霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 饅頭塚(まんぢゆうづか)〔一六七一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第3篇 虎熊惨状 よみ:とらくまさんじょう
章:第15章 第65巻 よみ:まんじゅうづか 通し章番号:1671
口述日:1923(大正12)年07月16日(旧06月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6515
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 672頁 修補版: 校定版:181頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001ブラヷーダ(ひめ)(わが)()(きみ)(したが)ひて
002(ちち)(はは)とに(いき)(わか)
003スーラヤ湖水(こすい)()(わた)
004エルの(みなと)安着(あんちやく)
005初稚姫(はつわかひめ)神人(しんじん)
006(いまし)められて(ただ)一人(ひとり)
007(こひ)しき(をつと)(いき)(わか)
008(あゆ)みもなれぬ(たび)(そら)
009草鞋(わらぢ)(あし)()はれつつ
010()()についで(やま)()
011幾多(いくた)(たに)をうち(わた)
012ハルセイ(うみ)(ほとり)まで
013()かかる(をり)しも盗人(ぬすびと)
014(むれ)になんなく(とら)へられ
015()もおそろしき虎熊(とらくま)
016(まが)岩窟(いはや)()()かれ
017(ひる)()(くら)岩窟(がんくつ)
018牢獄(ひとや)(うち)(とら)はれて
019(わが)()不運(ふうん)をかこつ(をり)
020(となり)牢獄(ひとや)にデビス(ひめ)
021(とら)はれ()ますと(さと)りしゆ
022()(どく)なりと(おも)へども
023(なん)とはなしに()(いさ)
024地獄(ぢごく)(ほとけ)にあひしごと
025(こころ)(にはか)(かがや)きぬ
026かかる(ところ)治道居士(ちだうこじ)
027夢寐(むび)にも(わす)れぬ伊太彦(いたひこ)
028(わが)()(きみ)(あら)はれて
029(しこ)身魂(みたま)をことごとく
030生言霊(いくことたま)にまつろはし
031(わらは)二人(ふたり)(いのち)をば
032(すく)ひたまひて一言(ひとこと)
033(なさけ)言葉(ことば)もかけずして
034(ふたた)(かみ)大道(おほみち)
035(すす)ませたまひし雄々(をを)しさよ
036(また)もや(わらは)(ただ)一人(ひとり)
037(かみ)(をしへ)白雲(しらくも)
038(くに)のあなたに(つた)へむと
039炎熱(えんねつ)はげしき大野原(おほのはら)
040(あぶ)には()され土蜂(つちばち)
041(おびや)かされて(やうや)うに
042セルの山辺(やまべ)()()れば
043(にはか)四辺(あたり)暗澹(あんたん)
044不快(ふくわい)空気(くうき)(つつ)まれぬ
045唯事(ただごと)ならじと(かみ)御名(みな)
046ただ一心(いつしん)(とな)へつつ
047千花(ちばな)(かほ)山路(やまみち)
048(すす)(きた)れる折柄(をりから)
049大地(だいち)(にはか)震動(しんどう)
050(うしろ)(きこ)ゆる爆音(ばくおん)
051獅子(しし)(おほかみ)虎熊(とらくま)
052(ただ)しは大蛇(をろち)襲来(しふらい)
053百千万(ひやくせんまん)(いかづち)
054一度(いちど)()ちし(ごと)くなる
055(その)音響(おんきやう)()りかへり
056(そら)(あふ)いで(なが)むれば
057豈計(あにはか)らむや昨日(きのふ)まで
058(しこ)曲津(まがつ)(とら)はれて
059(くる)しみ()たる思出(おもひで)
060印象(いんしやう)(ふか)(くも)(やま)
061虎熊岳(とらくまだけ)爆発(ばくはつ)
062(さと)りし(とき)(おそ)ろしさ
063()()はよだち(あし)はなへ
064(すす)()ねたる女気(をんなぎ)
065(なん)詮方(せんかた)()(なみだ)
066(とど)めかねたる(ばか)りなり
067(やうや)(こころ)(やす)らぎて
