霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 荒武事(あらぶごと)〔一六四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第3篇 花笑蝶舞 よみ:かしょうちょうぶ
章:第14章 第64巻上 よみ:あらぶごと 通し章番号:1643
口述日:1923(大正12)年07月12日(旧05月29日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a14
愛善世界社版:160頁 八幡書店版:第11輯 437頁 修補版: 校定版:160頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 アメリカンコロニーの(おく)一室(いつしつ)には、002スバツフオードとマリヤが煙草盆(たばこぼん)(なか)において、003ヒソビソ(はなし)(ふけ)つてゐる。
004『マリヤさま、005あなた(この)(ごろ)(なん)となしにソハソハしてゐるぢやありませぬか。006沈着(ちんちやく)貴女(あなた)()ず、007(この)(ごろ)様子(やうす)()つたら、008(まる)(こひ)(くる)ふた野良犬(のらいぬ)のやうだと、009団体員(だんたいゐん)()つてゐましたよ。010チと心得(こころえ)(もら)はないと、011コロニーの統一(とういつ)出来(でき)ないだありませぬか。012(わたくし)はかうして老人(らうじん)であるし、013何時(いつ)昇天(しようてん)するか()れませぬ。014さうするとあなたが一人(ひとり)でコロニーを背負(せお)つて()たねばなりませぬ。015(うはさ)()けが貴女(あなた)日出島(ひのでじま)から()てる聖師(せいし)大変(たいへん)恋慕(れんぼ)してゐられるさうだが、016あの(かた)はお(くに)妻子(さいし)があるといふことだ。017妻子(さいし)のある(かた)恋慕(れんぼ)したつて、018目的(もくてき)(たつ)しませぬよ。019今迄(いままで)何程(なにほど)よい(えん)があつても、020神政(しんせい)成就(じやうじゆ)(まで)(をつと)()たない、021(をとこ)()はくれないと、022独身(どくしん)生活(せいくわつ)主張(しゆちやう)した貴女(あなた)似合(にあ)はず、023(へん)だと(みな)(もの)がヒソビソ(はな)してゐますよ。024何程(なにほど)(つよ)いことを()ふてもヤハリ(をんな)といふ(もの)(よわ)(もの)ですな。025狐独(こどく)(さび)しみに()へられないと()えますワイ。026モウ少時(しばらく)(ところ)だから、027チツと辛抱(しんばう)をして(もら)はねばなりますまい。028キツと貴女(あなた)のお()()適当(てきたう)(をつと)(あら)はれて()るでせう。029神様(かみさま)最後(さいご)(まで)(しの)(もの)(すく)はるべし……と仰有(おつしや)るだありませぬか』
030『ハイ、031(わたし)最後(さいご)(まで)(しの)んで()たのですよ。032モウ(この)(うへ)(しの)(こと)生命(いのち)(くわん)しますもの……そんなこと仰有(おつしや)るのは、033チト残酷(ざんこく)ですワ。034(わたし)神様(かみさま)御摂理(ごせつり)によつて(をつと)(さだ)めましたから、035どうぞ御承諾(ごしようだく)(ねが)ひたう御座(ござ)います』
036『さうすると、037(ひと)(うはさ)といふものはバカにならぬものだなア。038そして(その)(をつと)といふのはどこの(なん)()(かた)だなア、039ヨモヤ、040妻子(さいし)のある日出島(ひのでじま)聖師(せいし)ではあろまいなア』
041『あの……(わたし)は……聖師(せいし)……否々(いえいえ)生死(せいし)(とも)にせうと(やく)したお(かた)御座(ござ)います。042(しか)(なが)らネームを()げる(だけ)少時(しばらく)猶予(いうよ)(ねが)ひたう御座(ござ)います』
043心機一転(しんきいつてん)(はなは)だしいぢやありませぬか。044(まへ)さまはブラバーサ(さま)(こひ)してゐるのだらう。045(なん)()つても(その)(かほ)(あら)はれてゐる、046年寄(としより)()(にら)んだら、047メツタに間違(まちが)ひはありますまい。048左様(さやう)なことをなさつては、049アメリカンコロニーも破滅(はめつ)(おちい)らねばなるまい。050あゝ(なん)とした悪魔(あくま)魅入(みい)れたものだらうなア』
