霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 茶火酌(ちやびしやく)〔一七三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻 篇:第2篇 恋火狼火 よみ:れんかろうか
章:第7章 第68巻 よみ:ちゃびしゃく 通し章番号:1731
口述日:1925(大正14)年01月29日(旧01月6日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
茶湯の宗匠タルチンは、太子とスバールの逢引の場を提供することで、アリナからたくさんの心づけをもらっていた。
タルチンは幸運を喜び、女房の「袋」に自慢するが、袋は秘密の逢引のことが城のお偉方にばれたときの危険を心配して逆にタルチンをなじる。また、タルチンの酒癖の悪さを非難する。タルチンも女房に対して不満を並べ立てるが、袋は逆上してタルチンから一千両の金を奪い取り、家を飛び出してしまう。
そこへ城下に大火事が発生し、警鐘の音が響いてくる。タルチンは得意先の火事見舞いに回るため、太子とスバールに留守を頼み、城下に出て行く。
最初は火事の壮観さに見とれていた太子だが、火が城にまで回り始めたのを見て、自分に化けているアリナのところへ人がやってきて変装がばれるのがにわかに心配になってくる。スバールは太子の弱気をなじり、太子も気を強く持っている振りをするが、警鐘乱打の声、人々の叫びはますます強くなって来る。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6807
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 186頁 修補版: 校定版:98頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001 向日(むかひ)(もり)片辺(かたほとり)()茶湯(ちやのゆ)宗匠(そうしやう)タルチンは、002(おも)はぬ(ふく)(かみ)御来臨(ごらいりん)笑壺(ゑつぼ)()り、003茶室(ちやしつ)太子(たいし)とスバールの自由歓楽場(くわんらくぢやう)となし、004スバール(ひめ)(ちや)()(をし)へると()ふのはホンの表向(おもてむき)005(じつ)両人(りやうにん)(こひ)完成(くわんせい)せむ(ため)アリナに(たの)まれて沢山(たくさん)心付(こころづけ)(もら)ひ、006ホクホクもので天下(てんか)太平(たいへい)(うた)つてゐる。007(かれ)中庭(なかには)(へだ)てた(ふる)ぼけた母屋(おもや)一室(いつしつ)胡坐(あぐら)をかき(なが)ら、008大布袋然(おほほていぜん)たる女房(にようばう)の「ふくろ」と(とも)(さけ)()(かは)舌鼓(したつづみ)()(なが)ら、
009タルチン『オイ、010(ふくろ)011人間(にんげん)(うん)()ふものは不思議(ふしぎ)なものぢやないか。012(おれ)(たち)(おや)(だい)から茶湯(ちやのゆ)宗匠(そうしやう)として彼方此方(かなたこなた)大家(たいけ)御贔屓(ごひいき)になり、013(わづか)家名(かめい)()いで()たが、014()不景気(ふけいき)につれ大家(たいけ)(ぼん)正月(しやうぐわつ)(くだ)されものも段々(だんだん)(すくな)くなり、015(あたま)禿山(はげやま)となり(ひげ)には(しも)がおき、016(ふところ)(さむ)財布(さいふ)(こがらし)()(すさ)び、017()(すみ)さへも(ろく)()へないやうになつてゐたのに、018あの弁才天(べんざいてん)山奥(やまおく)から御出現(ごしゆつげん)(あそ)ばしてより御霊験(ごれいけん)あらたかになり、019(おそ)(おほ)くもスダルマン太子様(たいしさま)までお(しの)びでお()しになるやうになつたのは(なん)たる幸運(かううん)(こと)だらう。020まだ運命(うんめい)(かみ)吾々(われわれ)をお見捨(みすて)(あそ)ばさぬと()えるわい。021のう(ふくろ)022(まへ)はいつも奴甲斐性(どがひしやう)なし奴甲斐性(どがひしやう)なしと(わし)罵詈(ばり)嘲笑(てうせう)なし、023(ひま)(くだ)さいとチヨコチヨコ駄々(だだ)()ねよつたが、024どうだお(ひま)をやらうかの』
