霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 狂擬怪(きやうぎくわい)〔一八一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下 篇:第3篇 開花落花 よみ:かいからっか
章:第11章 狂擬怪 よみ:きょうぎかい 通し章番号:1817
口述日:1925(大正14)年08月20日(旧07月1日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年11月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第11輯 550頁 修補版: 校定版:149頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001 守宮別(やもりわけ)002(はな)両人(りやうにん)(やうや)くにして橄欖山上(かんらんさんじやう)(のぼ)り、003(すず)しい樹蔭(こかげ)(たたず)み、004(かぜ)(おもて)をさらし(なが)らくだけたやうな、005(うれ)しさうな(かほ)をして、006(しばら)抱擁(はうよう)キツスをやつてゐると、007(うしろ)(はやし)からバタバタバタと(めう)(おと)がしたので二人(ふたり)はビツクリして(ねこ)交尾(つる)むだあとのやうに両方(りやうはう)にパツと三間(さんげん)(ばか)(わか)れて(しま)つた。
008(なん)だいな、009(ひと)をビツクリさして、010(わたし)(また)011(とら)さまぢやないかと(おも)つたのに、012(たか)(やつ)013本当(ほんたう)(わたし)肝玉(きもだま)をデングリかへしよつたわ』
014『ハヽヽヽヽ、015(とら)(むかし)高姫(たかひめ)身魂(みたま)再来(さいらい)だから、016(たか)(あら)はれてビツクリさせよつたのも、017マンザラ因縁(いんねん)のない(こと)もあるまい、018フツフヽヽヽ』
019『ア、020いやらしい、021あのタのつく(やつ)(ろく)なものは(ひと)つもありやしないわ。022(たぬき)田吾作(たごさく)にタワケに高姫(たかひめ)023まだまだタントタント、024(じるし)はあるけれど、025()()はないもの(ばか)りだわ、026それに一番(いちばん)いかない(やつ)高歩貸(たかぶがし)027猪飼野(いかひぬ)(ごん)さまだつて、028到頭(たうとう)(おに)になつて(しま)つたぢやありませぬか』
029『ウツフヽヽヽヽ、030(おな)でも高天原(たかあまはら)は、031どうだい』
032『その(この)とはタの種類(しゆるゐ)(ちが)ひますわ』
033(たた)(つぶ)して()ふタはどうだい』
034()きな(ひと)(たた)(つぶ)され、035()はれるのは満足(まんぞく)ですわ』
036『タゴール博士(はかせ)やスタール博士(はかせ)はどうだい』
037青目玉(あをめだま)赤髭(あかひげ)毛唐人(けたうじん)さまなんて、038ネツカラ(むし)()きませぬわね。039(はじ)めて自転倒島(おのころじま)からお(とら)さまと一緒(いつしよ)()(とき)040旦那(だんな)さまと英語(えいご)でペチヤペチヤ()つてゐた毛唐(けたう)さまも、041矢張(やつぱり)がついてゐたやうですな』
042『ウン、043ありやお(まへ)044有名(いうめい)なお(ふだ)博士(はかせ)のスタールさまと()ふシオン大学(だいがく)先生(せんせい)だよ』
045大学(だいがく)先生(せんせい)ナンテよい加減(かげん)のものですな。046貴方(あなた)のやうな立派(りつぱ)なお(かた)や、047(わたし)のやうな美人(びじん)を、048よう(みと)めなかつたぢやありませぬか』
