霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 宮山嵐(みややまあらし)〔一七三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻 篇:第3篇 民声魔声 よみ:みんせいませい
章:第11章 第68巻 よみ:みややまあらし 通し章番号:1735
口述日:1925(大正14)年01月29日(旧01月6日) 口述場所:月光閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
タラハン城の南にある大宮山は、タラハン王家の氏神盤古神王をまつった聖地である。
アリナはその社殿に潜めているが、そこへ父親のガンヂーがやってきて、事態収拾のために息子の処断もやむをえないと祈願する。
アリナは身の危険を感じ、父親の意気をくじこうと天狗の真似をする。
脅されたガンヂーは思わず、自分の身よりも息子の将来の守護を祈願し始める。
守旧派のガンヂーとて、国家や息子を思う心に変わりはないことが示される。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6811
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 206頁 修補版: 校定版:150頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001 タラハン(じやう)より正南(まみなみ)(あた)つて三千(さんぜん)メートル(ばか)りの地点(ちてん)002千年(せんねん)老木(らうぼく)鬱蒼(うつさう)として()(しげ)風景(ふうけい)のよき小高(こだか)独立(どくりつ)したる(やま)がある。003(これ)国人(くにびと)はタラハンの大宮山(おほみややま)(とな)へて()る。004(やま)(まは)りに(ふか)(いけ)(めぐ)つて()碧潭(へきたん)(たた)えて()る。005(この)(やま)にはウラル(けう)祖神(そしん)盤古神王(ばんこしんわう)宮柱(みやばしら)太敷(ふとしき)()て、006開闢(かいびやく)(むかし)より鎮祭(ちんさい)され007タラハン王家(わうけ)氏神(うぢがみ)として王家(わうけ)尊敬(そんけい)(もつと)(ふか)008市民(しみん)此地(ここ)唯一(ただひとつ)遊園地(いうゑんち)として公園(こうゑん)(ごと)くに()(あつ)かつて()た。009八日(やうか)(つき)楕円形(だゑんけい)姿(すがた)(あら)はして宮山(みややま)(そら)(たか)(かがや)いて()る。010幾百(いくひやく)とも()れぬ時鳥(ほととぎす)()(ごゑ)(なん)とも()へぬ雅趣(がしゆ)()び、011文人墨客(ぶんじんぼくきやく)()()(つゑ)()くもの()きも()らない有様(ありさま)である。012(しか)るにタラハン()大火災(だいくわさい)(おこ)つてからは時鳥(ほととぎす)()きに()くやうな閑人(かんじん)もなく、013(また)あつた(ところ)世間(せけん)(はば)かつて(あし)()()(もの)()かつた。014左守(さもり)ガンヂーの(せがれ)アリナは取締所(とりしまりしよ)捜索隊(さうさくたい)()けて、015盤古神王(ばんこしんわう)(まつ)りたる(ふる)社殿(しやでん)(なか)()(しの)(とき)(いた)るを()つて()た。016民衆救護団(みんしうきうごだん)団員(だんゐん)として(きこ)えたるハンダ、017ベルツの両人(りやうにん)は、018目付(めつけ)鋭鋒(えいほう)()けて(やしろ)階段(かいだん)中程(なかほど)(こし)()ちかけ019ヒソビソと(ささや)いてゐる。
