霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 亜魔(あま)(かは)〔一六九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:第2篇 容怪変化 よみ:ようかいへんげ
章:第11章 第66巻 よみ:あまのかわ 通し章番号:1693
口述日:1924(大正13)年12月16日(旧11月20日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6611
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 785頁 修補版: 校定版:151頁 普及版:67頁 初版: ページ備考:校定版・八幡版は目次「亜」、本文「亞」。愛世版は未刊。普及版では「悪」。「悪魔」と書いて「あま」とルビが振ってある。
001 スガコはオーラ(さん)岩窟(がんくつ)玄真坊(げんしんばう)につれ()まれ、002天国(てんごく)()ける(かみ)族籍(ぞくせき)(しら)ぶる(ため)(しよう)し、003一週間(いつしうかん)()たされてゐた。004(かれ)(その)(あひだ)無聊(ぶれう)(なぐさ)むる(ため)005望郷(ばうきやう)(うた)(うた)つてゐた。
006スガコ『オーラの(みね)(たか)(とも)
007(この)谷川(たにがは)(ふか)(とも)
008(わが)()(そだ)てはぐくみし
009(まこと)(おや)御恵(みめぐみ)
010(くら)べまつれば九牛(きうぎう)
011一毛(いちまう)だにも()かざらむ
012()()(かよ)(かぜ)(あし)
013(わが)垂乳根(たらちね)父上(ちちうへ)
014居間(ゐま)雨戸(あまど)(おとづ)れて
015さやぎまつれど如何(いか)にせむ
016(かぜ)(れい)なく言葉(ことば)なく
017(わが)言霊(ことたま)をまつぶさに
018(つた)へむ(よし)もなく(ばか)
019(ちち)(わが)()()(すゑ)
020(あん)じわづらひ(たま)ひつつ
021(なげ)きに(しづ)朝夕(あさゆふ)
022食物(たべもの)さへも(すす)まずに
023吐息(といき)をつかせ(たま)ふらむ
024あゝ(こひ)しや(ちち)御顔容(おんかんばせ)
025(つま)(わか)れて(ただ)一人(ひとり)
026浮世(うきよ)(かぜ)にもまれつつ
027(わらは)(つゑ)とし(ちから)とし
028後添(のちぞえ)さへも()たせられず
029(めぐ)みはぐくみ(たま)ひしを
030(よる)(あらし)(さそ)はれて
031一人(ひとり)(むすめ)(くも)がくれ
032(たづ)ねむ(よし)荒風(あらかぜ)
033野原(のはら)(わた)(こゑ)(ばか)
034(かな)しみ(たま)有様(ありさま)
035(いま)()のあたり()心地(ここち)
036(わが)()(つばさ)あるならば
037(この)岩窟(いはやど)()()でて
038(かへ)らむものとは(おも)(ども)
039玄真坊(げんしんばう)のいぶかしき
040(その)まなざしにいとめられ
041(すす)みもならず退(しりぞ)きも
042ならぬ(くる)しき果敢(はか)なさよ
043玄真坊(げんしんばう)といへる(ひと)
044(みづか)(てん)神様(かみさま)
045化身(けしん)といへど(いぶ)かしや
046(べつ)(かは)りしこともなく
047(あさ)(ゆふ)なに(わが)(そば)
048()()()(いや)らしき
049目色(めいろ)(そそ)()まはしき
050言葉(ことば)(はし)(なん)となく
051いとも(いや)しく(おも)ほゆる
052(しこ)曲霊(まがひ)取憑(とりかか)
053()(みだ)さむと(たく)らみて
054かかる悪戯(いたづら)なすならむ
055あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
056梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
057大国彦(おほくにひこ)大御神(おほみかみ)
058一日(ひとひ)(はや)(わが)(むね)
059(くも)()らさせ(たま)へかし
060大日(おほひ)()(とも)(くも)(とも)
061(つき)()(とも)()くる(とも)
062仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)(とも)
063(かみ)御恵(みめぐみ)(ちち)(おん)
064一日(ひとひ)片時(かたとき)(わす)れむや
065(かみ)(かたち)(つく)られし
066(わらは)(かみ)()(かみ)(みや)
067(かみ)(ひと)しき(この)()にも
068(まが)雲霧(くもきり)かかるとは
069()(いぶ)かしき()(さま)
070あはれみ(たま)天地(あめつち)
071(まこと)(かみ)御前(おんまへ)
072(つつし)(ゐやま)()ぎまつる。
073(おも)ひきや(まこと)(かみ)(おも)ひしに
074(わが)()()ふる神司(かむづかさ)とは。
075いと(きよ)(かみ)(はしら)(おも)ひしに
076(あや)しきことの(おほ)(ひと)かな。
077(この)(まま)(あだ)月日(つきひ)(すご)しなば
078(わらは)(まが)餌食(ゑじき)とならむ』
079 ()(うた)つてゐる(ところ)へ、080玄真坊(げんしんばう)(かぎ)(もつ)(ぢやう)をねぢあけ、081ソツと(いり)(きた)り、
082玄真(げんしん)『スガコ殿(どの)083どうも(いそが)しいことで(ござ)つた。084今日(けふ)殊更(ことさら)沢山(たくさん)参詣者(さんけいじや)で、085(この)(はう)(じつ)多忙(たばう)(きは)めたよ。086(しか)(なが)最早(もはや)(なな)(さが)り、087(やうや)(ひと)家路(いへぢ)(かへ)つたから、088()づお(まへ)(うつく)しい顔容(かんばせ)()て、089一日(いちにち)(つか)れを(やす)めようと(おも)ふのだ。090(なん)とマア(うつく)しい(かほ)だなア』
091(いや)らしげな(ゑみ)(たた)へ、092川瀬(かはせ)乱杭(らんぐひ)のやうな()をニユツと()して、093スガコの(ほほ)にキッスをしようとする。094スガコは(おどろ)いて『アレまあ』と()(なが)ら、095象牙細工(ざうげざいく)のやうな(しろ)(うつく)しい()で、096玄真坊(げんしんばう)(ひたひ)をグツと()した。
097玄真(げんしん)『アツハヽヽヽ、098(こは)いか、099可笑(をか)しいか、100(はづ)かしいか。101テも(さて)初心(うぶ)(もの)だなア。102オイ、103スガコ、104今日(けふ)(はじ)めて(てん)から使(つかひ)()て、105(まへ)神籍(しんせき)(しら)べて()(ところ)106マア(よろこ)べよ、107第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)で、108(しか)(この)(はう)女房(にようばう)(みたま)だつたよ。109それだから、110相応(さうおう)()()つて(てん)()つては比翼(ひよく)(とり)111()()つては連理(れんり)(えだ)112どうあつても天地(てんち)相応(さうおう)真理(しんり)により、113其方(そなた)夫婦(ふうふ)にならなくちや、114やり()れない因縁(いんねん)(むす)ばれてあるのだ。115(なん)だか其方(そなた)危難(きなん)(すく)つた(とき)から、116(ゆか)しい(をんな)だと(おも)つてゐたが、117よくよく(しら)べて()れば、118(みぎ)(とほ)り、119どうぢや、120(ひめ)121(うれ)しいか』
122 スガコは真青(まつさを)(かほ)をして、123(くちびる)紫色(むらさきいろ)()め、124(こゑ)(ふる)はせ(なが)ら、