049(なん)()つてもお(とら)の、050あのスタイルでは一寸(ちよつと)()(ところ)051威厳(ゐげん)()いからのう。052(わたし)だつて(なまり)(ぎん)だと()(さぎ)(からす)として紹介(せうかい)するのは大変(たいへん)(くる)しかつたよ。053うすいうすいメツキのかかつた救世主(きうせいしゆ)だもの、054(すぐ)生地(きぢ)()えるのだから、055どうする(こと)出来(でき)なかつたよ。056(しか)しお(まへ)なら容易(ようい)生地(きぢ)()えまい、057(なん)()つても都育(みやこそだ)ちだからなア、058(とら)のやうに(やま)のほ(でら)荒屋(あばらや)(すま)ひで(とし)()つた代物(しろもの)とは、059テンで(くら)(もの)にならないからな、060あの(とき)(まへ)日出神(ひのでのかみ)名乗(なの)つてゐたなら、061うまくいつたかも()れないよ』
062 お(はな)(うれ)しさうに、
063『そら、064さうでせうね、065何程(なにほど)(みが)いても(きん)(きん)066(かはら)(かはら)ですもの。067もし旦那(だんな)さま、068これから(わたし)救世主(きうせいしゆ)名乗(なの)つても成功(せいこう)するでせうかな』
069『そりや無論(むろん)(こと)だ。070(まへ)なら大丈夫(だいぢやうぶ)だ。071正札付(しやうふだつき)救世主(きうせいしゆ)だよ』
072『これ、073旦那(だんな)さま、074(もの)相談(さうだん)ぢやが、075(ひと)つお(とら)さまの(むか)ふを()り、076ブラバーサの面皮(めんぴ)をむく(ため)に、077(しん)ウラナイ(けう)()てようぢやありませぬか。078そして世界(せかい)万民(ばんみん)救世主(きうせいしゆ)(あふ)がれて()ようぢや(ござ)いませぬか』
079『そら、080面白(おもしろ)からう、081(しか)救世主(きうせいしゆ)(やく)はお(まへ)か、082(わたし)か、083どちらにしたら()いか』
084『そら、085()はいでも、086きまつてゐますがな。087天照大御神(あまてらすおほみかみ)(さま)でも(をんな)でせう。088平和(へいわ)男神(をがみ)()ふものはありませぬからな』
089『いかにも、090さう()けや、091さうだ』
092『キリスト(けう)だつて聖母(せいぼ)マリヤがあしらつてあればこそ、093その宗教(しうけう)天下(てんか)(ひろ)まつてゐるのですよ。094仏教(ぶつけう)だつて阿弥陀(あみだ)さま(だけ)では駄目(だめ)です。095釈迦(しやか)さまを()んだ麻耶(まや)夫人(ふじん)もあり、096(また)三十三相(さんじふさんさう)具備(ぐび)した観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)弁才天(べんざいてん)があしらつてあるものだから、097仏教(ぶつけう)燎原(れうげん)()のやうに世界(せかい)()(ひろ)がり、098三千年(さんぜんねん)()つた今日(こんにち)(まで)命脈(めいみやく)(たも)つてゐるのですよ。099三五教(あななひけう)だつて(ひつじさる)金神(こんじん)()女神(めがみ)さまをあしらつてあるぢやありませぬか。100どうしても宗教(しうけう)(ひら)かうと(おも)へや(をんな)をあしらはねば駄目(だめ)ですわ』
101『さうすると、102(なん)だな、103()(なか)はサツパリ女尊男卑(ぢよそんだんぴ)にして(しま)ふのだな』
104『そら、105さうですとも、106三五教(あななひけう)でさへも霊主体従(れいしゆたいじう)()つてるでせう。107(れい)女性(ぢよせい)意味(いみ)し、108(たい)男性(だんせい)意味(いみ)してるぢやありませぬか』
109『いかにも、110御尤(ごもつと)も、111(わか)つてる。112ソンナラ、113(これ)からお(まへ)をお(はな)大明神(だいみやうじん)(あが)(まつ)らう』