020ハンダ『オイ、021ベルツ、022()しい(こと)をしたぢやないか。023(すこ)目付連(めつけれん)出動(しゆつどう)(おそ)ければ、024右守(うもり)(やかた)()()けて仕舞(しま)ふのだつたのに、025取返(とりかへ)しの()かぬ(こと)()つて(しま)つたぢや()いか。026()(さい)()(そこ)ねたものだから目付(めつけ)(やつ)027四方(しはう)八方(はつぱう)にスパイを(まは)し、028(あぶな)くつて()(あし)(この)(ごろ)()(こと)出来(でき)ない。029(なん)とかして彼奴(きやつ)片付(かたづ)けねば、030到底(たうてい)吾等(われら)目的(もくてき)(たつ)せられないだらうよ』
031ベルツ『(いま)となつて()んだ()(とし)(かぞ)えるやうに愚痴(ぐち)つて()(ところ)()やうが()いぢやないか。032まアまア時節(じせつ)()つのだなア。033(しか)(なが)()しい(こと)には左守(さもり)のガンヂーを取逃(とりにが)したのが残念(ざんねん)だ。034()()035彼奴(あいつ)(たま)(はら)別荘(べつさう)()やがつたので、036死損(しにぞこな)ひの(いのち)(たす)かりやがつたのだ。037(ちつ)彼奴(あいつ)居処(ゐどころ)調(しら)べてから()つたら()かつたのだけれどもなア』
038ハンダ『(なに)039あんな老耄爺(おいぼれおやぢ)040()つて()いても、041もう(ここ)三年(さんねん)寿命(じゆみやう)()るまい。042()(くだ)さずに(てき)(ほろ)ぼさうと(まま)だ、043()つとけば自然(しぜん)()ぬる代物(しろもの)だ』
044ベルツ『(おれ)だつて(とし)()つたら()ぬるぢやないか。045(これ)(だけ)国民(こくみん)(くる)しむで()()(なか)に、046()んな(やつ)一日(いちにち)でも()かして()けば一日(いちにち)(だけ)でも国家(こくか)損害(そんがい)だ、047彼奴(きやつ)が、048一日(いちにち)(はや)()ねば、049(すくな)くとも千人(せんにん)(ぐらゐ)(ひと)(たす)かるのだ。050彼奴(きやつ)十日(とをか)(この)()()れば万人(ばんにん)(ひと)饑餓(かつゑ)()ぬる勘定(かんぢやう)だ。051()れだから(おれ)は「一刻(いつこく)猶予(いうよ)ならぬ」と主張(しゆちやう)したのだが、052大体(だいたい)貴様(きさま)のやり(かた)緩漫(くわんまん)だから(はち)()()いたやうな(こと)をやつて仕舞(しま)つて、053二進(につち)三進(さつち)()やうのないやうな(こと)になつて(しま)つたぢやないか。054大頭目(だいとうもく)のバランス女史(ぢよし)取締所(とりしまりしよ)()かれると()有様(ありさま)055()吾々(われわれ)計画(けいくわく)(うま)()(あた)つて(やうや)取返(とりかへ)しは()たものの、056(その)()()ふものは七八人(しちはちにん)のスパイが尾行(びかう)して()るから、057(なに)(ほど)英雄豪傑(えいゆうがうけつ)のバランス親分(おやぶん)だつて、058()()しやうが()いぢやないか』
059ハ『まアさう(あわ)てるものぢやない。060親分(おやぶん)はあゝして尾行(びかう)(つき)として()けば、061取締所(とりしまりしよ)(やつ)凡暗(ぼんくら)だから、062安心(あんしん)して段々(だんだん)目配線(めくばりせん)(ゆる)めるに相違(さうゐ)ない。063(その)(とき)はバランス親分(おやぶん)()(かは)り、064(おれ)とお(まへ)国内(こくない)団員(だんいん)煽動(せんどう)して065(みづ)()らさぬ計画(けいくわく)(もと)に、0651クーデターを決行(けつかう)しようぢや()いか。066今日(けふ)のやうにスパイが迂路(うろ)つき圧迫(あつぱく)()けて()ては、067如何(いか)智謀絶倫(ちぼうぜつりん)(おれ)だと()つても()()けやうが()い。068まアまア時節(じせつ)()(こと)だなア』
