霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 八百長劇(やほちやうげき)〔一六九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第2篇 容怪変化 よみ:ようかいへんげ
章:第10章 第66巻 よみ:やおちょうげき 通し章番号:1692
口述日:1924(大正13)年12月16日(旧11月20日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-09-22 06:35:05 OBC :rm6610
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 781頁 修補版: 校定版:140頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:
001 ヨリコ(ひめ)大頭目(だいとうもく)(はじ)め、002シーゴー、003玄真坊(げんしんばう)三人(さんにん)(さけ)()()はし、004いろいろと面白(おもしろ)からぬ協議(けふぎ)(ふけ)つてゐた。005そこへ(あわ)ただしく手下(てした)一人(ひとり)(あら)はれ(きた)り、
006親分(おやぶん)(まをし)()げます』
007ヨリコ『(あわ)ただしき(その)様子(やうす)008何事(なにごと)(おこ)つたのかなア、009(まへ)はコリぢやないか』
010コリ『ハイ、011左様(さやう)(ござ)います。012シーゴー親分様(おやぶんさま)御命令(ごめいれい)()り、013タライの(むら)里庄(りしやう)(いへ)十数人(じふすうにん)(ひき)つれ、014夜陰(やいん)乗込(のりこ)み、015たうとう絶世(ぜつせい)美人(びじん)スガコ(ひめ)(ひつ)(とら)へて(かへ)り、016狼谷(シノワだに)入口(いりぐち)(おい)て、017吾々(われわれ)同僚(どうれう)芝居(しばゐ)をやつてゐる(ところ)(ござ)いますから、018どうか救世主(きうせいしゆ)として、019御一人(おひとり)(あら)はれ(くだ)さいませ』
020『ソリヤ()(こと)をした。021あしこの(むすめ)ならば随分(ずいぶん)美人(びじん)だらう。022そして沢山(たくさん)(かね)要求(えうきう)出来(でき)るだらう。023ヤ、024面白(おもしろ)面白(おもしろ)い。025オイ、026コリ、027あの(むすめ)をかつさらへるに()いての殊勲者(しゆくんじや)(たれ)だ』
028『ハイ、029()(かく)(わたし)引率(いんそつ)して(まゐ)つたのですから、030(たれ)がかつさらへても、031ヤツパリ(わたし)(すべ)ての画策(くわくさく)(よろ)しきを()結果(けつくわ)(ござ)いますから、032()月桂冠(げつけいくわん)(この)コリに()すべきものと(ぞん)じます』
033ヨリコ『自分(じぶん)(うま)れた(むら)(むすめ)()けば、034(なん)だか(はづか)しいやうだ。035そして(かほ)()られちや大変(たいへん)だから、036(わたし)天王(てんわう)(やしろ)床下(ゆかした)なる地下室(ちかしつ)住居(ぢうきよ)(うつ)さう。037玄真坊(げんしんばう)038コリ、039(まへ)両人(りやうにん)()つて、040よきに取計(とりはか)らうたが()からう』
041 両人(りやうにん)は『ハイ』と(かしら)()げ、042()椋鳥(むくどり)(つか)まつた……と俯向(うつむ)いたまま、043ホクソ()んでゐる。
044ヨリコ『コレ、045シーゴー殿(どの)046(わが)居間(ゐま)()いて()(くだ)さい。047(まへ)さまには(また)(べつ)(よう)があるから』
048()(なが)ら、049シーゴーを(ともな)ひ、050地下室(ちかしつ)(かへ)()く。051玄真坊(げんしんばう)(いかめ)しき法服(ほふふく)をつけ、052錫杖(しやくぢやう)をガチヤガチヤと(ひび)かせ(なが)ら、053(なな)(さが)りの山路(やまみち)法螺貝(ほらがひ)(ふき)()(ふき)()(くだ)()く。
054 狼谷(シノワだに)入口(いりぐち)十五六人(じふごろくにん)手下(てした)(ども)が、055一人(ひとり)美人(びじん)(なか)におき、
