霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 遍路(へんろ)〔一六五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第4篇 遠近不二 よみ:えんきんふじ
章:第21章 第64巻上 よみ:へんろ 通し章番号:1650
口述日:1923(大正12)年07月13日(旧05月30日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a21
愛善世界社版:234頁 八幡書店版:第11輯 464頁 修補版: 校定版:235頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 お(とら)002(はな)両人(りやうにん)溝傍(みぞばた)()つた長屋(ながや)(まど)をあけて(ひたひ)(あつ)め、003六ケ(むつか)しい(かほ)をして(なに)かブツブツ(ささや)()たる(ところ)へ、004編笠(あみがさ)目深(まぶか)(かぶ)つた一人(ひとり)(をとこ)()()たり、005(すず)しい(こゑ)宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)めける。
006まも(むかし)(かは)りなく
007んより(じつ)(せめ)がたし
008はと(つま)とを()ぬる()
009()(をしへ)第一(だいいち)
010かには(あら)淑徳(しゆくとく)
011(じやう)父母(ふぼ)(てん)として
012つがば(をつと)(てん)とせよ
013ちと(はは)とに(ひき)かへて
014よう(じん)舅姑(しゆうと)(つく)すべし
015(はり)洗濯(せんたく)(おこた)らず
016()一層(いつそう)つつしみて
017んなの(つと)めを(まつた)うし
018(まま)気儘(きまま)のことをせず
019よわき(をんな)(うで)ながら
020()(ひと)のためとのみ
021一筋(ひとすぢ)(つく)すべし
022いを見倣(みなら)幼子(をさなご)
023行末(ゆくすゑ)善悪(ぜんあく)
024ひに(そだ)ての(はは)になる
025んには(ねん)(くは)へつつ
026ににつけても物事(ものごと)
027うを(いと)はず(つと)むべし
028(えき)(おごり)(いま)しめて
029ちの小者(こもの)()をかけよ
030なか(もの)とて(あなど)るな
031うある(たか)ひめ(つめ)かくす
032もひの(まま)()ふなかれ
033ちは(わざはひ)(かど)ぞかし
034さしく素直(すなほ)(つつし)みて
035げの(みさを)ぞいや(たか)
036がれぬ()こそ(たふと)けれ
037(とく)()をば()にたてず
038こを(わが)(えん)とせし(うへ)
039んを二度(にど)とは(もと)むなよ
040(さう)かはらぬ姫小松(ひめこまつ)
041らしに(ゆき)()ふとても
042かゆる(いろ)こそ目出(めで)たけれ
043(ぎん)瑪瑙(めなう)瑠璃(るり)しやこ
044めと()るまの不義(ふぎ)(とみ)
045をばかくまじ(のぞ)むまじ
046なその(ため)(むかし)より
047にし貞女(ていぢよ)数多(かずおほ)
048(とく)せよかし女達(をんなたち)
049との(かがみ)(あふ)がれて
050(とせ)千年(ちとせ)(のち)(まで)
051(けん)()をば()られよと
052ゑの(すゑ)(まで)(いの)るべし』
053 (この)(うた)()いて、054(とら)大変(たいへん)御機嫌(ごきげん)(かほ)をしながら、
055『これ、056遍路(へんろ)さま、057(まへ)さまは乞食(こじき)にも()ずホントに身魂(みたま)(みが)けた(ひと)()えますわい、058ちやつと(あが)つて一服(いつぷく)して(くだ)さい。059コレコレお(はな)さま、060(いま)(うた)()きましたか、061(のう)ある高姫(たかひめ)(つめ)かくす」といつたでせう。062(わたし)守護神(しゆごじん)高姫(たかひめ)()つて(むかし)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)には随分(ずいぶん)(つく)したものですからなア。