霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 天消地滅(てんせうちめつ)〔一六四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第3篇 花笑蝶舞 よみ:かしょうちょうぶ
章:第16章 第64巻上 よみ:てんしょうちめつ 通し章番号:1645
口述日:1923(大正12)年07月12日(旧05月29日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a16
愛善世界社版:185頁 八幡書店版:第11輯 447頁 修補版: 校定版:185頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001()れもせず(くも)りも()てぬ橄欖山(かんらんざん)
002  (つき)御空(みそら)無我(むが)(こゑ)する
003 行先(ゆくさき)無我(むが)(こゑ)する(ところ)まで
004 無我(むが)(こゑ)あてに旅立(たびだ)(のり)(みち)
005 父母(ちちはは)(あい)にも(まさ)無我(むが)(こゑ)
006
007ほんに可愛(いと)しいあの(ひと)
008(こひ)しなつかし(この)手紙(てがみ)
009(なみだ)(わか)れた(その)()から
010どこにどうして御座(ござ)るかと
011()()(わす)れず()つたのに
012なんぼなんでも(あんま)りな
013今更(いまさら)()れとは(なに)かいな
014(なさけ)ないやら(くや)しいやら
015無情(つれな)いお(かた)になりました
016ほんにいとしい彼方(あのかた)
017(おも)へば()いても()()れず
018(あきら)められぬこの手紙(てがみ)
019いとしいとしと(おも)(ほど)
020(にく)言葉(ことば)のあの(ひと)
021(わたし)はほんとに(なつ)かしい』
022()(なが)橄欖山(かんらんざん)頂上(ちやうじやう)をウロついて()一人(ひとり)(をんな)がある。023これはアメリカンコロニーの牛耳(ぎうじ)()つて()るマリヤであつた。024ブラバーサはマリヤの女難(ぢよなん)()けむ(ため)025逸早(いちはや)くも僧院(そうゐん)ホテルを()(いで)てシオン(ざん)渓谷(けいこく)草庵(さうあん)(むす)(かく)れて()たのである。026マリヤは(かく)(ごと)(うた)つて(こひ)(やつ)(なが)ら、027ブラバーサの(あと)(さが)して()るのである。028かかる(ところ)橄欖山上(かんらんさんじやう)()(しげ)みから(やさ)しき(をんな)(うた)(ごゑ)(きこ)えて()た。
029(みどり)(かぜ)(はな)()
030()(はる)(よひ)(なげ)きつつ
031(おのれ)(こころ)(なつ)()
032(ゆふべ)胡蝶(こてふ)(とこ)()
033(あした)(かがや)(はな)(おも)
034(なや)ましの(ゆめ)(いま)さめぬ
035現実(げんじつ)(つき)(そら)(たか)
036青葉(あをば)(ひか)橄欖(かんらん)(やま)
037せめて(いこ)はむ()(こころ)
038(うた)ひつつ静々(しづしづ)(おぼろ)月夜(つきよ)()いたやうに()()たのはサロメであつた。039折々(をりをり)両人(りやうにん)(この)山上(さんじやう)月下(げつか)出会(でくは)すのである。040されど(たがひ)(あま)心易(こころやす)くもせず、041(また)沁々(しみじみ)(はな)した(こと)もない。042双方(さうはう)とも()せずして同情(どうじやう)(ねん)にかられ、043何物(なにもの)にか()かるる(ごと)二人(ふたり)朧月夜(おぼろづきよ)にもハツキリ(かほ)(わか)(ところ)(まで)(ちか)づいた。
044マリヤ『(ゆく)(みづ)(かへ)らむよしもなし
045 ()(はな)(とど)めむよしもなし』
046サロメ『(さくら)(はな)(さか)りこそ
047 (きみ)(むつ)みし月日(つきひ)なり
048 (つき)幾度(いくたび)かはれども
049 ()幾日(いくにち)(かさ)なれど
050 (きみ)()ふべきよしもない』
051マリヤ『(なみだ)(うち)(なつ)()
052 ()(ごと)()()(ほたる)こそ
053 こがるる(わが)()()たるかな』
054サロメ『(いま)(かな)しき(おも)()
055 ()(ごと)()()(ほたる)こそ
056 (こが)るる(わが)()()たるかな』