125スガコ『エー、126残念(ざんねん)やな、127(わらは)貴方(あなた)(はか)られました。128如何(どう)したら()からうかな。129梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)(さま)130何卒(どうぞ)(この)急場(きふば)をお(たす)(くだ)さいませ、131惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
132玄真(げんしん)『アハヽヽヽ、133流石(さすが)少女(をとめ)だ、134ヤツパリ(はづか)しいのだな。135(はじめ)(うち)三番叟(さんばそう)でも(のち)には(ふか)くなるものだ。136あゝイヤイヤイヤ、137オーハ、138カツタカタ、139(つひ)には、140カツタカタと(らち)のあくもんだて、141結局(けつきよく)男子(だんし)(はう)(こひ)にカツタカツタだ、142アハヽヽヽ』
143 スガコは忌々(いまいま)(さう)(かほ)をし、144(まゆ)(あたり)(しわ)をよせ(なが)ら、
145スガコ『モシ玄真様(げんしんさま)146何卒(どうぞ)(わらは)をお(ゆる)(くだ)さいませ。147(その)(かは)りに(ほか)(こと)なら、1471どんな御用(ごよう)でも(いた)します』
148玄真(げんしん)『ヤア、149(まへ)第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)(みたま)だから、150(いや)しい炊事(すゐじ)掃除(さうぢ)などは、151(みたま)不相応(ふさうおう)だ。152(ただ)拙僧(せつそう)神業(しんげふ)(すなは)神生(かみう)み、153人生(ひとう)みの御用(ごよう)さへすれば、154こけた(はうき)(おこ)すこともいらない。155さてもさても幸運(かううん)(うま)れつきだのう』
156玄真坊(げんしんばう)はスガコに内兜(うちかぶと)見透(みすか)され、157蚰蜒(げぢげぢ)(ごと)(きら)はれてゐるのを、158(こひ)(くら)んだ(まなこ)には盲滅法界(めくらめつぱふかい)159あやめも(わか)ず、160(こひ)黒雲(くろくも)(つつ)まれ、161得意(とくい)になつて、162うるさく口説(くど)きたててゐるのである。163スガコは(ひと)(こま)らしてやらうと(おも)ひ、164平気(へいき)(かほ)(よそほ)(なが)ら、165微笑(びせう)()かべて、
166スガコ『(わらは)(もつと)敬愛(けいあい)する()君様(きみさま)167貴方様(あなたさま)(わらは)(あやふ)生命(いのち)をお(たす)(くだ)さいまして、168(てん)にも()にも()(がた)御高恩(ごかうおん)169万劫末代(まんごまつだい)170ミロクの()までも(わす)れは(いた)しませぬ。171(その)(うへ)(わらは)神籍(しんせき)までお調(しら)(くだ)さるとは、172(なん)たる勿体(もつたい)ない(こと)(ござ)いませうか。173第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)(みたま)(おほ)せられましたが、174もしや(わらは)棚機姫(たなばたひめ)(みこと)では(ござ)いませぬかい』
175玄真(げんしん)『ヤア流石(さすが)(えら)(もの)だ。176其方(そなた)のいふ(ごと)(まつた)棚機姫命(たなばたひめのみこと)のお(まへ)(みたま)だよ。177(ほし)さまでいへば(あま)(かは)(へだ)てた、178右側(うそく)姫星様(ひめほしさま)だ。179そして(この)(はう)彦星(ひこぼし)だ』
180スガコ『ヤ、181それで(わか)りました。182棚機様(たなばたさま)(ねん)一度(いちど)逢瀬(あふせ)とやら(まを)しますが、183それは事実(じじつ)(ござ)いませうか』
