霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 新聞種(しんぶんだね)〔一六四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第4篇 遠近不二 よみ:えんきんふじ
章:第18章 第64巻上 よみ:しんぶんだね 通し章番号:1647
口述日:1923(大正12)年07月13日(旧05月30日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a18
愛善世界社版:210頁 八幡書店版:第11輯 456頁 修補版: 校定版:210頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 ヨルダン(がは)河縁(かはべり)(あたら)しく()つたバハイ(けう)のチヤーチがある。002そこには、003バハーウラーが(あし)(とど)めて、004各国人(かくこくじん)(たい)し、005バハイ(けう)宣伝(せんでん)してゐた。006(つぎ)から(つぎ)()(つた)へて救世主(きうせいしゆ)再臨(さいりん)(ごと)く、007聖地(せいち)(あつ)まる各国人(かくこくじん)はその(をしへ)()かむと、008(ひる)となく()となく()なりに(あつ)まつて()た。009サロメもヤコブとの恋愛(れんあい)関係(くわんけい)より両親(りやうしん)意見(いけん)()はず、010(この)チヤーチに(かく)れてバハイの(をしへ)研究(けんきう)してゐた。
011 ヨルダン(かは)朝霧(あさぎり)()(のぼ)り、012(あま)(ひろ)からぬ(むか)(ぎし)樹木(じゆもく)さへも()えない(まで)濃霧(のうむ)(つつ)まれてゐる。013(かは)べりの(まど)をあけて(みづ)(なが)れを打見(うちみ)やりながら、014バハーウラーと(とも)世間話(せけんばなし)(ふけ)つてゐる。015サロメは、
016聖師様(せいしさま)017(この)()(なか)(もつと)幸福(かうふく)(ひと)()へば如何(いか)なる(ひと)御座(ござ)いませうか』
018一般(いつぱん)(ひと)一国(いつこく)主権者(しゆけんしや)となり、019(あるひ)貴族(きぞく)生活(せいくわつ)をして(みち)()くにも馬車(ばしや)自動車(じどうしや)()り、020何一(なにひと)不自由(ふじゆう)なく安楽(あんらく)(くら)(もの)(もつと)幸福者(かうふくもの)として()りますが、021(わたし)なんかは、022世界(せかい)人類(じんるゐ)救済(きうさい)する(きよ)(かみ)使(つかひ)となる(くらゐ)023()(なか)幸福(かうふく)(もの)はないと(おも)ひます。024そして夫婦(ふうふ)(むつ)まじく、025二三人(にさんにん)()()んで(その)()(おや)(おな)(かみ)さまの(みち)に、026一身(いつしん)(ささ)げて信仰(しんかう)する(ひと)家庭(かてい)(くらゐ)幸福(かうふく)なものはなからうと(かんが)へます』
027成程(なるほど)028(わたし)御存(ごぞん)じの(とほ)り、029貴族(きぞく)(いへ)(うま)れ、030ウルサイ虚礼虚式(きよれいきよしき)束縛(そくばく)され、031(すこ)しも自由(じいう)行動(かうどう)出来(でき)ず、032(ほとん)慈悲(じひ)牢獄(らうごく)(とう)ぜられたやうなもので御座(ござ)いました。033(その)苦痛(くつう)()へかねて、034筆墨(ひつぼく)(したし)み、035(くだ)らぬ小説(せうせつ)()いたり(うた)などをよんで、036悶々(もんもん)(じやう)()さむと(つと)めてゐましたが、037小説(せうせつ)(ひと)()いても()(うま)れが貴族(きぞく)(ため)に、038あちらにつかへ、039此方(こちら)につかへ、040(おも)ふやうに(ふで)(はし)らすことも出来(でき)ないので、041本当(ほんたう)人生(じんせい)貴族(きぞく)となる(なか)れといふ(こと)(ふか)(あぢ)はひました。042それから無理解(むりかい)(おや)兄弟(きやうだい)圧迫(あつぱく)によつて、043素性(すじやう)(いや)しき毘舎(びしや)(つま)として(おひ)やられ、044十年(じふねん)(あひだ)あるにあられぬ苦痛(くつう)不愉快(ふゆくわい)(しの)んで(まゐ)りましたが、045とうと()たたまらなくなつて、046毘舎(びしや)(いへ)()()し、047自分(じぶん)同情(どうじやう)をしてくれる(をとこ)(はう)(はし)つたので御座(ござ)いますが、048(これ)(また)ウルサイこつて御座(ござ)います。049どうしたら天下(てんか)()れての夫婦(ふうふ)になれるであらうかと、050いろいろと(こころ)(いた)めましたが、051モウ(この)(うへ)神様(かみさま)のお(ちから)()りるより仕方(しかた)がないと(ぞん)じまして、052バハイ(けう)(をしへ)信仰(しんかう)することになつたので御座(ござ)います。053本当(ほんたう)不運(ふうん)生付(うまれつき)御座(ござ)います』
