霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 古峡(こけふ)(やま)〔一六五八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第1篇 盗風賊雨 よみ:とうふうぞくう
章:第2章 第65巻 よみ:こきょうのやま 通し章番号:1658
口述日:1923(大正12)年07月15日(旧06月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 618頁 修補版: 校定版:24頁 普及版:12頁 初版: ページ備考:普及版では目次「峡」本文「峽」、八幡版「峽」、校定版「峡」、愛世版は未刊。
001 (いま)(くも)()でた虎熊山(とらくまやま)(いただき)は、002(なつ)ながら(ゆき)(おほ)はれて、003その(うへ)()噴火(ふんくわ)(けぶり)は、004青味(あをみ)()びた黄土色(わうどしよく)をして、005(みなみ)(みなみ)へと(なび)いてゐる。
006 (みち)はトロトロ(のぼ)りになつて、007萱野(かやの)(おと)(さび)しく、008(むかし)のバラモンの関所跡(せきしよあと)門柱(もんばしら)が、009二本(にほん)(たふ)れかかつて(かな)しげに仰天(ぎやうてん)してゐる。010あたりの森林(しんりん)景色(けしき)()(いろ)(くさ)(いろ)011山々(やまやま)(いろ)(まで)が、012すべて深山的(しんざんてき)(おもむ)きを()つて()る。013左右(さいう)密林(みつりん)()けると、014(あめ)にやつるる(おと)(かぜ)()みふす(おと)(ばか)りで、015(ひと)(たけ)よりも(たか)萱草(かやくさ)の、0151(なか)(みぎ)(ひだり)(くも)(ばか)り、016(あし)(まか)して(のぼ)りつつ細谷川(ほそたにがは)(わた)つて()七人(しちにん)は、017()はずと()れた治道居士(ちだうこじ)一行(いつかう)である。018治道居士(ちだうこじ)(れい)法螺貝(ほらがひ)()(なが)山野(さんや)邪気(じやき)(きよ)めつつ、019密林(みつりん)(なか)山径(さんけい)(のぼ)()く。020()()(あた)つて二人(ふたり)のトランスが(また)もや路傍(ろばう)(いし)(こし)(うち)()け、021(なに)雑談(ざつだん)(ふけ)つて()る。
022(かふ)『オイ、023タール、024(つま)らぬぢやないか。025バラモン(ぐん)(したが)つて、026斎苑(いそ)(やかた)征服(せいふく)()途中(とちう)027鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)(にはか)心機一転(しんきいつてん)し、028軍隊(ぐんたい)解散(かいさん)さしたものだから、029(おれ)(たち)(うま)れてから、030やつた(こと)もないトランスとなり(さが)り、031()(なれ)故郷(こきやう)(かへ)(わけ)にも()かず、032セールの親分(おやぶん)(したが)つて、033あてどもない(とり)(さが)して日々(にちにち)()ごすのは本当(ほんたう)()()かぬぢやないか。034(おれ)アもう、035いい加減(かげん)機会(きくわい)(かんが)へて故国(ここく)(かへ)り、036(なん)とかして生計(せいけい)()て、037理想(りさう)生活(せいくわつ)を、038自分(じぶん)故郷(こきやう)(おい)(いとな)んで()たいと(おも)ふが、039(まへ)はどう(おも)ふか』
