霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 泥足坊(でいだるばう)〔一六七二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第3篇 虎熊惨状 よみ:とらくまさんじょう
章:第16章 泥足坊 よみ:でいだるぼう 通し章番号:1672
口述日:1923(大正12)年07月17日(旧06月4日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 675頁 修補版: 校定版:191頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001(かみ)(をしへ)三千彦(みちひこ)
002スダルマ湖水(こすい)西岸(せいがん)
003無事(ぶじ)安着(あんちやく)(をり)もあれ
004初稚姫(はつわかひめ)のあれまして
005三五教(あななひけう)宣伝(せんでん)
006同行(どうかう)ならぬと手厳(てきび)しく
007いましめられて是非(ぜひ)もなく
008(ともな)(きた)りしデビス(ひめ)
009(なみだ)とともに(たもと)をば
010(わか)ちて一人(ひとり)スタスタと
011(ひめ)()(うへ)(あん)じつつ
012ハルセイ(ざん)(たうげ)をば
013(なかば)(のぼ)りし折柄(をりから)
014(みち)のかたへに(かな)しげに
015(たふ)れて()ける(をんな)あり
016何人(なにびと)ならむと(たち)()つて
017つらつら()れば()如何(いか)
018(とし)二八(にはち)花盛(はなざか)
019伊太彦(いたひこ)(つかさ)最愛(さいあい)
020ブラヷーダ(ひめ)(さと)りしゆ
021(いた)はり(たす)介抱(かいはう)
022(あつ)(なさけ)にほだされて
023(むね)(ほのほ)炎々(えんえん)
024(たち)(のぼ)りたる(くる)しさに
025(こころ)(おな)(こひ)(やみ)
026月下(げつか)(いだ)()きゐたる
027(とき)しもあれやデビス(ひめ)
028ここに突然(とつぜん)(あら)はれて
029(こころ)(まよ)ひを()()かす
030二人(ふたり)(こひ)(ゆめ)さめて
031(けが)れし(こころ)悔悟(くわいご)なし
032()ぶればデビスに(あら)ずして
033木花姫(このはなひめ)御化身(おんけしん)
034(たふと)(かみ)御試(おため)しに
035()ひし二人(ふたり)(むね)(うち)
036可憐(かれん)乙女(をとめ)(ふり)()てて
037人跡(じんせき)(まれ)山径(やまみち)
038(ただ)スタスタと(のぼ)()
039ハルセイ(ざん)(みね)()
040(あらし)(すそ)をば(あふ)られて
041(あし)もトボトボ頂上(ちやうじやう)
042(のぼ)りて()れば三人(さんにん)
043見知(みし)らぬ(をとこ)朧夜(おぼろよ)
044木蔭(こかげ)にひそみ何事(なにごと)
045(こゑ)高々(たかだか)(はな)()
046三千彦(みちひこ)(こころ)(おも)ふやう
047これぞ(まつた)山賊(さんぞく)
048往来(ゆきき)(ひと)()(かま)
049(たから)(うば)ふその(ため)
050よからぬ(こと)相談(さうだん)
051なし()るならむと(かたはら)
052木蔭(こかげ)(こし)(うち)(おろ)
053様子(やうす)如何(いか)にと()()たる。
054(かふ)『オイ、055随分(ずいぶん)(おそ)ろしかつたぢやないか。056(いま)(とほ)つた(やつ)は、0561一体(いつたい)ありや(なん)だらうな。057(なに)(ほど)勇気(ゆうき)()して()びとめようと(おも)つても、058あまり先方(むかう)(おほ)きな(をとこ)だものだから、059怖気(おぢけ)がついて、060自然(しぜん)身体(からだ)(ふる)ひ、061どうする(こと)出来(でき)なかつたのだ。062あんな(やつ)出会(であ)ふと(どろ)さまもサツパリ駄目(だめ)だのう』
