霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 (さけい)浮気(うけい)〔一六八五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第1篇 月の高原 よみ:つきのこうげん
章:第3章 第66巻 よみ:さけいうけい 通し章番号:1685
口述日:1924(大正13)年12月15日(旧11月19日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6603
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 742頁 修補版: 校定版:37頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 タライの(むら)里庄(りしやう)ジャンクの(うち)表門(おもてもん)には、002(かふ)(おつ)二人(ふたり)門番(もんばん)胡坐(あぐら)をかいて雑談(ざつだん)(ふけ)つて()た。
003(かふ)『オイ、004バンコ、005どうも(この)(ごろ)(ぐらゐ)怪体(けたい)時候(じこう)はないぢやないか。006(あさ)(はや)くから()丸様(まるさま)がカンカンとお()りなさるかと(おも)へば、007直様(すぐさま)西(にし)(はう)から黒雲(くろくも)がやつて()()(まる)()んで(しま)ひ、008月様(つきさま)()るかと(おも)へば、009(くも)()まれ、010この(あつ)(くに)底冷(そこづめ)たい(かぜ)()011(なん)とはなしに悪魔(あくま)(おそ)はれさうな気分(きぶん)で、012(さけ)でも()まなければやりきれぬぢやないか』
013バンコ『オイ、014アンコ、015それは(なに)()ふのだ。016(さけ)どころかい、017大事(だいじ)大事(だいじ)一人娘(ひとりむすめ)のお(ひめ)(さま)はお行衛(ゆくゑ)(わか)らず、018ジャンクの旦那様(だんなさま)日々(にちにち)青息(あをいき)吐息(といき)で、019大自在天(だいじざいてん)(さま)火物断(ひものだち)をし艱難(かんなん)苦労(くらう)をして御座(ござ)るのに、020(その)(いへ)()吾々(われわれ)安閑(あんかん)(さけ)()むやうな不始末(ふしまつ)出来(でき)ようか。021(ひめ)(さま)がお(かへ)りになつたら三日(みつか)なりと五日(いつか)なりとお(いはひ)(さけ)(いただ)かうとままだ。022旦那様(だんなさま)火物断(ひものだち)をして(ござ)るのに、023吾々(われわれ)結構(けつこう)なお扶持(ふち)(いただ)安閑(あんかん)門番(もんばん)をさして(いただ)いて()るのぢやないか。024勿体(もつたい)ない、025冥加(めうが)()きるぞよ』
026アンコ『()れだつて人間(にんげん)はさう悲観(ひくわん)(ばか)りするものぢやない。027天地(てんち)道理(だうり)(かんが)へて()よ、028黒雲(くろくも)日月(じつげつ)()み、029大蛇(をろち)(ひと)()み、030(へび)(かへる)()み、031大魚(たいぎよ)小魚(せうぎよ)()み、032暴君(ばうくん)(ひと)国家(こくか)()み、033英雄(えいゆう)天下(てんか)()み、034女房(にようばう)(をつと)()み、035大工(だいく)(たから)(つち)(のみ)036人間(にんげん)(さけ)()み、037(ちや)()み、038(みづ)()み、039芸者(げいしや)(ひと)家倉(いへくら)()み、040おまけに(とこ)(した)から()(あが)つて()吾々(われわれ)遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく()んで()(すす)(やつ)(のみ)だ。041それだから門番(もんばん)のみ心力(しんりよく)(つひや)謹慎(きんしん)々々(きんしん)謹慎(きんしん)のみ()(おく)つて()るやうな(こと)で、042どうして人間様(にんげんさま)生命(いのち)(たも)たれようか。043人間(にんげん)生活(せいくわつ)する(ため)(いき)()るのぢやないか』
