霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 谷底(たにぞこ)(えん)〔一六九一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第2篇 容怪変化 よみ:ようかいへんげ
章:第9章 第66巻 よみ:たにぞこのえん 通し章番号:1691
口述日:1924(大正13)年12月16日(旧11月20日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6609
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 777頁 修補版: 校定版:129頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 オーラ(さん)谷間(たにあひ)には蒼味(あをみ)だつた(みづ)が、002()なり(ひろ)(なが)れをなして(しづか)(なが)れて()る。003これより七八丁(しちはつちやう)(うへ)(のぼ)ると非常(ひじやう)(けは)しい(たき)(ごと)水流(すいりう)であるが、004最早(もはや)(この)地点(ちてん)(みづ)(なが)れも(ゆる)やかにして(そこ)(ふか)く、005(ふか)池水(いけみづ)のやうな調子(てうし)である。006この(かは)には新旧(しんきう)数多(あまた)(ふね)無数(むすう)()かべられ運搬用(うんぱんよう)(きよう)されて()た。007日々(にちにち)四方(しはう)より()(はこ)(きた)物品(ぶつぴん)鉄線(てつせん)滑車(くわつしや)との作用(さよう)によりて、008天王(てんわう)(もり)(ほこら)床下(ゆかした)から逆落(さかおと)しに谷間(たにあひ)(おと)し、009(これ)(ふね)満載(まんさい)してホールの(かく)()(おく)るのを乾児(こぶん)(ども)仕事(しごと)として()た。010沢山(たくさん)乾児(こぶん)(ども)奔命(ほんめい)(つか)(やや)倦怠(けんたい)気分(きぶん)(しやう)じ、011そろそろ食料(しよくれう)粗悪(そあく)なるを(いきどほ)り、012二百名(にひやくめい)(ばか)同盟(どうめい)脱退(だつたい)(はか)つてゐた。013三千(さんぜん)部下(ぶか)七分(しちぶ)(どほり)各地(かくち)へいろいろのよからぬ用務(ようむ)(おび)()らばつて()たのである。014そこへシーゴーの親分株(おやぶんかぶ)がパンクと(とも)に、015沢山(たくさん)珍味(ちんみ)佳肴(かかう)や、0151豊醇(ほうじゆん)(さけ)をつり(おろ)した。016ニコニコしながらシーゴーは一同(いちどう)(むか)つて()ふ。
017シーゴー『(みな)乾児(こぶん)(ども)018(まへ)(たち)には大変(たいへん)(ほね)()らした。019(じつ)に、020女帝様(によていさま)(はじ)吾々(われわれ)幹部(かんぶ)感謝(かんしや)をして()るのだ。021今日(けふ)(さいは)沢山(たくさん)のお(そな)(もの)があつたから、022腹一杯(はらいつぱい)美味(びみ)佳肴(かかう)()ひ、023(さけ)でも()んで元気(げんき)をつけ大活動(だいくわつどう)をやつて(もら)ひたい。024女帝様(によていさま)からも(みな)(もの)(よろ)しく(つた)へて()れと仰有(おつしやつ)たぞ』
025 (この)(こゑ)一同(いちどう)(いま)(まで)不平面(ふへいづら)何処(どこ)へやら、026酒肴(しゆかう)()いて恵比須(ゑびす)のやうな(かほ)になり、027拍手(はくしゆ)(こゑ)(たに)木魂(こだま)(ひび)かせ、028(かみなり)()つる(ごと)(いきほひ)であつた。
029パンク『オイ、030(みな)(やつ)031(まへ)(たち)やア ブツブツと不平(ふへい)()らして()たが、032女帝(によてい)さまだつて親分(おやぶん)さまだつて、033(まへ)(たち)苦労(くらう)はよく御存(ごぞん)じだ。034今日(けふ)女帝様(によていさま)思召(おぼしめし)で、035()(こと)もないやうな御馳走(ごちそう)(いただ)くのだから、036感謝(かんしや)したらよからうぞ』