025(ふくろ)『ヘーヘー、026(なん)ですか、027たまたまお(かね)這入(はい)つたとて、028さうメートルを()げるものぢやありませぬよ。029(まへ)さまは仔細(しさい)らしく(ちや)()宗匠(そうしやう)などと()つてすまし()んで(ござ)るが、030女房(にようばう)(わたし)から()れば(あま)立派(りつぱ)人間様(にんげんさま)ぢやありませぬよ。031浮世(うきよ)三分(さんぶ)四厘(よりん)032四分(しぶ)五裂(ごれつ)033五分(ごぶ)々々(ごぶ)034五厘(ごりん)々々(ごりん)茶化(ちやくわ)して(とほ)鈍物坊主(なまくらばうず)夜這星(よばひぼし)だから、035あまり()()いたらしい(こと)()はないがよろしい。036太子様(たいしさま)だつてお(しの)びの()037何時(いつ)(ばけ)(あら)はれて城内(じやうない)から()(もど)されなさるか()れませぬよ。038さうしてお歴々(れきれき)御家来衆(ごけらいしう)太子(たいし)外出(ぐわいしゆつ)(ふせ)がうものなら、039(ふたた)(あま)(しる)()(こと)出来(でき)ぬぢやありませぬか』
040タル『(なに)心配(しんぱい)するな、041太子様(たいしさま)が、042よしんば家来(けらい)(ども)(さまた)げられ、043()ましになる(こと)出来(でき)ないにした(ところ)で、044左守(さもり)息子(むすこ)さまのアリナさまが(ひか)へて(ござ)る。045アリナさまは自由(じいう)()()だから、046どんな便宜(べんぎ)でも取計(とりはか)つて(くだ)さるよ』
047(ふくろ)『さう楽観(らくくわん)出来(でき)はすまい。048アリナさまだつて外出(ぐわいしゆつ)差止(さしと)めとなられたら、049それこそ(とり)つく(しま)がないぢやありませぬか。050その(うへ)山奥(やまおく)美人(びじん)(かくま)つて太子様(たいしさま)合引(あひびき)させ、051堕落(だらく)させたと()つて(おも)(つみ)にでも()はれたら、052それこそ(かさ)(だい)()ぶぢやありませぬか。053(まへ)さまは大体(だいたい)利口(りこう)出来(でき)てゐないから、054女房(にようばう)心配(しんぱい)一通(ひととほ)りぢやない。055チツト()をつけて(くだ)さいや、056(かね)がよつた(とき)057さうムチヤに(つか)つては、058マサカの(とき)にどうしますか。059(まへ)さまはヒネ南瓜(かぼちや)だから何時(いつ)国替(くにがへ)してもよろしいが、060(この)(とし)(わか)女房(にようばう)をどうして(くだ)さるつもりですか。061今日(けふ)はお銚子(てうし)二本(にほん)でおいて(くだ)さい。062(まへ)さまが(さけ)()うと梯子酒(はしござけ)ぢやからヒヨロヒヨロと(うち)()()し、063裏町(うらまち)(あたり)待合(まちあひ)にでも惚気(のろけ)()んで、064ありもせぬ(かね)(つか)はれちや、065(うち)会計(くわいけい)がやりきれませぬからな』
