霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 恋盗詞(こひどうし)〔一七二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻 篇:第1篇 名花移植 よみ:めいかいしょく
章:第2章 第68巻 よみ:こいどうし 通し章番号:1726
口述日:1925(大正14)年01月28日(旧01月5日) 口述場所:月光閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
スダルマン太子は、城に帰ってより、スバール姫への激しい恋の思いに囚われていた。
アリナは太子の命を奉じ、密かにスバール姫を都へ迎えようと、再びタニグク山へとやってきた。
明け方、谷川の下流の森でシャカンナのかつての部下、山賊のハンナとタンヤが恋愛論を語り合っているのを立ち聞きする。
ハンナ:恋愛至上主義者。「恋愛なるものはあまりに神聖すぎて、かれこれと論議する事さえも出来ない」恋愛は「一種の感激」「人間乃至人生に対する、大きな自然に対する溜息」
タンヤ:倫理道徳主義者。「倫理の点を考慮して初めて神聖な恋愛とも言える」
タンヤとハンナは盗賊の相談を始める。二人はスバール姫をかどわかそうと決意し、シャカンナの隠れ家のほうへ進んでゆく。
アリナは親娘の危難を救おうと密かに二人の後をつけるが、追いつけずに見失ってしまう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6802
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 159頁 修補版: 校定版:27頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001 政治学(せいぢがく)研究(けんきう)や、002新思想(しんしさう)探究(たんきう)没頭(ぼつとう)し、003タラハン(ごく)上下(じやうげ)現状(げんじやう)痛歎(つうたん)(あま)心身疲労(しんしんひらう)し、004さしも明敏(めいびん)なりし頭脳(づなう)(かすみ)(へだ)てて(やま)()るが(ごと)く、005朦朧(もうろう)として鮮明(せんめい)()006(よそ)()()よりは、0061憂鬱病者(いううつびやうしや)かと(うたが)はるる(まで)煩悶(はんもん)苦悩(くなう)結果(けつくわ)007殿内(でんない)(ふか)()()もつて、008父王(ちちわう)頑迷固陋(ぐわんめいころう)なる骨董品的(こつとうひんてき)教訓(けうくん)(きら)ひ、009(また)老臣(らうしん)(ども)時代(じだい)(おく)れの古風(こふう)(あたま)より(しぼ)()した、010種々(しゆじゆ)忠告(ちうこく)にも(みみ)()かず、011左守(さもり)(かみ)(せがれ)アリナを唯一(ゆゐいつ)慰安者(ゐあんしや)となし、012(おの)思想(しさう)伴侶(はんりよ)となし鬱陶(うつたう)しき()(おく)つて()たスダルマン太子(たいし)は、013偶々(たまたま)山野(さんや)(あそ)びに(やま)(ふか)(まよ)()み、014不思議(ふしぎ)にも、015山奥(やまおく)()(にほ)姫百合(ひめゆり)(はな)(こひ)(ほのほ)()やし、016(こころ)(あと)万斛(ばんこく)(なみだ)心中(しんちう)(ふか)(たた)(なが)ら、017アリナと(とも)にタラハン城内(じやうない)(かへ)つて()た。
018 (をんな)()ふものに(たい)しては初心(うぶ)太子(たいし)019恋愛(れんあい)()ふものに(たい)しても(なほ)(さら)初心(うぶ)太子(たいし)020()(かみ)権化(ごんげ)とも()るべき清浄無垢(しやうじやうむく)乙女(をとめ)が、021人間界(にんげんかい)をかけ(はな)れた、022浅倉谷(あさくらだに)山奥(やまおく)(つつ)まれて()(その)容姿(ようし)憧憬(どうけい)し、023数年来(すうねんらい)沈鬱性(ちんうつせい)一変(いつぺん)して、024(あやふ)いかな025尊貴(そんき)()()(なが)ら、0251暗雲(やみくも)()()りの(はな)(わざ)(えん)ぜむとし、026山霊水伯(さんれいすいはく)(せい)になつた美人(びじん)(さう)を、027(みづか)らが得意(とくい)絵筆(ゑふで)(ゑが)いて(とこ)()にかけ、028(あさ)(ゆふ)画像(ぐわざう)(むか)つて()きたる(ひと)()(ごと)く、029何事(なにごと)独語(どくご)するに(いた)つた。030この画像(ぐわざう)こそ人間(にんげん)命取(いのちと)り、031男殺(をとこごろ)しの大魔者(だいまもの)である。