霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 置去(おきざり)〔一六五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第5篇 山河異涯 よみ:さんがいがい
章:第26章 第64巻上 よみ:おきざり 通し章番号:1655
口述日:1923(大正12)年07月13日(旧05月30日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a26
愛善世界社版:284頁 八幡書店版:第11輯 483頁 修補版: 校定版:286頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 守宮別(やもりわけ)一行(いつかう)は、002路地(ろぢ)(まち)はづれの野路(のぢ)辿(たど)りながら、003(やうや)くにしてヨルダン(がは)(ほとり)につきぬ。
004『これお(とら)さま、005あのやかましいヨルダン(がは)()ふのは(この)(かは)ですよ。006よく()ておきなさい』
007(なん)とまあ(きたな)(かは)だこと。008ヨルダン(がは)ヨルダン(がは)()ふからもつと(ひろ)(かは)だと(おも)つて()たのに、009(これ)では小北山(こぎたやま)(ふもと)(なが)るる大井川(おほゐがは)(そば)へもよれませぬよ。010そして大井川(おほゐがは)(みづ)綺麗(きれい)だが、011この(みづ)とした(こと)(はなし)にも(なん)にもなりませぬわ』
012 曲彦(まがひこ)小才(こさい)らしく、
013大井川(おほゐがは)(おほ)きいから大井川(おほゐがは)()ふのですよ』
014『これ(まが)やん、015(なに)つべこべとやかましく()ふのだえ。016ソンナラヨルダン(がは)(わけ)()つて()ますか』
017『ヨルダン(がは)といつたら、018ヨハネがバプテスマをキリストに(ほどこ)した(ところ)ですよ。019それだからヨハネのヨの()()つてヨルダン(がは)といふのですよ』
020『アハヽヽヽ、021ヨルダン(がは)()ふのは(なま)りだ。022本当(ほんたう)はヨロダン(がは)()ふのだよ。023かうして守宮別(やもりわけ)がよろよろと(ある)いて、024ダンダンとバハイ(けう)のチヤーチへ(すす)んで()くと()(かは)だ。025それだからヨロダン(がは)だ。026アヽ(なん)だか(さけ)がさめて()よつたやうだ。027どこぞ、028ここらにコツプ(ざけ)でも()つて()(ところ)はないかなア』
029『エヽまたしてもまたしても酒々(さけさけ)(なん)ぢやいな。030(また)(よう)()みたらとつくりと()まして()げるから辛抱(しんばう)しなさい』
031『エヽ仕方(しかた)がない、032女王(ぢよわう)さまの命令(めいれい)遵奉(じゆんぽう)せうかなア。033(なん)(とり)()(なん)ぞのやうに、034()(うへ)(いへ)()てて()るわい。035あれは天狗(てんぐ)(いへ)かも()れないよ。036あまり小北山(こぎたやま)天狗(てんぐ)沢山(たくさん)()たものだから、037天狗(てんぐ)(やつ)()()かしてあんな(いへ)(まで)()てて吾々(われわれ)歓迎(くわんげい)して()るわい。
038小北(こきた)(やま)大天狗(だいてんぐ)
039万里(ばんり)波濤(はたう)()()えて
040聖地(せいち)をさしてやつて()
041あつちやこつちやで(あたま)うち
042天狗(てんぐ)(はな)高姫(たかひめ)
043(いま)はさつぱり駄目(だめ)ぢやぞえ
044(おな)仲間(なかま)天狗(てんぐ)()
045いささか同情(どうじやう)(なみだ)して
046ヨルダン(がは)並木(なみき)(えだ)
047()をかけよつたに相違(さうゐ)ない
048ホンに世界(せかい)(おに)はない
049天狗(てんぐ)ばかりの()(なか)
050ドツコイシヨドツコイシヨー。