114『いやですよ、115(はな)なぞと、116(わたし)難浪津(なにはづ)()くや此花(このはな)冬籠(ふゆごも)り、117(いま)(はる)べと()くや木花(このはな)と、118帰化人(きくわじん)王仁(わに)博士(はかせ)(うた)つておいた、119難浪津(なにはづ)(うま)れたチャキチャキのお(はな)ですもの、120どうか木花姫命(このはなひめのみこと)()つて(くだ)さいな、121あの雲表(うんぺう)(そび)えてゐるシオン(ざん)御覧(ごらん)なさい、122あの(やま)だつて日出島(ひのでじま)富士山(ふじさん)に、123よく()てるでせう。124世界(せかい)国人(くにびと)は、125あの(やま)尊称(そんしよう)してシオンの(むすめ)()つてるぢやありませぬか』
126『ナル(ほど)127どうしてもお(まへ)(わし)よりは役者(やくしや)一枚(いちまい)(うへ)だ。128そんなら今日(けふ)から(あらた)めてお(まへ)をシオンの(むすめ)129木花姫命(このはなひめのみこと)130(しん)ウラナイ(けう)大教主(だいけうしゆ)尊称(そんしよう)(たてまつ)らうかな』
131 お(はな)(うれ)しさうにニコニコし(なが)らチツト(ばか)りスネ気分(きぶん)になり、132(たい)をプイとゆすつて(くち)()をあて、
133『ホヽヽヽ、134()うなと御勝手(ごかつて)になさいませ』
135『お()()りましたかな、136イヤ重畳々々(ちようでふちようでふ)137これで(いよいよ)三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)もきまり(しん)ウラナイ(けう)組織(そしき)出来(でき)たと()ふものだ。138サア(これ)から一万円(いちまんゑん)資本(しほん)(もつ)大々的(だいだいてき)活躍(くわつやく)(こころ)みようかい』
139『これ旦那(だんな)さま、140(また)しても一万円(いちまんゑん)一万円(いちまんゑん)仰有(おつしや)いますが、141(この)一万円(いちまんゑん)だつて使(つか)つたら、142()つて(しま)ひますよ。143(この)(かね)はマサカの(とき)用意(ようい)とし、144貴方(あなた)二人(ふたり)生活費(せいくわつひ)(ぐらゐ)新宗教(しんしうけう)所得(しよとく)(おぎな)ふやうにせなくちや駄目(だめ)ですよ』
145(なん)と、146(まへ)大変(たいへん)経済家(けいざいか)だのう』
147『そら、148さうですとも、149生馬(いきうま)()をぬくやうな競争(きやうそう)(はげ)しい大都会(だいとくわい)真中(まんなか)で、150一文(いちもん)なしから立派(りつぱ)家屋敷(いへやしき)買求(かひもと)め、151あやめのお(はな)()つて満都(まんと)有情男子(いうじやうだんし)(きも)()らしたと()兵士(つはもの)ですもの。152()(なか)経済(けいざい)()らなくちや何事(なにごと)成功(せいこう)しませぬよ。153(かね)さへあればバカも(かしこ)()え、154貴族院(きぞくゐん)議員(ぎゐん)だ、155衆議院(しうぎゐん)議員(ぎゐん)だ、156国家(こくか)選良(せんりやう)だと、157()(はや)されませうがな。158矛盾(ほことん)議員(ぎゐん)だつて、159着炭(ちやくたん)議員(ぎゐん)だつて、160(くす)()(はか)議員(ぎゐん)だつて、161墓標(ぼへう)議員(ぎゐん)だつて、162ヤツパリお(かね)(ちから)ですわ。163(わたし)だつて(もん)なしの素寒貧(すかんぴん)だつたら、164旦那(だんな)さまの()には馬鹿(ばか)(うつ)るでせう。165(また)一層(いつそう)166(かほ)(しわ)(ふか)()えるでせう』
