霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 不聞銃(きかんじゆう)〔一六六〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第1篇 盗風賊雨 よみ:とうふうぞくう
章:第4章 不聞銃 よみ:きかんじゅう 通し章番号:1660
口述日:1923(大正12)年07月15日(旧06月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 627頁 修補版: 校定版:50頁 普及版:24頁 初版: ページ備考:
001 虎熊山(とらくまやま)昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく(さか)んに噴火(ふんくわ)してゐる。002そして時々(ときどき)鳴動(めいどう)(はじ)め、003()(ふる)(こと)()三四回(さんしくわい)はあつた。004セール、005ハールの両人(りやうにん)旅人(たびびと)を、006乾児(こぶん)(めい)じて(うま)(この)岩窟(いはや)(ひき)ずり()ませ、007赤裸(まつぱだか)にしては四肢五体(ししごたい)()き、008(この)噴火口(ふんくわこう)()()()いて(しま)ふのを(れい)としてゐた。009セールは()()けてフト()をさました(とき)(すで)(ゑひ)()めてゐた。010(しか)(なが)昨夜(さくや)ハールに(つき)(あた)り、011ハールは九死一生(きうしいつしやう)場合(ばあひ)になつてゐた(こと)(おも)()し、012もしや蘇生(そせい)しよつたら大変(たいへん)だから、013(いま)(うち)片付(かたづ)けて(しま)はむと、014(みづか)抜身(ぬきみ)(ひつさ)げてうす(ぐら)牢獄(らうごく)(まへ)()つてみると、015ハールの姿(すがた)(かげ)(かたち)もなくなつてゐた。016(その)(じつ)ハールはセールの(さけ)()うての独言(ひとりごと)()いて「此奴(こいつ)大変(たいへん)だ。017かやうな(ところ)()つては何時(いつ)自分(じぶん)(いのち)()くなるか()れぬ」と、018(かしら)繃帯(はうたい)をし(つゑ)をついて夜陰(やいん)(まぎ)れ、019(この)岩窟(いはや)()()して(しま)つたのである。
020 セールは二人(ふたり)(をんな)牢獄(らうごく)(まへ)(ただ)一人(ひとり)(すす)みより、021顔色(がんしよく)(やは)らげて猫撫声(ねこなでごゑ)をし(なが)ら、022牢獄(らうごく)(とびら)(みづか)(ひら)き、023髯武者武者(ひげむしやむしや)(かほ)にも()ず、
024セール『ウン、025(まへ)淑女(しゆくぢよ)のデビス(ひめ)さまであつたか、026ホンに苦労(くらう)をしただらうな。027何分(なにぶん)ハールの(やつ)028(つみ)もないお(まへ)たちを(かどは)かし、029かやうな残酷(ざんこく)(こと)()やがつて、030(おれ)可哀相(かあいさう)で、031()うとかして(たす)けてやりたいと朝夕(あさゆふ)(こころ)(くだ)いてをつたが、032(なに)しろ彼奴(あいつ)柔道(じうだう)百段(ひやくだん)強者(つはもの)だから、033(おれ)大将(たいしやう)となつてゐるものの、034(その)実権(じつけん)はハールが(にぎ)つて()るのだから仕方(しかた)がなかつた。035昨夜(ゆうべ)(はか)らずもお(まへ)(あだ)をうつてやつたのだから、036()はばお(まへ)(いのち)(おや)だ、037どうだ(うれ)しいか。038ブラヷーダといふ(をんな)可哀相(かあいさう)だが、039彼奴(あいつ)(なん)だかハールの(やつ)(あま)つたるい(こと)()つてゐやがつたやうだから、040ひよつとしたら情意(じやうい)投合(とうがふ)でもやつたかも()れない。041何分(なにぶん)青白(あをじろ)瓜実顔(うりざねがほ)だから……それで()彼奴(あいつ)後廻(あとまは)しとして、042(もつと)(あい)するお(まへ)(はう)から(たす)けてやらう。043どうぢや(うれ)しいか。044さぞ(うれ)しいだらうの』
