霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 祭誤(さいご)〔一六四八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第4篇 遠近不二 よみ:えんきんふじ
章:第19章 第64巻上 よみ:さいご 通し章番号:1648
口述日:1923(大正12)年07月13日(旧05月30日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a19
愛善世界社版:218頁 八幡書店版:第11輯 458頁 修補版: 校定版:218頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 高城山(たかしろやま)(みね)つづき、002小北山(こぎたやま)松林(まつばやし)()(ひら)いて沢山(たくさん)小宮(こみや)やチヤーチを()てたルートバハーの脱走教(だつそうけう)があつた。003ここの主人(しゆじん)虎嶋(とらしま)久之助(ひさのすけ)()ひ、004女房(にようばう)虎嶋(とらしま)寅子(とらこ)()ふ。005(うま)れつき自我心(じがしん)(つよ)(をんな)であつたが変性男子(へんじやうなんし)系統(けいとう)()ふのを奇貨(きくわ)としてユラリ(けう)()変則的(へんそくてき)なる教団(けうだん)をたてユラリ彦命(ひこのみこと)(まつ)つて、006(さか)んにルートバハーの教主(けうしゆ)ウヅンバラチヤンダーに反抗的(はんかうてき)態度(たいど)をとつてゐる。007そして自分(じぶん)底津岩根(そこついはね)大弥勒(おほみろく)008()出神(でのかみ)自称(じしよう)し、009(あさ)から(ばん)まで皺枯声(しわがれごゑ)()して(にご)つた言霊(ことたま)四辺(あたり)空気(くうき)灰色(はひいろ)(そめ)()る。010ここへ(あつま)信徒(しんと)(なか)には随分(ずゐぶん)色々(いろいろ)(かは)(もの)があつて、011(なか)にも(もつと)寅子(とらこ)信任(しんにん)()たのは、012(よし)(あし)きも難波江(なにはえ)菖蒲(あやめ)のお(はな)()ふ、013あまり(いろ)(しろ)くない()(ひく)横太(よこぶと)年増婆(としまば)アさまである。014そして寅子(とらこ)(もつと)信任(しんにん)してゐるのは守宮別(やもりわけ)()海軍(かいぐん)士官(しくわん)(あが)りの外国語(ぐわいこくご)をよく(さへづ)(をとこ)であつた。015寅子(とらこ)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)自称(じしよう)(なが)(この)守宮別(やもりわけ)(とも)(うち)(そと)にして曲霊軍(きよくれいぐん)(たすき)()け、016()出島(でじま)東西南北(とうざいなんぼく)(くま)なく巡教(じゆんけう)し、017軍艦(ぐんかん)布教(ふけう)までやつてヤンチヤ()アさまの()()つた、018したたか(もの)である。019守宮別(やもりわけ)()出神(でのかみ)(はら)(あは)如何(いか)にしても変性女子(へんじやうによし)のウヅンバラチヤンダーを社会(しやくわい)廃物(はいぶつ)となし、020自分(じぶん)(たち)がとつて(かは)らむと苦心(くしん)結果(けつくわ)021守宮別(やもりわけ)四方(しはう)八方(はつぱう)反対(はんたい)運動(うんどう)開始(かいし)し、022(つひ)には六六六(ろくろくろく)(けだもの)使(つか)つてウヅンバラチヤンダーの肉体(にくたい)自由(じいう)まで(うば)つた(がう)(もの)である。
023 ()(うへ)(こぶ)として()人物(じんぶつ)を、024うまく圧倒(あつたふ)した(うへ)は、025もはや天下(てんか)(おそ)るべきものなしと、026菖蒲(あやめ)のお(はな)筆頭(ひつとう)守宮別(やもりわけ)027曲彦(まがひこ)028木戸口(きどぐち)029(まつ)(など)連中(れんちう)(はか)小北山(こぎたやま)拝殿(はいでん)()て、030一時(いちじ)(はや)願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)(いた)しますやうと祈願(きぐわん)をこらして()た。031さうして()高天原(たかあまはら)乗込(のりこ)んで一切(いつさい)教権(けうけん)(にぎ)らむと聖地(せいち)(ふる)役員(やくゐん)をたらし()み、032九分九厘(くぶくりん)()(ところ)へウヅンバラチヤンダーが(かへ)つて()たので、033(きも)をつぶしホウボウの(てい)にて(ふたた)小北山(こぎたやま)()(かへ)守宮別(やもりわけ)海外(かいぐわい)()()し、034(あと)寅子姫(とらこひめ)035(はな)036曲彦(まがひこ)三人(さんにん)(くび)(あつ)めて第二(だいに)策戦(さくせん)計画(けいくわく)にとりかかつた。