066タル『エー、067(さけ)()におちて(うま)くないわ。068今日(けふ)機嫌(きげん)よく()ましてくれ。069しやうもない世帯(しよたい)(はなし)()かしてくれては流石(さすが)茶人(ちやじん)(わし)も、070いささか閉口(へいこう)だ。071さう(いし)()つぎするやうに心配(しんぱい)するものぢやない。072(おれ)(うち)御先祖(ごせんぞ)さまの余慶(よけい)で、073(これ)から一陽来復(いちやうらいふく)気分(きぶん)(むか)ふのだ。074よう(かんが)へて()よ。075山奥(やまおく)から生捕(いけど)つて(ござ)つた、076あのスバール(ひめ)さまは弁才天様(べんざいてんさま)077さうして太子様(たいしさま)毘沙門天様(びしやもんてんさま)だ。078(まへ)()ふに(およ)ばず布袋和尚(ほていおしやう)なり、079(おれ)(あたま)(なが)いから福禄寿(げほう)だ。080そこへ恵比須(ゑびす)大黒(だいこく)のついた金札(きんさつ)(この)(とほ)(ふところ)(をさ)まつて(ござ)るなり、081チヤンと六福神(ろくふくじん)(そろ)つてゐるのだ。082(ひと)つの(こと)七福神(しちふくじん)となるのだから心配(しんぱい)するな。083言霊(ことたま)(さち)はふ(くに)だから、084こんな(とき)目出度(めでた)(こと)()つて(いは)ふに(かぎ)るよ。085チヤンと六福神(ろくふくじん)(そろ)つてる(ところ)へ、086(まへ)()(ふくろ)だから丁度(ちやうど)(そろ)つて七福神(しちふくじん)だ。087芽出度(めでた)芽出度(めでた)(さけ)()はずんばあるべからずだ。088(めし)()まずんばあるべからずだ、089エツヘヽヽヽ』
090(ふくろ)(なん)とまア気楽(きらく)(こと)をいい(とし)して()つて()へたものですな。091(まへ)さまの(うち)後妻(ごさい)()つてから(すで)三年(さんねん)にもなるぢやありませぬか。092着換(きがへ)一枚(いちまい)()つてくれた(こと)もなし、093足袋(たび)一足(いつそく)()つてくれた(こと)もないのに、094いつも亭主面(ていしゆづら)さげて、095(えら)(さう)(なん)ですか。096その(かね)こつちにお(わた)しなさい、097(わたし)(あづか)つておきます。098(まへ)さまにお(かね)()たしておくと剣呑(けんのん)だ。099チツト(ばか)渋皮(しぶかは)のむけた(をんな)()ると(すぐ)グニヤグニヤになつて100(いへ)女房(にようばう)(わす)れて(しま)うと()奴倒(どたふ)しものだからな。101ほんとにいけすかない薬鑵爺(やくわんおやぢ)だよ』
102タル『こらこら(なに)()ふか。103貧乏(びんばふ)はして()つても104(おれ)はタラハン(じやう)歴仕(れきし)する(ちや)()宗匠(そうしやう)さまだよ。105(おれ)女房(にようばう)にならうと(おも)へば、106余程(よほど)(ちや)()107生花(いけばな)108(うた)109俳諧(はいかい)(とう)諸芸(しよげい)一渡(ひとわた)(たしな)んでおかねばならず、110言葉使(ことばつかひ)高尚(かうしやう)につかはねばならぬぢやないか。111(まへ)のやうに(おほ)きな図体(づうたい)をして(かへる)のやうな(こゑ)()し、112ひびきの()つた釣鐘(つりがね)のやうにガアガア()つて(もら)ふと、113名門(めいもん)恥辱(ちじよく)だ、114エーン。115(この)(をつと)にして(この)(つま)ありと()(こと)があるから、116(わし)女房(にようばう)ならチツト女房(にようばう)らしう、117品行(ひんかう)(つつし)んで(もら)はねば(こま)るぢやないか。118何時(いつ)だつて(をんな)(くせ)囲爐裏(ゐろり)(そば)胡坐(あぐら)かき、119煙草(たばこ)ばかりをパクつかせ、120(めし)()かすれば()げつかす、121タマタマ(こげ)なかつたと(おも)へば半焚(はんだ)きの(しん)のある(めし)()はせやがるし、122何時(いつ)だつて(めし)らしい(めし)()わした(こと)があるか。123アーア、124(おれ)も、125せう(こと)なしにこんな女房(にようばう)()つたのだが、126かう(ふところ)(あたた)かになつて()ると、127もつとした…………』
128 (ふくろ)胸倉(むなぐら)をグツととり、