069ベ『左守(さもり)右守(うもり)()()がしたのは残念(ざんねん)だが、070(しか)()左守(さもり)(せがれ)アリナと()(やつ)は、071(いま)はあゝして()るけれど、072実際(じつさい)吾等(われら)味方(みかた)だよ。073今度(こんど)(こと)()げても彼奴(きやつ)ばかり、074(たす)けねば()るまい』
075ハ『ウンさうかも()れない。076(この)(ごろ)大目付(おほめつけ)(にく)まれて何処(どこ)かへ()げたと()(こと)だ。077(とび)(たか)()むと()(たとへ)があるが、078本当(ほんたう)()のアリナと()(やつ)は、079吾々(われわれ)()つては頼母(たのも)しい人物(じんぶつ)かも()れない。080(この)(あひだ)からサクレンスの屋敷(やしき)四五人(しごにん)部下(ぶか)(かは)(がは)(うかが)はして()るが、081()大火災(だいくわさい)以来(いらい)警戒(けいかい)(げん)になり、082屋敷(やしき)周囲(ぐるり)には数十人(すうじふにん)目付(めつけ)(もつ)(かた)め、083外出(ぐわいしゆつ)(とき)には(さむらひ)鉄砲(てつぱう)(かつ)がせて登城(とじやう)すると()厳重(げんぢう)目配(めくばり)()りだから、084マア(しばら)くの(あひだ)彼奴(きやつ)(いのち)(あづ)かつて()くより仕方(しかた)()いワ』
085ベ『左守(さもり)(せがれ)086アリナは何処(どこ)かへ()げたと()(こと)だが、087(うはさ)()けば妙法(スダルマ)(さま)(また)行衛(ゆくへ)不明(ふめい)だと()(こと)ぢや()いか、088()太子(たいし)余程(よほど)(あた)らしい思想(しさう)(もつ)()るらしい。089()のアリナを唯一(ゆゐいつ)寵臣(ちようしん)として使(つか)つて()(こと)(おも)へば、090カラピン大王(だいわう)のやうな没分暁漢(わからずや)では()るまい。091(おれ)(たち)(べつ)妙法(スダルマ)(さま)()()立派(りつぱ)政治(せいぢ)をさへして(くだ)されば、092何所(どこ)までも(よろこ)んで(したが)ふのだ。093(ただ)(にく)らしいのは君側(くんそく)(けが)右守(うもり)094左守(さもり)095(その)()重臣(ぢうしん)(ども)だ。096そして第一(だいいち)()()はないのは大小名(だいせうみやう)物持(ものも)ちの奴等(やつら)だ。097(これ)()民衆(みんしう)(こゑ)彼奴(きやつ)()奴聾(どつんぼ)(みみ)には(とほ)()いのだから、098(むし)(あはれ)むべき代物(しろもの)だ。099地雷火(ぢらいくわ)()せて()(うへ)安閑(あんかん)として(ねむ)つて()代物(しろもの)だよ』
100ハ『オイ、101ベルツ、102(なん)だか階段(かいだん)(のぼ)つて()(かげ)()えるぢやないか』
103ベ『()(ほど)104あの提灯(ちやうちん)左守家(さもりけ)(しるし)這入(はい)つて()る。105左守(さもり)(やつ)106沢山(たくさん)守侍(もりざむらひ)()れて()つて()たのだ。107()うやら(おれ)(たち)()(おさ)へに(きた)らしいよ。108オイ、109油断(ゆだん)大敵(たいてき)だ、110()げろ()げろ』
111()(なが)二人(ふたり)階段(かいだん)(のぼ)り、1111社殿(しやでん)(うしろ)(まは)112一生懸命(いつしやうけんめい)下樹(したき)()(しげ)つた(もり)(なか)()けつ(まろ)びつ113(いばら)にひつかかれ(かほ)()とを(きず)つけながら1131(もり)(くぐ)114宮山(みややま)南麓(なんろく)一本橋(いつぽんばし)(わた)つて115一生懸命(いつしやうけんめい)並山(なみやま)方面(はうめん)さして()げて()く。116左守(さもり)のガンヂーは(ふと)(つゑ)()(なが)(やうや)階段(かいだん)(のぼ)(きた)り、117二十人(にじふにん)護衛兵(ごゑいへい)四方(しはう)()()かせ(ほこら)(まへ)(すわ)()み、118拍手(はくしゆ)(おと)(しづか)一生懸命(いつしやうけんめい)祈願(きぐわん)()(はじ)めた。
 
