霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 均霑(きんてん)〔一六七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第65巻 山河草木 辰の巻 篇:第4篇 神仙魔境 よみ:しんせんまきょう
章:第22章 第65巻 よみ:きんてん 通し章番号:1678
口述日:1923(大正12)年07月17日(旧06月4日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年4月14日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6522
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 697頁 修補版: 校定版:255頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001 虎熊山(とらくまやま)(にはか)爆発(ばくはつ)に、002仙聖山(せんせいざん)()ふも(さら)なり、003(この)郷土(きやうど)山川草木(さんせんさうもく)激烈(げきれつ)震動(しんどう)し、004三千彦(みちひこ)(のぞ)(ほか)005(いづ)れも顔色(がんしよく)蒼白(まつさを)となり、006(ふる)(をのの)いてゐた。007熔岩(ようがん)七八里(しちはちり)(へだ)てた(この)地点(ちてん)まで遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく()りくるその(すさま)じさ。008されど(この)(おほ)きな(いへ)にも(かか)はらず、009(ただ)一個(いつこ)(あた)らなかつたのは神様(かみさま)御守護(ごしゆご)と、010(いづ)れも感謝(かんしや)(ねん)(もよほ)すのであつた。011流石(さすが)猛悪(まうあく)なるテーラも、012キングレスも、013部下(ぶか)小盗人(こぬすびと)も、014(にはか)(おぢ)けつき、015(おも)はず()らず両手(りやうて)(あは)せ、016一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)(はじ)めた。017その(こゑ)一時(いちじ)018裏山(うらやま)谷々(たにだに)木精(こだま)(ひび)かした。
019スマナー(ひめ)(みな)さま、020(おそ)ろしい(こと)(ござ)いましたな。021あの(やう)な……一時(いちじ)巨大(きよだい)熔岩(ようがん)(あめ)(ごと)くに()つて(まゐ)りましたが、022神徳(かげ)によりまして、023(わが)()には(ただ)(ひと)つも(あた)らず、024(また)あの地響(ぢひびき)(いへ)(たふ)れず、025(みな)さまも無事(ぶじ)(いのち)(ひろ)はれしは、026(まつた)(たふと)神様(かみさま)御守護(ごしゆご)(ござ)いませう』
027()(なが)(まど)(ひら)いて、028村落(そんらく)家々(いへいへ)(なが)めて()た。029(しか)(なが)黒煙(こくえん)(てん)(みなぎ)つて黒白(あやめ)(わか)らぬ(しん)(やみ)となつて()た。030実際(じつさい)今日(けふ)(あさ)(はや)くより何処(どこ)ともなく薄暗(うすくら)く、031(いづ)れも夜分(やぶん)(おも)つてゐたがその(じつ)032まだ(ひる)最中(もなか)であつたのである。033(べつ)(むら)家々(いへいへ)にも火災(くわさい)(おこ)らず、034阿鼻(あび)叫喚(けうくわん)(こゑ)もなきに安心(あんしん)(むね)()でおろし、
035スマナー『(みな)さま、036(わたし)(いへ)村中(むらぢう)一度(いちど)見下(みお)ろせる(ところ)(ござ)いますが、037村方(むらがた)はあの騒動(さうだう)火災(くわさい)(おこ)らず、038(さけ)びの(こゑ)(きこ)えませぬから、039一軒(いつけん)(のこ)らず神様(かみさま)のお神徳(かげ)(いただ)いたのでせう。040サア(これ)から神様(かみさま)感謝(かんしや)(まつり)(いた)しまして、041(みな)さまに直会(なほらひ)(いただ)いて(もら)ひませう』
