霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 山中(さんちう)火光(くわくわう)〔一七一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第3篇 多羅煩獄 よみ:たらはんごく
章:第13章 山中の火光 よみ:さんちゅうのかこう 通し章番号:1715
口述日:1924(大正13)年12月28日(旧12月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
すばらしい光景を眺めつつ山に分け入ったが、日は暮れてつきが辺りを照らし出した。一行はトリデ山の山頂へとたどり着いた。
太子はすばらしい景色をたたえる歌を詠み、宮中へ帰りたくない意思を表す。
夜半にもかかわらず、太子はさらにあてどもなく歩を進め、アリナはそれを追っていく。やがて二人は疲れて寝てしまう。
次の日、目が覚めるともう午後であった。太子もようやく帰途を思うが、もはや道を見つけることができない。
太子はたとえこのまま山の中に迷おうとも、人間らしい生活をしたい、と言い出し、アリナと無銭旅行を願う。
アリナはあくまで帰城を促す。
結局、アリナが杖を倒し、倒れた方向へ進んでいくこととなる。
また日が暮れ始め、猛獣の声が響く。アリナはおびえるが、太子は平気である。
ところへ、太子は火の光がまたたいているのを見つける。人家があるものと、二人はそちらを指して進んでゆく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 90頁 修補版: 校定版:166頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 太子(たいし)(もの)(めづ)らしげに四方(よも)広原(くわうげん)瞰下(みおろ)(なが)ら、002尾上(をのへ)(かぜ)()かれつつ、003(こころ)(むか)(まま)ドンドンと(すす)()く。004()西山(せいざん)にズツポリと(しづ)んで、005ソロソロ(やみ)(とばり)()りて()た。006百鳥(ももどり)老木(おいき)(こずゑ)宿(やど)(もと)めてチユンチユンと(すず)のやうな(こゑ)(さへづ)つて()る。007(をり)から(のぼ)月光(げつくわう)殊更(ことさら)(うるは)しく、008一点(いつてん)雲翳(うんえい)もなき大空(たいくう)を、009(くま)なく()らして()る。010此処(ここ)はタラハン(ごく)にて有名(いうめい)なるトリデ(やま)()ふ。011太子(たいし)はトリデ(やま)頂上(ちやうじやう)突立(つつた)つた大岩石(だいがんせき)(うへ)安坐(あんざ)しながら、012(そら)景色(けしき)(なが)めて、013(その)雄大(ゆうだい)なる自然(しぜん)姿(すがた)憧憬(どうけい)して()る。
014太子(たいし)如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)をかざして大空(おほぞら)
015(のぼ)(つき)こそ(あこが)れの(くに)
016宝石(はうせき)()きちらしたる大空(おほぞら)
017(かみ)(ちから)(あら)はれなるらむ。
018尾上(をのへ)をば(わた)松風(まつかぜ)()(きよ)
019なにか神秘(しんぴ)(かた)るべらなり。
020瞰下(みおろ)せば四方(よも)原野(げんや)月光(つきかげ)
021(つゆ)()びつつ(たへ)(ひか)れる。
022(いま)(われ)はトリデの(やま)(やま)()
023千代(ちよ)(いのち)清水(しみづ)()むなり。
024(つき)(つゆ)(わが)身魂(みたま)をば(うるほ)して
025(よみがへ)りたる心地(ここち)せしかな』
026アリナ『若君(わかぎみ)御後(みあと)(したが)()()れば
027トリデの(やま)(こと)(うるは)し。
028若君(わかぎみ)のたたせたまへる(この)(いはほ)
029千代(ちよ)(うご)かぬ()をば(のこ)さむ。
030(わが)(ちち)はさぞ(いま)(ごろ)若君(わかぎみ)
031所在(ありか)たづねて(さわ)ぎをるらむ。
032大君(おほぎみ)のいづの御心(みこころ)(おも)ひやり
033(ちち)(おも)ひて(なみだ)にしたる』
034太子(たいし)天地(あめつち)(いけ)姿(すがた)(なが)めては
