霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 感謝組(かんしやぐみ)〔一六五七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第1篇 盗風賊雨 よみ:とうふうぞくう
章:第1章 感謝組 よみ:かんしゃぐみ 通し章番号:1657
口述日:1923(大正12)年07月15日(旧06月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 613頁 修補版: 校定版:11頁 普及版:5頁 初版: ページ備考:
001 (なつ)()(つよ)(ひかり)(をか)されて、002(みづ)()ちた(ふね)(かげ)は、003(うご)(みづ)のうねりに(したが)つて、004幾重(いくへ)にも(しま)になつて、005(くら)(みどり)渦捲(うづま)いて、006竿(さを)()れるたび、0061()(ゑが)かれ、007(きし)のあたりまで、008その()(おほ)きく(おほ)きく(ひろ)がつて()く。009(ふる)陶器(たうき)(いろ)にでもある(やう)雨風(あめかぜ)(さら)された(ふね)(いろ)は、010(しづ)んだ調子(てうし)(みづ)(せつ)して、011積荷(つみに)(うへ)を、0111かすつた、012(つよ)(べに)がかつた斜陽(ゆふひ)(いろ)と、013(やや)(まが)つた()半面(はんめん)()らした(ひかり)とが、014(くら)(みづ)(うつ)つて、015(とき)ならぬ(いろ)模様(もやう)(おり)()して()る。
016 ハルセイ(ぬま)(ほと)りに、017二人(ふたり)(をとこ)水面(すいめん)見守(みまも)(なが)ら、018雑談(ざつだん)(ふけ)つて()る。
019(かふ)()(なか)(なに)一番(いちばん)困難事(こんなんじ)だといつても、020()(しよ)するの(みち)(ほど)021六ケ敷(むつかし)いものは()いのだ。022日月星辰(じつげつせいしん)大空(おほぞら)(かか)り、023(くも)中空(ちうくう)彷徨(はうくわう)往来(わうらい)して()つても、024人間(にんげん)()(やつ)毎日(まいにち)々々(まいにち)()はず()まずには()きて()られない。025五穀(ごこく)(なに)(ほど)米屋(こめや)(くら)()んであつても、026黄金(わうごん)()ければ、027一粒(ひとつぶ)五穀(ごこく)()(わけ)には()かず、028(さけ)(なに)(ほど)()らうが、029黄金(わうごん)がなければ、030自由(じいう)にならない。031(あさ)はハルセイ(さん)から(ふき)(おろ)す、0311山嵐(やまあらし)(ふる)へながら、032()(ちぢ)めての野良(のら)仕事(しごと)も、033(よる)(ほし)(いただ)いて(いへ)(かへ)つて()るのも、034(みな)035(その)()(その)()生活(せいくわつ)をなし、036(また)黄金(こがね)(たくは)へたいからだ。037黄金(こがね)がなければ、038()うも仕様(しやう)のない(いま)()(なか)だから、039仕方(しかた)なしにトランス(さま)になつたのだ。040意気地(いくぢ)()(やつ)は、041(くび)()つてブランコ往生(わうじやう)()りよるのだが、042俺等(おれら)一人前(いちにんまへ)男子(だんし)だ。043まさかそんな卑怯(ひけふ)(こと)出来(でき)ないからのウ。044(いま)(まで)バラモン(ぐん)(つか)へて()つたのも、045つまりは生活(せいくわつ)安全(あんぜん)(たも)つためだつた。046最早(もはや)今日(けふ)となつては、047鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)()状様(ざま)になつたのだから、048乾分(こぶん)(おれ)たちはトランスでも()なくては、049今日(こんにち)生活(せいくわつ)出来(でき)ない』