042三千(みち)『いや、043それは結構(けつこう)です。044(この)(やう)大爆発(だいばくはつ)045(あめ)(ごと)()(きた)熔岩(ようがん)が、046(この)(ひろ)(いへ)一箇(いつこ)(あた)らず、047村中(むらぢう)安全(あんぜん)()ふのは(まつた)不思議(ふしぎ)です。048()れも神様(かみさま)御神徳(おかげ)でせう。049サア青年隊(せいねんたい)方々(かたがた)050御苦労(ごくらう)(なが)らお(まつり)用意(ようい)(ねが)ひます』
051 タークは三千彦(みちひこ)言葉(ことば)(したが)ひ、052青年隊(せいねんたい)(ひき)ゐ、053いろいろ供物(くもつ)用意(ようい)をなし、054祭典(さいてん)準備(じゆんび)()りかかつた。055(やうや)祭典(さいてん)用意(ようい)出来(でき)た。056ここに三千彦(みちひこ)057スマナー(ひめ)(あたら)しき祭服(さいふく)をつけ、058(うやうや)しく神前(しんぜん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)し、059祭典(さいてん)無事(ぶじ)終了(しうれう)した。060それより村中(むらぢう)老若男女(ろうにやくなんによ)(この)(ひろ)(いへ)(あつ)まり(きた)り、061キングレスの部下(ぶか)斎場(さいぢやう)(れつ)し、062直会(なほらひ)(いただ)(こと)となつた。
063 スマナー(ひめ)(うれ)しげに宴席(えんせき)中央(ちうあう)()つて、064(みづ)から(うた)(みづか)()ふ。
065スマナー(ひめ)此処(ここ)()()秘密郷(ひみつきやう)
066(きた)仙聖山(せんせいざん)(ひか)
067(ひがし)虎熊(とらくま)(やま)(そび)()
068(しろ)(あを)黄色(きいろ)(むらさき)
069(はな)芳香(はうかう)(くん)じつつ
070胡蝶(こてふ)(たか)()(あそ)
071迦陵嚬伽(かりようびんが)(すず)しき(こゑ)(はな)ちて
072神世(かみよ)(うた)
073()にも(たふと)仙聖郷(せんせいきやう)
074青人草(あをひとぐさ)(よろこ)びは
075(ほか)(くに)には(ためし)なき
076中国一(ちうごくいち)瑞祥(ずゐしやう)
077(しこ)曲津(まがつ)(とき)()
078一度(いちど)(すさ)(くる)ひしが
079(たふと)(かみ)御使人(みつかひびと)
080三千彦(みちひこ)(つかさ)があれまして
081(わが)()(はじ)(この)(さと)
082(しこ)(わざはひ)(のぞ)かせ(たま)
083(いま)(まつた)(いにしへ)
084神代(かみよ)(かへ)りし(うれ)しさよ
085仙聖山(せんせいざん)(みね)(たか)
086五色(ごしき)(くも)被衣(かづき)して
087(くも)をば(おこ)(あめ)()らし
088五日(いつか)(かぜ)十日(じふじつ)
089(あめ)(とき)をば(たが)へずに
090()りしく(あつ)御恵(みめぐみ)
091仙聖郷(せんせいきやう)()()ひし
092(わが)()(さと)(よろこ)びぞ
093(いさ)めよ(いさ)里人(さとびと)
094(をど)れよ(をど)(みな)(ひと)
095今日(けふ)生日(いくひ)(よろこ)びは
096(ほか)へはやらじ幾千代(いくちよ)
097つづかせませと大前(おほまへ)
098(いの)吾等(われら)真心(まごころ)
099(かみ)(かなら)ずみそなはし
100(きよ)(うべ)なひ(たま)ふべし
101あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
102()にも(うれ)しき(ひと)()
103(まこと)(みち)()みしめて
104(かみ)(をしへ)()るならば
105(この)()(まが)(おそ)れなし
106(わらは)(たふと)足乳根(たらちね)
107(おや)兄弟(きやうだい)()(きみ)
108(かな)しき(わか)れをなせしより
109(こころ)(くも)(むね)(いた)
110()()もあらぬ(おも)ひにて
111一度(いちど)(この)()()らむかと
112(せま)(をんな)(こころ)より
113(おも)(さだ)めて仙聖(せんせい)
114(やま)()ちたる白骨堂(はくこつだう)
115それの御前(みまへ)平伏(ひれふ)して
116(いま)()てむとする(とき)しもあれや
117()さへ目出度(めでた)三千彦(みちひこ)
118(かみ)(つかさ)御恵(みめぐ)みに
119果敢(はか)なき(いのち)(すく)はれて
120(わが)()(かへ)(うかが)へば