184玄真(げんしん)『そらさうだ、185開闢(かいびやく)以来(いらい)(うご)かす(べか)らざる天律(てんりつ)()つて、186万劫末代(まんごまつだい)きまつてゐる、187本当(ほんたう)(なか)のよい夫婦(ふうふ)だよ。188(あま)(かは)(へだ)てて、189(ねん)年中(ねんぢう)190(たがひ)(かほ)見合(みあは)せて()らつしやる神様(かみさま)の、191吾々(われわれ)(みたま)だからなア。192だから(わし)とお(まへ)は、193(あさ)から(ばん)(まで)(かほ)見合(みあは)せ、194(なか)()(くら)さねばならぬ因縁(いんねん)があるのだ』
195スガコ『成程(なるほど)196左様(さやう)(ござ)いますな。197(しか)らば、198(わらは)()君様(きみさま)とは、199(てん)(おい)夫婦(ふうふ)(みたま)200(ねん)一度(いちど)逢瀬(あふせ)とやら、201(おほ)御尤(ごもつと)も。202(わらは)天地(てんち)相応(さうおう)()によりまして、203七月(しちぐわつ)七日(なぬか)()まで()君様(きみさま)夫婦(ふうふ)になることは出来(でき)ませぬなア。204まして貴方様(あなたさま)天帝(てんてい)化身(けしん)とやら、205天帝(てんてい)からして神律(しんりつ)をお(みだ)しなさるやうなことは(ござ)いますまい。206どうか、207(この)谷川(たにがは)(あま)(かは)()なし、208(かは)(むか)ふへ(わらは)をおいて(くだ)さらば、209それこそ天地(てんち)合体(がつたい)(あは)(かがみ)ぢや(ござ)いませぬか』
210(うま)()ひぬけて(しま)つた。211玄真坊(げんしんばう)は……うつかり、212口糸(くちいと)をたぐられ、213取返(とりかへ)しのつかぬことになつて(しま)つた……と一時(いちじ)はギヨツとしたが、214中々(なかなか)曲者(くせもの)215『アハヽヽヽ』と大口(おほぐち)をあけ、216無雑作(むざふさ)(わら)(なが)ら、
217玄真(げんしん)『オイ、218スガコ(ひめ)219本当(ほんたう)棚機姫(たなばたひめ)(さま)ぢやない、220モツトモツトモツト(おく)(おく)立派(りつぱ)立派(りつぱ)神様(かみさま)だ』
221スガコ『ヘーエ、222そりや(また)()ういふ神様(かみさま)(ござ)いますか』
223玄真(げんしん)『マアさうだなア、224(まへ)(みたま)木花姫(このはなひめ)大神様(おほかみさま)225そして(おれ)(みたま)岩長姫命(いはながひめのみこと)だ。226それだから、227()うしてもかうしても夫婦(ふうふ)にならなくちやなるまい。228(この)玄真坊(げんしんばう)(いは)(ごと)(ぐわん)として威厳(ゐげん)(そな)はつた修験者(しゆげんじや)229常磐(ときは)堅磐(かきは)に、230さざれ(いし)(いはほ)となりて(こけ)のむす(まで)231(この)()(まも)下津岩根(したついはね)(おほ)ミロク(さま)同様(どうやう)だ。232そしてお(まへ)(みたま)木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)(さま)だから嬋娟窈窕(せんけんえうてう)たる(はな)(ごと)美人(びじん)233(いな)(はな)にも(まさ)美人(びじん)234(じう)よく(がう)(せい)すといつてな、235(まへ)(じう)236(わし)(がう)だ。237(しか)(がう)(また)(じう)(せい)すといふことあり。238(がう)(ちう)(じう)あり、239(じう)(ちう)(がう)あり、240不離不即(ふりふそく)241密接固漆(みつせつこしつ)関係(くわんけい)があるのだから、242(なん)()つても天地(てんち)から(むす)ばれたる夫婦(ふうふ)間柄(あひだがら)だよ』
