霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻 篇:前付 よみ:
章:第68巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年01月28日(旧01月5日) 口述場所:月光閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この巻は、印度タラハン国の祭政一致の維新に至る波乱を描いたものである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm680002
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 148頁 修補版: 校定版:3頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)前巻(ぜんくわん)(あと)をうけて、002印度(いんど)タラハン王国(わうごく)太子(たいし)スダルマンを中心(ちうしん)とせる、003同国(どうこく)祭政一致(さいせいいつち)維新(ゐしん)(いた)波乱重畳(はらんちようでふ)たる経路(けいろ)口述(こうじゆつ)せられたるものにして、004太子(たいし)(および)(きう)左守(さもり)(むすめ)スバール(ひめ)()ゆるが(ごと)初恋(はつこひ)描写(べうしや)より、005太子(たいし)唯一(ゆゐいつ)寵臣(ちようしん)アリナの活躍(くわつやく)()つて、006深山(みやま)名花(めいくわ)はタラハン()(かた)ほとり、007(ちや)()宗匠(そうしやう)タルチンが(はな)座敷(ざしき)移植(いしよく)されて、008満足(まんぞく)せられたる両人(りやうにん)(こひ)(ほのほ)は、009益々(ますます)暴威(ばうゐ)(ふる)ひて、010太子(たいし)変装(へんさう)脱出(だつしゆつ)011アリナの身代(みがは)太子(たいし)などの苦肉策(くにくさく)(かへつ)滑稽味(こつけいみ)()び、012アリナも(また)()(をんな)信夫(しのぶ)毒手(どくしゆ)(あやふ)翻弄(ほんろう)せられむとする折柄(をりから)013(かね)特権階級(とくけんかいきふ)資本家(しほんか)などの横暴(わうばう)反抗(はんかう)して()てる(なぞ)(をんな)バランスの(ひき)ゆる民衆団(みんしうだん)爆発(ばくはつ)暴動(ばうどう)となり、014民衆(みんしう)怨嗟(ゑんさ)(ほのほ)城下(じやうか)過半(くわはん)(やき)(つく)し、015タラハン城下(じやうか)阿鼻叫喚(あびけうくわん)地獄道(ぢごくだう)急変(きふへん)し、016太子(たいし)はスバール(ひめ)駆落(かけおち)して右守(うもり)魔手(ましゆ)(とら)はれ、017大王(だいわう)城下(じやうか)内外(ないぐわい)変乱(へんらん)焦慮(せうりよ)して(やまひ)重態(ぢうたい)(おちい)り、018アリナの脱走(だつそう)より、019右守司(うもりのかみ)サクレンスの大陰謀(だいいんぼう)(この)()(その)効果(かうくわ)(をさ)めむとする(とき)しも、020三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)梅公司(うめこうつかさ)出現(しゆつげん)()つて善悪(ぜんあく)立別(たてわ)けられ、021正邪(せいじや)(おのおの)(その)(ところ)()022大王(だいわう)国替(くにがへ)023太子(たいし)即位(そくゐ)(ならび)結婚(けつこん)披露(ひろう)024(きう)左守(さもり)シャカンナの復活(ふくくわつ)025アリナ、026バランスの登庸(とうよう)027大宮山(おほみややま)神殿(しんでん)造営(ざうえい)などを(しゆ)たる問題(もんだい)として、028滅亡(めつぼう)(ふち)(ひん)せしタラハン王国(わうごく)は、029階級(かいきふ)打破(だは)030上下(じやうか)無差別(むさべつ)031祭政一致(さいせいいつち)理想的(りさうてき)地上天国(ちじやうてんごく)蘇生(そせい)したる綱領(かうりやう)を、032恋愛問題(れんあいもんだい)033貞操論(ていさうろん)乃至(ないし)奇想天外的(きさうてんぐわいてき)滑稽(こつけい)諧謔(かいぎやく)(もつ)潤飾(じゆんしよく)せられたる教訓(けうくん)034情味(じやうみ)津々(しんしん)として()きざる神示(しんじ)物語(ものがたり)であります。035神意(しんい)(そん)する(ところ)何時(いつ)(なが)ら、036読者(どくしや)各自(かくじ)各様(かくやう)会得(ゑとく)せられる(こと)(おも)ひます。037惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
038   大正十四年正月七日 新一月三十日   於月光閣