051(ちつ)(しつか)りせなくてはなるまい。052あすこに(いへ)がある。053あれが大方(おほかた)バハイ(けう)のお(やかた)だらう。054これお(はな)さま、055今度(こんど)はお(まへ)(ばん)だよ。056肝要(かんえう)救世主(きうせいしゆ)(しやべ)らしておくと品格(ひんかく)(さが)るからな。057もしもし女王様(ぢよわうさま)058いやお(とら)()アさま、059今度(こんど)沈黙(ちんもく)(まも)りなさい。060(はな)さまと曲彦(まがひこ)さまが十分(じふぶん)奮闘(ふんとう)するのだな』
061『これ守宮別(やもりわけ)さま、062(とら)()アさまなどと()ふて(もら)ふまい。063徹頭徹尾(てつとうてつび)()出神(でのかみ)()ふのだよ』
064『ハイ承知(しようち)(いた)しました。065あゝ六ケ敷(むつかしい)(こと)だなア』
066()ひながら(はや)くもチヤーチの(まへ)()いた。067団扇(うちは)片手(かたて)にもつて絶世(ぜつせい)美人(びじん)門口(かどぐち)石竹(せきちく)(はな)(いぢ)りながら(あそ)んで()る。068これは有名(いうめい)のサロメ(ひめ)であつた。069守宮別(やもりわけ)070曲彦(まがひこ)両人(りやうにん)艶麗(えんれい)(をんな)姿(すがた)()()(ほそ)うし、071(くち)をポカンと()けて(よだれ)をたらたらと(なが)し、072(かほ)括約筋(くわつやくきん)をすつかりほどいて()る。073曲彦(まがひこ)はド拍子(びやうし)のぬけた(めう)(こゑ)で、
074『モシモシそれなる御女中(おぢよちう)075貴女(あなた)有名(いうめい)なサロメさまぢや御座(ござ)いませぬか』
076『ハイ、077左様(さやう)御座(ござ)います。078貴方方(あなたがた)遠国(ゑんこく)のお(かた)()えますが、079このサロメに(なに)御用(ごよう)でも御座(ござ)いますかな』
080 お(はな)横柄(わうへい)(つら)をして、
081御用(ごよう)があればこそ()出神(でのかみ)生宮(いきみや)082三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)がお(まへ)さまを遥々(はるばる)(たづ)(くだ)さつたのです。083サア御案内(ごあんない)なさい』
084『ハイ、085さうしてその救世主(きうせいしゆ)はいつ()られますかな』
086『それ、087ここにお(いで)御座(ござ)います、088(この)(かた)です』
089『ヘエ、090(この)(かた)救世主(きうせいしゆ)御座(ござ)いますか。091(なん)とマア意外(いぐわい)のお(かた)御座(ござ)いますなア』
092 お(とら)(ここ)ぞと(ばか)りシヤシヤリ()で、
093意外(いぐわい)でせうがな「意外(いぐわい)(とき)意外(いぐわい)(ひと)(あら)はれて意外(いぐわい)御用(ごよう)(いた)すぞよ」と(むかし)から予言(よげん)御座(ござ)いませうがな。094その予言(よげん)(かな)はせむが(ため)に、095意外(いぐわい)救世主(きうせいしゆ)意外(いぐわい)貴女(あなた)訪問(はうもん)したのですよ。096(とき)にサロメさま、097今日(けふ)新聞(しんぶん)拝見(はいけん)しましたが淑女(しゆくぢよ)身分(みぶん)をして、098(たふ)(もの)の、099(おほ)きな目玉(めだま)の、100(ふくろ)のやうな(かほ)をしたブラバーサとやらと、101聖劇(せいげき)(あそ)ばしたさうですね。102その(こと)について御意中(ごいちう)(うけたま)はりたいと(おも)つて訪問(あが)つたのですよ。103そして貴女(あなた)は、104本当(ほんたう)(たれ)救世主(きうせいしゆ)だと()(こと)(わか)つてお(いで)でせうね。105それが(わか)らぬやうでは、106何時(いつ)(まで)此処(ここ)修業(しうげふ)して()たつて駄目(だめ)ですよ』
107此処(ここ)門口(かどぐち)ですから(おく)へお這入(はい)(くだ)さい。108此処(ここ)にはバハーウラー(さま)()聖師(せいし)がお(いで)御座(ござ)います。109(その)(かた)にお()にかかつてとつくりお()(くだ)さいませ』
110『お前様(まへさま)()出神(でのかみ)(この)救世主(きうせいしゆ)(みと)めますか。111(みと)めなされば(はい)つてもよろしい。112それの(わか)らぬやうな色盲(しきまう)なら()出神(でのかみ)生宮(いきみや)はさう軽々(かるがる)這入(はい)りませぬぞや。113(まへ)さまの()やうによつては這入(はい)らぬ(こと)もない。114(また)(まへ)さまの這入(はい)りやうによつては()(こと)もない』
