霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 神判(しんぱん)〔一六二八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第5篇 神検霊査 よみ:しんけんれいさ
章:第21章 第63巻 よみ:しんぱん 通し章番号:1628
口述日:1923(大正12)年05月29日(旧04月14日) 口述場所:天声社 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6321
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 364頁 修補版: 校定版:294頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 ブラヷーダはまだ十六才(じふろくさい)(むすめ)(ざか)り、002(はじ)めて(こひ)しき父母(ふぼ)(いへ)(はな)れ、003二世(にせ)(をつと)(ちぎり)たる伊太彦(いたひこ)(ちから)にエルの(みなと)(まで)ヤツと()いて()(ところ)004初稚姫(はつわかひめ)訓戒(くんかい)によつて、005伊太彦(いたひこ)(ただ)一人(ひとり)宣伝(せんでん)(たび)(おもむ)(こと)となり、006(つばさ)()られた(とり)(ごと)く、007(あし)をもがれし(かに)(ごと)く、008(さび)しさと(かな)しさに(むね)(ふさ)がり、009せめてはエルサレムにて(こひ)しき伊太彦(いたひこ)()はむ(こと)一縷(いちる)(のぞ)みとして、010(あゆ)みも()れぬ大原野(だいげんや)(うち)(わた)(けはし)山路(やまぢ)()えて、011(やうや)此処(ここ)(あへ)(あへ)(のぼ)りつめて()たのである。
012 死線(しせん)()えた(とき)邪気(じやき)体内(たいない)幾分(いくぶん)(のこ)りし(こと)長途(ちやうと)(たび)(つか)れとによりて、013最早(もはや)014(こん)()絶望(ぜつばう)(ふち)(しづ)()(ところ)へ、015いとも(すさま)じき猛獣(まうじう)(こゑ)016彼方(かなた)此方(こなた)より(おそ)(きた)る。017(さび)しさ(おそ)ろしさに(たましひ)()えむ(ばか)り、018バタリと道端(みちばた)(たふ)れ、019決死(けつし)覚悟(かくご)にて父母(ふぼ)兄弟(きやうだい)020(をつと)安全(あんぜん)(いの)りつつ、021(かな)しさ()へやらず、022(こゑ)(かぎ)りに()(さけ)んでゐた(ところ)へ、023三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)三千彦(みちひこ)突然(とつぜん)(あら)はれて()たので、024地獄(ぢごく)如来(によらい)()ひたる(ごと)心地(ここち)しつつ(おも)()(おこ)し、025やや落着(おちつ)きたる(てい)にて、
026ブラヷーダ『三千彦(みちひこ)(さま)027よくまア(わらは)断末魔(だんまつま)とも()ふべき難儀(なんぎ)場所(ばしよ)へお()(くだ)さいまして、028(なさけ)のお言葉(ことば)(たまは)り、029(ほと)んど(よみがへ)つた(やう)心地(ここち)(いた)します。030()きましては神様(かみさま)(おほ)せは一人旅(ひとりたび)との(こと)(ござ)いますが、031貴方(あなた)(わらは)とは(べつ)夫婦(ふうふ)でもなければ(あや)しき恋仲(こひなか)でも(ござ)いませぬ。032それ(ゆゑ)(みち)三丁(さんちやう)五丁(ごちやう)()()つて(ある)いた(ところ)で、033(べつ)(かみ)のお(とが)めは(ござ)いますまい。034斯様(かやう)(けはし)山路(やまみち)035せめて(この)(たうげ)(むか)ふへ(くだ)(まで)036(わらは)一緒(いつしよ)()つて(くだ)さる(わけ)には()きますまいかな。037孱弱(かよわ)(をんな)(たの)(ごと)038屹度(きつと)貴方(あなた)()いて(くだ)さるでせう。039気強(きづよ)いばかりが宣伝使(せんでんし)のお(やく)でも(ござ)いますまい』
040退()(ぴき)ならぬ(くぎ)(かすがひ)041三千彦(みちひこ)(ひめ)窮状(きうじやう)()て、042(ただ)俯向(うつむ)いて吐息(といき)をついて()た。043(あや)しき猛獣(まうじう)(こゑ)刻々(こくこく)身辺(しんぺん)近寄(ちかよ)(ごと)(きこ)えて()た。