051『ソリヤ(なに)仰有(おつしや)います。052(をんな)(をつと)をもてないと()道理(だうり)何処(どこ)御座(ござ)いませう。053(わたし)最早(もはや)三十(さんじふ)054いい加減(かげん)(をつと)()たなくちや御子生(みこう)みの御神業(ごしんげふ)(つと)まらぬぢやありませぬか、055グヅグヅしてゐると、056歳月(さいげつ)(わたし)をすてて(かへり)みず、057(とし)がよつてから、058何程(なにほど)(をつと)をあさつてみた(ところ)で、059乞食(こじき)だつて()てくれは(いた)しませぬワ。060(はな)半開(はんかい)(うち)値打(ねうち)があるのです。061(わたし)(はな)最早(もはや)満開(まんかい)062(ひと)(かぜ)()いても()らうとしてる(ところ)です。063()らない(うち)(をつと)()たなくちや人生(じんせい)本分(ほんぶん)を、064()うして(つく)すことが出来(でき)ませう』
065『モウ(なが)いことぢやない。066やがてキリストの再臨(さいりん)があるのだから、067そこ(まで)()つても(あま)りおそくはあらうまい。068あのサロメさまを御覧(ごらん)なさい。069貴族(きぞく)(いへ)(うま)れ、070どんな(をつと)()はうとママな()()(なが)ら、071キリストの再臨(さいりん)()ちかね、072独身(どくしん)生活(せいくわつ)をつづけてゐられるだありませぬか』
073『あの(かた)再臨(さいりん)のキリストを理想(りさう)(をつと)として空想(くうさう)(ゑが)いてをるのですから、074別物(べつもの)ですよ。075(わたし)左様(さやう)野心(やしん)御座(ござ)いませぬから、076相当(さうたう)(をつと)()たうと(おも)ふので御座(ござ)います。077そんな(ひら)けないこを()はずに、078コロニーの連中(れんちう)に、079あなたから一口(ひとくち)080神界(しんかい)都合(つがふ)()つて、081()()うだと発表(はつぺう)して(くだ)さいませ。082さうすれば、083団体員(だんたいゐん)(ぶつ)(ほふ)とも小言(こごと)()(もの)御座(ござ)いますまい』
084『コレ、085マリヤさま、086(まへ)さまも(てん)選民(せんみん)たるユダヤ(じん)(をんな)だないか。087なぜ(いま)となつて、088モウ一息(ひといき)といふ(ところ)辛抱(しんばう)出来(でき)ないのですか』
089『ハイ、090(これ)から七十日(しちじふにち)(あひだ)辛抱(しんばう)(いた)します。091七十日(しちじふにち)()ちさへすれば、092仮令(たとへ)貴師(あなた)(なん)仰有(おつしや)らうとも、093大神様(おほかみさま)がお姿(すがた)(あら)はしてお(しか)(あそ)ばさう(とも)094最早(もはや)(わたし)意志(いし)自由(じいう)(いた)(かんが)へで御座(ござ)います。095どうぞ(ひろ)(こころ)見直(みなほ)して御承諾(ごしようだく)(ねが)ひたいもので御座(ござ)いますワ』
096七十日(しちじふにち)? ソレヤ(また)()うしてさう()日限(にちげん)()つたのだなア、097(ひと)(うはさ)七十五日(しちじふごにち)()いてゐるが、098七十日(しちじふにち)とは(なに)意味(いみ)があり(さう)だ。099コレ、100マリヤさま、101七十日(しちじふにち)因縁(いんねん)()かして(くだ)さい』
102百日(ひやくにち)(ぎやう)(あが)りに夫婦(ふうふ)になつてやらうと仰有(おつしや)いました。103それで七十日(しちじふにち)()つたので御座(ござ)います』
104『ハヽヽヽヽ、105てつきり、106日出島(ひのでじま)聖師(せいし)約束(やくそく)をしたのだなア。107いかにも聖師(せいし)百日(ひやくにち)(ぎやう)をすると仰有(おつしや)つたが(すで)三十日(さんじふにち)経過(けいくわ)した。108(しか)(なが)聖師(せいし)ともあらう(もの)が、109そんなことを約束(やくそく)さるる道理(だうり)が……ないがなア、110コレ、111マリヤさま、112(まへ)だまされてゐるのだなからうな』
113(けつ)して(けつ)して、114大磐石(だいばんじやく)ですよ。115(わたし)(をんな)のはしくれ、116(をとこ)(あざむ)かれるやうなヘマは(いた)しませぬ』
117『ハーテナ、118合点(がつてん)()かぬことを()ふぢやないか。119貴女(あなた)()うかしてゐますね』