040タール『馬鹿(ばか)(こと)()ふな。041何処(どこ)()なうと、042(かま)はぬぢやないか。043(すべ)(この)天地(てんち)吾々(われわれ)故郷(こきやう)だ。044貴様(きさま)(やう)故郷(こきやう)()つたら、045自分(じぶん)(うま)れた土地(とち)(ばか)りだと(おも)つてゐるのは、046()(しん)故郷(こきやう)()らぬものだ。047自分(じぶん)(うま)れた故郷(こきやう)(ただ)(この)()(たび)一夜(いちや)宿(やど)りのやうなものだ。048それだから(うみ)()ぬるもよし、049山野(やまの)(おい)()ぬるのもよし、050(かは)()ぬるも(みやこ)()ぬるも、051田舎(いなか)()ぬるも、052また、0521(たび)()並木(なみき)肥料(こえ)になるのもいいぢやないか。053(てん)日月星辰(じつげつせいしん)宿(やど)し、054()万物(ばんぶつ)()する(ところ)055()くとして(おの)故郷(こきやう)(あら)ざるはなしだ。056それだから()(てん)()との(あひだ)は、057()んな(ところ)()いて(くら)すも、058(ねむ)るも、059()ぬるも差支(さしつかへ)はない。060人間(にんげん)()(さと)つた以上(いじやう)は、061(べつ)(うま)れた(ところ)(こひ)しいの、062(いのち)()しいのと()道理(だうり)()いぢやないか。063何国(なにくに)何郡(なにごほり)何村(なにむら)何某(なにがし)先祖(せんぞ)も、064元々(もともと)(その)土地(とち)から(みづ)のやうに()()で、065(きのこ)(たけのこ)(やう)(つち)(なか)から、066もぐり()たものぢやあるまい。067矢張(やはり)(そと)から移住(いぢう)して()て、068(その)土地(とち)(ひら)いたのぢやないか。069(おれ)(たち)先祖(せんぞ)にして(すで)(しか)りとすれば、070その子孫(しそん)たるものは(なん)(ふる)つて祖先(そせん)行動(かうどう)()らざるやだ。071()()らずの(あたら)しき(くに)(いた)り、072(あたら)しき土地(とち)(ひら)いて(あたら)しい(むら)(つく)るも、073トランス(だん)組織(そしき)するも(みな)人間(にんげん)自由(じいう)ぢやないか。074人間(にんげん)たるもの、075ここに(いた)つて(はじ)めて、076(その)面目(めんもく)発揮(はつき)せりと()ふべしだ。077一竿(いつかん)飄然(へうぜん)として狐舟(こしう)(さをさ)す、078(また)(はなは)(くわい)ならずやだ。079(しか)るを何万(なんまん)何千(なんぜん)(とん)汽船(きせん)()つて一度(ひとたび)その土地(とち)(はな)れむとする(とき)080数千百(すうせんひやく)蚯蚓(みみづ)のやうな小胆者(せうたんもの)は、081(わか)れを(をし)んで(なみだ)(ふる)つてゐるが、082(じつ)吾人(ごじん)の、0821(これ)恥辱(ちじよく)ではあるまいか。083(おな)(つき)(くに)(この)土地(とち)(おい)活動(くわつどう)(なが)ら、084故郷(こきやう)(こひ)しがるとは、085(はなは)(もつ)(しう)(しう)たるものではないか。086(この)()()つて(かの)()(いた)り、087(となり)()つて(となり)(いた)る。088(なん)離別(りべつ)(をし)み、089心身(しんしん)(いた)むるの()(えう)せむやだ。090貴様(きさま)(ごと)きは鈍根(どんこん)愚痴(ぐち)091醜態(しうたい)も、0911ここに(いた)つて092(しん)(きは)まれりと()ふべしだ。093あまり(はら)(なか)()()いて、094(おれ)可笑(をか)しうなつて()たわい。095(ちつ)(しつか)りせないか、096そんな(こと)でトランス商売(しやうばい)(つと)まらうかい。097一波(いつぱ)(きた)りて一波(いつぱ)()り、098万波(ばんぱ)(きた)つて万波(ばんぱ)()る。099(これ)海洋万里(かいやうばんり)状態(じやうたい)だ。100激浪(げきらう)怒濤(どたう)ももうこれ通常事(つうじやうじ)だ。