121(はや)くも()()内外(うちそと)
122(ひろ)げられたる(おそ)ろしさ
123(やみ)(さいは)裏口(うらぐち)
124()ちて様子(やうす)(うかが)へば
125従兄(いとこ)名乗(なの)るテーラさま
126捕手(とりて)名乗(なの)人々(ひとびと)
127青年隊(せいねんたい)のタークさま
128インターさまと何事(なにごと)
129争論(あげつらひ)つつ(わらは)(いのち)
130()せしとや(おも)(たま)ひけむ
131百千万(ひやくせんまん)(こころ)(くば)
132感謝(かんしや)(なみだ)にほだされて
133三千彦(みちひこ)(つかさ)諸共(もろとも)
134(おく)(ふすま)(ひき)()けて
135(その)()(たち)()言霊(ことたま)
136かすかに()れば人々(ひとびと)
137(こころ)(やみ)()(わた)
138(きよ)(たふと)惟神(かむながら)
139(うづ)身魂(みたま)(かへ)りたる
140その(よろこ)びや如何(いか)(ばか)
141感謝(かんしや)言葉(ことば)もなきまでに
142(わらは)(よろこ)()()りぬ
143あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
144(かみ)(めぐ)みを何処(どこ)までも
145(いただ)きまして直会(なほらひ)
146(この)酒宴(さかもり)(こころ)よく
147(きこ)()されと()(まつ)
148朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
149(つき)()(ほし)()するとも
150虎熊山(とらくまやま)()るるとも
151(かみ)(まか)せし(ひと)()
152いかで(おそ)れむ(いま)()(あた)
153(かみ)(めぐみ)(かうむ)りて
154()(さか)えたる(うれ)しさよ
155あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
156(かみ)御前(みまへ)(つつし)みて
157(かしこ)感謝(かんしや)(たてまつ)る』
158三千彦(みちひこ)諸々(もろもろ)(つみ)(けがれ)(はら)はむと
159爆発(ばくはつ)しけむ虎熊(とらくま)(やま)
160虎熊(とらくま)(みね)(ひそ)みし枉神(まがかみ)
161(いま)(まつた)()()せにけむ。
162仙聖(せんせい)(きよ)けき(さと)()()れば
163(おも)ひがけなき(こと)のみぞ()く。
164スマナーの(ひめ)(みこと)真心(まごころ)
165(めで)(たま)ひなむ天地(あめつち)(かみ)は。
166インターやタークの(きみ)真心(まごころ)
167バータラの(いへ)(さか)()かなむ』
168ターク『(おも)ひきや魔神(まがみ)(たけ)(この)(さと)
169(かみ)使(つかひ)(きた)りますとは。
170(かたむ)きし(いへ)(はしら)立直(たてなほ)
171(きみ)(まこと)三千彦(みちひこ)(つかさ)よ』
172インター『村肝(むらきも)(こころ)(やみ)()れにけり
173バータラの(いへ)(くも)(はら)ひて。
174(ひる)さへも(くら)くなりぬる今日(けふ)(そら)
175()かさむ(ため)爆発(ばくはつ)(こゑ)
176(わが)(むね)(ひそ)枉津(まがつ)()()せぬ
177かの爆発(ばくはつ)(つよ)(ひびき)に。
178獅子(しし)(くま)(とら)(おほかみ)(をのの)きて
179(しづ)まりにけむ爆発(ばくはつ)(こゑ)に』
180三千彦(みちひこ)何事(なにごと)(みな)皇神(すめかみ)御心(みこころ)
181(あふ)(ゐやま)(かみ)御子(みこ)(たち)
182産土(うぶすな)(やま)()(いで)()(きみ)
183御身(おんみ)如何(いか)にと(おも)(わづら)ふ。
184さり(なが)(わが)()(きみ)神人(しんじん)
185いと(たひ)らけく(やす)くましまさむ』
186 スマナーは三千彦(みちひこ)(さかづき)をさし(なが)ら、
187スマナー『もし宣伝使(せんでんし)(さま)188(わたし)今後(こんご)()()(かた)()いては、189如何(いかが)(いた)したら(よろ)しう(ござ)いませうか。190何卒(どうぞ)(しめ)しを(ねが)ひたう(ござ)います』
191三千(みち)(わたし)()うなさいませ……とお指図(さしづ)(いた)しませぬが、192貴女(あなた)のお(こころ)にお(かん)じなされた最善(さいぜん)方法(はうはふ)(もつ)ておやりなされたら如何(どう)でせう』