032太子(たいし)煩悶(はんもん)以前(いぜん)百倍(ひやくばい)し、033()つても()ても()られないやうな様子(やうす)となつて()た。034太子(たいし)御心(みこころ)ならば、035仮令(たとへ)地獄(ぢごく)のドン(ぞこ)でも、036(ひと)つよりない(いのち)でも無雑作(むざふさ)におつぽり()すと()忠臣(ちうしん)にして、037唯一(ゆゐいつ)太子(たいし)伴侶(はんりよ)たる左守(さもり)(せがれ)アリナは、038(よる)(ひそか)(めい)(ほう)じ、039山奥(やまおく)名玉(めいぎよく)040(つき)顔容(かんばせ)041(はな)姿(すがた)042(あたた)かき(ゆき)(はだへ)(つつ)まれた、043天津乙女(あまつをとめ)化身(けしん)山奥(やまおく)より()きずり()し、044(ひそか)太子(たいし)御心(みこころ)(なぐさ)めむものと草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)め、045服装(みなり)(かる)蓑笠(みのかさ)夜露(よつゆ)()びて、046(しゆ)(おも)(こころ)一筋途(ひとすぢみち)047一筋縄(ひとすぢなは)では()かぬ左守(さもり)のシャカンナを、048(なつ)炎天(えんてん)地上(ちじやう)万物(ばんぶつ)(うるほ)夕立(ゆふだち)(あめ)ふるな(べん)(ふる)ひ、049(じや)()でも、050(たて)でも(よこ)でも頑固爺(ぐわんこおやぢ)納得(なつとく)させ、051肝腎(かんじん)(たま)(いだ)いて(かへ)らねばおかぬと雄健(をたけ)びしながら、052タニグク(やま)山口(やまぐち)053(たま)(かは)下流(かりう)054岩瀬(いはせ)深森(もり)()いた。055()はほんのりと()(はな)れむとする(とき)056路傍(ろばう)(いは)(こし)()ちかけ、057(ふた)つの(くろ)(かげ)(なん)だか(ささや)()つて()る。058谷川(たにがは)(いは)にせかるる水音(みなおと)(さへぎ)られつつ、059しかと言葉(ことば)(すぢ)(わか)らない。060アリナは、061谷道(たにみち)直立(ちよくりつ)して、062(あたま)(かたむ)(おも)ふやう、063……もはや夜明(よあけ)()もない(あかつき)(そら)二人(ふたり)(をとこ)(ささや)き、064合点(がつてん)のゆかぬ(こと)(わい)065(うはさ)()左守(さもり)のシャカンナが一ケ月(いつかげつ)以前(いぜん)(まで)(かか)えて()山賊(さんぞく)片割(かたわれ)ではあるまいか。066(なに)()もあれ足音(あしおと)(しの)ばせ、067様子(やうす)(うかが)()む……と(いき)()らして(すす)みよつた。068(ふた)つの(かげ)(そば)(ひと)()()()るとは()らず、069(さか)んにメートルをあげて()る。
070ハンナ『オイ(きみ)071(この)(あひだ)天帝(てんてい)化身(けしん)とか()山子坊主(やまこばうず)()れて()たダリヤ(ひめ)とか()美人(びじん)のことを(おも)()すと、072(おれ)のやうな恋愛(れんあい)観念(くわんねん)濃厚(のうこう)色男(いろをとこ)()つては、073(じつ)感慨無量(かんがいむりやう)だ。074(きみ)だつて平素(へいそ)偽善的(ぎぜんてき)言辞(げんじ)(かぶと)()いで(おれ)持論(ぢろん)賛意(さんい)(へう)したく()るだらう』
075タンヤ『堂々(だうだう)たる天下(てんか)男子(だんし)が、076女々(めめ)しい恋愛(れんあい)だの、077神聖(しんせい)だなぞと(さわ)(まは)つて風俗壊乱(ふうぞくくわいらん)()()()ふり、078自分(じぶん)(また)その火中(くわちう)(よろこ)んで()()んで()悲惨(ひさん)状態(じやうたい)()ると、079(じつ)()(なか)(やつ)腰抜(こしぬ)加減(かげん)愛想(あいさう)()きて(しま)ふわ。080ヘン、081泥坊(どろばう)(かせ)ぎの身分(みぶん)でありながら、082恋愛(れんあい)の、083神聖(しんせい)のとは臍茶(へそちや)(いた)りだ。084オイ、085ハンナ、086そんなハンナリせぬ腰抜論(こしぬけろん)()きたくないから、087(おれ)(まへ)ではもう()つて()れな。088気分(きぶん)(わる)くなるからのう』
089ハ『ヘン、090泥坊(どろばう)だつて恋愛論(れんあいろん)出来(でき)ない理由(りいう)はあるまい。091()()(たま)へ、092(おれ)名論卓説(めいろんたくせつ)を』
093タ『今日(けふ)(ぼく)()んだ女房(にようばう)命日(めいにち)だから、094供養(くやう)(ため)に、095(きみ)迷論(めいろん)(たい)充分(じゆうぶん)なる攻撃(こうげき)(こころ)みる心算(つもり)だが、096得心(とくしん)だらうねー』
