霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 谿(たに)(みち)〔一六七五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第4篇 神仙魔境 よみ:しんせんまきょう
章:第19章 第65巻 よみ:たにのみち 通し章番号:1675
口述日:1923(大正12)年07月17日(旧06月4日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6519
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 685頁 修補版: 校定版:222頁 普及版:96頁 初版: ページ備考:
001(かみ)(をしへ)三千彦(みちひこ)
002()(つか)れたる折柄(をりから)
003白骨堂(はくこつだう)大前(おほまへ)
004見知(みし)らぬ(をんな)(めぐ)()
005(かな)しき(をんな)境遇(きやうぐう)
006同情(どうじやう)(なが)らスタスタと
007センセイ(ざん)谷間(たにあひ)
008(つめ)たき(かぜ)()かれつつ
009(みぎ)(ひだり)()()えて
010(やうや)(ひろ)田圃道(たんぼみち)
011チヤムバカ(黄色花(くわうしよくくわ))バータラ(重生花(ぢうせいくわ))バールシカ(夏生花(かせいくわ)
012ナワマリカー(雑蔓花(ざふまんくわ))やスマナー(悦意花(えついくわ))の
013(ところ)()きまで(にほ)ひたる
014野道(のみち)をスタスタ(すす)()く。
015三千彦(みちひこ)(なん)(この)(へん)(めづ)らしい(はな)()き、016(かんば)しい()(はな)つて()るぢやありませぬか。017まるで第一天国(だいいちてんごく)原野(げんや)旅行(りよかう)して()るやうで(ござ)いますなア』
018スマナー『ハイ、019此処(ここ)仙聖山(せんせいざん)(ふもと)仙聖郷(せんせいきやう)(まをし)まして、020(この)()楽土(らくど)(とな)へられた秘密郷(ひみつきやう)(ござ)いますが、021(いま)薩張(さつぱり)人間(にんげん)(こころ)悪化(あくくわ)して(しま)ひ、022油断(ゆだん)(すき)もならない修羅道(しゆらだう)となつて仕舞(しま)ひました。023()(みち)にいろいろの(かん)ばしき(はな)(えん)(きそ)ふて()いて()りますが、024村人(むらびと)(こころ)(はな)はいつの()にか(あざみ)(はな)となり、025(とげ)だらけでうつかり手出(てだ)しも出来(でき)ないので(ござ)います。026(むら)()仙聖郷(せんせいきやう)でも、027(ひと)(こころ)修羅道(しゆらだう)ですから、028(その)(つも)りで()(くだ)さい。029油断(ゆだん)(すき)もならない(ところ)(ござ)いますからなア』
030三千(みち)物質(ぶつしつ)万能(ばんのう)主義(しゆぎ)空気(くうき)が、031斯様(かやう)仙郷(せんきやう)(まで)(おそ)ふて()たと()えますな。032()(なか)(これ)では(をは)りで(ござ)いますわい。033大神様(おほかみさま)のお言葉(ことば)には「(かみ)のつくつた結構(けつこう)神国(しんこく)(ゆび)一本(いつぽん)()れる(ところ)も、034片足(かたあし)()()(ところ)もない」と大国治立(おほくにはるたち)神様(かみさま)のお(なげ)きですが、035いかにもすみずみ(まで)もよく(よご)れたもので(ござ)いますなア』
036スマナー『あまり村人(むらびと)同情心(どうじやうしん)()いので、037(わたし)もこの仙郷(せんきやう)(いや)になつたので、038(はづ)かし(なが)(をつと)(あと)()ふて、039冥途(めいど)()きをせうと(おも)ふたので(ござ)います。040(わたし)従弟(いとこ)に、0401テーラと()ふ、041それはそれは意地(いぢ)(わる)(をとこ)(ござ)いまして、042両親(りやうしん)043(をつと)()くなつたのを(さいは)ひ、044(あさ)から(ばん)(まで)(わが)()平太(へた)()み、045(さけ)をつげ、046(かた)をうて、047(あし)をもめ、048○○○を○○○と無体(むたい)(こと)(まをし)ますので、049()れが(いや)さに(うち)()()し、050()(けつ)したので(ござ)います。051(いづ)(わが)()(かへ)ればテーラが主人顔(しゆじんがほ)をして頑張(ぐわんば)つて()りませうから、052(その)(つも)りで()(くだ)さいませや』
053三千(みち)『ハイ承知(しようち)(いた)しました。054これから宣伝使(せんでんし)武器(ぶき)(たの)む、055言霊(ことたま)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)(まゐ)りませう』
056スマナー『どうかお(ねが)(まをし)ます。057(うた)()ふものは(なん)となく(こころ)(いさ)むもので(ござ)いますからなア』
058 三千彦(みちひこ)(こゑ)()()げて(うた)()した。
