霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 暗狐苦(あんこく)〔一七一三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第3篇 多羅煩獄 よみ:たらはんごく
章:第11章 第67巻 よみ:あんこく 通し章番号:1713
口述日:1924(大正13)年12月28日(旧12月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
物語は場所を変えて、デカタン高原西南方のタラハン国へ移る。
人口二十万、地味の肥えた産物の豊かな国。
首都タラハン市、ウラル教を国教とし、王家はすでに十数代を経ている。
国王はカラピン王、王妃モンドル姫、太子スダルマン、王女バンナ。
王妃モンドル姫は悪孤の霊に憑依され、市民を虐待した。王はモンドル姫の容色に迷い、王妃を止めることができなかった。
左守の司、シャカンナはたびたび王・王妃を諌めたが、右守の司ガンヂーは、自分がタラハン国の主権を握ろうと、王・王妃に取り入っていた。
あるとき、モンドル姫は遊覧中に白羽の矢に当たり、絶命してしまった。王はこの事件により狂乱し、暴虐の振る舞いを始める。
左守シャカンナは妻とともに死を決して王に諫言をなすが、王によって妻は斬り殺されてしまう。シャカンナは当年6歳の娘スバールとともに逃げ、身を隠した。
右守のガンヂーはこの事件により、シャカンナに代わって左守の位に就く。シャカンナ家の巨万の財産を没収したガンヂーは、己の声名をあげる為にそれを慈善政策の資金とした。
結果的にタラハン国は小康を得た。カラピン王は政務をすべてガンヂーに預け、自分は風流三昧のみの生活に隠退してしまった。
太子スダルマンは18歳を迎えたが、宮中深く閉じこもり、憂鬱に悩まされていた。いかなる音楽、美女も太子の憂鬱を払うことができなかった。
唯一太子の気に入りは、佐守ガンヂーの一人息子、アリナであった。アリナと共に絵を書くのが、太子の慰めとなっていた。
あるとき太子はアリナに秘密の外出を誘った。アリナは、これで太子の憂鬱が治るかもしれないと思い、心ならずも承諾してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6711
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 85頁 修補版: 校定版:151頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:普及版・八幡版「狐」、校定版は目次「孤」、本文「狐」。
001 デカタン高原(かうげん)西南方(せいなんぽう)(あた)つてタラハン(ごく)()ふ、002人口(じんこう)二十万(にじふまん)(いう)する地味(ちみ)(こえ)産物(さんぶつ)(ゆた)かな国土(こくど)がある。003国王(こくわう)はカラピン(わう)()ひ、004(くに)中心(ちうしん)地点(ちてん)なるタラハン()宏大(くわうだい)なる城廓(じやうくわく)(かま)へ、005ウラル(けう)(しん)じて十数代(じふすうだい)継続(けいぞく)した。006その(とき)国王(こくわう)()をカラピン(わう)()王妃(わうひ)をモンドル(ひめ)()ふ。007二人(ふたり)(なか)には太子(たいし)スダルマン、008(およ)王女(わうぢよ)バンナの二子(にし)()げて()た。009王妃(わうひ)のモンドル(ひめ)銀毛八尾(ぎんまうはちぴ)悪狐(あくこ)(れい)憑依(ひようい)され、010残忍性(ざんにんせい)()び、011(つね)妊婦(にんぷ)(はら)()き、012胎児(たいじ)(えぐ)()して、013丸焚(まるた)きとなし舌皷(したつづみ)()つてゐた。014国民(こくみん)怨嗟(ゑんさ)(こゑ)国内(こくない)()(あふ)れ、015何時(なんどき)騒動(さうだう)(おこ)るやも()れざる形勢(けいせい)となつて()た。016(しか)(なが)らカラピン(わう)王妃(わうひ)容色(ようしよく)恋着(れんちやく)し、017王妃(わうひ)(げん)ならば、018如何(いか)なる無理難題(むりなんだい)(ふた)返事(へんじ)承認(しようにん)すると()ふ、0181(とぼ)(かた)である。