035()せる(やかた)(かへ)りたくなし。
036(わが)宿(やど)()(かへ)りなば父君(ちちぎみ)
037(へだ)ての(かき)(たか)くなるべし。
038(はな)(にほ)()()(ゆた)(みの)るなる
039(この)神山(かみやま)()みたくぞ(おも)ふ』
040 太子(たいし)夜半(やはん)にも(かか)はらず(また)もや()つて(つき)(ひかり)(たよ)りに(たに)(くだ)041(あるひ)(みね)()042何処(どこ)(あて)ともなく(すす)()く。043アリナは是非(ぜひ)なく小声(こごゑ)(つぶや)(なが)ら、044太子(たいし)姿(すがた)見失(みうしな)はじと五六歩(ごろくぽ)間隔(かんかく)(たも)つて(したが)()く。045十五夜(じふごや)(つき)(はや)くも高山(たかやま)にかくれて(おほ)きな山影(やまかげ)(おそ)うて()た。046二人(ふたり)数里(すうり)山野(さんや)をパンも()たずに果物(くだもの)(のど)(うるほ)はしながら、047当所(あてど)もなくやつて()たので身体(しんたい)(なは)(ごと)(つか)れ、048密樹(みつじゆ)(した)(よこ)たはつたまま熟睡(じゆくすゐ)して仕舞(しま)つた。049二人(ふたり)自然(しぜん)()()めた(ころ)翌日(よくじつ)午後(ごご)()(どき)であつた。050太子(たいし)()(こす)りながら、
051(たい)『オイ、052アリナ、053一体(いつたい)此処(ここ)(なん)()(ところ)だ。054(あま)(つか)れたと()えて前後(ぜんご)()らず寝忘(ねわす)れ、055最早(もはや)翌日(よくじつ)()(どき)らしいぢやないか。056父上(ちちうへ)左守(さもり)057右守(うもり)(さぞ)()姿(すがた)()えないのに(おどろ)いて(さわ)()てて()ることだらう。058一先(ひとま)(かへ)つてやらうぢやないか』
059ア『ハイ、060(かしこ)まりました。061一時(いちじ)(はや)(かへ)らねばなりますまい。062さうして殿中(でんちう)(かへ)れば、063きつと大君様(おほぎみさま)(わが)(ちち)なぞの(いか)りに()れる(こと)(ござ)いませうが、064責任(せきにん)(わたし)一切(いつさい)()ひますから、065どうぞお(かへ)(くだ)さいませ』
066(たい)(なに)067責任(せきにん)をお(まへ)()はしては()()まない。068(なん)()つても()一国(いつこく)太子(たいし)だ。069父上(ちちうへ)には()から()きやうにお(わび)をして()く。070そしてお(まへ)()(うへ)にお(とが)めの()ないやう(いのち)にかけても弁解(べんかい)してやるから安心(あんしん)せよ』
071ア『殿下(でんか)御心配(ごしんぱい)をかけては()みませぬ。072(みな)(わたし)(わる)いので(ござ)いますから、073サア(まゐ)りませう』
074今度(こんど)はアリナが案内役(あんないやく)となつて帰路(きろ)についた。075()(みち)()(まよ)ふたものか、076()けども()けども(かへ)(みち)(わか)らない。077(やま)幾千百(いくせんひやく)ともなく彼方(あなた)此方(こなた)(そび)078谷底(たにぞこ)()れば蒼味(あをみ)だつた(みづ)(ゆる)やかに(なが)れて()る。
079ア『殿下(でんか)080大変(たいへん)(ところ)(まゐ)りました。081(わたし)(この)(へん)山路(やまみち)(はじ)めてで(ござ)いますので、082何方(どちら)(あゆ)んだら(かへ)れるやら、083見当(けんたう)()れませぬ。084(まこと)()まない(こと)(いた)しました』
085(たい)(なに)086心配(しんぱい)するな。087(みち)(わか)らねば(やま)住居(ずまゐ)をすりやそれで()いぢやないか。088余程(よほど)空腹(くうふく)にはなつたが、089()とお(まへ)二人(ふたり)食料(しよくれう)(ぐらゐ)()()()つて()つて()ても(つづ)くだらう、090何事(なにごと)惟神(かむながら)(まか)すがよからうぞ』
091ア『ハイ、092(しか)斯様(かやう)山奥(やまおく)のしかも(ふか)谷間(たにあひ)(まよ)()みましては方角(はうがく)(ろく)(わか)りませぬ。093()(かく)094この(つゑ)()てて()095(つゑ)のこけた(はう)(すす)(こと)(いた)しませうか』
