霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 再転(さいてん)〔一六五六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻上 山河草木 卯の巻上 篇:第5篇 山河異涯 よみ:さんがいがい
章:第27章 第64巻上 よみ:さいてん 通し章番号:1656
口述日:1923(大正12)年07月13日(旧05月30日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年10月16日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64a27
愛善世界社版:298頁 八幡書店版:第11輯 488頁 修補版: 校定版:300頁 普及版:62頁 初版: ページ備考:
001 シオン(ざん)谷間(たにあひ)のブラバーサが草庵(さうあん)靴音(くつおと)(たか)(たづ)ねて()一人(ひとり)紳士(しんし)は、002シカゴ大学(だいがく)教授(けうじゆ)スバール博士(はかせ)であつた。003博士(はかせ)は「御免(ごめん)なさいませ」と(しば)()(はい)して這入(はい)つて()た。004ブラバーサは(うれ)しげに()(むか)へ、005(せま)座敷(ざしき)(おく)(とほ)しけり。
006『ヤアあなたは橄欖山上(かんらんさんじやう)でお()にかかりました博士(はかせ)御座(ござ)いますか。007かやうな草庵(さうあん)()くマア(たづ)ねて(くだ)さいました』
008『ハイ一寸(ちよつと)(うかが)ひし()いことが御座(ござ)いますので(まゐ)りました。009(じつ)(ところ)(わたし)もシカゴ大学(だいがく)教授(けうじゆ)(いた)して()りますが、010今度(こんど)シオン大学(だいがく)建設(けんせつ)(つい)委員(ゐゐん)(えら)まれ監督(かんとく)(ため)(ここ)二ケ月(にかげつ)ばかり以前(いぜん)から(まゐ)つて()るので御座(ござ)います。011()いては(わたし)()出島(でじま)(すみ)から(すみ)(まで)二三回(にさんくわい)旅行(りよかう)(いた)し、012神社(じんじや)仏閣(ぶつかく)巡拝(じゆんぱい)しお(ふだ)博士(はかせ)()()つた(をとこ)(ござ)いますよ。013あなたは桶伏山(をけぶせやま)聖地(せいち)から()たと(おほ)せられましたが、014(わたし)一度(いちど)ルートバハーの本山(ほんざん)参拝(さんぱい)(いた)教主(けうしゆ)直接(ちよくせつ)()にかかり、015言霊閣(ことたまかく)(おい)てお世話(せわ)になつた(こと)(ござ)います。016(なん)だかルートバハーの宣伝使(せんでんし)(うけたま)はりますればなつかしいやうな()(いた)しまして、017一度(いちど)(たづ)(まを)したいお(たづ)(まを)したいと(おも)うてゐましたが、018(いそが)しい(ため)つい(その)()()ませぬでした。019(しか)るに二三日(にさんにち)以前(いぜん)夕方(ゆふがた)020()出島(でじま)より守宮別(やもりわけ)()(をとこ)三人(さんにん)男女(だんぢよ)(したが)(まゐ)りまして、021()出神(でのかみ)救世主(きうせいしゆ)だとか、022(おほ)ミロク(さま)だとか(なん)とか(まを)し、023そして貴方(あなた)のことを偽宣伝使(にせせんでんし)だなどと(わる)()つてゐましたよ。024そこで(わたし)がいろいろとあなたの(ため)弁解(べんかい)(いた)しておきましたが、025(なん)()つても()かないものですから、026相手(あひて)にならずに(わか)れた次第(しだい)ですが、027ありや一体(いつたい)ドンナ(ひと)(ござ)いますか。028一遍(いつぺん)(たづ)(いた)したいと(おも)つてゐましたが、029今日(けふ)(さいは)日曜日(にちえうび)のことでもありお邪魔(じやま)(いた)しました次第(しだい)(ござ)います』
