霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 酒艶(しゆえん)(つき)〔一七一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第3篇 多羅煩獄 よみ:たらはんごく
章:第16章 第67巻 よみ:しゅえんのつき 通し章番号:1718
口述日:1924(大正13)年12月28日(旧12月3日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
玄真坊はダリヤが自分に惚れたと勘違いし、上機嫌で酒を飲む。
ダリヤはコルトン、シャカンナにも酒を進め、酔わせてしまう。
ダリヤは玄真坊、シャカンナ、コルトンが酔いつぶれると、下戸のバルギーを誘惑して、手引きをさせ、いっしょに岩窟を逃げ出してしまう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6716
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 106頁 修補版: 校定版:209頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 玄真坊(げんしんばう)はダリヤ(ひめ)が、002(にはか)にやさしくなり、003どうやら自分(じぶん)にゾッコン(ほれ)()たやうな気分(きぶん)がしたので益々(ますます)得意(とくい)となり、004(かほ)相好(さうがう)(くづ)し、005身知(みし)らずに(ひだり)()から川端(かはばた)乱杭(らんぐひ)のやうな()(くち)(さかづき)(はこ)んで()る。
006(げん)『オイ、007ダリヤ、008さう(をつと)(ばか)りに(さけ)をつぐものぢやない。009エー、010チツト(ひと)さまの手前(てまへ)もあらうぞや。011どうだ、012チツト親方(おやかた)にも()がないか』
013ダリ『ホヽヽヽヽ、014あのマア(にく)たらしい(こと)仰有(おつしや)いますわいのう。015(なん)親方(おやかた)大切(たいせつ)だとて、016一生(いつしやう)()(まか)した(をつと)(あと)にする(こと)出来(でき)ますか。017(わたし)もチツト(さけ)()ふてゐますから、018御無礼(ごぶれい)(こと)(まを)すか()れませぬが、019そこは、020はしたない(をんな)思召(おぼしめ)してお(ゆる)(くだ)さいませや』
021(げん)『ウンウンヨシヨシ、022(まへ)(しろ)いお手々(てて)燗徳利(かんどくり)(にぎ)つた姿(すがた)()つたら天下無類(てんかむるゐ)だよ。023エヘヽヽヽヽ。024()うて()うて、025うまうて()うて、026気分(きぶん)()えて()うて、027(はら)にたまらいで()うて、028ヨイヨイヨイの(よひ)(くち)から、029()()ける(まで)030しつぽりと夫婦(ふうふ)(さけ)()()はし、031浩然(こうぜん)()(やしな)ふのは、032(また)とない天下(てんか)愉快(ゆくわい)だ。033(つき)(ゆき)(はな)かとも()ふべき美人(びじん)のお(まへ)()かれる(おれ)034(なん)()果報者(くわほうもの)だらう。035これこれシャカンナ殿(どの)036(けな)るうは(ござ)らぬか、037エー。038今夜(こんや)(かぎ)(わが)(つま)弁才天(べんざいてん)をして、039貴下(きか)のお(さけ)相手(あひて)(めい)じますから、040(いささ)拙僧(せつそう)好意(かうい)()つて(くだ)さるでせうな。041ゲー、042アフヽヽヽアーア。043(なん)とよくまはる(さけ)だらう。044まだ一二合(いちにがふ)より()んでゐない(つも)りだのに』
045シャ『アハヽヽヽ、046拙者(せつしや)大変(たいへん)酩酊(めいてい)して(ござ)る。047(はな)(うそ)つくダリヤ(ひめ)(さま)(かんばせ)(をが)(なが)ら、048芳醇(はうじゆん)(さけ)をひつかける心持(こころもち)()つたら、049(はる)花見(はなみ)よりも(あき)月見(つきみ)050紅葉見(もみぢみ)051地上(ちじやう)一面(いちめん)銀世界(ぎんせかい)(げん)じた雪見(ゆきみ)(えん)よりも、052何程(なにほど)爽快(さうくわい)だか()れませぬわい』