056(かふ)『オイ、057(をんな)058(きさま)(いま)(まで)栄燿(えいえう)栄華(えいぐわ)に、059(なに)不自由(ふじゆう)なく、060里庄(りしやう)(むすめ)として(くら)して()(やつ)だが、061最早(もはや)(きさま)運命(うんめい)ツキ(くに)だ。062サア(これ)から因果腰(いんぐわごし)()めて、063(この)(はう)女房(にようばう)になるか、064(いや)(ぬか)さば、0641(この)(はう)(かたな)(さび)065性念(しやうねん)をすゑてシツカリ返答(へんたふ)(いた)すが()からうぞ』
066(をんな)『お(まへ)さまは、067(この)(やま)割拠(かつきよ)してゐる小盗児(こぬすと)サンだな。068(おな)人間(にんげん)(うま)(なが)ら、069なぜ(また)こんな卑怯(ひけふ)商売(しやうばい)をしてゐるのだい。070自在天(じざいてん)(さま)御冥罰(ごめいばつ)(おそ)ろしくはありませぬか』
071(かふ)『アツハヽヽヽ、072大自在天(だいじざいてん)がこはくつて、073こんな商売(しやうばい)出来(でき)るか、074馬鹿(ばか)(こと)をいふな。075どうだ(ひと)つ、076改心(かいしん)して泥棒様(どろばうさま)奥様(おくさま)になり、077女盗賊(をんなたうぞく)頭目(とうもく)として羽振(はぶり)()かす()はないか』
078(をんな)『エー、079(けが)らはしい、080小泥棒(こどろばう)分際(ぶんざい)として貴婦人(きふじん)(むか)つて(なに)をいふのだ。081さがりおらう!』
082(かふ)『アツハヽヽヽ、083チヨツクとやりよるワイ。084流石(さすが)里庄(りしやう)(むすめ)(だけ)あつて、085どこともなく(たましひ)出来(でき)てゐる、086ヤ、087感心(かんしん)々々(かんしん)088(その)(たましひ)見込(みこ)んで、089(この)(はう)(ほれ)たのだ。090(まへ)(おれ)小盗児(こぬすと)といふが、091(けつ)して(その)(やう)(もの)ではない。092トルマン(ごく)のバルガン城下(じやうか)(うま)れたショールさまといふ立派(りつぱ)(をとこ)だよ。093(をとこ)(なか)(をとこ)といはれた哥兄(あにき)だ。094(おれ)(あご)()(かた)で、095(まへ)(いのち)(たす)からうと(たす)かるまいと、096自由自在(じいうじざい)権力(けんりよく)をもつ(をとこ)だ。097どうだ、098(ひと)(かんが)(なほ)して、099(おれ)(おく)になる()はないか』
100(おつ)『ショールさま、101エ、102邪魔(じやま)(くさ)い、103こんな(あま)ツチヨに相手(あひて)になつてたら、104()()れますよ。105サ、106たたんだり たたんだり。107コリの親分(おやぶん)(かへ)つて()たら、108(なん)()つて小言(こごと)をつかれるか(わか)らぬ。109こんな婦女(あま)一疋(いつぴき)半疋(はんぴき)手古(てこ)ずつたとあつちや(をとこ)()たねえ。110オイ(みな)(やつ)111やつつけろ』
112 『ヨーシ合点(がつてん)だ』と一同(いちどう)柄物(えもの)()つて、113一人(ひとり)(をんな)(むか)()つてかかる。114(をんな)強者(しれもの)115身構(みがまえ)なし、116柳眉(りうび)逆立(さかだ)て、
117(をんな)『タカが小泥棒(こどろばう)十人(じふにん)二十人(にじふにん)118(なん)(おそ)るる(こと)あらむや。119日頃(ひごろ)(おぼ)えし柔術(じうじゆつ)妙技(めうぎ)(あら)はすは(この)(とき)だ。120サア()い、121(きた)れ』
122大手(おほで)(ひろ)げて()つてゐる。
123(なに)猪口才(ちよこさい)な』
124一同(いちどう)は、125武者振(むしやぶり)ついて、1251()()(あし)()126(たちま)地上(ちじやう)捻伏(ねぢふ)せて(しま)つた。
127ショール『コリヤ(をんな)128ジタバタしてもモウ駄目(だめ)だ。129サア(おれ)(こころ)(したが)ふか、130()うだ、131(その)(はう)一言(いちごん)()つて、132(きさま)生死(せいし)(わか)るるのだ』
133(をんな)『エー、134(けが)らはしい、135(わらは)はタライの(むら)里庄(りしやう)(むすめ)スガコ(ひめ)だ。136(なんぢ)(ごと)(こころ)(けが)れし小泥棒(こどろぼう)(なび)(やう)(をんな)ではないぞ。137(ころ)したくば(ころ)したがよい。138(をし)まれて()るのが(はな)値打(ねうち)だ。139サア(ころ)(ころ)せ』