054成程(なるほど)055貴女(あなた)のお(かんが)へも(あなが)無理(むり)ではありますまい。056(しか)(なが)今日(こんにち)()(なか)(わか)らずやが(おほ)くて、057誤解(ごかい)する(もの)ばかりですから、058余程(よほど)心得(こころえ)なくちやなりますまい。059あなたもシオンの女王(ぢよわう)として随分(ずゐぶん)新聞紙(しんぶんし)(やかま)しく()()てられましたなア』
060世界中(せかいぢう)醜名(しうめい)(ひろ)めてくれました。061ルートバハー(けう)のウヅンバラチヤンダーさまと東西(とうざい)相並(あひなら)んで新聞種(しんぶんだね)巨壁(きよへき)となりましたよ。062オホヽヽヽ』
063『あなたが普通(ふつう)平民(へいみん)(うま)れであつたならあれ(くらゐ)(こと)は、064六号(ろくがう)活字(くわつじ)(ひと)()のつかないやうな(ところ)へ、065ホンの二行(にぎやう)三行(さんぎやう)のせるのですけれど、066(なん)()つても伯爵家(はくしやくけ)のお(ぢやう)さまだから新聞屋(しんぶんや)阿呆(あはう)()が、067針小棒大(しんせうぼうだい)()()てたのでせう。068ウヅンバラチヤンダーさまだつて、069やつぱり、070ルートバハー(けう)といふ背景(はいけい)がなければ、071あれ(ほど)(やまか)しくならなかつたでせう。072本当(ほんたう)新聞(しんぶん)記者(きしや)(くらゐ)(わる)(やつ)はありませぬなア』
073新聞(しんぶん)記者(きしや)(ねら)はれたが最後(さいご)074(たす)かりつこはありませぬよ。075(まる)胡麻(ごま)(はへ)(やう)なもので、076何処(どこ)(かく)れて()つても(さが)()して、077おマンマの(たね)(こしら)へやうとするのですからねえ』
078(とき)にサロメさま、079(この)(ごろ)日出島(ひのでじま)から、080立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)聖地(せいち)()えて()りますが、081(きき)(およ)びで御座(ござ)いますか』
082『ハイ、083(ぞん)じて()ります。084本当(ほんたう)立派(りつぱ)(かた)御座(ござ)いますねエ』
085『あなたは此処(ここ)へお(いで)になつてから(ほとん)二ケ月(にかげつ)になりますさうですが、086どこでお()ひになつたのですか。087()つから貴女(あなた)(その)(かた)にお()ひになる機会(きくわい)がなかつたやうに(おも)ひますが……』
088『ハイ、089(わたし)橄欖山(かんらんざん)夜分(やぶん)にお(まゐ)りする(とき)090チヨコチヨコ山上(さんじやう)(さか)途中(とちう)(おい)て、091()にかかり、092(はな)しもさして(いただ)いて()ります。093それ(ゆゑ)あの(かた)人格(じんかく)思想(しさう)もよく(ぞん)じて()ります』
094 バハーウラーは微笑(びせう)(うか)(なが)ら、
095『ヤコブさまに(くら)べては、096あなたどちらが()いと(おも)ひますか』
097『お(たづ)ねまでもありませぬワ、098ホヽヽヽヽ』
099 かかる(ところ)へ『御免(ごめん)なさいませ』と()(なが)受付(うけつけ)案内(あんない)されて這入(はい)つて()たのは、100ブラバーサであつた。101ブラバーサは、
102『これはこれは聖師様(せいしさま)103(この)(あひだ)御親切(ごしんせつ)にお(たづ)(くだ)さいまして、104有難(ありがた)御座(ござ)います。105今日(けふ)折入(をりい)つて、106サロメ(さま)御相談(ごさうだん)(いた)したいことがあつて、107(うかが)(いた)しました』