044 三千彦(みちひこ)如何(いかが)はせむと、045とつおいつ思案(しあん)()れて()たが、
046三千(みち)『エヽ、047ままよ、048(ひと)(すく)ふは宣伝使(せんでんし)(やく)049仮令(たとへ)罪悪(ざいあく)()はれて根底(ねそこ)(くに)(おと)されようとも、050(この)可憐(かれん)(をんな)見捨(みす)てて()かれようか。051神素盞嗚(かむすさのを)大神様(おほかみさま)世人(よびと)(ため)052千座(ちくら)置戸(おきど)()(たま)ひしと()く。053(われ)大神(おほかみ)(なが)れを()んで()(すく)宣伝使(せんでんし)なれば、054千座(ちくら)置戸(おきど)(あま)んじて()けむ。055(わが)()(つみ)(おそ)れて(ひと)(すく)はざるは(かへつ)(かみ)御怒(みいか)りに()れようも()れぬ。056初稚姫(はつわかひめ)(さま)のお言葉(ことば)は、057(あるひ)吾々(われわれ)(こころ)(ため)されたのではないだらうか。058(かみ)ならぬ吾々(われわれ)059どうして正邪(せいじや)善悪(ぜんあく)区別(くべつ)がつかう。060(ただ)吾々(われわれ)(こころ)最善(さいぜん)(おも)つた(ところ)を、061ドシドシ(おこな)ふのが吾々(われわれ)(つと)めだ。062男子(だんし)(だん)一字(いちじ)(たから)だ。063(ちひ)さい(こと)(こころ)ひかれて躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)する(こと)はない。064(わし)(この)ブラヷーダ(ひめ)見捨(みす)てて()かうものなら、065(かなら)猛獣(まうじう)餌食(ゑじき)になつて(しま)ふであらう。066万々一(まんまんいち)067(わし)罪人(つみびと)(むれ)()ちても(すく)はねばならぬ』
068大勇猛心(だいゆうまうしん)(おこ)し、069ブラヷーダ(ひめ)(せな)()でながら、
070三千(みち)(ひめ)(さま)071(かなら)御心配(ごしんぱい)なさいますな。072神様(かみさま)(をしへ)一人旅(ひとりたび)でなければならぬと(おほ)せられましたが、073(いやし)くも男子(だんし)として孱弱(かよわ)(をんな)()(ただ)一人(ひとり)見捨(みす)てて()かれませう。074貴女(あなた)(すく)ふた(ため)075(わたし)(かみ)(いか)りに()れ、076根底(ねそこ)(くに)()ちようとも(をとこ)意地(いぢ)077覚悟(かくご)(まへ)(ござ)います。078さア(わたし)()()ふて(この)急阪(きふはん)()えさして()げませう。079(けつ)して御心配(ごしんぱい)なさいますな。080三千彦(みちひこ)最早(もはや)覚悟(かくご)(いた)しました』
081 ブラヷーダ(ひめ)(うれ)しげに、
082『あゝ世界(せかい)(おに)()いとやら、083三千彦(みちひこ)(さま)084よう()つて(くだ)さいました。085貴方(あなた)(わらは)(たす)けて、086仮令(たとへ)根底(ねそこ)(くに)()ちるとも(かま)はないと仰有(おつしや)いましたな。087ほんに親切(しんせつ)宣伝使(せんでんし)088(わらは)貴方(あなた)(ため)には仮令(たとへ)根底(ねそこ)(くに)()ちようとも、089(すこ)しも(うら)みとは(おも)ひませぬ。090貴方(あなた)のやさしいお言葉(ことば)は、091幾万年(いくまんねん)(よろこ)びを(あつ)めても()(がた)(ぞん)じます』
092(にはか)(めう)(こころ)になつて、093乙女心(をとめごころ)のフラフラと三千彦(みちひこ)(むね)矢庭(やには)()ひつき、094(ほほ)(くち)づけをした。
095 三千彦(みちひこ)(おどろ)いて(あと)()()り、
096三千(みち)『これはしたり、097ブラヷーダ(さま)098左様(さやう)(こと)(あそ)ばすと、099それこそ天則違反(てんそくゐはん)になりますから、100(つつし)んで(もら)()(ござ)います』
101ブラヷーダ『(わらは)最早(もはや)(この)(とほ)手足(てあし)(まま)ならぬ()(うへ)102どうせ()なねばならぬ(この)(からだ)103仮令(たとへ)貴方(あなた)()はれて(この)(さか)無事(ぶじ)()されても、104到底(たうてい)エルサレムへ()(こと)出来(でき)ますまい。105最早(もはや)()(けつ)した(わらは)106いとしい(こひ)しい貴方(あなた)(からだ)()れて()にましたら、107()はや(この)()(のこ)りは(ござ)いませぬ』
