霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 女白浪(をんなしらなみ)〔一六八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第2篇 容怪変化 よみ:ようかいへんげ
章:第7章 第66巻 よみ:おんなしらなみ 通し章番号:1689
口述日:1924(大正13)年12月16日(旧11月20日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6607
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 765頁 修補版: 校定版:99頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 デカタン高原中(かうげんちう)の、0011最高地(さいかうち)002(しか)地味(ちみ)(もつと)(こえ)たるトルマン(ごく)西北端(せいほくたん)に、003(くも)(そび)えた大高山(だいかうざん)がある。004樹木(じゆもく)密生(みつせい)して(ひる)(なほ)(くら)く、005猛獣(まうじう)毒蛇(どくだ)棲息(せいそく)するもの(もつと)(おほ)しと(つた)へられてゐる。006(これ)がオーラ(さん)である。007オーラ(さん)()ふのは008沢山(たくさん)(やま)(おな)(かたち)(なら)んでゐる意味(いみ)であつて、009数百里(すうひやくり)延長(えんちやう)し、010(この)区域(くゐき)をオーラ山脈(さんみやく)地帯(ちたい)(しよう)してゐる。011谷々(たにだに)より(なが)()づる(みづ)(いづ)れもオーラ(がは)(そそ)ぎ、012印度(いんど)縦断(じうだん)して印度洋(いんどやう)(そそ)有名(いうめい)大河(たいが)である。
013 (もと)バラモン(けう)修験者(しゆげんじや)たりしシーゴー(ばう)は、014片腕(かたうで)(たの)玄真坊(げんしんばう)(とも)(この)山脈(さんみやく)中心地(ちうしんち)015(すなは)ちオーラ(さん)根拠(こんきよ)(かま)へ、016(とき)(いた)るを()つて、017()づバルガン(じやう)占領(せんりやう)し、018(せい)(あつ)めてハルナの(みやこ)(おし)()せ、019大黒主(おほくろぬし)征伐(せいばつ)し、020印度(いんど)一国(いつこく)覇権(はけん)(にぎ)らむと、021三千(さんぜん)部下(ぶか)引連(ひきつ)れて山寨(さんさい)(つく)り、022オーラ(がは)利用(りよう)し、023一切(いつさい)挙兵(きよへい)準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)してゐた。024()第一(だいいち)必要(ひつえう)なのは軍資金(ぐんしきん)である。025(かれ)所在(あらゆる)方法(はうはふ)手段(しゆだん)(かう)じて金品(きんぴん)穀類(こくるゐ)(ならび)武器(ぶき)蒐集(しうしふ)する(こと)腐心(ふしん)してゐた。026オーラ(さん)中腹(ちうふく)には(やや)(ひろ)平地(へいち)があつて、027数里(すうり)(へだ)てた遠方(ゑんぱう)から、028幾抱(いくかか)えとも()れぬ大杉(おほすぎ)のコンモリとした(えだ)目立(めだ)つて()えてゐる。029シーゴー、030玄真坊(げんしんばう)二人(ふたり)(くび)(あつ)め、031秘密会(ひみつくわい)(ひら)いた。
032シーゴー『オイ玄真(げんしん)033計画(けいくわく)もおひおひ(ちよ)につき、034三千(さんぜん)部下(ぶか)(あつ)まつたが、035(しか)(なが)食料(しよくれう)欠乏(けつぼう)()ひ、036武器(ぶき)不足(ふそく)といひ、037到底(たうてい)(この)(まま)経過(けいくわ)すれば、038折角(せつかく)計画(けいくわく)画餅(ぐわへい)()するより(みち)はない。039(また)豺狼(さいらう)(ごと)部下(ぶか)統一(とういつ)せむとすれば、040食糧(しよくりやう)豊富(ほうふ)でなくては、041吾々(われわれ)命令(めいれい)()かなくなつて(しま)ふ。042(なん)()工夫(くふう)はあるまいかなア』
