霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 笑拙種(せうせつだね)〔一八二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下 篇:第4篇 清風一過 よみ:せいふういっか
章:第19章 第64巻下 よみ:しょうせつだね 通し章番号:1825
口述日:1925(大正14)年08月21日(旧07月2日) 口述場所:丹後由良 秋田別荘 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年11月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64b19
愛善世界社版:257頁 八幡書店版:第11輯 592頁 修補版: 校定版:261頁 普及版:63頁 初版: ページ備考:
001 ブラバーサ、002マリヤの両人(りやうにん)は、003キリスト再臨(さいりん)一日(いちにち)(はや)からむ(こと)祈願(きぐわん)すべく、004()(たづさ)へて、005早朝(さうてう)より橄欖山(かんらんさん)(ほこら)(まへ)端坐(たんざ)して祈願(きぐわん)をこらしてゐる。006そこへヤコブ、007サロメの両人(りやうにん)無我(むが)(こゑ)といふ(うた)(うた)(なが)(のぼ)(きた)り、008ブラバーサの姿(すがた)()て、009サロメは、
010『ヤ、011これはこれは神縁(しんえん)(あさ)からずとみえて、012(また)(この)聖地(せいち)でお()にかかりましたワ。013()うで(ござ)います、014(その)()御消息(ごせうそく)は。015一度(いちど)御訪(おたづ)(いた)したいと(おも)つてゐましたが、016貴方(あなた)にお(わか)れしてから、017アーメニヤ方面(はうめん)へヤコブさまと、018世間(せけん)がうるさいものですから転居(てんきよ)して()りました。019()御壮健(ごさうけん)なお(かほ)(はい)し、020(なに)よりお目出度(めでた)(ぞん)じます』
021 ブラバーサは、
022『ヤア、023(めづら)しう(ござ)います。024サロメさま、025(その)()打絶(うちた)えて御無沙汰(ごぶさた)(いた)しました。026()()貴女(あなた)御壮健(ごさうけん)(なに)よりで(ござ)います。027何時(いつ)やらもエルサレムの書店(しよてん)で、028貴女(あなた)のお(かき)になつた「鳳凰(ほうわう)(てん)()つ」といふ小説(せうせつ)拝見(はいけん)(いた)しまして、029(した)しく貴女(あなた)にお()にかかつた(やう)(おも)ひが(いた)しましたよ。030中々(なかなか)御上手(おじやうず)になられましたね』
031『ハイ、032(はづ)かしう(ござ)います。033どうも(この)(ごろ)不景気(ふけいき)書物(しよもつ)(うれ)ないので、034どこの書店主(しよてんしゆ)もコボして()ります。035いつもだつたら随分(ずゐぶん)沢山(たくさん)原稿料(げんかうれう)もくれるのですけれど、036ホンの鼻糞(はなくそ)(ばか)りよりくれないので、037原稿(げんかう)(かせ)ぎも(つま)りませぬワ』
038『サロメさま、039ヤコブさま、040(ひさ)しうお()にかかりませぬ。041貴女(あなた)小説(せうせつ)拝見(はいけん)(いた)しましたが、042マリヤが(かんが)へますに、043あの材料(ざいれう)はどうやら橄欖山(かんらんざん)中心(ちうしん)として()られた(やう)(ござ)いますな』
044『ハイ、045(じつ)ア、046貴女(あなた)とブラバーサさまのローマンスを骨子(こつし)とし、047(わたし)とヤコブさまの苦労話(くらうばなし)をそこへ(こしら)へてみたのですが、048中々(なかなか)(おも)(やう)には()かないのですもの、049本当(ほんたう)にお(はづか)しう(ござ)いますワ』
050『サロメさま、051(わたし)やブラバーサさまを材料(ざいれう)にするなぞと、052殺生(せつしやう)ですワ』