019左守(さもり)(かみ)のシャカンナは民心(みんしん)()(つき)国家(こくか)(はな)るるを(うれ)ひ、020()何時(いつ)革命(かくめい)狼火(のろし)のあがるや()れざる形勢(けいせい)憂慮(いうりよ)し、021(つね)()(けつ)して(わう)(およ)王妃(わうひ)直諫(ちよくかん)した。022されども(わう)(すこ)しも左守(さもり)(げん)(もち)ひず、023(つひ)には左守(さもり)登城(とじやう)するを()るや、024奥殿(おくでん)(ふか)()(しの)んで面会(めんくわい)()けた。025右守(うもり)(かみ)ガンヂーは(こころ)よからぬ痴者(しれもの)にて(つね)王妃(わうひ)煽動(せんどう)し、026左守(さもり)退(しりぞ)け、027自分(じぶん)が、028とつて(かは)つて左守(さもり)(しよく)につき、029タラハン(ごく)主権(しゆけん)(わが)()(にぎ)らむ(こと)希求(ききう)してゐた。030右守(うもり)のガンヂーが内面的(ないめんてき)応援(おうゑん)によつて、031王妃(わうひ)悪逆無道(あくぎやくぶだう)行為(かうゐ)益々(ますます)残虐(ざんぎやく)()(くは)へ、032民心(みんしん)益々(ますます)離反(りはん)して所々(ところどころ)百姓一揆(ひやくしやういつき)勃発(ぼつぱつ)して()た。
033 或時(あるとき)モンドル(ひめ)034寵臣(ちようしん)右守(うもり)ガンヂー(および)その(つま)アンチーと(とも)十数人(じふすうにん)侍女(じぢよ)(ともな)ひ、035カルモン(ざん)風景(ふうけい)(さぐ)るべく遊覧(いうらん)(こころ)みた。036何処(いづこ)ともなく白羽(しらは)()()んで()てモンドル(ひめ)(ひたひ)命中(めいちう)し、037(ひめ)悲鳴(ひめい)()げて谷底(たにぞこ)転倒(てんたう)し、038(つひ)絶命(ぜつめい)して(しま)つた。039この(こと)四方(しはう)喧伝(けんでん)するや、040国民(こくみん)(ひそか)大杯(たいはい)をあげて国家(こくか)前途(ぜんと)光明(くわうみやう)(しゆく)すると()(いきほひ)であつた。
041 カラピン(わう)王妃(わうひ)(たい)する愛着(あいちやく)(ねん)()(がた)く、042(つひ)には狂乱(きやうらん)(ごと)くなり、043近臣(きんしん)手討(てうち)になし、044王妃(わうひ)(ごと)(また)もや妊婦(にんぷ)()胎児(たいじ)丸焚(まるた)きにして舌皷(したつづみ)()つやうになつて()た。045左守(さもり)(かみ)のシャカンナは046王家(わうけ)(および)国家(こくか)一大事(いちだいじ)()(けつ)して、047(つま)のハリスタ(ひめ)(とも)王宮(わうきう)(ふか)(すす)()り、048(わう)改心(かいしん)(せま)り、049()国民(こくみん)怨嗟(ゑんさ)(こゑ)(かまびす)しく、050いつ擾乱(ぜうらん)勃発(ぼつぱつ)するやも()れぬ(こと)説明(せつめい)した。051最愛(さいあい)王妃(わうひ)(うしな)ひ、052(こころ)(すさ)びきつたるカラピン(わう)053到底(たうてい)忠誠(ちうせい)なる左守(さもり)諫言(かんげん)(みみ)にするに(いた)らなかつた。054(たちま)大刀(だいたう)(ひき)()いて形相(ぎやうさう)(すさま)じく左守(さもり)(むか)つて()ふ、
055(わう)『モンドル(ひめ)横死(わうし)(かなら)(なんぢ)手下(てした)処為(しよゐ)ならむ。056王妃(わうひ)(あだ)だ、057観念(くわんねん)せよ。058手討(てうち)にして()れむ』
059阿修羅王(あしゆらわう)(ごと)左守(さもり)()りつけむとした。060左守(さもり)(つま)ハリスタ(ひめ)(わう)左守(さもり)(あひだ)()(ふさ)がつて、
061(おそ)(なが)王様(わうさま)(まをし)()げます。062忠臣(ちうしん)をお()りになるのは御自分(ごじぶん)片腕(かたうで)をお()(あそ)ばすも同様(どうやう)(ござ)います。063国家(こくか)柱石(ちうせき)なくして、064どうしてタラハン(ごく)(たも)てませうか。065まづまづ(こころ)(しづ)かにお(かんが)(くだ)さいませ、066もし左守(さもり)(かみ)を、067どうしても(ころ)さねばならぬのならば、068どうか(わたし)身代(みがは)りに()てて(くだ)さい』
069(なみだ)両眼(りやうがん)(したた)らし(なが)陳弁(ちんべん)した。070(わう)怒髪(どはつ)(てん)()いて()ふ、
