霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 山颪(やまおろし)〔一六七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第3篇 虎熊惨状 よみ:とらくまさんじょう
章:第17章 第65巻 よみ:やまおろし 通し章番号:1673
口述日:1923(大正12)年07月17日(旧06月4日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6517
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 678頁 修補版: 校定版:199頁 普及版:87頁 初版: ページ備考:
001ブラヷーダ(ひめ)(かみ)(おもて)(あら)はれて
002(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
003(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
004(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
005(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
006直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
007詔直(のりなほ)()(かみ)(みち)
008スダルマ(うみ)(うち)(わた)
009山野(やまの)()えて(やうや)くに
010ハルセイ(ざん)(たうげ)をば
011(なか)(のぼ)れる(をり)もあれ
012()(つか)れたる足弱(あしよわ)
013(たちま)大地(だいち)(うち)(たふ)
014進退(しんたい)ここに(きは)まりて
015(いき)たえだえになりし(とき)
016仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
017(みち)(つかさ)三千彦(みちひこ)
018(あら)はれまして危難(きなん)をば
019(すく)はせ(たま)ひし(うれ)しさよ
020その真心(まごころ)にほだされて
021(たちま)(まなこ)(あひ)(くら)
022()ゆる情火(じやうくわ)()(がた)
023(すで)(あやふ)貞操(ていさう)
024(やぶ)れむとするその(とき)
025天教山(てんけうざん)にあれませる
026木花姫(このはなひめ)御化身(おんけしん)
027デビスの(ひめ)(あら)はれて
028(ふか)(をしへ)()(たま)
029ここに二人(ふたり)(ゆめ)()めて
030()しき(たもと)(わか)ちつつ
031(をとこ)(あし)のいと(はや)
032三千彦(みちひこ)(つかさ)()でましぬ
033(わらは)(あと)(ただ)一人(ひとり)
034()みも(なら)はぬ(たび)(そら)
035(けは)しき(さか)をやうやうに
036(よぢ)(のぼ)()(くる)しさよ
037三五教(あななひけう)大御神(おほみかみ)
038繊弱(かよわ)(わらは)(あは)れみて
039一日(ひとひ)(はや)(わが)(つま)
040御顔(みかほ)(をが)ませ(たま)へかし
041御空(みそら)(たか)(かぎ)りなし
042大地(だいち)(ひろ)(きは)みなし
043これの天地(てんち)人草(ひとぐさ)
044(かず)(かぎ)りなく()むとても
045(わらは)身魂(みたま)()かしまし
046(なぐさ)(たま)生神(いきがみ)
047たつた一人(ひとり)伊太彦(いたひこ)
048あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
049(まも)らせ(たま)今日(けふ)(たび)
050ハルセイ(ざん)阪道(さかみち)
051(ひる)(よる)との区別(わかち)なく
052(しこ)盗人(ぬすびと)出没(しゆつぼつ)
053旅人(りよにん)(かす)めなやますと
054()いたる(とき)(おどろ)きは
055(ちひ)さき(をんな)(はらわた)
056驚異(きやうい)(なみ)()たせけり
057さは()(なが)吾々(われわれ)
058天地(てんち)(つく)(たま)ひたる
059絶対(ぜつたい)無限(むげん)神様(かみさま)
060大道(おほぢ)(すす)()くものぞ
061誠心(まことごころ)(たて)()いて
062(ただ)しき(みち)(すす)むなら
063如何(いか)なる(あだ)枉神(まがかみ)
064いかで一指(いつし)()()むや
065あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
066御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()(まつ)る』
067 ブラヷーダは(たうげ)(いただ)きに(やうや)(のぼ)りつめ、068朧月夜(おぼろづきよ)ながら眼下(がんか)並立(へいりつ)する連峯(れんぽう)(いただき)彼方(かなた)此方(こなた)に、069(うす)(きり)(うへ)から()いて(あら)はれてゐる光景(くわうけい)(なが)め、
