霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 逆襲(ぎやくしふ)〔一八〇八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下 篇:第1篇 復活転活 よみ:ふっかつてんかつ
章:第2章 第64巻下 よみ:ぎゃくしゅう 通し章番号:1808
口述日:1925(大正14)年08月19日(旧06月30日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年11月7日
概要: 舞台:エルサレムの街路、お寅のアジト「御霊城」(トルコ亭という茶屋の裏座敷) あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物:ブラバーサ、マグダラのマリヤ、菖蒲のお花 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-11-26 12:52:55 OBC :rm64b02
愛善世界社版:25頁 八幡書店版:第11輯 504頁 修補版: 校定版:25頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 ブラバーサは僧院(そうゐん)ホテルの祝祭(しゆくさい)無事(ぶじ)()んだが、002(おな)日出島(ひのでじま)から()()たお(とら)守宮別(やもりわけ)が、003乱暴(らんばう)(きは)まるアラブに掻攫(かつさら)はれ行衛(ゆくゑ)不明(ふめい)となつたので、004人情上(にんじやうじやう)005()ておく(わけ)にも()くまい。006あく(まで)(かれ)(さが)()(たす)けねばなるまい」とマリヤと相談(さうだん)(うへ)007十二日(じふににち)月光(げつくわう)()(なが)ら、008()十二時(じふにじ)(ごろ)からエルサレムの(まち)をうろつき(はじ)めた。
009 市街(しがい)十字路(じふじろ)010キラキラと瓦斯灯(がすとう)のきらめく(そば)皺苦茶(しわくちや)(ばば)()つて、
011お花三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)012日出(ひので)(かみ)生宮(いきみや)所在(ありか)何処(いづこ)ぞ、013(ほろ)びむとするエルサレムの(たみ)よ、014(はや)()()ませ。015天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)在処(ありか)(もと)めよ』
016(さけ)んでゐる。017神都(しんと)雑音(ざつおん)(いよいよ)ふくれ(ひろ)まつた。018荒々(あらあら)しい(けだもの)のやうに行人(かうじん)目先(めさき)(かす)めて、019夜分(やぶん)とは()(なが)左右(さいう)黄色(きいろ)砂塵(さぢん)(つつ)まれた電車(でんしや)や、020プーと不愉快(ふゆくわい)警笛(けいてき)をならし、021最後屁(さいごへ)()(なが)自動車(じどうしや)()(みだ)れて(はし)(ちが)ふ。022どうしたものかエルサレムの市中(しちう)(にはか)電燈(でんとう)()えて、023(やみ)(かたまり)(てん)から()ちて()た。024ブラバーサもマリヤも街路(がいろ)佇立(ちよりつ)し、025一心不乱(いつしんふらん)(いの)(はじ)めた。
026 電車(でんしや)自動車(じどうしや)馬車(ばしや)一時(いちじ)運転(うんてん)中止(ちゆうし)し、027(みづ)()つたる(ごと)(にはか)静寂(せいじやく)となつた。028パツと一時(いちじ)電燈(でんとう)がついた。029家々(いへいへ)(みせ)大飾(おほかざ)(まど)()がつくと、030ここに(たたず)んでゐた二人(ふたり)(にはか)見分(みわ)けのつかなかつた黒暗(くらやみ)(かたまり)にとけて、031その面相(めんさう)判然(はんぜん)として()た。032よくよく()れば一人(ひとり)()アさまはあやめのお(はな)であつた。033(はな)俯向(うつむ)いてシクシクと()いてゐる。034ブラバーサはツカツカと(そば)により、