119掛巻(かけまく)(かしこ)大宮山(おほみややま)(うは)岩根(いはね)宮柱(みやばしら)太敷(ふとし)()てて永久(とことは)(しづ)まります盤古神王(ばんこしんわう)塩長彦命(しほながひこのみこと)大前(おほまへ)120タラハン(じやう)柱石(ちうせき)(つか)へまつる左守(さもり)(かみ)ガンヂー(つつし)(ゐやま)(かしこ)(かしこ)(いの)(たてまつ)ります。121如何(いか)なる曲神(まがかみ)曲禍(まがわざはひ)にや、122カラピン王様(わうさま)(おも)ひがけない重病(ぢうびやう)(かか)らせたまひ、123(いのち)(ほど)(はか)られず、124蔭様(かげさま)によつて(ほと)んど御臨終(ごりんじう)かと大小名(だいせうみやう)一同(いちどう)(うれ)ひに(しづ)みましたが、125(やうや)(この)(ごろ)(すこ)しく御快(おこころ)よき(はう)にならせられましたなれど、126(なに)()つても御老体(ごらうたい)127到底(たうてい)(この)(まま)では平年(へいねん)御寿命(ごじゆみやう)(むつかし)からうと(ぞん)じます。128(いま)やタラハン(ごく)は、129各地(かくち)暴動(ばうどう)(おこ)国家(こくか)危急(ききう)目前(もくぜん)(せま)()ります(さい)130(くに)(かなめ)のカラピン(わう)殿下(でんか)万一(まんいち)御昇天(ごしやうてん)でも(あそ)ばすやうな(こと)御座(ござ)いましては、131吾々(われわれ)大名(だいみやう)(はじ)国民(こくみん)(なげ)きは如何(いか)ばかりか(はか)()られませぬ、132何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)大王殿下(だいわうでんか)御病気(ごびやうき)大神様(おほかみさま)御神徳(ごしんとく)()りまして、133一日(いちにち)(はや)御全快(ごぜんくわい)(あそ)ばしますやう、134(ひとへ)(いの)(たてまつ)ります。135(つぎ)には妙法(スダルマン)太子(たいし)(さま)136先日(せんじつ)火災(くわさい)()りし()より、137踪跡(そうせき)(くら)まし(たま)138(いま)御行衛(おゆくへ)分明(ぶんめい)ならず、139大名(だいみやう)(ども)日夜(にちや)殿内(でんない)(あつ)まり種々(しゆじゆ)協議(けふぎ)()し、140目付連(めつけれん)四方(よも)派遣(はけん)捜索(そうさく)(つと)めて()りますが、141(いま)(なん)(たよ)りも御座(ござ)いませぬ。142何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)一日(いちにち)(はや)太子(たいし)のお行衛(ゆくへ)(わか)りまして城内(じやうない)へお(むか)(まを)(こと)出来(でき)ますやうに、143(いの)(まを)します。144不幸(ふかう)にして大王殿下(だいわうでんか)御昇天(ごしようてん)(あそ)ばす(やう)(こと)御座(ござ)いましたら、145(すぐ)(さま)王位(わうゐ)継承(けいしやう)(あそ)ばさねばならぬ太子様(たいしさま)のお行衛(ゆくへ)()れぬやうな(こと)では146(この)(みだ)れたる国家(こくか)(をさ)める(こと)到底(たうてい)不可能(ふかのう)御座(ござ)います。147どうぞ太子様(たいしさま)御無事(ごぶじ)でいらせられまして、148一時(いちじ)(はや)城内(じやうない)へお(かへ)(くだ)さいますやう、149大神様(おほかみさま)御守護(ごしゆご)(いの)()(たてまつ)ります。