068(むね)動悸(どうき)鎮静(ちんせい)
069(あし)(やうや)くすこやかに
070なりし(わが)()(うれ)しさよ
071(この)()(かみ)()まさずば
072(この)(おそ)ろしき爆音(ばくおん)
073(わらは)(きよ)(たま)()
074(いのち)()えて()せましを
075(たふと)(かみ)御恵(おんめぐみ)
076(あふ)ぐも(かしこ)次第(しだい)なり
077あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
078御霊(みたま)(さち)(はへ)ましませよ
079朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
080(つき)()つとも()くるとも
081仮令(たとへ)(をつと)(はな)るとも
082(まこと)(かみ)御教(みをしへ)
083幾千代(いくちよ)(まで)(はな)れまじ
084さはさりながら皇神(すめかみ)
085(わが)()(きみ)行末(ゆくすゑ)
086やすく(まも)らせたまひつつ
087ハルナの(みやこ)(そら)(たか)
088(つき)(かんばせ)(はな)(いろ)
089夫婦(めをと)再会(さいくわい)(つつが)なく
090(ゆる)させたまへ大御神(おほみかみ)
091一重(ひとへ)(ねが)(たてまつ)
092あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
093(かみ)(をし)へぞ(たふと)けれ
094(かみ)(めぐみ)有難(ありがた)き』
095 ()かる(ところ)(あし)をチガチガさせた一匹(いつぴき)野狐(のぎつね)(あら)はれ(きた)り、096ブラヷーダの(すそ)()はへて無理(むり)無体(むたい)草野(くさの)(なか)引張(ひつぱ)らうとする。097ブラヷーダは(おどろ)いて()げむとすれど、098野狐(のぎつね)執念(しふねん)(ぶか)(すそ)(くは)如何(いか)藻掻(もが)いても(はな)さないので、099ブラヷーダは()むを()ず、100野狐(のぎつね)()かるるまま、101()(たけ)(ぼつ)する草野(くさの)(なか)()いて()く。102野狐(のぎつね)原野(げんや)(なか)饅頭形(まんぢゆうがた)になつて()(をか)(かたはら)の、103()なり(おほ)きな(あな)引張(ひつぱ)()んで(しま)つた。104(しばら)くすると山岳(さんがく)(くづ)るる(ばか)りの大音響(だいおんきやう)(きこ)えた。105これは、106虎熊山(とらくまやま)爆発(ばくはつ)によつて、107(やま)(かみ)として(ふる)くより()(ひそ)めて、108世界(せかい)邪気(じやき)(おく)りつつあつた八大竜王(はちだいりうわう)(ひとつ)109マナスインナーガラシヤーであつた。110(この)竜王(りうわう)()(なが)五百万(ごひやくまん)(ぢやう)(あま)り、111(その)(ふと)さもそれに適当(てきたう)し、112三百万(さんびやくまん)(ぢやう)(おそ)ろしき竜神(りうじん)である。113身体(しんたい)長大(ちやうだい)にして、114九天(きうてん)(うへ)(のぼ)り、115(あるひ)須弥仙(しゆみせん)(まは)ること七廻(ななまは)りと(しよう)せられ、116よく大海(だいかい)(みづ)()めて、117海中(かいちう)(やま)湧出(ゆうしゆつ)させ、118(あるひ)(しま)沈没(ちんぼつ)させると()(おそ)ろしき悪竜(あくりう)である。119(いま)竜神(りうじん)は、120ブラヷーダが(かく)れて()野狐(のぎつね)(あな)(うへ)を、121身体(しんたい)一部(いちぶ)(とほ)つて()るのである。122(にはか)(あな)(なか)がパツと(くら)くなつたと(おも)へば、123(なん)とも()へぬ腥臭(なまくさ)(いき)(はな)(おそ)ふて()た。124野狐(のぎつね)(あな)(くち)にうづくまつて(ひめ)安全(あんぜん)(まも)つて()た。125(にはか)(ふたた)(あな)(なか)(あか)くなつたと(おも)へば、126野狐(のぎつね)(たちま)(また)ブラヷーダの(すそ)(くは)へて(そと)()()さうとした。127ブラヷーダは()かるるままに(そと)()()れば、128四辺(あたり)草木(さうもく)(みな)(たふ)()(とど)かぬ(ばか)りの(ひろ)(くさ)(みぞ)穿(うが)たれたやうになつて()る。129ブラヷーダは野狐(のぎつね)(むか)感謝(かんしや)()(へう)して、