167成程(なるほど)感心(かんしん)だ、168(しか)(なが)らこれから新宗教(しんしうけう)樹立(じゆりつ)しようと(おも)へばチツト(ばか)りは資本(しほん)()るよ。169()第一(だいいち)政府(せいふ)運動(うんどう)して、170宗教(しうけう)独立(どくりつ)認可(にんか)()けねばならぬなり、171相当(さうたう)出資(しゆつし)覚悟(かくご)せなくちやなるまい。172(まへ)だつて一足飛(いつそくと)びに世界(せかい)救世主(きうせいしゆ)となるのだもの、173(すこ)(くらゐ)犠牲(ぎせい)覚悟(かくご)して(もら)はなくちやならないよ』
174『それや、175チツト(ばか)運動費(うんどうひ)()(ぐらゐ)(こと)(わたし)だつて()つてゐますわ』
176『○○(けう)独立(どくりつ)したのも運動費(うんどうひ)百万円(ひやくまんゑん)()つたさうだし、177××(けう)独立(どくりつ)(さい)五十万円(ごじふまんゑん)(かね)()いたと()(こと)だ。178陣笠(ぢんかさ)議員(ぎゐん)()ようと(おも)つても五万(ごまん)十万(じふまん)(かね)()ぶのだからな。179そして万一(まんいち)180マンが(わる)くて落選(らくせん)でもして()よ。181十万円(じふまんゑん)(かね)(どぶ)()つたやうなものだ。182そして、183おまけに落選者(らくせんしや)()天下(てんか)吹聴(ふいちやう)されるのだ。184その(こと)(おも)へば一万円(いちまんゑん)運動費(うんどうひ)(ぐらゐ)(つか)つた(ところ)落選(らくせん)する(こと)はないのだから(やす)いものだよ』
185一万円(いちまんゑん)運動費(うんどうひ)(つか)つて教主(けうしゆ)になつた(ところ)でつまりませんわ。186せめて三千円(さんぜんゑん)(ぐらゐ)成功(せいこう)出来(でき)ますまいかな』
187『そら、188さうだ。189(おもて)から運動(うんどう)()かけりや、190到底(たうてい)二万(にまん)三万(さんまん)端金(はしたがね)では駄目(だめ)だが、191そこは運動(うんどう)方法(はうはふ)によつて三千円(さんぜんゑん)でも()ぎつけない(こと)はない。192(しか)(この)芸当(げいたう)(おれ)ぢやなくちや()てない芝居(しばゐ)だ』
193『そら、194さうでせうとも。195貴方(あなた)196手続(てつづ)きをどうしてするお(かんが)へですか』
197『マア、198さうだな。199(さいはひ)日出島(ひのでじま)へやつて()られた(とき)200懇意(こんい)になつたお(ふだ)博士(はかせ)のスタールさまも、201(この)大学(だいがく)()られるし、202タゴール博士(はかせ)今迄(いままで)二三回(にさんくわい)文通(ぶんつう)をしておいたし、203キツト成功(せいこう)(うたがひ)なしだよ。204どうしても(いま)()(なか)はレツテルの流行(はや)()(なか)だから博士(はかせ)とか大臣(だいじん)とか華族(くわぞく)とかの()(なら)べて、205顧問(こもん)にせなくちや、206(うそ)だからな』
207『「前車(ぜんしや)(くつが)へるのは後車(こうしや)(いまし)め」と()(こと)(ござ)いませう。208何卒(どうぞ)博士(はかせ)大臣(だいじん)209華族(くわぞく)引張(ひつぱり)()むのなら、210手段(しゆだん)として()むを()ませぬが、211人物(じんぶつ)のよしあしを調(しら)べてかかつて(くだ)さいや。212三五教(あななひけう)変性女子(へんじやうによし)のやうに、213シヤツチもない、214ガラクタ文学士(ぶんがくし)鼻野高三(はなのたかざう)さまや、215鼻野(はなの)中将(ちうじやう)なぞ、216ドテライ爆裂弾(ばくれつだん)(かか)()みて数十万円(すうじふまんゑん)借金(しやくきん)()はされ、217後足(あとあし)(すな)かけられるやうな下手(へた)(こと)になつちやつまりませぬからな』