043玄真(げんしん)左様(さやう)(ござ)いますなア。044(わたし)もいろいろと思案(しあん)(いた)して()りますが、045(なん)()つてもバラモンの信仰(しんかう)(もつ)(かた)まつた(この)(くに)046(ひと)つの奇瑞(きずゐ)(あら)はし、047人心(じんしん)収攬(しうらん)し、048信仰(しんかう)(ちから)()つて、049金銭(きんせん)物品(ぶつぴん)(その)()武器(ぶき)献上(けんじやう)させては如何(いかが)(ござ)いませう。050(わたし)(これ)より(ほか)()方法(はうはふ)はなからうかと(ぞん)じます』
051シーゴー『成程(なるほど)052()(ところ)()がついた。053(おれ)(なが)らくバラモンの修験者(しゆげんじや)をやつてゐ(なが)ら、054宗教的(しうけうてき)信仰(しんかう)(もつ)人心(じんしん)収攬(しうらん)し、055大望(たいまう)(たつ)せむとする最善(さいぜん)方法(はうはふ)手段(しゆだん)()がつかなかつた。056(しか)(なが)()かる山奥(やまおく)()つて、057(ひと)(あつ)むるは容易(ようい)(こと)ではあるまい』
058玄真(げんしん)『サア(その)(こと)()いて、059(わたし)(あたま)(なや)めて()ります。060(さと)(ちか)()づれば(ひと)()りは(よろ)しいが、061秘密(ひみつ)漏洩(ろうえい)する(おそれ)がある。062(この)山奥(やまおく)()れば安全(あんぜん)ではありますが、063(ひと)(あつ)める(こと)容易(ようい)ではありますまい。064余程(よほど)(はな)(わざ)をして()せむ(こと)には、065(この)山奥(やまおく)愚夫(ぐふ)愚婦(ぐふ)をおびきよせる(こと)(むつか)しいでせう』
066シーゴー『(おれ)もいろいろ雑多(ざつた)(かんが)へてはみたが、067第一(だいいち)食糧(しよくりやう)窮乏(きうばふ)()げるやうな(こと)では(この)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)せない。068三千(さんぜん)部下(ぶか)泥棒(どろばう)(ばか)りさせてゐても、069結局(けつきよく)統一(とういつ)出来(でき)なくなり、070(つひ)には国民(こくみん)嫌悪(けんを)()怨府(ゑんぷ)となり、071大業(たいげふ)妨害(ばうがい)(きた)すであらう。072(なん)とか()方法(はうはふ)手段(しゆだん)(ひね)()せないものかなア』
073 両人(りやうにん)(くび)(かたむ)思案(しあん)()れてゐる。074そこへ岩窟(いはや)()()けて(つぎ)岩窟(いはや)から這入(はい)つて()たのは玄真坊(げんしんばう)(つま)ヨリコ(ひめ)であつた。
075ヨリコ『あゝこれはこれは親方様(おやかたさま)076旦那様(だんなさま)077(なに)()いお(はなし)出来(でき)てゐるやうですなア。078どうか(わたし)にも御招伴(おせうばん)さして(くだ)さいませ』
079シーゴー『ウーン、080イヤ、081(なん)でもない。082(あま)大原野(だいげんや)風景(ふうけい)()いので、083玄真(げんしん)殿(どの)眺望(てうばう)(ほしいまま)にしてゐた(ところ)だ』
084ヨリコ『ホヽヽヽ(めう)(こと)仰有(おつしや)いますな。085岩窟(いはや)()()めきつておき(なが)ら、086大原野(だいげんや)をみはらすの、087眺望(てうばう)()いのと、088子供(こども)(だま)すやうな御言葉(おことば)089(なに)(ほど)(かく)しなさつても、090貴方(あなた)(がた)(こころ)(おく)(まで)看破(かんぱ)して()りますよ』
091玄真(げんしん)『ナアニ、092本当(ほんたう)()てゐたのだよ。093(いま)(まへ)()一寸(ちよつと)(まへ)()()めた(ところ)だ』