129『こりや薬鑵爺(やくわんおやぢ)130もつと(あと)()かせ、131(わし)(おひ)()すつもりか。132(まへ)(はう)から()()されるよりも(わし)(はう)から()()てやるのだ。133(いま)(まで)幾度(いくたび)見込(みこ)みが()たないから、134()()さう()()さうと(おも)つたが先立(さきだ)つものは(かね)だ。135(この)薬鑵(やくわん)()136(これ)でもいつか(ふところ)をふくらしやがる(こと)があるだらう。137その(とき)こそは(ふところ)(かね)をスツカリ(うば)ひとつてドロンと()えてやるつもりだつた。138こんな険呑(けんのん)暗雲(やみくも)()()りの芸当(げいたう)をやるものについて()つては139(ふくろ)生命(いのち)険呑(けんのん)だ』
140()(なが)(ふところ)札束(さつたば)をむしりとり、141強力(がうりき)(まか)して老爺(おやぢ)(しり)(ふた)()()(なが)ら、142(あご)をしやくり、
143(ふくろ)『お(かげ)さまで一千両(いつせんりやう)のお(かね)にありつきました。144(なが)らくお世話(せわ)になりました。145タルチンさま、146三年(さんねん)一千円(いつせんゑん)(やす)いものでせう。147(せい)()しておまうけなさいませ。148(たま)つた(とき)は、149(また)(いただ)きに()ますよ。150アバよ』
151(うし)のやうな(しり)をクレツと引捲(ひきまく)り、
152薬鑵爺(やくわんおやぢ)(けつ)でも()らへ』
153()(なが)一目散(いちもくさん)(にげ)()したり。
154 タルチンは無念(むねん)()がみをなし、155(あと)()つかけむとすれども、156大女(おほをんな)力強(ちからづよ)(ちから)一杯(いつぱい)(しり)こぶたを()られた(ため)157大腿骨(だいたいこつ)(いた)みを(かん)じ、158(かほ)をしかめて()()女房(にようばう)(あと)(うら)めしげに見送(みおく)つてゐる。
159『アー、160(ふくろ)(やつ)161馬鹿(ばか)にしやがる。162折角(せつかく)マンマとせしめた千両(せんりやう)(かね)自分(じぶん)一人(ひとり)占領(せんりやう)して、163おまけに手厳(てきび)しく(どく)つき(なが)(かへ)つて()きやがつた。164アヽ、165(また)(おれ)(もと)木阿弥(もくあみ)だ。166(もん)なしの素寒貧(すかんぴん)だ。167よくよく(かね)(えん)のない(をとこ)()えるわい。168(しか)(おれ)(ひと)(かんが)へねばなるまい。169万々一(まんまんいち)170太子様(たいしさま)をかくまつて逢引(あひびき)さしてゐる(こと)がお歴々(れきれき)(みみ)にでも這入(はい)らうものなら、171出入(でいり)差止(さしと)めは(まを)すに(およ)ばず、172(ふくろ)()つたやうに(おれ)(かさ)(だい)()ぶかも()れない。173(また)(さいはひ)(いのち)だけは(たす)かつたとした(ところ)で、174太子様(たいしさま)のお出入(でいり)もなくなり、175アリナさま(まで)()られないやうな破目(はめ)になつたら、176(この)茶坊主(ちやばうず)はどうしたらよいかな。177どうも心配(しんぱい)になつて()た。178家宝(かほう)伝来(でんらい)名物(めいぶつ)道具(だうぐ)よりも大切(たいせつ)にしてゐる(この)(ごろ)珍客(ちんきやく)179金剛不壊(こんがうふえ)如意宝珠(によいほつしゆ)を、180もしも老臣(らうしん)(ども)()つけ()され、181(わが)(やかた)から()(かへ)られるやうな(こと)があつたとしたら、182それこそ(おれ)()破滅(はめつ)だ。183地獄(ぢごく)極楽(ごくらく)往復(わうふく)する茶柄杓(ちやびしやく)中折(なかを)れ。184今日(けふ)(まで)湯加減(ゆかげん)も、185(にはか)足茶釜(あしちやがま)(そこ)ぬけ(さわ)ぎをやらねばなるまい。186アーア、187(なん)とかいい工夫(くふう)はあるまいかな。188()からびた頭脳(づなう)から(なに)(ほど)(しぼ)()しても、189よい智慧(ちゑ)()()ず、190どうしてマサカの(とき)準備(じゆんび)をしようかな』