071(わう)『エー、072さかしき(をんな)差出口(さしでぐち)073()(みみ)もたぬ。074(ころ)して()れなら(ころ)してやる。075(なんぢ)のみならず、076シャカンナも(とも)(かたな)(さび)だ。077観念(くわんねん)せよ』
078()(なが)079ハリスタ(ひめ)(ひだり)(かた)から(みぎ)(わき)袈裟掛(けさがけ)に、080()(あぢ)のよい銘刀(めいたう)にてスパリと(その)()()(たふ)した。081()いで左守(さもり)打殺(うちころ)さむと阿修羅王(あしゆらわう)(ごと)くに追掛(おつか)ける。082左守(さもり)一生懸命(いつしやうけんめい)裏門(うらもん)より(くも)(かすみ)()()し、083当年(たうねん)六才(ろくさい)になつたスバール(ぢやう)(せな)()ひ、084何処(いづく)ともなく()(かく)した。085右守(うもり)のガンヂーは左守(さもり)となり、086(つま)アンチーの(なか)(うま)れた一人(ひとり)息子(むすこ)のアリナと(とも)得意(とくい)日月(じつげつ)(おく)つて()た。087さうして右守家(うもりけ)家令(かれい)サクレンスを抜擢(ばつてき)して右守(うもり)(にん)じた。
088 (しん)左守(さもり)のガンヂーは左守(さもり)地位(ちゐ)()国政改革(こくせいかいかく)標榜(へうばう)し、089(ぜん)左守家(さもりけ)伝来(でんらい)巨万(きよまん)(とみ)没収(ぼつしう)し、090国内(こくない)貧民(ひんみん)慈善(じぜん)(ほどこ)し、091(わが)声名(せいめい)のあがらむ(こと)にのみ焦慮(せうりよ)し、092(やうや)くタラハン(ごく)小康(せうかう)()た。093カラピン(わう)一切(いつさい)政務(せいむ)左守(さもり)のガンヂーに一任(いちにん)し、094自分(じぶん)(ちや)()095俳諧(はいかい)などに(こころ)(かたむ)096風流三昧(ふうりうざんまい)(こと)として()た。
097 カラピン(わう)太子(たいし)スダルマンは十八才(じふはつさい)(はる)(むか)098王女(わうぢよ)バンナは十六才(じふろくさい)(はる)(むか)へた。099太子(たいし)のスダルマンは宮中(きうちう)(ふか)()()もり、100(なん)となく精神(せいしん)憂鬱(いううつ)として(たのし)まず、101(ちち)言葉(ことば)()ふも(さら)なり、102左守(さもり)右守(うもり)103その()重臣(ぢうしん)(たい)しても、104拝謁(はいえつ)()(たび)(ごと)面白(おもしろ)からぬ(おもて)(あら)はし、105(ただ)一口(ひとくち)言葉(ことば)(はつ)せず鬱々(うつうつ)として書斎(しよさい)(こも)つてゐた。106カラピン(わう)(はじ)左守(さもり)右守(うもり)重臣連(ぢうしんれん)憂慮(いうりよ)一方(ひとかた)でなかつた。107日夜(にちや)神仏(しんぶつ)(ねん)じ、108(また)面白(おもしろ)楽器(がくき)()きならして太子(たいし)(なぐさ)め、109憂鬱病(いううつびやう)(なほ)さむと、110相談(さうだん)結果(けつくわ)111国内(こくない)美人(びじん)召集(せうしふ)太子(たいし)御殿(ごてん)(はべ)らしめた。112百余名(ひやくよめい)嬋妍窈窕(せんけんえうてう)たる美人(びじん)燦爛(さんらん)()(みだ)れたる桜花(あうくわ)(ごと)く、113(てふ)(ごと)(その)(うる)はしさ、114(たと)ふるに(もの)なきが(ごと)くであつた。115されど太子(たいし)(これ)()美人(びじん)(たい)一瞥(いちべつ)もくれず、116益々(ますます)奥殿(おくでん)()(こも)(ふか)憂鬱(いううつ)(おちい)るのみであつた。117(ただ)太子(たいし)()()るのは左守(さもり)(せがれ)アリナ一人(いちにん)のみである。118それ(ゆゑ)アリナは(つね)太子(たいし)()されて話相手(はなしあひて)となり、119時々(ときどき)城内(じやうない)逍遥(せうえう)し、120太子(たいし)(こころ)(なぐさ)めて()た。
121 太子(たいし)(もつと)(こころ)(なぐさ)むるものはアリナと(とも)()()(こと)であつた。122太子(たいし)もアリナも日々(にちにち)絵筆(ゑふで)(もてあそ)び、123人物(じんぶつ)(など)()(とき)(ほとん)実物(じつぶつ)(ひと)しきまで上達(じやうたつ)した。124(ある)(とき)太子(たいし)はアリナに(むか)ひ、