057 かく両人(りやうにん)意気(いき)投合(とうがふ)して(いづ)れも(こひ)敗者(はいしや)となりし述懐(じゆつくわい)打明(うちあ)(うた)つた。058(これ)よりマリヤ、059サロメの両人(りやうにん)姉妹(しまい)(ごと)(した)しくなり、060(たがひ)心胸(しんきよう)()()けて(かた)()(こと)となつた。
061『マリヤ(さま)062貴女(あなた)(いま)のお(うた)によりまして(わたし)境遇(きやうぐう)とソツクリだと()(こと)(さと)りました。063ほんたうに()(なか)(おも)ふやうにならないもので御座(ござ)いますなア』
064『ハイ、065有難(ありがた)御座(ござ)います。066もはや(この)()(なか)(いや)になつて(まゐ)りました。067(おも)()んだ(をとこ)()てられ、068もはや(この)()(なん)(たの)しみも御座(ござ)いませぬ。069オリオン星座(せいざ)よりキリストが(あら)はれたまふとも人間(にんげん)として(こひ)(やぶ)れた以上(いじやう)は、070もはや(なん)(たの)しみも御座(ござ)いませぬ。071キリストの再臨(さいりん)なんか(もの)(かず)では御座(ござ)いませぬわ』
072半狂乱(はんきやうらん)(ごと)くになつて()る。
073『あなたは(なが)らく独身(どくしん)生活(せいくわつ)(つづ)けなさつたのも、074キリスト再臨(さいりん)()(ため)では()かつたのですか』
075(わたし)待望(たいばう)して()るキリストは左様(さやう)高遠(かうゑん)神様(かみさま)では御座(ござ)いませぬ。076(わたし)(あい)欲望(よくばう)(みた)して(くだ)さる愛情(あいじやう)(ふか)(きよ)らかな男子(をとこ)御座(ござ)います。077(わたし)一身(いつしん)()つてキリストと(あふ)ぐのは日出(ひので)(しま)からお(いで)になつた、078ブラバーサ(さま)御座(ござ)います』
079(わたし)だつてキリストの再臨(さいりん)()つて()るですよ。080(しか)(なが)自分(じぶん)(こころ)(みた)して()れる愛情(あいじやう)(ふか)(かた)があれば、081(その)(かた)こそ(わたし)(たい)して本当(ほんたう)のキリストで御座(ござ)いますわ。082(かわ)()つたる(たましひ)清泉(せいせん)(みづ)(あた)へ、083朽果(くちは)てむとする(こころ)生命(せいめい)(あた)へて(くだ)さる(かた)所謂(いはゆる)キリストですわ。084さうしてブラバーサ(さま)何処(どちら)へお(いで)になつたか(わか)らないのですか』
085『ハイ百日(ひやくにち)(ぎやう)をすると()つて聖地(せいち)巡覧(じゆんらん)(あそ)ばして()られましたが、086百日(ひやくにち)()たない(うち)にお姿(すがた)()えなくなつたのですよ。087あの(かた)(くも)()つて()たと()つて()られましたから、088竹取(たけとり)物語(ものがたり)香具耶姫(かぐやひめ)(さま)のやうにオリオン星座(せいざ)へでもお(かへ)りになつたのではあるまいかと、089毎晩々々(まいばんまいばん)(そら)(あふ)いで(その)御降臨(ごかうりん)()つて()るので御座(ござ)いますよ。090本当(ほんたう)にあの(かた)普通(ふつう)(ひと)ではありませぬ、091きつと神様(かみさま)化身(けしん)ですわ』
092何程(なにほど)これと目星(めぼし)をつけた(をとこ)でも、093神様(かみさま)化身(けしん)では仕方(しかた)()いではありませぬか。094どれ(ほど)あなたがモウ一度(いちど)(くだ)つてほしほしと毎日(まいにち)(てん)(あふ)いで()たつて駄目(だめ)御座(ござ)いませう。095そんな(とほ)(てん)(ほし)(のぞ)むよりも間近(まぢか)にオリオン星座(せいざ)があるではありませぬか。096この()(てん)(かがや)(ほし)(ひと)つでせう。097ドンと四股(しこ)()んでも()ぐと(こた)へて()れるのは地球(ちきう)()ふこの(ほし)ぢやありませぬか。098きつと(この)(ほし)(なか)貴女(あなた)恋人(こひびと)(かく)れて()ませう。099どこ(まで)(さが)()してユダヤ婦人(ふじん)体面(たいめん)(たも)つて(もら)はねば、100(わたし)だつて世界(せかい)()はす(かほ)がありませぬわ。101(わたし)一旦(いつたん)相思(さうし)恋人(こひびと)御座(ござ)いましたが、102(はな)はいつ(まで)(こずゑ)(とど)まらぬが(ごと)く、103(よる)(あらし)()かれ、104たうとう生木(なまき)()くやうな悲惨(ひさん)()()ひ、105それからと()ふものは(こひ)(くる)ふて、106この霊地(れいち)にお(まゐ)りするのをせめてもの(こころ)(なぐさ)めとして()るので御座(ござ)います。