霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 針灸思想(しんきゆうしさう)〔一七二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:第4篇 山色連天 よみ:さんしょくれんてん
章:第21章 第67巻 よみ:しんきゅうしそう 通し章番号:1723
口述日:1924(大正13)年12月29日(旧12月4日) 口述場所:祥雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
今回の事件で、アリナは一ヶ月の謹慎を命じられる。父のガンヂーも城内を騒がせた責任を感じ、自ら謹慎を守っていた。
ガンヂーは今回の騒ぎを引き起こした息子の不思慮を責める。
アリナは、城内を騒がせ驚かせたことについて自分の罪を認めるが、父が刃傷沙汰を起こした事を逆に責める。
ガンヂーは、刃傷沙汰は右守の不忠を誅せんとしたのであり、太子の思想を蝕むアリナの方が国家にとって脅威であると責める。
アリナは父の過去の所業を挙げ、現在のタラハン国衰退の原因としてガンヂーを責める。
ガンヂーは父の権威を嵩に着るが、アリナは自分が太子の寵臣であり、左守である父でさえも自由にすることはできないと反論する。
アリナは言論の自由、個人の人格をたてとし、個性を十分発達させることが天地の分霊としての働きを十二分に発揮させることである、と論を展開する。
ガンヂーはあくまで圧迫こそが政治・支配の鉄則であると主張する。国家を一つにまとめあげるためには、王家を中心にして国民を団結させる必要がある、と説くが、アリナはあくまで譲らない。
ガンヂーは息子の態度を嘆き、国家の滅亡を心配する。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6721
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 133頁 修補版: 校定版:278頁 普及版:68頁 初版: ページ備考:
001 左守(さもり)(せがれ)アリナは、002評議(ひやうぎ)結果(けつくわ)一ケ月(いつかげつ)謹慎(きんしん)(めい)ぜられ、003(ちち)(やかた)()()められて()た。004左守司(さもりつかさ)のガンヂーも(べつ)(わう)からの(とが)めはなけれども、005殿中(でんちう)(さわが)右守(うもり)刃傷(にんじやう)した(その)責任(せきにん)()ひ、006(みづか)(もん)()謹慎(きんしん)(まも)つて()た。
007ガンヂー『オイ(せがれ)008貴様(きさま)(なん)()不埒(ふらち)(こと)(いた)したのだ。009貴様(きさま)がいつも太子(たいし)(きみ)(おだ)()げ、010共産主義(きようさんしゆぎ)だとか、011人類愛善(じんるいあいぜん)だとか、012ハイカラ(てき)新思想(しんしさう)()()むものだから、013あんな御精神(ごせいしん)におなり(あそ)ばされ、014万代(ばんだい)不易(ふえき)王統(わうとう)()(こと)をお(きら)いなされ、015殿内(でんない)()()し、016(うへ)大王(だいわう)殿下(でんか)(はじ)(たてまつ)り、017(この)(ちち)老臣(らうしん)(ども)心配(しんぱい)をかけ018上下(じやうげ)(さわ)がした(その)(つみ)仲々(なかなか)(あさ)くはないぞ。019(これ)から(こころ)(あらた)むればよし、020(いま)(まで)量見(りやうけん)()るならば太子(たいし)のお側付(そばづき)(ゆる)されない。021さうして(わが)()にも()(こと)出来(でき)ない。022(ちつ)とは(おや)(こころ)にもなつて()()れ。023王様(わうさま)宸襟(しんきん)(なや)まし(たてまつ)り、024老臣(らうしん)(ども)心配(しんぱい)をさせ、025殿内(でんない)(さわ)がしたぢやないか』
