霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 (いと)(もつ)れ〔一七一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第2篇 春湖波紋 よみ:しゅんこはもん
章:第8章 第67巻 よみ:いとのもつれ 通し章番号:1710
口述日:1924(大正13)年12月27日(旧12月2日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6708
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 68頁 修補版: 校定版:106頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 海賊(かいぞく)頭目(とうもく)コーズは数十人(すうじふにん)手下(てした)(とも)002甲板上(かんばんじやう)雑談(ざつだん)(ふけ)つて()船客(せんきやく)一々(いちいち)赤裸(まつぱだか)となし003(いきほひ)(じやう)じて階段(かいだん)(くだ)004船室(せんしつ)にバラバラと侵入(しんにふ)して()た。005さうして数多(あまた)船客(せんきやく)(むか)大刀(だいたう)()()いたまま、006(れい)(おど)文句(もんく)(なら)べ、
007コーズ『持物(もちもの)一切(いつさい)提供(ていきよう)せよ。008否応(いやおう)(まを)すに(おい)ては009何奴(どいつ)も、0091此奴(こいつ)(やいば)(さび)だ』
010脅迫(けふはく)して()る。011老若男女(らうにやくなんによ)悲鳴(ひめい)をあげて()(さけ)(なが)012右往左往(うわうさわう)()(まは)る。013船室内(せんしつない)(にはか)大暴風(だいばうふう)見舞(みま)はれて014(あき)()()()(みだ)るるが(ごと)光景(くわうけい)となつて()た。015特別室(とくべつしつ)(ねむ)つて()たシーゴーは(あや)しの物音(ものおと)()(さま)し、016よくよく()れば海賊(かいぞく)張本(ちやうほん)コーズが数十人(すうじふにん)部下(てした)(とも)017(いま)(あは)れな船客(せんきやく)掠奪(りやくだつ)()(ほしいまま)にして()真最中(まつさいちう)であつた。018シーゴーは大喝(たいかつ)一声(いつせい)
019『オイ、020コラツ。021貴様(きさま)はコーズぢやないか。022(この)(ふね)(おれ)()(かぎ)掠奪(りやくだつ)(ゆる)さないぞ。023サア掠奪品(りやくだつひん)をスツカリとお客人(きやくじん)返戻(へんれい)してお(ことわ)りを(まを)せ』
024 (この)(こゑ)にコーズは(あや)しみ(なが)らよくよく(その)面体(めんてい)()れば025日頃(ひごろ)大親分(おほおやぶん)(たの)むシーゴーであつた。026(この)コーズはシーゴーの部下(ぶか)別働隊(べつどうたい)となり、027軍用品(ぐんようひん)調達(てうたつ)()めに大活動(だいくわつどう)をつづけて()たのである。028さうして海賊(かいぞく)(もつと)安全(あんぜん)で、029()収獲(しうくわく)(おほ)(こと)()つたので030沢山(たくさん)海賊(かいぞく)部下(ぶか)(したが)へ、031羽振(はぶり)()かして()たのである。032オーラ(さん)()(こも)つて三千(さんぜん)部下(ぶか)支配(しはい)して()ると(おも)つたシーゴーが、033(いま)(この)(ふね)()つて()たのに(おどろ)き、034大刀(だいたう)(その)()()()(うやうや)しく両手(りやうて)をついて、
035『これはこれは大親分(おほおやぶん)シーゴー(さま)(ござ)いましたか。036(おも)はぬ(ところ)でお()にかかりました。037(わたし)親分(おやぶん)(ため)(かく)(ごと)危険(きけん)(をか)して大活動(だいくわつどう)をやつて()るのに、038何故(なぜ)()めなさいますか』