053『そら御互様(おたがひさま)ですよ。054ブラバーサさまだつて、055日下開山(ひのしたかいざん)をお()しになつたでせう。056(わたし)あれを()んで、057(かほ)がパツと(あか)くなり、058ヤコブさまにどれ(ほど)気兼(きがね)したか()れませぬワ、059ホヽヽヽ』
060(なん)()つても、061一流(いちりう)文士(ぶんし)(ばか)りがよつてゐられるのだから、062いつも吾々(われわれ)槍玉(やりだま)()げられるのですよ。063(わたし)(ふで)さへ()たば、064マリヤさまとブラバーサさまのお(やす)うない御関係(ごくわんけい)素破抜(すつぱぬ)きたいのですけれどなア、065アハヽヽヽ。066(じつ)(ところ)(この)姫神(ひめがみ)さまがマ一度(いちど)橄欖山(かんらんざん)(のぼ)り、067小説(せうせつ)材料(ざいれう)(こしら)へたいと御託宣(ごたくせん)(あそ)ばすものですから、068(なに)()(たね)がないかと、069はるばるアーメニヤからやつて(まゐ)りました。070今朝(けさ)六時(ろくじ)にエルサレム(えき)安着(あんちやく)し、071有明家(ありあけや)一寸(ちよつと)一服(いつぷく)して、072(いま)此処(ここ)(のぼ)つたとこで(ござ)います』
073『ヤ、074険呑(けんのん)険呑(けんのん)075モウ マリヤの(こと)なんか、076()かない(やう)(ねが)ひますよ』
077新聞(しんぶん)記者(きしや)だつて、078口止料(くちどめれう)()るでせう。079サロメに(たい)して(いく)()しますか』
080『これは(おそ)()りました。081嘘八百万円(うそはつぴやくまんゑん)(ばか)進上(しんじやう)(いた)しませう。082ホヽヽヽ』
083『オイ、084姫神(ひめがみ)さま』
085(いや)ですよ、086ヤコブさま、087姫神(ひめがみ)さまなんて。088なぜサロメといつて(くだ)さらぬのですか』
089『ソンならサロメさま』
090さまなぞと、091ソンナ(こと)(いや)ですよ』
092『ソンナラ橄欖山(かんらんざん)(よろ)しいかな』
093『ソラ サロメの雅号(ががう)ですよ』
094 マリヤは、
095『ホヽヽヽ、096(なか)()(こと)097丸切(まるき)一幅(いつぷく)小説(せうせつ)みた(やう)だワ。098あの紅葉山人(もみぢやまひと)金色夜叉(きんいろよまた)を、099(わたし)()みましたが、100随分(ずゐぶん)面白(おもしろ)いですね、101(こひ)(やぶ)れて、102(かね)()つといふ仕組(しぐみ)ですもの』
103 サロメは、
104『ありや、105紅葉山人(もみぢやまひと)ぢやなくて紅葉山人(こうえふさんじん)とよむのですよ。106そしてあの小説(せうせつ)()金色夜叉(こんじきやしや)といふ(はう)穏当(おんたう)だと(おも)ひますワ』
107著者(ちよしや)名義(めいぎ)書物(しよもつ)読方(よみかた)(ぐらゐ)は、108何程(なにほど)無学(むがく)なマリヤだつて(ぞん)じてをりますが、109一寸(ちよつと)洒落(しやれ)()つて()(ばか)しですワ、110オホヽヽヽ』
111貴方(あなた)今日(けふ)112有明家(ありあけや)一服(いつぷく)して()たといはれましたが、113有明家(ありあけや)には綾子(あやこ)といふ大変(たいへん)美人(びじん)()りますよ。114あの綾子(あやこ)主人公(しゆじんこう)として、115(ひと)小説(せうせつ)仕組(しぐ)まれたら大変(たいへん)面白(おもしろ)(もの)出来(でき)るでせう。116一時(いちじ)幽霊(いうれい)小説(せうせつ)霊界(れいかい)消息(せうそく)幾分(いくぶん)加味(かみ)したものが流行(りうかう)しましたが、117現今(げんこん)では(つや)つぽい恋物語(こひものがたり)一般(いつぱん)()()(やう)ですね。118人心(じんしん)非常(ひじやう)悪化(あくくわ)し、119真心(まごころ)土台(どだい)動揺(どうえう)し、120生活難(せいくわつなん)(さけ)びが(さか)んなる今日(こんにち)では、121一層(いつそう)(こと)122(かた)()らない、123面白(おもしろ)い、124恋愛(れんあい)加味(かみ)した読物(よみもの)時代(じだい)()()(やう)です』