053(げん)『いかにも、054左様(さやう)(ござ)らう。055(これ)拙者(せつしや)貴下(きか)(たい)する好意(かうい)賜物(たまもの)(ござ)るぞ。056感謝(かんしや)せなくちや、057バヽヽ(ばち)(あた)りますよ』
058シャ『イヤ、059モウお目出度(めでた)(ところ)沢山(たくさん)拝見(はいけん)(いた)し、060シャカンナも満足(まんぞく)(いた)しました。061(この)光景(くわうけい)(なが)めて、062霊前(れいぜん)から()女房(にようばう)(れい)(よろこ)んでる(こと)でせう。063南無(なむ)幽霊(いうれい)頓生(とんしやう)菩提(ぼだい)…うまい(さけ)()阿弥陀仏(あみだぶつ)だ。064()阿弥陀仏(あみだぶつ)だ。065アツハヽヽヽ』
066ダリ『オツホヽヽヽヽ、067親方(おやかた)さまと()ひ、068(わが)(つま)天真坊様(てんしんばうさま)()ひ、069随分(ずいぶん)面白(おもしろ)いお(かた)ですこと。070(あたい)こんなお(かた)大好(だいす)きよ。071(あたい)どうして(また)()(かる)い、072(ひと)()立派(りつぱ)(をとこ)さまに()(こと)出来(でき)るのでせう。073さうしてシャカンナさまの(やう)腮髭(あごひげ)()えた(いさ)ましい、074猛々(たけだけ)しいお顔立(かほだ)ち、075あたいは天地(てんち)幸福(かうふく)一身(いつしん)(あつ)めたやうな(うれ)しい気分(きぶん)(いた)します。076オホヽヽヽ』
077シャ『ハヽヽヽ、078どうも感心(かんしん)だ。079ダリヤ(ひめ)さまは交際家(かうさいか)だな。080外交官(ぐわいかうくわん)にでもしたら、081屹度(きつと)(すご)(うで)(あらは)すだらう。082()しい(こと)には女性(ぢよせい)だから仕方(しかた)がないわ』
083ダリ『ホヽヽヽ、084あのマア親方様(おやかたさま)仰有(おつしや)(こと)わいのう。085(をんな)だつて外交官(ぐわいかうくわん)になれない(こと)(ござ)いませぬよ。086今日(こんにち)()(なか)(をんな)活躍(くわつやく)せなくちや、087(をつと)()()(こと)出来(でき)ないぢやありませぬか。088今日(こんにち)小名(せうみやう)だとか大名(だいみやう)だとかいふ役人(やくにん)さま(たち)(みな)(おく)さまの外交(ぐわいかう)(うま)いから、089あそこ(まで)地位(ちゐ)()たのですよ。090(をんな)裏口(うらぐち)からソツと這入(はい)つて上役(うはやく)(おく)さまに一寸(ちよつと)091やさしい(こと)()ひ、092阿諛(おべつか)(ふり)まき、093反物(たんもの)(ひと)つでも(おく)つておくと、094直様(すぐさま)095その(をつと)一月(ひとつき)()たぬ(うち)(やく)(あが)るのですもの。096何程(なにほど)(をとこ)さまが(ちから)があると()つても、097智慧(ちゑ)があると()つても098(つま)外交(ぐわいかう)(うで)がなくては駄目(だめ)ですよ。099ネー天真坊様(てんしんぼうさま)100貴方(あなた)101どう(おも)ひますか』
102(げん)『ウツフヽヽヽ、103(まへ)()(とほ)りだ。104()かけによらぬ、105(まへ)立派(りつぱ)(をんな)だな。106器量(きりやう)(ばか)りかと(おも)へば仲々(なかなか)智慧(ちゑ)もあり(うで)もあるやうだ。107尚々(なほなほ)108(おれ)はお(まへ)(した)はしく(こひ)しくなつて()たよ。109(この)(をつと)にして(この)(つま)あり」とは、110よく()つたものだ。111流石(さすが)天真坊様(てんしんぼうさま)のお(かか)になる()けあつて、112(なに)かに()()いて()るわい、113(えら)いものだな。114(おれ)はもう、115スツカリお(まへ)(ほれ)たよ。116本当(ほんたう)によく(ほれ)たよ、117エヘヽヽヽ』