059三千彦(みちひこ)天地(てんち)万有(ばんいう)(ことごと)
060霊力体(れいりよくたい)三元(さんげん)
061もつて創造(さうざう)なし(たま)
062蒼生(あをひとくさ)山川(やまかは)
063御霊(みたま)(まも)りたまはむと
064千々(ちぢ)(こころ)(くだ)きまし
065海月(くらげ)(ごと)(ただよ)へる
066陸地(くぬち)(つく)(かた)めつつ
067神人(しんじん)和楽(わらく)天国(てんごく)
068地上(ちじやう)建設(けんせつ)なしたまひ
069(をしへ)(ひら)きたまふ(をり)
070天足彦(あだるのひこ)胞場姫(えばひめ)
071(しこ)身魂(みたま)になり(いで)
072八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
073(まが)(たけ)びに()(なか)
074()()(つき)(くも)()
075常世(とこよ)(やみ)となりにけり
076(すさ)ぶる(かみ)(おと)なひは
077五月蠅(さばえ)(ごと)くわきみちて
078(やま)尾上(をのへ)(かは)()
079うらみ(なげ)きの(こゑ)(ばか)
080醜神(しこがみ)(たち)(とき)()
081いとも(たふと)皇神(すめかみ)
082()(うしとら)()(くだ)
083吾物顔(わがものがほ)()(なか)
084(みだ)()くこそ(にく)らしし
085(おと)名高(なだか)仙郷(せんきやう)
086(しこ)曲霊(まがひ)醜魂(しこたま)
087かき(みだ)されて修羅道(しゆらだう)
088現出(げんしゆつ)したるか(あさ)ましや
089斎苑(いそ)(やかた)()()でて
090(まが)征討(せいたう)にたち(むか)
091三千彦(みちひこ)(つかさ)此処(ここ)にあり
092いかなる(まが)(たけ)びをも
093生言霊(いくことたま)神力(しんりき)
094言向(ことむ)(やは)仙郷(せんきやう)
095御空(みそら)(つつ)雲霧(くもきり)
096伊吹(いぶき)(はら)ひに(はら)ひのけ
097神代(かみよ)(なが)らの仙郷(せんきやう)
098ねぢ(なほ)さむは(あん)(うち)
099(たしか)(むね)にしるしあり
100(よろこ)びたまへスマナー(ひめ)
101三千彦(みちひこ)(あら)はれ()(うへ)
102仮令(たとへ)テーラの三五人(さんごにん)
103万人(ばんにん)一度(いちど)()()とも
104如何(いか)(おそ)れむ敷島(しきしま)
105神国魂(みくにだましひ)()()して
106(さと)空気(くうき)一洗(いつせん)
107小鳥(ことり)(うた)(はな)(にほ)
108(むかし)(まま)にかへすべし
109あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
110(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
111(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
112大御心(おほみこころ)(かな)ひなば
113地獄(ぢごく)畜生(ちくしやう)修羅道(しゆらだう)
114天国(てんごく)浄土(じやうど)心地(ここち)にて
115やすやす浮世(うきよ)(わた)()
116(よろこ)びたまへスマナー(ひめ)
117(うた)(なが)ら、118(やや)(ひろ)原野(げんや)を、119(いへ)(むね)()ゆる(ところ)(まで)(すす)んで()た。120スマナーは(あと)()(かへ)り、
121スマナー『もし宣伝使(せんでんし)(さま)122あの(やま)(ふもと)にバラバラと家棟(やむね)()えるで(ござ)いませう。123そして一番(いちばん)(たか)(ところ)(やま)ほでら()なり(おほ)きな(いへ)()えるで(ござ)いませう。124あれが(わたし)住家(すみか)(ござ)います』
125三千(みち)成程(なるほど)126黄昏(たそがれ)(こと)とてハツキリは(わか)りませぬが、127余程(よほど)大家(たいけ)()えますな』
128スマナー『イエイエ129(はづ)かしい、1291破屋(あばらや)(ござ)います。130サアもう一息(ひといき)(ござ)いますが、131貴方(あなた)随分(ずいぶん)(つか)れのやうで(ござ)いますから、132此処(ここ)一休(ひとやす)みして(かへ)(こと)(いた)しませうか。133(いづ)(こころ)(わる)いテーラが頑張(ぐわんば)つて()りませうから、134()()れてからの(はう)様子(やうす)(かんが)へるに都合(つがふ)がよいかも()れませぬからなア』
135三千(みち)成程(なるほど)なア、136(それ)がいいでせう。137都合(つがふ)によつては(ひと)面白(おもしろ)芝居(しばゐ)出来(でき)るかも()れませぬからなア』
138 (ここ)二人(ふたり)半時(はんとき)(ばか)雑談(ざつだん)(ふけ)り、139黄昏(たそがれ)(やみ)(さいは)ひ、140村中(むらぢう)一番(いちばん)(たか)屋敷(やしき)()つた、141スマナーの(やかた)をさし(かへ)()く。
142大正一二・七・一七 旧六・四 於祥雲閣 加藤明子録)