霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:前付 よみ:
章:第67巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1924(大正13)年12月19日(旧11月23日) 口述場所:教主殿 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm670002
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 28頁 修補版: 校定版:3頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 言霊別命(ことたまわけのみこと)化身(けしん)にして、002照国別(てるくにわけ)従者(じゆうしや)変化(へんげ)したる梅公(うめこう)宣伝使(せんでんし)が、003オーラ(さん)立籠(たてこも)つて、004印度(いんど)七千(しちせん)余国(よこく)統一(とういつ)(ゆめ)みてゐた山賊(さんぞく)張本(ちやうほん)005ヨリコ(ひめ)006シーゴー、007(ならび)悪僧(あくそう)玄真坊(げんしんばう)言向(ことむけ)(やは)し、008シーゴーはサンダー、009スガコを(たす)け、010両人(りやうにん)(おや)所有地(しよいうち)(たく)されて、011開墾(かいこん)事業(じげふ)数千(すうせん)部下(ぶか)(とも)着手(ちやくしゆ)し、012玄真坊(げんしんばう)(ふたた)悪化(あくくわ)して、013三百(さんびやく)部下(ぶか)(とも)姿(すがた)(くら)まし、014ヨリコ(ひめ)(および)(その)(いもうと)なる花香(はなか)梅公司(うめこうつかさ)(みちび)かれて、015照国別(てるくにわけ)(たい)(がつ)すべく、016オーラ(さん)間道(かんだう)(わた)り、017ハルの(みづうみ)岸辺(きしべ)()き、018波切丸(なみきりまる)()(まか)せ、019スガの(みなと)(わた)途中(とちう)020海賊(かいぞく)襲来(しふらい)や、021浮島(うきしま)(みね)陥没(かんぼつ)や、022船長(せんちやう)とスガの(みなと)富豪(ふうがう)(むすめ)ダリヤ(ひめ)との、023数奇(すうき)(きは)まる関係(くわんけい)などを描写(べうしや)し、024(つぎ)にタラハン(ごく)カラピン(わう)(たい)する種々(しゆじゆ)奇怪(きくわい)物語(ものがたり)や、025左守司(さもりのかみ)たりしシャカンナが、026タニグク(やま)山麓(さんろく)岩窟(いはや)立籠(たてこも)つて、027二百人(にひやくにん)部下(ぶか)(あつ)め、028大望(たいもう)(くはだ)ててゐる(ところ)へ、029悪僧(あくそう)玄真坊(げんしんばう)がダリヤ(ひめ)(かどは)かして(のり)()んで()場面(ばめん)030(ならび)にカラピン(わう)太子(たいし)が、031(しん)左守司(さもりのかみ)(せがれ)アリナと(とも)に、032山野(さんや)遊覧(いうらん)()かけ、033山奥(やまおく)(まよ)()み、034旧臣(きうしん)のシャカンナに、035(はか)らずも山奥(やまおく)にて邂逅(かいこう)し、036絶世(ぜつせい)美女(びぢよ)スバール(ぢやう)()つて、037太子(たいし)恋慕(れんぼ)(じやう)(おこ)し、038(その)艶麗(えんれい)姿(すがた)()(うつ)して帰城(きじやう)したる顛末(てんまつ)や、039太子(たいし)行方不明(ゆくへふめい)(ため)040(わう)(はじ)重臣(ぢうしん)(ども)狼狽(らうばい)有様(ありさま)(とう)千変万化(せんぺんばんくわ)経緯(いきさつ)を、041(きは)めて簡明(かんめい)口述(こうじゆつ)しておきました。042入蒙(にふもう)(さい)(もつと)因縁(いんねん)(ふか)き、043並松(なみまつ)祥雲閣(しやううんかく)(おい)て、044本巻(ほんくわん)()(をは)つたのも、045(なに)かの因縁(いんねん)(むす)ばれてゐるのだらうと(おも)ひます。046あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
047   大正十三年十二月廿九日   於祥霊閣
 
048 (この)()教主殿(けうしゆでん)(とこ)()安置(あんち)したる紅葉(こうえふ)宝石(はうせき)049(さかん)(みづ)()()す。050早速(さつそく)神示(しんじ)により隣室(りんしつ)(とこ)()(うつ)す。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。