150(また)(わたくし)(せがれ)アリナと(まを)すもの、151()五日(いつか)火災(くわさい)(よる)より行方不明(ゆくへふめい)となりまして(ござ)いますれば、152(これ)(おそ)(なが)無事(ぶじ)(かへ)つて(まゐ)りますやう、153さうして(かれ)太子様(たいしさま)(そそのか)種々(いろいろ)()からぬ智慧(ちゑ)をつけましたもので(ござ)いますから、154(かれ)一時(いちじ)(はや)捕縛(ほばく)(いた)しまして、155民衆(みんしう)(まへ)(おも)(けい)(しよ)さねば、156何時(いつ)までも(この)(くに)(をさま)りませぬ。157盤古神王様(ばんこしんわうさま)158何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)(この)老臣(らうしん)(ねが)ひをお()(くだ)さいますやう、159王家(わうけ)()国家(こくか)()赤心(まごころ)(ささ)げて(いの)(たてまつ)ります』
160 アリナは(やしろ)(なか)()(ひそ)(なが)ら、161(ちち)ガンヂーの祈願(きぐわん)(のこ)らず()(をは)り、
162『や、163こいつは大変(たいへん)だ。164(おやぢ)までがグルに()つて(おれ)(さが)()民衆(みんしう)(まへ)(ころ)(つも)りだな。165よし一人(ひとり)より()()(ころ)さうと()鬼心(おにごころ)なら、166此方(こつち)此方(こつち)だ。167(ちち)(ちち)たらずんば()()たらずとは聖者(せいじや)金言(きんげん)168よし(ひと)神様(かみさま)仮声(こはいろ)使(つか)つて169(おやぢ)肝玉(きもだま)(くじ)いて()れむ』
170(ひと)(うなづ)(なが)ら、171社殿(しやでん)はじける(ばか)りの(うな)(ごゑ)()し、172臍下丹田(さいかたんでん)(いき)()めて、
173『ウーウー』
174(うな)()した。175左守(さもり)のガンヂーを(はじ)守侍(もりざむらひ)(ども)殿内(でんない)(うな)(ごゑ)(きも)(つぶ)し、176(からだ)(ふる)はせ(なが)大地(だいち)(うづく)まつて仕舞(しま)つた。
177アリナ『(この)(はう)大宮山(おほみややま)(いつ)(まつ)れる盤古神王(ばんこしんわう)塩長彦大神(しほながひこのおほかみ)(いち)眷族(けんぞく)天真坊(てんしんばう)(ござ)るぞよ。178(なんぢ)ガンヂーとやら、179(その)(はう)不届(ふとどき)至極(しごく)にも十年(じふねん)(むかし)モンドル(ひめ)(そその)かし悪逆無道(あくぎやくぶだう)敢行(かんかう)せしめ、180カラピン(わう)精神(せいしん)(まで)(くる)はせ、181無二(むに)忠臣(ちうしん)左守(さもり)のシャカンナを城内(じやうない)より()()し、182(おのれ)()つて(かは)つて左守(さもり)となり、183国民(こくみん)(くる)しめ、1831国家(こくか)(みだ)せし悪逆無道(あくぎやくぶだう)張本人(ちやうほんにん)だ。184()五日(いつか)城下(じやうか)大騒動(おほさうどう)(もと)(ただ)せば(なんぢ)がため。185なぜ責任(せきにん)(さと)つて自殺(じさつ)()げ、186王家(わうけ)(およ)国民(こくみん)(その)(つみ)(しや)さないのか、187不届(ふとどき)至極(しごく)痴漢(しれもの)()188(その)皺腹(しわばら)()()(くらゐ)()しいのか、189(いや)(いのち)()しいのか。190(いた)さに(おび)えてよう()らないのか。191てもさてもいい腰抜野郎(こしぬけやらう)だなア』
192 ガンヂーは(ふる)(ごゑ)()(なが)ら、
193『いやもう(おそ)()つて(ござ)います。194老先(おいさき)(みじ)かき(わが)(いのち)195(けつ)して()しみは(いた)しませぬが、196(いま)(この)(さい)(わたくし)()(つむ)りますればタラハン(ごく)(またた)(うち)滅亡(めつぼう)(いた)し、197王家(わうけ)(ほろ)び、198(つひ)赤色旗(せきしよくき)城頭(じやうとう)()てらるる(やう)()るで御座(ござ)りませう。199(これ)(おも)へば大切(だいじ)(わたくし)(いのち)200国家(こくか)(ため)(おも)へば()(こと)出来(でき)ませぬ』