030『ハテナ、031守宮別(やもりわけ)()(をとこ)()()ましたか、032ソリヤ大方(おほかた)(とら)といふ五十格好(ごじふかくかう)()アさまと一所(いつしよ)ぢや(ござ)いませぬか』
033(なん)でもお(とら)さまにお(はな)さま、034曲彦(まがひこ)とか()はれたやうに(おぼ)えて()ります。035そして再臨(さいりん)のキリスト、036ミロクの再生(さいせい)()()アさまだと()つて、037守宮別(やもりわけ)さまが(かた)(かた)主張(しゆちやう)して()りました。038余程(よほど)あの連中(れんちう)さまは(かは)つて()りますなア』
039大方(おほかた)(わたし)此方(こちら)()たことをかぎつけて邪魔(じやま)しに()たのでせう。040どこ(まで)執念深(しふねんぶか)連中(れんちう)です。041本当(ほんたう)(こま)りますワ』
042『さぞお(こま)りで(ござ)いませう。043(しか)しあなたはキリストの再臨(さいりん)(つい)てお(いで)になつたといふ先達(せんだつて)のお(はな)しでしたが、044(わたし)世界(せかい)各国(かくこく)(まは)りましたが、045印度(いんど)にも支那(しな)にも日本(にほん)にも露国(ろこく)にも(また)南米(なんべい)046メキシコにも救世主(きうせいしゆ)(あら)はれてをりますよ。047(いづ)れどつかの(ある)地点(ちてん)救世主(きうせいしゆ)がお(あつ)まりになつて国会開(こくくわいびら)きをお(はじ)めにならなくては(しん)救世主(きうせいしゆ)人間(にんげん)としては(わか)らないと(おも)ひます。048あなたは()(おも)ひますか』
049()(かく)世界(せかい)救世主(きうせいしゆ)一所(ひとところ)へお(あつ)まりになり、050(その)(なか)(もつと)公平(こうへい)無私(むし)にして仁慈(じんじ)()める御方(おかた)(しん)救世主(きうせいしゆ)(えら)ばれるでせう。051イスラエルの十二(じふに)(なが)れから一人(ひとり)づつ救世主(きうせいしゆ)()るといふことですから、052(その)(なか)から大救世主(だいきうせいしゆ)出現(しゆつげん)されることと(おも)ひます』
053成程(なるほど)それは公平(こうへい)なる見解(けんかい)です。054そして御降臨(ごかうりん)場所(ばしよ)はどこだとお(かんが)へですか』
055無論(むろん)(わたし)はエルサレムだと(おも)つて遥々(はるばる)(ここ)(まゐ)つたので(ござ)います』
056成程(なるほど)聖書(せいしよ)予言(よげん)によりますればエルサレムでせうが、057(しか)救世主(きうせいしゆ)何処(どこ)へお(くだ)りになるか(わか)りますまい。058(わたし)(けつ)してエルサレムと(かぎ)つたものとは(おも)ひませぬ。059(あるひ)日出島(ひのでじま)(あら)はれ(たま)ふかも()れませぬ』
060『さうかも(わか)りませぬなア』
061 かく(はな)して()(ところ)へスタスタやつて()たのはお(とら)062(はな)063曲彦(まがひこ)三人(さんにん)なりける。
064『あゝ、065どうやらかうやら(かく)()()つけた。066これも矢張(やはり)()出神(でのかみ)のお(みちび)き、067ヤレ御免(ごめん)なされ、068(まへ)さまはブラバーサさまだな。069()出神(でのかみ)救世主(きうせいしゆ)二三日(にさんにち)以前(いぜん)から橄欖山(かんらんざん)御降臨(ごかうりん)になつたのを御存(ごぞん)じですかな。070ヤ、071そこに()毛唐(けたう)さまは()(あひだ)橄欖山上(かんらんさんじやう)守宮別(やもりわけ)とチーチーパーパー()ふて()博士(はかせ)(ござ)いませぬか。072マアマア因縁(いんねん)といふものはエライものだな。073(また)こんな(ところ)()はうとは(おも)ひもよりませなんだ。074コレ毛唐(けたう)さま、075(まへ)さま(また)(この)ブラバーサにだまされて()なさつたのかな。076チト用心(ようじん)なさいませや』