191(うで)()み、192胡坐(あぐら)をかいて、193燗徳利(かんどくり)(まへ)(ころ)がしたまま思案(しあん)にくれてゐる。
194 (しば)らくしてタルチンはニツコと(わら)ひ、
195『イヤ、196流石(さすが)茶湯(ちやのゆ)宗匠(そうしやう)だ。197いい智慧(ちゑ)()かんで()たぞ。198万々一(まんまんいち)不幸(ふかう)にして太子(たいし)さまがお出入(でいり)(あそ)ばさぬやうになつても(かま)はぬ。199よもやノメノメとあのスバール(ひめ)殿中(でんちう)へ、200()れて(かへ)られる(はず)はない。201さうすればキツト(この)タルチンが、202どつかへお(かく)(まを)さねばなるまい。203太子(たいし)もキツト、204さうして()れと仰有(おつしや)るに()まつてる。205(なに)(ほど)(かんが)へても、206それより(ほか)方法(はうはふ)手段(しゆだん)はないもの。207太子(たいし)さまだつて、208アリナさまだつて、209(じつ)(ところ)内所(ないしよ)でやつて(ござ)(こと)だから弱味(よわみ)がある。210そこを(うま)くつけ()つて、211あの名玉(めいぎよく)処分(しよぶん)するのは処世上(しよせいじやう)(おく)()だ。212捨売(すてうり)にしても二万(にまん)三万(さんまん)価値(かち)はある(たま)だ。213(わづか)千円(せんゑん)二千円(にせんゑん)のつまみ(がね)(もら)つてヒヤヒヤとして(くら)してゐるよりも、214さうなりや二三万円(にさんまんゑん)にでも()()ばし215トルマン(ごく)にでも()()し、2151立派(りつぱ)女房(にようばう)でも(もら)つて216(この)()栄耀栄華(えいえうえいぐわ)気楽(きらく)(くら)すが一等(いつとう)だ。217(おれ)には(なん)とした幸運(かううん)見舞(みま)うて()たのだらう、218エツヘヽヽヽ』
219一人(ひとり)笑壺(ゑつぼ)()つて()る。220(をり)から(きこ)ゆる、221警鐘乱打(けいしようらんだ)(こゑ)222タルチンは(あし)をひきずり(なが)(まど)()をあけて(そと)(なが)むれば、223タラハン城下(じやうか)(あた)つて、2231火災(くわさい)(おこ)224(ほのほ)(した)(たか)大空(おほぞら)(なめ)()る。
225タル『ヤア、226此奴(こいつ)大変(たいへん)だ。227御得意先(おとくいさき)火事(くわじ)にでも()ふやうな(こと)があれば、228(おれ)(たち)(ふところ)大影響(だいえいきやう)(きた)(ところ)だ。229そして日頃(ひごろ)出入(でいり)情誼(じやうぎ)として火事見舞(くわじみまひ)()かねばなるまい。230どうやらあの(いきほひ)では容易(ようい)火事(くわじ)もおさまりさうにはないわい。231太子様(たいしさま)には()まないが232(ひと)留守(るす)(たの)んで火事見舞(くわじみまひ)()かけようかな』
233(ふと)(つゑ)をつき234大女(おほをんな)(ふくろ)()られて(いた)んだ(あし)をチガチガさせ(なが)ら、235離室(はなれ)茶室(ちやしつ)()(きた)り、
236『もしもしお二人様(ふたりさま)237タラハン城下(じやうか)大変(たいへん)火災(くわさい)(おこ)つて()ります。238ここは(まち)余程(よほど)(はな)れてゐますから、239メツタに飛火(とびひ)もしませぬから、240安心(あんしん)(ござ)いますが、241(わたくし)一寸(ちよつと)出入先(でいりさき)見舞(みまひ)()つて(まゐ)りますから、242どうぞ火事(くわじ)見物(けんぶつ)(なが)留守(るす)をしてゐて(くだ)さいませ』