094ヨリコ『ホヽヽヽ(うそ)(ばつか)り、095そんな白々(しらじら)しい(こと)仰有(おつしや)られますわい。096貴方(あなた)(がた)(わらは)(をんな)(あなど)097いつもコソコソとよからぬ御相談(ごさうだん)(ばか)りしてゐられますが、098(ちい)さい(あく)をするよりも一層(いつそう)(をとこ)らしう大悪(だいあく)をなさつたら()うですか。099大悪(だいあく)大善(だいぜん)()たり……といふ(こと)があるぢやありませぬか』
100玄真(げんしん)女神(めがみ)のやうな(やさ)しいお(まへ)にも()ず、101今日(けふ)(また)(ふと)(こと)()ふぢやないか。102人間(にんげん)(かは)れば(かは)るものだなア』
103ヨリコ『そらさうです(とも)104(しゆ)(まじ)はれば(あか)くなり、105(あさ)につれる(よもぎ)106門前(もんぜん)小僧(こぞう)(なら)はずに(きやう)()み、107勧学院(くわんがくゐん)(すずめ)蒙求(もうぎう)(さへづ)るとやら、108日日(ひにち)毎日(まいにち)悪党(あくたう)哲学(てつがく)実習(じつしふ)()けてゐるのですもの、109(あく)にかけたら、110出藍(しゆつらん)(ほまれ)ともいふべき(わたし)ですよ。111最早(もはや)(わたし)はタライの(むら)時代(じだい)のヨリコ(ぢやう)ではありませぬ。112比較的(ひかくてき)大悪党(だいあくたう)玄真坊(げんしんばう)(さま)宿(やど)(つま)113ホヽヽヽ随分(ずいぶん)発達(はつたつ)したものでせう』
114シーゴー『(なん)とマア感心(かんしん)だなア。115オイ玄真(げんしん)116(まへ)最早(もはや)安心(あんしん)だよ。117こんな有力(いうりよく)後援者(こうゑんしや)出来(でき)たのだから、118(おに)鉄棒(かなぼう)だ。119()いては(おれ)百万(ひやくまん)後楯(うしろだて)()()うだ。120あゝ愉快(ゆくわい)々々(ゆくわい)121オツホヽヽヽ』
122(かた)をゆすつて(わら)ふ。
123玄真(げんしん)成程(なるほど)124親方(おやかた)(おほせ)(とほ)り、125随分(ずいぶん)悪化(あくくわ)したものですわい。126オイ、127ヨリコ、128(じつ)(ところ)親方(おやかた)自分(じぶん)(たち)大望(たいまう)をお(まへ)(うち)()けて、129後援(こうゑん)して(もら)ひたいと喉元(のどもと)(まで)()てゐたが、130(なん)()つても名人(めいじん)()から(ぬけ)()たやうな、131嬋娟窈窕(せんけんえうてう)たる其方(そなた)132霊体一致(れいたいいつち)関係(くわんけい)から()ても、133優美(いうび)高尚(かうしやう)正直(しやうぢき)なお(まへ)(こころ)134こんな悪党(あくたう)(たく)らみを、135うつかりお(まへ)()かせて、136愛想(あいそ)をつかされ、137三年(さんねん)(こひ)一度(いちど)()め、138(おれ)()りすてて()(かへ)るか、139(ただし)自害(じがい)でもしてくれちや大変(たいへん)だと、140今日(けふ)()(まで)秘密(ひみつ)(こころ)(つつ)んでゐたのだが、141(まへ)にそれ(だけ)悪度胸(わるどきよう)があるとすれば、142(おれ)最早(もはや)大安心(だいあんしん)だ。143天下(てんか)(わが)()(ごと)(やが)てなるだらう。144テもさても愉快(ゆくわい)(こと)だわい、145アツハヽヽヽ』
146ヨリコ『(をつと)連添(つれそ)女房(にようばう)ぢや(ござ)いませぬか。147タライの(むら)(わが)()へお(とま)(くだ)さつた(とき)148どつかに一癖(ひとくせ)のある(おん)()なざし、149(この)(かた)(いづ)れは(ぜん)(あく)かは()らね(ども)150大業(たいげふ)(くはだ)てる快男子(くわいだんじ)だと直覚(ちよくかく)しましたので、151大恩(だいおん)ある(はは)()て、152可愛(かあい)(いもうと)(はな)れて、153貴方(あなた)心中立(しんぢうだて)をしたので(ござ)います。154ここ(まで)打明(うちあ)けた以上(いじやう)(けつ)して御心配(ごしんぱい)なく、155一切万事(いつさいばんじ)(わたし)相談(さうだん)()せて(くだ)さいませ』