118ダリ『ホヽヽヽ、119あのマア天真坊様(てんしんぼうさま)仰有(おつしや)(こと)わいな、120まるつきり井戸掘(ゐどほり)検査(けんさ)(やう)だわ。121()れた()れた、122よう()れたと仰有(おつしや)いましたね。123(これ)では(なん)とか賞与金(しやうよきん)(いただ)かなくちやなりますまい』
124(げん)『いや、125益々(ますます)(ほれ)た。126屹度(きつと)賞与金(しやうよきん)(わた)してやらう、127ウンと張込(はりこ)んでやらうぜ』
128ダリ『いくら(くだ)さいますか。129(うそ)八百円(はつぴやくゑん)御免(ごめん)(かうむ)りますよ』
130(げん)『ウン、131もつとやる、132千円(せんゑん)やる(つも)りだ』
133ダリ『エー今日(けふ)やらう、134明日(あす)やらう、135もう(しばら)くしてからやらう、136遷延(せんえん)(また)遷延(せんえん)137どこ(まで)もズルズルベツタリ引伸(ひきの)ばして(ひと)をつらくる(かんが)へでせう。138そんな縁起(えんぎ)(わる)言霊(ことたま)御免(ごめん)(かうむ)りませう』
139(げん)『ても(さて)140()むつかしいお(かか)だな。141そんなら、142いくら()つたら()いのだ』
143ダリ『お(かか)(かか)と、144よう仰有(おつしや)いますな、145(あま)りみつともないぢやありませぬか。146俥夫(しやふ)147馬丁(ばてい)女房(にようばう)ぢやあるまいし、148天帝(てんてい)化身(けしん)天真坊様(てんしんばうさま)奥方(おくがた)ぢや(ござ)いませぬか。149もし賞与金(しやうよきん)(くだ)さるのなら、150この奥方(おくがた)(たい)して、151貴方(あなた)誠意(せいい)のある()けを()()して(くだ)さい』
152(げん)『ヤー(こま)つたな、153誠意(せいい)のある()けと()られちや一寸(ちよつと)面喰(めんくら)はざるを()ない。154(おれ)誠意(せいい)百億円(ひやくおくゑん)でもやり()いのだが、155さうは(ふところ)(ゆる)さない。156奥様(おくさま)(はじ)めての御要求(ごえうきう)だから、157(ちから)一杯(いつぱい)(あた)へたいが、158何分(なにぶん)経済界(けいざいかい)行詰(ゆきつま)りでおれの(ふところ)もチツト(ばか)秋風(あきかぜ)()いてゐる。159どうか三百円(さんびやくえん)(ぐらゐ)今日(けふ)(ところ)(こら)へて(もら)()いものだな』
160ダリ『ホヽヽヽ、161天帝(てんてい)化身(けしん)天真坊様(てんしんばうさま)奥方(おくがた)が、162タツタ三百円(さんびやくえん)枕金(まくらがね)とは(やす)いものぢや(ござ)いませぬか。163あまり殺生(せつしやう)だわ、164ネー、165シャカンナの親分様(おやぶんさま)
166シャ『ハヽヽヽ、167そこは夫婦(めをと)(なか)だ。168どつと張込(はりこ)んで、169(まけ)ておきなさい。170実際(じつさい)女房(にようばう)(かね)()すやうなデレ(すけ)は、171今日(こんにち)()(なか)には()りませぬよ。172諸物価(しよぶつか)極端(きよくたん)騰貴(とうき)した今日(こんにち)でも、173(もつと)(やす)いものは女房(にようばう)ですよ。174(わら)(うへ)から(てふ)(はな)よと(そだ)()げ、175中等(ちうとう)以上(いじやう)家庭(かてい)になれば小学校(せうがくかう)から女学校(ぢよがくかう)176女子(ぢよし)大学(だいがく)沢山(たくさん)(かね)(とう)じた(うへ)177箪笥(たんす)だ、178長持(ながもち)だ、179イヤ三重(みつがさね)だ、180(なん)(かん)だと181(いへ)(むね)(ゆが)(ほど)182(こしら)へして、183不調法(ぶてうはふ)(をんな)だけど(よろ)しく」と()つて、184(ただ)()れる()(なか)だから、185(なに)(やす)いと()つても(よめ)相場(さうば)(ぐらゐ)(やす)いものはない。186それだから、187ダリヤさま三百円(さんびやくえん)(もら)つたら、188(まへ)さまは天下一(てんかいち)手柄者(てがらもの)だ。