026アリナ『ハイ、027如何(いか)にも父上(ちちうへ)のお言葉(ことば)(とほ)り、028大王様(だいわうさま)御心配(ごしんぱい)をかけ、029老臣(らうしん)(おどろ)かせ殿内(でんない)(さわ)がしましたのは事実(じじつ)(ござ)います。030(しか)(わたし)(おな)殿内(でんない)(さわ)がしても031父上(ちちうへ)のやうな、0311刃傷(にんじやう)などの乱暴(らんばう)(いた)しませぬ。032(とう)さま、033(わたし)御意見(ごいけん)(くだ)さるのならば、034()貴方(あなた)のお(しり)(ぬぐ)ひ、035自分(じぶん)(かほ)()まつた(はち)(はら)ひ、036真面目(まじめ)になつて御教訓(ごけうくん)(ねが)ひます。037(この)(おや)にして(この)()あり、038親子(おやこ)一致(いつち)して、039大王殿下(だいわうでんか)宸襟(しんきん)(なや)まし(たてまつ)殿内(でんない)(さわ)がしたのも、040(なに)かの因縁(いんねん)(ござ)いませうよ』
041ガン『エヽ、042ツベコベと(わけ)()らずに屁理窟(へりくつ)()ふな。043(まへ)(おれ)とは(おな)殿内(でんない)(さわ)がしたにしても(わけ)(ちが)ふのだ。044天地霄壤(てんちせうじやう)045黒白(こくびやく)046月鼈(げつべつ)差違(さゐ)()るのだ。047()右守(うもり)のサクレンス()048王家(わうけ)専制政治(せんせいせいぢ)(はい)し、049共和政治(きようわせいぢ)()てようなどと、050(だい)それた国賊的(こくぞくてき)機略(きりやく)(ろう)し、051殿下(でんか)宸襟(しんきん)(なや)ませ(たてまつ)つたによつて、052(おれ)(いのち)(まと)奸賊(かんぞく)誅伐(ちうばつ)せむと(かれ)右守(うもり)()りつけたのだ。053貴様(きさま)のやうに、054大切(たいせつ)太子(たいし)種々(いろいろ)のハイカラ(てき)思想(しさう)注入(ちうにふ)し、055太子(たいし)精神(せいしん)惑乱(わくらん)し、056(つひ)には国家(こくか)一大事(いちだいじ)惹起(じやくき)せむとするやうな悪逆無道(あくぎやくぶだう)行為(かうゐ)とは(くら)べものにならぬのだ。057(しつか)りと性念(しやうねん)()ゑて(ちち)言葉(ことば)()いたらよからうぞ。058大王様(だいわうさま)金枝玉葉(きんしぎよくえふ)御身(おんみ)をもつて、059(なんぢ)一人(ひとり)(ため)()るにあられぬ御苦心(ごくしん)(あそ)ばして(ござ)るのだ。060その(せがれ)(ちち)たるこのガンヂーが、061どうしてノメノメと(いき)()られやうか。062(まへ)がどうしても()(あらた)めて、063太子(たいし)御心(みこころ)(ひるがへ)さぬに(おい)ては、064もはや(この)(ちち)自害(じがい)して(まを)(わけ)()てねばならぬ羽目(はめ)となつて()るのだ。065不忠不義(ふちうふぎ)極悪人(ごくあくにん)とは貴様(きさま)(こと)だ。066どうしてまアこんな極悪人(ごくあくにん)(おれ)(たね)から(うま)れたものだらうなア』
067アリ『アハヽヽヽ。068(とう)さま()自分(じぶん)(いま)(まで)行動(かうどう)(かへり)みて御覧(ごらん)なさい。069さう、070堂々(だうだう)(わたし)(むか)つて、071御意見(ごいけん)出来(でき)ますまい。072(とう)さまは(わたし)幼年(えうねん)(とき)(まで)は、073右守(うもり)(かみ)(つか)へてゐらつしやつたのでせう。074(その)(とき)忠誠(ちうせい)無比(むひ)のシャカンナと()左守(さもり)司様(かみさま)国政(こくせい)料理(れうり)して(ござ)つたでせう。