037(かふ)『オイ、038パンクさま、039(まへ)骨折(ほねをり)(ひさ)(ぶり)結構(けつこう)飲食(おんじき)にありつくのだ。040毎日(まいにち)日日(ひにち)(あは)(きび)口腹(こうふく)()たして()ても、041骨離(ほねばな)れがしさうで(おも)ふやうな活動(くわつどう)出来(でき)なんだが、042かう結構(けつこう)(あぶら)をさして(もら)へば、043機関(きくわん)円滑(ゑんくわつ)運転(うんてん)するだらう。044女帝(によてい)さまに(よろ)しく(まを)して()れ。045一同(いちどう)代表(だいへう)してお(れい)(まを)しておく』
046パンク『ヨシヨシ、047キツト(つた)へて()かう、048女帝様(によていさま)もお(まへ)(たち)機嫌(きげん)()(かほ)御覧(ごらん)になつたら049屹度(きつと)満足(まんぞく)なさるだらう。050シーゴー、051玄真坊(げんしんばう)(さま)親分(おやぶん)御満足(ごまんぞく)なり、052(おれ)(たち)満足(まんぞく)だ。053貴様(きさま)(たち)(おほ)いに満足(まんぞく)だらうアハヽヽヽ』
054(わら)ひつつ女帝(によてい)居室(きよしつ)()して急阪(きふはん)(のぼ)()く。055鯨飲馬食(げいいんばしよく)(えん)無雑作(むざふさ)(ひら)かれた。056(さけ)がなければ悄気(せうげ)(かへ)り、057(あを)(かほ)をしてブツブツ不平(ふへい)()らし、058(さけ)(くら)()(はら)()つれば(また)もや(おこ)つたり、059()いたり叫喚(わめ)いたり(なぐ)(あひ)をしたり、060()うにもかうにも始末(しまつ)におへぬガラクタ(ばか)りが(あつ)まつて()るのだから、061容易(ようい)(こと)統御(とうぎよ)出来(でき)ない。062泥棒(どろばう)親分(おやぶん)になるのも063(あゝ)(また)(かた)(かな)である。064そろそろ()ひが(まは)()すと彼処(あちら)にも此処(こちら)にも(にご)りきつた言霊戦(ことたません)開始(かいし)された。
065(かふ)『オイ(みな)(やつ)066()加減(かげん)(くら)うとかぬか、067(なん)だ、068アタ(いや)らしい、069チヨンチヨンと(した)()ちをしやがつて、070おまけに(さら)()めたり(はし)()ぶつたり、071まるきり乞食(こじき)所作(しよさ)ぢやないか、072エーン、073(いや)しいものだなア。074オーラ(がは)(くひ)ぢやないが、075大食(おほぐひ)長食(ながぐひ)とは貴様(きさま)()(こと)だ。076(ふんどし)河流(かはなが)れで、077()ひにかかつたら(はな)れぬと()代物(しろもの)だからなア。078餓鬼(がき)みたやうな(やつ)行動(かうどう)(とも)にするのは、079本当(ほんたう)(なさけ)ないわ。080チヨツ081(いや)になつて(しま)ふ』
082(おつ)『ナヽヽ(なん)だ、083(なに)(いや)しいのだい。084(いやし)くもオーラ(さん)山寨(さんさい)割拠(かつきよ)するヨリコ女帝様(によていさま)吾々(われわれ)輩下(はいか)だ。085まるで(ちり)(ほこり)(はうき)()くやうな(こと)(ぬか)すと086此方(こつち)にも了見(れうけん)があるぞ』
087(かふ)『アハヽヽヽ、088その了見(れうけん)()かして(もら)はうかい』
089(へい)『(浄瑠璃)計略(けいりやく)()義心(ぎしん)()ひ、090かほどの(けらい)()(なが)ら、091了見(れうけん)もあるべきに、092(あさ)(たく)みの塩谷(えんや)殿(どの)093(いま)忠義(ちうぎ)戦場(せんぢやう)の、094御馬前(おんうまさき)にて(つく)さばやと、095(おも)へば無念(むねん)()ぢふさがる、096(むね)七重(ななへ)(もん)()も、097()るるは(なみだ)(ばか)りなり、098ジヤン、099ジヤンジヤン、100アハヽヽ。101オイ(かふ)102(おつ)103(うた)でも(うた)つて機嫌(きげん)(なほ)したらどうだ。104結構(けつこう)(さけ)(いただ)いて小言(こごと)()ふと()(こと)があるものか、105冥加(みやうが)()らずの(やつ)だなア。106女帝様(によていさま)のお(こころざし)(なん)心得(こころえ)()るんだ』