193スマナー『はい、194有難(ありがた)(ござ)います。195左様(さやう)ならば貴方(あなた)のお(かげ)(いのち)のない(ところ)(すく)はれ、196(また)こうして沢山(たくさん)(かた)(まこと)(みち)(たち)(かへ)つて(くだ)さつたので(ござ)いますから、197(わたし)はこれに()した(よろこ)びは(ござ)いませぬ。198山林(さんりん)田畑(たはた)(たから)(なに)()りませぬ。199(わたし)(この)(いへ)三五教(あななひけう)神様(かみさま)やウラルの神様(かみさま)をお(まつ)(いた)し、200祖先(そせん)や、201(をつと)菩提(ぼだい)(とむら)ひ、202比丘尼(びくに)となつて、203一生(いつしやう)(おく)りたう(ござ)いますが、204如何(いかが)(ござ)いませうな』
205三千(みち)成程(なるほど)206それは(まこと)殊勝(しゆしよう)なお(かんが)へです。207三千彦(みちひこ)208双手(そうしゆ)()げて賛成(さんせい)(いた)します』
209スマナー『早速(さつそく)御承知(ごしようち)210有難(ありがた)(ぞん)じます。211()きましては(わたし)(いへ)先祖(せんぞ)代々(だいだい)の……(この)界隈(かいわい)での富豪(ふがう)(ござ)いまするが、212もはや比丘尼(びくに)となつて神様(かみさま)にお(つか)へする以上(いじやう)は、213財産(ざいさん)なんか、214必要(ひつえう)(みと)めませぬ。215何卒(どうぞ)バータラ()財産(ざいさん)全部(ぜんぶ)を、216社会(しやくわい)公共(こうきよう)(ため)(ささ)()いと(ぞん)じますが、217如何(いかが)(ござ)いませうか』
218三千(みち)『それは至極(しごく)結構(けつこう)です。219(さだ)めて村人(むらびと)もお(よろこ)びになるでせう』
220スマナー『全財産(ぜんざいさん)(よつ)つに()け、221その一部(いちぶ)をエルサレムの(みや)(けん)じ、222一部(いちぶ)神館(かむやかた)維持費(ゐぢひ)()て、223(のこ)りの二部(にぶ)村人(むらびと)寄贈(きぞう)(いた)しましたら如何(いかが)(ござ)いませうかな』
224三千(みち)『それは至極(しごく)よいお(かんが)へです。225さうなさいませ。226(しか)(なが)(いま)ここに改心(かいしん)をせられたキングレス、227(ほか)十数人(じふすうにん)方々(かたがた)は、228いま泥棒(どろばう)をお()めになつた(ところ)で、229百姓(ひやくしやう)するにも田畑(たはた)はなし、230商売(しやうばい)をするにも資本(しほん)もないと()場合(ばあひ)ですから、231(この)方々(かたがた)にも(すこ)しなりと山林(さんりん)なり田畑(たはた)なりお(あた)へになり、232農業(のうげふ)をおさせになつたら如何(いかが)(ござ)いませうか』
233スマナー『はい、234どうも有難(ありがた)(ござ)います。235キングレス(さま)(その)(ほか)方々(かたがた)御承知(ごしようち)さへ(くだ)されば236(この)(むら)()つて(もら)つて正業(せいげふ)()いて(もら)ひませう』
237三千(みち)『キングレス(さま)238(その)()方々(かたがた)239(いま)スマナー(さま)貴方(あなた)(がた)相当(さうたう)財産(ざいさん)分配(ぶんぱい)したいと仰有(おつしや)るがどうで(ござ)いませう。240改心(かいしん)なさつた以上(いじやう)は、241(この)仙聖郷(せんせいきやう)(おい)農業(のうげふ)(いとな)み、242安全(あんぜん)なる生活(せいくわつ)(おく)られたら()からうと(おも)ひますが、243貴方(あなた)のお(かんが)へは如何(いかが)(ござ)いますか』
244 キングレスは落涙(らくるい)(なが)両手(りやうて)をつき、
245キング『ハイ、246重々(ぢうぢう)(つみ)(ゆる)された(うへ)247(ゆめ)だにも()(こと)出来(でき)ないやうな御恵(おんめぐ)み、248あまりの(こと)で、249勿体(もつたい)なうて(かへ)言葉(ことば)(ござ)いませぬ。250何分(なにぶん)にも(よろ)しく御願(おねがひ)(まを)します』