050(おつ)如何(いか)にも、051(まへ)(せつ)至極(しごく)(もつと)もだ。052(おれ)陸海軍(りくかいぐん)(いづ)れかの将校(しやうかう)になる、053(おれ)何々(なになに)官吏(くわんり)になる、054(おれ)何々(なになに)大事業(だいじげふ)(くはだ)てると()つて、055意気(いき)衝天(しようてん)青年(せいねん)でも、056その一面(いちめん)国家(こくか)(おも)ふとか、057国民(こくみん)(あい)するとか、058立派(りつぱ)()つて()るが、059その半面(はんめん)には、060矢張(やは)月給(げつきふ)沢山(たくさん)()つて、061相当(さうたう)生活(せいくわつ)をしたい、062()念慮(ねんりよ)より(ほか)には(なに)ものも()い。063大体(だいたい)表面(へうめん)には、064名誉(めいよ)とか、065出世(しゆつせ)とか、066成功(せいこう)とか、067社会(しやくわい)奉仕(ほうし)とか、068名前(なまへ)だけは(じつ)立派(りつぱ)なことを()つて()るが、069ドドの(つま)りは矢張(やはり)(かね)(まう)けたいのだ。070黄金(わうごん)()ければ今日(こんにち)()(なか)は、071(なに)(ほど)聖人(せいじん)でも、072学者(がくしや)でも、073田舎(いなか)(おやぢ)でも、074矢張(やはり)名誉(めいよ)()075立身出世(りつしんしゆつせ)したとは()はれない。076(かね)のない(やつ)何時(いつ)でも、077彼奴(あいつ)相変(あひかは)らず意気地(いくぢ)なしだ。078(こま)つて()やがるナア(ぐらゐ)で、079社会(しやくわい)から()(ぱら)はれて(しま)ふのだ。080(かかあ)(ふんどし)一枚(いちまい)でも、081六一銀行(ろくいちぎんかう)()つて()けば、082少々(せうせう)ばかり(きたな)くつても(かね)になるが、083(ひげ)名誉(めいよ)では借金(しやくきん)()りを()(ぱら)(わけ)には()かない。084如何(いか)(おれ)学士(がくし)だ、085勅任官(ちよくにんくわん)だ、086華族(くわぞく)だ、087おれは社会(しやくわい)取締(とりしま)警官(けいくわん)だ、088威張(ゐば)つて()(ところ)が、089肝腎(かんじん)(かね)がなければ、090サア鎌倉(かまくら)()(とき)には、091グーの()()ない。092やつぱり米屋(こめや)(あたま)()げたり、093味噌屋(みそや)味噌(みそ)をすつて、094御千度(おせんど)()まねばなるまい。095それを(おも)ふと(かね)なるかなだ。096(しか)(なに)(ほど)(かね)()しいと()つても、097トランスになるだけは、098(かんが)へねば()るまいぞ』
099(かふ)(なに)100現代(げんだい)人間(にんげん)優勝劣敗式(いうしようれつぱいしき)だから、101トランスせない(やつ)一人(ひとり)もありやしないよ。102(かね)()ければ、103勅任官(ちよくにんくわん)でも奏任官(そうにんくわん)でも、104カラツキシ駄目(だめ)だ。105()してや判任(はんにん)雇傭(こよう)106ヘツポコ官吏(くわんり)をやだ。107(ひる)廟堂(べうだう)国政(こくせい)()して威張(ゐば)つて()つても、108(ゆふ)べに米櫃(こめびつ)()(おと)()いては、109如何(いか)なる志士(しし)でも、110豪傑(がうけつ)でも、111断腸(だんちやう)(なみだ)(こぼ)さずには()られまい。112それ(ゆゑ)(いま)()(なか)(みな)までとは()はぬが113大小(だいせう)トランスを()らない(やつ)()からうよ。114(つき)115(ゆき)116(はな)117恋愛(れんあい)118肉楽(にくらく)などと()つて()つても、119明日(あす)食物(しよくもつ)(いも)小片(こぎれ)(ひと)つないと()ては、120三年(さんねん)(こひ)(なほ)()(をは)るでは()いか。121()には錦衣(きんい)をまとひ、122髭髯(しぜん)いかめしく天下(てんか)睥睨(へいげい)し、123口角(こうかく)(あわ)()ばして、124大言壮語(たいげんさうご)()すも、125懐中(くわいちう)無一物(むいちぶつ)()ては、126乞食(こじき)(をんな)だつて相手(あひて)にして()れない。127威張(ゐば)れば威張(ゐば)(ほど)(はら)(くる)しく、128(にしき)()れば()るほど、1281(むね)(くる)しい。129三歳(さんさい)童子(どうじ)も、130金満家(きんまんか)()(かね)威光(ゐくわう)(たふと)まれ、131阿弥陀(あみだ)(さま)でさへも金箔(きんぱく)価値(ねうち)()()(なか)だ。