037()第一(だいいち)()出神(でのかみ)筆先(ふでさき)()いてルートバハーの信者(しんじや)籠絡(ろうらく)し、038変性女子(へんじやうによし)勢力(せいりよく)失墜(しつつゐ)せむものと難波(なには)(さと)高山某(たかやまぼう)軍用金(ぐんようきん)寄附(きふ)させ、039日出島(ひのでじま)全体(ぜんたい)神社(じんじや)仏閣(ぶつかく)巡回(じゆんくわい)し、040身魂調(みたましら)べと(しよう)し、041口碑伝説(こうひでんせつ)(さぐ)つていろいろの因縁(いんねん)をつけ、042筆先(ふでさき)(つく)つて(まこと)しやかに少数(せうすう)信徒(しんと)誤魔(ごま)かして()る。
043 今日(けふ)春季(しゆんき)大祭(たいさい)(ため)五六十人(ごろくじふにん)信徒(しんと)(あつま)つて()た。044祭典(さいてん)無事(ぶじ)()んで信者(しんじや)(おのおの)(いへ)(かへ)つた。045あとには曲彦(まがひこ)046寅子(とらこ)047菖蒲(あやめ)のお(はな)048久之助(ひさのすけ)049高山彦(たかやまひこ)(など)(くび)(あつ)めて協議(けふぎ)(こら)して()る。050曲彦(まがひこ)()第一(だいいち)(くち)(ひら)いて、
051(みな)さま、052神徳(かげ)によりまして春季(しゆんき)大祭(たいさい)無事(ぶじ)終了(しうれう)(いた)し、053さしもに(ひろ)霊場(れいぢやう)立錐(りつすゐ)余地(よち)なき(まで)信者(しんじや)(あつ)まらず、054(かへつ)て、055()みあはずお神徳(かげ)(いただ)きました。056(これ)日頃(ひごろ)熱心(ねつしん)御布教(ごふけう)して(くだ)さる()出神(でのかみ)(さま)(はじ)竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)(さま)御活動(ごくわつどう)結果(けつくわ)有難(ありがた)感謝(かんしや)(いた)します。057()いては御存(ごぞん)じの(とほ)り、058吾々(われわれ)がかねて計画(けいくわく)してゐた玉照彦(たまてるひこ)059玉照姫(たまてるひめ)御結婚(ごけつこん)もたうとう(この)()(みだ)悪神(あくがみ)(うつ)つた(みづ)(みたま)(ため)挙行(きよかう)されて(しま)ひ、060本当(ほんたう)苦辛(くしん)した甲斐(かひ)もなく(まこと)にお目出度(めでた)御座(ござ)いませぬわい。061貴方(あなた)はいつもいつも(この)結婚(けつこん)変性女子(へんじやうによし)には指一本(ゆびいつぽん)さえさせぬ、062(この)()出神(でのかみ)(ゆる)して天晴(あつぱ)結婚(けつこん)をさし、063ルートバハーの(をしへ)立直(たてなほ)すと仰有(おつしや)いましたが、064一体(いつたい)どうなつたので御座(ござ)います』
065 寅子(とらこ)は、
066『ソレハ神界(しんかい)都合(つがふ)によつてお仕組(しぐみ)()へたのだよ。067玉照彦(たまてるひこ)068玉照姫(たまてるひめ)もたうとう変性女子(へんじやうによし)悪霊(あくれい)感染(かんせん)して(しま)ひ、069水晶魂(すゐしやうみたま)泥魂(どろみたま)になりかけました。070さあ(これ)から吾々(われわれ)正念場(しやうねんば)だ。071グヅグヅしてゐては駄目(だめ)ですよ。072もはや期待(きたい)してゐた玉照彦(たまてるひこ)(さま)073玉照姫(たまてるひめ)(さま)駄目(だめ)だから(この)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)が、074もう一働(ひとはたら)きやらねば到底(たうてい)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)出来(でき)ませぬぞや。075神様(かみさま)(ひか)えは何程(なんぼ)でもあるぞよ、076肝腎(かんじん)(こと)系統(ひつぽう)にさしてあるぞよとお(ふで)()してゐられませうがな。077その系統(ひつぽう)(たれ)(こと)だと(おも)ひますか。078金勝要神(きんかつかねのかみ)身魂(みたま)もサツパリ駄目(だめ)だし、079()出神(でのかみ)()らなくては、080もう(この)三千世界(さんぜんせかい)立替立直(たてかへたてなほ)しは出来(でき)ますまい。