218『ソンナ(こと)抜目(ぬけめ)があるものかい。219マア安心(あんしん)したがよからう』
220 かく(はな)(ところ)へシオン大学(だいがく)教授(けうじゆ)(をは)り、221(しろ)帽子(ばうし)(あたま)(いただ)(なが)ら、222(ふと)いステッキをついて彼方(かなた)(むか)つてボツボツ(あゆ)()紳士(しんし)があつた。223守宮別(やもりわけ)一目(ひとめ)()るより、
224『ヤア、225(はな)226あれが有名(いうめい)なタゴール博士(はかせ)だよ。227あの(ひと)(たの)めば大丈夫(だいぢやうぶ)だからな。228しかし、229運動費(うんどうひ)先立(さきだ)つから、230(まへ)一寸(ちよつと)三千円(さんぜんゑん)(ばか)(かし)てくれないか』
231(いま)232ここに現金(げんきん)所持(しよぢ)して()りませぬ。233郵便局(ゆうびんきよく)()つて()にや、234()にあひませぬわ』
235『いかにもさうだつたね。236それでは(ひと)(おれ)博士(はかせ)()つて(はな)して()るから、237(まへ)()ると(かへつ)て、238いかないから、239一寸(ちよつと)ここに()つてゐてくれ。240どうやら西坂(にしざか)から(かへ)られるやうだからね』
241『この機会(きくわい)(いつ)せず、242(はや)くおつついて掛合(かけあ)つてみて(くだ)さいな』
243『よし、244ソンナラ()つて()る。245(はな)246(しばら)くここに()つてゐてくれ。247どこの(をとこ)(とほ)つても(はな)しちやいけないよ』
248()(なが)(よこ)()いてペロリと(した)()し、
249『サア(いよいよ)(はな)(ふところ)から三千円(さんぜんゑん)(げん)ナマを引出(ひきだ)手蔓(てづる)出来(でき)た』
250とホクホクし(なが)ら、251タゴールの(あと)()ふて西坂(にしざか)(くだ)(ぐち)へと(かけ)()く。252(はな)吉凶(きつきよう)如何(いか)にと、253片唾(かたづ)をのんで木蔭(こかげ)(たたず)み、254のび(あが)(なが)様子(やうす)()てゐる。255守宮別(やもりわけ)はタゴールの(あと)から(さか)(くだ)つて()く。256二人(ふたり)(しろ)帽子(ばうし)空中(くうちう)(ある)いてゐるやうに()えた。
257『もし貴方(あなた)はタゴール博士(はかせ)ぢやありませぬか』
258 タゴールは一寸(ちよつと)立止(たちど)まり、259(あと)()()いて、
260『ハイ、261拙者(せつしや)はタゴールです。262貴方(あなた)はどなたで(ござ)りますか。263ネツカラお()にかかつた(こと)(ござ)いませぬが?』
264『ハイ、265(わたし)日出島(ひのでじま)から宗教(しうけう)視察(しさつ)(まゐ)りました守宮別(やもりわけ)()海軍(かいぐん)軍人(ぐんじん)(ござ)います。266シオン大学(だいがく)仲々(なかなか)立派(りつぱ)建築(けんちく)出来(でき)ましたね。267これも(まつた)貴方等(あなたがた)のお骨折(ほねをり)結果(けつくわ)(ござ)いませう』
268『ハイ、269有難(ありがた)う、270仲々(なかなか)学校(がくかう)事業(じげふ)()ふものは(おも)つたよりも費用(ひよう)()るもので、271容易(ようい)完備(くわんび)する(ところ)へは()きませぬ。272貴方(あなた)宗教(しうけう)視察(しさつ)においでになつたのなら、273どうです、274シオン大学(だいがく)入学(にふがく)なさつては』