125『ブラバーサ(さま)126(わたし)もさう(かんが)へまして、127(じつ)材料(ざいれう)蒐集(しうしふ)に、128(ひさ)()りでやつて(まゐ)りましたのよ』
129 かく(はなし)してゐる(ところ)へ、130有明家(ありあけや)綾子(あやこ)一人(ひとり)箱屋(はこや)をつれて、131しなしなと(のぼ)つて()た。
132 ブラバーサは一目(ひとめ)()るより、
133『もし、134サロメさま、135(てき)さまがやつて()ましたよ。136(すこぶ)尤物(いうぶつ)でせうがな』
137成程(なるほど)138あれ(くらゐ)美人(びじん)だつたら、139余程(よほど)もてるでせう。140(しか)(なが)らヤコブさまやブラバーサさまに、141あゝいふ美人(びじん)()せるのは()(どく)ですワ、142ねえマリヤさま』
143『そらさうですね、144(しか)しあの綾子(あやこ)といふ(をんな)評判(ひやうばん)(さけ)くらひで、145()つたが最後(さいご)146前後(ぜんご)(わす)れて醜体(しうたい)(あら)はすのださうです。147(しか)(なが)義理固(ぎりがた)(こと)はエルサレム第一(だいいち)との評判(ひやうばん)ですワ』
148綾子(あやこ)()いて(なに)御聞(おきき)(およ)びの(こと)(ござ)いましたら、149サロメに()かして(くだ)さいませぬか』
150(おほ)いに(ござ)いますよ。151日出島(ひのでじま)から()てゐる、152守宮別(やもりわけ)さまとの関係(くわんけい)()いて面白(おもしろ)いローマンスがあるさうです。153守宮別(やもりわけ)といふ(をとこ)154(をんな)にかけたら仕方(しかた)のない人物(じんぶつ)で、155三角(さんかく)関係(くわんけい)はまだ(おろ)か、156四角(しかく)関係(くわんけい)実演(じつえん)をやつてゐるさうですワ』
157『ヤ、158そりや面白(おもしろ)いでせう。159サロメも(ひと)探索(たんさく)してみませうかなア』
160『どうやら、161あの綾子(あやこ)(この)(ほこら)(まゐ)様子(やうす)ですから、162吾々(われわれ)(そば)樹蔭(こかげ)(ひか)えようぢやありませぬか』
163とヤコブは樹蔭(こかげ)(しの)()る。
164 『(よろ)しかろ』と、165一同(いちどう)十間(じつけん)(ばか)(へだた)つた橄欖樹(かんらんじゆ)の、166コンモリとした樹蔭(こかげ)立寄(たちよ)り、167橄欖(かんらん)(こずゑ)()つて敷物(しきもの)となし、168此処(ここ)(しり)(おろ)した。169有明家(ありあけや)綾子(あやこ)(なん)()もなく、170あたり(はばか)らず、171(ほこら)(まへ)祈願(きぐわん)をこめ()した。
172神様(かみさま)173(わたし)大変(たいへん)(つみ)(かさ)ねまして(ござ)います。174どうぞ(ゆる)して(くだ)さいませ。175ぢやと(まを)しまして、176どうしてもあの(をとこ)(おも)()(こと)出来(でき)ませぬ。177(しか)(なが)らあの(をとこ)には五十(ごじふ)(さか)をこえた熱心(ねつしん)恋女(こひをんな)二人(ふたり)(ござ)いますから、178到底(たうてい)(わたくし)(たて)つく(こと)出来(でき)ませぬ。179(また)(たて)ついて(ひと)(こま)らせ、180自分(じぶん)勝利(しようり)()ようとは(おも)ひませぬが、181何卒々々(なにとぞなにとぞ)三人(さんにん)(をんな)(こころ)(そこ)から解合(とけあ)うて、182守宮別(やもりわけ)さまを保護(ほご)(いた)しますやう、183さうして(わたくし)はどこ(まで)守宮別(やもりわけ)見捨(みす)てられぬやう(ねが)ひます。