097ハ『面白(おもしろ)い、098(ぼく)恋愛論(れんあいろん)(くち)()れる余地(よち)があるならやつて()(たま)へ。099しどろもどろの受太刀(うけだち)()れて、100屹度(きつと)(ぼく)軍門(ぐんもん)(くだ)るは()()るよりも(あきら)かな事実(じじつ)だ。101オホン、102日進月歩(につしんげつぽ)文明(ぶんめい)今日(こんにち)では、103恋愛論(れんあいろん)趣味(しゆみ)()たないものは、104最早(もはや)人外(じんぐわい)境域(きやうゐき)(みづか)堕落(だらく)して()るものだ。105この(ごろ)(ぼく)(おほい)(かん)ずる(こと)は、106性欲(せいよく)とか恋愛(れんあい)()(こと)(くわん)する議論(ぎろん)が、107(いちじる)しく抽象的(ちうしやうてき)()つて()ることだ。108(しか)(すべ)ての議論(ぎろん)反芻的(はんすうてき)一度(いちど)()()んだものを、109わざと抽象的(ちうしやうてき)にして()して()(やう)(ぼく)には()えて()らぬ。110ヤレ恋愛(れんあい)神聖(しんせい)だとか偏的(へんてき)だとか、111(せい)問題(もんだい)()くあるべきものだとか、112そんな(ふう)恋愛(れんあい)自由(じいう)なものに(かんが)へては不道徳(ふだうとく)だとか、113離婚(りこん)絶対(ぜつたい)不可(いけな)いとか()つて、114婦人会(ふじんくわい)連中(れんちう)(くび)(あつ)めて決議(けつぎ)までやつたと()いて、115(ぼく)不可思議(ふかしぎ)心持(こころも)ちがするのだ。116恋愛(れんあい)とか性欲(せいよく)とか()ふものは、117そんなに簡単(かんたん)無雑作(むざふさ)片付(かたづ)けらるるものだらうか。118(いま)所謂(いはゆる)文明人間(ぶんめいにんげん)()ふが(ごと)く、119(いち)()ければ()120()()ければ(さん)()ふやうに、121簡単(かんたん)に、122学問的(がくもんてき)乃至(ないし)知識的(ちしきてき)片付(かたづ)けて(しま)ふことの出来(でき)るものだらうか。123(ぼく)()うも左様(さやう)(かんが)へは()てないのだ』
124タ『ヘン、125国家(こくか)危急(ききふ)場合(ばあひ)(あた)つた今日(こんにち)126恋愛問題(れんあいもんだい)なんか(とな)へる(やつ)野呂(のろ)加減(かげん)(あき)れざるを()ないわ。127そんな問題(もんだい)(きは)めて簡単(かんたん)片付(かたづ)けて(しま)(はう)余程(よほど)人間(にんげん)らしいぢや()いか。128アタ阿呆(あはう)らしい、129学問上(がくもんじやう)道徳上(だうとくじやう)から()ても恋愛(れんあい)なんか(くち)にする(やつ)は、130(ぼく)人間(にんげん)(くづ)だと(おも)つて()る』
131ハ『オイ、132タンヤ、133(きみ)無味乾燥(むみかんさう)心理(しんり)()つて()(やう)だが、134()(なか)理窟(りくつ)(なに)(ほど)()(とほ)したつて、135学問(がくもん)知識(ちしき)でいくら()めて()つたつて、136恋愛(れんあい)()ふが(ごと)人間(にんげん)生涯(しやうがい)(くわん)する大問題(だいもんだい)を、137さう易々(やすやす)片付(かたづ)ける(わけ)には()かないよ。138(かへつ)てそれは空想(くうさう)だ、139徒労(とらう)だ。140どうしても人間(にんげん)には信仰(しんかう)恋愛(れんあい)()くてはならないのだから、141(この)問題(もんだい)(きわ)めて慎重(しんちよう)研究(けんきう)すべき価値(かち)充分(じゆうぶん)にあるよ』
142タ『恋愛(れんあい)()ふものは(ひと)()つて(れい)方面(はうめん)から観察(くわんさつ)し、143(あるひ)(にく)方面(はうめん)から()たり、144自然(しぜん)から()たり、145(また)(たん)なる物質(ぶつしつ)から()たりするのもあるが、146(えう)するに道徳(だうとく)範囲内(はんゐない)(おい)てでなければ、147神聖(しんせい)恋愛(れんあい)論議(ろんぎ)する(こと)出来(でき)ぬ。148万々一(まんまんいち)道徳(だうとく)度外(どぐわい)したる恋愛(れんあい)(とな)ふるものありとすれば、149()れは人間(にんげん)以外(いぐわい)動物(どうぶつ)心理状態(しんりじやうたい)()ふべきものだ』