251三千(みち)『あ、252それは結構(けつこう)々々(けつこう)253これ、254スマナー(さま)255これで財産(ざいさん)処分(しよぶん)(ほぼ)落着(らくちやく)しました。256貴女(あなた)もこれから重荷(おもに)()りたやうなものだから、257(この)(いへ)修繕(しうぜん)して神様(かみさま)御舎(みあらか)となして258里人(さとびと)(ぜん)(みちび)善根(ぜんこん)をお()みなさいませ。259(わたくし)貴女(あなた)()つて(おも)はぬ御用(ごよう)をさして(いただ)きました。260あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
261(てん)(むか)つて合掌(がつしやう)(うれ)(なみだ)にくれてゐる。
262三千(みち)()(なか)(しこ)枉津(まがつ)はなけれども
263(ただ)(こころ)より()()づるかな。
264()(うち)(まが)さへなくば獅子(しし)(くま)
265(とら)(おほかみ)(もの)(かず)かは。
266(まこと)ほど()(おそ)るべき(もの)はなし
267(おに)大蛇(をろち)()()せて()く。
268バラモンの(かみ)(をしへ)(ふり)()てて
269今日(けふ)(まこと)三千彦(みちひこ)となる』
270スマナー(ひめ)(たま)()(いのち)(あやふ)折節(をりふし)
271()てよとかかる(たま)御声(おんこゑ)
272三千彦(みちひこ)(きみ)(あら)はれ()まさずば
273(われ)霊界(あのよ)(ひと)なりしならむ。
274テーラの(しこ)言葉(ことば)()(おそ)
275()なむとせしぞ(おろか)なりけり。
276さり(なが)らテーラの(きみ)のあらばこそ
277(この)(よろこ)びの(きた)りしならむ。
278()(なか)(あし)きものとて()かるべし
279(ただ)(わが)(こころ)(くら)(ゆゑ)なり。
280村肝(むらきも)(こころ)(そら)(くも)なくば
281月日(つきひ)(きよ)()()らすらむ』
282ターク『仙聖(せんせい)(さと)今日(けふ)より(いにしへ)
283(はな)()(にほ)(その)となるらむ。
284三千彦(みちひこ)(かみ)(つかさ)御恵(みめぐ)みに
285(わが)里人(さとびと)(よみがへ)りつつ。
286スマナーの比丘尼(びくに)(きみ)によく(つか)
287(あさ)(ゆふ)なに(みち)(まも)らむ』
288インター『(われ)とても比丘尼(びくに)(きみ)真心(まごころ)
289(あめ)にぬれつつ(しの)()()きぬ。
290(うれ)しさの(なみだ)(むね)()(あふ)
291()()(ばか)(いさ)()つかな』
292キングレス『枉事(まがこと)のあらむ(かぎ)りを(つく)したる
293(われ)にも(かみ)(めぐ)(たま)ひぬ。
294虎熊(とらくま)(やま)悪事(あくじ)(たく)らみつ
295(いま)もありせば(ほろ)びしならむ。
296(この)(さと)(あら)はれ(きた)爆発(ばくはつ)
297なやみ(のが)れし(こと)(うれ)しき』
298 テーラはノソリノソリと(あし)(いた)めて(この)()()(きた)り、299(には)土間(どま)犬突這(いぬつくばひ)となつて、
300テーラ『枉神(まがかみ)(しこ)(かぎ)りを(つく)したる
301(われ)(いま)よりは()(あらた)めなむ。
302百人(ももびと)(わが)罪科(つみとが)(ゆる)せかし
303(むら)(しもべ)となりて(つか)へむ』
304 (いよいよ)ここにバータラ()遺産(ゐさん)は、305スマナーの意志(いし)(したが)ひそれぞれ分配(ぶんぱい)されて、306上下(じやうげ)貧富(ひんぷ)区別(くべつ)なく、307郷民(きやうみん)(たがひ)(げふ)(たの)しみ近隣(きんりん)相和(あひわ)し、308和気(わき)靄々(あいあい)として()(おく)(こと)となつた。309三千彦(みちひこ)宣伝(せんでん)(たび)()くので、310(なが)(とど)まる(わけ)にも()かず、311二三日(にさんにち)逗留(とうりう)して里人(さとびと)(かみ)(をしへ)(つた)へ、312タークを(やかた)留守居(るすゐ)(たの)()き、313スマナーはエルサレムへ参拝(さんぱい)せむと、314三千彦(みちひこ)(ゆる)しなければ、315()(かく)れに(あと)(した)ふて(すす)()(こと)となつた。
316大正一二・七・一七 旧六・四 於祥雲閣 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)