霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 美人(びじん)(うで)〔一七〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第1篇 美山梅光 よみ:びざんばいこう
章:第3章 第67巻 よみ:びじんのうで 通し章番号:1705
口述日:1924(大正13)年12月19日(旧11月23日) 口述場所:教主殿 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6703
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 40頁 修補版: 校定版:30頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 満天(まんてん)星光(せいくわう)燦爛(さんらん)としてハルの湖面(こめん)金砂(きんしや)銀砂(ぎんしや)(しづ)めし(ごと)く、002(つき)(ひかり)はなけれども()()大湖水(だいこすい)(そら)(あか)く、003銀河(ぎんが)はオーラ(さん)(いただ)きより、004バルガン(じやう)(そら)(むか)つて(きよ)(なが)れて()る。005東天(とうてん)(あふ)()れば006スバル(せい)はオレオン星座(せいざ)(おも)たげに牽引(けんいん)して頭上(づじやう)(たか)(すす)んで()るやうに()える。007太白星(たいはくせい)(いま)やオーラ(さん)山頂(さんちやう)老木(らうぼく)木蔭(こかげ)宿(やど)として、008()()をすかしてピカリピカリと(のぞ)いて()る。009()()せて(おと)もなく(ふね)(あゆ)みもいと(おそ)010(ほとん)停船(ていせん)せしかと(おも)(ばか)りの(しづ)けさである。011湖中(こちう)散在(さんざい)する大小(だいせう)無数(むすう)島嶼(たうしよ)は、012パインの()(つつ)まれてこんもりと(しづ)かに(うか)んで()る。013時々(ときどき)赤児(あかご)()くやうな海鳥(うみどり)(こゑ)014アンボイナの(はね)()たたきのみ一同(いちどう)耳朶(じだ)()つ。015(てん)静寂(せいじやく)にして(こゑ)()く、016海面(かいめん)(おだや)かにして呼吸(こきふ)せず017(あたか)活力(くわつりよく)(うしな)ひし(ねむ)れる(うみ)()心地(ここち)018船客(せんきやく)一同(いちどう)甲板(かんばん)()夜露(よつゆ)()びながら、019彼方(あなた)此方(こなた)煙管(きせる)雁首(がんくび)から(かすか)()()()ばして()る。020(この)(とき)八挺艪(はつちやうろ)()(なが)ら、021()(ごと)波切丸(なみきりまる)(むか)つて猛犬(まうけん)(ごと)()みついて()一艘(いつさう)(ふね)には、022十四五人(じふしごにん)海賊(かいぞく)()つて()た。023(たちま)(ふなばた)縄梯子(なはばしご)をヒラリと()げかけ、024アハヤと()()もなく大刀(だいたう)(ひつさ)(のぼ)つて()たのは025(この)湖上(こじやう)にて鬼賊(きぞく)(おそ)れられて()るコーズと()頭目(とうもく)であつた。026(かれ)甲板(かんばん)()ちはだかり、027十四五人(じふしごにん)部下(ぶか)(とも)抜刀(ばつたう)(まま)028呶鳴(どな)つて()る。
029コーズ『(この)(はう)はハルの湖水(こすい)主人公(しゆじんこう)030海賊(かいぞく)頭目(とうもく)コーズの(きみ)だ。031最早(もはや)(おれ)(あら)はれた以上(いじやう)文句(もんく)はいらぬ。032持物(もちもの)一切(いつさい)何奴(どいつ)此奴(こいつ)貴賤貧富(きせんひんぷ)区別(くべつ)なく、033(わが)(まへ)献上(けんじやう)せよ。034()()(まを)して(こば)むにおいては035(なんぢ)素首(そつくび)一々(いちいち)()きちぎり、0351(なは)をとほして数珠(じゆず)(つく)036ハルナの(みやこ)大雲山(だいうんざん)献納(けんなふ)してやる。037どうだ返答(へんたふ)()かせ』