140()ばはつてゐる。141ショールも……(はや)玄真坊(げんしんばう)()()れないかなア……と(やや)手持(てもち)無沙汰(ぶさた)気味(きみ)でまつてゐると、142ブーブーと法螺(ほら)(ふき)()(なが)ら、143ガチヤリ ガチヤリと急坂(きふはん)(くだ)つて()(をとこ)がある。144(かれ)はコリの注進(ちうしん)によりて、145(この)芝居(しばゐ)処置(しよち)をつけむ(ため)146修験者(しゆげんじや)法服(ほふふく)(まと)うてやつて()玄真坊(げんしんばう)である。147玄真坊(げんしんばう)はあたりに(ひび)大音声(だいおんじやう)にて、
148玄真(げんしん)()れこそは、149(てん)(めい)()け、150オーラ(さん)天降(あまくだ)りたる玄真坊(げんしんばう)大救世主(だいきうせいしゆ)だ。151()ればかよわき(をんな)(かどは)かし、152乱暴狼藉(らんばうらうぜき)(はたら)()る、153こわつぱの(たく)みと()えたり。154()てツ、155(いま)神譴(しんけん)(くは)へくれむ、156そこ(うご)くなツ』
157()ばはる(こゑ)に、158ショール(はじ)部下(ぶか)者共(ものども)は、159ヤレ(さいはひ)と、160蜘蛛(くも)()()らすが(ごと)く、161バラバラバツと()()(とほ)姿(すがた)をかくした。162スガコ(ひめ)(あま)りの無念(むねん)さ、163残念(ざんねん)さに白歯(しらは)をくひしばり、164嗚咽(をえつ)涕泣(ていきふ)してゐる。165玄真坊(げんしんばう)(そば)(ちか)くより(きた)り、166(しづか)(ひめ)(あたま)背中(せなか)()167一入(ひとしほ)(しづか)なやさしみのある(こゑ)で、
168玄真(げんしん)『どこのお女中(ぢよちう)()らぬが、169えらい御災難(ごさいなん)(ござ)つたのう。170最早(もはや)拙僧(せつそう)(あら)はれた(うへ)御安心(ごあんしん)なさい。171テも(さて)(あぶな)(ところ)(ござ)つたワイ』
172スガコ『(いづ)れの(かた)かは(ぞん)じませぬが、173(わらは)(いのち)瀬戸際(せとぎは)をお(たす)(くだ)さいまして有難(ありがた)(ぞん)じます。174貴方(あなた)(いづ)れの神様(かみさま)(ござ)いますか、175(おそ)れながら御名(おな)(うけたまは)りたう(ござ)います』
176玄真(げんしん)拙僧(せつそう)(てん)(ちち)となし、177()(はは)となし、178宇宙(うちう)主宰(しゆさい)となり、179トルマン(ごく)救済(きうさい)(ため)1791(この)オーラ(さん)聖蹟(せいせき)(とど)め、180(かく)(ごと)修験者(しゆげんじや)変化(へんげ)して衆生済度(しゆじやうさいど)(いた)(もの)181最早(もはや)(わが)()にかかりし(うへ)は、182如何(いか)なる曲神(まががみ)(いへど)183貴女(あなた)(からだ)一指(いつし)だもそへる(こと)出来(でき)ない。184御安心(ごあんしん)なさい』
185スガコ『どうも有難(ありがた)(ござ)います。186貴方(あなた)(うはさ)(たか)きオーラ(さん)玄真坊(げんしんばう)(さま)(ござ)いますか、187これも(まつた)神様(かみさま)御引合(おひきあは)せ、188(なに)かの御縁(ごえん)(ござ)いませう。189(わらは)はタライの(むら)里庄(りしやう)(むすめ)190(おや)一人(ひとり)()一人(ひとり)(あはれ)(もの)(ござ)いますが、191昨夜(さくや)泥棒(どろばう)団体(だんたい)()()まれ、192猿轡(さるぐつわ)()められて(ひろ)原野(げんや)(ひき)(まは)され、193(いま)(また)この(ところ)(おい)泥棒頭(どろぼうがしら)無体(むたい)恋慕(れんぼ)194(かれ)()(したが)はざる(ため)195(わらは)(いのち)()らむと(いた)し、196大勢(おほぜい)()つてかかつて(ねぢ)()せてをりました一刹那(いつせつな)197(たふと)法螺貝(ほらがひ)(こゑ)(きこ)えたかと(おも)へば、198救世主(きうせいしゆ)(さま)御来臨(ごらいりん)199おかげで(あやふ)(ところ)(たす)けて(いただ)きました、200幾重(いくへ)にも御礼(おんれい)(まをし)()げます』