243太子(たいし)成程(なるほど)244大変(たいへん)大火事(おほくわじ)()えるな。245(この)調子(てうし)では、246どうやら城内(じやうない)危険(きけん)(せま)(おそ)れがある。247(しか)(なが)()はここに神妙(しんめう)にスバールと留守(るす)をして()るから、248()(かま)はず()つて()るがいいわ』
249タル『ハイ、250(よろ)しうお(ねが)(まを)します。251そんなら(これ)から(いそ)見舞(みまひ)()つて(まゐ)ります』
252()(なが)漿酸提灯(ほうづきちやうちん)をぶらつかせ、253片手(かたて)(つゑ)をつき、254チガチガと泥濘(でいねい)()ちた悪道(わるみち)(しり)きれになつた下駄(げた)穿(うが)(いで)()く。
255太子(たいし)『これ、256スバール、257随分(ずいぶん)壮観(さうくわん)ぢやないか。258()はまだあんな(おほ)きな火事(くわじ)(うま)れてから()(こと)はない。259火事(くわじ)()ふものは本当(ほんたう)(いさ)ましいものだな』
260ス『(おほ)せの(ごと)(じつ)火事(くわじ)人気(にんき)のいいものです。261(この)(とほ)地上(ちじやう)(あり)()うてゐるのさへもハツキリ()えます。262(しか)(なが)火災(くわさい)にあうた(ひと)可愛(かあい)さうぢやありませぬか。263どうか人命(じんめい)(くわん)するやうな(こと)がなければよう(ござ)いますがな』
264太子(たいし)『ウン、265さうだな。266どうか無事(ぶじ)にをさまればいいが。267あれあれだんだん()()(ひろ)がつて()た。268あのスツと(たか)(しろ)(ひか)つてゐる(かべ)城内(じやうない)隅櫓(すみやぐら)だ。269()隅櫓(すみやぐら)(なめ)()したぢやないか、270こいつア大変(たいへん)だ。271さうして大変(たいへん)(とき)(こゑ)(きこ)えて()る。272()城内(じやうない)(かへ)つて()つたならば、2721(また)(なん)とか工夫(くふう)したらうに273城内(じやうない)飛火(とびひ)がしたりするやうな(こと)あれば、274(たちま)(おれ)所在(ありか)老臣(らうしん)(ども)(たづ)ねまはるに(ちが)ひない。275アリナが(うま)くやつてくれればいいが、276アヽそれ(ばか)りが()にかかる』
277と、278うなだれる。
279ス『太子様(たいしさま)貴方(あなた)はお(こころ)(よわ)いぢやありませぬか。280夜前(やぜん)(なん)仰有(おつしや)いました、281「お(まへ)(そば)()るならば、282仮令(たとへ)(てん)()ち、2821()はくだけ283タラハン(じやう)()けおちても(あへ)()(かい)せない。284(まへ)(おれ)との恋愛(れんあい)さへ、285完全(くわんぜん)維持(ゐぢ)されたら(なに)よりの(さいはひ)だ。286()王位(わうゐ)(とみ)(しろ)()てた」と仰有(おつしや)つたぢやありませぬか。287チツとお()()きなさい。288()つともないぢやありませぬか』
289大胆不敵(だいたんふてき)(こと)()ふ。290太子(たいし)はスバールの言葉(ことば)(きも)(ひや)(なが)ら、291さあらぬ(てい)にて、
292『アツハヽヽヽ如何(いか)にも(もつと)千万(せんばん)293火災(くわさい)なんか()(かい)するに()らないよ。294サア夜分(やぶん)(さいは)ひ、295(まへ)二人(ふたり)()をひいて郊外(かうぐわい)散歩(さんぽ)()かけ296火事(くわじ)見物(けんぶつ)をしようではないか』
297 警鐘乱打(けいしようらんだ)(こゑ)四方(しはう)八方(はつぱう)より(きこ)え、298民衆(みんしう)(さけ)(とき)(こゑ)鯨波(げいは)(ごと)(きこ)(きた)りぬ。
299大正一四・一・六 新一・二九 北村隆光録)