038傍若無人(ばうじやくぶじん)強託(がうたく)(なら)()した。039一同(いちどう)乗客(じやうきやく)は、040(ふる)(をのの)いて船底(せんてい)(ひそ)むもの、041(あるひ)悲鳴(ひめい)()げてデツキの(うへ)右往左往(うわうさわう)するもの、042(こゑ)さへも()()てず()(ふる)ふもの、043()るも悲惨(ひさん)光景(くわうけい)であつた。044コーズは部下(ぶか)(めい)乗客(じやうきやく)一々(いちいち)赤裸体(まつぱだか)となし045用意(ようい)(つな)()()し、0451掠奪品(りやくだつひん)一纒(ひとまと)めとなし046(わが)(ふね)(いま)()()まむとする一刹那(いつせつな)047船底(せんてい)よりヌツ(あら)はれて()名人(めいじん)画伯(ぐわはく)(ゑが)いたやうな天成(てんせい)美人(びじん)048丹花(たんくわ)(くちびる)(ふる)はせながら、049生蝋(きらふ)(ごと)(しろ)(かひな)薄暗(うすやみ)(なか)(かがや)かせつつ、
050(をんな)(なんぢ)はハルの湖水(こすい)(あるじ)(きこ)えたるコーズと(おぼ)えたり。051(こら)しめくれむ』
052()ふより(はや)く、053仁王(にわう)(ごと)荒男(あらをとこ)襟髪(えりがみ)(つか)んで、054エイと一声(いつせい)海上(かいじやう)めがけて()()めば055不意(ふい)()たれて、056(さすが)のコーズも空中(くうちう)二三回(にさんくわい)上手(じやうず)回転(くわいてん)(なが)ら、057自分(じぶん)(ふね)にドスンと()ちて尻餅(しりもち)をついた。058()乾児(こぶん)(ども)(おどろ)いて前後左右(ぜんごさいう)()(まは)るを、059……エヽ木葉(こわつぱ)(ども)面倒(めんだう)なり……と将棋倒(しやうぎだふし)(つか)んでは()げ、060(つか)んでは()げ、061(またた)(うち)にデッキの大掃除(おほさうぢ)(をは)つて(しま)つた。062美人(びじん)(しろ)()(あら)はし(なが)らさも愉快(ゆくわい)げに『オホヽヽヽ』と(かすか)(わら)ひ、063悠々(いういう)として階段(かいだん)(くだ)り、064(なに)()はぬ(かほ)をして(わが)寝室(ねま)()り、065(うで)(まくら)熟睡(じゆくすゐ)(ゆめ)()つた。066乗客(じやうきやく)一同(いちどう)(あや)しき(をんな)のどこともなく(あら)はれて、067悪漢(わるもの)海中(かいちう)()()みし(うはさ)のみにて喧々囂々(けんけんがうがう)(ささや)()ふのみであつた。068梅公(うめこう)はウツラウツラ(ねむ)りつつありしが、069人々(ひとびと)(ささや)(こゑ)にフツと()()まし、070何事(なにごと)ならむと(みみ)()まして()()れば、071諸人(もろびと)(こゑ)(たす)けの(かみ)(あら)はれた…とか、072(うみ)竜神(りうじん)化身(けしん)吾等(われら)(すく)つて()れたのだ…とか、073…オーラ(さん)天狗(てんぐ)(むすめ)だ…とか、074(うみ)(をんな)だ…とか、075種々(いろいろ)雑多(ざつた)憶測(おくそく)(たくま)しふして()る。076船長(せんちやう)はやつと安心(あんしん)せしものの(ごと)く、077(おそ)(おそ)るデッキの(うへ)から海面(かいめん)見渡(みわた)せば、078コーズの(ふね)()えねども079(はるか)(とほ)島影(しまかげ)十数艘(じふすうさう)賊船(ぞくせん)波切丸(なみきりまる)前途(ぜんと)(えう)し、080手具脛(てぐすね)()いて()つものの(ごと)(おも)はれてならなかつた。081船長(せんちやう)のアリーは双手(もろて)()んで(おも)ふやう……(いま)船路(せんろ)()らば(かなら)ずやコーズの手下(てした)(やつ)(ふたた)(おびや)かされむ。082迂回(うくわい)ではあるが、083船首(せんしゆ)(ひがし)(てん)じ、084岸辺(きしべ)(ちか)づきつつ(すす)()かむものと……、085部下(ぶか)水夫(すいふ)(れい)(くだ)し、086()(あやつ)り、087(かい)()(なが)一生懸命(いつしやうけんめい)に、088(かがみ)(ごと)海面(かいめん)(にはか)波紋(はもん)(ゑが)きつつ、089(ちから)(かぎ)りに(かけ)()した。090(ふね)(たちま)暗礁(あんせう)()()げ、091船底(せんてい)はガラガラガラ バチバチバチと(あや)しき(おと)()船客(せんきやく)一同(いちどう)(きも)(つぶ)した。092(たちま)阿鼻叫喚(あびけうくわん)093(たす)けて()れい(たす)けて()れいと悲鳴(ひめい)(こゑ)094(ふね)全面(ぜんめん)より(きこ)()る。095梅公(うめこう)(たちま)舷頭(げんとう)()(あら)はれ、096(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)し、097音吐(おんと)朗々(らうらう)として(かみ)(たい)して救助(きうじよ)祈願(きぐわん)(うた)(たてまつ)つた。
