霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 公憤(こうふん)私憤(しふん)〔一六四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第3篇 花笑蝶舞 よみ:かしょうちょうぶ
章:第11章 第64巻上 よみ:こうふんしふん 通し章番号:1640
口述日:1923(大正12)年07月12日(旧05月29日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a11
愛善世界社版:121頁 八幡書店版:第11輯 422頁 修補版: 校定版:121頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 夏風(なつかぜ)青葉(あをば)のそよぐ橄欖山(かんらんざん)頂上(ちやうじやう)三人(さんにん)のアラブが()つて雑談(ざつだん)(ふけ)つてゐる。002キドロンの(たに)からは(しろ)(けぶり)のやうな(くも)がしづしづと橄欖山上(かんらんざんじやう)()がけて(おそ)うて()る。003ユダヤ(じん)計画(けいくわく)したシオン大学(だいがく)基礎(きそ)工事(こうじ)(ほとん)落成(らくせい)近付(ちかづ)き、004樵夫(きこり)大工(だいく)手伝(てつだひ)幾十人(いくじふにん)となく(いそが)しげに活動(くわつどう)()()たり。
005 アラブはテク、006トンク、007ツーロと()三人(さんにん)である。
008テク『オイ、009吾々(われわれ)回々教(フイフイけう)のピユリタンとして朝夕(あさゆふ)忠実(ちうじつ)(かみ)(つか)へ、010そして(わづか)賃金(ちんぎん)(もら)つて異教徒(いけうと)頤使(いし)(あま)んじ、011駱駝(らくだ)のやうにこき使(つか)はれてゐるのも、012(あま)()()かぬぢやないか。013たうとうユダヤ(じん)()014パレスチナの本国(ほんごく)取返(とりかへ)し、015(この)聖地(せいち)吾物顔(わがものがほ)振舞(ふるま)ひ、016おれ(たち)仲間(なかま)()ると、017(まる)奴隷(どれい)(やう)虐待(ぎやくたい)するだないか、018(あさ)から(ばん)(まで)(おな)(やう)(はたら)いて、019ユダヤ(じん)一弗(いちドル)俸給(ほうきふ)(もら)ひ、020おれ(たち)半弗(はんドル)よりくれやがらぬのだから……本当(ほんたう)亡国(ばうこく)(たみ)になりたくないものだなア』
021ツーロ『(なん)()つても仕方(しかた)がないサ。022(つよ)(もの)(つよ)(よわ)(もの)(よわ)時節(じせつ)だからなア。023ユダヤ(じん)だつて、024二千六百年(にせんろくぴやくねん)(あひだ)025亡国(ばうこく)(たみ)として今迄(いままで)(くるし)んで()たのだから仕方(しかた)がないよ。026チツとは威張(ゐば)らしてやつてもよかろ。027なア、028トンク』
029トンク『彼奴(あいつ)ア、030世界(せかい)統一(とういつ)(ゆめ)みてゐやがつたのだが、031到頭(たうとう)時節(じせつ)到来(たうらい)して(かみ)(えら)まれたパレスチナの本国(ほんごく)(わが)()()れたのだから、032(なん)といつても世界(せかい)覇者(はしや)だ。033(なが)(もの)()かれ……と()ふのだから、034おれ(たち)()安全(あんぜん)(ばか)らうと(おも)へばマア辛抱(しんばう)するのだな。035半分(はんぶん)でも月給(げつきふ)くれるのはまだしも(とく)だよ、036贅沢(ぜいたく)さへしなけりや、037生活(せいくわつ)(つづ)けて()けるのだからなア。038さう不平(ふへい)()ふものだないワ、039何事(なにごと)有難(ありがた)有難(ありがた)いで(くらし)さへすれば()(なか)無事(ぶじ)泰平(たいへい)だ。040神様(かみさま)(ため)(はたら)くと(おも)へば何程(なにほど)月給(げつきふ)(やす)くても待遇(たいぐう)差別(さべつ)があつても(かま)はぬぢやないか。041それを(しの)ぶのが回々教(フイフイけう)のピユリタンたる(つと)めだからなア』