189天真坊(てんしんぼう)が、190ぞつこん、191(くび)つたけ(ほれ)てゐるのだから大枚(たいまい)三百円(さんびやくえん)を、192おつ()()さうと()ふのだよ。193アーア、194()ふた()ふた。195(なん)だか(ちう)()いてるやうだ。196こんな(とき)女房(にようばう)があつたら197(わし)気楽(きらく)膝枕(ひざまくら)でもして()るのだけどな。198まさか天真坊様(てんしんぼうさま)奥方(おくがた)膝枕(ひざまくら)()(わけ)にも()かず、199エーエ(うらや)ましい(こと)だわい』
200ダリ『ホヽヽヽ、201いい加減(かげん)(から)かつておいて(くだ)さい。202(しか)親方(おやかた)さまのお(はなし)によりまして、203(わたし)本当(ほんたう)世界一(せかいいち)幸福女(かうふくをんな)だと(さと)りました。204(なん)とマア天真坊様(てんしんぼうさま)()(かた)結構(けつこう)なお(かた)でせう。205それを(うけたま)はると益々(ますます)可愛(かあい)うなつて()ましたよ、206ネー天真坊様(てんしんぼうさま)207(ふる)くなつたから、208もう()らぬ」(など)()つて、209(やぶ)れた(くつ)()てるやうな無情(むじやう)(こと)()さつちや、210(いや)ですよ。211……お(わん)(ひやく)(まで)212(はし)九十九(くじふく)(まで)213ともに朱塗(しゆぬり)()げる(まで)……(なか)よう()うて(くだ)さるでせうね。214そして(てかけ)なんか、215()たないやうにして(くだ)さいね。216あたい217()()みますからね』
218(げん)『ウンウンヨシヨシ、219そんな心配(しんぱい)御無用(ごむよう)だ。220(まへ)は、221まだ(わし)誠意(せいい)(わか)らぬと()えて(さき)(さき)まで心配(しんぱい)するのだな。222可愛(かあい)いお(まへ)()てて、223どうして(ほか)(をんな)(こころ)(うつ)(こと)出来(でき)ようか。224オイ、225ダリヤ、226シャカンナさまには()まないが(ひと)(ひざ)()してくれないか』
227ダリ『サアサア(をつと)女房(にようばう)(ひざ)にお(ねむ)(あそ)ばすのが、228(なに)遠慮(ゑんりよ)()りませう。229(ひざ)()してくれ」(など)とお(たの)(あそ)ばす、230その水臭(みづくさ)いお言葉(ことば)231(あてえ)232(かへつ)(にく)らしいわ』
233シャ『ヤア、234どうも(たま)らぬ(たま)らぬ。235天真坊殿(てんしんぼうどの)236()しからぬぢや(ござ)らぬか』
237(げん)『ヤ、238(これ)失礼(しつれい)(ござ)る。239(しか)(なが)らは拙者(せつしや)自由権利(じいうけんり)行使(かうし)するのに、240(べつ)遠慮(ゑんりよ)()りますまい。241御免(ごめん)(くだ)さいませ、242失礼(しつれい)
243()(なが)らダリヤの(ひざ)に、244胡麻(ごま)()りの(あたま)安置(あんち)した。
245ダリ『ホヽヽヽ、246(さけ)(くさ)いこと。247そしてお(つむ)()(にほひ)248(あてえ)249(はな)(ゆが)むやうだわ。250オヤ、251マア観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)御出現(ごしゆつげん)(あそ)ばして(ござ)るわ、252ホヽヽヽヽ』
253(げん)『オイ、254ダリヤ、255観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)子供(こども)()きで(かしら)沢山(たくさん)童子(どうじ)をのせて(ござ)るだらう。256(わし)はその観世音(くわんぜおん)沢山(たくさん)(かしら)(いただ)いてゐるのだから、257大抵(たいてい)(わし)神徳(しんとく)(わか)つただらうのう』
258ダリ『ア、259それで天帝(てんてい)御化身様(ごけしんさま)()(こと)判然(はんぜん)(いた)しましたわ。260もし天真坊様(てんしんぼうさま)261貴方(あなた)のお(つむり)は、262丁度(ちやうど)胡麻(ごま)(いり)のやうですね』