150ハ『それは(きみ)無味(むみ)乾燥(かんさう)頭脳(づなう)から()()した一面(いちめん)見方(みかた)であるが、151到底(たうてい)完全(くわんぜん)なる恋愛(れんあい)152または(せい)捕捉(ほそく)したものとは()はれない。153恋愛(れんあい)元来(ぐわんらい)自然(しぜん)同様(どうやう)端倪(たんげい)すべからざる性質(せいしつ)のものだ。154極端(きよくたん)()へば、155恋愛(れんあい)なるものは(あま)りに神聖(しんせい)()ぎて、156(かれ)(これ)論議(ろんぎ)する(こと)さへも出来(でき)ない(くらゐ)のものだ。157恋愛(れんあい)論議(ろんぎ)された(とき)には、158モハヤ(その)本当(ほんたう)のものは何処(どこ)かに()つて(しま)つて()ると()つても()(くらゐ)だ。159換言(くわんげん)せば、160恋愛(れんあい)(れい)(にく)自然(しぜん)物質(ぶつしつ)(すべ)てを()つて一丸(いちぐわん)()した(ところ)にのみ、161恋愛(れんあい)髣髴(はうふつ)(みと)められるもので、162(なに)()もが(すべ)同時(どうじ)にあるのだ。163霊肉一致(れいにくいつち)とは()()つたものだが、164()れでさへ充分(じゆうぶん)()(ほど)流動的(りうどうてき)なものだ。165だから恋愛(れんあい)(ろん)ずるに(あた)つては(きみ)(せつ)(やう)に、166普通(ふつう)倫理学的(りんりがくてき)論法(ろんぱふ)で、167()うだから(ああ)だとか、168(ああ)だから()うだとか()(こと)出来(でき)ない。169普通一般的(ふつういつぱんてき)事実(じじつ)なら、170どんな(こと)でも結果(けつくわ)から()して(かんが)へて()けば、171(こた)へは可成(かなり)正確(せいかく)()()るが、172恋愛(れんあい)だけに(かぎ)つて、173さう簡単(かんたん)片付(かたづ)かないよ。174知識(ちしき)倫理的(りんりてき)()つた(とき)には、175最早(もはや)恋愛(れんあい)とか(せい)とか()ふものの粕屑(かすくづ)であつて、176(きみ)(ごと)学者(がくしや)や、177論客(ろんきやく)(なに)(ほど)鹿爪(しかつめ)らしい議論(ぎろん)意見(いけん)()てて、178自分(じぶん)こそは古来(こらい)恋愛論(れんあいろん)(うへ)(あたら)しい、179そして的確(てきかく)な、180正当(せいたう)な、181一見地(いちけんち)(くは)へたものと自惚(うぬぼ)れて()ても、182(いたづら)粕屑(かすくづ)(つか)んで金剛石(こんがうせき)(やう)(おも)つて大騒(おほさわ)ぎをして()るだけで、183恋愛(れんあい)本体(ほんたい)何時(いつ)()にやら千万里(せんまんり)遠方(ゑんぱう)(すべ)つて()げて()つた(あと)なのだ』
184タ『(きみ)(せつ)全然(ぜんぜん)道徳(だうとく)無視(むし)し、185社会(しやくわい)秩序(ちつじよ)紊乱(びんらん)し、186家族制度(かぞくせいど)破壊(はくわい)されても、187恋愛(れんあい)さへ満足(まんぞく)にやつて()けば、188それで天下(てんか)泰平(たいへい)だと()つたやうな悪思想(あくしさう)だ。189人間(にんげん)自由(じいう)恋愛(れんあい)必要(ひつえう)のものだらうが、190社会(しやくわい)家庭(かてい)秩序(ちつじよ)(みだ)してでも恋愛(れんあい)神聖視(しんせいし)するのは、191動物性(どうぶつせい)()びて、192外道(げだう)主張(しゆちやう)だ。193(ぼく)賛成(さんせい)する(こと)出来(でき)ないよ。194三角問題(さんかくもんだい)や、195離婚問題(りこんもんだい)頻々(ひんぴん)として社会(しやくわい)続出(ぞくしゆつ)するのも、196(きみ)(ごと)悪思想(あくしさう)のものが覇張(はば)るからだ。197恋愛(れんあい)といふものは、198成程(なるほど)神聖(しんせい)なものでは()るが、199(すこ)しは(つつし)みと()(こと)200(また)倫理(りんり)(てん)考慮(かうりよ)して(はじ)めて神聖(しんせい)恋愛(れんあい)とも()へるものだと(おも)ふ。201(きみ)恋愛論(れんあいろん)所謂(いはゆる)風俗破壊論(ふうぞくはくわいろん)変態(へんたい)だ』
202ハ『(きみ)(やう)に、203恋愛(れんあい)道徳的(だうとくてき)問題視(もんだいし)()ぎては、204その本体(ほんたい)(すで)(かげ)(かたち)()くなつて(しま)ふ。205いつの()にか(ゆび)(また)から(すべ)()ちて(しま)つて()るのだ。206()れにも()()かず、207(あと)(のこ)つた恋愛(れんあい)粕屑(かすくづ)(ばか)りを(とら)へて、208(かれ)(これ)論議(ろんぎ)して()(やう)だ。209(ぼく)(たち)は、210モウ(すこ)()れを活動的(くわつどうてき)存在物(そんざいぶつ)として、211刹那(せつな)々々(せつな)(ふか)()れて()(こと)(ねん)とせなくては()らないだらうと(おも)ふのだ』