039シー『貴様(きさま)不審(ふしん)()つのは(もつと)もだが040(おれ)最早(もはや)堅気(かたぎ)になつたのだ。041今日(けふ)のシーゴーは先日(せんじつ)のシーゴーではない。042正真正銘(しやうしんしやうめい)真人間(まにんげん)だ。043神様(かみさま)御子(みこ)だ。044(かみ)精霊(せいれい)宿(やど)(たま)生宮(いきみや)だ。045貴様(きさま)もよい加減(かげん)(あし)(あら)つて(おれ)同様(どうやう)善心(ぜんしん)()(かへ)り、046(いま)(まで)罪業(ざいごふ)(しや)するために047粉骨砕心(ふんこつさいしん)天下救済(てんかきうさい)大神業(だいしんげふ)帰順(きじゆん)してはどうだ。048人間(にんげん)(うま)れて山賊(さんぞく)(また)海賊(かいぞく)をやる(くらゐ)不利益(ふりえき)な、049そして()()はない危険(きけん)商売(しやうばい)はないぢやないか』
050 コーズは大口(おほぐち)()けて高笑(たかわら)い、
051『アハヽヽヽ。052ても()ても()(こと)(うけたま)はるものかな。053一旦(いつたん)男子(だんし)決心(けつしん)した事業(じげふ)(たい)中途(ちうと)屁古垂(へこた)れるとは、054てもさても親分(おやぶん)似合(にあは)ぬお言葉(ことば)055最早(もはや)今日(けふ)となつてはシーゴー殿(どの)(あし)(あら)真人間(まにんげん)になられたとの(こと)056このコーズは(だん)じて(みち)()へませぬ。057かうなる(うへ)貴方(あなた)(わたし)親分(おやぶん)乾児(こぶん)関係(くわんけい)自然(しぜん)()えた道理(だうり)だ。058(まへ)さまの言葉(ことば)服従(ふくじゆう)する義務(ぎむ)毛頭(まうとう)ない(はず)だ。059コーズはコーズとしての商売(しやうばい)勉強(べんきやう)せなくてはならない。060どうか邪魔(じやま)をして(くだ)さるな。061オイ部下(てした)(ども)062(なに)躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)して()るか。063(かた)(ぱし)から何奴(どいつ)此奴(こいつ)()いてしまへ』
064下知(げち)すれば、065部下(ぶか)一同(いちどう)(さき)(あらそ)うて(また)もや掠奪(りやくだつ)(ほしいまま)にせむとする。066老弱男女(らうじやくなんによ)はまたもや悲鳴(ひめい)をあげて()(さけ)ぶ。067(その)惨状(さんじやう)()()てられぬ(ばか)りなりける。
068シー『これやコーズ、069どうしても(おれ)()(こと)をきかぬのか。070いや改心(かいしん)せぬのか。071天道(てんだう)(おそろ)しくないのか』
072コー『エヽ(かま)うて()れない。073(いま)(まで)三千(さんぜん)部下(ぶか)(いう)する大親分(おほおやぶん)だと(おも)つて074尊敬(そんけい)もし服従(ふくじゆう)もして()たのだが、075(なに)(かん)じてか(をとこ)らしくもない076(にはか)屁古垂(へこた)れよつて菩提心(ぼだいしん)(おこ)すやうな(やつ)は、077吾々(われわれ)盗賊(たうぞく)社会(しやくわい)恥辱(ちじよく)だ。078貴様(きさま)(ついで)()いてやるから覚悟(かくご)をせい』
079シー『アツハヽヽヽ、080猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)な。081それ(ほど)()きたければ()かしてやらう。082サアどつからなと()け。083(その)(かは)りに(ひと)つより()(いのち)要心(えうじん)せよ』
084コー『(なに)()らず(ぐち)(たた)きやがる。085貴様(きさま)部下(ぶか)になつて()最初(さいしよ)には(わづか)四五人(しごにん)部下(ぶか)しか()かつたが、086今日(こんにち)はハルの(うみ)出没(しゆつぼつ)する五百人(ごひやくにん)海賊(かいぞく)大親分(おほおやぶん)だぞ。087サア神妙(しんめう)(はだか)になつて持物(もちもの)一切(いつさい)をコーズさまに()きつげ。088腰抜(こしぬけ)野郎(やらう)()
089 かかる(をり)しも、090特等室(とくとうしつ)一隅(いちぐう)より天地(てんち)()るる(ばか)りの生言霊(いくことたま)(きこ)()たる。