108犇々(ひしひし)()(くづ)るる(その)可憐(いぢ)らしさ。109三千彦(みちひこ)当惑(たうわく)()をしばたたき、
110三千(みち)『あゝ流石(さすが)(をんな)だな。111まだ(とし)()かぬから無理(むり)もないだらうが、112こりや(また)えらい(こと)出会(でつくは)したものだ。113エー、114仕方(しかた)がない。115ブラヷーダ(さま)116貴女(あなた)自由(じいう)になさいませ。117三千彦(みちひこ)覚悟(かくご)(いた)して()ります』
118 ブラヷーダは(こひ)しき、119(なつか)しき、120三千彦(みちひこ)(むね)にピタリと()きついて(ふる)ふて()る。
121 そこへ(した)(はう)からスタスタやつて()一人(ひとり)(をんな)は、122(をり)(あし)くもデビス(ひめ)であつた。123デビス(ひめ)(この)(てい)()(まゆ)逆立(さかだ)(なが)ら、124グツと(にら)まへて()る。125三千彦(みちひこ)126ブラヷーダは一生懸命(いつしやうけんめい)()きついて()いて()るので、127デビス(ひめ)(わが)(まへ)()つて()るのも()がつかなかつた。
128 ブラヷーダは()()(やう)(こゑ)三千彦(みちひこ)(むね)(いだ)かれ、129(りやう)()(ほほ)()(なが)ら、
130ブラヷーダ『神徳(しんとく)(たか)三千彦(みちひこ)(さま)131何卒(どうぞ)(わらは)末永(すゑなが)可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ。132どうやら(あし)(いた)みも、133貴方(あなた)御親切(ごしんせつ)にして(くだ)さつた(うれ)しさで、134(わす)れたやうで(ござ)います。135あゝ(にはか)気分(きぶん)がサラリとして(まゐ)りました。136貴方(あなた)にはデビス(ひめ)(さま)()立派(りつぱ)奥様(おくさま)がおありですから、137どうせ(すゑ)()げられませぬが、138せめてお(こころ)にかけて(くだ)されば、139それで結構(けつこう)(ござ)います』
140三千(みち)『ブラヷーダ(さま)141貴女(あなた)本当(ほんたう)可愛(かあい)いですね。142(しか)(なが)貴女(あなた)仰有(おつしや)(とほ)り、143(わたし)には不束(ふつつか)女房(にようばう)()つて()りますから、144到底(たうてい)貴女(あなた)()()げる(こと)出来(でき)ませぬ。145(また)(わたし)友人(いうじん)なる伊太彦(いたひこ)(つま)とお()(あそ)ばした以上(いじやう)は、146友人(いうじん)(たい)しても、147どうして(これ)が……貴女(あなた)()(こと)出来(でき)ませう。148貴女(あなた)(あい)しますが友人(いうじん)伊太彦(いたひこ)層一層(そういつそう)(わたし)(あい)して()ります』
149ブラヷーダ『ハイ、150よう()ふて(くだ)さいました。151何卒(どうぞ)左様(さやう)なれば(こころ)夫婦(ふうふ)となつて(くだ)さいませぬか』
152三千(みち)『あゝどうしたら()からうかな。153こんな(こと)()くとデビス(ひめ)女房(にようばう)()つたが(うら)めしうなつて()た。154何故(なぜ)(わし)伊太彦(いたひこ)朋友(ほういう)(えん)(むす)んだのだらう。155(じつ)(まま)ならぬ()(なか)だな。156こんな(ところ)をデビスが()ようものなら157(なに)(ほど)(こころ)()彼女(あれ)でも屹度(きつと)(はら)()てるであらう。158エーもう(かま)はぬ、159デビス(ひめ)でも伊太彦(いたひこ)でも()るなら(きた)れ、160三千彦(みちひこ)(この)(をんな)(ため)罪人(ざいにん)となる覚悟(かくご)だ』
161ブラヷーダ『死出(しで)三途(さんづ)162(はり)(やま)163()(いけ)地獄(ぢごく)でも、164貴方(あなた)とならチツとも(いと)ひは(いた)しませぬわ』
165 三千彦(みちひこ)(なん)となく心臓(しんざう)鼓動(こどう)(はげ)しく、166息苦(いきぐる)しきやうになつて()た。167そして(かほ)一面(いちめん)(はづか)しさと(うれ)しさの(ほのほ)()えて、168(にはか)(あつ)くなり(した)さへ(かわ)いて()た。