132(なに)(ほど)華族(くわぞく)でも、133法主(ほつす)でも、134債鬼(さいき)(まへ)には(あたま)(あが)らず、135靴屋(くつや)息子(むすこ)(かね)さへ()れば結構(けつこう)若旦那(わかだんな)(さま)と、136もてはやさるる()(なか)だ。137たとへ無理(むり)しても、138(かね)さへ()つて()れば、139(あく)(ぜん)通用(つうよう)するのだから、140(おれ)()うしても初心(しよしん)()げない覚悟(かくご)だ。141青楼(おちやや)(のぼ)(とき)にも、142ヘイーいらつしやいと意気(いき)(ことば)や、143(とほ)(あそ)ばせ、144(えん)台詞(せりふ)(むか)へられても、145イザ勘定(かんぢやう)となつて一文(いちもん)()いと()ては、146如何(いか)嬋妍(せんけん)美人(びじん)でも、147(たちま)(ひたひ)(しわ)()せ、1471()()()げ、148柔和(にうわ)なお世辞(せじ)()番頭(ばんとう)でも、149苦情(くじやう)()()てずには()られないぢやないか。150(さき)艶麗(えんれい)にして柔和(にうわ)なりし(その)(かほ)は、151(たちま)(おに)かヱンマと激変(げきへん)し、152()らつしやい、153(あが)(あそ)ばせ、154言霊(ことたま)(たちま)ち、1541()()け、155(こし)()()156暴言(ばうげん)となり、157命令(めいれい)となり、158()ては()つぱられた(その)()で、159すげなくも(つき)()され、160(むか)へられた(その)(くち)から、161唾液(つば)()きかけられる(こと)になるのだ』
162(おつ)成程(なるほど)163そらさうじや。164(かね)()くては(いま)()(なか)生活(せいくわつ)する(こと)出来(でき)ない。165()うしても衣食住(いしよくぢう)(はい)することの出来(でき)ない人間(にんげん)は、166()はずには(いき)()れない動物(どうぶつ)たる以上(いじやう)は、167如何(いか)金銭(きんせん)威張(ゐば)られても仕方(しかた)がない。168是非(ぜひ)(とも)善良(ぜんりやう)なる方法(はうはふ)で、169黄金(こがね)(たくは)へ、170(こめ)()ひ、171生命(いのち)(つな)算段(さんだん)をせなくてはなるまい。
 
172「イザさらば、173花見(はなみ)にごんせハルセイ(やま)
 
174衣食(いしよく)()り、175住居(すまゐ)あり、176生命(いのち)あつての(うへ)(こと)だ。177そこでこの衣食(いしよく)()たし、178住居(すまゐ)(さだ)め、179生命(いのち)(つな)算段(さんだん)するのが肝腎(かんじん)だが、180こいつが(そもそも)(むつ)ケしいので、181栄辱(えいじよく)利害(りがい)も、182禍福(くわふく)得失(とくしつ)も、183倫常(りんじやう)学問(がくもん)も、184教育(けういく)戦争(せんそう)も、185(みな)この必要(ひつえう)から()()されるのだ。186(この)根本的(こんぽんてき)原理(げんり)(はな)れた道徳(だうとく)()く、187(この)原理(げんり)()つて社会(しやくわい)なく、188国家(こくか)もない。189(いは)んや政治(せいぢ)190経済(けいざい)191実業(じつげふ)192教育(けういく)193倫理(りんり)194科学(くわがく)195宗教(しうけう)をやだ。196宇宙間(うちうかん)森羅万象(しんらばんしやう)197これ(ことごと)く、198吾々(われわれ)生活(せいくわつ)資料(しれう)となり、199要素(えうそ)となるもので、200この生活(せいくわつ)()以上(いじやう)は、201宗教(しうけう)も、202坊主(ばうず)も、203神主(かむぬし)必要(ひつえう)がないのだ。204(いは)んや、205聖人君子(せいじんくんし)も、206天地(てんち)そのものも、207(すで)必要(ひつえう)がない。208太陽(たいやう)光線(くわうせん)209星辰(せいしん)運行(うんかう)210風雨霜雪(ふううさうせつ)211河川(かせん)港海(かうかい)212山岳(さんがく)森林(しんりん)213(みな)これ、214吾々(われわれ)生活(せいくわつ)(ため)(まう)けられたものでは()いか。215この生活(せいくわつ)をなし、216生命(いのち)をつないで()くのは、217人間(にんげん)それ自身(じしん)でなければならぬ。218人生(じんせい)()ふのは、219生活上(せいくわつじやう)()いて、220千差万別(せんさばんべつ)状態(じやうたい)のあるのを、221()ふのだからのウ。222()るべくはトランスだけは()めて天与(てんよ)富源(ふげん)開拓(かいたく)しようぢやないか』