096(たい)『ウン、097それも一策(いつさく)だらう。098(なに)心配(しんぱい)することが()るものか。099(やま)(あを)谷水(たにみづ)(きよ)100(とり)(うた)ひ、1001新緑(しんりよく)(しげ)り、101(めづ)らしき(はな)彼方(あなた)此方(こなた)(えん)(きそ)芳香(はうかう)(くん)じ、102陽気(やうき)(あたた)かく、103こんな愉快(ゆくわい)(こと)はないぢやないか。104()一層(いつそう)105十日(とをか)二十日(はつか)(やま)(なか)(まよ)ふて()たいわ、106アハヽヽヽ』
107ア『(なん)殿下(でんか)はお気楽(きらく)(ござ)いますな。108(わたし)のやうな小心者(せうしんもの)はもはや()()れなくなつて(まゐ)りました』
109(たい)『ハヽヽヽヽ。110随分(ずいぶん)弱音(よわね)()(をとこ)だな。111()草木(さうもく)()よ。112こんな(けは)しい(やま)(あら)(かぜ)()まれ(なが)ら、113泰然自若(たいぜんじじやく)として非時(ときじく)(はな)(ひら)()(むす)び、114天然(てんねん)(たの)しんで()るぢやないか。115(とり)気楽(きらく)(はる)(うた)116山猿(やまざる)はあのとほり(こずゑ)(あつ)まつて(うれ)()(あそ)(たはむ)れて()る。117仮令(たとへ)(せう)なりと(いへど)吾々(われわれ)人間(にんげん)ぢやないか。118どこに()つても生活(せいくわつ)出来(でき)ない道理(だうり)はない。119(かみ)恩恵(おんけい)懐中(ふところ)(いだ)かれ、120自然(しぜん)(した)しく(まじ)はり、121天地(てんち)父母(ふぼ)として、122誰人(たれ)遠慮(ゑんりよ)もなく気兼(きがね)もなく、123かうして()吾々(われわれ)(じつ)幸福(かうふく)境遇(きやうぐう)()かれて()るぢやないか。124(なに)(くや)むのだ。125その心配(しんぱい)さうな(かほ)何事(なにごと)ぞ。126ちつと()()(なほ)元気(げんき)をつけて(いさ)んだらどうだ。127万物(ばんぶつ)霊長(れいちやう)天地(てんち)(はな)(ほこ)つて()人間(にんげん)()として128山河草木(さんかさうもく)禽獣(きんじう)(たい)(はづ)かしくは(おも)はないか』
129ア『殿下(でんか)大胆不敵(だいたんふてき)なるお言葉(ことば)には130小心者(せうしんもの)のアリナも驚倒(きやうたう)するより(ほか)(ござ)いませぬ。131(なん)とした殿下(でんか)大人格者(だいじんかくしや)(ござ)いませう。132(いま)(まで)殿中(でんちう)(くも)(ふか)(ところ)にお(そだ)(あそ)ばし133隙間(すきま)(かぜ)にも()てられぬ高貴(かうき)御生活(ごせいくわつ)134蒲柳(ほりう)御体質(ごたいしつ)135荒風(あらかぜ)一度(いちど)(あた)(あそ)ばしても(たちま)病気(びやうき)にお(なや)(あそ)ばすかと、136内々(ないない)心配(しんぱい)(いた)して()りましたに、137只今(ただいま)殿下(でんか)のお元気(げんき)138勇壮(ゆうさう)活溌(くわつぱつ)なる御精神(ごせいしん)には、139アリナも(した)()きました。140王侯(わうこう)(たね)なし」と()(ことわざ)殿下(でんか)によつて全然(ぜんぜん)裏切(うらぎ)られて(しま)ひました。141三五教(あななひけう)御教(みをしへ)にも「(まこと)(たね)吟味(ぎんみ)(いた)すは今度(こんど)(こと)ぞよ。142(たね)さへよければ、143どんな立派(りつぱ)御用(ごよう)でも出来(でき)るぞよ。144今度(こんど)(もと)(たね)()(あら)はして神政(しんせい)成就(じやうじゆ)御用(ごよう)使(つか)ふぞよ」と()()ますが、145如何(いか)にも(その)(とほ)りだと(おも)ひます。146殿下(でんか)(けつ)してただ(びと)ではありませぬ。147(すゑ)には屹度(きつと)印度(いんど)七千余国(しちせんよこく)王者(わうじや)となられるでせう。148嗚呼(ああ)(わたし)(なん)幸福(かうふく)斯様(かやう)立派(りつぱ)殿下(でんか)のお側付(そばづき)(えら)ばれたのでせうか』