081艮金神(うしとらのこんじん)082坤金神(ひつじさるのこんじん)083金勝要神(きんかつかねのかみ)084()出神(でのかみ)085四魂(しこん)(そろ)ふて御用(ごよう)(いた)さすぞよ、086とお(ふで)()てゐるでせう。087艮金神(うしとらのこんじん)御魂(みたま)はもはや御昇天(ごしようてん)(あそ)ばし、088坤金神(ひつじさるのこんじん)生宮(いきみや)悪霊(あくれい)にワヤにされて(しま)ひ、089金勝要神(きんかつかねのかみ)()(つよ)(かみ)役員(やくゐん)(たち)(まつ)()まれて慢心(まんしん)(いた)し、090到底(たうてい)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)どころか、091ルートバハーの維持(ゐぢ)出来(でき)ませぬ。092四魂(しこん)(うち)093三魂(さんこん)(まで)(やく)()たねば、094九分九厘(くぶくりん)(ところ)一厘(いちりん)仕組(しぐみ)でクレンと(かへ)すとお(ふで)()てゐるでせう。095それだから()()出神(でのかみ)一厘(いちりん)のところで(てのひら)をかへすのですよ。096(よろ)しいかな。097取違(とりちが)ひを(いた)しなさるなや』
098『それほど変性女子(へんじやうによし)(みたま)(くも)つとるのなら、099何故(なぜ)大祭(たいさい)(ごと)(たの)みさがして、100変性女子(へんじやうによし)()(もら)ふのですか。101チツと矛盾(むじゆん)ぢやありませぬか』
102『エー、103(わか)らぬ(ひと)ぢやな。104変性女子(へんじやうによし)さへ(まゐ)らしておけばルートバハーの信者(しんじや)が「ヤツパリ小北山(こぎたやま)神殿(しんでん)因縁(いんねん)があるに(ちが)ひない。105あれだけ(わる)()はれても変性女子(へんじやうによし)(あたま)()げに()くから、106矢張(やつぱり)(えら)神様(かみさま)だ」と(おも)はせる……一厘(いちりん)仕組(しぐみ)をしてるのだよ。107(かみ)仕組(しぐみ)人間(にんげん)(わか)りませぬよ。108神謀鬼策(しんぼうきさく)仕組(しぐみ)(あそ)ばすのが()出神(でのかみ)御神策(ごしんさく)だよ』
109『ヤア、110それで貴女(あなた)権謀術数(けんぼうじゆつすう)111(あく)にかけたら抜目(ぬけめ)のない、112やり(かた)(わか)りましたよ。113ヘン糞面白(くそおもしろ)くもない』
114とあとは小声(こごゑ)(つぶや)く。
115『ヘン、116()いて(くだ)され、117(わたし)(あく)()えますかな。118神様(かみさま)のお仕組(しぐみ)(あく)()えて(ぜん)(あそ)ばすのだよ。119(なに)もかも(むかし)からの根本(こつぽん)因縁(いんねん)十万億土(じふまんおくど)のドン(ぞこ)まで()つて調(しら)べて()()出神(でのかみ)生宮(いきみや)120何程(なにほど)(まへ)さまは(かしこ)うても軍人(ぐんじん)(あが)りぢやないか。121軍人(ぐんじん)神界(しんかい)(こと)(わか)りますかい。122(まへ)さまは(はや)女子(によし)留守(るす)(うち)拝殿(はいでん)()て、123事務所(じむしよ)()て、124そして費用(ひよう)(なん)ぼでも()すと()(なが)(いよいよ)となれば、125スツタモンダと()つて一円(いちゑん)(かね)()さぬぢやないか、126そんな(こと)でゴテゴテ()資格(しかく)がありますかい。127スツ()んで()りなさい』
128『ヤア、129どうも()出神(でのかみ)(さま)御威勢(ごゐせい)には(たて)つく(こと)出来(でき)ませぬわい。130(なん)()つても一寸先(いつすんさき)()えぬ人民(じんみん)ですから、131(なん)口答(くちごた)へする(わけ)にも()かず、132マア時節(じせつ)()ちませう』
133『あ、134それが()いそれが()い、135何事(なにごと)()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(まを)(とほ)りに(いた)さねば神界(しんかい)仕組(しぐみ)がおくれて仕方(しかた)がない。136これ久之助(ひさのすけ)さま、137(まへ)さまも(わたし)のハズバンドなら、138(すこ)しシツカリしなさらぬかい。139菖蒲(あやめ)さまも(なに)して御座(ござ)る。140曲彦(まがひこ)にアンナ(こと)()はして(だま)つてる(こと)がありますかいな』