075()くなられた王妃様(わうひさま)悪魔(あくま)(みい)られ、076()()残虐性(ざんぎやくせい)(つの)り、077(つひ)には無辜(むこ)(たみ)(しひた)げ、078(あは)れなる妊婦(にんぷ)(はら)()いて胎児(たいじ)()ぐり()し、079丸煮(まるに)にして食膳(しよくぜん)()ぼせ舌皷(したつづみ)()つて(ござ)つたにも(かかは)らず、080()(けつ)して直諫(ちよくかん)(たてまつ)(こと)()らず、081(かへ)つて王妃(わうひ)()(へつら)ひ、082残忍性(ざんにんせい)をしてますます増長(ぞうちやう)せしめられたぢや(ござ)いませぬか。083国民(こくみん)怨嗟(ゑんさ)白羽(しらは)()王妃(わうひ)(かり)(あそ)びの(みぎり)084(てん)一方(いつぱう)より()(きた)つて王妃(わうひ)(ひたひ)()ぬき(その)()絶命(ぜつめい)し、085国民(こくみん)(これ)()いて(かへ)つて(よろこ)んで(ひそ)かに祝賀会(しゆくがくわい)(ひら)いた(こと)があるぢや(ござ)いませぬか。086それ(ほど)国民(こくみん)怨嗟(ゑんさ)(まと)となつて()王妃(わうひ)(そその)かした(うへ)087大王様(だいわうさま)(まで)いろいろの(わる)智慧(ちゑ)()()み……天誅(てんちう)白羽(しらは)()左守(さもり)部下(ぶか)射放(いはな)つたものだ……などと無実(むじつ)(つみ)()せ、088大王(だいわう)()をかつて左守(さもり)(つま)ハリスタ(ひめ)()(ころ)し、089なほ()()らず左守(さもり)(いのち)()らむとして(はた)さず、090(つひ)自分(じぶん)()つて(かは)つて洒々(しやあしやあ)(ぜん)として左守(さもり)(しよく)につかれたぢやありませぬか。091(それ)さへあるに左守家(さもりけ)巨万(きよまん)財産(ざいさん)全部(ぜんぶ)没収(ぼつしう)し、092自分(じぶん)国民(こくみん)信用(しんよう)(つな)がんが(ため)(あたま)()めない、093(はら)(いた)まない、094(かれ)財産(ざいさん)国民(こくみん)(あた)へ、095(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)り、096悪行(あくかう)遂行(すゐかう)した極重悪人(ごくぢうあくにん)ぢや(ござ)いませぬか。097(とう)さまの(ため)にシャカンナは可憐(かれん)(むすめ)(とも)天下(てんか)漂浪(へうらう)(たび)()で、098(いま)(その)行方(ゆくへ)さへ()れないと()ふぢやありませぬか。099貴方(あなた)(まへ)にては(たれ)(かれ)阿諛諂侫(あゆてんねい)追従(つゐしよう)()らむ(かぎ)りを(つく)し、100(ひげ)(ちり)(はら)はむとする役人(やくにん)(ばか)りで(ござ)いますが、101彼等(かれら)面従腹背(めんじうふくはい)102(かげ)では、103いづれも(うしろ)()いては(した)()104言葉(ことば)(きは)めてお(とう)さまの悪逆無道(あくぎやくぶだう)(ののし)り、105()(にく)んで()りますよ。106タラハン(ごく)今日(こんにち)(ごと)(みだ)れかかつて()たのも(みな)107(とう)さまの責任(せきにん)ですよ。108圧制(あつせい)強圧(きやうあつ)専制(せんせい)便利(べんり)時代(じだい)不相応(ふさうおう)法律(はふりつ)(つく)り、109軍隊(ぐんたい)警察(けいさつ)監獄(かんごく)(ちから)で、110(いま)(まで)(とう)さまは国民(こくみん)(あたま)(おさ)へつけ、111思想(しさう)圧迫(あつぱく)し、112あらむ(かぎ)りの吾儘(わがまま)勝手(かつて)振舞(ふるま)つて()たぢやありませぬか。113(とう)さまの悪徳(あくとく)子供(こども)(むく)いて(つひ)(わづらい)王家(わうけ)(およ)ぼし、114今日(こんにち)悲惨(ひさん)有様(ありさま)になつたのぢや(ござ)いませぬか。115(とう)さまこそ(わたし)意見(いけん)()いて翻然(ほんぜん)()い、116忠誠(ちうせい)赤心(まごころ)愛善(あいぜん)(おこな)ひに()ちかへつて(もら)ひたいものです。117(わたし)はお(とう)さまの(くち)から御意見(ごいけん)()くのは、118恰度(ちやうど)地獄(ぢごく)(おに)擦鉦(すりがね)(たた)いて念仏(ねんぶつ)(とな)へて()るやうで滑稽(こつけい)(たま)りませぬわ。119いや(むし)抱腹絶倒(はうふくぜつたう)(いた)りで(ござ)います、120アハヽヽヽ』