223(かふ)(おれ)たちは、224百姓(ひやくしやう)せうにも田畑(たはた)はなし、225(すき)(くは)226その()附属道具(ふぞくだうぐ)もなし、227商売(しやうばい)するにも資本(しほん)はなし、228だと()つて乞食(こじき)出来(でき)ないから、229この()(ふと)(みじか)(くら)すトランスを、230()むを()(えら)むことにしたのだ。231貴様(きさま)(いま)となつて、232そんな弱音(よわね)()くもので()いよ。233それよりも(はや)く、234(なん)とか一仕事(ひとしごと)して(かへ)らなければ、235親分(おやぶん)言訳(いひわけ)()たぬぢやないか』
236 かく(はな)(ところ)へ、237法螺貝(ほらがひ)(おと)ブウーブウーと、238(とほ)(ちか)く、239(あるひ)(たか)く、240(あるひ)(ひく)う、241(ひび)()たる。
242 (かふ)(おつ)二人(ふたり)()は、243ヤク、244エールと()ふ。245どこともなく、246権威(けんゐ)()もつた法螺(ほら)()(やや)怖気(おぢけ)()き、247(そば)灌木(くわんぼく)(しげ)みに姿(すがた)(かく)した。248治道居士(ちだうこじ)はベル、249バット、250カークス、251ベースの改心組(かいしんぐみ)(とも)(この)()(あら)はれ(きた)り、252二人(ふたり)(かく)れて()る、2521(そば)芝生(しばふ)(こし)(うち)かけ、253(いき)(やす)めた。254そして治道居士(ちだうこじ)二人(ふたり)のトランスが、255(この)密樹(みつじゆ)(かげ)にかくれてゐる(こと)も、256バラモン(ぐん)兵士(へいし)であつて、257(いま)はトランスに(なり)(さが)つてゐる(こと)も、258霊感(れいかん)()つて直覚(ちよくかく)してゐた。259治道居士(ちだうこじ)はワザと(おほ)きな(こゑ)二人(ふたり)()こえよがしに、
260治道(ちだう)『オイ、261ベル、262バット、263(ほか)両人(りやうにん)264どうだ昨日(きのふ)(まで)トランスをやつて()つた(とき)(こころ)と、265只今(ただいま)(こころ)何方(どちら)安心(あんしん)(おも)ふか』
266ベル『ハイ、267(たづ)(まで)もなく、268(あさ)から(ばん)(まで)269戦々恟々(せんせんきようきよう)として、270(ひと)(こゑ)()いてもビクビクし、271法螺(ほら)()()いても、272(ふる)(あが)つて()りましたが、273()(なに)はなく(とも)真心(まごころ)(たち)(かへ)り、274あなたのお(とも)をさして(いただ)き、275(かみ)さまの(あい)(さと)つた(うへ)は、276(いま)(まで)天地(てんち)暗澹(あんたん)として(ふさ)がつてゐた世界(せかい)が、277無限大(むげんだい)拡張(くわくちやう)し、278(こころ)(なか)天国(てんごく)浄土(じやうど)建設(けんせつ)され、279こんな(たの)しい(うれ)しい(こと)は、280バラモンの軍人(ぐんじん)時代(じだい)にも()ふた(こと)(ござ)いませぬワ』
281治道(ちだう)『さうだらう。282(おれ)だつてバラモン(ぐん)中将(ちうじやう)(まで)なり、283三軍(さんぐん)指揮(しき)して権威(けんゐ)(ほこ)り、284(なに)不自由(ふじゆう)なく()らして()つた(とき)よりも、285()比丘(びく)(なり)(さが)り、286一蓑(いつさ)一笠(いちりつ)(かみ)(ため)()(ため)に、287(ひろ)天地(てんち)跋渉(ばつせう)する(くらゐ)愉快(ゆくわい)(こと)はないよ。288(この)(ひろ)結構(けつこう)(この)()(なか)を、289(せま)(くら)く、290(おそ)(をのの)いてくらすのも、291(よろこ)んで(いさ)んでくらすのも、292(みな)(こころ)持様(もちやう)(ひと)つだ。293(まへ)もヨモヤ(もと)のトランスに、294逆転(ぎやくてん)するやうな(こと)はあるまいなア』