263(げん)『オイオイ無茶(むちや)()ふない。264胡麻(ごま)(いり)なら()(ところ)がありさうなものだ。265()がないぢやないか』
266ダリ『何事(なにごと)改良(かいりやう)流行(はや)時節(じせつ)ですから、267貴方(あなた)胡麻(ごま)(いり)(あたま)()()りませぬが、268(その)代用(だいよう)として(なべ)のやうに(ふた)つの(みみ)がついてゐますよ。269この(みみ)をかう、270(ふた)()げて胡麻(ごま)()つたら、271素敵(すてき)でせうね。272観音(くわんのん)さまの胡麻(ごま)(いり)出来(でき)るでせう、273ホヽヽヽ』
274コル『これこれダリヤ(ひめ)さまとやら、275こんな(せき)で、276さう意茶(いちや)ついて(もら)つちや、277吾々(われわれ)独身者(どくしんもの)はやりきれぬぢやないですか。278チツトは徳義(とくぎ)()(こと)(かんが)へて(もら)はなくちや(たま)りませぬよ』
279ダリ『ホヽヽヽ、280(なん)とマア(めう)(こと)(うけたま)はるものですな。281山賊(さんぞく)仲間(なかま)にも徳義(とくぎ)(など)()言葉(ことば)流行(はや)つてゐますか』
282コル『無論(むろん)です。283泥棒(どろばう)でなくとも今日(こんにち)人間(にんげん)御覧(ごらん)なさい。284(うへ)から(した)まで285徳義(とくぎ)だとか、286仁義(じんぎ)だとか、287慈善(じぜん)だとか、288博愛(はくあい)だとか、289いろいろの雅号(ががう)(なら)べて、290愚人(ぐじん)()(くら)ませ、291(みみ)(しび)らせ、292ソツト(うら)(はう)から(うま)(しる)()ふてるぢやありませぬか。293徳義(とくぎ)()(こと)泥棒(どろばう)にとつては唯一(ゆゐいつ)武器(ぶき)ですよ、294アハヽヽヽ』
295ダリ『成程(なるほど)296さう(うけたま)はれば、297いかにも御尤(ごもつと)も、298仲々(なかなか)泥棒学(どろばうがく)修養(しうやう)()りますな』
299コル『さうですとも、300泥棒(どろばう)泥棒(どろばう)看板(かんばん)をうつて、301どうして仕事(しごと)出来(でき)ませう。302すぐ目付(めつけ)(つか)まつて(しま)ひますよ。303表面(うはべ)(ぜん)(かざ)りつつソツト悪事(あくじ)をやるのが当世(たうせい)ですからね』
304ダリ『ヤア、305(これ)大変(たいへん)知識(ちしき)()ました。306サアお()()しますまいが……一杯(いつぱい)()ぎませう。307(わたし)(さかづき)でも()けて(くだ)さるでせうね』
308コル『ヘイヘイ、309()ける(だん)ぢや(ござ)いませぬ。310三杯(さんぱい)九杯(きうはい)311百杯(ひやくぱい)でも千杯(せんぱい)でも(いただ)きますわ、312エヘヽヽヽ』
313ダリ『これこれコルトンさま、314さう(さかづき)(ちか)()つて()ちや旦那(だんな)さまの(かほ)にかかつたら大変(たいへん)ですよ。315もつと、316そちらに()きなさいよ。317その(かは)(あてえ)(はう)から(ちから)一杯(いつぱい)()()ばして()ぎますよ』
318コル『イヤ有難(ありがた)う。319オツトヽヽヽ(こぼ)れます(こぼ)れます、320もう沢山(たくさん)(ござ)います。321(しか)し、322これ一杯(いつぱい)沢山(たくさん)()ふのぢやありませぬよ。323(また)324(あと)をお(ねが)(いた)しますよ、325エヘヽヽヽ。326オイ、327バルギー、328どうだい、329色男(いろをとこ)()ふものは、330こんな(もの)だよ。331岩窟(いはや)女帝様(によていさま)のお()づからお(さけ)頂戴(ちやうだい)したのだからな、332イヒヽヽヽ。333貴様(きさま)もチツト、3331あやかつたら、334どうだい。335(とかげ)()336(なに)(くす)ぼつてゐやがるのだい』
337バル『ヤア、338(おれ)下戸(げこ)だ。339ホンのお交際(つきあい)(せき)(つらな)つてる()けだ。340(さけ)なんか()()くはないわ』