077 スバールはうるさ(さう)(かほ)をし(なが)ら、078日出島(ひのでじま)言葉(ことば)使(つか)つて、
079『ヤアお(まへ)さまはルートバハーの(をしへ)をまぜ(かへ)しに(まは)つてる、080あの有名(いうめい)小北山(こぎたやま)のお(とら)()アさまだな。081そして一人(ひとり)曲彦(まがひこ)082それからお(はな)といふ(がう)(もの)だらう、083イヽかげんに落着(おちつ)きなさらぬと()聖地(せいち)には相手(あひて)になる(もの)がなくなりますよ』
084(なん)とマア流石(さすが)博士(はかせ)だワイ。085イロハ四十八文字(しじふはちもじ)言葉(ことば)使(つか)へるやうになりましたな。086(この)(あひだ)(まで)四足(よつあし)(とり)のやうにチーチーパーパー()ふて()つたのに、087()出神(でのかみ)一目(ひとめ)()ふたお(かげ)真人間(まにんげん)言葉(ことば)使(つか)へるやうになつたのかな。088コレお(はな)さま、089(まが)やん、090これでも()出神(でのかみ)神力(しんりき)(わか)りましたらうがなア』
091(なに)しろ夜抜(よぬけ)食逃(くひに)げの張本人(ちやうほんにん)だから(えら)いものですワイ』
092『コレ(まが)093ソリヤ(なん)といふ(こと)をいふのだえ』
094『それだつて事実(じじつ)事実(じじつ)ですもの、095仕方(しかた)がありませぬワ。096もし、097ブラバーサさま、098どうぞ(わたし)をあなたの弟子(でし)にして(くだ)さいな。099(じつ)(ところ)はお(とら)さまがお(かね)をおとし、100吾々(われわれ)三人(さんにん)無一物(むいつぶつ)ですから、101二進(につち)三進(さつち)仕方(しかた)がないのです』
102 ブラバーサはニタリと(わら)(なが)ら、
103()出神(でのかみ)(さま)も、104(かね)がないとヤツパリ、105(こま)りですかな。106(わたし)(さび)しい(ふところ)だからお(かね)()して()げる(わけ)にも()きませぬが、107マア(しばら)(ここ)にをつて、108(あぢ)ないものでも()べてお(かね)()(まで)()ちなさいませ。109電報(でんぱう)さへうてば二十日(はつか)()たん(うち)(とど)きますからな』
110『ヤア大変(たいへん)御邪魔(おじやま)(いた)しました。111(いづ)今度(こんど)日曜(にちえう)にはトツクリとお()にかかり御話(おはなし)をさして(いただ)きませう。112今日(けふ)用事(ようじ)もあり(すこ)(いそ)ぎますから御免(ごめん)(かうむ)りませう』
113折角(せつかく)()(くだ)さいまして、114(なん)御愛想(おあいそ)(いた)さず失礼(しつれい)(いた)しました。115今度(こんど)(あし)(はこ)ばしてはすみませぬから、116(わたし)(はう)からお(たづ)(いた)します』
117 博士(はかせ)は、
118左様(さやう)ならば後日(ごじつ)()にかかりませう。119(みな)さま、120()ゆつくりなさいませ』
121(はや)くも(この)()をスタスタと立去(たちさ)つた。
122 お(とら)123(はな)124曲彦(まがひこ)三人(さんにん)異郷(いきやう)(そら)(ふところ)(むな)しく(なん)となく(さび)しくなり、125知己(ちき)()ふて(べつ)になければ、126反対(はんたい)(にく)うてならぬブラバーサの寓居(ぐうきよ)世話(せわ)にならうと覚悟(かくご)をきわめワザとにおとなしく、127ブラバーサの(げん)(したが)ひ、128何事(なにごと)もヘーヘーハイハイと(ねこ)をかぶつて、129表面(へうめん)帰順(きじゆん)した(ごと)()せかけてゐた。130(その)翌日(よくじつ)()(くれ)(ごろ)守宮別(やもりわけ)二百五十円(にひやくごじふゑん)(かね)(ふところ)にねぢ()んで(ここ)(たづ)ねて()た。