156玄真(げんしん)(なん)とマア、157(をんな)といふ(もの)(わか)らぬものだなア。158(いな)159(おそ)ろしい(もの)だなア、160丸切(まるき)化物(ばけもの)だ。161()くマア、162こんな極悪(ごくあく)美人(びじん)()いて()て、163寝首(ねくび)をかかれなかつた(こと)だワイ、164アツハヽヽヽ』
165シーゴー『ウツフヽヽヽヽヽ、166ますます面白(おもしろ)くなつて()た。167(おに)(をつと)(じや)女房(にようばう)……とは()()つたものだ、168エツヘヽヽヽ』
169ヨリコ『もし親方様(おやかたさま)170(めづ)らし(さう)(なん)(ござ)いますか、171(をんな)魔物(まもの)(むかし)からいふぢやありませぬか。172(わたし)玄真坊(げんしんばう)(さま)三年(さんねん)(あひだ)(くら)してゐる()に、173時々(ときどき)()(よわ)(こと)()つたり、174()をはかなんだりなさる(たび)(ごと)に、175…エーエ腰抜(こしぬけ)野郎(やらう)だな、176一層(いつそう)(こと)177寝首(ねくび)をかいてやらうか。178イヤ()()現代(げんだい)(をとこ)といふ(やつ)179何奴(どいつ)此奴(こいつ)腰抜(こしぬけ)(ばか)りだ。180(ぜん)徹底的(てつていてき)(おこな)ふでもなければ、181(あく)徹底的(てつていてき)遂行(すゐかう)する快男児(くわいだんじ)もない。182世間(せけん)(をとこ)から(くら)べて()れば、183(この)玄真坊(げんしんばう)(さま)幾分(いくぶん)偽善(ぎぜん)悪辣(あくらつ)との手腕(しゆわん)が、184チツと(ばか)(まさ)つてゐるやうに(おも)つたので185自分(じぶん)()には()たないけれど、1851将来(しやうらい)(なに)使(つか)つてやる(とき)もあらうと、186(いま)(まで)辛抱(しんばう)してゐたのですよ、187オツホヽヽヽ。188玄真(げんしん)(さま)189(まこと)()みませぬが、190(けつ)して(わる)(おも)つて(くだ)さいますな。191(わたし)だつて時々(ときどき)(あい)(そそ)いでゐるでせう。192(なん)()つても人体(じんたい)自然(しぜん)()()つて(つき)一度(いちど)二度(にど)は、193発情期(はつじやうき)()()ますからねえ。194ひだるい(とき)のまづい(もの)なし、195(のど)(かわ)いた(とき)は、196泥田(どろた)(みづ)()めば甘露(かんろ)(あぢ)がするとやら、197本当(ほんたう)貴郎(あなた)は、198(わたし)唯一(ゆゐいつ)慰安者(ゐあんしや)でしたよ、199(せう)なる救世主(きうせいしゆ)でしたよ。200ホツホヽヽヽ』
201玄真(げんしん)『チエツー、202馬鹿(ばか)にしてゐる。203さうするとお(まへ)(おれ)威力(ゐりよく)(おそ)れて、204(こころ)ならずも服従(ふくじう)してゐたのだな。205そして時々(ときどき)情欲(じやうよく)(ほのほ)()すポンプに使(つか)つてゐたのだらう』
206ヨリコ『貴方(あなた)のポンプは人並(ひとなみ)(すぐ)れて(うま)(なみ)でしたよ。207(しか)(なが)(その)(かげ)でウツトコの孔口(こうこう)拡大(くわくだい)し、208東経(とうけい)百度(ひやくど)209北緯(ほくゐ)二百度(にひやくど)といふ大竜門洞(だいりうもんどう)(かたち)(づく)られたのですもの、210ホツホヽヽヽ』
211玄真(げんしん)『エー、212(まへ)男子(だんし)嘲弄(てうろう)するのか』
213ヨリコ『ホヽヽヽさうです(とも)214聖人(せいじん)言葉(ことば)にも、215長老(ちやうらう)(うやま)へといふぢやありませぬか。216所謂(いはゆる)217貴方(あなた)(たい)して嘲弄(てうろう)するのは結局(けつきよく)敬意(けいい)(へう)してゐたのですワ。218それに時々(ときどき)(をんな)(くさ)つたやうな、219チヨロ(くさ)泣言(なきごと)仰有(おつしや)るのを()(たび)(ごと)に、220(むね)がムカムカ(いた)しましたよ。221和尚(おしやう)()長老(ちやうらう)(くさ)いといひますからね。222時々(ときどき)(まる)(みづ)(なか)()をひつたやうな、223(つか)まへ(どころ)のない計画(けいくわく)をしては失敗(しつぱい)をなさるのだもの、224カラツキシ信用(しんよう)がおけないぢやありませぬか』