098(なみ)(しづか)なハルの(うみ)
099御空(みそら)(きよ)(みづ)(きよ)
100(あま)河原(かはら)(そら)()
101()ぎゆく御船(みふね)棚機(たなばた)
102(かみ)(いつ)きし玉船(たまぶね)
103(まも)らせたまへ和田(わだ)(はら)
104所領(うしは)ぎたまふ竜神(たつがみ)
105吾等(われら)(ねむ)りに()りながら
106(はな)()(にほ)天国(てんごく)
107(きよ)御園(みその)(あそ)びつつ
108皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
109(みたま)(きよ)むる(かみ)御子(みこ)
110波切丸(なみきりまる)()(まか)
111(はて)しも()らぬ(くも)(うへ)
112諸人(もろびと)(とも)(すす)むなり
113大空(おほぞら)(わた)(この)(ふね)
114暗礁(あんせう)(なや)みのあるべきか
115如何(いか)なる(かみ)(はか)らひか
116はかりかぬれど皇神(すめかみ)
117(をしへ)(つた)ふる宣伝使(せんでんし)
118天降(あも)りて(まも)りある(うへ)
119如何(いか)なる(まが)のさやるべき
120(かみ)(すく)ひの(ふね)にのり
121(すく)ひの(みち)(つた)()
122天地(てんち)(かみ)(おん)(ため)
123(まこと)(つく)梅公(うめこう)
124今日(けふ)(なや)みをみそなはし
125(わが)言霊(ことたま)(いきほひ)
126天津空(あまつそら)より科戸辺(しなどべ)
127(かみ)伊吹(いぶき)()げたまひ
128(うみ)(ねむり)()まさせて
129海馬(かいば)(たてがみ)()(ふる)
130海底(うなそこ)(ふか)(ひそ)みたる
131竜神(りうじん)たちは()(あが)
132激浪(げきらう)怒濤(どたう)()(おこ)
133(かく)れし(いは)()りあげし
134これの御船(みふね)中天(ちうてん)
135()()(なが)暗礁(あんせう)
136(なん)より(すく)ひたまへかし
137仮令(たとへ)海賊(かいぞく)幾万(いくまん)
138部下(てした)(したが)()()とも
139(われ)には(かみ)(まも)りあり
140さはさりながら諸人(もろびと)
141不浄(ふじやう)(ひと)(まじ)はりて
142(かみ)(いか)りを(まね)くらむ
143あゝ皇神(すめかみ)皇神(すめかみ)
144(わが)(たま)()(いのち)をば
145()させたまふもいとはまじ
146諸人(もろびと)(たち)(いのち)をば
147(すく)はせたまへ惟神(かむながら)
148三五教(あななひけう)梅公(うめこう)
149一生(いつしやう)一度(いちど)御願(おんねが)
150(つつし)(かしこ)()ぎまつる
151あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
152御霊(みたま)(さち)(はへ)ましませよ
153大日(おほひ)()るとも(くも)るとも
154(つき)()つとも()くるとも
155(うみ)はあせなむ()ありとも
156皇大神(すめおほかみ)(おん)()めに
157(うづ)御霊(みたま)()(てら)
158千代(ちよ)万代(よろづよ)(かぎ)りなく
159現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)
160出入(しゆつにふ)なして(かみ)()
161(われ)(いのち)(まも)るべし
162()させたまへよ(わが)身体(からだ)
163(にく)(いのち)(ほろ)ぶとも
164御魂(みたま)(いのち)のある(かぎ)
165(かみ)()さしの神業(かむわざ)
166(つつし)(つか)へまつるべし
167(すく)はせたまへ諸人(もろびと)
168(うか)ばせたまへ(この)(ふね)を』