120何程(なにほど)同化(どうくわ)(がた)きユダヤ(じん)でも、121(をんな)(をとこ)ですもの、122同化(どうくわ)もしませうかい。123どうぞ(この)結婚(けつこん)問題(もんだい)ばかりは本人(ほんにん)自由(じいう)意志(いし)(まか)して(くだ)さいませ。124貴師(あなた)のやうに(とし)()つて()(じやう)(かわ)()つた、125(きよ)きお(かた)と、126青春(せいしゆん)()()ゆる(わか)(をんな)とは、127同日(どうじつ)(かた)(わけ)には()きませぬからねえ』
128『アハヽヽヽ、129こなひだから(あま)陽気(やうき)(わる)うて、130空気(くうき)流通(りうつう)(わる)く、131()すので、132年老(としより)(わたし)(あたま)がポカポカとして()た。133大方(おほかた)(まへ)精神(せいしん)異状(いじやう)(きた)して()るのだあるまいかな。134さうで()ければ(おに)(れい)にでも憑依(ひようい)されたのだらう。135(この)(ごろ)ゲツセマネの(その)近辺(きんぺん)(わる)(きつね)がウロつくといふことだが、136其奴(そいつ)(れい)にでも憑依(ひようい)されたのであるまいかな。137これマリヤさまチツと用心(ようじん)なさいよ。138キツと(きつね)(れい)ですよ。139コンコンさまにつままれたのですよ』
140『ホヽヽヽヽ、141信心堅固(しんじんけんご)(わたし)142()うしてさやうな(もの)につままれませうか。143ケツでもコンでも(かま)ひませぬ、144(わたし)はケツコンさへすれば()いのですもの、145ホヽヽヽヽ』
146『アヽ、147(なん)となく怪体(けつたい)(かぜ)()いて()たぞ。148あゝ(ひと)(まど)でも()けて()()らさうかな』
149『ホヽヽヽヽ、150あのスバツフオードさまの仰有(おつしや)ることワイノ。151(まど)()けたつて、152ついてゐない(きつね)はメツタに飛出(とびだ)気遣(きづかひ)はありませぬよ』
153(まる)春情期(しゆんじやうき)(いぬ)(やう)だなア』
154小声(こごゑ)(つぶや)く。155マリヤはスバツフオードに(むか)ひ、
156『モシ老師様(らうしさま)157(わたし)(これ)から聖地(せいち)巡拝(じゆんぱい)()つて(まゐ)ります。158どうぞお留守(るす)(ねが)ひますよ。159(まへ)(もつ)(まを)しておきますが、160(わたし)(をんな)です。161七十日(しちじふにち)(あひだ)メツタにブラバーサ(さま)のホテルを(たづ)ねるやうなことは(いた)しませぬから、162御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
163予防線(よばうせん)()(はや)くも門口(もんぐち)飛出(とびだ)した。
164 橄欖山(かんらんざん)中腹(ちうふく)165橄欖樹(かんらんじゆ)(もと)(こし)()ちかけて雑談(ざつだん)(ふけ)つてゐる三人(さんにん)のアラブがあつた。166(おのおの)()にスコツプを()(なが)ら、167()(かぶ)腰打(こしうち)かけ、
168テク『オイ、169(この)(ごろ)170アメリカンコロニーのマリヤといふ(をんな)171チツと様子(やうす)(へん)だないか、172()(なに)釣上(つりあが)つてゐるやうだなア』
173ツーロ『彼奴(あいつ)有名(いうめい)独身(どくしん)生活(せいくわつ)(をんな)だが、174ヤツパリ性欲(せいよく)(おさ)()れないとみえて、175橄欖山(かんらんざん)参拝(さんぱい)標榜(へうばう)し、176(をとこ)をあさつてゐるのかも()れないよ。177()うだ(ひと)彼奴(あいつ)(うま)()()んで、178俺達(おれたち)(もの)にしたら面白(おもしろ)からうぞ。179アラブアラブとユダヤの(やつ)軽蔑(けいべつ)されてゐるのだから、180ユダヤ(じん)のカンカンを(うま)くおとさうものなら、181それこそアラブ全体(ぜんたい)面目(めんぼく)(かがや)かすといふものだ。182やがて()時分(じぶん)だから、183(なん)とか(ひと)工夫(くふう)をせうだないか』
184トンク『ソリヤ面白(おもしろ)からう、185(しか)(なが)三人(さんにん)(をとこ)一人(ひとり)(をんな)186此奴(こいつ)紛擾(ふんぜう)(たね)をまくやうなものだから、187()(この)計画(けいくわく)中止(ちゆうし)した(はう)安全(あんぜん)かも()れないよ。188ラマ(けう)ならば多夫一妻(たふいつさい)でよからうが、189吾々(われわれ)はそんなことしたら天則違反(てんそくゐはん)神様(かみさま)から(ばつ)せられるからなア』