035ブラバーサ『ヤア、036貴女(あなた)はお(はな)さまぢやありませぬか。037(とら)さまは、038どこに()かれたか御存(ごぞん)じではありませぬか』
039お花『ハイ、040所在(ありか)(わか)るやうな(こと)なら、041コンナ(ところ)(たれ)阿呆(あはう)らしい、042()つて()りますか』
043ブラバーサ大変(たいへん)御立腹(ごりつぷく)ですな。044(じつ)(わたくし)もマリヤさまと相談(さうだん)して、045(おな)日出島(ひのでじま)同胞(どうはう)でもあり、046(うつ)ちやつておく(わけ)にも()かぬからウロウロと(たづ)ねて()るのですよ』
047お花『それはどうも御親切(ごしんせつ)ありがとう』
048(あご)をつき()す、049その面憎(つらにく)さ。050電燈(でんとう)()(ふた)つの()異様(いやう)にぎらついて()る。
051マリヤ(まこと)(おも)はぬ御災難(ごさいなん)(ござ)いまして、052あのトンク、053テク、054ツーロと()(やつ)055(じつ)仕方(しかた)のない、056アラブですよ。057(わたし)がいつぞや橄欖山(かんらんざん)()きました(さい)058(あぶ)なく手込(てご)めにしようとするのを、059このブラバーサさまに(たす)けられたのですよ。060(じつ)険呑(けんのん)人物(じんぶつ)ですから油断(ゆだん)はなりませぬワ』
061お花『ハイ、062御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)う。063その(また)(わる)(やつ)をお使(つか)(あそ)ばす、064貴方等(あなたがた)御腕前(おうでまへ)065(かん)()りました。066ようマア(たく)みたものですわい、067ウフヽヽヽ』
068(また)もや(あご)二三寸(にさんずん)つき()して()せる。
069ブラバーサ『お(はな)さま、070貴女(あなた)は、071吾々(われわれ)(なに)(うたがひ)をかけてゐらつしやるやうですが、072吾々(われわれ)迷惑(めいわく)(ぞん)じます。073この(とほ)電車(でんしや)自動車(じどうしや)往来(わうらい)(おほ)いので険呑(けんのん)でもあり、074通行係(つうかうがかり)がやつて()てゴタゴタ()はれるのもつまりませぬし、075何処(どこ)かの座敷(ざしき)でも()つてトツクリと御相談(ごさうだん)でもしませうか』
076 お(はな)はブラバーサがアラブを(あらかじ)(たの)んでおいて、077(とら)をさらへさしたに(ちが)ひない、078(いづ)れこの二人(ふたり)をとつちめて白状(はくじやう)させた(はう)近道(ちかみち)だと(おも)つたか、079(にはか)顔色(かほいろ)(やは)らげ、
080お花『ハイ、081さう(ねが)へば結構(けつこう)(ござ)いますな。082(なん)()つても、083きつてもきれぬ同胞(どうはう)ですから、084海洋万里(かいやうばんり)(わた)つて異境(いきやう)(そら)神様(かみさま)のために(はたら)いてゐるものですから、085かやうな(とき)(つね)(つね)として、086親切(しんせつ)(つく)すのが神様(かみさま)(たい)して孝行(かうかう)()ふもの、087つきましては、088(わたし)常日頃(つねひごろ)心安(こころやす)くしてゐる茶屋(ちやや)がありますから、089それへ(まゐ)りませう。090さア(わたし)について()(くだ)さいませ』
091(はや)くも(みなみ)(はう)()して二三丁(にさんちやう)(ばか)(ほそ)路地(ろぢ)(くぐ)つてトルコ(てい)()茶屋(ちやや)裏座敷(うらざしき)案内(あんない)した。092ブラバーサとマリヤは(だま)つてお(はな)(あと)について()くと、093ここはお(とら)宣伝(せんでん)巣窟(さうくつ)()えて(おほ)きな看板(かんばん)がかかつてゐる。