045デビス『御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)(ござ)いますが、046(あま)(うれ)しうは(おも)ひませぬ。047(なん)だか048あなたのお(かほ)(おそ)ろしうなつて()ましたもの』
049セール『ソリヤお(まへ)050取違(とりちが)ひといふものだ。051ハールの(やう)な、052(をんな)(をとこ)(わか)らぬやうな(やさ)しい(つら)してゐる(やつ)に、053(ひと)(ころ)したり、054大泥棒(おほどろばう)のあるものだ。055(おれ)のやうな髯武者武者(ひげむしやむしや)(くろ)(つら)してゐるものは(かへ)つて(こころ)(うつく)しいものだよ。056サア、057そんな(こと)()はずに、058(まへ)(いのち)(おや)だから、059とつとと()たが()からうぞ』
060デビス『(わらは)はここを()るのは(いや)(ござ)います。061万劫末代(まんごまつだい)永久(えいきう)岩窟姫神(いはやひめのかみ)となつて、062虎熊山(とらくまやま)(ぬし)になりますから、063どうぞ、064そんなせうもない(こと)()はないでおいて(くだ)さいませ。065それよりも一時(いつとき)(はや)(わらは)(いのち)(うば)つて(もら)へば満足(まんぞく)(ござ)います。066かやうな(ところ)から(ひき)()され、067あなたの弄物(なぐさみもの)になるよりも、068(この)(まま)()んだ(はう)がいくらマシだか()れませぬワ』
069セール『これは(また)070(わる)了見(れうけん)(まを)すもの、071(いのち)あつての物種(ものだね)だ。072そんな(わか)らぬ(こと)をいはずに、073(おれ)()(こと)()いたら()うだ。074(また)面白(おもしろ)(こと)(うれ)しい(こと)が、075タツプリと()られるかも()れないぞや』
076 (となり)()よりブラヷーダは(ほそ)(こゑ)で、
077(ねえ)さま、078デビス(ひめ)(さま)079()ちや()けませぬよ。080獅子(しし)餌食(ゑじき)になるよりも、081自由自在(じいうじざい)にここから天国(てんごく)()かうぢやありませぬか』
082デビス『あゝブラヷーダ(さま)083あなたも(その)(かんが)へですか、084そんなら両人(りやうにん)(とも)永久(えいきう)(この)岩窟(いはや)(しづ)まることに(いた)しませう。085(わたし)岩窟姫(いはやひめ)になりますから、086あなたはお(とし)(わか)いから木花咲耶姫(このはなさくやひめ)にお()(あそ)ばせ。087そして(わたし)世界(せかい)人民(じんみん)寿命(じゆみやう)(まも)り、088あなたは世界(せかい)平和(へいわ)(まも)(かみ)とおなり(あそ)ばせ。089それが本望(ほんまう)ですワ』
090ブラ『さう(いた)しませう。091(けつ)して()ちや()けませぬよ』
092セール『オオ、093きつい(こと)同盟(どうめい)したものだな。094コリヤコリヤ両人(りやうにん)095二人(ふたり)一緒(いつしよ)()してやるから、096両人(りやうにん)(なか)よく(いつ)ぺん面会(めんくわい)する()はないか』
097ブラ『(わたし)一度(いちど)(ねえ)さまの(かほ)がみたいから、098(いや)だけれ(ども)099(まへ)さまの(ねが)ひを(ゆる)して、100()てあげまほうかな』
101セール『エーエ、102仕方(しかた)のない姫御前(ひめごぜ)だなア』
