霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 蚯蚓(みみず)(こゑ)〔一六二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第5篇 神検霊査 よみ:しんけんれいさ
章:第22章 第63巻 よみ:みみずのこえ 通し章番号:1629
口述日:1923(大正12)年05月29日(旧04月14日) 口述場所:天声社 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6322
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 369頁 修補版: 校定版:306頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001(ひろ)(ただ)しき(みづのと)
002亥年(ゐのと)卯月(うづき)十四日(じふよつか)
003(あらた)()ちし天声社(てんせいしや)
004二階(にかい)一間(ひとま)()()もり
005口述台(こうじゆつだい)横臥(わうぐわ)して
006(とほ)神世(かみよ)物語(ものがたり)
007(いよいよ)六十三巻(ろくじふさんくわん)
008夢物語(ゆめものがたり)()べてゆく
009御空(みそら)(きよ)(つち)(あを)
010垂柳(しだれやなぎ)粛然(しゆくぜん)
011(そよ)ぎもしない夕間暮(ゆふまぐれ)
012三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
013玉国別(たまくにわけ)一行(いつかう)
014斎苑(いそ)(やかた)()(いで)
015(もも)(なや)みに()(なが)
016スーラヤ(さん)(しづ)まれる
017ナーガラシャーの瑞宝(ずゐほう)
018(をしへ)御子(みこ)伊太彦(いたひこ)
019()()らせつつ海原(うなばら)
020(やうや)()えてエル(みなと)
021(ここ)一行(いつかう)(つつが)なく
022無事(ぶじ)(かほ)をば(あは)せつつ
023前途(ぜんと)光明(くわうみやう)(たの)しみて
024聖地(せいち)(むか)うて()でむとす
025(かみ)(つかさ)初稚姫(はつわかひめ)
026木花姫(このはなひめ)(みこと)もて
027百千万(ももちよろづ)宣言(のりごと)
028()らせたまへば三千彦(みちひこ)
029また伊太彦(いたひこ)(つつし)みて
030(いも)(みこと)()(わか)
031各自(おのも)々々(おのも)(ただ)一人(ひとり)
032聖地(せいち)()して(すす)()
033(みち)(おこ)りし物語(ものがたり)
034いと細々(こまごま)()べてゆく。
035
036豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)
037大日(おほひ)(もと)聖場(せいぢやう)
038(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
039(さだ)まり()ますエルサレム
040(うづ)聖地(せいち)()(たか)
041黄金山(わうごんざん)()れませる
042野立(のだち)(ひこ)野立姫(のだちひめ)
043御霊(みたま)変化(へんげ)(ましま)して
044埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
045()(あら)はれて三五(あななひ)
046(うづ)(をしへ)()れたまふ
047(その)大御旨(おほみむね)(かしこ)みて
048神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
049(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
050由緒(ゆゐしよ)(ふか)霊場(れいぢやう)
051(をしへ)(その)(ひら)きまし
052数多(あまた)(つかさ)教養(けうやう)
053仁慈(じんじ)無限(むげん)御教(みをしへ)
054(ひら)かせたまふ(たふと)さよ
055バラモン(けう)守護(しゆごう)する
056八岐大蛇(やまたをろち)醜鬼(しこおに)
057(しこ)御霊(みたま)言向(ことむ)けて
058(けが)()てたる()(うへ)
059(かみ)御国(みくに)()(なほ)
060(ねた)(そねみ)(うら)みなき
061(まこと)(ひと)つの(かみ)()
062(つく)らむために千万(ちよろづ)
063(なや)みを(おそ)れず遠近(をちこち)
064(たま)御身(おんみ)(くだ)きつつ
065(はげ)ませたまふ(たふと)さよ
066(あさひ)()るとも(くも)るとも
067(つき)()つとも()くるとも
068仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
069三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
070幾万劫(いくまんごふ)(すゑ)(まで)
071宇宙(うちう)(とも)(かは)らまじ
072あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
073(かみ)御稜威(みいづ)有難(ありがた)き。