094三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)095大弥勒(おほみろく)生宮(いきみや)096日出神(ひのでのかみ)御霊城(ごれいじやう)
097筆太(ふでぶと)(かか)げてある。098さうして神殿(しんでん)には()(まる)掛軸(かけじく)(ただ)(ひと)つブラ(さげ)てある。
099ブラバーサ『ヤアこれはこれは大弥勒様(おほみろくさま)御霊城(ごれいじやう)(ござ)いますか。100(わたし)(なが)らくエルサレムに()りますが、101こんな霊城(れいじやう)出来(でき)()ると()(こと)今日(けふ)(はじ)めて(さと)りました』
102お花『ホヽヽヽヽ、103貴方(あなた)比較的(ひかくてき)ウツカリしてゐられますね。104ポーランド(じん)105トルコ(じん)106ユダヤ(じん)(など)日々(にちにち)沢山(たくさん)大弥勒(おほみろく)さまの(をしへ)()きに(まゐ)りますよ。107貴方(あなた)一体(いつたい)信者(しんじや)幾人(いくにん)(ばか)出来(でき)ましたか、108到底(たうてい)大弥勒(おほみろく)さまには(かな)ひますまいがな』
109ブラバーサ『ナル(ほど)(わたし)(ごと)きは到底(たうてい)(そば)へも()れませぬ。110(しか)(なが)らあまり、111さうエルサレムの(まち)では評判(ひやうばん)になつてゐないやうですが』
112お花『そらさうでせうとも、113……灯台下(とうだいもと)真暗(まつくら)がり。114遠国(ゑんごく)から(わか)つて()る……と神様(かみさま)仰有(おつしや)つたでせう。115(とほ)(うみ)(へだ)て、116エジプト、117フランス、118トルコ、119伊太利(イタリー)(とう)から日々(にちにち)数珠(じゆず)つなぎに(ひる)参拝者(さんぱいしや)(ござ)いますよ。120(なん)()つても大弥勒(おほみろく)さまの御名(おんな)世界(せかい)(ひび)いて()りますからな』
121ブラバーサ『ヘー、122そりや感心(かんしん)だ。123(みづ)(きよ)うして(うを)すまずとか()つて、124ヤツパリ(にご)つて()らねばいかぬのかいな。125(わたし)(ひと)方針(はうしん)をかへようかな。126今迄(いままで)(わたし)方針(やりかた)はあまり(きよ)らかで効果(かうくわ)(かへつ)てうすいのだらう、127なあマリヤさま』
128マリヤ『さうで(ござ)いますな。129あまり清浄潔白(せいじやうけつぱく)(まこと)(ばか)りをお()きになるものだから、130魚鱗(うろくづ)()つて()ないのでせう、131貴方(あなた)(これ)から(すこ)(ばか)方針(はうしん)をお()へなさるが(よろ)しいでせう。132アメリカンコロニーでも、133あまり(をしへ)(きよ)いものだから、134(かへつ)発展(はつてん)して()りませぬわ。135四十年(しじふねん)もかかつてまだ百人(ひやくにん)(ぐらゐ)ほか出来(でき)ないのですからな』
136お花『マアマアおかけなさいませ、137立話(たちばなし)(あし)がしびれます』
138(とう)椅子(いす)をあてがい、139(まる)(つくゑ)真中(まんなか)において三人(さんにん)鼎座(ていざ)となつた。140(はな)二人(ふたり)(ちや)()(なが)ら、