103()(なが)らガタリガタリと両方(りやうはう)牢獄(らうごく)()()()けた。104二人(ふたり)飛立(とびた)(ばか)(よろこ)んで、105牢獄(らうごく)(たち)()で、106(たがひ)()きついて(うれ)(なみだ)にくれてゐる。
107ブラ『(ねえ)さま108()ひたう(ござ)いました』
109デビス『ブラヷーダさま、110(かほ)()たう(ござ)いましたよ』
111(からみ)ついてゐる。
112 セールは(これ)()て、113ワザと高笑(たかわら)ひ、
114『アツハヽヽヽ、115()()目出(めで)たい目出(めで)たい。116(あま)岩戸(いはと)(ひら)けたやうだ。117あな面白(おもしろ)し、118あなさやけ、119おけ。120アテーナの女神様(めがみさま)が、121セールの七五三縄(しりくめなは)によつて、122(ふたた)()にお()ましになつたのか、123暗澹(あんたん)たる天地(てんち)(ここ)六合(りくがふ)()(わた)り、124光明(くわうみやう)遍照(へんぜう)十方(じつぱう)世界(せかい)光景(くわうけい)となつて()た。125(いは)(この)セールは(あめ)手力男(たぢからを)(かみ)さま同様(どうやう)だ。126サアお二人(ふたり)姫神様(ひめがみさま)127(わたし)居間(ゐま)へお()(くだ)さりませ。128(これ)から(にぎは)しく、129男女(だんぢよ)三人(さんにん)御神楽(おかぐら)()げませう』
130 両人(りやうにん)()()見合(みあ)はせ(なが)ら……此奴(こいつ)(さけ)()ませ、131(あやつ)つてやらうと(おも)ひ、132セールの居間(ゐま)(すす)んでゆく。133セールは満面(まんめん)得意(とくい)(いろ)をあらはし、
134セール『あゝどうも(をとこ)一人(ひとり)(をんな)二人(ふたり)都合(つがふ)(わる)(もの)だ。135(なん)とか一人(ひとり)(ひめ)(さま)別室(べつしつ)(ひか)へて(もら)(わけ)には()くまいかな』
136ブラ『(ねえ)さま、137(いや)ですワネ、138(わたし)とあなたとは(かみ)さまから(むす)んで(くだ)さつたフラチーノですものね。139(これ)から二人(ふたり)同盟(どうめい)して、140セールさまを(ひと)包囲(はうゐ)攻撃(こうげき)せうぢやありませぬか、141砲弾(はうだん)用意(ようい)出来(でき)ましたかな』
142デビス『新式(しんしき)三千彦砲(みちひこはう)(ござ)いますなり、143極堅牢(ごくけんらう)肱鉄砲(ひぢでつぱう)不聞銃(きかんじう)所持(しよぢ)(いた)して()りますわ、144ホヽヽヽ』
145ブラ『(あたえ)だつて、146最新式(さいしんしき)伊太彦砲(いたひこはう)やエッパッパ(じゆう)に、147セール親分(おやぶん)(こひ)()うしても不聞銃(きかんじう)沢山(たくさん)用意(ようい)して()りますから大丈夫(だいぢやうぶ)ですよ。148モシ泥棒(どろばう)親分様(おやぶんさま)149あなたの(はう)にも戦備(せんび)(ととの)つて()りますかな』
150セール『調(ととの)つて()らいでかい。151すべて(この)()(なか)言向和(ことむけやは)すのが(かみ)(をしへ)だ。152刀剣(たうけん)(すき)(くは)()へ、153大砲(たいはう)言霊(ことたま)()へ、154爆弾(ばくだん)(おと)音楽(おんがく)()へて、155世界(せかい)万民(ばんみん)悦服(えつぷく)させるバラモン(けう)(もと)大尉(たいゐ)だから、156モウ泥棒(どろばう)名称(めいしよう)は、157女将軍(ぢよしやうぐん)殿(どの)返上(へんじやう)する。158おれは音楽(おんがく)(わう)たる三味線(しやみせん)はフエムーロに(はさ)んでゐる、159一寸(ちよつと)(だん)じてみると、160チンチンチンと(あぢ)はひ()くなるのだ。161随分(ずいぶん)()音色(ねいろ)がするぞ。162(なん)()つても(きん)(つら)()つた一番(いちばん)上等(じやうとう)の○○紫檀(したん)(さを)だからなア』