074
075若葉(わかば)(そよ)(かみ)(その)
076(うめ)(こずゑ)青々(あをあを)
077(あたま)(なら)べて泰平(たいへい)
078ミロクの御代(みよ)(うた)ひつつ
079(いけ)(うか)べる魚族(うろくづ)
080(めぐみ)(つゆ)(たた)へたる
081金竜池(きんりういけ)悠々(いういう)
082(くも)りし世界(せかい)()らず()
083いとたのもしく(あそ)()
084(つき)御空(みそら)皎々(かうかう)
085(かがや)きたまひ神苑(かみぞの)
086(くま)なく()らし(たま)へども
087木下(こした)(やみ)(ひそ)むなる
088(まが)(たけ)びは()()えず
089(かみ)(からだ)(たましひ)
090(そな)へきつたる瑞月(ずゐげつ)
091(からだ)(すぢ)(ほね)までも
092メキメキメキと(いた)めつつ
093(やみ)(まよ)へる()(ひと)
094(すく)はむ(ため)朝夕(あさゆふ)
095(こころ)千々(ちぢ)(くだ)けども
096()(ひと)(まれ)(いま)()
097(すく)はむよしも荒浪(あらなみ)
098(ただよ)(ふね)(ごと)くなり
099あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
100御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ。
101
102(あさ)(ゆふ)なに()(くだ)
103教御祖(をしへみおや)(のこ)されし
104()ける(をしへ)委曲(まつぶさ)
105()(さと)さむと朝夕(あさゆふ)
106(かみ)御前(みまへ)太祝詞(ふとのりと)
107(きよ)(ねがひ)()(まく)
108(かしこ)(みづ)御心(みこころ)
109()らぬ信徒(まめひと)(おほ)くして
110(なつ)若葉(わかば)木下闇(こしたやみ)
111(さわ)(まは)るぞうたてけれ。
112
113和知(わち)河水(かはみづ)淙々(そうそう)
114(いや)永久(とこしへ)御恵(みめぐみ)
115(つゆ)(たた)へて(なが)るれど
116(みづ)御霊(みたま)にヨルダンの
117(きよ)清水(しみづ)()(ひと)
118いとも(まれ)なる(いま)()
119(きよ)(たふと)皇神(すめかみ)
120(をしへ)(かろ)んじ(うと)みつつ
121日頃(ひごろ)主張(しゆちやう)()(わす)
122いろいろ雑多(ざつた)口実(こうじつ)
123(まう)けて()()すうたてさよ
124皇大神(すめおほかみ)御教(みをしへ)
125高天原(たかあまはら)大本(おほもと)
126三千世界(さんぜんせかい)天国(てんごく)
127(わた)世界(せかい)大橋(おほはし)
128(をし)へられたる(こと)()
129(そら)()(かぜ)()(なが)
130大橋(おほはし)()えてまだ(さき)
131行方(ゆくへ)()らぬ醜霊(しこたま)
132()行先(ゆくさき)(あは)れなり
133皇大神(すめおほかみ)試練(こころみ)
134()ひて(やうや)(まなこ)さめ
135()(あらた)めてかへるとも
136白米(しらが)(もみ)(まじ)るごと
137(なん)とはなしに(うと)ましく
138(はじめ)(ごと)くなきままに
139(また)もや(しこ)曲津霊(まがつひ)
140高天原(たかあまはら)大本(おほもと)
141必要(ひつえう)(とき)大切(たいせつ)
142(あつか)(うま)使(つか)ひつつ
143一人(ひとり)(あゆ)みが出来(でき)だせば
144素知(そし)らぬ(かほ)半兵衛(はんべゑ)
145()めこむ(とこ)とそしりつつ
146(あわ)()(ねつ)()(すゑ)(つひ)
147あてども()らぬ法螺(ほら)()
148(けぶり)(ごと)()えて()
149(まこと)()らぬ偽信者(にせしんじや)
150(かみ)(をしへ)現界(うつしよ)
151(みな)法則(はふそく)にあて()めて
152真理(しんり)ぢや非真理(ひしんり)ぢや不合理(ふがふり)
153愚痴(ぐち)(とな)ふる可笑(をか)しさよ
154(なに)(ほど)知識(ちしき)(ひい)でたる
155物識人(ものしりびと)()()えぬ
156(かみ)世界(せかい)有様(ありさま)
157全智(ぜんち)全能(ぜんのう)大神(おほかみ)
158御心(みこころ)如何(いか)(わか)るべき
159慢心(まんしん)するのも(ほど)がある
160(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
161皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
162(まか)せて(すす)めば怪我(けが)はなし
163あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
164御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()ぎまつる。
165
166科学(くわがく)基礎(きそ)とせなくては
167(かみ)存在(そんざい)経綸(けいりん)
168承認(しようにん)せないと鼻高(はなだか)
169(くだ)らぬ屁理窟(へりくつ)(なら)()
170(おのれ)()をも()らずして
171世界(せかい)()ける覚者(かくしや)ぞと
172(かま)()るこそをかしけれ