107(かふ)『エー、108(なに)(ぬか)しやがるのだ。109女帝(によてい)(こころざし)()いて(あき)れるわ。110自分(じぶん)計略(けいりやく)をもつて愚夫(ぐふ)愚婦(ぐふ)懐中(くわいちう)(まき)あげ、111そして(おれ)(たち)振舞(ふるま)つてやるのなんのとはおとましいわい。112自分(じぶん)(あせ)(あぶら)(なが)して(つく)つた飲食(おんじき)でもあるまいし、113(たとへ)()へば114(この)(かは)(なか)(はい)つて115(まへ)(おれ)とが(みづ)()びて()(とき)116(その)手許(てもと)から(みづ)(すく)つて(おれ)(くち)()れて()れたやうなものだ』
117(へい)『そんな水臭(みづくさ)(こと)()ふない。118女帝様(によていさま)(きこ)えたらどうするのだ』
119(かふ)(きこ)えたらどうだい。120何奴(どいつ)此奴(こいつ)もそつと(もの)した(もの)を、121(おれ)(たち)にものして()れる(だけ)(こと)ぢやないか。122いつも(おれ)(たち)(はたら)かして(その)上前(うはまへ)をとり、123大将然(たいしやうぜん)(かま)へて()るのだから、124地部下(ぢぶした)(おれ)(たち)(たま)らないわ。125たまに(さけ)一杯(いつぱい)二杯(にはい)()まして()れたつて(おん)()理由(りいう)もなし、126(また)(おん)()せる理由(りいう)()いのだ。127つまり、128(えう)するに、129結局(けつきよく)(おれ)(たち)(もの)して、1291()(もの)(おれ)(たち)()うやうなものぢや。130部下(ぶか)(いのち)()けの仕事(しごと)をさして()いて、131自分(じぶん)(たか)(ところ)にとまり、132吾々(われわれ)(あご)使(つか)ひ、133女帝(によてい)だの(なん)のとほんとに忌々(いまいま)しいぢやないか。134(どぢやう)(なん)ぞのやうに(おれ)(たち)不平(ふへい)(むし)(さけ)(ころ)さうと(おも)つたつて、135そんな奸策(かんさく)()(やつ)があるか。136(おれ)137(さけ)()めと(ぬか)しやがつた(とき)にや、138(はら)(なか)癇癪(かんしやく)(むし)がグルグルと喉元(のどもと)()りやがつて、139()()しよつたのだ。140アタ(あぢ)なくも()(さけ)滅多(めつた)矢鱈(やたら)(しひ)られて、141(おれ)だつて(たま)つたものぢやない。142其辺(そこら)(やま)()(いは)(くさ)も、143天手古舞(てんてこまひ)をさらすなり、144(おれ)(からだ)(ちう)()()げらるるなり、145本当(ほんたう)にひどい()()はすぢやないか。146エヽ怪体(けつたい)(わる)い、147もう(これ)から(さけ)などは一杯(いつぱい)()んでやらぬわい、148とは()はぬわい』
149(おつ)『エヘヽヽヽ、150(なん)だか()らぬが、151(おれ)結構(けつこう)(さけ)()ひ、152脂肪(あぶらつ)()御馳走(ごちそう)(あづ)かつて(なん)とも()へぬ気分(きぶん)だ。153(しか)(なが)脂肪気(あぶらけ)(おほ)食物(しよくもつ)(ちつと)ひつこいな』
154(へい)『さうだ155一寸(ちよつと)ひつこいはひつこいが、156(しか)しひつこう(うま)いぢやないか、157(おれ)はもうグンドサが破裂(はれつ)しさうだ。158どうれ159パサパーナでもやつてこうかな』
160()(なが)()(あが)らうとして()(くら)み、161(また)もやドスンと(その)()(こし)()ろした。
162(かふ)(なん)(その)(ざま)ア、163(こし)(なに)()けて()るぢやないか』
164(へい)(なに)165(いま)御輿(みこし)()ろした(ところ)だ。166(しか)(なが)ら、167かう(あし)()たぬ(ところ)(まで)結構(けつこう)酒肴(しゆかう)(いただ)いて、168精神(せいしん)(まさ)恍惚(くわうこつ)とし、169天国(てんごく)(あそ)ぶやうな気分(きぶん)になつたのも、170(みんな)女帝様(によていさま)のお(かげ)だよ。171よく(かんが)へて()よ、172シーゴーの(やつ)大親分(おほおやぶん)として威張(ゐば)つてけつかつた(とき)自分(じぶん)(ばか)()つて、173手下(てした)(やつ)には(さけ)一杯(いつぱい)()めとは(ぬか)しやがらなかつたぢやないか。174ヨリコ(ひめ)(さま)大親分(おほおやぶん)()つて(かは)られてから、175(すぐ)(さま)かふいふ結構(けつこう)御馳走(ごちそう)(くだ)さつたのだ。176それを(おも)へば今度(こんど)女帝様(によていさま)は、177吾々(われわれ)(たい)する慈母(じぼ)だ。178(をが)(たてまつ)らぬと(ばち)(あた)るぞよ、179バヽ(ばち)が……』