184そして(ちち)のヤクは怪我(けが)(いた)しまして、185カトリック僧院(そうゐん)ホテルに()てゐますが、186(これ)(はや)くおかげを(いただ)いて(もと)健全(けんぜん)身体(からだ)になります(やう)187御願(おねが)(いた)します。188(また)あやめのお(はな)さまも、189(いま)御入院中(ごにふゐんちう)(ござ)いますが、190一日(いちにち)(はや)御全快(ごぜんくわい)(あそ)ばす(やう)191(わたくし)(ため)にお(はな)さまはあの(やう)()にお()ひになつたので(ござ)います。192(また)守宮別(やもりわけ)さまの(こころ)(まよ)はしたのも(わたくし)(つみ)(ござ)います。193どうぞ(これ)もお(ゆる)(ねが)ひます』
194祈願(きぐわん)してゐる(ところ)へ、195入院(にふゐん)して(くる)しみてる(はず)のお(はな)比較的(ひかくてき)元気(げんき)よい(いきほ)ひで、196ステッキをつき(なが)らあわただしく(のぼ)(きた)り、197綾子(あやこ)一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)してゐる姿(すがた)()て……(なん)だか不思議(ふしぎ)(をんな)がゐるワイ………と(くび)をひねつて(かんが)へてゐたが、198有明家(ありあけや)綾子(あやこ)といふ(こと)(わか)つたので、199クワツと逆上(のぼ)(あが)り、200首筋(くびすぢ)()をかけ、201(ねこ)をつまみたやうにひつさげ、202(みぎ)()拳骨(げんこつ)(かた)めてポカンポカンと打据(うちす)ゑ、
203『コーラ、204淫売女(ばいた)め、205ようもようも、206(ひと)(をつと)寝取(ねと)りよつたな。207(きさま)(ため)(あたま)(きず)つけ、208(わたし)病院(びやうゐん)へやられたのだ。209ヤツトの(こと)全快(ぜんくわい)し、210(れい)(まゐ)りに()()れば、211(なん)(こと)だい。212(この)スベタめ、213(わたし)(いの)(ころ)さうと(おも)つて……図太(づぶと)(あま)だ。214さ、215どうぢや、216守宮別(やもりわけ)(おも)()るか、217返答(へんたふ)(いた)せ』
218 綾子(あやこ)はビツクリして、
219『どうぞお(ゆる)(くだ)さいませ。220(わたし)(わる)かつたので(ござ)います』
221『ヘン、222(わる)かつたで(こと)がすむと(おも)ふか。223男泥棒(をとこどろぼう)め、224盗猫(どろねこ)め、225サ、226ここであやまり証文(しようもん)()け』
227『ハイ、228(おほせ)(したが)ひ、229如何(いか)(やう)(とも)(いた)します。230(しか)(なが)鉛筆(えんぴつ)(ござ)いませぬから、231(また)()して()かして(いただ)きませう』
232『エ、233(うま)(こと)をいふな、234ここに万年筆(まんねんひつ)がある、235(かみ)(かし)てやる。236(まへ)()判然(はつき)りと()け。237立派(りつぱ)に……守宮別(やもりわけ)さまとは関係(くわんけい)(いた)しませぬ……といふ(こと)()きさへすりや、238褒美(はうび)として(かね)百両(ひやくりやう)やる。239どうぢや、240得心(とくしん)だらうの』
241仮令(たとへ)百万両(ひやくまんりやう)(もら)ひましたつて、242コンナ(こと)(かね)づくでは()きたくはありませぬ。243(あま)りお(まへ)さまの(こころ)可哀相(かあいさう)だから、244()いて()げようかと(おも)つてゐるのですよ』
245『ナニツ、246(この)淫売女(ばいた)()247へらず(ぐち)(たた)くな。248わづか一円(いちゑん)二円(にゑん)(かね)(ころ)ぶぢやないか』
249 木蔭(こかげ)(ひそ)みて()てゐた四人(よにん)は、250()るに見兼(みか)ねバラバラと(そば)により、
251『ヤ、252貴方(あなた)はお(はな)さまぢやありませぬか。253かかる聖場(せいぢやう)(ひと)(なぐ)つたり、254ソンナ乱暴(らんばう)(こと)をなさつては()けませぬよ』