190テク『さう心配(しんぱい)するな、191俺達(おれたち)のやうな(いろ)(くろ)い、192(くちびる)(あつ)醜男(ぶをとこ)人種(じんしゆ)が、193何程(なにほど)あせつたつて、194一瞥(いちべつ)()げてくれないのは当然(たうぜん)だ。195()相手(あひて)にならぬ(はう)安全(あんぜん)かも()れないよ』
196ツーロ『()(よわ)いことを()ふな、197(だん)じて(おこな)へば鬼神(きしん)(これ)をさく。198躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)するは男子(だんし)()らざる(ところ)だ。199(いま)にもやつて()よつたら、200大勇猛心(だいゆうまうしん)発揮(はつき)して獅子(しし)奮迅(ふんじん)活動(くわつどう)をやるのだ。201一人(ひとり)(あし)をさらへ、202一人(ひとり)猿轡(さるぐつわ)をはませ、203一人(ひとり)はかついでキドロンの谷底(たにそこ)へでもつれて()き、204厭応(いやおう)()はせず此方(こつち)のものにするのだ』
205テク『オイ、206(きさま)(さけ)()のある(とき)ばかり、207そんな(つよ)いことを()ひやがるが、208(ゑひ)のさめた(とき)()うだい、209(その)元気(げんき)をどこ(まで)持続(ぢぞく)することが出来(でき)れば、210おれだつて(きさま)同盟(どうめい)して決行(けつかう)せないことはないが、211何分(なにぶん)弱味噌(よわみそ)だから、212(さき)(あん)じられて、213する()にもなれないワ。214のうトンク、215さうだないか』
216トンク『ナアニ成敗(せいはい)(とき)(うん)だ。217(ひと)肝玉(きもだま)をおつぽり()して決行(けつかう)()かけやう。218ゴテゴテいつたらこの聖地(せいち)立去(たちさ)り、219アラビヤの本国(ほんごく)(かへ)れば()いだないか。220聖地(せいち)()らなくても(すく)はれる(もの)(すく)はれるのだからなア、221俺達(おれたち)がマリヤを何々(なになに)せうといふのは(けつ)して肉欲(にくよく)(ため)だない。222(おほい)にアラブの気前(きまへ)()せる(ため)だ。223()はば四千万(よんせんまん)のアラブ(じん)代表(だいへう)してのアラブ仕事(しごと)だから、224(たい)したものだぞ。225親譲(おやゆづ)りのハンドルが()かぬとこ(まで)こき使(つか)はれて、226(わづか)半弗(はんドル)より(もら)はれぬのだからバカげて仕方(しかた)がないワ。227婦人(ふじん)国有(こくいう)議論(ぎろん)さへ、228独逸(ドイツ)では(おこ)つたでないか。229(なに)230かまふものかい、231三人(さんにん)同盟(どうめい)でマリヤを国有(こくいう)にせうぢやないか、232サア()うきまつた以上(いじやう)は、233(すみやか)決行(けつかう)()かけやう』
234テク『どこへ()かけやうと()ふのだい。235コロニーには百人(ひやくにん)ばかりの団体(だんたい)がゐるだないか』
236トンク『そんな(ところ)()かなくても、237キツと此処(ここ)へやつて()るのだ』
238()つてゐる。239そこへソンナこととは(ゆめ)にも()らぬマリヤは(ほそ)(つゑ)(ちから)に、240九十九折(つくもをり)(さか)をソロソロと(のぼ)つて()た。241三人(さんにん)(たがひ)()くばせし、242(もの)をも()はず、243マリヤの(からだ)(くら)ひつき、244(かつ)()した。245マリヤは悲鳴(ひめい)()げて、246人殺(ひとごろ)人殺(ひとごろ)し」と(さけ)ぶ。247()かる(をり)しもあたりの木魂(こだま)(ひび)かして宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(きこ)()たりぬ。
248(かみ)(おもて)(あら)はれて
249(ぜん)(あく)とを立分(たてわ)ける
250時世時節(ときよじせつ)(ちか)づきぬ
251オレゴン星座(せいざ)(たち)はなれ
252ウヅの聖地(せいち)(くも)()
253(くだ)らせ(たま)ふキリストの
254御声(みこゑ)(ちか)(きこ)えけり
255日出(ひので)(しま)()(かみ)
256(あら)はれまして中天(ちうてん)
257(ひか)(かがや)(すす)むごと