149(たい)『アハヽヽヽヽ、150オイ、151アリナ、152仕様(しやう)もない(こと)()ふて()れるな。153()印度(いんど)王者(わうじや)などは眼中(がんちう)にないのだ。154それよりも宇宙(うちう)断片(だんぺん)一介(いつかい)人間(にんげん)となつて(あまね)天下(てんか)遍歴(へんれき)し、155自由自在(じいうじざい)天地(てんち)恩恵(おんけい)(した)しみ、156人間(にんげん)らしい生活(せいくわつ)(おく)つて見度(みた)いのだ。157(てん)から(いき)精霊(せいれい)(あた)へられたる人間(にんげん)として158人形(にんぎやう)のやうに(みす)()有象無象(うざうむざう)(まつ)()まれ、159尊敬(そんけい)され、160礼拝(らいはい)されて、161それが(なに)(うれ)しい。162(なん)名誉(めいよ)になるか。163虚偽(きよぎ)虚飾(きよしよく)をもつて(みた)されたる現代(げんだい)人間(にんげん)のやり(かた)には()()()てて()る。164(けつ)して(ふたた)殿中(でんちう)(かへ)るやうな馬鹿(ばか)真似(まね)はすまい。165(くさ)()んで(みの)となし、166()()()んで(かさ)となし、167(これ)からお(まへ)無銭(むせん)旅行(りよかう)()かけたらどうだ。168そこ(まで)(まへ)誠意(せいい)があるか、169それを()かして(もら)いたいものだ。170(まへ)もそれだけの苦労(くらう)()うせないと()ふであらう』
171ア『どんな苦労(くらう)でも殿下(でんか)とならば(いた)しますが、172雲上(うんじやう)御身(おんみ)(うへ)をもつて、173物好(ものずき)にも乞食(こじき)真似(まね)をして無銭(むせん)旅行(りよかう)などとは御酔興(ごすゐきよう)にも(ほど)があります。174(けつ)して(わる)(こと)(まをし)(あげ)ませぬ。175どうか冷静(れいせい)にお(かんが)(くだ)さいませ。176タラハン(ごく)人情(にんじやう)177大王様(だいわうさま)御心中(ごしんちう)臣下(しんか)胸中(きようちう)(すこ)しは顧慮(こりよ)(くだ)さいまして、178(ひと)()御帰城(ごきじやう)(ねが)ひます』
179(たい)()(けつ)して帰城(きじやう)しないとは()はないよ。180(しか)(なが)(かへ)らうと(おも)へば(おも)(ほど)181(やま)(ふか)(まよ)()(かへ)(みち)(わか)らぬぢやないか。182それだから()は、183これも(まつた)(てん)(めい)(しん)184無銭(むせん)旅行(りよかう)覚悟(かくご)()めたのだ。185アハヽヽヽヽヽ、186どこ(まで)()(よわ)(をとこ)だなア』
187ア『いや(わたし)殿下(でんか)雄々(をを)しき御志(おこころざし)(はげ)まされ188一切万事(いつさいばんじ)天地神明(てんちしんめい)(まか)せました。189無事(ぶじ)殿中(でんちう)(かへ)()るのも、190(また)(やま)(ふか)(まよ)()み、191(とら)(おほかみ)餌食(ゑじき)となるのも天命(てんめい)心得(こころえ)ます。192サア(つゑ)のこけた(はう)(すす)んで()ませう』
193()(なが)194(たづさ)(きた)りし(つゑ)真直(まつすぐ)()てパツと()(はな)した。195(つゑ)はアリナが()つて()(ひだり)(はう)へパタリとこけた。
196ア『殿下(でんか)197()(とほ)りで(ござ)います。198(ひだり)(はう)(まゐ)りませう。199これも神様(かみさま)のお()らせで(ござ)いませうから』
200(たい)『よし、201(つゑ)()けた(はう)(つゑ)とも(ちから)とも(たの)んでモウ一息(ひといき)跋渉(ばつせう)して()よう。202ヤア面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
203()(なが)ら、204太子(たいし)(さき)()つて(やま)中腹(ちうふく)(ひだり)(ひだり)へと(いそが)はしげに(はし)()く。205()けども()けども(やま)(また)(やま)方角(はうがく)(わか)らばこそ、206(その)()もズツポリと()れて仕舞(しま)つた。207主従(しゆじゆう)二人(ふたり)()()()つて敷物(しきもの)となし、208空腹(くうふく)をかかへ(なが)()()けるを()つて()た。209前方(ぜんぱう)谷間(たにま)よりライオンの(こゑ)210(みね)木霊(こだま)(ひび)かして物凄(ものすご)(きこ)えて()る。211アリナはこの物凄(ものすご)獅子(しし)(こゑ)戦慄(せんりつ)212(くちびる)紫色(むらさきいろ)()め、213蒼白色(さうはくしよく)(かほ)月光(げつくわう)(さら)(ふる)(をのの)いて()る。