108『ヤ、109よう()(くだ)さいました。110()ぶより(そし)れとか()つて、111(いま)(いま)とて貴方(あなた)のことを(はな)して()つた(ところ)です。112サロメさまに御用(ごよう)とあれば(わたし)(せき)(はづ)します。113どうぞゆつくりお(はな)(くだ)さいませ、114……モシ、115サロメさま、116ヤコブさまのことを(わす)れちや()けませぬよ』
117とニツコリと(わら)ひ、118()()かして(この)()立去(たちさ)りぬ。
119『ブラバーサさま、120()くマア(たづ)ねて(くだ)さいました。121一昨夜(いつさくや)はエライ失礼(しつれい)(いた)しましたね。122(わたし)(おも)()しても(はづか)しうなつて(まゐ)りましたワ』
123『イヤもう失礼(しつれい)御互(おたがひ)御座(ござ)います。124(しか)しサロメさま、125今日(こんにち)(まゐ)りましたのは(ほか)のことだ御座(ござ)りませぬ、126吾々(われわれ)()(うへ)(くわん)して大変(たいへん)なことが(おこ)つて()るので御座(ござ)います』
127大変(たいへん)とはソリヤドンナことで御座(ござ)いますか。128どうぞ(はや)()かして(くだ)さいませ。129(なん)だか(わたし)(むね)(さわ)いでなりませぬワ』
130 ブラバーサは(まゆ)をひそめ(なが)()(にく)(さう)にして、
131(じつ)(ところ)一昨夜(いつさくや)山上(さんじやう)活劇(くわつげき)三人(さんにん)のアラブがスツカリ()()つたと()えまして、132(わたし)草庵(さうあん)(たづ)ね、133一万両(いちまんりやう)(かね)()さねば、134新聞(しんぶん)()すとか()つて、135強請(ゆすり)(まゐ)りました。136(わたし)だつて遠国(ゑんごく)から(まゐ)つた(もの)御座(ござ)いますから、137()(ほど)大金(たいきん)()つてゐる(はず)もなし、138()むを()百両(ひやくりやう)(つつ)んでやつた(ところ)139(たちま)大地(だいち)にぶつつけて、140(これ)から新聞社(しんぶんしや)()つて二三万両(にさんまんりやう)(かね)(もら)つて()る、141さうすりやお前達(まへたち)四人(よにん)はユダヤ(じん)怨府(ゑんぷ)となり磔刑(はりつけ)()ふだらうと捨台詞(すてぜりふ)(のこ)して(かへ)りました。142グヅグヅしてゐて新聞(しんぶん)にでも()されちや大変(たいへん)ですから、143(なに)貴女(あなた)によいお(かんがへ)はなからうかと御相談(ごさうだん)(まゐ)りました』
144 ()くよりサロメは()(まる)うし、145面色(かほいろ)(まで)()へて(やや)(ふる)(ごゑ)になり、
146『ヤ、147其奴(そいつ)大変(たいへん)です。148()うしませうかなア』
149()うも仕方(しかた)がありませぬ。150(はづか)(なが)ら、151(いづ)(わか)ることですから、152バハーウラーさまに一伍一什(いちぶしじふ)(うち)あけて、153(なに)かよい智慧(ちゑ)()らうぢやありませぬか』
154『だつてマサカ、155ソンナ(はづか)しいことが()へぬぢやありませぬか。156あゝ(こま)つたことですねえ』
157 (かか)(ところ)聖師(せいし)バハーウラーは(すこ)しく苦々(にがにが)しい(かほ)をし(なが)(あら)はれ(きた)り、
158『モシお二人(ふたり)さま、159都新聞(みやこしんぶん)記者(きしや)があなた(がた)にお()にかかりたいと()つて(まゐ)りましたが、160()(いた)しませうかね』
161『ハテ、162(こま)りましたねえ』
163『モウ()うなつては(かく)れたつて駄目(だめ)でせう。164此方(こちら)(はう)から面会(めんくわい)して、165(なに)もかも事情(じじやう)()つてやりませう。166それの(はう)(かへつ)()いかも()れませぬよ。167新聞(しんぶん)記者(きしや)(かく)れると、168憶測(おくそく)針小棒大(しんせうぼうだい)(なに)()()てるか()れませぬからな』
169 サロメは(どう)()ゑて、
170『ソンナラさう(いた)しませう。171聖師様(せいしさま)172記者様(きしやさま)をどうか此方(こちら)へお()(くだ)さる(やう)()つて(くだ)さいませぬか』
173 バハーウラーは『(よろ)しい』と(うなづ)(なが)(おもて)()()く。
174大正一二・七・一三 旧五・三〇 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)