121ガン『これや(せがれ)122(なん)()口巾(くちはば)(ひろ)(こと)(まを)すか。123(かりそめ)にも()として(ちち)行為(かうゐ)云々(うんぬん)し、124くだらぬ意見口(いけんぐち)(たた)くと()(こと)は、125天地転倒(てんちてんだう)(はなは)だしいではないか。126(おや)主人(しゆじん)無理(むり)()ふものと(おも)へ」との格言(かくげん)(なん)心得(こころえ)()るか。127(なん)()ふても親父(おやぢ)ぢやないか。128善悪正邪(ぜんあくせいじや)(かかは)らず、129(おや)反抗(はんかう)する(やつ)天下(てんか)不孝者(ふかうもの)だ。130貴様(きさま)最早(もはや)十八(じふはち)131(ちつ)とは孝行(かうかう)()(こと)()れ。132(いな)忠義(ちうぎ)(みち)(わきま)へねばなるまいぞ』
133アリ『お(とう)さま、134貴方(あなた)(おや)()()(もと)(わたし)圧迫(あつぱく)するのですか。135(わが)()になればどんな無理難題(むりなんだい)()きかけても、136それで道理(だうり)()つと(おも)ひますか。137そんな(ふる)道徳主義(だうとくしゆぎ)三百年(さんびやくねん)過去(くわこ)(こと)ですよ。138こんな流儀(りうぎ)国政(こくせい)(あた)られては、139数多(あまた)役人(やくにん)国民(こくみん)(ども)迷惑(めいわく)(おも)ひやられます。140(わたし)はお(とう)さまの所謂(いはゆる)141不孝者(ふかうもの)142不忠者(ふちうもの)になり()(ござ)います。143……大孝(だいかう)不孝(ふかう)()たり。144大忠(だいちう)大逆(だいぎやく)()たり。1441……と(いにしへ)聖人(せいじん)()つたぢや(ござ)いませぬか。145大義(たいぎ)(しん)(めつ)するとか()(ことわざ)(ござ)います。146(わたし)大義明分(たいぎめいぶん)(ため)には(おや)()てます。147何時(いつ)(まで)(その)精神(せいしん)をお()(くだ)さらぬ以上(いじやう)は、148(おや)でも()ければ()でもありませぬ。149(わたし)(はう)から貴方(あなた)(むか)つて勘当(かんだう)(いた)しますよ』
150ガン『これ(せがれ)151()はしておけば何処(どこ)(まで)もつけ(あが)(おや)(おや)とも(おも)はぬ(その)暴言(ばうげん)152手打(てう)ちに(いた)して()れるぞ』
153アリ『お(とう)さま、154よいかげんに血迷(ちまよ)つておきなさいませ。155(なに)狼狽(らうばい)して()られるのです。156アリナの身体(からだ)最早(もはや)貴方(あなた)自由(じいう)にはなりませぬ。157(わたし)身体(からだ)太子様(たいしさま)杖柱(つゑはしら)とお(たの)(あそ)ばす、158タラハン(じやう)()くてはならない国宝(こくほう)ですよ。159もしお手打(てうち)(あそ)ばす御所存(ごしよぞん)ならば、160大王(だいわう)殿下(でんか)(およ)太子(たいし)殿下(でんか)のお(ゆる)しを()(うへ)になさいませ。161太子殿下(たいしでんか)寵臣(ちようしん)を、162(なに)(ほど)左守(さもり)だつて自由(じいう)にする(こと)出来(でき)ますまい。163それこそ貴方(あなた)不忠不義(ふちゆうふぎ)大逆賊(だいぎやくぞく)となるでせう』