131御免(ごめん)なさいませ。132ブラバーサ(さま)のお(たく)はここで(ござ)いますかな』
133『ハイどなたか()りませぬがお這入(はい)りなさいませ』
134『あの(こゑ)守宮別(やもりわけ)さまぢやないか、135サアサア(はや)うお這入(はい)りなさい』
136『あゝ御免(ごめん)なさいませ、137(とら)さま、138あなたはヒドイですな。139本当(ほんたう)油断(ゆだん)のならぬ悪性(あくしやう)(ひと)だ。140オイ曲彦(まがひこ)141(はな)さま、142(ひと)置去(おきざり)にして(あま)友情(いうじやう)がなさすぎるだないか』
143 両人(りやうにん)一言(いちごん)もなくウツムク。
144『ヽヽヽヽヽ』
145『それだと()つて、146二万四千両(にまんよんせんりやう)(かね)()うして(はら)へるものか。147(まへ)(また)夜脱(よぬ)けをして()たのかな。148よう()られたものだなア』
149『お(まへ)さまが財布(さいふ)をおいといてくれたおかげで、150スツカリ勘定(かんぢやう)をすまして(かへ)つて()ましたよ。151サア(ここ)二百五十両(にひやくごじふりやう)(ばか)(のこ)つてるからお(まへ)さまに(かへ)します』
152『あのお(かね)()うして勘定(かんぢやう)したのだい』
153何分(なにぶん)(いち)ダースが六弗(ろくドル)よりせないものだから、154(なに)もかもお(まへ)さまの(ぶん)まで(はら)うて二十五弗(にじふごドル)ですみましたよ』
155『あゝさうだつたかいな。156(なん)とした、157あの(やつこ)さまは間違(まちが)つた(こと)()つたのだらう。158マア二百五十両(にひやくごじふりやう)あれば少時(しばらく)大丈夫(だいぢやうぶ)だ。159国許(くにもと)電報(でんぱう)かけさへすれば(おく)つてくれるからな。160ヘン、161今迄(いままで)(みみ)(いた)(はなし)を、162御無理(ごむり)御尤(ごもつと)もでブラバーサさまに()いてゐたが、163モウ(たれ)()くものか。164コレ、165ブラバーサさま、166救世主(きうせいしゆ)(みづ)御霊(みたま)だといひましたが、167あんな(やつ)救世主(きうせいしゆ)になつてたまりますかい。168キユキユ()(なか)(くるし)める救世主(きうせいしゆ)のキウの()貧窮(ひんきう)(きう)()でせう。169オホヽヽヽ』
170とソロソロメートルを()()した。
171()うなつと勝手(かつて)になさいませ。172事実(じじつ)証明(しようめい)(いた)しますからな』
173『サア三人(さんにん)御連中(ごれんちう)174コンナ(ところ)()らぬと(はや)聖地(せいち)()きませう。175そして最早(もはや)エルサレムの(まち)(たれ)(はばか)(ところ)ないのだから、176(わたし)(これ)から橄欖山(かんらんざん)(のぼ)つて救世主(きうせいしゆ)になるから、177(まへ)たち三人(さんにん)町中(まちぢう)をふれて(ある)くのだよ。178左様(さやう)なら、179(いづ)事実(じじつ)証明(しようめい)しますからな。180なア、181ブラバーサさま』
182とプリンプリンと(おほ)きな団尻(だんじり)をふり()ばたきし(なが)(かへ)()く。
183大正一二・七・一三 旧五・三〇 松村真澄録)
184(昭和一〇・三・九 於台湾航路吉野丸船室 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。