201玄真(げんしん)『イヤ、202御礼(おれい)()はれては(こま)る。203(あめ)(した)万民(ばんみん)(みな)(わが)()だ、204(わが)弟子(でし)だ。205(おや)()危急(ききふ)(すく)ふのは当然(たうぜん)だ、206(けつ)して(れい)をいふにや(およ)ばぬ。207サア(これ)から(この)(はう)(とも)に、208オーラ(さん)聖場(せいぢやう)()つて(やす)まうぢやないか』
209スガコ『ハイ御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)(ござ)いますが、210(わが)()におきましては、211(ちち)(まを)すに(およ)ばず、212(いへ)()(ども)(うへ)(した)へと、213(わらは)(たづ)ねて心配(しんぱい)をして()りませうから、214何卒(なにとぞ)(ちち)(いへ)(まで)(おく)つて(いただ)(わけ)には(まゐ)りますまいか。215そして十日(とをか)二十日(はつか)百日(ひやくにち)御逗留(ごとうりう)(くだ)さいまして、216里人(さとびと)結構(けつこう)(めぐ)みを御与(おあた)(くだ)さいますまいか』
217玄真(げんしん)『そなたの(のぞ)み、218()いてやりたいは山々(やまやま)なれど、219(この)玄真坊(げんしんばう)(なな)(さが)ると、220天地(てんち)神々(かみがみ)相談(さうだん)(いた)さねばならず、221(ほし)(てん)より(くだ)大杉(おほすぎ)(こずゑ)(とど)まつて、222(わが)教説(けうせつ)()きに()る……といふやうな次第(しだい)であるから、223(いま)少時(しばし)里方(さとがた)()(わけ)()かぬ。224さうだと()つて、225(まへ)一人(ひとり)226(この)(まま)(かへ)せば、227(また)もや泥棒(どろばう)(なん)()はぬとも保証(ほしよう)(がた)い。228それ(ゆゑ)(いま)少時(しばし)229(この)(はう)(とも)にオーラ(さん)聖場(せいぢやう)(まう)でて、230天王(てんわう)(やしろ)感謝(かんしや)祈願(きぐわん)(まこと)(ささ)げ、231少時(しばし)逗留(とうりう)(いた)したが()からう。232貴方(そなた)父上(ちちうへ)には、233(この)(はう)より(ひと)をつかはし、234報告(はうこく)をしておくから(やが)(むか)へにみえるだらう。235救世主(きうせいしゆ)言葉(ことば)二言(にごん)はない。236サアサア(この)(はう)()いてお(いで)なされ』
237スガコ『さう御親切(ごしんせつ)仰有(おつしや)つて(くだ)されば、238(いな)(わけ)には(まゐ)りませぬ。239左様(さやう)なれば不束(ふつつか)(わらは)240少時(しばし)御厄介(ごやくかい)(あづ)かりませう』
241玄真(げんしん)『ウン、242ヨシヨシ、243流石(さすが)明察(めいさつ)淑女(しゆくぢよ)244(いな)賢女(けんぢよ)だ』
245とほめそやし(なが)ら、246スガコの()()いて、247コツリコツリと急阪(きふはん)(のぼ)り、248おのが住家(すみか)へと(かへ)()く。249(はや)くも()(やま)(いただき)(ぼつ)し、250四辺(あたり)薄暗(うすぐら)く、251大杉(おほすぎ)(こずゑ)には燦爛(さんらん)なる妖星(えうせい)(ひかり)(かがや)いてゐた。252玄真坊(げんしんばう)頭上(づじやう)(ひかり)(ゆび)ざし「ざ」はママ253(ゑみ)満面(まんめん)(たた)(なが)ら、
254玄真(げんしん)『コレコレお女中(ぢよちう)255あの(こずゑ)御覧(ごらん)なさい、256あの(とほ)り、257()()れるが最後(さいご)258(てん)からお星様(ほしさま)がお(くだ)りになり、259救世主(きうせいしゆ)教説(けうせつ)()かんとお()(かね)だ』
260 スガコは頭上(づじやう)打仰(うちあふ)(なが)ら、261()(まばゆ)(ひかり)(こずゑ)散在(さんざい)せるを()て、262()(おどろ)()(あや)しみ(なが)ら、263(あを)(かほ)して(ふる)うてゐる。264玄真坊(げんしんばう)(この)(さま)()高笑(たかわら)ひ、