044バンコ『馬鹿(ばか)()ふな、045(いま)人間(にんげん)生活(せいくわつ)なんてあるものか。046生活(せいくわつ)()(やつ)生々(いきいき)として社会(しやくわい)最善的(さいぜんてき)活動(くわつどう)をなし、047(かみ)御子(みこ)として()(ため)048(ひと)(ため)愛善(あいぜん)(とく)(ぢう)し、049信真(しんしん)(ひかり)(よく)して、050善美(ぜんび)なる生涯(しやうがい)(おく)るものを(しよう)して生活者(せいくわつしや)()ふのだ。051どいつも、052こいつも生活難(せいくわつなん)がどうだの、053生命(せいめい)がどうだのと学者(がくしや)()つて(ほざ)いて()るが、054生命(せいめい)がどこにあるか。055何奴(どいつ)此奴(こいつ)も、056機械(きかい)人形(にんぎやう)のやうに、057ウヨウヨと蠢動(しゆんどう)して暗黒界(あんこくかい)堕落(だらく)し、058(むし)(いき)半死半生(はんしはんしやう)境遇(きやうぐう)にあり(なが)ら、059新生命(しんせいめい)だとか(なん)とか()つて()るのが、060をかしいわい。061生活難(せいくわつなん)ではなくて生存難(せいぞんなん)(こと)()ふのだらう』
062アンコ『生存難(せいぞんなん)()()半死半生(はんしはんしやう)境涯(きやうがい)脱却(だつきやく)しようとして吾々(われわれ)活動(くわつどう)をして()るのだ、063それだから生活(せいくわつ)といふのだ。064今日(こんにち)種々(いろいろ)主義者(しゆぎしや)()065彼奴(あいつ)だつて……………、066(ひだり)(かたむ)いているのぢやないか。067(ひだり)(かたむ)くのは(さけ)(かぎ)る。068それだから左傾(さけい)(さけ)(たう)()ふのぢや、069あゝ(さけ)なるかな、070(さけ)百薬(ひやくやく)(ちやう)だ。071万民(ばんみん)愛護(あいご)神様(かみさま)だ、072平和(へいわ)曙光(しよくわう)だ』
073バンコ『オイオイ アンコ、074さう脱線(だつせん)しては(こま)るぢやないか、075(さけ)左傾党(さけいたう)とを混同(こんどう)してるぢやないか』
076アンコ『(きま)つた(こと)だ。077(さけ)()うた(うへ)(くだ)()き、078(しま)ひの(はて)には()()らない(かか)横面(よこづら)をはり(たふ)し、079(いへ)から(おひ)()して新規(しんき)播直(まきなほ)しに愛善(あいぜん)(とく)()み、080信真(しんしん)(ひかり)()ちた女神様(めがみさま)()れるのが(さけ)(とく)だよ。081(これ)(しよう)して万民愛(ばんみんあい)世界(せかい)改革(かいかく)酒断(しゆだん)手段(しゆだん))と()ふのだ。082左傾党(さけいたう)だつて(おな)じやうなものだ。083(ふる)社会(しやくわい)立替(たてか)へて(あたら)しい平和(へいわ)社会(しやくわい)()(なほ)さうとするのだから、084いづれ一度(いちど)(さけ)(よひ)同様(どうやう)に、085落花狼藉(らくくわらうぜき)乱離骨敗(らんりこつぱい)086矛盾(むじゆん)混沌(こんとん)暗黒界(あんこくかい)(きた)さないとも(かぎ)らない。087破壊(はくわい)(ため)破壊(はくわい)でなく、088建設(けんせつ)(ため)破壊(はくわい)だよ。089さあさうだから(ぼく)仮令(たとへ)主人(しゆじん)がどうあらうとも、090(ぼく)(ぼく)として(さけ)信頼(しんらい)するのだ』