141お花(いま)ブラバーサさまの仰有(おつしや)(こと)()けば、142(にご)つて()るから(ひと)()ると仰有(おつしや)つたが、143日出神(ひのでのかみ)のお(とら)さまは、144清浄(せいじやう)潔白(けつぱく)ですよ。145水晶身魂(すいしやうみたま)ですから、146何処(どこ)から何処(どこ)(まで)(すま)んで()りますよ。147()(なか)(にご)つてゐるから(きよ)めに()られたのですよ。148貴方(あなた)も、149ソレ橄欖山上(かんらんさんじやう)でマリヤさまと云々(うんぬん)されるやうな(こと)で、150どうして神業(しんげふ)発展(はつてん)しますか。151よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさいよ、152国許(くにもと)には(おく)さまや(むすめ)さまもあるぢやありませぬか。153その(おく)さまや(むすめ)さまは朝晩(あさばん)(みづ)をかぶつて無事(ぶじ)神業(しんげふ)をつとめて過失(あやまち)のないやうにと(いの)つてゐるのに、154(ところ)もあらうに橄欖山(かんらんざん)天消地滅(てんせうちめつ)乱痴気(らんちき)(さわ)ぎを(あそ)ばすのだから、155イヤモウ、156その(すご)腕前(うでまへ)には、157いかな守宮別(やもりわけ)さまだつて(した)をまいてゐられますわい。158オホヽヽヽ、159イヤ(これ)失礼(しつれい)160どうかお()にさへて(くだ)さいますなや』
161マリヤ『お(はな)さま、162(ひと)(こと)()はうと(おも)へば、163(わが)(あたま)(はち)から(はら)うてかからねばなりますまい。164(とら)さまだつて(くに)には大将軍(だいしやうぐん)()立派(りつぱ)立派(りつぱ)(をつと)があり、165子達(こたち)沢山(たくさん)あるぢやありませぬか。166それに(なん)ぞや守宮別(やもりわけ)さまとエルサレム三界(さんがい)(まで)()()をとつてお()しになり、167(ひと)()がだるいやうな(こと)(まで)チヨイチヨイなさいますではありませぬか。168この(こと)はエルサレムで誰一人(たれひとり)()らぬものは(ござ)いませぬよ』
169お花『ホヽヽヽヽ、170神界(しんかい)(わか)らぬ(ひと)はそれだから(こま)ると()ふのだ。171(とら)さまと守宮別(やもりわけ)さまは()るに()られぬ神界(しんかい)御因縁(ごいんねん)があつて、172ああしてゐられるのですよ。173俗人(ぞくじん)()として、174どうして深遠(しんゑん)微妙(びめう)なる神界(しんかい)御経綸(ごけいりん)(わか)りますか。175アレとコレとはてんで根本(こんぽん)問題(もんだい)(ちが)つてゐますよ。176その理由(りいう)は、177到底(たうてい)一朝一夕(いつてういつせき)にはお(まへ)さまの(はら)には()りますまいが、178せめて三週間(さんしうかん)なりと、179弁当持(べんたうもち)でお(かよ)ひなさい。180()(この)問題(もんだい)から解決(かいけつ)せねば貴方等(あなたがた)得心(とくしん)()きますまい。181その(かは)りこの因縁(いんねん)(わか)つたら、182いかなる(おに)大蛇(をろち)でも、183改心(かいしん)してアフンとして()いた(くち)がすぼまりませぬぞよ、184ビツクリして(めまい)()大問題(だいもんだい)ですよ。185それはそれは(ふか)(ふか)(ひろ)い、186(さき)(わか)らぬ三千世界(さんぜんせかい)のお経綸(しぐみ)ですもの』
187得意気(とくいげ)()ふ。
188ブラバーサ『それは(また)ユツクリ(うけたま)はる(こと)としまして、189ブラバーサとしては焦眉(せうび)問題(もんだい)としてお(とら)さまの所在(ありか)(さが)さねばなりますまい。190(はな)さま、191(なに)心当(こころあた)りが(ござ)いませうかな』
192お花『ヘンよう仰有(おつしや)いますわい。193それは(わたし)(はう)からお(たづ)ねしたいと(おも)つてゐましたよ。194(おな)日出島(ひのでじま)同胞(どうはう)ぢやありませぬか、195そんな(はら)(わる)白々(しらじら)しい、196トボケ(づら)せずに、197アアした、198コウしたとアツサリ仰有(おつしや)つたらどうですか、199あまり(つみ)(ふか)(ござ)いますよ』