063(おつ)『うん、064彼奴(あいつ)(なん)でもデーダラボッチに(ちが)ひないぞ。065(おほ)きな法螺貝(ほらがひ)(やう)(こゑ)()しやがつて、066四辺(あたり)(やま)(たに)(ひび)かして(とほ)りやがつた(とき)(こは)さと()つたら、067(からだ)(ちぢ)まる(やう)だつた。068睾丸(きんたま)は、0681何処(どこ)かへ転宅(てんたく)する。069心臓院(しんざうゐん)庵主(あんしゆ)さまは荷物(にもつ)引担(ひつかた)げて遁走(とんそう)する。070肺臓院(はいざうゐん)半鐘(はんしよう)(きふ)(うつた)へる。071五臓郡(ござうぐん)六腑村(ろくふむら)百姓(ひやくしやう)(くは)(かた)げて()()す。072本当(ほんたう)小宇宙(せううちう)君子国(くんしこく)は、073地異(ちい)天変(てんぺん)乱痴気(らんちき)(さわ)ぎだつたよ。074その結果(けつくわ)075(おれ)(かほ)まで真青(まつさを)になつて(しま)つたよ』
076(へい)『ハヽヽヽヽ、077(よわ)(やつ)だな。078あんな(ちひ)さいデーダラボッチがあるかい。079デーダラボッチと()へば大道坊(おほだうばう)とも泥足坊(でいだるばう)とも別称(べつしよう)して、080スメール(ざん)(あし)()(たふ)し、081印度(いんど)(うみ)()めようとするやうな大道者(おほだうもの)だ。082(おれ)(たち)大道路妨(おほだうろばう)とはチツとは(せん)(こと)にしてゐるが、083(しか)(なが)(いま)(とほ)つた(やつ)屹度(きつと)比丘(びく)(ちが)ひないぞ。084貴様(きさま)()はあんまり、085びつくりして()黒玉(くろたま)転宅(てんたく)して、086白目(しろめ)(ばか)りになり、087視神経(ししんけい)作用(さよう)で、088さう(おほ)きく()えたのだらう。089(おほ)きいと()つても八尺(はつしやく)(くらゐ)のものだ。090キツト()れは軍人(ぐんじん)(あが)りの比丘(びく)(ちが)ひないわ。091疑心暗鬼(ぎしんあんき)(しやう)ずと()つて、092(こは)(こは)いと(おも)つてるから、093そんな幻映(げんえい)(しやう)じたのだ。094チツとしつかりせぬと(この)商売(しやうばい)駄目(だめ)だぞ』
095(おつ)成程(なるほど)比丘(びく)かも()れぬ。096体中(からだぢう)比丘々々(びくびく)しよつた。097ハルセイ(たうげ)二度(にど)ビツクリと()つて、098如何(いか)聖人君子(せいじんくんし)泥棒(どろばう)さまでも、099(この)(たうげ)()けは一度(いちど)二度(にど)はビツクリする(こと)はあると、100(むかし)から定評(ていひやう)があるのだ。101三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)が「(どう)()ゑ、102腹帯(はらおび)をしめて()らぬと、103ビツクリ(ばこ)()くぞよ、104(いま)にビツクリして()まひが()るぞよ。105フン()びる人民(じんみん)沢山(たつぴつ)出来(でき)るぞよ」と(うた)ひもつて(とほ)りよつた。106チとビツクリに()れて()かぬと、107吾々(われわれ)商売(しやうばい)真逆(まさか)(とき)に、108十二分(じふにぶん)活動(くわつどう)出来(でき)ぬからのう。109(なん)()つても貴様(きさま)(たち)二人(ふたり)新米(しんまい)だから仕方(しかた)がないわ』
110(かふ)『オイ、111(なに)()もあれ、112今晩(こんばん)はテンと仕事(しごと)がないぢやないか。113折角(せつかく)(かう)ばしさうな(やつ)()たと(おも)へば、114(われ)伊太彦(いたひこ)宣伝使(せんでんし)なんて、115肝玉(きもたま)()()(やう)(こゑ)(とほ)つて(しま)ひやがる。116今度(こんど)四五人(しごにん)足音(あしおと)がしたので一働(ひとはたら)きやらうと(おも)ひ、117捻鉢巻(ねぢはちまき)木蔭(こかげ)(ひそ)んで()れば、118デーダラボッチのやうな比丘(びく)(とほ)りやがる。119本当(ほんたう)怪体(けたい)(わる)いぢやないか。120(おれ)(たち)のやうな新米(しんまい)到底(たうてい)あんな(やつ)にかかつたら駄目(だめ)だ。121(とし)(わか)い、122(あし)(よわ)い、123(をんな)でも(とほ)りよると、124都合(つがふ)()いのだけどなア』