091バンコ『()れやさうかも()れぬが、092(さけ)()(かぎ)(さけ)(さけ)たいものだなア』
093アンコ『(やま)さけ(うみ)はあせなむ()ありとも
094(さけ)(こころ)(はな)れざりけり。
095()古歌(こか)があるだらう。096さうだから(ぼく)(さけ)()める(こと)出来(でき)ないのだ。097何奴(どいつ)此奴(こいつ)もなさけない(かほ)をして忠義面(ちうぎづら)(ふり)(まは)し、098()潮流(てうりう)(ただよ)ひ、099時代(じだい)(かぜ)()きまくられて戦慄(せんりつ)して()るのだからなア、100(こま)つたものだよ。101(さけ)反対(はんたい)()けだ、102(さけ)()()()んだら()けよ」と()ふぢやないか。103何程(なにほど)()()()いて浮世(うきよ)(くら)せと()つたつて瓢箪(へうたん)ぢやあるまいし、104(さけ)()まずに()けるものか。105左傾(さけい)(そく)右傾(うけい)(さけ)(そく)()け)なりと()這般(しやはん)真理(しんり)()らない唐変木(たうへんぼく)は、106現代(げんだい)()(しよ)することは出来(でき)やせないぞ』
107バンコ『オイそんな(おほ)きな(こゑ)左傾(さけい)々々(さけい)()ふものぢやないわ。108()(ごろ)はバラモンのスパイが昼夜(ちうや)区別(くべつ)なく往来(わうらい)して()るぞ、109(すこ)危険(きけん)言語(げんご)()けたら()からうぞ。110大黒主(おほくろぬし)から御発布(ごはつぷ)になつた法律(はふりつ)をお(まへ)(なん)心得(こころえ)()るか』
111アンコ『法律(はふりつ)()ふものは、112正邪(せいじや)善悪(ぜんあく)蹂躙(じうりん)して()つ、113暴君(ばうくん)専政(せんせい)謳歌(おうか)する唯一(ゆゐいつ)機関(きくわん)()ぎないのだ。114強者(きやうしや)益々(ますます)(つよ)弱者(じやくしや)益々(ますます)(よわ)く、115悪徳(あくとく)蔓延(まんえん)する悪魔(あくま)機関(きくわん)だ。116今日(こんにち)法学者(はふがくしや)だつて奸吏(かんり)だつてみんな(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)り、117飽迄(あくまで)(あく)遂行(すゐかう)しようとして()るのぢやないか。118それだから暗黒無明(あんこくむみやう)世界(せかい)だと()ふのだよ。119現代(げんだい)悲境(ひきやう)(すく)ふのには(さけ)でも()んで浩然(こうぜん)()(やしな)ひ、120恍惚(くわうこつ)として(その)心魂(しんこん)天国(てんごく)楽園(らくゑん)(あそ)ぶためだ。121()(なか)にこれに()したる救世主(きうせいしゆ)があらうか。122あゝ(さけ)なるかな(さけ)なるかな。123(ぼく)飽迄(あくまで)酒党(さけたう)だ。124酒党(さけたう)(すなは)()(たう)125どうだ、126(ぼく)教説(けうせつ)が、127うけ()れたかな』
128バンコ『(みぎ)(たしか)うけとり不申候(まうさずさふらふ)だ、129アハヽヽヽ。130(しか)貴様(きさま)(くさ)いぢやないか』
131アンコ『馬鹿(ばか)()ふな、132(おれ)二十八才(にじふはつさい)だ、133壮年(さうねん)花盛(はなざか)りだよ。134(まさ)男子(だんし)として()頂点(ちやうてん)(たつ)した(ところ)だ。135スガコ(ひめ)さまだつて(おれ)にはチヨイ()れだつたのだからなア。136(おれ)もスガコさまのお(かほ)をチヨイチヨイ(をが)むのが(たの)しみに、137こんな(いや)しい門番(もんばん)になつたのだ。138蛟竜(かうりよう)池中(ちちう)(ひそ)むとも、139何時(いつ)(まで)池中(ちちう)のものならむや。140一朝(いつてう)風雲(ふううん)()れば天地(てんち)(わだかま)つて日月(じつげつ)呑吐(どんと)する(てい)神力(しんりき)(いう)する怪男児(くわいだんじ)だよ』
