霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第66巻 山河草木 巳の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第66巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年6月29日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm668801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
天地(あめつち)元津祖(もとつおや)なる(かみ)(ほか)
()審判(さば)くべき貴人(あでびと)はなし〈序言(初)〉
黒雲(くろくも)(つつ)まれたれど大空(おほぞら)
(つき)(ひかり)()することなし〈序言(初)〉
五年(いつとせ)(やみ)容易(たやす)()れにけり
みろくの(かみ)のいづの伊吹(いぶき)〈序言(初)〉
()ゑて()(はな)(ひら)かぬ(さと)はなし
(まこと)(みち)(ひら)けざらめや〈第3章(初)〉
常暗(とこやみ)()なりと(ひと)(かな)しめど
真人(まびと)()には神世(かみよ)なりけり〈第3章(初)〉
百千々(ももちぢ)(おも)ひは(むね)三千年(みちとせ)
(かみ)(むかし)(わが)(たま)()〈第6章(初)〉
(たま)()(ふか)(おも)ひを()(ひと)
(みづ)御魂(みたま)(ちから)なりけり〈第6章(初)〉
木枯(こがらし)()(すさ)ぶなる(ふゆ)()
天恩郷(てんおんきやう)(のり)花咲(はなさ)〈第6章(初)〉
神園(かみその)()ゑつけられしもも(くさ)
ただ一輪(いちりん)のあだ(ばな)もなし〈第10章(初)〉
花咲(はなさ)きて(みの)るも()たで()でて()
わが心根(こころね)()(ひと)はなし〈第11章(初)〉
花開(はなひら)(はる)(むか)へし神園(かみその)
百鳥(ももとり)千鳥(ちどり)(つど)ひて(うた)〈第13章(初)〉
深霧(ふかぎり)閉込(とぢこ)められし神園(かみその)
(はる)(むか)へてもも花香(はなかを)〈第13章(初)〉
常暗(とこやみ)()なりと(ひと)(かな)しめど
真人(まびと)()には神世(かみよ)なりけり〈第14章(初)〉
()(かは)りなるいかづちも()()りて
都大路(みやこおほぢ)車押(くるまお)すなり〈第14章(初)〉
今迄(いままで)のあだし(をしへ)(きぬ)ぬいで
天津誠(あまつまこと)(かみ)道行(みちゆ)〈第15章(初)〉

  神島大神(かみじまおほかみ)神歌(しんか)
()(すく)(かみ)御船(みふね)はあづさ(ゆみ)
播磨(はりま)(おき)()きつ(しづ)みつ〈第15章(初)〉
三千年(みちとせ)塩浴(しほあ)みながら(ただ)ひとり
()牛島(うしじま)(ひそ)みて(まも)りぬ〈第15章(初)〉
(にご)()(ふか)(なが)れに(ひそ)むより
(きよ)浅瀬(あさせ)()みたくぞ(おも)〈第16章(初)〉
(かぜ)()(くも)()()けて久方(ひさかた)
高天(たかま)(のぼ)()日待(ひま)たるる〈第19章(初)〉
(しやう)()虚空(こくう)(かけ)(ふえ)()
地上(ちじやう)(はし)(かみ)まつりかな〈第19章(初)〉
(くる)しみて吐息(といき)つくづく(おも)ふかな
何故(なぜ)俗人(ただぴと)(うま)れざりしと〈第20章(初)〉
(かみ)教伝(のりつた)身魂(みたま)(くる)しさは
(ひと)()られぬ(なや)みなりけり〈第20章(初)〉
これ(ほど)(くる)しみありと()(ひと)
()きにつけても()(おも)(かな)〈第20章(初)〉
(あさ)まけて御空(みそら)くもらひ小雨(こさめ)して
いよいよ梅雨気分(ばいうきぶん)()たるも
          (昭和十月六月十七日)   巻末(王仁校正)
(初は初版、王仁校正は王仁校正本の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]