霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第64巻下 山河草木 卯の巻下 篇:余白歌 よみ:
章:第64巻下 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1925(大正14)年11月7日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm64b8801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
いそのかみ古事記(ふることぶみ)高光(たかひか)
天津日継(あまつひつぎ)のしるべなりけり〈序文(初)〉
ちはやふる(かみ)本宮(もとみや)たづぬれば
(あや)高天(たかま)(はら)にありけり〈序文(初)〉
大本(おほもと)(かみ)(をしへ)(こと)()
すべての(ひと)(くすり)ともなれ〈序文(初)〉
わたつみの(ふか)(めぐ)みを(さと)りけり
棚無(たなな)(ふね)(わた)荒海(あらうみ)〈総説(初)〉
かずおほく(をしへ)はあれど惟神(かむながら)
()大本(おほもと)(のり)()すしも〈総説(初)〉
たにだにの小川(をがは)(みづ)(すゑ)つひに
(なが)(あは)して(うみ)となりゆく〈第1章(初)〉
あほ烏夕(がらすゆふべ)()ぐる()(なか)
あかつきうたふかささぎの(こゑ)〈第4章(初)〉
千年経(ちとせふ)(つる)()れたる(まつが)()
すくふ(ためし)のなき()なりけり〈第4章(初)〉
潜竜(せんりう)時来(ときき)にければ(ふち)を出でて
大空高(おほそらたか)(のぼ)らむとぞする〈第5章(初)〉
わが(には)()はさしそめてまがつみの
(かげ)次第(しだい)()()せにけり〈第5章(初)〉
()みわたる(あさ)大空(おほぞら)ながむれば
真如(しんによ)太陽暉(たいやうかがや)(わた)れり〈第5章(初)〉
すみきりし(あさ)太陽(おほひ)大空(おほぞら)
真如(しんによ)光投(ひかりな)げてかがやく〈第6章(初)〉
(みづ)みたま(つき)(ひかり)をながむれば
真如(しんによ)(そら)(たま)をかざれる〈第8章(初)〉
ねの(くに)()()身魂(みたま)をあはれみて
直日(なほひ)(かみ)()れましにけり〈第10章(初)〉
なす(こと)()くて月日(つきひ)(おく)りなば
(ひと)(うま)れし甲斐無(かひな)かるべし〈第10章(初)〉
むかしより(ほとけ)いつきし祖々(おやおや)
(かみ)(まつ)りて(あつ)(つか)へむ〈第10章(初)〉
(あかつき)(そら)五色(ごしき)にそめながら
天津日(あまつひ)神雲路(かみくもち)(のぼ)らす〈第14章(初)〉
(かみ)()一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
国常立(くにとこたち)のいづの(ひかり)〈第14章(初)〉
れい(がく)をまなぶは()けれどたましひを
(あら)(きよ)めしその(うへ)にせよ〈第15章(初)〉
うろたえて道踏(みちふ)(はづ)しぬかるみへ
(おち)るは(かみ)(くら)(ひと)なり〈第17章(初)〉
奥山(おくやま)(かへで)()れど(みち)なくば
鹿(しか)より(ほか)()るものも()〈第17章(初)〉
奇魂(くしみたま)智慧(ちゑ)(かがみ)(あか)ければ
()()(こと)(うつ)るなりけり〈第20章(初)〉
やほよろづ(かみ)ある(なか)常立(とこたち)
(かみ)御国(みくに)(もと)大神(おほかみ)〈第21章(初)〉
まくらがり迷子(まいご)ばかりが寄合(よりあ)ひて
(かみ)(めぐみ)()らずかこつも〈第22章(初)〉
ふるさとの空打(そらう)(あふ)(おも)ふかな
わが産土(うぶすな)のふかき(めぐ)みを〈第22章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]