042テク『(なん)()つても、043おれは不平(ふへい)でたまらないワ。044おれは自分(じぶん)一人(ひとり)生活(せいくわつ)()うだのかうだのと()つて、045ソンナケチなことをボヤクのだない、046アラブ一党(いつたう)(ため)(この)差別的(さべつてき)待遇(たいぐう)憤慨(ふんがい)するのだ。047不平(ふへい)にも色々(いろいろ)色合(いろあひ)があつて、048公憤(こうふん)私憤(しふん)がある。049おれたちのは(けつ)して私憤(しふん)ではない天下(てんか)公憤(こうふん)だよ』
050ツーロ『何程(なんぼ)公憤(こうふん)だと()つても、051蚯蚓(みみづ)土中(どちう)でないてるよなもので、052(なん)影響(えいきやう)(およ)ぼすまい、053おれ(たち)だつてテクの(ことば)(ぐらゐ)には興奮(こうふん)し、054(おほい)にアラブの(ため)気焔(きえん)()(ところ)(まで)()かない。055何事(なにごと)時節(じせつ)だからなア』
056テク『貴様(きさま)はそれだから、057何時迄(いつまで)もラクダの尻叩(けつたた)(ばか)りして()らねばならぬのだ。058公憤(こうふん)のないやうな人間(にんげん)最早(もはや)人間(にんげん)資格(しかく)がないのだ』
059ツーロ『ヘン、060(おまへ)のは(あま)公憤(こうふん)でもあるまいぢやないか。061大体(だいたい)問題(もんだい)(わづか)半弗(はんドル)喰違(くひちが)ひから(おこ)つたのだらう、062そんな(ところ)公憤(こうふん)使(つか)つて(もら)つちや、063公憤(こうふん)落涙(らくるい)するだらう。064(そもそ)公憤(こうふん)とは社会(しやくわい)とか団体(だんたい)とか、065国家(こくか)とか()大問題(だいもんだい)(たい)して、066自分(じぶん)主張(しゆちやう)()たすに(いた)らない場合(ばあひ)(おこ)意気(いき)発動(はつどう)であつて、067(きは)めて愉快(ゆくわい)面白(おもしろ)男性的(だんせいてき)気分(きぶん)(いう)したものでなくてはなるまい。068自己(じこ)欲望(よくばう)()たすに()りないと()つて、069発動(はつどう)する(ところ)感情(かんじやう)動作(どうさ)といふものは所謂(いはゆる)私憤(しふん)だ。070そんな女性的(ぢよせいてき)気分(きぶん)()たされたことを()ふと、071ユダヤ(じん)()いたら馬鹿(ばか)にするぞ。072国家(こくか)社会(しやくわい)憂慮(いうりよ)する(ねん)(もつと)(つよ)しと(いへど)も、073時代(じだい)(その)意志(いし)()れてくれず、074感慨(かんがい)()(あた)はずして切腹(せつぷく)する(ごと)き、075(あるひ)社会(しやくわい)(おも)ふの(じやう)急激(きふげき)にして刻苦勉励(こくくべんれい)()(その)(よう)をなし、076社会(しやくわい)(つく)(ごと)き、077(とき)自分(じぶん)他人(たにん)冷笑(れいせう)されて(おほい)憤慨(ふんがい)する(ところ)あり、078日夜(にちや)自分(じぶん)向上(こうじやう)勉励(べんれい)して、079(もつ)()社会的(しやくわいてき)立場(たちば)(つく)(ごと)き、080此等(これら)(みな)公憤(こうふん)(ぞく)するもので(をとこ)らしい面白(おもしろ)不平(ふへい)だ。