141バンコ『ハヽヽヽヽ、142デカタン(かぜ)のやうに、143()くも()いたものだなア。144スガコ(ひめ)(さま)(あい)して(もら)はうと(おも)へば門番(もんばん)ぢや()()かねえ。145なぜ貴様(きさま)()(とほ)天地(てんち)(わだかま)つて風雲(ふううん)()(おこ)し、146(をとこ)(なか)(をとこ)(うた)はれないのだ。147天下一(てんかいち)人気男(にんきをとこ)となつて()たまへ。148スガコ(ひめ)以上(いじやう)美人(びじん)(うる)さい(ほど)貴様(きさま)周囲(しうゐ)(あつ)まつて()るやうになるわ。149()んな門番(もんばん)(ぐらゐ)やつて()てスガコ(ひめ)(さま)(たい)し、150(こひ)ぢやの(あい)ぢやの(ぬか)すのは片腹(かたはら)(いた)いわ、151アハヽヽヽ。152御主人(ごしゆじん)(こころ)()らず、153(ふところ)(なか)(あさ)から(ばん)(まで)酒器(しゆき)(かく)しやがつて、154(ひと)()(ぬす)んでチヨイチヨイと()つかけて()ると()ふケチな根性(こんじやう)だから、155いつ(まで)(あたま)(あが)らないのだ、156ハヽヽヽヽ』
157アンコ『これやバンコ、158(おれ)(かね)(おれ)()むのに(なに)(わる)い。159貴様(きさま)(おれ)先輩(せんぱい)ぢや、1591上役(うはやく)だといつも威張(ゐばり)よるが、160そんな(こと)(ひと)使(つか)へるか。161コセコセと(なん)だい。162部下(ぶか)行動(かうどう)をゴテゴテ()ふやうな(こと)でどうして()(をさ)まるか。163吾々(われわれ)圧迫(あつぱく)すりやする(ほど)(かしら)(もた)げるのだ。164反抗(はんかう)抗議(かうぎ)革命(かくめい)吾輩(わがはい)生命(せいめい)だ。165チエー貴様(きさま)もいまのうちに()()めないとアンコ主義者(しゆぎしや)暴動(ばうどう)(おこ)貴様(きさま)地位(ちゐ)転覆(てんぷく)し、166バンコ末代(まつだい)()かべぬやうになるかも()れないぞ。167エーン。168懐中(くわいちう)()んで()(この)酒徳利(さけどくり)貴様(きさま)看破(かんぱ)された以上(いじやう)169もはや(なん)躊躇(ちうちよ)()るものか。170焼糞(やけくそ)だ、171やけ(ざけ)だ、172言論(げんろん)では追付(おつか)ない。173示威(じゐ)行動(かうどう)だ』
174()(なが)(おに)(わらび)(かた)めてバンコの(あたま)(くび)()べよと(なぐ)りつけた。175バンコはアツと(さけ)んで(その)()(たふ)れた。
176 かかる(ところ)へジャンクの(うち)下僕(しもべ)セールは(あわただ)しく(はし)(きた)り、
177セール『オイ、178(なん)(なん)だ、179(めう)悲鳴(ひめい)(きこ)えたぢやないか』
180アンコ『アハヽヽヽ、181アンコさまが国家(こくか)安固(あんこ)()めに、182バンコ平和(へいわ)基礎(きそ)(つく)()め、183日頃(ひごろ)主義(しゆぎ)主張(しゆちやう)酒義(しゆぎ)酒張(しゆちやう))の実行(じつかう)()かけたのだ。184ても()ても(もろ)いものぢやわい、185イヒヽヽヽ』
186セール『オイ、187アンコ、188そんな気楽(きらく)(こと)()つて()るどころかい。189バンコが人事不省(じんじふせい)(おちい)つて()るぢやないか』