063(いま)(わたし)がかう(つめ)(かく)して柔和(おとな)しくして()るのは(いは)因縁(いんねん)があることですよ。064見違(みちが)ひをしては(こま)りますよ。065(いま)もお遍路(へんろ)さまの()ふやうに百年(ひやくねん)千年(せんねん)(のち)(まで)世間(せけん)()をば()られると()つたでせう。066(まへ)はこの高姫(たかひめ)(うま)(かは)りの()()(かみ)生宮(いきみや)(とら)にむかつて、067爪揚子(つまやうじ)(さき)重箱(ぢうばこ)(すみ)をほじくるやうに詰問(きつもん)をしなさるが、068ちと了見(れうけん)(ちが)ひはしませぬかい。069(まへ)さまも前世(ぜんせ)には、070黒姫(くろひめ)さまと()つて随分(ずゐぶん)(わたし)(ため)活動(くわつどう)した因縁(いんねん)によつて、071(また)一緒(いつしよ)()つてかうして神政(しんせい)成就(じやうじゆ)活動(くわつどう)をして()るのぢやありませぬか』
072(はな)『ソンナ(こと)今更(いまさら)(あらた)めて()かずとも(みみ)(たこ)になる(ほど)()かして(もら)つて()ますワ。073(のう)ある高姫(たかひめ)()ふたのではなく(のう)ある(たか)(つめ)かくすと()つたのですよ。074ねえ、075遍路(へんろ)さま高姫(たかひめ)ぢやありますまい』
076『ちつと(ぐらゐ)(ちが)つたつて(かま)はぬぢやありませぬか。077(てつ)きり(わたし)身魂(みたま)性来(しやうらい)(うた)つて(くだ)さつたのだから、078高姫(たかひめ)だと(おも)つて()ればよいのですよ』
079(いま)のお(うた)(とつ)がば(をつと)(てん)とせよと仰有(おつしや)いましたが、080貴女(あなた)は、081(をつと)(たい)してテンと貞操(ていさう)(つく)して()ないぢやありませぬか。082久之助(ひさのすけ)さまがあれ(だけ)矢釜(やかま)しくお()めなさるのも()かず、083守宮別(やもりわけ)さまと(ねん)年中(ねんぢう)そこら(ぢう)()(まは)つて()られたではありませぬか。084貴女(あなた)自分(じぶん)都合(つがふ)のよい(ところ)ばかりとつてゐらつしやるのですなア』
085『ヘン神界(しんかい)御用(ごよう)人間界(にんげんかい)一所(いつしよ)にして(もら)ふてたまりますかい。086一家(いつか)婦人(ふじん)としてなれば()(かく)087このお(とら)三千世界(さんぜんせかい)立替立直(たてかへたてなほ)しの()出神(でのかみ)(さま)御用(ごよう)をする生宮(いきみや)ですよ。088(かみ)(はしら)人間(にんげん)一所(いつしよ)にしてたまりますか。089(まへ)さまも(なが)らく()()さまの(をしへ)()きながら、090(なん)()(わか)らぬ(こと)仰有(おつしや)るのです』
091『ハイハイ、092とても貴女(あなた)のお(くち)にはお(はな)(かな)ひませぬから、093沈黙(ちんもく)(いた)しませう』
094『もう(この)()はお(とら)(こと)(つい)ては(なに)()つて(くだ)さるな。095何程(なにほど)竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)(さま)生宮(いきみや)だと()つても、096()出神(でのかみ)生宮(いきみや)(くら)ぶれば主人(しゆじん)(やつこ)(ほど)(ちが)ふのですからなア。097モシモシ遍路(へんろ)さま、098這入(はい)つて一服(いつぷく)して(くだ)さいませ』
099 (かど)()つた(をとこ)は『ハイ有難(ありがた)う』と深編笠(ふかあみがさ)をぬぎ()て、100つかつかと()()たり、101よくよく()れば、102どこともなしに見覚(みおぼ)えのある(かほ)なり。
103『ご(めん)なさいませ、104(しばら)くお()にかかりませぬが、105(わたし)竹彦(たけひこ)御座(ござ)いますよ』
106成程(なるほど)(たけ)さまかいな。107それならそれで何故(なぜ)名乗(なのり)つて這入(はい)らぬのだい。108一年(いちねん)ばかりも(かほ)()せなさらぬと(おも)へば、109一体(いつたい)どこへ()つて()ましたか』