125(たい)『オイ、126アリナ、127どうだ今日(けふ)はお(まへ)何処(どこ)かへ()つて写生(しやせい)でもやらうぢやないか。128(せま)城内(じやうない)では、129もはや写生(しやせい)(たね)もつきて(しま)つたから』
130とツヒにない外出(ぐわいしゆつ)()を、131ほのめかしたので、132アリナは…(この)()(いつ)すべからず、133御意(ぎよい)のかはらぬ(うち)134太子(たいし)のお(とも)をなし、135太子(たいし)のお()きな山水(さんすゐ)写生(しやせい)でも(あそ)ばしたら、136日頃(ひごろ)憂鬱症(いううつしやう)(なほ)るかも()れぬ。137王家(わうけ)(たい)し、138国家(こくか)(たい)し、139これ(ぐらゐ)1391結構(けつこう)(こと)はない…と決心(けつしん)し、140両手(りやうて)(つかへ)て、1401満面(まんめん)(ゑみ)(たた)(なが)ら、
141ア『太子様(たいしさま)142(ねが)ふてもなき御催(おんもよほ)しで(ござ)います。143どうか(わたし)もお(とも)さして(いただ)けば無上(むじやう)光栄(くわうえい)(ござ)います。144(やま)(あを)(みづ)(きよ)飛沫(ひまつ)をとばす谷川(たにがは)景色(けしき)(など)145(むね)万斛(ばんこく)涼味(りやうみ)(あぢ)はつたやうな()(いた)しますよ。146さすれば(ちち)左守(さもり)(まをし)(つた)へましてお(とも)用意(ようい)(いた)させませう。147何程(なにほど)微行(びかう)(まを)しても一国(いつこく)太子様(たいしさま)148二三十人(にさんじふにん)護衛(ごゑい)威厳(ゐげん)(たも)(うへ)必要(ひつえう)(ござ)いませうから』
149 太子(たいし)(かしら)左右(さいう)()(なが)ら、150さも不機嫌(ふきげん)(かほ)にて、
151(この)城中(じやうちう)(おい)てお(まへ)一人(ひとり)より、152()()()るものはない。153その(ほか)(ただ)一人(いちにん)たりとも召使(めしつかひ)をつれる(こと)(いや)だ。154そんな大層(たいそう)(こと)をするなら、155もう郊外(かうぐわい)散歩(さんぽ)()めにする。156()病気(びやうき)は、157かやうな窮屈(きうくつ)殿中(でんちう)生活(せいくわつ)(いや)になつて、158(その)()(おこ)つたのだ。159普通(ふつう)人民(じんみん)(ごと)く、160(ごく)手軽(てがる)にお(まへ)二人(ふたり)散歩(さんぽ)して()たいのだ』
161ア『左様(さやう)(おほ)せられますれば是非(ぜひ)(ござ)いませぬ。162(しか)(なが)太子様(たいしさま)(ひそか)郊外(かうぐわい)にお()(まを)したとあつては163王様(わうさま)(はじ)(わが)(ちち)(いか)りは、164いか(ばか)りか(わか)りませぬが、165(わたし)太子様(たいしさま)(ため)に、166仮令(たとへ)(おや)勘当(かんだう)()けても(かま)ひませぬ。167半時(はんとき)でも太子様(たいしさま)のお(こころ)(やす)まればそれで満足(まんぞく)(ござ)います。168(しか)らば明日(あす)払暁(ふつげう)裏門(うらもん)より(ひそか)脱出(だつしゆつ)し、169半日(はんにち)御清遊(ごせいいう)にお(とも)(いた)しませう』
170(たい)『ア、171それで満足(まんぞく)した。172()病気(びやうき)全快(ぜんくわい)するだらう。173貴族(きぞく)生活(せいくわつ)()()てた()174庶民(しよみん)山野(さんや)(はたら)実況(じつきやう)()たいし、175自然(しぜん)風物(ふうぶつ)(たい)し、176天恵(てんけい)(あぢは)()い。177それではアリナ、178屹度(きつと)(たの)むぞ』
179ア『ハイ、180(かしこ)まつて(ござ)います。181それでは一切(いつさい)用意(ようい)(いた)しておきます』
182 太子(たいし)地獄(ぢごく)餓鬼(がき)天国(てんごく)(すく)はれたやうな心持(こころもち)になつて183翌日(あくるひ)未明(よあけ)一時(いちじ)千秋(せんしう)(おも)ひで()つてゐた。
184大正一三・一二・三 新一二・二八 於祥雲閣 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。