190アンコ『アハヽヽヽ人事不省(じんじふせい)(おちい)るのも(てん)(しか)らしむる(ところ)ぢや。191此奴(こやつ)自分(じぶん)(こと)ばかり(かんが)へて人事(じんじ)(かへり)みないから人事不省(じんじふせい)(おちい)つたのだ。192(その)(くせ)(ひと)(あたま)(あが)つて不正(ふせい)(こと)ばかりやりやがつて、193唯一(ゆゐいつ)吾々(われわれ)娯楽(ごらく)にして()(さけ)をどうだの、194こうだのと(あたま)から圧迫(あつぱく)しやがるものだから195(さけ)(れい)聯盟(れんめい)して(ここ)直接(ちよくせつ)行動(かうどう)となつたのだ、196アハヽヽ』
197セール『チエツ、198酒呑(さけのみ)()ふものは仕方(しかた)のないものぢやなア。199どうれ介抱(かいはう)してやらねばなるまい』
200とセールは(きよ)らかな湯水(ゆみづ)()(きた)り、201頭部(とうぶ)面部(めんぶ)(きら)ひなく伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)()きかけ、202…バラモン自在天(じざいてん)(すく)ひたまへ(たす)けたまへ…と流汗淋漓(りうかんりんり)として祈願(きぐわん)()めた。203半時(はんとき)(ばか)りたつとバンコは(いき)()きかえし、204セールに()()かれ、205ヒヨロリ ヒヨロリと(わが)居間(ゐま)()して(みちび)かれ()く。
206 (あと)見送(みおく)つてアンコは(あや)しき(わら)ひを(うか)べ、
207アンコ『チヨツ、208エヽ反古(ほご)小撚(こより)(つく)つた羅漢(らかん)のやうな(つら)(さら)しやがつて、209(さけ)がどうのこうのと(なん)だい。210(また)セールもセールだ。211(くらがり)(かはづ)()(つぶ)したやうな(こゑ)()しやがつて、212吾輩(わがはい)意見(いけん)がましい(こと)()きやがつた。213ヘン何奴(どいつ)此奴(こいつ)(ふる)(あたま)だな。214(しか)(おれ)も、215(ちつ)とは()くないかも()れぬ。216あまり直接(ちよくせつ)行動(かうどう)()やすぎたからなア。217(しか)当家(たうけ)旦那様(だんなさま)もさう()ふもののお()(どく)だ。218一人(ひとり)よりないお(ぢやう)さまは悪漢(わるもの)(よる)()(うば)はれ(いま)にお行衛(ゆくゑ)(わか)らず、219其所(そこ)()けてバラモン(ぐん)大将(たいしやう)大足別(おほだるわけ)()220沢山(たくさん)部下(ぶか)()きつれ闖入(ちんにふ)(きた)り、221金銀珠玉(きんぎんしゆぎよく)(うば)()(かへ)つた(あと)だから、222旦那様(だんなさま)御心配(ごしんぱい)なさるのも御無理(ごむり)はあるまい。223アヽ(おも)へば(おも)へばお()毒様(どくさま)だ』
224(ひと)()ちつつ(また)もや(ふところ)から酒徳利(さけどつくり)()し、225(ひたひ)をピシヤピシヤと(みぎ)()(たた)(なが)ら、226(ひだり)()徳利(とくり)(くち)自分(じぶん)(くち)(はこ)んで()る。
227 其所(そこ)(あわただ)しく(もん)(くぐ)つて()(きた)一人(ひとり)(をとこ)があつた。228アンコは目敏(めざと)くこれを()て、
229アンコ『オイオイオイ、230どこへ()くのだ。231此処(ここ)門番(もんばん)(ござ)るぞ。232(この)関所(せきしよ)()えるのにや吾輩(わがはい)許可(きよか)()けねばなるまい。233一体(いつたい)貴様(きさま)()(なん)()ふか』
234(をとこ)『ハイ(わたし)隣村(となりむら)百姓(ひやくしやう)でインカと(まをし)ます。235ジャンクの旦那様(だんなさま)御報告(ごほうこく)()取急(とりいそ)(まゐ)りました。236何卒(なにとぞ)(とほ)(くだ)さいませ』
