霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第67巻 山河草木 午の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第67巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年8月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm678801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
天国(てんごく)(わが)(せき)ありとほこりつつ
地獄(ぢごく)にあるを()らぬ(ひと)あり〈序文(初)〉
(わが)みたま地獄(ぢごく)にありと(かなし)める
(こころ)(すで)天国(てんごく)にあり〈総説(初)〉
(こひ)すてふことの天地(てんち)(つみ)ならば
()曲津(まがつ)みの棲家(すみか)とならむ〈総説(初)〉
()(なか)(こひ)てふもののなかりせば
平和の風は永遠(とわ)に吹かまじ〈総説(初)〉
恋愛(れんあい)(くち)にするさへ(きら)ふといふ
(ひと)偽善(ぎぜん)権化(ごんげ)なりけり〈総説(初)〉
(たれ)()()べて(あい)する(あが)(こころ)
あやしと(そし)(ひと)ぞいやしき〈第1章(初)〉
村肝(むらきも)(こころ)(そこ)(ひかり)あらば
すべての(ひと)(かみ)()るなり〈第1章(初)〉
村肝(むらきも)(こころ)くもれば()(なか)
(ひと)をことごと悪魔(あくま)とぞ()〈第3章(初)〉
(わが)()せる(ふと)しき神業(わざ)現世(うつしよ)
智慧(ちゑ)()けたる醜業(しこわざ)()〈第4章(初)〉
いかめしき(おきて)をつくり()(ひと)
おどせし宗教(のり)(をは)りはきにけり〈第5章(初)〉
天地(あめつち)(かみ)功績(いさを)()(ひと)
(さば)くにあらず(すく)ふのみなる〈第5章(初)〉
()ざされし(あま)岩戸(いはと)(ひら)かむと
伊都能売(いづのめ)(かみ)天降(あも)りましけり〈第5章(初)〉
厳御魂(いづみたま)(みづ)御魂(みたま)(ひら)きたる
大道(おほぢ)にさやる(しこ)曲鬼(まがおに)〈第5章(初)〉
()(こと)(かさ)なり()るか白鳥(しらとり)
(そら)をかすめてわがやかた()〈第6章(初)〉
(かみ)()又恋(またこひ)()(はな)()
希望(きばう)()きて百年生(ひやくねんい)きむ〈第7章(初)〉
(こころ)なき(ひと)(かた)るな神秘(しんぴ)なる
(うづ)(をしへ)片端(かたはし)だにも〈第9章(初)〉
何事(なにりぐ と)(かみ)のみむねに(まか)すより
(ひと)()むべき()(みち)はなし〈第9章(初)〉
()のために(こころ)(つく)すわが()をば
色眼鏡(いろめがね)にて()(ひと)()〈第11章(初)〉
三五(あななひ)(つき)をながめて(おも)ふかな
(うま)れたる()(よる)(ひかり)〈第11章(初)〉
三五(あななひ)(つき)(ひかり)(とも)として
辿(たど)()かなむ(みち)奥処(おくが)〈第12章(初)〉
天地(あめつち)(かみ)(めぐ)みの雨降(あめふ)りぬ
()(けが)されし(われ)(あら)ふために〈第15章(初)〉
黄金(わうごん)(たま)(まも)れる五男神(ごなんしん)
(はや)()よかし天恩郷(てんおんきやう)〈第17章(初)〉
苅薦(かりごも)(みだ)れし()をば(ただ)さむと
伊都能売(いづのめ)神現(かみあ)れましにけり〈第17章(初)〉
天国(てんごく)(はしら)(なか)()ちにけり
(あと)六柱立(むはしらた)日待(ひま)たるる〈第18章(初)〉
天国(てんごく)もまた霊国(れいごく)神柱(かむばしら)
やうやく(なか)()()めにけり〈第18章(初)〉
天国(てんごく)(おそ)れて()りし醜人(しこびと)
今八衢(いまやちまた)(まよ)(たま)あり〈第19章(初)〉
天国(てんごく)大神人(だいしんじん)()らずして
(しご)曲霊(まがひ)罪人迷(つみびとまよ)〈第19章(初)〉
霊国(れいごく)大御柱(おほみはしら)一日(いちにち)
(はや)()てかし(うつ)()()〈第21章(初)〉
只一人(ただひとり)(ただ)()一人世(ひとりよ)のために
(ひと)()ちつつ一人(ひとり)(おも)〈第21章(初)〉
天国(てんごく)十二(じふに)柱立(はしらた)たむまで
霊山会場(れいざんゑぢやう)(さび)しかるらむ〈第21章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)