115『ホヽヽヽヽ、116貴女(あなた)はどうかして()ますね。117(あま)(この)(ごろ)陽気(やうき)(わる)御座(ござ)いますから御用心(ごようじん)なさいませ。118癲狂院(てんきやうゐん)(まで)随分(ずいぶん)(とほ)御座(ござ)いますからねえ』
119癲狂院(てんきやうゐん)日出島(ひのでじま)では一番(いちばん)(たか)(やま)御座(ござ)います。120日出島(ひのでじま)では天教山(てんけうざん)(まを)します。121その結構(けつこう)高天原(たかあまはら)から天降(あまくだ)つて()()出神(でのかみ)生宮(いきみや)ですからよく調(しら)べて(くだ)さい。122(なん)()つても地球儀(ちきうぎ)そつくりの(わたし)(かほ)だから……三千世界(さんぜんせかい)自由自在(じいうじざい)にすると()(わたし)(かほ)だから一目(ひとめ)御覧(ごらん)になつたら(わか)るでせう』
123 サロメは()()し、
124『オホヽヽヽヘヽヽヽヽ』
125 曲彦(まがひこ)(こら)()れないやうになつて、
126(なん)とまあ綺麗(きれい)別嬪(べつぴん)だなア。127まるで天教山(てんけうざん)()花姫(はなひめ)(さま)のやうだ……高姫(たかひめ)さまよりこの(かた)救世主(きうせいしゆ)のやうだ。128ナンボ高姫(たかひめ)さまが救世主(きうせいしゆ)でも個人(こじん)としては(なん)関係(くわんけい)もない。129もしも(この)(かた)曲彦(まがひこ)()でも(にぎ)つて(くだ)さつたら本当(ほんたう)救世主様(きうせいしゆさま)だ。130(わたし)(よみがへ)るのだが』
131 お(はな)はムツとして(ことば)あらあらしく、
132(なん)()不躾(ぶしつけ)(こと)()ふのだ。133()()さまの(をしへ)にソンナ(こと)()りますか。134()つと(たしな)みなさい。135アタ(ざま)(わる)い……コレコレサロメさまとやら、136あのド倒者(たふしもの)のブラバーサは(この)(うち)()りませうなア。137貴女(あなた)一所(いつしよ)聖劇(せいげき)とやらをやつたと()(こと)だから、138きつと(かく)して()るのでせう』
139『ホヽヽヽ(なに)仰有(おつしや)います。140あのお(かた)はシオン(ざん)(ふもと)()られます。141橄欖山上(かんらんさんじやう)四五回(しごくわい)()にかかつただけで御座(ござ)いますわ。142どうかシオン(ざん)をお(たづ)(くだ)さいませ。143左様(さやう)なら』
144とサロメは(うる)さく(おも)つたか、145門内(もんない)()(なか)から手早(てばや)(かんぬき)をかけて(しま)つた。
146『お(とら)さま、147もう(かへ)りませうかい。148どうしてもこいつはシオン(ざん)(きま)つて()ますよ。149それよりも(はや)(かへ)つて、150守宮別(やもりわけ)はビールでもやらねば(からだ)がもてませぬわい』
151『そりやさうかも()れませぬ。152サア(かへ)りませう。153グヅグヅして()ると()()れます。154……今日(けふ)はかういふておとなしく(かへ)りそつと様子(やうす)(かんが)へに()るのだよ。155あのブラバーサの極道(ごくだう)()156きつと(この)()(かく)れて()るに相違(さうゐ)ない。157彼奴(あいつ)をとつつかまへてあの(をんな)(まへ)でギウギウ()はせ、158()出神(でのかみ)救世主(きうせいしゆ)御座(ござ)いますと証言(しようげん)させねばならぬ。159(しか)今日(けふ)はもはや(おそ)いから(いつ)たん(かへ)(しつか)りと作戦(さくせん)計画(けいくわく)(さだ)めて、160(また)(まゐ)りませう。161(まが)やん、162(まへ)はその(くさむら)(なか)(かく)れて様子(やうす)(かんが)へて()るのだよ。163そして様子(やうす)報告(はうこく)するのだよ』
164『お(とら)さま、165そいつは殺生(せつしやう)です。166(わたし)だつて(いつ)たん宿(やど)(かへ)晩餐(ばんさん)有付(ありつ)かねばやり()れないぢやありませぬか』