169 両人(りやうにん)()(くる)(ばか)うつつとなつて、170(いま)(こひ)()()(とら)はれむとする(とき)
171若草(わかくさ)(つま)(みこと)()()てて
172(あざみ)(はな)(こころ)うつしつ。
173デビス(ひめ)(たれ)手折(たを)らぬ鬼薊(おにあざみ)
174(きら)はせ(たま)ふか(うら)めしの(こゑ)
175 三千彦(みちひこ)(この)(こゑ)にハツと()がつき、176よくよく()れば(まが)(かた)なきデビス(ひめ)(わが)(まへ)()つて()る。
177三千(みち)『ヤアお(まへ)はデビス(ひめ)ぢやないか、178そこで(なに)をして()る、179不都合(ふつがふ)千万(せんばん)な』
180狼狽(うろた)(まぎ)れに反対(あべこべ)(しか)りつける。
181デビス『オホヽヽヽヽ、182三千彦(みちひこ)(さま)(すご)(うで)には(この)デビスも(おどろ)きました。183(あい)のない結婚(けつこん)(かへつ)貴方(あなた)(たい)御迷惑様(ごめいわくさま)184それよりも(わらは)(これ)よりエルサレムに()(むか)ひ、185玉国別(たまくにわけ)()(きみ)にお()にかかり、186(この)実状(じつじやう)(つつ)まず(かく)さず(まを)()げますからお覚悟(かくご)なさいませや』
187三千(みち)『やア、188デビス(ひめ)189さう(おこ)つては()れな。190(けつ)してお(まへ)(あい)(うす)くなつたのではない、191(いま)(いま)とてお(まへ)(こと)(おも)(わづら)つて()(ところ)だ。192さうした(ところ)がブラヷーダ(ひめ)此処(ここ)(たふ)れて()たため、193介抱(かいはう)一寸(ちよつと)(まをし)()げた(ところ)194こんな狂言(きやうげん)出来(でき)たのだ。195タカガ十六才(じふろくさい)小娘(こむすめ)196(わし)だつてお(まへ)見換(みかへ)(やう)馬鹿(ばか)(こと)はせないから、197ここは神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)して機嫌(きげん)(なほ)して()れ』
198デビス『(あん)相違(さうゐ)貴方(あなた)()され(かた)199(わらは)(をんな)(はし)くれ、200男子(をとこ)玩弄物(おもちや)にはなりませぬ。201(しか)(なが)貴方(あなた)(わらは)(いのち)親様(おやさま)202(けつ)してお(うら)みは(まを)しませぬ。203(わらは)(ただ)貴方様(あなたさま)のお()()すやうにして()()いのが本心(ほんしん)(ござ)いますから、204自分(じぶん)(あい)犠牲(ぎせい)(いた)します。205何卒(どうぞ)ブラヷーダ(さま)大切(たいせつ)にして、206末永(すゑなが)()()げて(くだ)さいませ。207()うなつたのも(みな)(わらは)貴方(あなた)(たい)する(あい)()らなかつた(ため)です。208そして貴方(あなた)天則違反(てんそくゐはん)(つみ)におなりなさらぬやうに209(わらは)(いま)ここで(いのち)()てて(つみ)身代(みがは)りになります』
210三千(みち)一寸(ちよつと)()つて()れ。211さう短気(たんき)()すものではない。212これには(ふか)(わけ)があるのだ。213(まへ)(いま)()たので、2131前後(ぜんご)事情(じじやう)()らぬからさう()ふのだが、214ブラヷーダ(ひめ)(わし)(あひだ)潔白(けつぱく)なものだ。215()れたの、216()いたのと(わけ)(ちが)ふ。217(けつ)して()れはせぬから安心(あんしん)して()れ』
218デビス『オホヽヽヽ菖蒲(あやめ)杜若(かきつばた)とどれ()(ちが)ひますか、219烏賊(いか)(するめ)と、220どれ()けの区別(くべつ)(ござ)いますか』
221三千(みち)『いかにも章魚(たこ)にも(かに)にも(あし)四人前(よにんまへ)だ、222アハヽヽヽ』
223(わら)ひに(まぎ)らさうとする。
224デビス『三千彦(みちひこ)さま、225()きなさいませ。226そんな(こと)誤魔化(ごまくわ)さうとしても駄目(だめ)ですよ。227それよりも(をとこ)らしう「デビス、228(まへ)(あい)()くなつたから(わか)れて()れ」と仰有(おつしや)つて(くだ)さい。229(くちなは)生殺(なまごろし)殺生(せつしやう)(ござ)いますからな』