295ベル『ハイ、296どうしてどうして、297そんな馬鹿(ばか)(こと)出来(でき)ませうか。298これ(だけ)愉快(ゆくわい)(あぢ)はうた(うへ)は、299アタ窮屈(きうくつ)(おそ)ろしい、300トランスなんかになれますか。301()(なか)にトランスをやる人間(にんげん)(ほど)302馬鹿(ばか)骨頂(こつちやう)(ござ)いませぬワ。303(この)()(なか)(せま)くて、304(おほ)きな(こゑ)(せき)(ひと)出来(でき)ぬやうな()(いた)しますからな。305何程(なにほど)(かね)()(なか)だと()つても、306自分(じぶん)(たましひ)には()へられませぬ。307折角(せつかく)結構(けつこう)(かみ)分霊(ぶんれい)(いただ)いて、308(あく)(くも)らして(しま)へば、309久遠(くおん)霊界(れいかい)(おい)(その)(むく)いを()け、310無限(むげん)(くる)しみを()けねばなりませぬからな』
311治道(ちだう)『そらさうだ。312(わづ)かの(この)()(なか)で、313悪事(あくじ)()て、314未来永劫(みらいえいごふ)(わざはい)(たね)をまく(ぐらゐ)馬鹿(ばか)(もの)はあるまいよ。315(わたし)だとて、316(べつ)にゼネラルを(ぼう)にふりたい(こと)はないが、317未来(みらい)(ほど)(おそ)ろしいから、318みすぼらしいこんな比丘(びく)になつたのだ。319バット、320カークス、321ベース、322(まへ)もベルと同感(どうかん)だらうなア』
323 三人(さんにん)一度(いちど)(かす)かな(こゑ)で『ハイ』と()つたきり、324落涙(らくるい)してゐる。
325治道(ちだう)『お(まへ)(たち)三人(さんにん)()いてゐるぢやないか。326(いま)境遇(きやうぐう)(くる)しいのか……イヤ(つら)いのか。327(ただ)しは(わし)()(こと)()()らぬのか』
328ベル『オイ、329バット、330なアんだ。331ほえ(づら)かわいて……(あま)りバットせぬぢやないか。332オイ、333カークス、334御主人(ごしゆじん)さまの(まへ)だ。335(なに)もカークスには(およ)ばぬ。336遠慮(ゑんりよ)()らぬから、337自分(じぶん)(おも)つてる(こと)を、338ハキハキと(まをし)()げるがよからう。339……これベース、340(きさま)もうつむいてベースをかいてるよりも、341チツと、342バットしたら()うだい』
343 三人(さんにん)一度(いちど)涙声(なみだごゑ)になつて、
344三人(さんにん)『イヤ、345モウ感謝(かんしや)()へませぬ。346(うれ)(なみだ)をこぼしてゐるので(ござ)います』
347ベル『ヨーシ、348それなら(わか)つて()る。349サア(これ)から、350治道居士(ちだうこじ)(さま)351(また)テクシーに()つて(すす)(こと)(いた)しませうか』
352 (うしろ)灌木(くわんぼく)(しげ)みから、353ワーツと(をとこ)泣声(なきごゑ)堤防(ていばう)のくぢけたやうな(いきほひ)(きこ)えて()た。
354 ベルは(あと)(ふり)(かへ)り、
355ベル『ヤア(なん)だ。356ここにも(また)ベソをかいてゐる感謝組(かんしやぐみ)(かく)れて()ると()えるな……。357オイ何者(なにもの)()らぬが、358そんな(ところ)(なに)(ほえ)るのだ。359こんな結構(けつこう)天国(てんごく)(うま)(なが)ら、360()(やつ)があるかい。361(きさま)大方(おほかた)(かみ)さまの(めぐみ)(はな)れた馬鹿者(ばかもの)だらう。362遠慮(ゑんりよ)()らぬ。363ベル宣伝使(せんでんし)(ひと)引導(いんだう)(わた)してやらう。364サア(はや)う、365()たり()たり』
366 (この)(こゑ)にヤク、367エールの両人(りやうにん)は、368ころげるやうにして治道居士(ちだうこじ)足許(あしもと)(あら)はれた。
369ベル『ヤア、370(きさま)はヤクにエールぢやないか。371こんな(ところ)(なに)(かな)しいか()らぬが、372吠面(ほえづら)かわいたつて、373(なん)のヤクにたつかい。374ヤクザ(もの)()375(きさま)(もと)軍人(ぐんじん)ぢやないか。376ウン(きさま)はエールだな。377(もと)(けん)()びた軍人(ぐんじん)ぢやないか。378(なに)をメソメソとほエールのだい』