101(いたづら)(しん)故郷(こきやう)(かい)せない貴様(きさま)(ごと)きは、102無暗(むやみ)故郷(こきやう)(とほ)ざかるのを(おそ)れ、103顔色(かほいろ)まで蒼白色(さうはくしよく)(へん)じ、104(むね)(こが)小魂小胆者(せうこんせうたんもの)だ。105(しまひ)には病気(びやうき)(おこ)して(ちぢ)(あが)り、106身動(みうご)きも出来(でき)ぬ、107(あはれ)むべき代物(しろもの)だよ。108千里(せんり)山野(さんや)(わた)つて(はらわた)(しぼ)り、109一村落(いちそんらく)花園(はなぞの)快哉(くわいさい)(さけ)腰抜(こしぬ)(もの)(ごと)きは、110到底(たうてい)人生(じんせい)(かた)るに()らぬものだ。111(ちひ)さき寒村(かんそん)に、112営々(えいえい)として田畑(たはた)(たがや)し、113()草取(くさと)りに()(くら)人間(にんげん)114よろしく寒山(かんざん)氷地(ひようち)115広袤(くわうばう)漠々(ばくばく)()(いへ)(きづ)いて(もつ)一大帝国(いちだいていこく)をなして、116天地(てんち)経綸(けいりん)司宰者(しさいしや)たる本分(ほんぶん)(つく)すが、117男子(だんし)たるものの(つと)むべき(ところ)だ。118(この)天地(てんち)(しん)吾々(われわれ)故郷(こきやう)だ。119一夜(いちや)宿(やど)(ひと)しき産土(うぶすな)()()でては、120(ふたた)古巣(ふるす)(かへ)り、121(いへ)(もと)むる(ごと)卑屈(ひくつ)(こと)()るものではない。122(これ)今日(こんにち)人間(にんげん)()(しよ)すべき要訣(えうけつ)だ』
123エム『お(まへ)弁舌(べんぜつ)一応(いちおう)(もつと)もだが、124(しか)(なが)産土(うぶすな)土地(とち)(こひ)しがらないものが、125何処(どこ)にあらうか。126(うま)故郷(こきやう)(わす)れるやうな(やつ)(つひ)には(くに)(わす)れ、127仁義(じんぎ)道徳(だうとく)忘却(ばうきやく)し、128妻子(さいし)(たい)して不仁(ふじん)となり、129祖先(そせん)(たい)して不孝(ふかう)(つみ)(かさ)ぬるものだ。130望郷(ばうきやう)(ねん)()られざるものは、131もはや人間(にんげん)霊性(れいせい)忘却(ばうきやく)した人面(じんめん)獣心(じうしん)ぢやないか』
132タール『アハヽヽヽ、133(ひと)財物(ざいぶつ)(かす)めるトランスと()(なが)ら、134仁義(じんぎ)道徳(だうとく)も、135(かう)136不孝(ふかう)もあつたものかい。137(この)社会(しやくわい)這入(はい)つた以上(いじやう)善悪(ぜんあく)138倫常(りんじやう)139孝悌(かうてい)などに超越(てうゑつ)せなくちや到底(たうてい)発達(はつたつ)()げられないぞ。140(おれ)だつて(うま)れつきの悪人(あくにん)ぢやないから、141善悪(ぜんあく)正邪(せいじや)区別(くべつ)(くらゐ)()つてゐる。142(しか)(なが)(ぞく)()(とほ)り、143()てば官軍(くわんぐん)()くれば(ぞく)だ。144(おれ)だつてトランス(さま)一生(いつしやう)(をは)らうとは(おも)はない。145(なん)とかいい機会(きくわい)があれば世間(せけん)所謂(いはゆる)(ぜん)(たち)(かへ)り、146虚礼(きよれい)虚偽(きよぎ)生活(せいくわつ)(おく)つて世間(せけん)(うた)はれ()いのは山々(やまやま)だ。147()材料(ざいれう)(あつ)むるために()きでもないトランスをしてるのだ……。148まだ吾々(われわれ)仁義(じんぎ)道徳(だうとく)(とな)へる(だけ)余地(よち)()い。149そこ(まで)物質的(ぶつしつてき)準備(じゆんび)()く、150世間(せけん)(いつは)偽善(ぎぜん)権化(ごんげ)となつて威張(ゐば)(ところ)へは()かないのだ。151(いま)(あひだ)(なに)よりも商売(しやうばい)発達(はつたつ)(かんが)へるのが安全(あんぜん)第一(だいいち)だ。152(かね)さへ()れば愚者(ぐしや)賢者(けんしや)となり、153無学者(むがくしや)学者(がくしや)()り、154悪人(あくにん)善人(ぜんにん)となり、155蝿虫野郎(はへむしやらう)有力者(いうりよくしや)()はれるのだからな。156貴様(きさま)(ひと)改心(かいしん)して157トランス(がく)研究(けんきう)一意専心(いちいせんしん)没頭(ぼつとう)するのだな』