225玄真(げんしん)『あーあ、226大変(たいへん)女帝様(によていさま)女房(にようばう)()つたものだなア』
227ヨリコ『コリヤ面白(おもしろ)い、228(わたし)女帝様(によていさま)()ひましたね。229(うやま)()ぐれば(れい)(しつ)するとか(まをし)まして、230貴方(あなた)(わたし)(たい)し、231軽侮(けいぶ)嘲笑(てうせう)(まと)として(ござ)るのでせう。232(しか)(なが)愚弄的(ぐろうてき)にもせよ、233軽侮的(けいぶてき)にもせよ、234女帝(によてい)といはれた(その)言霊(ことたま)は、235(わたし)()つては身魂(みたま)相応(さうおう)236(じつ)感謝(かんしや)(いた)します、237ホツホヽヽヽ』
238シーゴー『コレコレ女帝(によてい)さま、239大変(たいへん)馬力(ばりき)ぢやありませぬか』
240ヨリコ『ハイ、241馬力(ばりき)(どころ)か、242象力(ざうりき)ですよ。243大象(だいざう)(をんな)黒髪(くろかみ)一筋(ひとすぢ)にて()かれると()ふぢやありませぬか。244男子(だんし)馬力(ばりき)245(これ)詳説(しやうせつ)すれば馬鹿力(ばかりき)()ひ、246(をんな)所謂(いはゆる)象力(ざうりき)です。247(ざう)(ぞう)(つう)248()(まで)男子(だんし)憎悪(ぞうを)して()つても女子(ぢよし)精神(せいしん)()らず、249(おれ)(ほれ)てゐるに(ちがひ)ないと大変(たいへん)馬鹿力(ばかりき)()象憎悪(ぞうぞお)しくも、250主人面(しゆじんづら)をさげて(をさ)まり(かへ)つてゐるのが世間一般(せけんいつぱん)男子(だんし)病患(びやうくわん)ですワ。251本当(ほんたう)男子(だんし)といふ(もの)(あは)れな代物(しろもの)ですよ。252ホツホヽヽ』
253シーゴー『これは()しからぬ、254天下無双(てんかむさう)勇士(ゆうし)二人(ふたり)手玉(てだま)()つて罵詈(ばり)嘲弄(てうろう)(ほしいまま)にし、255絶対(ぜつたい)無限(むげん)侮辱(ぶじよく)(あた)へるとは言語道断(ごんごだうだん)代物(しろもの)だ。256キツト(かたき)()つて()げますから、257(その)覚悟(かくご)をなさるが()からう』
258ヨリコ『ホヽヽヽヽお()(さはり)ましたら、259御免(ごめん)(くだ)さいませ。260(この)女帝(によてい)世間(せけん)普通(ふつう)一般(いつぱん)のガラクタ男子(だんし)(たい)し、261万丈(ばんぢやう)気焔(きえん)()いた(まで)です。262貴方(あなた)のやうな(をとこ)(なか)(をとこ)263天晴(あつぱれ)偉丈夫(ゐぢやうぶ)(たい)しては例外(れいぐわい)ですワ。264(わたし)265(じつ)(ところ)はシーゴー(さま)本当(ほんたう)()きなのよ、266ねー、267シーゴー(さま)268(かしら)純白(じゆんぱく)(ゆき)(いただ)(なが)ら、269(その)艶々(つやつや)しいお(かほ)270(これ)()所謂(いはゆる)白髪(はくはつ)童顔(どうがん)とでも(まを)しませうか。271(まる)()(ごふ)()狒々公(ひひこう)のやうですワ。272ヒヽヽヽ』
273シーゴー『これはしたり、274()しからぬ女帝(によてい)のお言葉(ことば)275益々(ますます)(もつ)八尺(はちしやく)男子(だんし)を、276讒誣嘲笑(ざんぶてうせう)なさるか』
277ヨリコ『滅相(めつさう)もない、278ここに玄真坊(げんしんばう)(さま)がゐらつしやるぢやありませぬか』