212タ『恋愛(れんあい)一夫一婦(いつぷいつぷ)厳守(げんしゆ)()つて(はじ)めて神聖(しんせい)たり()るのだ。213そして人間(にんげん)たるものは()くまでも一夫一婦(いつぷいつぷ)(みち)(まも)つて()かねば人間(にんげん)としての品格(ひんかく)(たも)てない。214(ゆゑ)何処(どこ)までも倫理的(りんりてき)()くては、215恋愛(れんあい)成立(せいりつ)せないと(おも)つて、216(ぼく)泥坊稼(どろばうかせぎ)(かたはら)永年(ながねん)努力(どりよく)して()るのだ』
217ハ『他人(たにん)婦女(ふぢよ)強姦(がうかん)し、218財産(ざいさん)掠奪(りやくだつ)するを(もつ)てモツトーとする泥坊稼(どろばうかせぎ)()()ながら、219一夫一婦論(いつぷいつぷろん)や、220道徳心(だうとくしん)(もつ)(この)問題(もんだい)(たい)し、221永年(ながねん)努力(どりよく)(をし)まない(きみ)精神(せいしん)勇気(ゆうき)には(おほい)感服(かんぷく)するが、222実際(じつさい)(その)()(のぞ)んで、223(きみ)堅固(けんご)主張(しゆちやう)(まも)れるか(まも)れないかは、2231第二(だいに)問題(もんだい)として、224()(かく)努力(どりよく)しようとする(その)心懸(こころが)けは(ぼく)(あい)する。225(げん)(ぼく)なども三角状態(さんかくじやうたい)(くる)しい立場(たちば)()ち、226恋愛(れんあい)()加減(かげん)でない(こと)痛感(つうかん)し、227人間(にんげん)(たましひ)玩弄(ぐわんろう)すべからざることを痛切(つうせつ)()つた(とき)には、228矢張(やつぱり)一夫一婦(いつぷいつぷ)制度(せいど)結構(けつこう)だなア。229さう()(ふう)出来(でき)()るのだなア」と()(ふう)独語(どくご)せずには()られなかつた(こと)もある。230(ゆゑ)(ぼく)愛情(あいじやう)(こまや)かな、231一夫一婦(いつぷいつぷ)(なか)232(たがひ)()()(うつ)余裕(よゆう)のない、233円満(ゑんまん)にして()濃厚(のうこう)夫婦(ふうふ)(なか)尊敬(そんけい)する一人(ひとり)だ。234(しか)しそれは原則(げんそく)としてではない。235(ただ)()(こと)だと()ふだけに(とど)めたいのだ。236何故(なぜ)ならば237自然(しぜん)はそんなに簡単(かんたん)()つて(しま)(こと)出来(でき)るものでは()いのだ。238(また)一夫一婦(いつぷいつぷ)如何(いか)理想的(りさうてき)であるからと()つて、239(みな)人間(にんげん)(わけ)もなく(おこな)(こと)出来(でき)(やう)では、240(また)出来(でき)るやうに(この)自然(しぜん)出来(でき)()ては、241それこそ人生(じんせい)単調(たんてう)になつて(しま)つて、242微妙(びめう)()波動(はどう)もなければ、243細微(さいび)感情(かんじやう)渦巻(うづまき)もなく、244(まつた)色彩(しきさい)のない荒涼(くわうりやう)たるものに()つて(しま)ふ。245(いな)()れだけならまだ我慢(がまん)出来(でき)るとしても、246それでは結局(けつきよく)この人生(じんせい)()()つて()かない。247(わる)(かた)にはまつて(しま)つた(やう)になつて、248(すこ)しの余裕(よゆう)もなく、249(つひ)には破綻(はたん)百出(ひやくしゆつ)するに(いた)るものだ。250また(たん)生殖(せいしよく)()(てん)から()ても、251そんな(こと)ではとても人生(じんせい)成立(せいりつ)して()かないのは()(わか)る。252そこで(きみ)一夫一婦説(いつぷいつぷせつ)(わる)くはないが、253(みな)人間(にんげん)()れになつては(こま)ると()(かたち)になるのだ。254恋愛(れんあい)はモツト自由(じいう)溌溂(はつらつ)として、255さうした人間(にんげん)理智(りち)意識(いしき)(こしら)へた、256希望(きばう)とか理想(りさう)とか、257道義(だうぎ)とか品行(ひんかう)とか()(かた)(やう)なものなどは、258幾何(いくら)出来(でき)ても、259手早(てばや)()容易(ようい)内部(ないぶ)から打壊(うちこは)して(しま)(つよ)(ちから)()たなければ()らないと()ふことになるのだ』
260タ『(きみ)(ごと)自由恋愛論者(じいうれんあいろんしや)性欲万能主義者(せいよくばんのうしゆぎしや)には、261(ぼく)(おほい)面喰(めんくら)つた。262()いた(くち)(ふさ)がらないわ。263(なん)なりと御勝手(ごかつて)喋舌(しやべ)つたが()からうよ』