081(てん)配剤(はいざい)(その)(めう)()(かかあ)待遇(たいぐう)(その)(たう)()ざるに憤激(ふんげき)し、082(わが)()飛出(とびだ)し、083青楼(せいろう)(のぼ)つて、084(さけ)(をんな)(その)不平(ふへい)(わす)れむとする(ごと)き、085(また)夕食(ゆふしよく)膳部(ぜんぶ)がお粗末(そまつ)だといつて、086(ぜん)()げたり、087茶碗(ちやわん)破壊(はくわい)する(ごと)き、088(あるひ)自分(じぶん)のズボラを(たな)()他人(ひと)賃金(ちんぎん)(おほ)きに反感(はんかん)(いだ)不平(ふへい)(おこ)(ごと)き、089(また)主人(しゆじん)乱倫(らんりん)不平(ふへい)(おこ)し、090妻君(さいくん)役者狂(やくしやぐるひ)をする(ごと)き、091(また)妻君(さいくん)乱行(らんぎやう)主人(しゆじん)自暴自棄(じばうじき)となり、092芸者買(げいしやがひ)をなすが(ごと)き、093(あるひ)世人(せじん)冷笑嘲罵(れいせうてうば)されて不平(ふへい)のやり(どころ)なく、094自宅(うち)(かへ)つて、095(かかあ)(あたま)窓硝子(まどがらす)(たた)きわるが(ごと)きは、096(みな)私憤(しふん)(ぞく)するものだ。097それよりも(おこ)るなら、098ドツトはり()んで天地(てんち)(いか)りを(はつ)したら()うだ。099(おまへ)のやうにホイト坊主(ばうず)(もら)(ざけ)をこぼしたやうに、100あはれつぽい(こゑ)()して(なみだ)(まじ)りにボヤいてをるやうなことでどうならうかい。101卑屈(ひくつ)(きは)まる行動(かうどう)だ。102それだからおれ(たち)時勢(じせい)()るの(めい)があるから、103ここ(しばら)くは隠忍(いんにん)してゐるのだ。104(いづ)日出島(ひのでじま)から救世主(きうせいしゆ)降臨(かうりん)になれば、105上下運否(じやうかうんぷ)のなき(やう)(ます)かけ(ひき)ならして、106おれ(たち)(まで)安心(あんしん)さして(くだ)さるのだからなア』
107実際(じつさい)そんな(こと)があるだらうか。108おれ(たち)はキリストの再臨(さいりん)を、109聖書(せいしよ)()つて先祖代々(せんぞだいだい)から()ちあぐみ、110到頭(たうとう)(この)聖地(せいち)(とし)をよらして(しま)つたのだが、111これ(だけ)不公平(ふこうへい)()(なか)神様(かみさま)がなぜ公憤(こうふん)(おこ)して、112(はや)平等(べうどう)(あい)世界(せかい)にして(くだ)さらぬのだらう……と(ひそ)かに公憤(こうふん)をもらして()つたのだ』
113トンク『アハヽヽヽ』
114ツーロ『(ひそ)かの公憤(こうふん)()いて(あき)れるワイ。115(しか)(なが)天道様(てんだうさま)不平(ふへい)といふのは、116暴風(ばうふう)(おこ)し、117豪雨(がうう)()らして大洪水(だいこうずゐ)とし、118()不平(ふへい)地震(ぢしん)(おこ)して、119山川草木(さんせんさうもく)転覆(てんぷく)させ、120悪人(あくにん)(ほろ)ぼし、121大掃除(おほさうぢ)をなさるのが、122天地(てんち)公憤(こうふん)だ、123(きさま)公憤(こうふん)とは大分(だいぶ)(ちが)うだろ。124窓硝子(まどがらす)一枚(いちまい)(ぐらゐ)()いでみた(ところ)で、125(あま)世界(せかい)改造(かいざう)出来(でき)ぬぢやないか』
126テク『一体(いつたい)(この)シオン大学(だいがく)とか()ふのは(なに)をするのだらうな。127(また)してもユダヤ(じん)(あたま)をもちやげて、128おれ(たち)圧迫(あつぱく)する機関(きくわん)だあるまいか。129それだとすれば、130世界(せかい)人類(じんるゐ)(ため)におれ(たち)節義(せつぎ)(おも)んじ、131仮令(たとへ)半日(はんにち)でも人足(にんそく)使(つか)はれる(わけ)には()かぬだないか、132(たか)(うゑ)ても()をつまぬといふからなア』