107貴女(あなた)恋人(こひびと)仰有(おつしや)るブラバーサ(さま)は、108三四回(さんしくわい)(この)(やま)でお()にかかりましたが、109ほんとに神様(かみさま)(やう)なお(かた)でした。110(わたし)だつて貴女(あなた)恋人(こひびと)でなければキツト捕虜(ほりよ)にして()るのですけれども、111(ひと)恋人(こひびと)()つたと()はれてはユダヤ婦人(ふじん)体面(たいめん)にかかると(おも)ふて、112どれだけ(こひ)悪魔(あくま)(たたか)つたか()れはしませぬわ。113自分(じぶん)()(ひと)114(また)(ひと)()くと()ひまして、115(をとこ)らしい(をとこ)(たれ)にも()かれるものですなア。116さうかと()つて今後(こんご)ブラバーサ(さま)発見(はつけん)しても、117(けつ)して(わたし)指一本(ゆびいつぽん)さえない(こと)(ちか)つておきますから安心(あんしん)して(くだ)さいませ』
118『あなたの恋人(こひびと)(おほ)せらるるのはヤコブ(さま)ぢや御座(ござ)いませぬか。119薄々(うすうす)(うはさ)(うけたま)はつて()りました』
120『ヤコブ(さま)(わたし)(なか)には(なん)障壁(しやうへき)もなく、121(きは)めて円満(ゑんまん)(きよ)(なか)御座(ござ)いましたが無理解(むりかい)両親(りやうしん)(なか)()つて()()けてしまつたので御座(ござ)います。122かうなつて(わか)れると(めう)なもので(こひ)意地(いぢ)(つの)り、123どこ(まで)()()げねばおかないと()敵愾心(てきがいしん)(おこ)つて()たのですよ。124貴女(あなた)もユダヤ婦人(ふじん)としてどこまでも奮闘(ふんとう)なさいませ。125(わたし)(この)(まま)()寝入(ねい)るのでは御座(ござ)いませぬからなア。126かうして二人(ふたり)失恋(しつれん)(をんな)が、127橄欖山上(かんらんさんじやう)出遇(であ)はすと()ふのも(なに)かの因縁(いんねん)御座(ござ)いませうよ』
128『サロメ(さま)129(わたし)()()けましたから、130今晩(こんばん)はこれで(かへ)らうと(おも)ひます。131コロニーのスバツフオード(さま)(あま)(おそ)くなると大変(たいへん)矢釜(やかま)しく仰有(おつしや)いますから、132(また)明日(あす)ここで貴女(あなた)(たの)しくお()にかかりませう』
133左様(さやう)ならば一歩先(ひとあしさき)(かへ)つて(くだ)さいませ。134(わたし)はもう(しばら)祈願(きぐわん)してお(やま)(くだ)(こと)(いた)しませう』
135(わか)れをつげ、136サロメはシオン大学(だいがく)基礎(きそ)工事(こうじ)(ほどこ)してある(かたはら)作事場(さくじば)()つて(こし)()ろし、137(しばら)身体(からだ)をやすめ、138(ふたた)祈願(きぐわん)にかかつて()た。
139 シオンの(たに)(こひ)鋭鋒(えいほう)をさけて(かく)れて()たブラバーサは、140もはや()深更(しんかう)になつたればマリヤがよもや()()(はず)()からうと(たか)(くく)橄欖山上(かんらんさんじやう)(おい)てキリストの無事(ぶじ)再臨(さいりん)(いの)るべく(のぼ)つて()た。141作事場(さくじば)(なか)(やさ)しい(をんな)(いの)(ごゑ)(きこ)えて()る。142ブラバーサはもしやあの(こゑ)はマリヤであるまいか、143もしマリヤであつたら(また)とつつかまへられて五月蠅(うるさ)(こと)であらう、144(しか)しあれだけ(した)ふて()(をんな)をむげに()てるのも残酷(ざんこく)のやうであり、145さればとて(かれ)意志(いし)(したが)へば罪悪(ざいあく)(をか)したやうな心持(こころもち)がするなり、146大神様(おほかみさま)御化身(ごけしん)からは(しか)られ、147(あゝ)どうしたらよからう、148(つら)(こと)だな。149マテマテ世界(せかい)万民(ばんみん)(すく)ふのも一人(ひとり)(をんな)(すく)ふのも(すく)ひに(ふた)つはない、150一人(ひとり)(をんな)見殺(みごろ)しにして世界(せかい)人民(じんみん)(たす)けたつて最善(さいぜん)行方(やりかた)()いかも()れない。