163デビス『ソリヤ(ちが)ひませう。164あなたのはツンツンと浄瑠璃(じやうるり)三味線(しやみせん)のやうな()がするでせう。165(なん)()つても、166特製(とくせい)太棹(ふとざを)ですからね。167ホヽヽヽ』
168セール『アハヽヽヽ169そんなら(ひと)太棹(ふとざを)()()いて(もら)はうかな』
170ブラ『(ねえ)さま、171太棹(ふとざを)細棹(ほそざを)()きたくありませぬね』
172セール『そんなら太鼓(たいこ)のブチにせうか。173それが(いや)なら尺八(しやくはち)()うだ』
174デビス『オホヽヽ。175すかぬたらしい。176あのマア デレた(かほ)ワイの、177モシモシ親分(おやぶん)さま、178(よだれ)(なが)れますよ。179アタみつともない。180(うし)(やう)ですワ』
181セール『エー、182(とき)に、183冗談(じようだん)はぬきにして、184(まへ)直接(ちよくせつ)談判(だんぱん)がある。185キツト()いてくれるだらうな』
186デビス『ソリヤあなたのお(ことば)ですもの、187()きますとも、188(その)(ため)(みみ)があるのですもの』
189セール『イヤ、190其奴(そいつ)有難(ありがた)い。191キツと()いてくれるな。192間違(まちが)ひはないなア』
193デビス『キツと()きます』
194ブラ『ソリヤ195あなたのお(ことば)は、196()かねばなりませぬもの』
197 セールは(かほ)(ひも)(ほど)(なが)ら、198さも(うれ)しげに、
199セール『ハツハヽヽヽ、200イヤ、201(これ)(なに)もかも万事(ばんじ)解決(かいけつ)だ。202矢張(やつぱ)(をんな)(をんな)だ。203ソレぢや(いま)露骨(ろこつ)にいふが、204デビス、205(まへ)今日(けふ)(ただ)(いま)より拙者(せつしや)宿(やど)(つま)206またブラヷーダは第二夫人(だいにふじん)として採用(さいよう)するから、207さう心得(こころえ)たが()からうぞ。208イヒヽヽヽ』
209デビス『アレまあ、210何事(なにごと)かと(おも)へば、211()かぬたらしい、212(たれ)があなた(がた)(つま)になつたりしませうか。213ねえ214ブラヷーダさま』
215ブラ『さうです(とも)216貞女(ていぢよ)両夫(りやうふ)(まみ)えずといひますから、217何程(なにほど)男前(をとこまへ)()くつても、218金持(かねもち)でも、219(わが)(をつと)より(ほか)()(まか)すことア、2191出来(でき)ませぬワ、220ましてこんな(おに)のやうなしやつ(つら)した盗賊(どろぼう)親分(おやぶん)()(まか)してたまりませうかねえ』
221 セールは、2211不機嫌(ふきげん)(かほ)して、
222セール『コリヤ(をんな)223(おれ)嘲弄(てうろう)(いた)すのか、224(いま)225(なん)でも()くと()つたぢやないか』
226デビス『お約束(やくそく)(どほ)()いたぢやありませぬか。227()いたればこそ、228応答(おうたふ)してるのですよ。229あなたのお言葉(ことば)採用(さいよう)する、230せぬは、231(わたし)たち両人(りやうにん)自由(じいう)ですもの、232天女(てんによ)(やう)美人(びじん)(たい)し、2321恋慕(れんぼ)するとは、233チツト(ぶん)()ぎとるぢやありませぬか。234あなたの御面相(ごめんさう)とチと御相談(ごさうだん)なさいませ。235あのマア(こは)(かほ)……。236一石(いつこく)(こめ)百両(ひやくりやう)するやうな面付(つらつき)だワ』