130ブラヷ『(わが)(いのち)(たす)けたまひし()(みこと)
131(その)御恵(みめぐみ)をいつか(わす)れむ。
132(なんぢ)なくば(われ)はあへなく身失(みう)せなむ
133(いのち)(おや)野狐(のぎつね)生神(いきがみ)
134(うた)ふや、135野狐(のぎつね)()()り、136(くび)()り、137(よろこ)びの(いろ)(あら)はし、138(ふたた)(もと)山道(やまみち)へと(おく)つて()た。
139ブラヷーダ(ひめ)『いざさらば(こひ)しき(きみ)(わか)れなむ
140やすくましませ千代(ちよ)八千代(やちよ)に』
141 野狐(のぎつね)(ふたた)草原(くさはら)姿(すがた)(かく)した。142ブラヷーダは(あと)()りかへり、143(てん)(ちう)する虎熊山(とらくまやま)噴煙(ふんえん)(なが)めて、
144ブラヷ『(あふ)()れば虎熊山(とらくまやま)(そら)(たか)
145おほひけるかな(しこ)黒雲(くろくも)
146天津(あまつ)()もかくれて()えぬ()(なか)
147(しこ)のまがみの(ひと)(すさ)べる。
148()(ひと)生血(いきち)(しぼ)(まが)こそは
149虎熊山(とらくまやま)()みしなるらむ。
150皇神(すめかみ)(いか)りに()れて高山(たかやま)
151爆発(ばくはつ)しけむさても(おそ)ろし。
152人々(ひとびと)(うらみ)(あつ)めて噴火口(ふんくわこう)
153()()(けぶり)(そら)(おほ)へる。
154西(にし)(ひがし)(みなみ)(きた)黒雲(くろくも)
155(つつ)まれてけり今日(けふ)大空(おほぞら)
156いづみたま(みづ)御霊(みたま)のなかりせば
157(この)黒雲(くろくも)如何(いか)(はら)はむ。
158荒鉄(あらがね)(つち)洪水(こうずい)氾濫(はんらん)
159(そら)黒雲(くろくも)()ちふさぎける。
160黒雲(くろくも)伊吹(いぶき)(はら)ひて(くれなゐ)
161(ひかり)をみする(いづ)大神(おほかみ)
162濁流(だくりう)をながし(きよ)めて神国(かみくに)
163(むかし)にかへす(みづ)大神(おほかみ)
164()(みづ)(めぐみ)によりて(つち)()
165いと(やす)らけく(ひら)けゆくらむ。
166()はかくれ(つき)山辺(やまべ)(をのの)きて
167(ほし)さへ()えぬ御世(みよ)ぞうたてき。
168大空(おほぞら)(たに)(そこ)ひもおしなべて
169雲霧(くもきり)ふさぐ(いま)()(なか)
170厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)のなかりせば
171(くだ)けたる()如何(いか)(かた)めむ。
172ブラヷーダ(われ)はかよわき()なれども
173(みづ)御霊(みたま)(したが)ひゆかむ。
174高山(たかやま)()ふる諸木(もろき)荒風(あらかぜ)
175()まれて(はしら)になるものはなし。
176足曳(あしびき)深山(みやま)(おく)谷底(たにぞこ)
177()ふる大木(おほき)()(はしら)なる。
178皇神(すめかみ)(つく)りたまひし()(なか)
179(かみ)より(ほか)(たよ)るべきなし。
180よしやよし(ひと)(たか)きに(のぼ)るとも
181いつかはおちむ(さる)木登(きのぼ)り。
182千丈(せんぢやう)(たき)よりおつる水音(みなおと)
183ただ轟々(ぐわうぐわう)(そこ)にとどろく。
184()(とり)虎熊山(とらくまやま)(ふる)ひてゆ
185征矢(そや)(ごと)くに()におちにけり』
186 かく(うた)ひてブラヷーダ(ひめ)187(また)もや小声(こごゑ)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、188(つゑ)(ちから)に、189トボトボと雑草(ざつさう)(しげ)小径(こみち)をわけて、190西(にし)西(にし)へと(すす)()く。
191
192(かすみ)(おく)(くも)のあなたに皇神(すめかみ)
193黄金(こがね)(みや)()ゆる(うれ)しさ。
194大正一二・七・一六 旧六・三 於祥雲閣 加藤明子録)