133ツーロ『世界(せかい)所在(あらゆる)哲学者(てつがくしや)(あつ)めて神政(しんせい)成就(じやうじゆ)基礎(きそ)(かた)めるのだ。134(この)シオンの(くに)太陽(たいやう)(てん)(ちう)した真下(ました)(あた)霊国(れいごく)だから、135()はば時計(とけい)竜頭(りうづ)のやうなものだ。136(ここ)(おい)世界(せかい)支配(しはい)するのは(もつと)天地(てんち)経綸上(けいりんじやう)適当(てきたう)場所(ばしよ)だから、137さう心配(しんぱい)するには(およ)ばないよ、138おれ(たち)だつて、139やつぱり(その)恩恵(おんけい)(よく)する(とき)()るのだから、140辛抱(しんばう)せい、141回々教(フイフイけう)だとか基督教(キリストけう)だとか猶太教(ユダヤけう)だとか、142自分(じぶん)(こころ)(なか)障壁(しやうへき)(まう)けてひがむから(めう)不平(ふへい)(おこ)るのだ。143(まこと)神様(かみさま)唯一柱(ただひとはしら)よりないのだ。144人間(にんげん)相手(あひて)にする必要(ひつえう)はない。145何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)だからなア』
146テク『それでも(あま)りユダヤ(じん)がイバリちらすだないか。147それが(おれ)()にくはないのだ。148チツタ不平(ふへい)(おこ)らうかい』
149ツーロ『ユダヤ(じん)にも種々(いろいろ)あつて、150ポンポンぬかす(やつ)ア、151カスピンのコンマ以下(いか)代物(しろもの)だよ。152丁度(ちやうど)おれ(たち)(おな)(やう)境遇(きやうぐう)にゐる劣等(れつとう)人種(じんしゆ)威張(ゐば)るのだ。153あんな(もの)(かず)()れて不平(ふへい)をもらすやうな馬鹿(ばか)があるかい。154キリスト再臨(さいりん)近付(ちかづ)いた今日(こんにち)155そんな偏狭(へんけふ)(こころ)はスツカリ放擲(はうてき)して天空海濶(てんくうかいくわつ)日月(じつげつ)(こころ)(ひと)しうする襟度(きんど)にならぬか。156アラブの(ため)にいい面汚(つらよご)しだぞ。157(ところ)世界(せかい)中心地(ちうしんち)158エルサレムの橄欖山上(かんらんざんじやう)()をおき(なが)不平(ふへい)()(やつ)がどこにあるかい。159のうトンク』
160トンク『ウン、161そらさうだ。162(ひと)何事(なにごと)(おも)(やう)肝腎(かんじん)だ。163おれ(たち)のやうな労働者(らうどうしや)労働者(らうどうしや)らしくして()つたらいいのだ、164紳士(しんし)真似(まね)をせうたつて、165到底(たうてい)出来(でき)ないからな、166あの紳士(しんし)だつて、167(もと)俺達(おれたち)同様(どうやう)労働者(らうどうしや)だつたのだ、168精神的(せいしんてき)労働(らうどう)をやるか、169肉体的(にくたいてき)労働(らうどう)をやるか(だけ)(ちが)ひだ。170仮令(たとへ)アラブでも紳士紳商(しんししんせう)となればユダヤ(じん)(あご)使(つか)ふことが出来(でき)るからなア』
171テク『(おれ)紳士(しんし)なんか大嫌(だいきら)ひだ。172本物(ほんもの)紳士(しんし)今日(こんにち)()(なか)には一人(ひとり)もない。173(みな)我利々々紳士(がりがりしんし)ばかりだよ。174虚偽的(きよぎてき)生活(せいくわつ)(あま)んじて紳士(しんし)なんて()つてる(やつ)(つら)()るとなぐり()くなつてくるワ、175()今日(こんにち)紳士(しんし)といふ(やつ)第一(だいいち)176美装(びさう)をなすこと、177第二(だいに)178大建造物(だいけんざうぶつ)住居(ぢうきよ)すること、179第三(だいさん)180一箇所(いつかしよ)以上(いじやう)別荘(べつさう)(いう)すること、181第四(だいし)182妾宅(せふたく)(まう)くる(こと)183第五(だいご)184物見遊山(ものみゆさん)のしげきこと、185第六(だいろく)186一切(いつさい)労働(らうどう)(きん)じ、187(ちや)(ひと)自分(じぶん)()より()まぬこと、188第七(だいしち)189一日(いちにち)何回(なんくわい)となく宴会(えんくわい)(れつ)して、190妖婦(えうふ)枕頭(ちんとう)(はべ)らし、191妖婦(えうふ)(ひざ)(まくら)痛飲馬食(つういんばしよく)して、192(その)胃袋(ゐぶくろ)差支(さしつか)へなき程度(ていど)のものたること……(この)(くらゐ)のものだ。193どこに紳士(しんし)本領(ほんりやう)があるかい』