167『エヽ弱虫(よわむし)だなア、168仕方(しかた)がない、169ソンナラ(かへ)りませう』
170 (ここ)四人(よにん)日没(ひのくれ)(ごろ)僧院(そうゐん)(かへ)つて()た。
171『ヤレヤレ(しん)どい(こと)だつた。172(いや)洋食(やうしよく)晩餐(ばんさん)でも()べてゆつくり相談(さうだん)しませう。173コレ守宮別(やもりわけ)さま、174ビールを()むなとは()はないが、175せめて(はん)ダース(くらゐ)辛抱(しんばう)しなさい。176今朝(けさ)のやうに()ダースもやられると貧弱(ひんじやく)(わたし)(ふところ)(かわ)いて(しま)ひますよ』
177 守宮別(やもりわけ)()()つてボーイを()んだ。178ボーイはハイと(こた)へて(たちま)(この)()(あら)はれた。
179(はや)晩餐(ばんさん)用意(ようい)をして()れ。180そしてビールを(はん)ダース、181(また)(はん)ダース()つて()るのだよ』
182『ハイ承知(しようち)(いた)しました。183(しか)しビールは(たか)御座(ござ)いますから今朝(けさ)勘定(かんぢやう)(ねが)ひます。184あの勘定(かんぢやう)()まなくては(あと)()つて()(わけ)には()きませぬ』
185『サア勘定(かんぢやう)幾何(いくら)だな』
186『ヘイ(ちつ)(たか)御座(ござ)いますが、187あれは二百年(にひやくねん)以前(いぜん)から(たくは)へてある(もつと)貴重(きちよう)高価(かうか)なもので御座(ござ)いまして、188一本(いつぽん)(ひやく)ポンドより安価(やす)出来(でき)ませぬ。189どうか二千四百(にせんよんひやく)ポンド頂戴(ちやうだい)(いた)したう御座(ござ)います』
190(なん)(たか)いものだなア。191道理(だうり)(うま)いと(おも)つた。192サアお(とら)さま、193(かね)()して(くだ)さい』
194二千四百(にせんよんひやく)ポンドとは二銭(にせん)四百(よんひやく)かな。195さうすると八円(はちえん)になるぢやないか。196(たか)いものだなア』
197『モシモシボーイさま、198冗談(じやうだん)いつちやいけませぬよ。199二千四百(にせんよんひやく)ポンドと()へば二万四千両(にまんよんせんりやう)ぢやないか』
200『ハイ左様(さやう)御座(ござ)います』
201『エーイ、202シヽ()らぬわいな。203ソンナ(かね)がどこに御座(ござ)いますか。204(まへ)さまもなぜ(さき)()()いて()まぬのかいな。205もう愛想(あいそ)がつきて(しま)つた。206二万四千両(にまんよんせんりやう)なんて(いつ)ぺんに()んで(しま)ふものが何処(どこ)にありますか』
207『それでもそれだけの価値(ねうち)はありますよ。208(かげ)十年(じふねん)(ぐらゐ)寿命(じゆみやう)()びますわ』
209『ヘン()きなさい。210(まへ)さまの寿命(じゆみやう)(くらゐ)()びたつて(ちぢ)んだつて(かま)ひますか。211なぜ(ふところ)相談(さうだん)して()みなさらぬのだえ』
212(ふところ)相談(さうだん)せうたつて無一物(むいちぶつ)だ。213(まへ)さまが(みな)(かね)(にぎ)つて()るのだから仕方(しかた)がないぢやないか』
214『アヽ仕方(しかた)がない、215そんなら(はら)つて()げませう。216これこれボーイさま、217今直(います)ぐに()げますから、218もう(はん)ダース(ほど)()つて()(くだ)さい。219一寸(ちよつと)()すのが大層(たいそう)だから、220その(あひだ)()しますからなア』
221『ソンナラ支配人(しはいにん)相談(さうだん)(いた)して()ませう。222さうして支配人(しはいにん)()つて()つてもよいと(まを)しましたら()つて(まゐ)りませう』
223とボーイは階下(かいか)(くだ)()く。224(あと)にお(とら)(つら)(ふく)らし、
225『これ守宮別(やもりわけ)さま、226(あんま)りぢやないか。227(わたし)(はぢ)()かすのか』
228三千世界(さんぜんせかい)自由(じいう)にする()出神(でのかみ)ぢやありませぬか。229いつも(かね)(ぐらゐ)(なん)だと仰有(おつしや)りますから、230()りこみて()んだのですよ』