158エム『トランス(がく)研究(けんきう)随分(ずいぶん)(くる)しいものだな。159南無(なむ)バラモン大自在天(だいじざいてん)160(まも)(たま)(さきは)(たま)へ。
 
161 (しも)おく野辺(のべ)()(ふけ)
162 ()()(ばか)りの寒風(かんぷう)
163 御空(みそら)(つき)(きよ)(ふる)
164 喧々(けんけん)轟々(ぐわうぐわう)(こゑ)
165 彼方(かなた)此方(こなた)より(ひび)(きた)
166 ()(なん)となく物騒(ものさわ)がし
167 (あき)紅葉(もみぢ)(こがらし)
168 (もろ)くも()りて
169 (さへづ)(とり)(こゑ)ひそむ
170 あゝ()()てし山野(さんや)景色(けしき)
171 小夜(さよ)ふけて(みね)松風(まつかぜ)
172 (いほり)(たた)
173 夕日(ゆふひ)(かげ)(くら)くして
174 バラモン男子(だんし)意気(いき)消沈(せうちん)
175 (まも)らせ(たま)自在天(じざいてん)
176 大国彦(おほくにひこ)大御神(おほみかみ)
177 あゝ(くる)しいせつろしい
178 こんな浮世(うきよ)(なん)として
179 (わたし)(うま)れて()ただらう』
 
180タール『こりやエム、181(なん)()卑劣(ひれつ)(うた)(うた)ふのだ。182(なつ)真盛(まつさか)りに(ふゆ)だの(こがらし)だのと、183そんな(さび)しい(こと)()ふない。184バラモン兵士(へいし)であり(なが)ら、185意気(いき)(しぼ)むの(なん)のつて、186泣声(なきごゑ)(なら)べやがつて、187あゝ(おれ)(なん)だか浮世(うきよ)(いや)になつて()たわい。188(みづ)方円(はうゑん)(うつは)(したが)ひ、189(ひと)善悪(ぜんあく)(とも)によると()ふからな。190(まへ)のやうな(あく)破産者(はさんしや)一緒(いつしよ)(はたら)いてゐると、191どうやら(おれ)()(なか)無常(むじやう)(かん)じて、192社会(しやくわい)所謂(いはゆる)(ぜん)(みち)堕落(だらく)しさうだ。193ヤア法螺貝(ほらがひ)(こゑ)(きこ)えて()たぞ。194オイ此奴(こいつ)アどこともなしに権威(けんゐ)のある(こゑ)ぢやないか。195サアここで(ひと)(しつか)り、196トランスの秘術(ひじゆつ)(つく)し、197うまく、198あれを岩窟(いはや)(ひき)()まねばなるまいぞ。199サア此処(ここ)(ぜん)だとか正義(せいぎ)だとか()名詞(めいし)抹殺(まつさつ)するのだ』
200(にはか)空元気(からげんき)()してゐる。
201 治道居士(ちだうこじ)先頭(せんとう)に、202六人(ろくにん)改心組(かいしんぐみ)密林(みつりん)小径(せうけい)辿(たど)つて(やうや)両人(りやうにん)(まへ)(あら)はれた。
203タール『オイ、204ヤク、205エール、2051そのお(かた)何処(どこ)へおいでになるのだ』
206ヤク『(この)(かた)勿体(もつたい)なくも鬼春別(おにはるわけ)将軍様(しやうぐんさま)だ。207(おれ)(たち)やお(まへ)(たち)がトランスに堕落(だらく)して()るのを改心(かいしん)さしてやらうと()つて、208(いま)209結構(けつこう)御説教(おせつけう)()かして(くだ)さつたのだ。210そしてセールの親分(おやぶん)(まこと)(をしへ)()かせて改心(かいしん)をさせてやらねばならぬと()つて、211(おれ)(たち)案内(あんない)(めい)(あそ)ばしたのだから、212貴様(きさま)もいい加減(かげん)改心(かいしん)したがよからう。213トランスなんて(つま)らぬからな』