164ガン『不忠不義(ふちゆうふぎ)とは(なん)たる暴言(ぼうげん)ぞ。165貴様(きさま)こそ万代不易(ばんだいふえき)王家(わうけ)(くつが)へさむとする悪逆無道(あくぎやくぶだう)曲者(くせもの)だ。166不忠不義(ふちゆうふぎ)逆賊(ぎやくぞく)だ。167共産主義(きやうさんしゆぎ)平民主義(へいみんしゆぎ)太子殿下(たいしでんか)日夜(にちや)()()んだ売国奴(ばいこくど)め、168黙言(だまり)おろう』
169アリ『お(とう)さま、170天帝(てんてい)より賦与(ふよ)された(わたし)言論機関(げんろんきくわん)行使(かうし)するのは171(わたし)自由(じいう)権利(けんり)(ござ)います。172今日(こんにち)不完全(ふくわんぜん)(きは)まる貴方(あなた)(つく)つた法律(はふりつ)でさへも173言論(げんろん)集会(しふくわい)自由(じいう)(みと)めて()るぢや(ござ)いませぬか。174左様(さやう)(わか)らぬ(こと)仰有(おつしや)いましては175耄碌爺(まうろくおやぢ)()はれても弁解(べんかい)()はありますまい。176矛盾混沌(むじゆんこんとん)177自家撞着(じかどうちやく)(ここ)(いた)つて(きは)まれりと()ふべしです。178貴方(あなた)一体(いつたい)個人(こじん)人格(じんかく)無視(むし)せむとして()られますが、179国民(こくみん)としても、180個人(こじん)としても(その)個性(こせい)十分(じふぶん)発達(はつたつ)させ、181天地(てんち)分霊(わけみたま)としての(はたら)きを十二分(じふにぶん)発揮(はつき)させ、182(その)自由(じいう)(けん)十分(じふぶん)行使(かうし)させねばならぬぢやありませぬか。183()れだのに、184貴方(あなた)圧迫(あつぱく)威喝(ゐかつ)をもつて(これ)(さまた)げむとするのは185時代(じだい)(うと)癲狂痴呆者(てんきやうちはうしや)()はねばなりますまい』
186ガン『お(まへ)(とし)(わか)いから政治(せいぢ)枢機(すうき)参加(さんか)した(こと)()いから、187左様(さやう)小理窟(こりくつ)をこねるのだ。188(しか)(なが)理論(りろん)実際(じつさい)とは(おほい)(ちが)ふものだ。189(いま)(ごろ)政治家(せいぢか)()よ、190()にある(とき)(とき)政府(せいふ)施設(しせつ)(たい)し、191どうのかうのと極力(きよくりよく)反対(はんたい)(こころ)み、192民衆(みんしう)(おだ)()(つひ)政府(せいふ)()()り、193()国政(こくせい)()つて()ると俄然(がぜん)調子(てうし)(かは)つて()て、194()にあつて咆哮(はうかう)した主義(しゆぎ)主張(しゆちやう)もケロリと()て、195(いな)放擲(はうてき)せなくてはならぬやうになるものだ。196それだから()(なか)議論(ぎろん)実際(じつさい)とは(おほい)径庭(けいてい)のあるものだ。197(その)(かん)消息(せうそく)()らずに、1971青二才(あをにさい)分際(ぶんざい)として198小田(をだ)(かわづ)()くやうにゴタゴタ()ふても(をさ)まらないぞ。199(すべ)政治(せいぢ)秘訣(ひけつ)圧迫(あつぱく)(かぎ)るのだ』
200アリ『どこ(まで)もお(とう)さまは(わか)らないのですな。201理窟(りくつ)はどんなにでもつくものですよ。202専制(せんせい)圧迫(あつぱく)唯一(ゆゐいつ)武器(ぶき)として(をさ)めて()たスラブはどうです。203チヤイナはどうですか。204(すで)(すで)滅亡(めつぼう)したではありませぬか。205世界各国(せかいかくこく)(きそ)ふて共和主義(きようわしゆぎ)をもつて治国(ちこく)主義(しゆぎ)となし、206(つぎ)から(つぎ)へと王政(わうせい)(ほろ)びてゆく趨勢(すうせい)()ても、207時代(じだい)潮流(てうりう)共和主義(きようわしゆぎ)(むか)つて、208急速力(きふそくりよく)()つて(すす)んで()るぢやありませぬか、209個人(こじん)2091個人(こじん)無視(むし)するやうで、210どうして国家(こくか)(をさ)める(こと)出来(でき)ませうか。