279シーゴー『エヘヽヽヽヽヽ、280()めたり、281くさしたり、282()げたり()ろしたり、283(なに)(なん)だかチツトも(わけ)(わか)らない。284瞹昧(あいまい)模糊(もこ)として(りう)(ごと)(かすみ)(ごと)く、285吾々(われわれ)馬力(ばりき)では到底(たうてい)(その)首尾(しゆび)捕捉(ほそく)することは出来(でき)ぬワイ、286エツヘヽヽヽヽヽ』
287ヨリコ『(わたし)(その)白髪(はくはつ)童顔(どうがん)大変(たいへん)()()つてますのよ。288大政党(だいせいたう)(ひき)つれ、289平民(へいみん)大臣(だいじん)として(とき)めきわたり(あそ)ばす大資格(だいしかく)(そな)はつてゐるのですもの。290(しか)(なが)用心(ようじん)なさいませよ。291停車場(ていしやぢやう)(ひと)ごみの(なか)を、292何時(いつ)中岡(なかをか)艮一(こんいち)(あら)はれるか()れませぬからね、293オツホヽヽヽ』
294シーゴー『未来(みらい)における自転倒島(おのころじま)総理(そうり)大臣(だいじん)とは縁起(えんぎ)()い。295(しか)(なが)296刺客(しかく)()(こと)(だけ)真平(まつぴら)だ』
297ヨリコ『そらさうです(とも)298古今無双(ここんむそう)のナイスに()れられて、299(その)(うへ)権力(けんりよく)天下(てんか)(なら)びなく、300()ふては(ねむ)窈窕(えうてう)美人(びじん)(ひざ)301()めては(にぎ)堂々(だうだう)天下(てんか)(けん)……と(さけ)機嫌(きげん)(うた)つてゐると、302そこへキツト刺客(しかく)(あら)はれやうまいものでもありませぬよ。303(こひ)(かたき)とやらいふ曲神(まがかみ)(あら)はれましてね』
304シーゴー『(その)刺客(しかく)といふのは、305一体(いつたい)どんな(やつ)だ』
306ヨリコ『ホヽヽヽヽヽ、307此処(ここ)では一寸(ちよつと)差支(さしつかへ)ますが、308ゲのつく色男(いろをとこ)さまですよ。309御用心(ごようじん)なさいませ』
310玄真(げんしん)『コリヤ、3101女帝(によてい)311(なん)といふ暴言(ばうげん)()くのだ。312亭主(ていしゆ)馬鹿(ばか)にするのか。313モウ今日(こんにち)(かぎ)り、314貴様(きさま)のやうな()(おほ)不卓腐(ふてくさ)れには(ひま)(つか)はさぬワイ』
315ヨリコ『ホヽヽヽ、316あのマア(めう)(かほ)ワイの、317(まる)()古狸(ふるだぬき)()(そこな)つたやうだワ』
318シーゴー『何時(いつ)(まで)女帝(によてい)さまに嘲弄(からかわ)れて()つても事務(じむ)進捗(しんせふ)せない。319サア、320(これ)(これ)切上(きりあ)げて、321本問題(ほんもんだい)討議(たうぎ)にかからうぢやないか。322なア玄真坊(げんしんばう)
323玄真(げんしん)左様(さやう)(ござ)います。324女帝(によてい)女帝(によてい)として、325(くも)(ふか)(まつ)()げておき、326親分(おやぶん)さまと(わたし)肝胆(かんたん)相照(あひて)らし、327唇歯輔車的(しんしほしやてき)関係(くわんけい)益々(ますます)密接(みつせつ)にし、328空前(くうぜん)大業(たいげふ)につき最善(さいぜん)方法(はうはふ)協議(けふぎ)(いた)さうぢやありませぬか』
329シーゴー『よからう。330(しか)しヨリコさまに()つて(もら)つちや(いささ)(はばか)るやうだ。331失礼(しつれい)ながら御退席(ごたいせき)(ねが)ひませうか』
332ヨリコ『ホヽヽ頓馬(とんま)野郎(やらう)(ばか)りが(くび)(あつ)めて、333(なに)(ほど)メートルを()げたつて、334馬力(ばりき)をかけたつて、335到底(たうてい)(ろく)相談(さうだん)(まと)まりますまい。336今日(こんにち)(まで)貴方(あなた)(がた)御手腕(ごしゆわん)念入(ねんい)りに拝見(はいけん)さして(いただ)いて()りますワ。