214 タールは(こころ)(うち)にて、
215「いや、216いい(とり)(ひつ)(かか)つた。217鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)(いま)あゝして比丘(びく)になつてゐるものの、218(もと)(もと)だから、219一万両(いちまんりやう)や、2191二万両(にまんりやう)(かね)()つてるに(ちが)ひない。220(ひと)改心(かいしん)したと()せかけ、221うまく岩窟(いはや)(ひつ)()()かう……エール、222ヤクの(やつ)223仲々(なかなか)(えら)いわい。224岩窟(いはや)(なか)(ひつ)()み、225否応(いやおう)()はさず、226ボツタくる所存(しよぞん)だな。227(おれ)(ひと)帰順(きじゆん)()せかけ、228(ひと)岩窟(いはや)案内(あんない)してやらう」
229故意(わざ)空涙(そらなみだ)(なが)し、
230タール『これはこれは鬼春別(おにはるわけ)将軍様(しやうぐんさま)(ござ)いましたか、231(ひさ)しう(ござ)います。232(わたし)も、233こんなトランスはし()くありませぬが、234貴方(あなた)から(いただ)いたお手当金(てあてきん)は、235(こころ)悪魔(あくま)(みな)使(つか)はれて(しま)ひ、236(いま)()むを()ずセールの世話(せわ)になり、237虎熊山(とらくまやま)岩窟(いはや)にトランスの乾児(こぶん)となつて()ります。238(しか)貴方様(あなたさま)が、239そんな姿(すがた)とお()(あそ)ばし、240世界(せかい)をお(ある)(あそ)ばすのを()て、241懺悔(ざんげ)(こころ)()きました。242只今(ただいま)(かぎ)(わたし)改心(かいしん)(いた)しますから、243何卒(どうぞ)岩窟(いはや)にお()(くだ)さいまして、244セールの大親分(おほおやぶん)()()せ、245善道(ぜんだう)(かへ)るやう御取計(おとりはか)らひ(くだ)さいませ』
246エム『将軍様(しやうぐんさま)247何分(なにぶん)(よろ)しくお(ねがひ)(いた)します』
248とエムは本当(ほんたう)(なみだ)(なが)してゐる。249治道居士(ちだうこじ)はタールの(こころ)(なか)からの改心(かいしん)でない、250自分(じぶん)をたばかる(ため)だ、251とは直覚(ちよくかく)して()たが、252()(かく)岩窟(いはや)(なか)無事(ぶじ)到着(たうちやく)して、253セール、254ハールの巨頭(きよとう)改心(かいしん)させむと決心(けつしん)し、255ワザとタールの言葉(ことば)(しん)ずるものの(ごと)(よそほ)ひ、
256治道(ちだう)『やア、257それは(なに)より結構(けつこう)だ。258(わし)もお(まへ)言葉(ことば)()いて感謝(かんしや)()へない。259サア案内(あんない)して()れ』
260タール『ハイ、261承知(しようち)(いた)しました。262勝手(かつて)(おぼ)えし(この)山道(やまみち)263近道(ちかみち)()つて()りますれば、264(とも)をさして(もら)ひませう』
265エム『もしもし、266治道居士(ちだうこじ)(さま)267何卒(どうぞ)(わたし)貴方(あなた)のお弟子(でし)となし、268どこかへ()れて()つて(くだ)さいませ。269セール、270ハールの大将(たいしやう)(はじ)め、271(この)タールだつて到底(たうてい)改心(かいしん)見込(みこみ)はありませぬ。272あんな(こと)()つて計略(けいりやく)にかけて(ふところ)のものを()らうと()(たく)みで(ござ)いますよ』