125(おつ)『さうだ。126(おれ)(たち)人間(にんげん)相手(あひて)商売(しやうばい)だ。127人間(にんげん)(をとこ)(ばか)りぢやない。128(ぢぢ)(ばば)もある。129(とき)には(わか)(をんな)もあるだらう。130小口(こぐち)から無理(むり)()()すと失敗(しくじ)るから、131マアよい(とり)()(まで)132ここで()つのだな』
133(かふ)()()につらき(おき)(ふね)
134 ほんに()()がないわいな
135  チヽツヽシヤン シヤン シヤン
136アツハヽヽヽヽ』
137(へい)馬鹿(ばか)138(なに)(とぼ)けてゐるのだ。139千騎一騎(せんきいつき)ぢやないか』
140(かふ)(なに)141(うた)でも(うた)つて肝玉(きもだま)()つて(おほ)きくしてるのだ。142英雄(えいゆう)閑日月(かんじつげつ)あり、143綽々(しやくしやく)として余裕(よゆう)(そん)する(こと)大空(おほぞら)(ごと)しだ』
144(おつ)『ヘン、145よう仰有(おつしや)りますわい。146鮟鱇(あんこう)(やう)(くち)から阿呆(あはう)らしい、147そんな(うた)がよく(うた)へたものだ。148貴様(きさま)(くち)つたら(まる)河獺(とます)(やう)だぞ。149貴様(きさま)(めし)(くら)(とき)は、150(きつね)のやうに(くち)(とが)らし、151(はな)(まが)り、152(かほ)一面(いちめん)(まる)(うま)のやうに躍動(やくどう)するんだからな。153そして(あたま)(ばか)無茶苦茶(むちやくちや)(うご)かしやがつて、154額口(ひたひぐち)から(うへ)(たて)振動(ふりうご)くと()怪体(けたい)御面相(ごめんさう)だから、155泥棒(どろばう)(おど)文句(もんく)もサツパリ駄目(だめ)だ。156(おどろ)(どころ)(むか)ふの(はう)から(わら)つてかかるのだもの、157(めし)()(とき)ばかりか、158一言(ひとくち)(しやべ)つても顔中(かほぢう)縦横(たてよこ)十文字(じふもんじ)躍動(やくどう)すると()ふ、159(ちん)代物(しろもの)だからサツパリ駄目(だめ)だい。160一層(いつそう)(こと)161貴様(きさま)泥棒(どろばう)()して、162ハルナの(みやこ)裏町辺(うらまちへん)小屋者(こやもの)となり、163顔芸(かほげい)でもしたら、164人気(にんき)()ぶかも()れないぞ。165ハヽヽヽヽ』
166(かふ)『コリヤ、167こんな(やま)(うへ)(ひと)(かほ)棚卸(たなおろ)しばかりしやがつて、168あまり馬鹿(ばか)にするな。169(これ)でも泥棒(どろばう)さまとして、170相手(あひて)によつては(にら)みが()くのだ。171マア(おれ)過去(くわこ)(とが)めず、172将来(しやうらい)活動(くわつどう)()てをれ。173「あんな(もの)がこんな(もの)であつたか」と(まを)して、174貴様(きさま)(たち)がビツクリするやうな大事業(だいじげふ)をして()せるわ』
175(おつ)『ヘン、176御手並(おてなみ)拝見(はいけん)した(うへ)で、177その業託(ごふたく)()かして(もら)はうかい』
178 三千彦(みちひこ)三人(さんにん)(はなし)を、179木蔭(こかげ)(ひそ)んで面白(おもしろ)がつて()いてゐた。
180三千彦(みちひこ)独言(ひとりごと))『(しか)(なが)らブラヷーダ(ひめ)(あと)からここを(のぼ)つて()るに(ちが)ひない。181屹度(きつと)此奴(こいつ)()三人(さんにん)(ため)裸体(はだか)にしられ、182凌辱(りようじよく)()けるかも()れないから、183ブラヷーダさまが無事(ぶじ)184ここを通過(つうくわ)する(まで)185(この)木蔭(こかげ)(ひそ)んで()つて()らう。186もし(こと)(きふ)なりと()れば、187デーダラボッチだと()つて(おど)かして()らしてやれば()いのだ。188うん、189さうださうだ』
190一人(ひとり)(うなづ)(なが)(いき)をこらして(ひか)へてゐる。
191 (をり)から(ほそ)いやさしい(をんな)宣伝歌(せんでんか)(きこ)えて()た。192泥棒連(どろぼうれん)(みみ)()まして無言(むごん)(まま)193様子(やうす)(うかが)つてゐる。
194大正一二・七・一七 旧六・四 於祥雲閣 北村隆光録)