173(まな)びの(いへ)(かよ)ひつめ
174(つくゑ)(うへ)にて(なら)ひたる
175畑水練(はたけすいれん)生兵法(なまびやうはふ)
176実地(じつち)()()(はず)がない
177(くち)(ふで)には何事(なにごと)
178いとあざやかに(しめ)すとも
179肝腎要(かんじんかなめ)(おこな)ひが
180出来(でき)ねば(あたか)(みづ)(あわ)
181(ゆめ)(うつつ)(まぼろし)
182境遇(きやうぐう)(まよ)亡者(まうじや)なり
183(にく)(まなこ)(ひら)けども
184(こころ)(まなこ)(くら)くして
185(いち)()もなく智慧学(ちゑがく)
186唯一(ゆゐいつ)武器(ぶき)(かざ)りつつ
187(すす)むみ(たま)(あは)れなり。
188
189山河草木(さんかさうもく)()つの(まき)
190弥々(いよいよ)(ここ)()(をは)
191(また)瑞月(ずゐげつ)出鱈目(でたらめ)
192(ほざ)くと蔭口(かげぐち)(たた)くもの
193彼方(あちら)此方(こちら)()るであらう
194著述(ちよじゆつ)苦労(くらう)(あぢ)()らぬ
195文盲(もんまう)学者(がくしや)仇人(あだびと)
196如何(いか)(さと)らむ(この)苦労(くらう)
197如何(いか)天地(てんち)神々(かみがみ)
198(わが)()(たす)けたまふとも
199(かみ)より()けし(たましひ)
200意志(いし)想念(さうねん)(ひか)らねば
201(ただ)一言(ひとこと)口述(こうじゆつ)
202(やす)くなし()るものでない
203(かみ)苦労(くらう)白浪(しらなみ)
204(うへ)(ただよ)浮草(うきぐさ)
205(こころ)(さだ)めぬ人々(ひとびと)
206(ささや)きこそはうたてけれ
207世界(せかい)著者(ちよしや)(おほ)くとも
208一日(ひとひ)数万(すまん)(こと)()
209口述(こうじゆつ)筆記(ひつき)するものは
210開闢(かいびやく)以来(いらい)(ためし)なし
211(つく)りし(ふみ)巧拙(かうせつ)
212云々(うんぬん)するは()だしもと
213(ゆる)しもなるが一概(いちがい)
214この瑞月(ずゐげつ)物好(ものずき)
215(くだ)らぬ屁理窟(へりくつ)(なら)()
216(こころ)(つも)りし欝憤(うつぷん)
217(かみ)によそへて(うた)ふなぞ
218(わか)らぬ(こと)()(ひと)
219(かみ)(をしへ)(なか)にある
220かかる(きたな)人々(ひとびと)
221(わが)()(よく)(ほだ)されて
222表面(うはべ)(かみ)()(をが)
223(たな)から牡丹餅(ぼたもち)おち(きた)
224時節(じせつ)()つよなやり(かた)
225()立替(たてかへ)立直(たてなほ)
226(いま)ぢや(はや)ぢやと()くなれば
227(みみ)(そばだ)()(まる)
228(くち)(とが)らして()むだらう
229そんな(こと)のみ一心(いつしん)
230()(くら)すのは曲津神(まがつかみ)
231()(わざはひ)()つものぞ
232大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)
233世界(せかい)何事(なにごと)()きやうと
234(あさ)(ゆふ)なに御心(みこころ)
235(くば)らせたまひ大本(おほもと)
236教御祖(をしへみおや)朝夕(あさゆふ)
237世界(せかい)難儀(なんぎ)(すく)はむと
238赤心(まごころ)こめて()りましぬ
239(その)御心(みこころ)()らずして
240世界(せかい)大望(たいまう)()(くら)
241(ひと)大蛇(をろち)曲鬼(まがおに)
242(たとへ)(がた)なき(もの)ぞかし
243あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
244(かみ)御前(みまへ)平伏(ひれふ)して
245(この)聖場(せいぢやう)()(つど)
246信徒(まめひと)(たち)(たましひ)
247まことの(ひかり)(あた)へつつ
248(みみ)をば(きよ)()()らし
249(あま)瓊鉾(ぬほこ)(さはや)かに
250(みが)かせたまひて言霊(ことたま)
251御稜威(みいづ)四方(よも)(てら)すべく
252(まも)らせたまへと朝夕(あさゆふ)
253(からだ)(ほね)(いた)めつつ
254一心不乱(いつしんふらん)()ぎまつる
255あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
256大国常立大御神(おほくにとこたちおほみかみ)
257豊国姫(とよくにひめ)大御神(おほみかみ)
258天津御空(あまつみそら)永久(とこしへ)
259(しづ)まりたまふ()御神(みかみ)
260(つき)御神(みかみ)御前(おんまへ)
261()有様(ありさま)(なげ)きつつ
262(ひそ)かに一人(ひとり)()ぎまつる
263あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
264御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ。
265大正一二・五・二九 旧四・一四 於天声社 加藤明子録)
266(昭和一〇・六・一六 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。