273タール『コリヤ、274エム、275(なん)()(こと)(ぬか)すのだ。276(おれ)(こころ)貴様(きさま)(わか)らうかい。277仮令(たとへ)セール、278ハールが悪人(あくにん)でも、279もとの主人(しゆじん)たる将軍様(しやうぐんさま)が、280()うなつて衆生済度(しゆじやうさいど)にお(ある)(あそ)ばす姿(すがた)(をが)んだならば、281屹度(きつと)改心(かいしん)をなさるにきまつてる……。282味方(みかた)裏切(うらぎ)りする(やつ)がどこにあるかい』
283小声(こごゑ)(たしな)める。284エムは大声(おほごゑ)()()(なが)ら、
285エム『もし治道(ちだう)(さま)286御一同様(ごいちどうさま)287険呑(けんのん)ですから御用心(ごようじん)なさいませ。288(わたし)(これ)にてお(いとま)します。289岩窟(いはや)へでも(かへ)らうものなら、290(わたし)(いま)()つた言葉(ことば)大将(たいしやう)()げ、291どんな()()はすかも()れませぬから、292貴方(あなた)何処(どつか)()げて(くだ)さい。293さア(はや)(はや)く、294()げなさい』
295()()て、296(くも)(かすみ)森林(しんりん)(なか)姿(すがた)(かく)した。
297タール『ハヽヽヽ(うたがひ)(ふか)(やつ)だな。298セールの親分(おやぶん)だつて、299(もと)真人間(まにんげん)だ。300治道居士(ちだうこじ)(さま)懇篤(こんとく)説示(せつじ)によつて改心(かいしん)するにきまつてる。301(この)悪人(あくにん)(わし)でさへも、302将軍様(しやうぐんさま)のお姿(すがた)(をが)んだ()けで、3021感涙(かんるい)(むせ)び、303()はや悪魔(あくま)()()つたのだもの、304もし将軍様(しやうぐんさま)305何卒(どうぞ)エムの()ふた(こと)信用(しんよう)(あそ)ばさず、306(わたし)案内(あんない)しますから、307何卒(どうぞ)岩窟(いはや)へお()(くだ)さいませ。308さア、309ヤク、310エール、311貴様(きさま)将軍様(しやうぐんさま)のお(あと)からお(とも)し、312随分(ずいぶん)()かりなく用心(ようじん)して(のぼ)るのだぞ』
313小声(こごゑ)にて(ささや)く。314ヤク、315エールは黙然(もくねん)としてニタリと(わら)ふ。
316治道(ちだう)『アハヽヽヽ、317随分(ずいぶん)人生(じんせい)()ふものは面白(おもしろ)いものだな。318仮令(たとへ)悪魔(あくま)(はか)られようとも(いのち)()られようとも、319(てん)(まか)した()身魂(みたま)320(なん)(おそ)るる(こと)があらうぞ。321(これ)でも(むかし)三軍(さんぐん)叱咤(しつた)した勇将(ゆうしやう)だ。322オイ、323タール、324心遣(こころづか)ひは無用(むよう)だ。325サア(はや)案内(あんない)して()れ。
326虎熊(とらくま)(やま)如何(いか)(ほど)(さか)しとも
327(やす)(のぼ)らむ(かみ)のまにまに。
328セール、ハール、(しこ)(つかさ)言向(ことむ)けて
329(かみ)大道(おほぢ)(なび)かせて()む。
330(あふ)()れば(やま)()()黒雲(くろくも)
331(つつ)まれにけり()らしてや()む』
332タール『サア御案内(ごあんない)(いた)しませう。333(これ)から段々(だんだん)(さか)(けは)しくなりますから、334足許(あしもと)()をつけてお(のぼ)(くだ)さいませ。335(しか)らば(わたし)先導(せんだう)(いた)しませう』
336(むね)一物(いちもつ)337(こころ)二物(にもつ)338(つみ)重荷(おもに)背負(せお)ひつつ、339(あへ)(あへ)(のぼ)()く。
340大正一二・七・一五 旧六・二 於祥雲閣 北村隆光録)
341(昭和一〇・六・一六 王仁校正)