110『ハイ、111(べつ)何処(どこ)へも()つて()りませぬ。112(あま)貴女方等(あなたがたら)仰有(おつしや)(こと)がクレクレ(かは)るので信仰(しんかう)(やぶ)(いま)浪華(なには)土地(とち)大道会(おほみちくわい)()ふものを(ひら)き、113パンフレツトを発行(はつかう)し、114ルートバハーの別働隊(べつどうたい)として活動(くわつどう)して()るのですよ。115(この)(ごろ)守宮(やもり)さまが外国(ぐわいこく)から(かへ)られたと()(こと)一寸(ちよつと)新聞(しんぶん)()ましたから、116()でになつて()りはすまいかと(おも)つて一寸(ちよつと)偵察(ていさつ)()たのです。117まだ()えて()りませぬかな』
118(たけ)さま、119随分(ずゐぶん)(ひさ)(ぶり)ぢやありませぬか。120(まへ)もちつと()出神(でのかみ)(をしへ)()いたらどうです。121守宮別(やもりわけ)さまも()()られますよ』
122 お(とら)(あわて)てお(はな)(くち)()をあて、
123『これお(はな)さま、124何呆(なにとぼ)けた(こと)()ふのだい。125守宮別(やもりわけ)さまはまだお(いで)にならぬぢやないか。126大方(おほかた)(ゆめ)でも()たのでせう。127(ゆめ)守宮別(やもりわけ)()ふからなア』
128『ソンナラ矢張(やつぱり)(ゆめ)にして()きませうかいなあ』
129『ハヽヽヽヽ、130さうすると矢張(やつぱ)御大(おんたい)(かへ)つて()てゐるのだな。131そいつは面白(おもしろ)い、132(ひと)大道会(おほみちくわい)会員(くわいいん)となつて、133パンフレツトも()いて(もら)はうかなあ』
134『これこれ(たけ)さま、135それはなりませぬぞや。136水晶(すゐしやう)身魂(みたま)守宮別(やもりわけ)さまにその(やう)物質的(ぶつしつてき)のパンフレツトの(はな)しをして(もら)つて(たま)りますか。137守宮別(やもりわけ)さまはパンよりもお(さけ)()きなのですよ。138(まへ)()出神(でのかみ)(をしへ)(すて)てお(かげ)をおとしたパンフレツトだよ。139ちつと改心(かいしん)なされ』
140『お(とら)さま、141(まへ)さまの()(こと)(なに)(なに)やらちつとも(わか)らないぢやないか。142パンフレツトと()(こと)小冊子(せうさつし)()(こと)だよ。143(うす)雑誌(ざつし)発行(はつかう)して変性女子(へんじやうによし)(をしへ)世界(せかい)(ひろ)めるのですよ』
144『エヽざつしもない(なん)()馬鹿(ばか)真似(まね)をするのだい。145(まへ)さまはこれだけ(くも)つた三千世界(さんぜんせかい)をまだ(この)(うへ)(くも)らさうとするのかい。146ちと改心(かいしん)して(もら)はぬと世界(せかい)人民(じんみん)(くる)しみが(なが)くなるぢやありませぬか。147これだから変性女子(へんじやうによし)(をしへ)()くと(ろく)(こと)()けぬと()ふのだ。148あゝどいつもこいつも(まこと)(ひと)一人(ひとり)()いわい。149()()さまも(さぞ)(ほね)()れる(こと)だらう。150底津岩根(そこついはね)(おほ)ミロク(さま)のお(こころ)がおいとしい(わい)のう』
151と、152豆絞(まめしぼり)手拭(てぬぐひ)(なみだ)をふく。
153 かかる(ところ)守宮別(やもりわけ)()ひがさめ「アヽヽヽヽ」と(おほ)きな欠伸(あくび)をしながらノコノコと()()たる。154竹彦(たけひこ)()びつくやうな(こゑ)で、
155『よう、156守宮別(やもりわけ)さまか、157ヤア都合(つがふ)のよい(ところ)でお()にかかつた。158これお(とら)さま、159(うそ)()へますまい。160(すぐ)この(とほ)(あと)から(ばけ)(あら)はれますからなあ』
161 お(はな)小気味(こきみ)()ささうに、
162『フヽヽヽヽ』
163 お(とら)はツンとし、
164『エヽさうかいなア、165アタ矢釜(やかま)しい』
166(あご)をしやくり()たりけり。
167大正一二・七・一三 旧五・三〇 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。