337……(をんな)(さか)しうして(うし)()(そこな)ふとやら、338(あるひ)女子(ぢよし)小人(せうじん)(やしな)(がた)しとやら、339七人(しちにん)()はなす(とも)340(をんな)大事(だいじ)をあかすなとやら、341(をんな)嫉妬(しつと)権化(ごんげ)だとか、342悪魔(あくま)化身(けしん)だとか、343婦女子(ふぢよし)(げん)(しん)(べか)らず……とか今時(いまどき)男子(だんし)自分(じぶん)馬鹿(ばか)(たな)()げて、344交際場裡(かうさいぢやうり)(はな)ともいふべき婦人(ふじん)(たい)冷笑(れいせう)軽侮(けいぶ)(もつ)(むか)へてをりますが、345(をんな)だつて、3451さう()てたものではありませぬよ。346本当(ほんたう)英雄(えいゆう)(をんな)にあるのですからなア。347よく(かんが)へて御覧(ごらん)なさい、348釈迦(しやか)孔子(こうし)もキリストも(みな)(をんな)玉門(ぎよくもん)から()()されたものぢやありませぬか。349(わたし)がここに()りまして、350邪魔(じやま)になるとは(きこ)えませぬよ。351(じつ)(ところ)()へば、352表面(へうめん)貴方(あなた)(がた)親方様(おやかたさま)……とか、353御主人様(ごしゆじんさま)とかいつて面従(めんじゆう)して()りますが、354うしろ()いては(した)()し、355……()るに()らない、356腑甲斐(ふがひ)ない、357ケチな野郎(やらう)だなア……と、358何時(いつ)子供(こども)(あつかひ)にして()るのですよ。359どうですか、360貴方(あなた)(がた)361(わたし)智慧(ちゑ)宝庫(はうこ)として尊重(そんちよう)し、362(この)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)する(かんが)へは(ござ)いませぬか。363馬鹿(ばか)野郎(やらう)や、364下司(げす)智慧(ちゑ)到底(たうてい)天下(てんか)()れませぬよホヽヽヽ。365雑言無礼(ざふごんぶれい)(だん)御勘弁(ごかんべん)(ねが)ひます』
366傍若無人(ばうじやくぶじん)なヨリコ(ひめ)言葉(ことば)に、367さしも兇悪(きようあく)なる二人(ふたり)(あき)()て、368少時(しばし)言葉(ことば)()なかつた。
369ヨリコ『ホヽヽヽヽヽ大胆不敵(だいたんふてき)(をんな)思召(おぼしめ)すでせうが、370(この)(くらゐ)(こと)(おどろ)くやうな貴方(あなた)(がた)なれば最早(もはや)()るには()らない、371()なつと()んで()んだ(はう)が、372余程(よつぽど)(をとこ)らしいですよ』
373シーゴー『イヤ、374女帝様(によていさま)375今日(けふ)から貴女(あなた)部下(ぶか)にして(くだ)さい。376キツト御命令(ごめいれい)服従(ふくじう)(いた)します』
377ヨリコ『(けつ)して間違(まちがひ)はありますまいな』
378シーゴー『バラモン男子(だんし)一言(いちごん)岩石(がんせき)(ごと)(うご)きませぬ』
379ヨリコ『(よろ)しい、380そんなら今日(けふ)から女帝(によてい)部下(ぶか)ですよ。381(いま)(まで)親方(おやかた)々々(おやかた)尊敬(そんけい)してゐましたが、382今日(けふ)からはシーゴーと()びつけを(いた)しますから、383(その)覚悟(かくご)をなさいませ』
384シーゴー『ハイ、385一切万事(いつさいばんじ)386徹頭徹尾(てつとうてつび)387絶対服従(ぜつたいふくじゆう)(ちか)ひます』
388ヨリコ『ホヽヽヽ、389善哉(ぜんざい)々々(ぜんざい)390コレコレ玄真(げんしん)さま、391(まへ)()うする(かんが)へだい』
392玄真(げんしん)『お(まへ)大親分(おほおやぶん)になつて、393シーゴーさまを乾児(こぶん)とした以上(いじやう)は、394(おれ)はお(まへ)(をつと)だ。395(まへ)地位(ちゐ)(たか)まると(とも)(おれ)地位(ちゐ)(たか)まるのが当然(たうぜん)帰結(きけつ)ぢやないか。396馬鹿(ばか)質問(しつもん)をするものぢやないワ、397アツハヽヽヽヽ』