169(こゑ)高々(たかだか)(うた)(をり)しも、170東北(とうほく)(てん)一塊(いつくわい)黒雲(こくうん)(おこ)り、171()()拡張(くわくちやう)して満天(まんてん)星光(せいくわう)()み、172()いでハルの(うみ)()んでしまつた。173轟々(ぐわうぐわう)たる颶風(ぐふう)(ひび)き、174波濤(はたう)(おと)175(たちま)波切丸(なみきりまる)は、176()()(ごと)く、177(たか)まる(なみ)中空(ちうくう)()()げられ、178(その)刹那(せつな)179船底(せんてい)暗礁(あんせう)(はな)れて(なみ)(なかば)()まれつつ、180()なり(おほ)きい島影(しまかげ)()せずして(はこ)ばれた。181(なみ)(しづ)かなる風裏(かざうら)島影(しまかげ)(ふね)(うか)べてホツと一息(ひといき)する()もなく、182(たちま)満天(まんてん)(ぬぐ)ふが(ごと)()(わた)(かぜ)()(なみ)(しづ)まりて、183(あま)りの変化(へんくわ)(はや)さに(ゆめ)かと(ばか)(おどろ)かぬはなかつた。
184惟神(かむながら)(かみ)伊吹(いぶき)御恵(みめぐみ)
185(たま)御船(みふね)(すく)はれにけり。
186(わが)(たま)中空(ちうくう)()(わが)(ふね)
187(なみ)谷間(たにま)()(しづ)みせり。
188真心(まごころ)()めて(いの)りし甲斐(かひ)ありて
189一息(ひといき)つきぬ波切(なみきり)(ふね)
190曲神(まがかみ)はいづこを()して()げにけむ
191大海原(おほうなばら)(かげ)だに()せず。
192(てん)()(しま)をも()みし(やみ)(まく)
193(あと)かたもなく()れし(うれ)しさ。
194百鳥(ももどり)(こゑ)(やうや)(きこ)えけり
195(なみ)(ひびき)(をさ)まりてより。
196(あを)ざめし(ひと)(かんばせ)やうやくに
197みかえし()めし(よる)(うみ)かな。
198(てん)はさけ()(やぶ)れむと(あや)しみし
199荒風(あらかぜ)(なみ)もおさめます(かみ)
200くしびなる(かみ)(ちから)()るにつけ
201(ひと)(ちから)(ちひ)さきを()づ。
202()(きみ)はバルガン(じやう)()(むか)
203メラオンナにて(われ)()たすらむ。
204シャカンメラ(たてがみ)(ふる)(わが)(ふね)
205かみつきし(とき)(われ)もふるひぬ。
206(たてがみ)(ふる)つて()てるシャカンメラ
207大海原(おほうなばら)(そこ)()りけむ。
208うたかたの(あわ)()えたるシャカンメラ
209御船(みふね)(まも)(かみ)(くに)まで
210 何処(どこ)ともなく(やさ)しき(をんな)(うた)(こゑ)
211『ハルの(うみ)()()(ひと)(なや)ませる
212(まが)(はら)ひし(とき)(うれ)しさ。
213皇神(すめかみ)(うづ)(ちから)にヨリコ(ひめ)
214いま(はじ)めてぞ(ひと)(たす)けし。
215(いま)(まで)(しこ)醜業(しこわざ)のみなして
216(つみ)(つく)りし(こと)(くや)しさ。
217(つみ)(ふか)(われ)ある(ゆゑ)(うみ)(かみ)
218いましめ(たま)ふかと(おどろ)きてけり。
219梅公(うめこう)(うづ)(つかさ)言霊(ことたま)
220(くし)御救(みすく)(あら)はれにけり。
221惟神(かむながら)いざ今日(けふ)よりは大道(おおほみち)
222(すす)まむ()こそ(たの)しかりけり』
223 海賊(かいぞく)(なん)()けむとして(あやま)つて暗礁(あんせう)()()げたる波切丸(なみきりまる)も、224梅公(うめこう)熱誠(ねつせい)()めたる祈願(きぐわん)言霊(ことたま)に、225(かみ)(あは)れみたまひしか226海浪(かいらう)躍動(やくどう)して固着(こちやく)せる船底(せんてい)()(はな)し、227(やうや)沈没(ちんぼつ)破壊(はくわい)(なん)(まぬ)がれしめ(たま)ひぬ。228船長(せんちやう)(はじ)乗客(じやうきやく)一同(いちどう)229梅公(うめこう)(まへ)(ひざまづ)いて(その)神徳(しんとく)()(たた)へ、230()大神(おほかみ)感謝(かんしや)(まこと)(ささ)げた。231(やうや)くにして()はホンノリと()(はな)232(ふたた)魚鱗(ぎよりん)(なみ)(たた)へたる蒼味(あをみ)だつた水面(すいめん)(みなみ)(みなみ)(すべ)()く。
233大正一三・一一・二三 新一二・一九 於教主殿 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)