255(たれ)かと(おも)へば、256(まへ)女惚(をんなのろ)けのブラブラぢやないか。257コンナ(ところ)()()(まく)ぢやない、258すつ()んでゐなさい。259(なん)ぢや、260ヤコブにサロメ、261マリヤ、262ホヽヽヽ、263(いろ)とぼけのガラクタ(ばか)りが、264ようマア()つたものだなア』
265 マリヤは、
266『もしお(はな)さま、267貴女(あなた)色呆(いろとぼ)けぢやありませぬか。268(この)喧嘩(けんくわ)(もと)(いろ)からでせう』
269『ヘン、270(かま)うて(くだ)さるな。271此奴(こいつ)大事(だいじ)大事(だいじ)(わたし)(をつと)寝取(ねと)つた、272男泥棒(をとこどろばう)だから、273(いま)談判(だんぱん)をしてゐる(ところ)だ。274門外漢(もんぐわいかん)のお(まへ)さま(たち)容喙(ようかい)する(ところ)ぢやない。275すつ()んで(くだ)さい』
276ヤコブ『お(はな)さま、277貴女(あなた)独身者(どくしんもの)()いてをつたのに、278何時(いつ)()(をつと)()つたのですかい。279(なん)人間(にんげん)といふ(もの)(めう)(もの)ですな』
280 お(はな)(あご)二三寸(にさんずん)(まへ)へつき()(なが)ら、
281『ヤコブ(さま)282(めう)でせうがな。283(をんな)(をとこ)284(をとこ)(をんな)285両方(りやうはう)から()つついて、286天地(てんち)神業(しんげふ)(つと)めるのは、287開闢(かいびやく)以来(いらい)法則(はふそく)ですよ。288(まへ)さまだつて、289サロメさまに(うつ)つをぬかしたぢやないか。290ブラバーサだつて、291マリヤに(くび)(たけ)はまつて、292女房(にようばう)()()()(なが)(とぼ)けてゐるのだないか。293(この)(はな)守宮別(やもりわけ)(をつと)()つたつて、294(なに)がそれ(ほど)不思議(ふしぎ)なのだい』
295不思議(ふしぎ)ですがな。296守宮別(やもりわけ)さまは貴方(あなた)のお師匠(ししやう)さまの(をつと)ぢやないか。297弟子(でし)のお(まへ)さまが師匠(ししやう)(をつと)横領(わうりやう)するといふやうな、298不人情(ふにんじやう)(こと)何処(どこ)にありますか』
299『ヘン、300(ほう)つといて(くだ)さい。301(これ)には(ふか)(わけ)があるのだ。302(まへ)さま(たち)()つたこつちやない。303(この)問題(もんだい)当人(たうにん)当人(たうにん)でなければ(わか)らないのだ。304いらぬ御節介(おせつかい)をするより、305サロメさまとしつぽり意茶(いちや)つきなさい。306それがお(まへ)さまの(しやう)()ふとりますわいな、307イヒヽヽヽ』
308小面憎相(こづらにくさう)(また)(あご)をしやくつて()せる。309綾子(あやこ)(この)()にお(はな)(すき)(うかが)ひ、310逸早(いちはや)箱屋(はこや)(とも)に、311木蔭(こかげ)()(かく)して(しま)つた。312(はな)綾子(あやこ)姿(すがた)()えなくなつたのに()がつき、
313『ヤア、314すべた()315何処(どつか)()げよつた。316生首(なまくび)引抜(ひきぬ)かねばおかぬ……』
317地団太(ぢだんだ)ふみ(なが)ら、318四人(よにん)(とど)むるのもふり(はな)し、319一生懸命(いつしやうけんめい)320(かみ)ふり(みだ)し、321西坂(にしざか)をトントントンと地響(ぢひびき)うたせ(なが)(くだ)()く。
322 四人(よにん)一度(いちど)岩石(がんせき)でも(くだ)けた(やう)調子(てうし)で『ワハツハヽヽヽ』と(わら)ひこける。323橄欖山(かんらんざん)()(しげ)みから山鳩(やまばと)が『ウツフ ウツフ、324ウツフヽヽヽ』と()いてゐる。
325大正一四・八・二一 旧七・二 於由良海岸秋田別荘 松村真澄録)