霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:前付 よみ:
章:第67巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1924(大正13)年12月19日(旧11月23日) 口述場所:教主殿 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm670001
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 27頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 (とし)()(はや)(ちか)づいて(まち)()(ひと)足許(あしもと)も、002(なん)となく(せわ)しき大正(たいしやう)十三(じふさん)(ねん)十二(じふに)(ぐわつ)二十九(にじふく)(にち)003どんよりと(くも)つた(あめ)(した)に、004和知(わち)(なが)れを()おろし(なが)ら、005崧然(すうぜん)として一廓(いつくわく)をなせる祥雲閣(しやううんかく)(はな)れの()(おい)て、006北枕(きたまくら)西向(にしむき)007夜具(やぐ)(ふね)()(よこ)たへ(なが)ら、008(むかし)神代(かみよ)物語(ものがたり)009(みどり)(くれなゐ)こき()ぜて(おり)()(はた)(たま)(いと)010手繰(たぐ)手繰(たぐ)りて()べて()く。011(ふで)()(もの)は、012空前絶後(くうぜんぜつご)(はな)(わざ)013高麗国(かうらいこく)建設(けんせつ)せむと、014蒙古(もうこ)原野(げんや)三軍(さんぐん)叱咤(しつた)右手(めて)(へい)(ひき)ゐ、015左手(ゆんで)にコーランを読誦(どくじゆ)(なが)ら、016英雄的(えいゆうてき)大活動(だいくわつどう)(えん)じたる調子(てうし)(はづ)れの(をとこ)017松村(まつむら)真澄(まさずみ)(はじ)め、018日支(につし)親善(しんぜん)連鎖(れんさ)となつて、019神戸(かうべ)道院(だうゐん)(その)敏腕(びんわん)()るふ北村(きたむら)隆光(たかてる)020蒙古入(もうこいり)参加(さんか)せむとして、021資金(しきん)募集(ぼしふ)東奔西走(とうほんせいそう)し、022東京(とうきやう)(いで)乗馬(じやうば)稽古(けいこ)をなし、023(はるか)奉天(ほうてん)(まで)()かけて種々(しゆじゆ)障害(しやうがい)()ひ、024脾肉(ひにく)(たん)(のこ)して、025(こころ)なくも帰国(きこく)したる(をんな)豪傑(がうけつ)加藤(かとう)明子(はるこ)三人(さんにん)である。026本巻(ほんくわん)(いづ)れも蒙古(もうこ)気分(きぶん)(ただよ)つてゐる口述者(こうじゆつしや)筆者(ひつしや)(もの)したものだから、027どこ(とも)なしに英雄的(えいゆうてき)気分(きぶん)(ふく)んだ物語(ものがたり)となつてゐるのは、028()むを()ない道理(だうり)である。
029   大正十三年十二月廿九日   於祥雲閣
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。