237セール『エー、238仕方(しかた)のない(やつ)だ。239最早(もはや)堪忍袋(かんにんぶくろ)()()れた。240(こひ)(かな)はぬ意趣(いしゆ)(がへ)し、241(ふたた)牢獄(らうごく)()()んで(なぶ)(ごろ)しにしてやらう………。242ヤアヤア乾児(こぶん)(ども)243(この)(をんな)両人(りやうにん)(ひつ)(とら)へ、244牢獄(らうごく)()()め』
245(いか)(くる)うて牢獄内(らうごくない)がわれる(ほど)呶鳴(どなり)()てた。246(こゑ)(した)より七八人(しちはちにん)乾児(こぶん)はバラバラと()(きた)り、247矢庭(やには)両人(りやうにん)()()(あし)()り、248エツサエツサとかき()んで、249(もと)牢獄(らうごく)へブチ()んで(しま)つた。250あとにセールは吐息(といき)をつき、
251「あゝ(こひ)(ばか)りは暴力(ばうりよく)でも、252金力(きんりよく)でも、2521脅迫(けうはく)でも、253絶対(ぜつたい)権威(けんゐ)でも()かぬものだなア。254(しか)(なが)ら、255一旦(いつたん)(をとこ)(いひ)()した(こと)256(この)(まま)にしては、257(なん)だか()れと(わが)(こころ)(はづ)かしい。258水責(みづぜめ)火責(ひぜめ)()はしても、259こちらの(こころ)(したが)はさねば、260親分(おやぶん)権威(けんゐ)にも関係(くわんけい)する。261大勢(おほぜい)子分(こぶん)使(つか)()()(なが)ら、262かよわい(をんな)二人(ふたり)(ぐらゐ)自由(じいう)にする(こと)出来(でき)ないでは、263最早(もはや)おれも駄目(だめ)だ。264ヨーシ、265(ひと)(これ)食責(しよくぜめ)()はすが一番(いちばん)だ。266獅子(しし)でも(とら)でも(おほかみ)でも食物(くひもの)(せめ)さへすれば、267人間(にんげん)()(こと)()く。268コリヤ食責(しよくぜ)めに(かぎ)る」
269独言(ひとりごと)()つて()る。270そこへ(あわ)ただしく(かへ)つて()たのは、271乾児(こぶん)のタールであつた。
272タール『モシモシ親方様(おやかたさま)273(いま)よい(とり)()つけて(まゐ)りました』
274セール『(なに)? よい(とり)()つけて()たとは、275一体(いつたい)276美人(びじん)か、277金持(かねもち)か、278どちらだ』
279タール『ハイ、280ヤク、281エールの両人(りやうにん)(はら)(あは)せ、282治道居士(ちだうこじ)一行(いつかう)(うま)引張(ひつぱり)()んで()ましたが、283()(いた)しませうかな』
284セール『治道居士(ちだうこじ)とは、285あの鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)ではないか。286あの(をとこ)ならば、287(さだ)めて(かね)()つてゐるだらうな。288中々(なかなか)智勇兼備(ちゆうけんび)勇将(ゆうしやう)だから油断(ゆだん)はならぬ。289(なに)()もあれ、290(うま)くだまし()んで、291牢獄(らうごく)(ぶち)()んでおけ』
292タール『ハイ、293承知(しようち)(いた)しました。294(しか)(なが)一行(いつかう)五人(ごにん)295(その)(なか)四人(よにん)盗賊(たうぞく)改心(かいしん)した(やつ)です。296治道居士(ちだうこじ)も、297岩窟(いはや)親分(おやぶん)セール大尉(たいゐ)(はじ)め、298(その)(ほか)一同(いちどう)(やつ)を、299(まこと)(みち)とか、300間男(まをとこ)(はふ)とかで、301改心(かいしん)さしてやると()つて、302(つよ)(こと)()つて()りますから、303どうぞあなた一寸(ちよつと)()(くだ)さいませな』