237アンコ『ハヽヽヽヽ。238(まへ)()はインカと()ふのか。239そんなら(もん)通過(つうくわ)允可(いんか)してやらぬでもないが、240貴様(きさま)右傾党(うけいたう)左傾党(さけいたう)か、241どちらだ。242左傾党(さけいたう)なら(この)(さけ)飲下(いんか)して(すす)むのだな』
243インカ『イヤ有難(ありがた)う、244(わたし)(さけ)(はなし)()くとどんな大切(だいじ)(よう)でも(わす)れて仕舞(しま)ふのです。245どうか(かへ)りに()まして(くだ)さい』
246アンコ『ナランナラン、247(ひと)(こころざし)()にすると()(こと)があるか。248()(いつ)ぱいグツと飲下(いんか)して(しか)して(のち)(きみ)使命(しめい)をジャンクの(あるじ)報告(はうこく)すれば()いのだ。249さうクシヤクシヤと()(なか)(せま)(ちひ)さく(くら)すものぢやないよ。250まア一口(ひとくち)やりたまへ』
251とインカの口許(くちもと)(つき)つける。252インカは()(ほそ)うしてガブガブと(おと)()(うれ)しげに()()した。
253アンコ『オイ、254コラコラ貴様(きさま)(みな)()んで(しま)つたぢやないか。255(おれ)をどうして()れるのだ』
256インカ『(まこと)にすみませぬ、257あまり美味(おい)しい(さけ)(くち)(はな)さうと(おも)つたのですが、258副守(ふくしゆ)(やつ)259(から)になる(まで)(はな)して()れなかつたのです。260何卒(どうぞ)()()つた(こと)大目(おほめ)()(くだ)さいな』
261アンコ『よし、262それぢや(おれ)()(こと)()いて()れるか、263()いてくれりや了見(れうけん)する』
264インカ『どんな(こと)(ござ)いますか、265とも(かく)()かして(いただ)きませう』
266アンコ『(おれ)()はアンコだ。267(しか)(なが)(おれ)地位(ちゐ)(あま)安固(あんこ)でない。268(いま)バンコに(たい)して蛮行(ばんかう)をやつたものだから、269どうやら(くび)()びさうだ。270だから此所(ここ)をスタコラヨイヤサと三十六計(さんじふろくけい)(おく)()()さうとして()(とこ)だが、271此処(ここ)()されちや居所(ゐどころ)(こま)る。272浮浪罪(ふらうざい)(つか)まつては大変(たいへん)だから、273(しばら)くお(まへ)(うち)(やしな)つて(もら)ひたいものだなア』
274インカ『(なん)(こと)かと(おも)へばそんな御用(ごよう)ですか。275ヘイ(よろ)しい、276(わたし)もコマの(むら)侠客(けふかく)ぢや。277(をとこ)(たの)まれちや(あと)には()けませぬ、278安心(あんしん)なさい。279きつと()()けますよ』
280アンコ『やア有難(ありがた)い、281(それ)一寸(ちよつと)安心(あんしん)した。282(しか)(きみ)283(あわただ)しうやつて()たのは(なん)(よう)だ。284一寸(ちよつと)端緒(たんちよ)だけでもよいが、285(ぼく)内報(ないはう)して()れまいか』
286インカ『や、287(じつ)(ところ)自分(じぶん)(むら)大変(たいへん)騒動(さうだう)(おこ)つたのだ。288里庄(りしやう)(せがれ)サンダーさまが当家(たうけ)のお嬢様(ぢやうさま)スガコ(さま)にゾツコン、289ラブして(ござ)つた(ところ)290(まへ)()つての(とほ)りスガコさまが行衛不明(ゆくゑふめい)になつたのだ。291サンダーさまが失望(しつばう)落胆(らくたん)()発狂(はつきやう)したと()え、292(この)(あひだ)から行衛(ゆくゑ)(わか)らぬのだ。293(それ)()めに村中(むらぢう)(やま)()はず(たに)()はず(ひろ)野原(のはら)(まで)294(かへ)(もど)せと(かね)太鼓(たいこ)(さが)して()たのだが、295(いま)行衛(ゆくゑ)(わか)らぬので許嫁(いひなづけ)のある当家(たうけ)無音信(だま)つて()(わけ)には()かないので、296里庄(りしやう)(たの)まれ使(つかひ)()たのだ。