194ツーロ『そりや(きさま)()紳士(しんし)と、195(おれ)()紳士(しんし)とは(おほい)(おもむき)(ちが)ふ。196(おれ)()紳士(しんし)は……第一(だいいち)197人格(じんかく)(もつと)(たか)きこと、198第二(だいに)199慈悲心(じひしん)()めること、200第三(だいさん)201礼儀(れいぎ)(まも)ること、202第四(だいし)203政治欲(せいぢよく)()社会(しやくわい)(ため)私財(しざい)(なげう)つて貢献(こうけん)すること、204第五(だいご)205一夫一婦(いつぷいつぷ)(せい)遵奉(じゆんぽう)すること、206第六(だいろく)207沢山(たくさん)住宅(ぢうたく)()無料(むれう)にて他人(ひと)自由(じいう)使用(しよう)せしむること、208第七(だいしち)209(かみ)(しん)じ、210家内(かない)(むつま)じく感謝(かんしや)生活(せいくわつ)(おく)ること……マアこんなものだ。211これを(しよう)して紳士(しんし)といふのだ』
212トンク『そんな紳士(しんし)今日(こんにち)()(なか)一人(ひとり)でも半分(はんぶん)でもあるだらうかな』
213ツーロ『ないから(たふと)いのだ。214ダイヤモンドだつて(きん)だつて、215ヨルダン(がは)砂礫(しやれき)のやうにそこらにごろついてあつてみよ、216(たれ)だつて貴重品(きちようひん)(あつか)ひはしてくれないよ。217()いから(たふと)いよ、218太陽(たいやう)だつて(ひと)つだから(みな)(をが)むのだよ。219あの(ほし)みい、220(たれ)(ひと)つホシイといふ(やつ)がないだないか』
221テク『オイ、222ツーロ、223ソンナ ツーロくせぬことをいふない。224それよりも現代(げんだい)紳士(しんし)標準(へうじゆん)として(かんが)へるのが適確(てきかく)だ、225(その)紳士(しんし)といふ(やつ)を、226俺達(おれたち)労働(らうどう)総同盟(そうどうめい)でも(おこ)して、227警告(けいこく)(あた)改良(かいりやう)さしてやるのだなア。228今日(こんにち)紳士(しんし)資格(しかく)(かんが)へてみると、229妾宅(せふたく)(かず)如何(いかん)()つて、230紳士(しんし)仲間(なかま)等級(とうきふ)差別(さべつ)(しやう)じ、231宴会(えんくわい)度数(どすう)妖婦相識(えうふさうしき)(すう)如何(いかん)人気(にんき)(だい)なる関係(くわんけい)(およ)ぼすのだ。232これが今日(こんにち)所謂(いはゆる)紳士(しんし)規定(きてい)だ。233(なん)不道理(ふだうり)見解(けんかい)だないか。234今日(こんにち)彼等(かれら)健康(けんかう)状態(じやうたい)日夜(にちや)刻々(こくこく)(がい)されつつあるのだ。235(こと)性欲(せいよく)随時(ずいじ)随所(ずいしよ)でみたさるるその半面(はんめん)(かんが)へて()よ。236幾多(いくた)(いま)はしい病毒(びやうどく)(ため)睾丸内(かうぐわんない)発生(はつせい)する精虫(せいちう)追々(おひおひ)減殺(げんさつ)され、237子孫(しそん)漸次(ぜんじ)減少(げんせう)するに(いた)るの(たね)()いてゐるのだ。238彼奴等(きやつら)乱淫乱行(らんいんらんかう)益々(ますます)民力(みんりよく)減殺(げんさつ)せしむるのみならず、239家庭(かてい)妻女(さいぢよ)(その)反動(はんどう)で、240狂気的(きやうきてき)異性(いせい)男子(だんし)(もと)め、241性欲(せいよく)満足(まんぞく)反感(はんかん)慰安(ゐあん)(うち)(よそ)にして飛出(とびだ)し、242役者(やくしや)部屋(べや)()()むのだ。