091(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)ウーウーウーウー』
092 (この)言霊(ことたま)不意(ふい)()たれたコーズは真青(まつさを)となつて093数十(すうじふ)味方(みかた)(とも)(この)()()()094甲板(かんばん)()(わた)した縄梯子(なはばしご)(つた)つて(わが)(ふね)()()り、095(いのち)辛々(からがら)湖面(こめん)(にはか)(なみ)()たせながら、096八挺艪(はつちやうろ)()いで(くも)(かす)みと()げて()く。097シーゴーは……一般(いつぱん)船客(せんきやく)098怪我(けが)はなかつたか……099持物(もちもの)安全(あんぜん)か……と一々(いちいち)(たづ)(まは)り、100(さいはひ)一物(いちぶつ)をも紛失(ふんしつ)して()ないのに安心(あんしん)し、101拍手再拝(はくしゆさいはい)して神恩(しんおん)感謝(かんしや)せり。102(ここ)梅公(うめこう)103ヨリコ(ひめ)104花香姫(はなかひめ)はニコニコしながら(あら)はれ(きた)り、105船客(せんきやく)一同(いちどう)遭難(さうなん)慰問(ゐもん)したるが、106船客(せんきやく)一同(いちどう)はシーゴー(その)()生神(いきがみ)(ごと)くに尊敬(そんけい)し、107大難(だいなん)(すく)はれし(こと)(なみだ)(とも)感謝(かんしや)する。
108シー『ハルの(うみ)往来(ゆきき)(ひと)(おびや)かす
109(まが)のコーズは(もろ)くも()げける。
110(わが)(たま)(かみ)御光(みひかり)(さち)はいて
111(ひと)(なやみ)(すく)はせたまひぬ。
112あゝ(かみ)(まも)らせ(たま)(この)(ふね)
113スガの(みなと)埠頭(はと)につく(まで)
114梅公(うめこう)(かみ)(つかさ)言霊(ことたま)
115(もろ)()せけり(もも)醜神(しこがみ)
116梅公(うめこう)『ありがたし(わが)言霊(ことたま)(さち)はひは
117(みづ)御霊(みたま)(たす)けなりけり。
118天地(あめつち)(かみ)(こころ)(かな)ひなば
119(なに)をか(おそ)れむ(しこ)荒浪(あらなみ)
120ヨリコ(ひめ)(きみ)こそは(かみ)にますらむ曲神(まがかみ)
121ただ一言(ひとこと)()()せにけり。
122(われ)(いま)かかる(たつと)()(きみ)
123(したが)ひて()(こと)(うれ)しさ。
124()(あた)生言霊(いくことたま)神力(しんりき)
125(をが)みまつりて(こころ)(いさ)む』
126花香姫(はなかひめ)(いさ)ましき(わが)()(きみ)言霊(ことたま)
127(ほろ)()せけり(しこ)曲霊(まがひ)も。
128かく(ばか)(かみ)御稜威(みいづ)(たか)きをば
129(さと)()ざりし(われ)(おろ)かさ。
130(いま)はただ(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
131()霊魂(たましひ)(まか)さむとぞ(おも)ふ』
132 かかる(ところ)甲板(かんばん)(しば)られて()たバラックは133赤裸(まつぱだか)(まま)1331階段(かいだん)()(きた)つて、
134『もし(たれ)甲板(かんばん)()(くだ)さいませぬか。135(たれ)()赤裸(まつぱだか)(つな)がれて()ます。136(わたし)はやうやく(つな)()つて此所(ここ)(まゐ)りましたが、137(なに)刃物(はもの)がなけねば138丸結(まるむす)びにして(ござ)いますから(ほど)(こと)出来(でき)ませぬ』
139シーゴー『(なに)140デッキの(うへ)にも船客(せんきやく)(しば)られて()ると()ふのか。141それや可愛(かはい)さうだ。142ヨシヨシ(いま)(おれ)(たす)けてやる』