214ア『モヽ()し、215デヽ殿下(でんか)216タヽ大変(たいへん)(こと)になつて(まゐ)りました。217コヽ今夜(こんや)ドヽどうやら()はれて(しま)ふかもシヽ()れませぬ。218(これ)()ふのも(まつた)(わたし)(わる)いので(ござ)います。219デヽ殿下(でんか)御身(おんみ)(うへ)難儀(なんぎ)のかかるやうな(こと)があつては220大王様(だいわうさま)や、221数多(あまた)御家来衆(ごけらいしう)や、222(また)国民(こくみん)(たい)してもモヽ(まをし)(わけ)(ござ)いませぬ。223ドヽどうか(わたし)大罪(だいざい)をお(ゆる)(くだ)さいませ』
224(はや)くも()いて()る。225スダルマン太子(たいし)平然(へいぜん)として(すこ)しも(さわ)がず、
226(たい)『アハヽヽヽ、227オイ、228アリナ、229(その)(ざま)はなんだ。230獅子(しし)がそれ(ほど)(こは)いのか。231あいつは獣類(けだもの)ぢやないか。232(かみ)生宮(いきみや)とも()ふべき人間(にんげん)が、233獅子(しし)(とら)(おほかみ)(ぐらい)(おそ)(をのの)くとは(なん)(こと)だ。234獅子(しし)(やつ)235()姿(すがた)()反対(はんたい)(をのの)(おそ)悲鳴(ひめい)()げて()るのだよ。
236天地(あめつち)(かみ)生宮(いきみや)()でましを
237(なが)めて獅子(しし)()ゆるなるらむ。
238獅子(しし)(くま)(とら)(おほかみ)もなにかあらむ
239(かみ)御子(みこ)たる(ひと)()なれば。
240天地(あめつち)(ふか)(めぐみ)()けながら
241(なに)(おそ)るか(けもの)(こゑ)に』
242アリナ『若君(わかぎみ)(とも)にありなば獅子(しし)(くま)
243(たけ)びも(こは)しと(おも)はざりけり。
244さりながら獅子(しし)咆哮(はうかう)()(ごと)
245()(おのづか)()(ふる)ふなり』
246 猛獣(まうじう)(こゑ)四方(しはう)八方(はつぱう)より百雷(ひやくらい)(ごと)(きこ)(きた)る。247左手(ゆんで)谷底(たにぞこ)()れば(めづ)らしや、248一炷(いつしゆ)火光(くわくわう)()()()かして(またた)いて()た。249太子(たいし)目敏(めざと)くもこれを()て、250アリナの(せな)(ふた)()平手(ひらて)(たた)(なが)ら、
251(たい)『オイ、252弱虫(よわむし)隊長(たいちやう)253アリナの先生(せんせい)254安心(あんしん)せよ。255あの火光(くわくわう)()よ。256(けつ)して妖怪(えうくわい)()でもあるまい。257あれは(たしか)陽光(やうくわう)だ。258どうやら人間(にんげん)(すま)ひをして()るらしい。259あの火光(くわくわう)目当(めあて)人家(じんか)(たづ)飲食(おんじき)にありつかうぢやないか』
260 アリナは太子(たいし)言葉(ことば)(かしら)()(ゆび)さす(はう)瞰下(みおろ)せば261如何(いか)にも力強(ちからづよ)()(ひかり)(またた)いて()る。262(にはか)元気(げんき)恢復(くわいふく)し、263(こゑ)(いさ)ましく、
264ア『ヤ、265如何(いか)にも殿下(でんか)(おほせ)(とほ)火光(くわくわう)()えます。266(まつた)(てん)御恵(みめぐみ)(ござ)いませう。267一時(いちじ)(はや)くあの()目当(めあて)(くだ)りませう。268サア(わたし)蜘蛛(くも)()(びら)きを(いた)しますから、269どうか(あと)について()(くだ)さいませ』
270(たい)『ウンよし、271(まへ)(にはか)(つよ)くなつたやうだ。272(おれ)もそれで心強(こころづよ)くなつた』
273()(なが)274灌木(くわんぼく)(しげ)()()()けて(くだ)()く。
275大正一三・一二・三 新一二・二八 於祥雲閣 加藤明子録)