304セール『イヤ、305おれは(なに)(ほど)盗賊(どろぼう)親分(おやぶん)でも、306一旦(いつたん)主人(しゆじん)(あふ)いだ将軍(しやうぐん)を、307()づから()()(こと)出来(でき)ぬ。308乾児(こぶん)全部(ぜんぶ)(あつ)まつて、309五人(ごにん)(やつ)(みな)ブチ()んで(しま)へ。310そして311弗々(ぼつぼつ)持物(もちもの)(ひつ)たくり、312(うま)片付(かたづ)けて(しま)うのだ。313()いか、314キツとぬかるでないぞ』
315タール『ハイ承知(しようち)(いた)しました。316そんなら第一(だいいち)牢獄(らうごく)へ、317五人(ごにん)(とも)()()んで(しま)ひませうか』
318セール『ウーン、319第一(だいいち)()からう。320(みづ)一杯(いつぱい)(あた)へちやならぬぞ。321そしてヤク、322エールの両人(りやうにん)はどこに()るのだ』
323タール『ハイ、324治道居士(ちだうこじ)両側(りやうがは)について()ります』
325セール『あゝさうか、326ソリヤ()(こと)をした。327(はじ)めての功名(てがら)だ。328(ほめ)てやらねばなるまい。329(しか)(きさま)一緒(いつしよ)()つたエムは()うなつたか』
330タール『あのエムですか、331彼奴(あいつ)(にはか)(ぜん)(みち)堕落(だらく)しやがつて、332(ふもと)森林(しんりん)治道居士(ちだうこじ)道義(だうぎ)とか、333真理(しんり)とかを()()かされやがつて、334(なみだ)(なが)し、335()()り、336(くび)をすくめてどつかへエム(さん)霧消(むせう)して(しま)ひました。337本当(ほんたう)腑甲斐(ふがひ)のない(やつ)ですな。338まだ彼奴(あいつ)盗賊学(どろぼうがく)(たつ)してゐないものですから、339たうとうお(かげ)(おと)しました。340どうも(たす)けやうがないので見遁(みのが)してやりました』
341セール『ヤア、342其奴(そいつ)大変(たいへん)だ。343エムの(やつ)344(この)団体(だんたい)(にげ)()し、345そこら(ぢう)(まは)つて(しやべ)らうものなら、346何時(いつ)捕手(とりて)()()るか()れたものぢやない。347なぜエムをつれて(かへ)らなかつたか、348馬鹿(ばか)(こと)をしたものだのう』
349タール『それでもあなた、350此方(こつち)三人(さんにん)351向方(むかう)には豪傑(がうけつ)五人(ごにん)352エムなんかに相手(あひて)になつて()れば、353肝腎(かんじん)(たま)(だい)なしにして(しま)ふと(おも)つて、354()はなかつたので(ござ)います』
355セール『仕方(しかた)がない。356既往(きわう)(とが)めぬから、357今後(こんご)心得(こころえ)たがよからう。358サア(はや)五人(ごにん)(やつ)()()んで(しま)へ』
359 タールは逸早(いちはや)(この)()()つて、360治道居士(ちだうこじ)以下(いか)四人(よにん)を、361第一(だいいち)牢獄(らうごく)(うま)()()んで(しま)つた。362治道居士(ちだうこじ)(なに)(こころ)()するものの(ごと)く、363さも愉快気(ゆくわいげ)四人(よにん)をつれて牢獄(らうごく)へ、364(なん)抵抗(ていかう)もせずもぐり()んだ。365ヤク、366エールの両人(りやうにん)最早(もはや)今日(こんにち)では泥棒心(どろばうごころ)(あらた)め、367治道居士(ちだうこじ)味方(みかた)となつてゐた。368されどセールを(はじ)めタール(その)()盗人連(ぬすびとれん)には、369一人(ひとり)(これ)()るものがなかつた。370(それ)(ゆゑ)ヤク、371エールは五人(ごにん)牢番(らうばん)(めい)ぜらるる(こと)となつたのは、372治道居士(ちだうこじ)にとつて非常(ひじやう)便宜(べんぎ)であつた。
373大正一二・七・一五 旧六・二 於祥雲閣 松村真澄録)