141(わたし)()がな(すき)がな、142曲彦(まがひこ)さまに御意見(ごいけん)(まを)して()りますが、143(なん)()つても(わか)(ひと)だから到底(たうてい)(ばば)()(こと)()いて(くだ)さいませぬ。144(しか)(なが)寅子姫(とらこひめ)さま、145(わたし)(ひと)(めう)(こと)()きましたが、146それが本当(ほんたう)とすれば、147かうしてグヅグヅしてゐる(わけ)にも()きますまい』
148『お(まへ)さまの(めう)(こと)()ふのは一体(いつたい)ドンナ(こと)かいな。149差支(さしつかへ)なくば()つて(くだ)さい。150此方(こちら)にも(かんが)へがありますから』
151『それなら(まを)しませうが、152変性男子(へんじやうなんし)のお(ふで)西(にし)(ひがし)にお(みや)()てて(かみ)がうつりて守護(しゆご)(いた)すぞよと()()りませう。153(ひがし)西(にし)のお(みや)とは、154あなた一体(いつたい)どこの(こと)だと(おも)つて()りますか』
155『オツホヽヽヽヽ、156(はな)さま、157(まへ)(なに)(とぼ)けてゐるのだい。158(ひがし)のお(みや)といふのは小北山(こぎたやま)神殿(しんでん)ぢやないか。159人間(にんげん)(はじま)り、160五穀(ごこく)(はじま)りは所謂(いはゆる)(この)小北山(こぎたやま)ですよ。161そして西(にし)のお(みや)()ふのは聖地(せいち)桶伏山(をけぶせやま)ぢやありませぬか。162桶伏山(をけふせやま)神殿(しんでん)はあの(とほ)(たた)きつぶされましたが、163(ひがし)のお(みや)旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほ)ひで誰一人(たれひとり)指一本(ゆびいつぽん)()へるものがないぢやありませぬか。164これを()ても神徳(しんとく)があるかないか(わか)るぢやありませぬか。165ルートバハーの信者(しんじや)馬鹿(ばか)だから変性女子(へんじやうによし)(ため)(だま)され、166(こは)された(みや)(あと)(あつ)まつて、
167 (こは)たれる(みや)(ため)
168 ()()りし偉大(ゐだい)のために
169 吾等(われら)()()して()
170 あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
171なぞと、172(あは)れつぽい(こゑ)()して毎日(まいにち)日日(ひにち)吠面(ほえづら)かわいてゐるぢやありませぬか。173それを()ても神様(かみさま)()られるか、174()られないか(わか)るでせう。175(ぜん)(みち)(わか)るのはおそいと(かみ)()はれますが、176(いま)(この)小北山(こぎたやま)はルートバハーの信者(しんじや)からは馬鹿(ばか)にされて()りますが、177(いま)金色燦爛(こんじきさんらん)たるお(みや)()つて桶伏山(をけぶせやま)(けつ)でも(くら)へと()(やう)になるのですよ。178それだからお(まへ)さま(たち)しつかりなされと()ふのですよ。179イツヒヽヽヽヽ』
180寅子(とらこ)さま、181西(にし)(ひがし)にお(みや)()てると()ふのはチツと見当(けんたう)(ちが)ひぢやありませぬか。182(わたし)桶伏山(をけぶせやま)御神殿(ごしんでん)こそ(ひがし)のお(みや)(おも)ひます。183神様(かみさま)御仕組(おしぐみ)はそんな(ちひ)さいものぢやありますまい』
184『ホヽヽヽヽ、185日輪様(にちりんさま)のおでましになるのが(ひがし)186(かく)れになる(はう)西(にし)()(こと)(わか)つてるぢやありませぬか。187小北山(こぎたやま)西(にし)ぢやと(おも)ひますか。188貴女(あなた)(わか)らぬ(かた)だな。189(まへ)桶伏山(をけふせやま)山麓(さんろく)蟄居(ちつきよ)してゐたので、190女子(によし)悪霊(あくれい)(うつ)られてソロソロ(とぼ)けかけましたね。191ウツフヽヽヽヽ』
192 ()かる(ところ)洋服姿(やうふくすがた)守宮別(やもりわけ)(いそ)がしげに(かへ)()たるを()一同(いちどう)(うれ)しさうに、
193『ヤア、194守宮別(やもりわけ)さま、195御苦労(ごくらう)御座(ござ)いました。196外国(ぐわいこく)のお仕組(しぐみ)はどうで御座(ござ)りましたな。197(さだ)めし()出神(でのかみ)(さま)のお仕組(しぐみ)行渡(ゆきわた)つて()るでせうな』
198()(かく)(さけ)一杯(いつぱい)()して(くだ)さい。199神酒(みき)(いただ)きもつて、200守宮別(やもりわけ)がゆつくり物語(ものがた)りを(いた)しませう』
201大正一二・七・一三 旧五・三〇 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。