143()ふより(はや)くバラックと(とも)甲板(かんばん)()(いで)()れば、144数十人(すうじふにん)船客(せんきやく)手足(てあし)(きび)しく(いまし)められ、145所々(ところどころ)にカスリ(きず)()い、146呻吟(しんぎん)して()た。147シーゴーは手早(てばや)懐剣(くわいけん)(さや)(はら)つて一人(ひとり)(のこ)らず、148(いましめ)(なは)()(はな)ち、149衣服(いふく)持物(もちもの)(など)念入(ねんいり)取調(とりしら)べて各自(めいめい)(わた)してやつた。150一同(いちどう)船客(せんきやく)はシーゴーを(かみ)(ごと)尊敬(そんけい)し、151(かん)(きは)まりて嗚咽(をえつ)するものさへあつた。
152 船長室(せんちやうしつ)には船長(せんちやう)のアリーと一人(ひとり)美人(びじん)何事(なにごと)泌々(ひそびそ)()()つて()る。
153アリー『(その)(はう)はどうしても吾輩(わがはい)(つま)になつてくれないのか。154生殺与奪(せいさつよだつ)(けん)(にぎ)つた(この)(おれ)(そむ)けば、155(まへ)(ため)にはならないぞ。156性念(しやうねん)()ゑてキツパリと返答(へんたふ)をしろ』
157ダリヤ『ハイ、158(なん)(あふ)せられましても(わたし)(おや)(ゆる)しのない以上(いじやう)御意(ぎよい)(おう)ずる(こと)出来(でき)ませぬ。159()して(わたし)(はは)(はや)(わか)(いま)(ちち)一人(ひとり)160(わたし)(かへ)るのを(いま)(いま)かと()つて()るで(ござ)いませうから、161何卒(なにとぞ)これ(ばか)りはお(ゆる)しを(ねが)()いものです』
162アリー『お(まへ)(おれ)普通(ふつう)船長(せんちやう)(おも)ふて()るか。163(おれ)表面(へうめん)波切丸(なみきりまる)船長(せんちやう)となつて()るものの、164(じつ)海賊(かいぞく)だ。165(まへ)部下(ぶか)のコークスに()(さら)はしたのは(おほ)いに目的(もくてき)があつての(こと)だ。166(まへ)(ちち)はアリスと()つたであろう。167スガの(みなと)薬種問屋(やくしゆどいや)であらうがな』
168ダリヤ『どうして(また)169貴方(あなた)はそんな(くは)しい(こと)御存(ごぞん)じで(ござ)いますか』
170アリー『()るも()らぬもあるものか。171(まへ)(ちち)(わが)父母(ふぼ)(かたき)だ。172不倶戴天(ふぐたいてん)(あだ)とつけ(ねら)ひ、173どうかお(まへ)(ちち)(いのち)()つて(おや)(あだ)(むく)ひたいのだが、174(あま)警戒(けいかい)(きび)しき()近寄(ちかよ)(こと)出来(でき)ず、175(つひ)には海賊(かいぞく)となり、176船長(せんちやう)()()まして、177前達(まへたち)父子(おやこ)がこの(うみ)(わた)(とき)()つて()たのだ。178(しか)(なが)悪運(あくうん)(つよ)其方(そなた)(ちち)アリスは179(わが)(ふね)(いま)一度(いちど)()()んだ(こと)がないので仇討(あだうち)(のぞみ)(たつ)せず、180怏々(おうおう)として日夜(にちや)煩悶(はんもん)して()たのだ。181(まへ)(はは)()ふのはアンナと()つたであらうがな』
182ダリヤ『ハイ左様(さやう)(ござ)いました。183どうして(また)(わたし)(ちち)貴方様(あなたさま)(おや)(あだ)(ござ)いますか。184(くはし)(こと)をお()かせ(くだ)さいませ』
185アリー『(おれ)(じつ)(ところ)(まへ)女房(にようばう)にしたくはない、186何故(なぜ)ならば(ちち)(かたき)(むすめ)一所(いつしよ)(くら)すのは良心(りやうしん)がとがめ、187かつ(おや)(れい)(たい)して()まないからだ。188(それ)よりもお(まへ)(くび)()つて(ちち)墓前(ぼぜん)(そな)へ、189(ちち)修羅(しゆら)妄執(まうしふ)(はら)しさへすれば(おれ)はそれで満足(まんぞく)だ。190(しか)(なが)らお(まへ)(いのち)()るに先立(さきだ)つて(ふか)因縁(いんねん)()かして()かう。191(うら)んで()れな。192(じつ)はかうだ、193(おれ)(ちち)極貧(ごくまづ)しい生活(せいくわつ)をして()たアリスタンと()売薬(ばいやく)行商人(ぎやうしやうにん)であつたが、194(おれ)(はは)(すなは)ちお(まへ)()んだ(はは)のアンナは195(わが)(ちち)恋女房(こひにようばう)であつた。