243スガコ『ホヽヽヽあのマア()君様(きみさま)のヨタを仰有(おつしや)いますこと。244岩長姫(いはながひめ)御女体(ごによたい)245木花姫(このはなひめ)(さま)御女体(ごによたい)246そして(てん)神様(かみさま)ではなくて、247国津神(くにつかみ)(さま)御娘子(おんむすめご)248御二人様(おふたりさま)姉妹(きようだい)間柄(あひだがら)ぢや(ござ)いませぬか。249愚昧(ぐまい)(わらは)だと思召(おぼしめし)250いいかげんに嘲弄(てうろう)しておいて(くだ)さいませ。251(てん)(もつ)(ちち)となし、252()(もつ)(はは)となし、253八百万(やほよろづ)(かみ)御説法(ごせつぽふ)をなさる(たつと)御身(おんみ)(もつ)て、254(つき)七日(なぬか)(けが)れある(をんな)(わらは)()からかひ(あそ)ばすとは御冗談(ごじやうだん)にも(ほど)(ござ)いますよ、255ホツホヽヽヽヽ』
256玄真(げんしん)『イヤもう(なに)から(なに)(まで)257()から(はな)258(みみ)から(くち)へつきぬける(ばか)りの大学出(だいがくで)才媛(さいゑん)だ。259天地(てんち)父母(ふぼ)とする(この)玄真坊(げんしんばう)も、260其方(そなた)には一本(いつぽん)(まゐ)つたワイ、261アツハヽヽヽ』
262スガコ『ソレ御覧(ごらん)なさい。263()君様(きみさま)(わらは)(たい)冗談(じようだん)()つてゐらつしやつたのでせう、264神様(かみさま)似合(にあ)はず、265(ひと)(わる)いぢやありませぬか』
266玄真(げんしん)『イヤ、267ナニナニ嘲弄(からかひ)(どころ)か、268冗談(じようだん)(どころ)か、269真実真(しんじつしん)一生懸命(いつしやうけんめい)だ。270(まへ)(ため)なら、271(ひと)つよりない(いのち)をすてても(かま)はないといふ覚悟(かくご)だ。272(けつ)して嘘言(うそ)はつかない、273冗談(じようだん)()はない。274万一(まんいち)(この)(はう)言葉(ことば)(いつは)りがあつたら、275(ひと)つよりない(くび)でもお(まへ)()るワ』
276スガコ『ホヽヽヽヽヽそんな(くび)277(もら)つたつても、278煙草入(たばこいれ)根付(ねつ)けにもなるぢやなし、279仕方(しかた)がありませぬワ。280髑髏(しやれかうべ)にして(まくら)にした(ところ)格好(かくかう)(わる)くつて、281不釣合(ふつりあひ)なり、282廃物(はいぶつ)利用(りよう)()かぬ(くび)(たま)ですからね』
283玄真(げんしん)『コリヤ(ひめ)284(なん)()ふ、285姫御前(ひめごぜん)(やさ)しい(かほ)にも()ず、286無茶(むちや)なことをいふのだ。287(まへ)(わし)のいふことを誤解(ごかい)してゐるな。288よく(かんが)へてみよ。289(この)玄真坊(げんしんばう)神様(かみさま)(つか)へる(とき)(すなは)天帝(てんてい)化身(けしん)であり、290神様(かみさま)御用(ごよう)(やす)んだ(とき)一介(いつかい)修験者(しゆげんじや)だ。291(かみ)(せき)(おい)ては(かみ)活動(はたらき)をなし、292(ひと)(せき)(おい)ては(ひと)活動(はたらき)をなし、293変現出没(へんげんしゆつぼつ)自由自在(じいうじざい)294(ある)(とき)(てん)(わだか)まる(りゆう)となり、295(ある)(とき)古池(ふるいけ)になく(かはず)となり、296(とき)ありては蠑螈(いもり)蚯蚓(みみづ)になる。297(これ)(すなは)(かみ)(かみ)たる所以(ゆゑん)だ。298ここの道理(だうり)をトツクリと(かんが)へて、299いさぎよい返事(へんじ)をしてくれ、300なあスガコ』