297自分(じぶん)沢山(たくさん)乾児(こぶん)使(つか)つて昼夜兼行(ちうやけんかう)(さが)して()るのだが(いま)にわからないのだよ。298(じつ)(きの)(どく)(こと)出来(でき)たものだ。299(それ)のみならず300バラモン(ぐん)通過(つうくわ)(さい)村中(むらぢう)婦女(ふぢよ)誘拐(いうかい)し、301村民(そんみん)大変(たいへん)(こま)つて()る、302(なん)とかして一時(いちじ)(はや)所在(ありか)(さが)さねば303(この)インカだつて(をとこ)(かほ)()たないのだ』
304アンコ『アーさうか、305()れや()(どく)だ。306(おれ)もお(まへ)兄弟分(きやうだいぶん)となつて、307(ひと)捜索隊(さうさくたい)御用(ごよう)でも(つと)めようかなア、308アハヽヽヽ』
309インカ『ヤア、310()(かく)(おく)()つて報告(はうこく)()まして()るから、311(また)(あと)()つくり(はな)さうか』
312()ひながら足早(あしばや)にジャンクの(やかた)をさしてかけり()く。
313 かかる(ところ)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、314やつて()たのは照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)五人(ごにん)であつた。315アンコが厳重(げんぢう)(とざ)した(もん)(そと)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)()(なが)ら、
316照国(てるくに)『お(たの)(まを)す、317(たの)(まを)す』
318アンコ『ナヽ(なん)だ、319バラモン(けう)宣伝使(せんでんし)はお(ことわ)りだ。320宣伝使(せんでんし)なんかに(よう)はない。321トツトと(かへ)つて(くだ)さい。322当家(たうけ)心配事(しんぱいごと)出来(でき)(うへ)(した)へと大騒動(おほさうどう)だ。323そんな気楽(きらく)さうな(うた)(うた)つて()乞食(こじき)(くぐ)(もん)ぢやない。324トツトと()んで(もら)ひませうかい』
325梅公(うめこう)()(かみ)(この)()(なげ)きを(すく)はむが(ため)に、326(をしへ)御子(みこ)をつかはし門外(もんぐわい)()たせ(たま)へども、327奸悪(かんあく)なる()はこの御使(みつかひ)(むか)()(すく)はるる(こと)()らず、328(じつ)(あは)れむべきの(いた)りだ』
329大声(おほごゑ)叱呼(しつこ)した。
330タクソン『オイ門番(もんばん)331アンコにバンコ、332(おれ)主人(しゆじん)にお()()りのタクソンさまだぞ。333屋敷(やしき)難儀(なんぎ)(すく)ふべく三五教(あななひけう)活神様(いきがみさま)をお(むか)(まをし)()たのだ。334(なに)をグヅグヅして()るか。335サア(はや)()けたり、336()けたり』
337アンコ『エイ、338嬶盗(かかぬす)まれのタクソン()339(えら)さうに(ぬか)しやがる。340仕方(しかた)がない、341()けてやらう』
342(つぶや)(なが)ら、343(かんぬき)(はづ)し、344パツと(もん)(ひら)いた。
345タクソン『ヤア御苦労(ごくらう)346いつも元気(げんき)(かほ)をして()るなア、347結構(けつこう)々々(けつこう)
348()(なが)照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)案内(あんない)邸内(ていない)(ふか)(すす)()る。
349大正一三・一二・一五 旧一一・一九 於祥雲閣 加藤明子録)