180(かふ)(なに)181さう有難(ありがた)がるには(およ)ばないわ。182あいつ()鮟鱇(あんかう)海月(くらげ)(わに)集合(しふがふ)団隊(だんたい)だから、183(しまひ)(はて)には吾々(われわれ)をよい食物(くひもの)にしやがるのだ。184それだから(おれ)最初(さいしよ)に、185もう脱退(だつたい)しようと()つたぢやないか』
186(おつ)三人(さんにん)親分(おやぶん)が、187鮟鱇(あんかう)だとか、1871(わに)だとか海月(くらげ)だとか貴様(きさま)()ふが、188一体(いつたい)鮟鱇(あんかう)()ふのは(たれ)だい』
189(かふ)『ヘン、190(わか)らぬ(やつ)だなア、191女帝(によてい)鮟鱇(あんかう)で、192玄真坊(げんしんばう)(わに)でシーゴーの(やつ)海月(くらげ)だ。193鮟鱇(あんかう)()(やつ)はな、194(ぬま)(そこ)(うみ)(そこ)にじつと潜伏(せんぷく)しやがつて、195(あたま)から(ほそ)(ほそ)(いと)(やう)(もの)水面(すいめん)にニユツと()かべ、196(その)(さき)(はな)とも(むし)とも(わか)らぬやうな肉塊(にくくわい)をつけ、197いろいろの(うを)()()があると(おも)つて(その)肉塊(にくくわい)()ひに()くと、198チクチクと(つな)手繰(たぐり)199自分(じぶん)(くち)()(とき)にガブリとやるのだ。200(いま)()(なか)にはこの鮟鱇(あんかう)()たやうな(やつ)が、201女帝(によてい)のみならず沢山(たくさん)()るよ。202さういふ代物(しろもの)(しよう)して鮟鱇(あんかう)主義(しゆぎ)生活(せいくわつ)()ふのだ』
203(おつ)『ハヽヽヽヽ、204そいつは面白(おもしろ)い。205そして玄真坊(げんしんばう)(わに)理由(りいう)()かして()れい』
206(かふ)『ヨシ、207()かしてやらう、208(なん)でも()(なか)(わか)らない(こと)があつたら、209(おれ)()くのだな。210(そもそも)(わに)()(やつ)は、211(からだ)にも似合(にあ)はぬ(おほ)きな(くち)をしやがつて(その)(くち)(なか)()(はしくれ)枯枝(かれえだ)なんかを(いつ)ぱい()め、212小魚(こうを)どもがよい(かく)()があると(おも)つて悠々(いういう)這入(はい)つて()(やつ)をソツと(した)()してグイグイと(はら)(なか)()()()み、213自分(じぶん)(はら)(こや)(やつ)だ。214あの大杉(おほすぎ)()(した)(ぢん)(かまへ)て、215()つて()有象無象(うざうむざう)や、216小雑魚(こざこ)などを引張(ひつぱ)()むやり(かた)()ふものは、217まるで(わに)そつくりぢやないか』
218(おつ)『ウン成程(なるほど)219こいつは面白(おもしろ)い、220(ついで)に、221シーゴー親分(おやぶん)海月(くらげ)だと()因縁(いんねん)()かして(もら)はうかい』
222(かふ)海月(くらげ)()(やつ)(ほね)()ければ、223ロクに(かほ)()(やつ)だ。224そして(なが)たらしい()幾条(いくすぢ)幾条(いくすぢ)()きづりやがつて(なみ)のまにまに(ただよ)(なが)ら、225(おれ)(たち)のやうな小雑魚(こざこ)沢山(たくさん)(まる)(かさ)(した)(かく)し、226親分(おやぶん)気取(きどり)保護(ほご)して()やがるのだ。227さうすると(ちつと)(ばか)(おほ)きな(うを)が、228その小魚(こうを)()らうと(おも)つて海月(くらげ)(ちか)づいてくるのだ。229さうすると海月(くらげ)(やつ)ぬるぬるとした(ひも)でクルクルとしめつけ、230(あたま)から()うと()代物(しろもの)だ。