275『ハイ、276有難(ありがた)(ござ)います、277(この)(ごろ)一寸(ちよつと)(ばか)(なう)(いた)めてゐますので、278エルサレム病院(びやうゐん)になりと入院(にふゐん)(いた)し、279全快(ぜんくわい)しました(うへ)世話(せわ)になりませう。280どうかその(とき)(よろ)しくお(ねが)(まを)します』
281『ハイ、282承知(しようち)(いた)しました。283十分(じふぶん)便宜(べんぎ)(はか)りますから御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
284『ソンナラ、285どうか(よろ)しくお(ねが)(いた)します。286貴方(あなた)権威(けんゐ)勢望(せいばう)によつて(わたし)目的(もくてき)達成(たつせい)するやう御尽力(ごじんりよく)(くだ)さいませ。287(ねが)(いた)します』
288『ハイ、289(たしか)(うけたま)はりました。290左様(さやう)なら』
291(かる)挨拶(あいさつ)(かは)坂道(さかみち)(くだ)()く。
292 何事(なにごと)にも(うたが)(ぶか)い、293あやめのお(はな)実否(じつぴ)(さぐ)らむものと差足(さしあし)294抜足(ぬきあし)295守宮別(やもりわけ)とタゴールの問答(もんだふ)()かむものとやつて()たが『(たの)む、296承知(しようち)した』の一言(いちごん)(みみ)()れ、297やつと安心(あんしん)しホクホクしてゐる。298守宮別(やもりわけ)は、
299『サア、300(これ)から、301うまくお(はな)をちよろまかさう』
302(あと)()りかへり()れば坂道(さかみち)()(しげ)みからお(はな)がニユツと(かほ)()した。303守宮別(やもりわけ)は……サア失敗(しまつ)た……、304とサツと顔色(かほいろ)(かは)つたが、305元来(ぐわんらい)横着物(わうちやくもの)306そしらぬ(かほ)で、
307『ヤア、308(はな)309(まへ)ここへ()()たのか、310博士(はかせ)(わし)(はなし)(のこ)らず()いたのだらう』
311『ハイ、312全部(ぜんぶ)()きませなかつたが、313流石(さすが)守宮別(やもりわけ)さま、314(えら)いお腕前(うでまへ)315(はな)感心(かんしん)(いた)しました、316どうやら博士(はかせ)承知(しようち)して()れたやうですな』
317 守宮別(やもりわけ)(この)(げん)虎穴(こけつ)(のが)れたやうな心持(こころもち)で、318ソツと(むね)()()ろし、319(はな)(さき)でフーンと(いき)(なが)ら、
320『オイ、321(はな)322(おれ)腕前(うでまへ)(たい)したものだらう。323かうなりや三千円(さんぜんゑん)運動費(うんどうひ)()さねばなるまい。324(また)(まへ)(ふところ)をゑぐつて()まないけどな』
325目的(もくてき)成就(じやうじゆ)する(ため)のお(かね)なら、326たとへ一万両(いちまんりやう)()つたつて(かま)ひませぬわ。327サア(これ)からシオン大学(だいがく)立派(りつぱ)建築(けんちく)拝見(はいけん)して(かへ)りませうよ』
328(かへ)らうと()つたつて、329霊城(れいじやう)()()した以上(いじやう)宿(やど)がないぢやないか。330一体(いつたい)どこへ(かへ)るつもりなのだい』
331『ホヽヽヽヽ、332守宮別(やもりわけ)さまの初心(うぶ)(こと)333あんなトルコ(てい)路地(ろぢ)のやうな(ところ)にある霊城(れいじやう)なんかに()つたつて、334世間(せけん)()きなれが(わる)くて仕方(しかた)がありませぬわ。335堂々(だうだう)僧院(そうゐん)ホテルの間借(まが)りでもして活動(くわつどう)にかからうぢやありませぬか』
336成程(なるほど)337そいつは面白(おもしろ)い。338サア(はや)(かへ)らう、339どうやら機関(きくわん)(あぶら)()れさうだ。340(さけ)のタンクが空虚(くうきよ)(うつた)()した』