301スガコ『あゝ左様(さやう)(ござ)いますか、302貴方(あなた)(かみ)となつたり、303(ひと)となつたり、304(はなは)だしきは(かはず)となつたり、305蠑螈(いもり)306蚯蚓(みみづ)となつたり、307(なん)とマア器用(きよう)御方(おかた)ですこと、308(しか)(なが)玄真坊(げんしんばう)(さま)309(わたし)益々(ますます)貴方(あなた)(こは)いらしくなつて(まゐ)りましたよ。310そして夫婦(ふうふ)になれと仰有(おつしや)(やう)ですが、311(わたくし)(つき)七日(なぬか)(さはり)ある人間(にんげん)肉体(にくたい)312神様(かみさま)()(わけ)には()かず、313(また)修験者(しゆげんじや)(をんな)(せつ)する(とき)死後(しご)仏罰(ぶつばつ)()つて七万有尋(しちまんいうじん)大蛇(だいじや)となり、314()修験者(しゆげんじや)(をか)された(をんな)八万地獄(はちまんぢごく)()ちるといふバラモンの(をしへ)315かう(かんが)へてみますれば、316修験者(しゆげんじや)としての貴方(あなた)(つま)になる(こと)絶対(ぜつたい)(いや)(ござ)います。317(いは)んや人間(にんげん)(うま)(なが)ら、318(かはず)319蠑螈(いもり)320蚯蚓(みみづ)などと夫婦(ふうふ)約束(やくそく)到底(たうてい)出来(でき)ませぬ。321どうか(あし)からず(この)理由(りいう)御賢察(ごけんさつ)(くだ)されまして、322()まはしい夫婦(ふうふ)関係(くわんけい)などには言及(げんきふ)なさらないよう、323御願(おねがひ)(まを)します。324(その)(かは)(わらは)はどこ(まで)も、325貴方様(あなたさま)()君様(きみさま)尊崇(そんすう)し、326敬愛(けいあい)し、327(まこと)(つく)しますから、328貴方(あなた)(わらは)(あい)して(くだ)さいませ。329そして結構(けつこう)経文(きやうもん)(をしへ)(くだ)さい。330(ねがひ)(まを)します』
331玄真(げんしん)『マアマア今日(けふ)はこれ(くらゐ)にしておかう、332(まへ)神経(しんけい)昂奮(かうふん)してゐるから、333(なに)()つても(みみ)()るまい。334(をんな)といふ(もの)一日(いちにち)七度(ななたび)(こころ)(かは)るといふから、335(みづ)()ばなに(なに)をいつても駄目(だめ)だ。336(また)風向(かぜむき)のよい(とき)にゆつくり(はな)さう(ほど)に。337左様(さやう)ならスガコ殿(どの)338ゆつくりお(やす)みなさい』
339といひ(なが)ら、340やや悄気(しよげ)気味(ぎみ)になつて、341(いは)()をあけ、342(わが)居間(ゐま)なる(つぎ)岩窟(がんくつ)(かへ)()くのであつた。343(あと)にスガコ(ひめ)はハツと吐息(といき)をつき(なが)ら、344独言(ひとりごと)
345スガコ『あゝ(なさけ)ないことになつたものだなア。346かやうな(ところ)(かどは)かされ、347悪人輩(あくにんばら)(こひ)犠牲(ぎせい)(きよう)せられむとするのか。348一度(いちど)(こば)んでみても、349かれ玄真坊(げんしんばう)()ゆるが(ごと)(こひ)(ほのほ)容易(ようい)()すことは出来(でき)まい。350(なん)とか(かん)とか()つて一日(いちにち)(おく)りに()(おく)り、351(たす)(びと)()(まで)時節(じせつ)()つより仕方(しかた)がない。352あゝ父上(ちちうへ)(さぞ)353(わらは)行方(ゆくへ)について御心配(ごしんぱい)して(ござ)るだらう。354(なん)とマア不運(ふうん)父娘(おやこ)だらう。355(なや)(わざはひ)浮世(うきよ)とは()(なが)356ジャンクの(いへ)には、3561これ(ほど)(まで)(わざはひ)見舞(みま)ふものか。357テもさても358残酷(ざんこく)()(なか)だなア。359あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)360天地(てんち)大神(おほかみ)あはれみ(たま)(すく)(たま)へ』
361大正一三・一二・一六 旧一一・二〇 於祥雲閣 松村真澄録)