)つたのだ』
087ブラヷーダ『()玉国別(たまくにわけ)(さま)088初稚姫(はつわかひめ)(さま)089如何(いかが)(いた)しませうか。090何卒(どうぞ)吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)(たい)してお指揮(さしづ)(くだ)さいませ』
091 玉国別(たまくにわけ)は、092アヽと()つたきり(なみだ)(ぬぐ)(なが)黙然(もくねん)として(うつむ)093(ふか)吐息(といき)をついて()る。
094初稚姫(はつわかひめ)(わか)れてはまた()(うみ)(すゑ)(ひろ)
095男浪(をなみ)女浪(めなみ)(うか)月影(つきかげ)
096玉国別(たまくにわけ)初稚姫(はつわかひめ)(さま)(いま)のお(うた)によれば、097伊太彦(いたひこ)098可愛(かあい)さうだがお(まへ)此所(ここ)からブラヷーダ(ひめ)(たもと)(わか)099天晴(あつぱれ)神業(しんげふ)成就(じやうじゆ)(うへ)100(あらた)めて夫婦(ふうふ)(ちぎり)(むす)んだがよからう。101ブラヷーダ(ひめ)御承知(ごしようち)(ござ)いませうな』
102ブラヷーダ『如何(いか)にもお(なさけ)()もつたお言葉(ことば)103左様(さやう)ならば大切(たいせつ)なる(をつと)御神業(ごしんげふ)(さまた)げてはなりませぬから、104此処(ここ)(いさぎよ)(わか)れませう。105(しか)(なが)(この)まま(いへ)(かへ)(わけ)には(まゐ)りませぬから、106(わたし)もどうぞハルナの(みやこ)御用(ごよう)()てて(くだ)さいませ。107伊太彦(いたひこ)(さま)108左様(さやう)ならばこれでお(わか)(いた)します。109どうぞ御無事(ごぶじ)天晴(あつぱれ)御神業(ごしんげふ)(はた)し、110皇大神(すめおほかみ)御前(みまへ)復命(ふくめい)(あそ)ばすやうお(いの)(いた)します』
111 玉国別(たまくにわけ)莞爾(くわんじ)として()愉快気(ゆくわいげ)に、
112玉国別(たまくにわけ)『ブラヷーダ(ひめ)さま。113貴女(あなた)のお覚悟(かくご)(じつ)天晴(あつぱれ)なもので(ござ)います。114しからば(この)(うへ)貴女(あなた)(ただ)一人(ひとり)でエルサレムに参拝(さんぱい)し、115()れよりエデンの(かは)(わた)り、116フサの(くに)()でハルナの(みやこ)にお(すす)みなさい。117きつと神様(かみさま)がお(たす)(くだ)さいますから。118あゝ(わたし)(たがひ)(たす)(たす)けられて此処(ここ)(まで)()(まゐ)りました弟子(でし)(たち)(わか)れるのは残念(ざんねん)ですが、119どうも神様(かみさま)(おきて)(やぶ)(わけ)にも(まゐ)りませぬ。120(しか)し、121素盞嗚(すさのを)大神様(おほかみさま)から、122真純彦(ますみひこ)123三千彦(みちひこ)124伊太彦(いたひこ)三人(さんにん)(ともな)()(こと)(ゆる)されましたが、125(いま)となつて(かんが)へて()れば126大神様(おほかみさま)はさぞ「玉国別(たまくにわけ)腑甲斐(ふがひ)ない(やつ)だ」とお(こころ)(なか)でお(さげす)みなさつたらうと127今更(いまさら)懺愧(ざんき)()へませぬ。128(しか)(なが)129初稚姫(はつわかひめ)(さま)のお(ゆる)しで真純彦(ますみひこ)一人(ひとり)()れて(まゐ)(こと)(いた)します。130伊太彦(いたひこ)(ひと)(これ)からエルサレムに(たま)(をさ)め、131フサの(くに)横断(わうだん)してハルナの(みやこ)(すす)んだがよからう。132三千彦(みちひこ)133(まへ)一人(ひとり)でお(いで)なさい』
134 伊太彦(いたひこ)135三千彦(みちひこ)136ブラヷーダ、137一度(いちど)(あたま)()(なみだ)(したた)らしながら138承諾(しようだく)()(しめ)して()る。
139玉国(たまくに)『アヽそれで玉国別(たまくにわけ)安心(あんしん)(いた)しました。140初稚姫(はつわかひめ)(さま)神懸(かむがか)りしてのお言葉(ことば)によりまして、141吾々(われわれ)(まよ)ひの(ゆめ)()めました。142有難(ありがた)(ござ)います』
143合掌(がつしやう)涕泣(ていきふ)してゐる。
144デビス(ひめ)『いざさらば(かみ)(をしへ)三千彦(みちひこ)
145(わか)れて()はむハルナの(みやこ)で。
146初稚姫(はつわかひめ)玉国別(たまくにわけ)神司(かむづかさ)
147やすくましませ(わらは)はこれにて(いとま)をつげむ』
148()ふより(はや)一同(いちどう)目礼(もくれい)し、149(はや)くもエルの(まち)(なか)姿(すがた)(かく)して仕舞(しま)つた。150これより初稚姫命(はつわかひめのみこと)により、151アスマガルダは(わが)()(かへ)り、152ブラヷーダ、153デビス(ひめ)(おも)(おも)ひに人跡(じんせき)なき(やま)()(たに)(わた)り、154エルサレムに(すす)(こと)となつた。155伊太彦(いたひこ)156三千彦(みちひこ)(また)(たま)捧持(ほうぢ)一人旅(ひとりたび)となつてエルサレムに(すす)()く。157初稚姫(はつわかひめ)はスマートと(とも)何処(どこ)ともなく姿(すがた)(かく)したまうた。158治道居士(ちだうこじ)自分(じぶん)幕下(ばくか)なりし、1581バット、159ベル(ならび)にウラル(けう)より帰順(きじゆん)したる、1591カークス、160ベースの四人(よにん)(したが)161各自(かくじ)比丘(びく)姿(すがた)となつて、162エルの(みなと)にて法螺貝(ほらがひ)(あがな)ひ、163金剛杖(こんがうづゑ)をつき大道(だいだう)(すす)んでエルサレムに(まう)づる(こと)となつた。164今後(こんご)()ける(かく)宣伝使(せんでんし)行動(かうどう)(はた)して如何(いか)開展(かいてん)するであらうか。
165大正一二・五・二五 旧四・一〇 於天声社楼上 加藤明子録)