264ハ『誤解(ごかい)しちや(こま)るよ。265(ぼく)だつて(けつ)して自由恋愛主義者(じいうれんあいしゆぎしや)ではない。266(また)(たん)性欲(せいよく)満足(まんぞく)のみを(もと)めて()(みだ)さうとするものでもない。267かつては(ぼく)自然主義(しぜんしゆぎ)唱道者(しやうだうしや)として、268獣類(じうるゐ)(ちか)無残(むざん)性欲(せいよく)(ほしいまま)にするものだと()ふやうに、269世間(せけん)から勝手(かつて)()められて(しま)つたこともあつたが、270(けつ)して(ぼく)性欲万能宗(せいよくばんのうしう)信者(しんじや)ではない。271(ただ)(ぼく)恋愛(れんあい)といふものは、272さういふ自由(じいう)奔放(ほんぱう)なものだといふ(こと)主張(しゆちやう)するのだ。273(たん)なる知識(ちしき)になつて(しま)つては、274(つま)(まへ)にも()つた(とほ)り、275粕屑的(かすくづてき)論議(ろんぎ)になつて(しま)つては、276溌溂(はつらつ)とした流動的(りうどうてき)存在(そんざい)としては、277到底(たうてい)そんな(ふう)()めて(しま)(こと)出来(でき)ないと()(こと)()ひたいのだ』
278タ『(きみ)(せつ)(ごと)きそんな無検束(むけんそく)なことは(ゆる)せない。279(きみ)がさう()(ふう)恋愛(れんあい)なるものを()るなれば、280それだけでモウ立派(りつぱ)正札(しやうふだ)()きの自由恋愛論者(じいうれんあいろんしや)ではないか』
281ハ『その(やう)にも(あさ)(かんが)へたら()れるだろうが、282その(てん)(じつ)(むつかし)いのだ。283そこに非常(ひじやう)(ふか)(こま)かい、284ともすれば見落(みおと)して(しま)ひさうなデリケートな、285心理的(しんりてき)境地(きやうち)存在(そんざい)して()るのだ。286それは一種(いつしゆ)理解(りかい)であるとも()はれるが、287(また)一種(いつしゆ)感激(かんげき)だと()()る。288(さら)()ひかへて人間(にんげん)乃至(ないし)人生(じんせい)(たい)する、289(おほ)きな自然(しぜん)(たい)する溜息(ためいき)()るとも()へる。290()まり()うにも()らないと()心持(こころもち)(ちか)いものだ。291恋愛(れんあい)なるものは到底(たうてい)見通(みとほ)しする(こと)出来(でき)るものではない。292単純(たんじゆん)であつて、293(しか)深奥(しんあう)なものだから、294()らうと(おも)へば(すぐ)そこに()るが、295()何処(どこ)までいつても端倪(たんげい)されないものだ。296この心持(こころもち)()まり恋愛(れんあい)(じゆん)(ところ)なのだ』
297タ『全然(ぜんぜん)(きみ)(せつ)二十世紀(にじつせいき)(ごろ)()きて()小説家(せうせつか)田山(たやま)花袋(くわたい)(やう)なことを()つてるぢやないか』
298ハ『当然(たうぜん)だよ。299(じつ)田山(たやま)花袋(くわたい)恋愛説(れんあいせつ)心酔(しんすゐ)して()るのだ、300アハヽヽヽ』
301タ『オイ、302もう()()けるぢやないか。303恋愛論(れんあいろん)も、304よい加減(かげん)(まく)(おろ)し、305弥々(いよいよ)これから本業(ほんげふ)(とり)かかるとせうかい。306(この)(あひだ)天帝(てんてい)化身(けしん)(しよう)する玄真坊(げんしんばう)()れて()よつたダリヤ(ひめ)(すこぶ)素的(すてき)美人(びじん)だつたが、307(しか)彼奴(あいつ)は、308(すで)(はな)(さき)()れて()る。309そんな(ふる)めかしいものよりも、310どうだ、311(うま)親分(おやぶん)所在(ありか)()()めて、312()らむ(かぎ)りの胡麻(ごま)()り、313(もと)(ごと)乾児(こぶん)使(つか)つて(もら)ひ、314(すき)(かんが)へて、315スバール(ひめ)(うば)()り、316タラハンの(まち)へそつと()()き、317(かね)にかへやうものなら、318一万両(いちまんりやう)二万両(にまんりやう)()()ひの西瓜(すゐくわ)だ。319どうだ(ひと)二人(ふたり)協力(けふりよく)して(うま)目的(もくてき)達成(たつせい)し、320(その)(かね)(もつ)立派(りつぱ)商売(しやうばい)(いとな)み、321天晴(あつぱれ)紳士(しんし)となつて()(おく)らうぢやないか。322恋愛論(れんあいろん)恋愛論(れんあいろん)だが323(おれ)()はせれば(はな)より団子(だんご)だ。324(くわ)()(じつ)()くのが(もつと)安全(あんぜん)なるやり(かた)だよ』