341『ホテルに()つて、342(また)シツポリ御酒(ごしゆ)でも(いただ)きませう、343ホヽヽヽ』
344(わら)(なが)橄欖山(かんらんざん)(くだ)らむとするところへ、345霊城(れいじやう)受付(うけつけ)をやつてゐたヤクがスタスタとやつて()るのに出会(であ)つた。346ヤクは(いき)をはずませ(なが)ら、
347『ヤアお二人様(ふたりさま)348大変(たいへん)(さが)して()りました、349サア(かへ)りませう』
350『これ、351ヤクさま、352(とら)さまの様子(やうす)()いただらうな』
353『ハイ、354エルサレムの(まち)貴方(あなた)行衛(ゆくゑ)(たづ)ねて、355ブラついて()ますと十字街頭(じふじがいとう)黒山(くろやま)(ごと)(ひと)(かげ)356何事(なにごと)珍事(ちんじ)突発(とつぱつ)せしかと、357人込(ひとごみ)(なか)からソツと(うかが)つて()ればお(とら)さまが()をまかして()る。358警察医(けいさつい)()んで()注射(ちうしや)したり、359いろいろと介抱(かいほう)をした結果(けつくわ)360(とら)さまがたうとう(いき)()きかへしました。361トンクとテクの(やつ)362(とら)さまを(くるま)()せ、363自分(じぶん)後前(あとさき)(くるま)警固(けいご)(なが)ら、364霊城(れいじやう)さして(かへ)()姿(すがた)(たしか)(みと)めました。365(また)二三日(にさんにち)して身体(からだ)がよくなつたら(うる)さい(こと)でせうよ』
366『これ、367ヤクさま、368(まへ)は、369あれ(だけ)(わたし)(どく)ついておいて、370(なに)しに()たのだい』
371(なに)しに()たつて、372貴方(あなた)家来(けらい)にして(もら)はうと(おも)つたからですよ。373職業(しよくげう)紹介所(せうかいじよ)()つて就職口(しうしよくぐち)世話(せわ)して(もら)はうと(おも)ひましたが、374あまり沢山(たくさん)希望者(きばうしや)で、375三百人(さんびやくにん)就職口(しうしよくぐち)五千人(ごせんにん)希望者(きばうしや)があるのですもの、376到底(たうてい)(はち)(まは)りませぬわ。377どうか男一匹(をとこいつぴき)(たす)けると(おも)つて使(つか)つて(くだ)さいな。378その(かは)りに碗給(わんきふ)結構(けつこう)(ござ)いますから』
379(わたし)今日(けふ)(あらた)めて守宮別(やもりわけ)さまと結婚(けつこん)をしたのだから、380その(つも)りで()つて(くだ)さいや。381そしてお(とら)さまの動静(どうせい)時々(ときどき)洞察(どうさつ)して報告(はうこく)して(くだ)さい。382それさへ立派(りつぱ)につとまるのならば、383番犬(ばんけん)一匹(いつぴき)()ふたと(おも)つて、384使(つか)つて()げますわ、385ホヽヽヽヽ』
386『もしお(はな)さま、387(いな)(おく)さま、388番犬(ばんけん)とは殺生(せつしやう)ぢやありませぬか、389なア旦那(だんな)さま』
390守宮別(やもりわけ)(かほ)()る。
391『フヽヽヽヽ、392マア大切(たいせつ)にして()げるよ。393(わし)二人(ふたり)使(つか)はれて()なさい。394(とら)さまのやうなヒドイ使(つか)ひやうはせないからな』
395『ハイ有難(ありがた)う、396(やく)()(こと)なら、397どんな(こと)でも(いた)しませう』
398 ここに三人(さんにん)は、399(いそ)橄欖山(かんらんざん)(くだ)り、400僧院(そうゐん)ホテルに宿(やど)をとるべく、401山麓(さんろく)より自動車(じどうしや)をかつて意気(いき)揚々(やうやう)(すす)()く。
402大正一四・八・二〇 旧七・一 於由良 北村隆光録)