341 玄真坊(げんしんばう)()(つぶ)れてグタリと前後(ぜんご)()らず(ねむ)つて(しま)つた。342ダリヤ(ひめ)はソツと(ひざ)(はづ)し、343()(まくら)胡麻(ごま)(いり)(あたま)(ささ)へておき、344(ほそ)(すず)しい(こゑ)でコルトンに一杯(いつぱい)()(なが)ら、
345ダリ『(さけ)()(ひと)(しん)から可愛(かあ)
346()ふて管捲(くだま)きや(なほ)可愛(かあ)い。
347サアサアコルトンさま、348(をとこ)らしうお()ごしなさいませ。349(この)(とほ)天真(てんしん)さまもお(やす)みになりました。350どうやら親方(おやかた)さまも(やす)まれたやうです。351(あてえ)(これ)から貴方(あなた)()(つぶ)して()げますわ。352バルギーさまはお下戸(げこ)なり、353二人(ふたり)親分(おやぶん)さまはお(やす)みになつたし、354もう、355(あてえ)とコルトンさまとの天下(てんか)だわ』
356コル『エヘヽヽヽ、357イヤ有難(ありがた)う、358(これ)(さけ)()むお(かげ)だ。359竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)さまが運上(うんじやう)をとりに()るやうな(うつく)しいお(ひめ)さまと(さかづき)()(かは)すとは、360(まる)(ゆめ)のやうだ。361ヤアお(ひめ)さま、362(わたし)(をとこ)です。363いくら(くだ)さつても(あと)には退()きませぬ。364(わたし)()()りを()(くだ)さい』
365ダリ『(なん)とマア立派(りつぱ)()()りだこと、366本当(ほんたう)(をとこ)らしいわ。367(あてえ)こんな(かた)夫婦(ふうふ)になり()いのだけどな。368天真坊(てんしんばう)さまと内約(ないやく)したものだから、369もう()()しならぬやうになつて(しま)つたわ』
370(わざ)小声(こごゑ)()ふ。371コルトンは本当(ほんたう)(ひめ)自分(じぶん)(ほれ)たと(おも)372益々(ますます)()()つて豪傑(がうけつ)(ぶり)()せ、373(ひめ)(こころ)自分(じぶん)(はう)(かたむ)けねばおかぬと、374(あんま)()きでもない(さけ)調子(てうし)にのつて無性(むしやう)矢鱈(やたら)()()した。
375ダリ『オホヽヽヽ、376(なん)美事(みごと)(こと)377なんぼ召上(めしあが)つても、378チツトもお()ひなさらぬのね。379そこが男子(だんし)値打(ねうち)ですよ。380チツト(ばか)りの(さけ)()んで(たふ)れるやうな(こと)ぢや、381まさかの(とき)(やく)()ちませぬからね』
382コル『それは、383さうですとも。384一斗桝(いつとます)隅飲(すみの)みをやつても、385ビクともせぬと()ふ、386有名(いうめい)酒豪(しゆがう)ですからな』
387 こんな調子(てうし)にコルトンはダリヤに(もり)(つぶ)され、388()白黒(しろくろ)にして我慢(がまん)をつづけてゐたが、389()へきれずして(その)()他愛(たあい)もなく(たふ)れて(しま)つた。390バラック(しき)小屋(こや)には沢山(たくさん)乾児(こぶん)(ども)(こも)()いて、391喧々(けんけん)囂々(がうがう)(さへづ)(なが)ら、392ヘベレケに()ふて、393()く、394(わら)ふ、395鉄拳(てつけん)をとばす(など)乱痴気(らんちき)(さわ)ぎを極端(きよくたん)発揮(はつき)してゐる。
396 ダリヤ(ひめ)三人(さんにん)()(つぶ)れたのを()すまし、397バルギーの(くび)(しろ)(かひな)()きつけ(なが)小声(こごゑ)になつて、