265玄真(げんしん)『アハヽヽヽ、266流石(さすが)深窓(しんさう)(そだ)つたお(ぢやう)さまだなア。267(てん)からお(くだ)りになつたお星様(ほしさま)がこわいと()える。268(その)(あを)(かほ)……』
269スガコ『玄真坊(げんしんばう)(さま)270(あま)りの御神徳(ごしんとく)(たか)さに、271(わらは)(きも)をとられました。272(なん)不思議(ふしぎ)(こと)があるもので(ござ)いますなア。273天地開闢(てんちかいびやく)以来(いらい)274星様(ほしさま)(くだ)つて(をしへ)()かれるといふ(こと)は、275言置(いひおき)にも書置(かきおき)にも(ござ)いませぬ。276(おも)へば(おも)へば貴方様(あなたさま)絶対(ぜつたい)無限(むげん)神権(しんけん)(そな)へて()らつしやる活神様(いきがみさま)御化身(ごけしん)(ござ)いませう、277(あま)有難(ありがた)くつて御礼(おれい)(まをし)(やう)(ござ)いませぬ』
278玄真(げんしん)『お(まへ)(じつ)見上(みあ)げた才媛(さいえん)だ、279(この)(はう)(みたま)素性(すじやう)をよくもそこ(まで)看破(かんぱ)したなア。280(まへ)尋常(ただ)人間(にんげん)ではない。281(たふと)(ある)女神様(めがみさま)化身(けしん)だよ』
282スガコ『ホヽヽヽ、283勿体(もつたい)ない、284(わらは)(ごと)(いや)しき(をんな)(むか)女神(めがみ)化身(けしん)だなどとは、285玄真坊(げんしんばう)さま、286御冗談(ごじやうだん)(ほど)(ござ)いますよ、287貴方(あなた)(ひと)(わる)(ござ)いますな。288さう揶揄(からかつ)(いただ)きますと、289()らず()らずに慢心(まんしん)(いた)しますからなア』
290玄真(げんしん)『イヤ(けつ)して揶揄(からかふ)のではない、291救世主(きうせいしゆ)言葉(ことば)には(うそ)(いつは)りはない(はず)だ。292拙僧(せつそう)言葉(ことば)(かみ)言葉(ことば)だ。293スガコ殿(どの)294安心(あんしん)をなされよ』
295スガコ『ハイ有難(ありがた)(ござ)います、296そんなら少時(しばらく)297(みたま)素性(すじやう)(わか)(まで)298貴方(あなた)のお(そば)において(いただ)きたいもので(ござ)いますなア』
299玄真(げんしん)『ヨシヨシ、300それが()からう、301(まへ)第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)天降(あまくだ)りだ。302八百万(やほよろづ)(かみ)()ひつけて、303天国(てんごく)身許(みもと)調(しら)べをしてやらう。304ここ一週間(いつしうかん)(うち)には、305(まへ)素性(すじやう)判然(はつきり)(わか)るだらう』
306スガコ『ハイ、307有難(ありがた)御座(ござ)います、308何分(なにぶん)(よろ)しく御願(おねが)(いた)します』
309 スガコは相当(さうたう)教育(けういく)もあり、310凡人(ぼんじん)にすぐれた智慧(ちゑ)()つてゐた、311そして天性(てんせい)美人(びじん)であつた。312(しか)(なが)(なに)(ほど)賢明(けんめい)婦人(ふじん)でも(おも)はぬ厄難(やくなん)()ひ、313九死一生(きうしいつしやう)場合(ばあひ)314(おも)はぬ(ひと)(たす)けられ、315(その)(ひと)から……お(まへ)立派(りつぱ)女神(めがみ)さまだの、316化身(けしん)だの……と()はれては、317如何(いか)なる明智(めいち)(をんな)でも(まよ)はざるを()ないのである。318スガコは到頭(たうとう)彼等(かれら)悪人輩(あくにんばら)()()けた(わな)(おちい)り、319玄真坊(げんしんばう)(しん)救世主(きうせいしゆ)(しん)じ、320(とら)(おほかみ)(あな)()るとは()らず、321欣然(きんぜん)として妖僧(えうそう)(あと)(したが)ひ、322(やうや)大杉(おほすぎ)(もと)323玄真坊(げんしんばう)居間(ゐま)(みちび)かるる(こと)となつた。324あゝスガコの今後(こんご)()(うへ)()うなるであらうか。
325大正一三・一二・一六 旧一一・二〇 於祥雲閣 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)