398ヨリコ『ホヽヽヽヽ何時(いつ)(まで)(むし)のよい、399唐変木(たうへんぼく)だこと、400(もの)(わか)らぬと()つても、401(あま)りぢやないか。402最前(さいぜん)からの女帝(によてい)言葉(ことば)にチヨコチヨコと(あら)はれてゐるのが、403(まへ)さまは()がつかないのかい。404最早(もはや)今日(けふ)となつては、405ヨリコ女帝(によてい)部下(ぶか)ですよ』
406玄真(げんしん)『コリヤコリヤ女帝(によてい)407まだ三行半(みくだりはん)(わた)した(こと)もなし、408さうお(まへ)(はう)できめて(もら)つても此方(こちら)(はう)承諾(しようだく)はしてゐないぢやないか』
409ヨリコ『三行半(みくだりはん)四行半(よくだりはん)()りますか、410承諾(しようだく)妄宅(せふたく)もあつたものですか。411(まへ)もモチツと勉強(べんきやう)して(この)女帝(によてい)をへこます(だけ)実力(じつりよく)具備(ぐび)したならば、412(ふたた)夫婦(ふうふ)になつて()げませう。413それ(まで)夫婦(ふうふ)たる権利(けんり)撤回(てつくわい)しますよ』
414玄真(げんしん)『コレ、415シーゴーさま、416あんな(こと)()ひますワ、417チツと()挨拶(あいさつ)をして(くだ)さいな』
418シーゴー『エー、419(きみ)420断念(だんねん)(たま)へ、421(きみ)夫婦(ふうふ)提灯(ちやうちん)釣鐘(つりがね)だ。422到底(たうてい)智慧(ちゑ)()ひ、423(ちから)といひ、424不相応(ふさうおう)夫婦(ふうふ)関係(くわんけい)永続(えいぞく)(むつ)かしいよ。425それよりも一層(いつそう)(こと)426(この)女帝(によてい)謀師(ぼうし)とし、427日頃(ひごろ)大望(たいまう)成就(じやうじゆ)させようぢやないか。428女帝(によてい)承諾(しようだく)もなしに形式的(けいしきてき)夫婦(ふうふ)だなんて(あい)のない夫婦関係(ふうふくわんけい)険難(けんのん)だよ。429最前(さいぜん)女帝(によてい)()つただらう、430……幾度(いくど)幾度(いくど)もこの頓馬野郎(とんまやらう)431寝首(ねくび)をかいてやらうと(おも)つたか()れぬ……との御託宣(ごたくせん)432あれを()いた(とき)や、433(おれ)体内(たいない)地震(ぢしん)勃発(ぼつぱつ)したよ。434本当(ほんたう)(うで)(すご)い、435豪胆(がうたん)女帝様(によていさま)だ、436モウ(あきら)めて(しま)へ。437それよりも沢山(たくさん)乾児(こぶん)(めい)じ、438世界(せかい)美人(びじん)誘拐(いうかい)して()て、439()()見取(みど)り、440不義(ふぎ)快楽(けらく)(ふけ)つた(はう)(なに)(ほど)(をとこ)らしいか()れないよ。441ヨリコ女帝(によてい)(ばか)りが(をんな)ぢやあるまいし、442男子(だんし)はモウ(すこ)(こころ)(ひろ)()たないと駄目(だめ)だよ』
443玄真(げんしん)『エー、444仕方(しかた)がない、445(おも)()つて、446(をつと)権利(けんり)放棄(はうき)します。447どうか女帝様(によていさま)448今日(こんにち)只今(ただいま)よりシーゴーの親分(おやぶん)同様(どうやう)可愛(かあい)がつて使(つか)つて(くだ)さい』
449ヨリコ『ヨシヨシ、450シーゴーは左守(さもり)451玄真(げんしん)右守(うもり)452三位一体(さんみいつたい)となつて、453天下(てんか)経綸(けいりん)(おこな)ひませう』
454 (ここ)二人(ふたり)はヨリコ(ひめ)絶対的(ぜつたいてき)権利(けんり)賦与(ふよ)し、455いよいよ大陰謀(だいいんぼう)計画(けいくわく)にかかる(こと)となつた。456密議(みつぎ)次第(しだい)次章(じしやう)(おい)(あきら)かになるであらう。
457オーラ(さん)(しこ)(あらし)(つよ)くして
458四方(よも)草木(くさき)(なや)()しなむ。
459(をんな)てふものの(つよ)きを(いま)()
460(しこ)曲霊(まがつ)のまつらふみれば。
461大正一三・一二・一六 旧一一・二〇 於祥雲閣 松村真澄録)