151(あゝ)152(わたし)自己愛(じこあい)()ちて()たのかも()れない、153仮令(たとへ)あの(をんな)(たす)けるために地獄(ぢごく)()ちてもあの(をんな)(たす)けるが赤心(まごころ)だ。154エーもうかうなれば(ぜん)(あく)もない、155シオンの(たに)()(かく)(をんな)(つみ)(つく)らせるよりも自分(じぶん)罪人(ざいにん)となつて、156マリヤを(たす)けてやらう、157それが男子(だんし)たるものの本分(ほんぶん)だ。158自分(じぶん)()なくても、159(また)失敗(しくじ)つてもウヅンバラチヤンダーの再臨(さいりん)邪魔(じやま)にはなるまい。160キリストは万民(ばんみん)のために十字架(じふじか)に、161おかかりなされたのだ。162(くに)(のこ)した(つま)には()まないが、163(つま)だつて宣伝使(せんでんし)(つま)だ。164その(くらゐ)犠牲(ぎせい)(しの)ぶだらう、165エーもう(かま)はぬ、166これだけ熱烈(ねつれつ)(をんな)見殺(みごろ)しにするのも(あま)(ぜん)ではあるまいと(こころ)(うち)()ひつ(こた)へつ思案(しあん)(さだ)め、167作事小屋(さくじごや)(なか)(すす)()つた。
168 ブラバーサは()決心(けつしん)をきめた(うへ)は、169もはや宇宙間(うちうかん)何者(なにもの)()くなつて(しま)つた。170(この)(ひろ)世界(せかい)にマリヤの姿(すがた)唯一(ただひと)つあるのみである。171今迄(いままで)(きこ)えて()山鳩(やまばと)(こゑ)(むし)()()く、172一切万事(いつさいばんじ)何処(どこ)かへ()えて(しま)ひ、173(てん)もなく()もなく(こころ)にうつるものはマリヤの姿(すがた)のみとなつて(しま)つた。174それ(ゆゑ)サロメの姿(すがた)がすつかりマリヤと()えて(しま)つて、175どうしても()(ひと)(かんが)(なほ)(ひま)微塵(みぢん)()かつた。
176 一方(いつぱう)サロメはヤコブの(こと)(おも)(なが)祈願(きぐわん)をこらして()たが、177(こころ)(うち)(おも)ふやう、
178『たとへ両親(りやうしん)(なん)()はうとも、179世間(せけん)(ひと)堕落女(だらくをんな)(そし)らうとも、180そんな(こと)(かま)ふものか。181自分(じぶん)(こひ)自分(じぶん)(あぢ)はふに()(かま)(こと)があるものか。182あの(ひと)(ため)には(てん)()()()い。183森羅万象(しんらばんしやう)をすべて(はうむ)()つても(わが)(こころ)(いか)すものはヤコブさまより()いのだ、184地位(ちゐ)や、185名誉(めいよ)(なん)になる、186貴族(きぞく)(うまれ)(なん)だ。187(とり)(けもの)でも自由(じいう)(こひ)(あぢ)はつて()る。188万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)たる人間(にんげん)(こひ)(あぢ)はふに(なん)不道理(ふだうり)があらう(はず)がない。189(くさ)()けても(さが)()し、190ヤコブ(さま)()つけ()して、191地位(ちゐ)名誉(めいよ)()()して今迄(いままで)のお(わび)をせう。192(わたし)意志(いし)(よわ)かつた(ため)ヤコブ(さま)(おも)はぬ(なげき)をかけた……。193ヤコブ(さま)(ゆる)して(くだ)さいませ。194仮令(たとへ)地獄(ぢごく)()ちた(ところ)貴方(あなた)との約束(やくそく)実行(じつかう)(いた)しませう。195それが(をんな)本領(ほんりやう)御座(ござ)いますから……』
196(かたはら)(ひと)()きを(さいは)ひ、197()らず()らず(おほ)きな(こゑ)()して(しま)つた。
198 ブラバーサは、199サロメがヤコブのことを()つて()るのを()いてゐながら、200やつぱりマリヤとしか(おも)へなかつた。201二人(ふたり)男女(だんぢよ)一所(いつしよ)(あつ)まつて(たがひ)にかたく()()めた。202そして(てん)()も、203橄欖山(かんらんざん)自分(じぶん)(からだ)もどこかへ消滅(せうめつ)したやうな無我(むが)(ゐき)()つて(しま)つた。204(しばら)くあつてサロメは、205ホツト()がついたやうに、
206『あゝヤコブ(さま)207ヨウ()(くだ)さいました。208(わたし)一念(いちねん)貴方(あなた)(たましひ)(つう)じたので御座(ござ)りませう。209もう(この)(うへ)()(たま)もあなたに(ささ)げまして(けつ)して(ほか)へは(こころ)()らしませぬから可愛(かあい)がつて(くだ)さいませ』