070ブラヷーダ(ひめ)『ハルセイの(たうげ)()ちて(なが)むれば
071四方(よも)山々(やまやま)真下(ました)()えける。
072(きり)(うみ)(うか)べる(やま)(いただ)きは
073(かみ)(つく)りし(いへ)かとぞ(おも)ふ。
074三千彦(みちひこ)(かみ)(つかさ)(たす)けられ
075(やうや)頂上(そら)()きにけるかな。
076大空(おほそら)(つき)はませども村肝(むらきも)
077(こころ)にかかる(くも)にかくれつ。
078伊太彦(いたひこ)(わが)()(きみ)如何(いか)にして
079これの山路(やまぢ)()えましにけむ。
080治道居士(ちだうこじ)()()(たま)法螺(ほら)()
081(きこ)えずなりぬ(とほ)()きけむ。
082(さび)しさは(わが)()(せま)(きた)るなり
083人影(ひとかげ)もなき(やま)()()は。
084天地(あめつち)(かみ)(めぐみ)(つつ)まれし
085(わが)()なれども(こころ)(さび)しき。
086いざさらば(しば)芝生(しばふ)にやすらひて
087(こま)()(なほ)(くだ)(すす)まむ』
088(つか)れた(あし)(やす)むべく芝生(しばふ)(うへ)(こし)(うち)()け、089(あま)数歌(かずうた)(うた)合掌(がつしやう)して()る。
090 四辺(あたり)木蔭(こかげ)からバラバラバラと(あら)はれし三四(さんし)泥棒(どろばう)091ブラヷーダの(まへ)(たち)(ふさ)がり、092(かふ)顔中(かほぢう)縦横(たてよこ)十文字(じふもんじ)()(うご)かせ(なが)ら、
093(かふ)卑怯(ひけふ)(こゑ))『コヽヽヽコレ、094(をんな)のタヽヽ旅人(たびびと)095ドヽヽヽどこへ()くのだ』
096ブラヷ『ハイ(わらは)神様(かみさま)御用(ごよう)でエルサレムへ参拝(さんぱい)(いた)し、097(つき)(くに)(みやこ)(すす)(をんな)(ござ)います』
098(かふ)『ナヽヽヽ(なん)だ。099(つき)(くに)()く? ヘン、100小女(こめ)ツちよの(ざま)をして、101(ただ)一人(ひとり)102そんな(ところ)無事(ぶじ)()けると(おも)ふか。103コレヤ、104おれをドヽヽどなたと心得(こころえ)てる。105天下(てんか)()れてのデーダラボッチ……ウント ドツコイ、106大道路妨(おほだうろばう)(さま)だぞ』
107 (をり)から中秋(ちうしう)(つき)(くも)()()下界(げかい)()らし(たま)ふと(とも)に、108珍妙(ちんめう)(かふ)(かほ)はパツと(ひめ)(まへ)展開(てんかい)した。
109 ブラヷーダは可笑(をか)しさに(こら)へきれず、110『プツフヽヽヽ』と()()した。
111(かふ)『オイ、112小女(こめ)ツちよ、113(なに)可笑(をか)しいのだい』
114 ブラヷーダは到頭(たうとう)悪胴(わるどう)()ゑて(しま)つた。
115ブラヷ『ホヽヽヽヽ、116あのまア、117(うま)とも(さる)とも化物(ばけもの)とも(わか)らぬやうな(かほ)わいのう。118ハルナの(みやこ)へでも捕獲(ほくわく)して()つて()つて、119動物園(どうぶつゑん)にでも()つたら金儲(かねまう)けが出来(でき)るだらう。120あゝ()いものが見付(みつ)かつた。121コラ妖怪(えうくわい)122(わらは)(いま)生捕(いけど)つてやるから神妙(しんめう)()をまはしたが()からうぞや』
123(かふ)『オイ、124キヨキヨキヨ兄弟(きやうだい)125此奴(こいつ)仲々(なかなか)度胸(どきよう)(ふと)(をんな)だぞ。126バヽヽヽ化物(ばけもの)ではあるまいかな』
127(おつ)『コーリヤ、128ヤイ、129(をんな)分際(ぶんざい)として、130七尺(しちしやく)男子(だんし)(むか)つて暴言(ばうげん)()くとは何事(なにごと)だ。131(この)(はう)泥棒様(どろばうさま)親分(おやぶん)だ。132綺麗(きれい)サツパリと持物(もちもの)一切(いつさい)(なげ)()真裸(まつぱだか)となれ。133()()(まを)して(ろく)でもない(こと)(なら)べるに(おい)ては(この)(はう)鉄腕(てつわん)によつて八々(ばちばち)()(たふ)し、134九々(くく)(くび)(ひき)()いて、135生命(いのち)十々(とと)()つて(しま)ふぞ。136さア最早(もはや)百年目(ひやくねんめ)だ。137千万言(せんまんげん)(つひや)して、138弁解(べんかい)しても()(みみ)もたぬ(この)(はう)139素直(すなほ)往生(わうじやう)(いた)すが()からう。140さすれば貴様(きさま)親譲(おやゆづ)りのサック(だけ)(たす)けてやらう』
141ブラヷ『ホヽヽヽヽ、142アタ甲斐性(かひしやう)のない。143荒男(あらをとこ)繊弱(かよわ)(をんな)一人(ひとり)(つか)まへて、144(おど)しの文句(もんく)(なら)べるとは、145(はなし)にならぬ腰抜(こしぬ)けだな。146(まへ)(さだ)めて両親(りやうしん)があるだらう。147こんな厄雑(やくざ)ものを()んだ(おや)(かほ)()たいものだわ。148あのまア、149(なさけ)ない(かほ)わいのう。150空威張(からゐば)りばつかりして体中(からだぢう)(ふる)ふてるぢやないか』