243紳士(しんし)家庭(かてい)妻女(さいぢよ)といふものに婦徳(ふとく)貞節(ていせつ)(くすり)にしたくも()(くらゐ)だ。244そして(つめた)深窓(しんそう)に、245(をとこ)(をんな)呻吟(しんぎん)してゐるのだ。246体質(たいしつ)貧弱(ひんじやく)なる彼奴等(きやつら)子孫(しそん)()(なか)()つて何事(なにごと)もなすの(ちから)なく、247(つひ)には子孫(しそん)滅亡(めつぼう)するより(みち)()い。248だと()つて(これ)自業自得(じごふじとく)だから仕方(しかた)があるまい。249(いま)(うち)彼奴等(きやつら)()をさまし、250共同(きようどう)(とも)同族(どうぞく)(とも)(とも)(はたら)くの妙味(めうみ)見出(みいだ)し、251貧民(ひんみん)(とも)今迄(いままで)態度(たいど)(あらた)めて社会(しやくわい)活動(くわつどう)する(やう)にならなくちや、252彼奴等(きやつら)最早(もはや)()(をは)りだ。253いつ(まで)()持切(もちき)りにはさせぬと、254どこやらの(かみ)さまが仰有(おつしや)つたからなア』
255トンク『オイ、256俺達(おれたち)はまだ時間(じかん)()てゐないのに、257(この)()小蔭(こかげ)でさぼつてゐるのだから、258ユダヤ(じん)(おな)じよに月給(げつきふ)をくれないといつて不平(ふへい)()(わけ)()かない。259ユダヤ(じん)勤勉(きんべん)だから、260仕事(しごと)能率(のうりつ)(ばい)以上(いじやう)になるのだから、261(きさま)たちのやうに俸給(ほうきふ)(たか)のみで不平(ふへい)()つたつて駄目(だめ)だ。262サア、263チツト(はたら)かう。264土木(どぼく)監督(かんとく)見付(みつか)つたら大変(たいへん)だぞ』
265テク『エヽ仕方(しかた)がないなア、266()はぬが(かな)しさかい』
267とスコツプを()()(なが)ら、268作事場(さくじば)(はう)(いや)(さう)(すす)んで()く。269()(やうや)()()て、270労働(らうどう)終結(しうけつ)のラツパが橄欖山(かんらんざん)(みね)(とどろ)いて()た。271三人(さんにん)はスコツプをかたげた(まま)逸早(いちはや)団子石(だんごいし)のゴロゴロした坂路(さかみち)(うれ)しさうに(くだ)つて()く。
272 数多(あまた)大工(だいく)手伝(てつだひ)人足(にんそく)は、273単縦陣(たんじうぢん)()つて黒蟻(くろあり)のやうに(かく)家路(いへぢ)()して(かへ)()く。274此等(これら)連中(れんちう)(みな)エルサレムの(まち)寄宿(きしゆく)してゐるユダヤ(じん)大多数(だいたすう)()めてゐた。275そこへ金剛杖(こんがうづゑ)をついて(のぼ)つて()一人(ひとり)(をとこ)があつた。276これは日出島(ひのでのしま)から遥々(はるばる)聖地(せいち)へ、277キリスト再臨(さいりん)先駆(せんく)としてやつて()た、278ルートバハーの宣伝使(せんでんし)ブラバーサであつた。279ブラバーサは山上(さんじやう)(もつと)()はらしよき地点(ちてん)停立(ていりつ)し、280居柄(をりから)(かがや)八日(やうか)(つき)(なが)め、
281(あふ)()れば、(つき)真空(まそら)(やや)()ぎて
282あたり(かがや)(ほし)のかずかず
283たまさかの(つき)()なればこもりゐの
284たへ(がた)くして(のぼ)(きた)りぬ』
285 かく(うた)ひて、286(つき)(ひかり)にエルサレムの(まち)()おろし(なが)懐郷(くわいきやう)(ねん)()られてゐる。287そこへ(あわた)だしく(のぼ)()たる(ひと)つの(かげ)がある。288(はた)して何人(なにびと)ならむか。
289大正一二・七・一二 旧五・二九 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。