398ダリ『もし、399バルギー(さま)400本当(ほんたう)()まない(こと)(いた)しましたな。401貴方(あなた)はチツトもお(さけ)()(あが)らないので本当(ほんたう)行儀(ぎやうぎ)(くづ)れないで、402(ゆか)しう(ござ)いますわ。403(あてえ)404貴方(あなた)のやうなお(かた)本当(ほんたう)()きなのよ。405あれ御覧(ごらん)なさい。406三人(さんにん)(とも)407(さけ)()ふて(くち)から(あわ)()いたり、408(よだれ)をくつたり、409本当(ほんたう)()られた(ざま)ぢや(ござ)いませぬね。410もしバルギーさま、411貴方(あなた)(わたし)(にく)いと(おも)ひますか』
412 バルギーは意外(いぐわい)(かん)()たれ(なが)ら、413(うれ)しさうに(よだれ)をくり、414(りやう)()(あわ)てて手繰(たぐ)つてゐる。415そして小声(こごゑ)になつて、
416バル『(ひめ)(さま)417いい加減(かげん)玩弄(おもちや)にしておいて(くだ)さい。418(わし)でも(をとこ)(はし)くれですからな。419貴女(あなた)はお(さけ)()ふてゐらつしやるのでせう』
420ダリ『(わたし)だつて、421人間(にんげん)ですもの、422(さけ)()めば、423チツトは()ひますよ。424(しか)(なが)三人(さんにん)さまのやうに本性(ほんしやう)(うしな)(ところ)まで()つては()ませぬ。425(あてえ)()(こと)を、426貴方(あなた)(うたが)つてゐるのですか、427エー(にく)らしい』
428()(なが)らバルギーの(ほほ)をギユツと(つめ)つた。
429バル『アイタヽヽヽ、430(けつ)して(ひめ)(さま)431(うたが)ひませぬよ、432真剣(しんけん)(うけたま)はります。433何卒(どうぞ)434その()(はな)して(くだ)さい。435(かほ)(ゆが)んで(しま)ひますわ』
436ダリ『本当(ほんたう)(あてえ)()(こと)(しん)じますか』
437バル『全部(ぜんぶ)(しん)じますよ、438安心(あんしん)して(くだ)さい』
439ダリ『そんなら、440(あてえ)の、441これ()(おも)つてる(こころ)()みとつて(くだ)さるでせうね。442どうか(あてえ)()れて()()して(くだ)さいませぬか。443(あてえ)(たく)はスガの(さと)百万長者(ひやくまんちやうじや)(ござ)いますから、444こんな泥棒(どろばう)なんかしてゐるより、445余程(よほど)()()いてゐますよ。446そして(あてえ)(をつと)になつて(くだ)さいましな』
447バル『ヘヽヽヽヽ、448(ねが)ふてもないお(たの)み、449イヤ委細(ゐさい)承知(しようち)しました。450今夜(こんや)のやうな、451()機会(きくわい)(また)とありませぬ。452(たれ)()(さけ)()(つぶ)れてゐますから、453貴女(あなた)(わたし)()()をとつて(ひと)()此処(ここ)()()しませうよ』
454 ダリヤは(うれ)しさうに、
455『それでは(わが)夫様(つまさま)456どこ(まで)も、457(とも)をさして(くだ)さいませね』
458 バルギーは(にはか)足装束(あししやうぞく)(こしら)459ダリヤにも草鞋(わらぢ)(あた)へて逃走(たうそう)準備(じゆんび)をさせた。460……(かみ)ならぬ()三人(さんにん)他愛(たあい)もなく()(たふ)れてゐる。461ダリヤは(ふで)(すみ)()ませ、462天真坊(てんしんばう)(ひたひ)に『ネンネコ』と(しる)し、463シャカンナの(ひたひ)に『モー、464イヌ』と(しる)し、465コルトンの(ひたひ)に『サル、466カヘル』と落書(らくがき)し、467「ホヽヽヽヽ」と一笑(ひとわら)ひを(あと)(のこ)し、468抜道(ぬけみち)勝手(かつて)()つたバルギーに案内(あんない)され、469首尾(しゆび)よく(この)()()()つて(しま)つた。
470 月夜(つきよ)寝呆(ねぼ)(がらす)四辺(あたり)大木(たいぼく)(えだ)()まつて、471『アホウアホウ』と()いてゐる。472岩窟(がんくつ)(なか)(らい)(ごと)(いびき)(おと)に、473ダンダンと()()けて()く。474無心(むしん)(つき)二人(ふたり)()(みち)をニコニコし(なが)()らしてゐる。
475大正一三・一二・三 新一二・二八 於祥雲閣 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。