196(まへ)(ちち)(わが)(ちち)留守宅(るすたく)へやつて()て、197色々雑多(いろいろざつた)手段(しゆだん)(めぐら)し、198(わが)(はは)()(かへ)つて(くら)(なか)()()めおき、199否応(いやおう)いはさず、200無理往生(むりわうじやう)女房(にようばう)となし、201その(なか)(うま)れたのがお(まへ)だ。202(ちち)女房(にようばう)()られた残念(ざんねん)さに203(この)(みづうみ)()()げて()んだのだ。204()はばお(まへ)胤異(たねちがい)兄妹(きやうだい)だ。205(しか)しながら(わが)(はは)のアンナはお(まへ)(ちち)愛情(あいじやう)(そそ)いで()なかつた。206(まへ)には(はは)愛情(あいじやう)(そそ)がれ()るのぢや()い。207狂暴(きやうばう)なる(ちち)悪血(あくち)(かたま)つて(わが)(はは)体内(たいない)因果(いんぐわ)(たね)宿(やど)つたのだ。208(まへ)(その)(うつく)しい(かほ)()(ごと)にお(まへ)(ちち)(おも)()し、209どうしても(ころ)さねば承知(しようち)ならないのだから、210(ころ)(おれ)も、211(ころ)されるお(まへ)因果(いんぐわ)だ、212(あきら)めてくれ。213(おれ)(ちち)(たい)する義務(ぎむ)がすまないからなあ、214(あは)れと(おも)はないではないが、215(こころ)(おに)にしてお(まへ)生命(いのち)()るのだから』
216 ダリヤは船長(せんちやう)物語(ものがたり)()いて(おほい)(おどろ)き、217溜息(ためいき)をつき(なが)ら、
218ダリヤ『アリー(さま)219貴方(あなた)御立腹(ごりつぷく)御尤(ごもつとも)(ござ)います。220どうか(わたし)(ころ)して(くだ)さいませ、221さうしてお父上(ちちうへ)孝養(かうやう)をおつくし(くだ)さいませ。222(おな)(はら)から(うま)れた(あに)(ころ)されると(おも)へば、223(わたし)得心(とくしん)して、224成仏(じやうぶつ)(いた)します。225南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)
226と、227両掌(りやうて)(あは)紅涙(こうるい)滴々(てきてき)として祈願(きぐわん)して()(その)不愍(ふびん)さ。228(さすが)のアリーも可憐(かれん)なる(いもうと)姿(すがた)(なが)めては(くび)()りおとす勇気(ゆうき)もなく、229()へさかる(むね)(ほのほ)()しかねて230両手(りやうて)()吐息(といき)をついて()る。
231ダリヤ『()(にほ)ふダリヤの(はな)木枯(こがらし)
232(つめた)(かぜ)()るぞ(かな)しき』
233アリー『あゝお(まへ)姿(すがた)()るにつけ、234(また)(その)決心(けつしん)()くにつけ235日頃(ひごろ)(かたき)とつけ(ねら)ふた(おれ)(こころ)()れ、236(やいば)(おろ)勇気(ゆうき)()くなつた。237(しか)しお(まへ)(おれ)とは(はら)(ひと)つでも(たま)(ひと)つでない。238愛情(あいじやう)()(はは)体内(たいない)には愛情(あいじやう)のない(れい)(にく)とが宿(やど)つて()る。239(まへ)はお(まへ)(ちち)片身(へんしん)だ。240どうしてもお(まへ)()たねばならぬ、241どうか勘忍(かんにん)して()れ。242(しかし)(ながら)今日(けふ)はどうもお(まへ)()勇気(ゆうき)()()ない、243いつもの密室(みつしつ)(しばら)監禁(かんきん)して()くから、244(けつ)して自害(じがい)などしてはならないぞ、245(おれ)()にかかつて()んで()れ』
246ダリヤ『ハイ、247どうぞ貴方(あなた)のお(すき)になさいませ。248(わたし)最早(もはや)(いのち)()しみませぬ。249(ちち)はスガの(みなと)(わたし)(かへ)りを()つて()ませうが、250そんな悪魔(あくま)()いては、251もはや(ちち)(いへ)(かへ)(こころ)(おこ)りませぬ。252(また)貴方(あなた)のお(こころ)()いては、253(いさぎ)よう貴方(あなた)のお()にかかつて(しに)たうございます。254たとへ(はは)()(れい)とが(わたし)体内(たいない)宿(やど)つて()()いとしても、255貴方(あなた)(わたし)兄上(あにうへ)(ちが)いありませぬ』