151(かふ)『ナヽヽヽ何分(なにぶん)商売(しやうばい)()れぬ新米(しんまい)だから、152チヽヽヽ(ちつ)とは(ふる)ふのも当然(たうぜん)だ。153(まへ)だつて(はじ)めて(をとこ)(せつ)した(とき)(ふる)ふだらう。154(なん)()つても(いま)初陣(うひぢん)だから、155さう()さげたものぢやないわい』
156(へい)『コリヤ両人(りやうにん)157(なん)()ふ……貴様(きさま)腰抜(こしぬ)けだ。158さア(これ)から(おれ)(ひと)()()めてやらう。159(おれ)()(くち)貴様(きさま)()てゐるのだぞ』
160()ふより(はや)鉄拳(てつけん)(かた)めて、161(をんな)横面(よこつら)をポカツと(なぐ)りつけようとした。162ブラヷーダは手早(てばや)()(すく)めた途端(とたん)(あし)をさらつた。163何条(なんでう)(もつ)(たま)るべき、164(ふた)()筋斗(もんどり)()つて、165急勾配(きふこうばい)坂道(さかみち)四五間(しごけん)(ばか)(ころ)()み、166(ひたひ)をしたたか()つて、167ウンと()つたきり、168平太(へた)つて(しま)つた。169ブラヷーダは(この)(てい)()勇気(ゆうき)(とみ)(くは)はり、
170ブラヷ『ホヽヽヽヽ、171泥棒(どろばう)親分(おやぶん)()らぬが、172随分(ずいぶん)(よわ)いものだな。173オイ、174そこな小童(こわつぱ)ども、175(まへ)(たち)(ひと)(つま)んで()つてやらうか』
176(かふ)『ナヽヽヽ(なに)(ぬか)すのだい。177こんな(ところ)(ねこ)かなんぞの(やう)に、178(つま)んで()られて(たま)るかい。179オイ、180()をつないでくれ。181さうすりや、182何程(なんぼ)(つよ)(をんな)でも、183滅多(めつた)()げる気遣(きづか)ひはないから』
184(おつ)『ソヽヽヽそれよりも()げるが(かち)だ』
185(かふ)『ニヽヽヽ()げると()つたつて、186交通機関(かうつうきくわん)命令(めいれい)()かぬぢやないか』
187(からだ)をガタガタ、188(あし)をワナワナ、189(くちびる)紫色(むらさきいろ)(そめ)(をのの)いてゐる。
190ブラヷ『ホヽヽヽ、191泥棒(どろばう)()ふものは、192もう(ちつ)()()いたものかと(おも)つたら、193(よわ)いものだな。194それもさうだらう。195なすべき事業(じげふ)沢山(たくさん)あるのに、196何一(なにひと)つようせぬ無器用(ぶきよう)な、197甲斐性(かひしやう)のない代物(しろもの)だから、198(はたら)かずに(ひと)(もの)(かす)めて露命(ろめい)(つな)がうと()(やつ)だもの、199気骨(きこつ)のあるものは、200()(さう)道理(だうり)がない。201(さて)(さて)可憐(かわい)さうなものだな。202こりや二人(ふたり)泥棒(どろばう)203(まへ)(ひと)改心(かいしん)せい……。2031()つても出来(でき)まいが、204せめて泥棒(どろばう)だけは()めたがよからうぞ。205こんな(こと)(いた)して()ると、206(しま)ひには生命(いのち)もなくなつて(しま)ふぞや』
207(おつ)『ハイ、208もうこれ()りで泥棒(どろばう)はやめます。209何卒(どうぞ)御機嫌(ごきげん)よう、210ここをお(とほ)(くだ)さいませ』
211ブラヷーダ(ひめ)(はじ)めての旅路(たびぢ)()でて(はじめ)ての
212小盗人(こぬすびと)()(はじ)めて()ひぬ。
213いざさらば小盗人(こぬすびと)(たち)(わか)れなむ
214(こころ)(あらた)(ぜん)にかへれよ』
215 (かふ)(おつ)一度(いちど)に、
216(ぬす)みする(こころ)はもとより()けれども
217(いのち)(をし)さに(まよ)ひぬるかな。
218(いま)よりは仮令(たとへ)()すとも盗人(ぬすびと)
219(まご)(だい)まで(いた)しますまい』
220 (かたはら)密樹(みつじゆ)(かげ)より四辺(あたり)(ひび)(をとこ)(こゑ)
221『ブラヷーダ(ひめ)(みこと)逸早(いちはや)
222(くだ)()きませ(さか)三千彦(みちひこ)を』
223ブラヷーダ(ひめ)(おと)()(けは)しき(たうげ)(さか)三千(みち)
224彦々(ひこひこ)として(くだ)()かまし』
225(こた)(なが)226(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつ次第々々(しだいしだい)(とほ)ざかり()く。227三人(さんにん)泥棒(どろばう)()けつ(まろ)びつ、228(はやし)(なか)姿(すがた)(かく)した。
229三千(みち)『アハヽヽヽヽ、230(あく)()ふものは、231正義(せいぎ)(まへ)には(よわ)いものだな』
232大正一二・七・一七 旧六・四 於祥雲閣 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。