231『それだつて勿体(もつたい)ないぢやないか。232なアお(はな)さま』
233『えらい()(ところ)だなア。234(わたし)吃驚(びつくり)(いた)しました』
235 かく(はな)(ところ)へ、236ボーイはビールを(いち)ダースさげて()た。
237(いま)支配人(しはいにん)(まを)しましたら「滅多(めつた)にお(かね)差支(さしつか)へある(かた)ではなからうから」と(まを)しましたから()つて(まゐ)りました』
238『よしよしそこへ()いて()れ』
239(また)御用(ごよう)がありましたら()んで(くだ)さい。240晩餐(ばんさん)用意(ようい)がありますから』
241階段(かいだん)(くだ)つて()く。242守宮別(やもりわけ)(いち)ダースのビールを(のど)をグウグウ()らしながら(くぢら)(しほ)()むやうに()()し、243(その)()にぐたりと(たふ)れて()(しま)つた。
244『これ(まが)やん、245(はな)さま、246二万四千両(にまんよんせんりやう)(かね)はどうしても()い。247やうやく(ふところ)三百円(さんびやくえん)しかない。248サア愚図々々(ぐづぐづ)して()ては大変(たいへん)だから裏門(うらもん)からそつと()げるのですよ』
249守宮別(やもりわけ)さまはどうするのですか』
250『どうせうたつて仕方(しかた)がないではないか。251(かね)()ければ(はら)(なか)にビールが()つて()るのだから(みな)()すだらう。252(はな)さまや(わたし)一滴(ひとしづく)()まぬのだから、253(はら)義務(ぎむ)はない、254サアサア(いま)(うち)にここを()()し、255シオン(ざん)のブラバーサの(ところ)へでも()げて()かうではないか』
256()出神(でのかみ)さまが()()げを(あそ)ばすのかなア』
257『エヽどうでもよい。258(いや)ならここに()りなさい』
259()ひながら(あわ)てて三百円(さんびやくえん)財布(さいふ)置忘(おきわす)れ、260裏口(うらぐち)から()()して(しま)つた。261守宮別(やもりわけ)夜中時分(よなかじぶん)()をさまし四辺(あたり)()れば、262(とら)(その)()姿(すがた)()えぬので小便(こよう)にでも()つたのかと(おも)ふて(また)もやグウグウ()(しま)つた。263(あさ)になつても三人(さんにん)姿(すがた)()えないので、264()()つてボーイを()んだ。
265 ボーイはペコペコしながら()()たり、
266『お(きやく)さま(なに)御用(ごよう)御座(ござ)いますか』
267(わたし)(つれ)三人(さんにん)はどこへ()つたかな』
268昨夜(さくや)裏口(うらぐち)から()()かれました。269こいつは食逃(くひに)げではないかと(おも)ひましたが三百両(さんびやくりやう)大金(たいきん)(のこ)されて()ましたから、270()(その)(まま)にして()きました』
271『ハテ、272昨夜(さくや)のビールのお(かね)をどうして(はら)はうかなア』
273『お(きやく)さま御心配(ごしんぱい)なさいますな。274夜前(やぜん)一本(いつぽん)(ひやく)ポンドと()つたのは洒落(しやれ)ですよ。275(じつ)一本(いつぽん)(はん)ドルですから、276どうぞ十二(じふに)ドル(くだ)さいませ。277そして昨夜(さくや)のと一所(いつしよ)にして一八(じふはち)ドル(くだ)さればそれですみますからな』
278『ハヽヽヽ(なん)(こと)だイ、279(みな)(はら)つてやらう。280(まへ)にもポチをやるから(なん)ぼでも(つか)んで()け。281サア(この)(かね)()くなる(まで)此処(ここ)宿(とま)るのだから大切(たいせつ)世話(せわ)をするのだよ』
282 守宮別(やもりわけ)(また)一夜(いちや)此処(ここ)()かし宿(やど)勘定(かんぢやう)()ませ、283三人(さんにん)所在(ありか)をたづねてブラリブラリとシオン(ざん)谷底(たにそこ)めがけて(すす)()く。
284大正一二・七・一三 旧五・三〇 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。