231そこで小雑魚(こざこ)海月(くらげ)(やつ)(まも)られ、232(すこ)(おほ)きな(うを)海月(くらげ)(やつ)()はれるのだ。233吾々(われわれ)だつて(いま)小雑魚(こざこ)身分(みぶん)だから親分(おやぶん)傘下(さんか)保護(ほご)されて()るのだが、234(すこ)(おほ)きくなつて(あたま)(もた)げて()い、235屹度(きつと)(ただ)では()かない。236親分(おやぶん)だつて、237これを(おも)ふと前途(ぜんと)闇黒(あんこく)になつて、238(いや)になつて仕舞(しま)ふわ。239(いま)()(なか)形式(けいしき)こそ(かは)れ、240こんな(やつ)ばかりだ。241海月(くらげ)生活(せいくわつ)242(わに)生活(せいくわつ)243鮟鱇(あんかう)生活(せいくわつ)(ひと)()つて()るのは、244大略(だいりやく)右様(みぎやう)のやり(かた)をやる人間(にんげん)(こと)だ。245エヽ怪体(けつたい)(わる)い、246折角(せつかく)()んだ(さけ)(まで)()めて(しま)つた。247オイ(おつ)248一杯(いつぱい)(おれ)につがないか』
249(おつ)『サアサア250()んだり()んだり』
251(かふ)『オツトツトツトツ、252こぼれるこぼれる。253矢張(やつぱり)(さけ)()有難(ありがた)いものだなア。254イヒヽヽヽヽ』
255(かた)()する。256一方(いつぱう)(はう)には()いたり(わら)つたり(おこ)つたり、257(まは)らぬ(した)面白(おもしろ)(うた)(はじ)まつて()る。
258『オーラの(やま)(おに)()
259()()()()(おに)()
260このまた(おに)素性(すじやう)をば
261調(しら)べて()れば(つき)(くに)
262ハルナの(みやこ)(わだかま)
263妖幻坊(えうげんばう)片腕(かたうで)
264羽振(はぶり)()かした曲津神(まがつかみ)
265玄真坊(げんしんばう)やシーゴーの
266(りやう)親分(おやぶん)()りついて
267バルガン(じやう)をば占領(せんりやう)
268天下(てんか)(みだ)人種(ひとだね)
269()やして曲津(まがつ)()(なか)
270転覆(てんぷく)せむとの(たく)(ごと)
271さはさりながら(おれ)(また)
272(いま)曲津(まがつ)御厄介(ごやくかい)
273百姓(ひやくしやう)するにも道具(だうぐ)なし
274商売(しやうばい)するにも資本(もとで)なし
275肝腎要(かんじんかなめ)(つま)()
276(おや)さへもなき吾々(われわれ)
277一層(いつそう)気楽(きらく)泥棒業(どろばうげふ)
278(もと)から(あく)とは()(なが)
279()はず()まぬが(かな)しさに
280(ぜん)(こころ)立直(たてなほ)
281悪魔(あくま)乾児(こぶん)となり(さが)
282一寸先(いつすんさき)(やみ)()
283其日(そのひ)々々(そのひ)(おく)るのだ
284バラモン(けう)(をしへ)には
285(ひと)(もの)をば(ぬす)んだり
286(ひと)(いた)めておいたなら
287未来(みらい)地獄(ぢごく)()ちるぞと
288()いて()れども如何(いか)にせむ
289()(はら)()へられぬ
290ウントコドツコイドツコイシヨ
291ヨイトサノサ、ヨーイヤサだ』
292(かふ)『ダヽヽ(たれ)だい、293そんな(おほ)きな(こゑ)不穏(ふおん)(こと)(まを)すと、294鮟鱇(あんかう)さまに(まをし)()げるぞ』
295(てい)『ナヽ(なん)だ。296(やかま)しう()ふない。297(おれ)今日(けふ)(かぎ)脱退(だつたい)するのだから、298もはや女帝(によてい)権力(けんりよく)(おれ)にや(およ)ぶまい。299()()(こと)()うて(さけ)()まなけりや、300日頃(ひごろ)欝憤(うつぷん)()れないぢやないか、301貴様(きさま)何時(いつ)(まで)鮟鱇(あんかう)盲従(まうじゆう)する(つも)りか、302よい馬鹿(ばか)ぢやなア、303エヘヽヽヽ』
304 数多(あまた)部下(ぶか)(おも)(おも)ひの小言(こごと)をつきながら、305()()るる(まで)(この)谷間(たにあひ)(さけ)(ひた)り、306(おも)はぬ睾丸(きんたま)(しわ)のばしをやつて()た。
307大正一三・一二・一六 旧一一・二〇 於祥雲閣 加藤明子録)