325ハ『(おれ)もお(まへ)約束(やくそく)して此処(ここ)(まで)やつて()たのだが、326あのスバール(ひめ)はどことはなしに(やさ)しみがあり、327あれ(ほど)美人(びじん)娼婦(せうふ)()るのは(なん)だか可愛(かあい)さうな()がする。328(うま)目的(もくてき)(たつ)したら、329あの(をんな)をそんな泥水(どろみづ)(おと)さず、330どうだ(おれ)女房(にようばう)にスツパリと()れる雅量(がりやう)はないか。331(おれ)だつて何時(いつ)(まで)金鎚(かなづち)川流(かはなが)れぢやあるまい。332きつと(あたま)()げる(とき)がある。333(その)(とき)にはお(まへ)百万両(ひやくまんりやう)でもお(れい)をするからなア』
334タ『ヘン、335(うま)(こと)仰有(おつしや)りますわい。336(まへ)のやうな猿面(さるめん)野郎(やらう)がスバール(ひめ)恋慕(れんぼ)するなんで(しやう)()はないわ。337そんな空想(くうさう)(ゑが)くよりも、338(うま)(ひめ)(うば)()り、339(かね)にした(はう)(なに)(ほど)(とく)だか()れないよ。340(また)かりに、341貴様(きさま)女房(にようばう)にスバール(ひめ)()つたとした(ところ)で、342貴様(きさま)のド甲斐性(がひしやう)では(ひめ)満足(まんぞく)さす(こと)出来(でき)まいし、343(しまひ)(はて)には……ド甲斐性(かひしやう)なしだ、344腰抜(こしぬ)野郎(やらう)だ、345馬鹿野郎(ばかやらう)だ……と(ひめ)(はう)から愛想(あいさう)()かされ、346()てられるのは(いま)から()えて()る。347万々一(まんまんいち)山奥(やまおく)(そだ)つた未通娘(おぼこむすめ)だから、348(まへ)意思(いし)(したが)ふにした(ところ)349(おれ)をどうするのだ。350貴様(きさま)出世(しゆつせ)した(とき)(おれ)報酬(ほうしう)をやると()うたが、351貴様(きさま)(ちから)ではミロクの()(まで)()つた(ところ)到底(たうてい)覚束(おぼつか)ない(はなし)だ。352それよりも(うま)()(はい)つたら()()ばすに(かぎ)るよ』
353ハ『(おれ)とスバール(ひめ)とが円満(ゑんまん)なホームを(つく)り、354そして(ひめ)天成(てんせい)美人(びじん)だから、355立派(りつぱ)美人(びじん)()むに相違(さうゐ)ない。356()(ことわざ)にも出藍(しゆつらん)(ほまれ)とか()つて、357あんなものがこんなものを()んだかと()(こと)もある。358(すずめ)(たか)()(たとへ)もある。359(しか)るに(いは)んや孔雀(くじやく)にも()すべきスバール(ひめ)360出来(でき)()はきつと鳳凰(ほうわう)以上(いじやう)だらう。361その鳳凰(ほうわう)(いま)から貴様(きさま)にやる(こと)約束(やくそく)して()かう。362貴様(きさま)(それ)女房(にようばう)にせうと363何万円(なんまんゑん)()()ばさうと勝手(かつて)だ。364(しばら)時節(じせつ)()つてくれ。365時節(じせつ)さへ()れば煎豆(いりまめ)にも(はな)()くと()ふからのう』
366タ『ヘン、367馬鹿(ばか)らしい、368(おれ)だつて矢張(やつぱり)(をとこ)だ。369貴様(きさま)がスバール(ひめ)恋慕(れんぼ)した(ごと)く、370(おれ)だつて矢張(やつぱり)恋慕(れんぼ)(こころ)同様(どうやう)だ。371(まへ)恋愛(れんあい)々々(れんあい)議論(ぎろん)(ばか)りで立派(りつぱ)喋舌(しやべ)()てるが、372いつも見事(みごと)成功(せいこう)した(こと)はあるまい。373十人(じふにん)口説(くど)いて一人(ひとり)(おう)ずれば一割(いちわり)(あた)るから、374まんざら()てたものではないとお(まへ)何時(いつ)()つて()るが、375百人(ひやくにん)千人(せんにん)口説(くど)いたつて、376(その)御面相(ごめんさう)では半人(はんにん)だつて(おう)ずるものはあるまい。377(いま)(まで)一人(ひとり)でも成功(せいこう)したものがあるなら()つて()よ』
378ハ『ヘン、379(えら)(さう)()ふない。380(おれ)だつて恋愛(れんあい)については、381(いささ)自信(じしん)をもつて()るのだ。382まづ(ぼく)(をんな)(たい)する恋愛(れんあい)実際(じつさい)は、383今日(けふ)(まで)経験上(けいけんじやう)384いつでも半分(はんぶん)()けは(かなら)成就(じやうじゆ)して()るのだ。385(えう)するに恋愛(れんあい)なるものは、386男女(だんぢよ)二人(ふたり)(あひだ)合意的(がふいてき)成立(なりた)つものだから、387(その)合意的(がふいてき)半分(はんぶん)388(すなは)(をとこ)(おれ)だけは(たしか)成功(せいこう)するが、389(いま)(かつ)て、390(をんな)(はう)に、391実際(じつさい)(こと)()へば出来(でき)(こと)()い。392それだから(ぼく)恋愛(れんあい)半分(はんぶん)間違(まちがひ)なくきつと成就(じやうじゆ)するのだ』