379ヤク『ア、380(まへ)はベルか。381(おれ)(じつ)(こと)白状(はくじやう)すれば、382バラモン(ぐん)解散(かいさん)よりゼネラルさまから(いただ)いた涙金(なみだきん)酒色(しゆしよく)(ため)使(つか)()たし、383よるべ(なぎさ)捨小舟(すてをぶね)384とりつく(しま)もないので、385そこら(ぢう)をぶらつきトランスを両人(りやうにん)がやつてゐた(ところ)386(おも)ふやうに、387良心(りやうしん)(とが)めて仕事(しごと)出来(でき)ず、388(こま)つてゐる(ところ)へ、389セール大尉(たいゐ)がハール少尉(せうゐ)(とも)に、390虎熊山(とらくまやま)岩窟(がんくつ)をかまへ、391山賊(さんぞく)をやつてると()いたので、392そこへ(たづ)ねて()つて、393児分(こぶん)にして(いただ)き、394親分(おやぶん)命令(めいれい)で、395(いま)(なに)()仕事(しごと)はなからうかと、396(この)(ぬま)のふちで(あみ)をはつてゐた(ところ)だが、397治道居士(ちだうこじ)(さま)とお(まへ)との(はなし)木蔭(こかげ)()いて、398自分(じぶん)()(おそ)ろしくなり、399(なん)だか(いま)(まで)(こころ)(はづ)かしくて、400(おも)はず()らず()いたのだ。401どうぞ(わし)(この)比丘(びく)(さま)(たす)けて(もら)うてくれ。402鬼春別(おにはるわけ)将軍様(しやうぐんさま)ではないか』
403ベル『オウさうだ。404改心(かいしん)さへすればキツと(ゆる)して(くだ)さるよ。405(おれ)だつて二三日前(にさんにちまへ)(まで)は、406(きさま)のやうに親分(おやぶん)はないけれど、407独立(どくりつ)でトランス(だん)組織(そしき)し、408随分(ずいぶん)悪逆(あくぎやく)無道(むだう)をやつて()たが、409結局(けつきよく)自分(じぶん)()(だけ)(むつ)ケしいのだ。410トランスして()つては、411何時(いつ)までたつても妻子(つまこ)(やしな)ふといふやうな(こと)出来(でき)ない。412(この)(くらゐ)(つま)らぬ仕事(しごと)はないから、413(おれ)もフツツリとトランスは断念(だんねん)したのだ。414(もと)はお(まへ)御主人様(ごしゆじんさま)だから、415キツと(ゆる)して(くだ)さるだらうよ』
416治道(ちだう)『お(まへ)はヤク、417エールだなア。418こらへてくれ。419(まへ)堕落(だらく)させたのは(みな)(おれ)(わる)いのだ。420(おれ)はお(まへ)たちを堕落(だらく)さした(その)罪亡(つみほろ)ぼしに、421一蓑(いつさ)一笠(いちりつ)比丘(びく)となつて、422艱難(かんなん)辛苦(しんく)をなめ、423(つみ)(あがなひ)(ある)いてゐるのだ。424(ゆる)しも(ゆる)さぬもない、425改心(かいしん)さへして()れたら、426こんな(うれ)しい(こと)はない。427サア(これ)から(おれ)一所(いつしよ)に、428聖地(せいち)エルサレムへ(まゐ)り、429(たま)(みが)いて、430立派(りつぱ)(かみ)さまの御子(みこ)となり、431()(ため)(みち)(ため)(つく)さうぢやないか』
432ヤク『ハイ、433有難(ありがた)(ござ)います。434何分(なにぶん)(よろ)しう御願(おねが)(いた)します』
435エール『ゼネラル(さま)436(よろ)しく御願(おねが)(いた)します。437キツと改心(かいしん)(いた)しますから……』
438治道(ちだう)『セール大尉(たいゐ)堕落(だらく)して、439虎熊山(とらくまやま)とやらに、440山賊(さんぞく)張本(ちやうほん)となつてゐるのか。441(これ)()いた(うへ)見遁(みのが)しは出来(でき)まい。442(これ)(おれ)(つみ)だ、443(なん)とかして改心(かいしん)させねばなるまい。444サア、445ヤク、446エール(おれ)案内(あんない)してくれ』
447 両人(りやうにん)は『ハイ承知(しようち)(いた)しました』と(なみだ)(ぬぐ)(なが)ら、448先頭(せんとう)()つて、449虎熊山(とらくまやま)岩窟(がんくつ)へ、450治道居士(ちだうこじ)一行(いつかう)(みちび)()(こと)となつた。
451大正一二・七・一五 旧六・二 於祥雲閣 松村真澄録)