200ブラバーサ(これ)近頃(ちかごろ)迷惑千万(めいわくせんばん)201貴女(あなた)のお(くち)からかやうなお言葉(ことば)()かうとは夢想(むさう)だに(いた)しませぬでした』
202お花(わたし)もアヤメのお(はな)()つて難波(なには)(さと)(おい)ては海千山千河千(うみせんやませんかはせん)()はれた女弁護士(をんなべんごし)ですよ。203チヤンと顔色(かほいろ)一目(ひとめ)()たら、204(まへ)さまの(はら)(なか)(みな)(わか)るのだから、205サア、206キツパリと白状(はくじやう)しなさい。207(とら)さまが演説(えんぜつ)邪魔(じやま)したら、208かつさらへて、209どつかへつれて()つてくれと(かね)百両(ひやくりやう)もアラブに(あた)へて()いて生捕(いけど)つたのでせう。210そんな(こと)ア、211チヤンとこのお(はな)天眼通(てんがんつう)(えい)じて()りますわいな』
212 マリヤは(いき)をはずませ(なが)ら、
213マリヤ『お(はな)さま、214そら、215あまりぢや(ござ)いませぬか。216聖師(せいし)さまは、217そんな(はら)(わる)(かた)ぢやありませぬよ』
218お花『おだまりなさい。219()きな(をとこ)御贔屓(ごひいき)をなさつても(わたし)(まへ)では通用(つうよう)しませぬよ。220二人(ふたり)がコツソリと(こころ)(あは)し、221(だい)それた大陰謀(だいいんぼう)(たく)らみ(なが)ら、222()らぬ(かほ)半兵衛(はんべゑ)(わたし)(ところ)(きつね)七化(ななば)け、223(たぬき)八化式(やばけしき)親切(しんせつ)ごかしに(ひと)(はら)(さぐ)らうとヤツて()ても、224尻尾(しつぽ)(すぐ)()えますから駄目(だめ)ですよ。225あのマア迷惑(めいわく)さうな(かほ)わいのう』
226ブラバーサ『マリヤさま、227もう(かへ)りませう。228到底(たうてい)このお(はな)さまには、229(はなし)出来(でき)ませぬわい』
230お花『コリヤコリヤ、231マリヤ、232ブランコ両人(りやうにん)233(しり)こそばゆくなつて()()すつもりか()らぬが、234さうはさせませぬぞや。235チヤンと警察署(けいさつしよ)(とど)けておいたから、236()つて(くだ)さい。237(いま)高等係(かうとうがかり)がやつて()て、238(まへ)拘引(こういん)するだらう。239さうすりや(いや)でも(おう)でも白状(はくじやう)せねばなりますまい。240そんな(ところ)(はぢ)をかくよりも、241ソツとアツサリ(わたし)(まへ)白状(はくじやう)しなさい。242さうすりや警察(けいさつ)へは(わたし)(はう)から間違(まちが)ひだつたと、243(ねが)()げをしてやるから、244どうせ嫌疑(けんぎ)のかかつたお(まへ)さまだから、245(のが)れつこはありませぬよ。246フツフヽヽヽヽ。247()から()(さび)248(おの)(かたな)(おの)(くび)249自縄自縛(じじようじばく)とはお(まへ)さま(たち)今日(けふ)場合(ばあひ)だ。250ようマアそんな(こころ)になれたものだと(おも)へば可愛相(かはいさう)になつて()たわいのう、251オーンオーンオーン』
252()真似(まね)(なが)ら、253ソツと()(つばき)をつける。254その、255狡猾(ずる)さ。256()でも、257蒟蒻(こんにやく)でも(てこ)にも(ぼう)にも大砲(たいはう)でも()かぬ代物(しろもの)である。258ブラバーサは『此方(こちら)(はう)から誣告(ぶこく)(うつた)へる』と()(なが)ら、259憤然(ふんぜん)として立上(たちあが)り、260(ほそ)路地(ろぢ)(くぐ)つてマリヤと(とも)大道(だいだう)をまつしぐらに(おのれ)草庵(さうあん)さして(かへ)()く。
261大正一四・八・一九 旧六・三〇 於由良海岸 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)