210 ブラバーサはヤコブと()(こゑ)()いて(おほい)(いか)り、
211『こりや不貞腐(ふていくさ)れのマリヤ()212よう(わたし)翻弄(ほんろう)して()れたなア。213(まへ)熱愛(ねつあい)して()るヤコブの代理(だいり)(おれ)使(つか)ふとは、214馬鹿(ばか)にするのも(ほど)があるではないか。215(おれ)はマリヤより(ほか)(あい)する(をんな)()いのだと(おも)つて()たのにエヽ(けが)らはしい、216勝手(かつて)にどうなとしたがよからう。217(おれ)もこれで(むね)(まよ)ひが()れた。218あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
219 サロメはやつぱり(うつつ)になつてブラバーサをヤコブと(おも)ひつめて()た。220マリヤより(あい)する(をんな)()いと()ふのを()いて、
221『エヽ悪性男(あくしやうをとこ)のヤコブ()222ようもようも(この)サロメを馬鹿(ばか)にしよつたなア。223(いのち)()てた(この)(からだ)224もう(この)(うへ)(やぶ)れかぶれ(おも)()つたがよからう』
225護身用(ごしんよう)短刀(たんたう)()いて()つてかかる。226ブラバーサはマリヤ()つた()つたと作事小屋(さくじごや)のぐるりを()(まは)つて()る。227かかる(ところ)(うたが)(ぶか)いマリヤは、228サロメがアンナ(こと)をいつて、229ブラバーサを(かく)して()るのでなからうかと、230中途(ちうと)より引返(ひきかへ)(きた)り、231(この)(てい)()打驚(うちおどろ)き、
232『もしサロメ(さま)233マア()つて(くだ)さいませ』
234(うで)(くら)ひつく。235サロメは夜叉(やしや)(ごと)くに(いか)(くる)ひ、
236『エヽ(こひ)(かたき)マリヤ()237ヤコブを()りよつた(うらみ)だ、238覚悟(かくご)(いた)せ』
239(たけ)(くる)ふ。240其処(そこ)(また)(あら)はれて()たのはサロメの(あと)()ふてやつて()失恋男(しつれんをとこ)のヤコブであつた。241ヤコブは大声(おほごゑ)をあげて、
242『これこれサロメさまお()(くる)ふたのか一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい。243(わたし)はヤコブで御座(ござ)います』
244 サロメは(この)(こゑ)(いきほひ)()茫然(ばうぜん)として短刀(たんたう)(にぎ)つたまま衝立(つつた)つて()る。245(つき)皎々(かうかう)として(やま)()()らし(はじ)めた。246四人(よにん)(かほ)一度(いちど)にハツキリして()た。247マリヤは(ふる)ふて()るブラバーサの()(かた)(にぎ)り、
248聖師様(せいしさま)何処(どこ)()つてゐらしたの。249(わたし)どの(くらゐ)たづねて()たのか(わか)りませぬのよ』
250『ウンお(まへ)がマリヤであつたか。251夜中(やちう)(こと)とて(えら)人違(ひとちが)ひをしたものだ。252あの活劇(くわつげき)()()つたであらうなア』
253マリヤは、
254『ホヽヽヽヽ』
255サロメも、
256『ホヽヽヽヽ』
257(なん)人違(ひとちが)ひか、258サア、259サロメさま、260ヤコブはどこ(まで)貴女(あなた)(はな)れませぬから覚悟(かくご)して(くだ)さい、261(いのち)がけですよ』
262(わたし)だつて(いのち)がけですわ。263ブラバーサ(さま)があなたに()えたので(えら)間違(まちが)ひを(いた)しました。264マア無事(ぶじ)怪我(けが)()くて(なに)より結構(けつこう)御座(ござ)いました。265皆様(みなさま)(ここ)神様(かみさま)感謝(かんしや)(いた)しませう』
266男女(だんぢよ)四人(よにん)地上(ちじやう)端座(たんざ)し、267(こひ)成功(せいこう)感謝(かんしや)した。268ヨルダン(がは)(なが)れも(みね)()(かぜ)(おと)(てん)()(やうや)四人(よにん)(まへ)開展(かいてん)して()た。269あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
270大正一二・七・一二 旧五・二九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)