393タ『ウフヽヽヽ、394ヘン馬鹿(ばか)らしい。395貴様(きさま)はよい馬鹿(ばか)だなア。396馬鹿者(ばかもの)典型(てんけい)とは貴様(きさま)(こと)だよ。397議論(ぎろん)(ばか)立派(りつぱ)にベラベラ喋舌(しやべ)るが天成(てんせい)鈍物(どんぶつ)だから、398(いな)馬鹿野郎(ばかやらう)だからお(はなし)にならないわ』
399ハ『どこやらの(をし)へにも「阿呆(あはう)になつて()(くだ)されよ。400阿呆(あはう)(ほど)結構(けつこう)なものはないぞよ。401阿呆(あはう)になつて()らねば物事(ものごと)成就(じやうじゆ)(いた)さぬぞよ」と()(こと)があるぢやないか。402阿呆(あはう)所謂(いはゆる)馬鹿野郎(ばかやらう)だ。403(おれ)馬鹿野郎(ばかやらう)をもつて天下(てんか)(ほこ)りとして()るのだ。404()(かんが)へて()よ。405彼奴(あいつ)学者(がくしや)だ、406智者(ちしや)だ、407才子(さいし)だ、408策士(さくし)だと世間(せけん)から()はれて()小賢(こざか)しい人間(にんげん)よりも、409()(なか)馬鹿野郎(ばかやらう)(はう)最後(さいご)勝利(しようり)()むるものだ。410天下(てんか)油断(ゆだん)のならぬものは、411美人(びじん)鼻声(はなごゑ)と、412阿呆(あはう)と、413(やみ)()だと()ふぢやないか。414(いは)んや現代(げんだい)(ごと)神経過敏(しんけいくわびん)病的(びやうてき)()(なか)では、415馬鹿(ばか)でなくては、416()()(こと)出来(でき)ないよ。417如何(いか)猛烈(まうれつ)なバチルスにも(をか)されず、418バクテリヤにも左右(さいう)されず、419俗物(ぞくぶつ)(ども)相手(あひて)にもしられず、420万事(ばんじ)がボーとして無頓着(むとんちやく)でトボケたやうな、421馬鹿気(ばかげ)(ところ)処世上(しよせいじやう)422無限(むげん)妙味(めうみ)があるのだ。423馬鹿(ばか)なるかな、424馬鹿(ばか)なるかなだ。425サアこれからお(まへ)(おれ)一致(いつち)してこの大馬鹿(おほばか)(つく)しに()かうぢやないか。426シャカンナに取捉(とつつか)まえられて、427死損(しにぞこ)ねになるもよし、428スバール(ひめ)肱鉄(ひぢてつ)をかまされて馬鹿(ばか)()るもよし、429()(かく)人間(にんげん)馬鹿(ばか)場数(ばかず)()まねば何事(なにごと)成功(せいこう)しないものだ。430一層(いつそう)(こと)(おも)()つて431浅倉谷(あさくらだに)方面(はうめん)馬鹿力(ばかぢから)(あら)はし強行軍(きやうかうぐん)()かけようぢやないか。432こんな(ところ)(とび)(ふん)(あたま)から()びて石仏(いしぼとけ)のやうに取越苦労(とりこしくらう)をして()るのも馬鹿(ばか)らしい。433サア()かう』
434タ『よし、435もうかうなりや仕方(しかた)がない、436馬鹿(ばか)(ついで)だ。437全隊(ぜんたい)(すす)め オ一二(いちに)
438谷間(たにま)細路(ほそみち)小足(こあし)(きざ)(なが)らチヨコチヨコ(すす)()く。439アリナは万感(ばんかん)交々(こもごも)(むね)にたたへつつ、440二人(ふたり)(はなし)()いて(あく)(まで)追跡(つゐせき)し……父娘(おやこ)危難(きなん)(すく)はにやならぬ。441いや(かへ)つて父娘(おやこ)両人(りやうにん)(みやこ)()()すには()機会(きくわい)出来(でき)たのかも()れない……といそいそしながら(すす)()く。442(しか)(なが)平坦(へいたん)都大路(みやこおほぢ)車馬(しやば)便(べん)によつて(あゆ)んで()たアリナの(あし)(はこ)びは、443到底(たうてい)山野(さんや)()れた山賊(さんぞく)足跡(あしあと)追撃(つゐげき)するには余程(よほど)困難(こんなん)(かん)ぜられた。444二人(ふたり)小盗児(せうとる)(かげ)445いつの()にか(やま)(すそ)(さへ)ぎられて()えなくなつて仕舞(しま)つた。
446大正一四・一・五 新一・二八 於月光閣 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)