258暗夜(あんや)(やうや)()(ちか)
259(よる)守護(しゆご)(たちま)ちに
260光明(くわうみやう)世界(せかい)(すす)()
261あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
262(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
263自転倒島(おのころじま)立出(たちい)でて
264万里(ばんり)波濤(はたう)打渡(うちわた)
265(おと)名高(なだか)きエルサレム
266(かみ)(さだ)めし聖場(せいぢやう)
267(くだ)(きた)りし(われ)こそは
268(すく)ひの(かみ)先走(さきばし)
269()さへ目出度(めでた)きブラバーサ
270いかなる(かみ)経綸(けいりん)
271ユダヤの(をんな)恋慕(れんぼ)され
272進退(しんたい)(ここ)(きは)まりて
273(くび)もまはらぬ破目(はめ)となり
274(あさ)(ゆふ)なに橄欖(かんらん)
275(やま)(まう)でて(わざはひ)
276(のぞ)かむ(ため)(のぼ)()
277国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
278神素盞嗚大御神(かむすさのをのおほみかみ)
279何卒(なにとぞ)吾身(わがみ)(わざはひ)
280(いづ)(みづ)との御光(みひかり)
281(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
282(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
283朝日(あさひ)()(とも)(くも)るとも
284(つき)()つとも()くる(とも)
285仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
286(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
287仮令(たとへ)()(すゑ)(やま)(おく)
288(かばね)をさらす(くるし)みも
289(なに)(いと)はむ(みち)(ため)
290(くに)(のこ)せし(つま)()
291いかに(この)()(おく)るらむ
292聖地(せいち)にいます()(きみ)
293あらはれませる()何時(いつ)
294(かみ)(あつ)まるエルサレム
295(きよ)(みやこ)()(なが)
296(なん)とはなしに村肝(むらきも)
297(こころ)(さび)しくなりにけり
298(おも)へば(おも)へば(ひと)()
299果敢(はか)なき(よわ)有様(ありさま)
300(いま)()のあたり(さと)りけり
301(めぐ)ませ(たま)三五(あななひ)
302皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
303(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
304 (この)(こゑ)(おどろ)いて三人(さんにん)はマリヤを(その)()投棄(なげす)て、305(くも)(かすみ)()()りにけり。
306 マリヤは(あま)りの(おどろ)きと大地(だいち)()げられたはずみに気絶(きぜつ)して(しま)ひ、307坂路(さかみち)(だい)()となつてふん()びてゐる。308ブラバーサは魔法瓶(まほふびん)から清水(せいすゐ)()し、309(たふ)れたる(をんな)(かほ)(そそ)ぎかけた。310よくよく()れば自分(じぶん)()(した)ふてゐるマリヤであつた。311ブラバーサはマリヤの()のついたのを(さいは)ひ、312(かほ)をかくして一生懸命(いつしやうけんめい)にかけ(いだ)す。313マリヤは後姿(うしろすがた)()て、314それと(さと)つたか、315苦痛(くつう)(わす)れ、316(しり)端折(はしを)つて夜叉(やしや)(ごと)(あと)()つかけ(すす)()く。317ブラバーサは(はやし)(しげ)みに()をかくしマリヤの(とほ)()ぎたあとで、318ホツと(いき)をつぎ、319両手(りやうて)(あは)せ、
320『あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
321大正一二・七・一二 旧五・二九 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)