211賢明(けんめい)なる太子殿下(たいしでんか)(はや)くも(この)(てん)気付(きづ)かれ、212王位(わうゐ)()つて庶民(しよみん)となり、213個人(こじん)として214人間(にんげん)らしい生活(せいくわつ)をやつて見度(みた)いと(のぞ)んでゐらつしやるのですよ。215もうお(とう)さま、216貴方(あなた)()加減(かげん)骸骨(がいこつ)をお()ひなさい。217貴方(あなた)一日(いちにち)国政(こくせい)料理(れうり)さるればさるるだけ、218それだけ国家(こくか)滅亡(めつぼう)(むか)ふのです。219国民(こくみん)(おほ)くは……頑迷固陋(ぐわんめいころう)左守(さもり)220一日(いちにち)(はや)く、2201(この)()()れば221一日(いちにち)(だけ)国家(こくか)利益(りえき)だ……と()ふて()りますよ』
222ガン『お(まへ)個人(こじん)々々(こじん)()ふて(さかん)個人主義(こじんしゆぎ)をまくし()てるが、223個人主義(こじんしゆぎ)発達(はつたつ)すればする(ほど)専制政治(せんせいせいぢ)必要(ひつえう)ぢやないか。224完全(くわんぜん)なる個人主義(こじんしゆぎ)発達(はつたつ)し、225生活(せいくわつ)()(ちから)出来(でき)(ところ)で、226ほんの(ちい)つぽけな(すな)のやうなものだ。227二十万(にじふまん)国民(こくみん)が、228二十万粒(にじふまんつぶ)(すな)になつたやうなものだ。229個々別々(ここべつべつ)になつた(すな)(なに)(ほど)堅固(けんご)でも団結力(だんけつりよく)()るまい。230個人(こじん)としてはよからうが、231国家(こくか)(および)団体(だんたい)としては(じつ)につまらぬものぢや。232そこで、233カラピン王家(わうけ)()(おほ)きな革袋(かはぶくろ)必要(ひつえう)なのだ。234この革袋(かはぶくろ)二十万粒(にじふまんりう)(すな)()(ふくろ)(くち)(かた)(しば)235横槌(よこづち)などで(つよ)(たた)きつけてこそ(はじ)めて(ひと)つの国家団体(こくかだんたい)(かた)まるのぢやないか。236革包(かはづつみ)(やぶ)れた(ふくろ)所謂(いはゆる)支離(しり)滅裂(めつれつ)(なん)(ちから)もない。237それを貴様(きさま)(やぶ)らうとする極重悪人(ごくぢうあくにん)だ。238賢明(けんめい)なる殿下(でんか)のそれ(くらゐ)道理(だうり)のお(わか)りにならない(はず)()いのだが、239貴様(きさま)(つね)(わる)思想(しさう)()()むものだから、240あのやうな(わる)精神(せいしん)におなりなされたのだ。241()はば貴様(きさま)はタラハン(ごく)(くつが)へす悪魔(あくま)張本(ちやうほん)だ。242あゝもう仕方(しかた)がない。243()ぬにも()なれず、244(せがれ)(なに)(ほど)()()かしても頑迷不霊(ぐわんめいふれい)にして時代(じだい)(かい)せず、245政治(せいぢ)()らず、246(なん)とした(くる)しい立場(たちば)であらう』
247アリ『お父様(とうさま)248煩悶苦悩(はんもんくなう)今日(こんにち)境遇(きやうぐう)249(わたし)同情(どうじやう)(いた)しますが、250(しか)(なが)(こころ)()ちやう(ひと)つで(ござ)いますよ。251(ちつ)郊外(かうぐわい)散歩(さんぽ)でもして、252天地(てんち)芸術(げいじゆつ)御覧(ごらん)なさいませ、253さうすれば(ちつ)とは(むね)(ひら)けて(あたら)しい思想(しさう)(うま)れて()るでせう』
254 左守(さもり)青息吐息(あをいきといき)しながら、
255『あゝあゝ()やせむ(かく)線香(せんかう)(けむり)となつて、256タラハンの国家(こくか)(ほろ)ぶのかなア』
257大正一三・一二・四 新一二・二九 於祥雲閣 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)