230ブラヷーダ『もしデビス(ひめ)(さま)231何事(なにごと)(わらは)(わる)いので(ござ)います。232三千彦(みちひこ)(さま)(つみ)ぢや(ござ)いませぬ、233(わらは)(あぶ)ない(ところ)(たす)けられ、234その(うれ)しさに前後(ぜんご)(わす)れ、235つひ(こひ)()()(とら)はれて(めう)(かんが)へを(おこ)しましたが、236(いま)貴女(あなた)のお(かほ)()るにつけ()(どく)で、237()につまされて、238()ても()つても()れなくなりました。239何卒(どうぞ)三千彦(みちひこ)(さま)(なか)よく()ふて(くだ)さい。240(わらは)貴方(あなた)(たい)する()(わけ)()241ここで自害(じがい)して相果(あひは)てます。242三千彦(みちひこ)(さま)243(これ)(この)()のお(わか)れ』
244()ふより(はや)守刀(まもりがたな)()(いだ)し、245(いま)自害(じがい)をなさむとする(とき)しも、246天空(てんくう)(こが)して(くだ)(きた)大火団(だいくわだん)(たちま)三人(さんにん)(まへ)落下(らくか)し、247轟然(ぐわうぜん)たる(ひびき)(とも)爆発(ばくはつ)して火花(ひばな)四方(しはう)()らした。248三千彦(みちひこ)249ブラヷーダの二人(ふたり)はアツと(あき)れて路上(ろじやう)(たふ)れて(しま)つた。250(いま)(まで)デビス(ひめ)()えしは容色(ようしよく)端麗(たんれい)なる一柱(ひとはしら)女神(めがみ)であつた。251女神(めがみ)言葉(ことば)(しづ)かに両人(りやうにん)(むか)ひ、
252女神(めがみ)(われ)こそは天教山(てんけうざん)(しづ)まる木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)であるぞよ。253(なんぢ)三千彦(みちひこ)254ブラヷーダの両人(りやうにん)255ハルセイ(ざん)悪魔(あくま)良心(りやうしん)攪乱(かくらん)され、256(いま)大罪(だいざい)(をか)さむとせし(ところ)257汝等(なんぢら)(つみ)(すく)ふべくデビス(ひめ)化相(けさう)して、258(なんぢ)迷夢(めいむ)()まし(あた)へしぞ。259以後(いご)(かなら)(つつし)んだがよからう。260(かみ)(けつ)して汝等(なんぢら)(にく)みは(いた)さぬ、261過失(あやまち)二度(ふたたび)なす(なか)れ』
262言葉(ことば)(おごそ)かに(さと)(たま)ふた。263二人(ふたり)はハツと平伏(ひれふ)し、
264『ハイ265有難(ありがた)う』
266(わづか)()つたきり、267その()()()るのみであつた。
268三千彦(みちひこ)三五(あななひ)(かみ)(めぐ)みは何処(どこ)(まで)
269(わが)(たましひ)(まも)(たま)ひぬ。
270若草(わかくさ)(つま)(みこと)(あら)はれて
271(をし)(たま)ひし(かみ)(たふと)き』
272ブラヷーダ(ひめ)恋雲(こひぐも)(いま)(やうや)()()きぬ
273天津御空(あまつみそら)()らす(ひかり)に。
274()(たま)となりて(くだ)りし姫神(ひめがみ)
275御心(みこころ)(おも)へばいとど(たふと)し。
276何故(なにゆゑ)(あや)しき(くも)(おそ)はれて
277人夫(ひとづま)(こひ)(われ)(くや)しき』
278三千彦(みちひこ)『よしや()根底(ねそこ)(くに)()つるとも
279(なれ)(すく)はむと(おも)ひけるかな。
280皇神(すめかみ)(おきて)(つな)(しば)られて
281()(くる)しさを(あぢ)はふ今日(けふ)かな。
282いざさらばブラヷーダ(ひめ)三千彦(みちひこ)
283(なれ)(わか)れて一人(ひとり)()かなむ』
284ブラヷーダ(ひめ)『なつかしき(をしへ)(きみ)立別(たちわか)
285(こひ)山路(やまぢ)(のぼ)りてや()かむ』
286 ()(たがひ)述懐(じゆつくわい)()(なが)(たもと)(わか)ち、287三千彦(みちひこ)はブラヷーダ(ひめ)追付(おつつ)かぬやうと(のぼ)(ざか)(いそ)()く。288ブラヷーダは(また)(おひ)()いては(かへつ)三千彦(みちひこ)迷惑(めいわく)をかけむも()れずと、289故意(わざ)とに足許(あしもと)(おそ)くして神歌(しんか)(とな)(なが)(のぼ)()く。
290大正一二・五・二九 旧四・一四 於天声社 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。