256 かくする(うち)()(とばり)(おろ)された。257アリーはダリヤの()()いて(ひそ)かに密室(みつしつ)(みちび)()258(かた)錠前(ぢやうまへ)をおろしておいた。
259 ダリヤは密室(みつしつ)(つな)がれ()覚悟(かくご)260健気(けなげ)にも辞世(じせい)(うた)(こゑ)(しづか)(うた)つて()る。
261『あゝ味気(あぢき)なき(ひと)()
262天地(あめつち)(あひ)(ひと)(うま)()でて
263二八(にはち)今日(けふ)(はる)(まで)
264(てふ)(はな)よと(はぐ)くまれ
265スガの(みなと)名花(めいくわ)ぞと
266(うた)はれ()たる(わが)()にも
267夜嵐(よあらし)(おそ)()るものか
268あゝ(なつか)しき(わが)母上(ははうへ)
269アリーが(ちち)のいとも(あい)せる恋人(こひびと)なりしと
270(はじ)めて()きし()(おどろ)
271また(わが)父上(ちちうへ)(とみ)(ちから)(まか)かせつつ
272(みち)ならぬ(みち)(あゆ)ませ(たま)
273人妻(ひとづま)()()れて
274(こひ)てふ(こころ)曲者(くせもの)
275(とらは)(たま)ひし(かな)しさよ
276(ちち)(ちち)とは敵同志(てきどうし)
277一人(ひとり)(はは)胎内(たいない)
278(うま)()でたる兄妹(おとどい)
279(また)もや浮世(うきよ)(てき)(てき)
280如何(いか)なる宿世(すぐせ)悪業(あくごふ)
281(わが)()(うへ)(めぐ)()しぞ
282(おも)へば(おも)へば味気(あぢき)なき
283浮世(うきよ)(くも)をいかにして
284(はら)はむ(よし)()くばかり
285継母(けいぼ)(はら)より(うま)れたる
286(わが)(あに)一人(ひとり)()しませど
287(なん)とはなしに(むつま)じからず
288(わらは)(いま)(まで)(わが)(あに)
289(われ)(たい)する(つれ)なさを
290(あや)しみ()たりしが
291(いま)やアリーの物語(ものがたり)
292()くに(およ)びて(わが)(あに)
293(わが)父上(ちちうへ)先妻(せんさい)
294(はら)宿(やど)りし(うづ)()
295(さと)りし(うへ)是非(ぜひ)もなや
296最早(もはや)(この)()(いき)ながらへて
297(なに)をか(たの)しまむ
298(おな)(はは)から(うま)れたる
299アリーの(きみ)()にかかり
300(つれ)なき浮世(うきよ)(あと)にして
301(こひ)しき(ちち)母上(ははうへ)
302()ます霊界(みくに)(すす)むべし
303(わが)垂乳根(たらちね)母上(ははうへ)
304(さき)(をつと)諸共(もろとも)
305吾等(われら)()たせたまふべし
306血潮(ちしほ)因縁(いんねん)はなけれども
307(はは)(をつと)となりましし
308アリーの(ちち)(わが)義父(ちち)
309あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
310(かみ)(ひかり)()らされて
311三途(せうづ)(かは)(つるぎ)(やま)
312(やす)()えさせ(たま)へかし
313六道(ろくだう)(つじ)(あめ)八衢(やちまた)
314関所(せきしよ)無事(ぶじ)(よぎ)りて
315(こひ)しき父母(ちちはは)()します
316天津御国(あまつみくに)(いた)らせ(たま)
317(ひとへ)(いの)(たてまつ)
318(ひとへ)(ねん)(たてまつ)る』
319祈願(きぐわん)()むる(とき)しもあれ、320(ひそ)かに錠前(ぢやうまへ)をコトリコトリと()じあけて321覆面(ふくめん)頭巾(づきん)(まま)(しの)()一人(ひとり)(をとこ)()りけり。
322大正一三・一二・二 新一二・二七 於祥雲閣 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)