201ア『(その)(はう)(この)()にある(こと)一日(いちじつ)なれば一日(いちにち)国家(こくか)損害(そんがい)だ。202国家(こくか)滅亡(めつぼう)(はや)めるのは(その)(はう)(いき)()るからだ。203(しん)国家(こくか)国民(こくみん)(すく)はむとする赤心(まごころ)あらば、204一時(いちじ)(はや)自殺(じさつ)(いた)すか、205それがつらいと(おも)はば一切(いつさい)重職(ぢうしよく)王家(わうけ)返上(へんじやう)し、206()(のこ)つた別荘(べつさう)国家(こくか)(けん)民衆(みんしう)娯楽場(ごらくぢやう)()し、207(その)(はう)罪亡(つみほろ)ぼしの()乞食(こじき)となつて天下(てんか)流浪(るらう)(いた)し、208(しも)万民(ばんみん)生活状態(せいくわつじやうたい)(あたら)しく調(しら)べて()るがよからう。209どうだ210合点(がつてん)()つたか』
211ガン『ハハ、212ハイ、213左様(さやう)心得(こころえ)まして(ござ)います。214(しか)(なが)(わたくし)乞食(こじき)になつても国家(こくか)()めなら(いと)いませぬが、215あの(せがれ)()(かは)りに(たす)けて(くだ)さいませ。216さうして細々(ほそぼそ)(なが)らも左守(さもり)(いへ)()ぎますやう、217御守護(ごしゆご)(ねが)(たてまつ)ります』
218ア『これやこれや老耄(おいぼれ)219(なんぢ)狼狽(うろたへ)たか、220血迷(ちまよ)うたか。221(せがれ)のアリナを一時(いちじ)(はや)捕縛(ほばく)し、222民衆(みんしう)面前(めんぜん)にて(おも)(けい)(しよ)せなくては民心(みんしん)(をさ)める(こと)出来(でき)ない」と唯今(ただいま)(まを)したではないか。223(なんぢ)(かみ)(まへ)(きた)つて(くち)(こころ)裏表(うらおもて)使(つか)不届(ふとどき)至極(しごく)(やつ)だ。224()て、225(いま)(かみ)()づから成敗(せいばい)(いた)してくれむ、226ウー』
227社殿(しやでん)(わる)(ばか)りの大音声(だいおんじやう)にて(うな)()てた。228守侍(もりざむらひ)はガンヂーを()てて(われ)(さき)にと階段(かいだん)(くだ)り、229武器(ぶき)()命辛々(いのちからがら)()げて()く。230ガンヂーも(また)231(おそろし)(さび)しさに居耐(ゐたた)まらず232百二十段(ひやくにじふだん)階段(かいだん)(まり)(ごと)(ころ)(なが)()(くだ)り、233数ケ所(すうかしよ)()(きず)()ひ、234はふはふの(てい)にて(たま)(はら)別荘(べつさう)さして(つゑ)(ちから)(かへ)()く。235アリナは(ちち)ガンヂー(その)()()(かへ)りしを()て、236やつと(むね)()(おろ)し、237宮山(みややま)(みなみ)(くだ)(あぶな)げな一本橋(いつぽんばし)(わた)つて(やま)()はず(かは)()はず、238膝栗毛(ひざくりげ)(むちう)ちて(つき)()(よる)(みち)を、239(すすき)()にも(おぢ)(なが)ら、240もしや追手(おひて)出遇(であ)ひはせぬかと(やす)(こころ)もなく西南(せいなん)(そら)目当(めあ)てに(にげ)()く。
241(おや)()(うち)(そと)との掛合(かけあひ)
242()きて御神(みかみ)()ませたまはむ。
243赤心(まごころ)(たし)かアリナの(せがれ)とは
244()りつつ(おやぢ)御前(みまへ)(うつた)ふ。
245(ある)(とき)(わが)()(にく)(ある)(とき)
246いとしと(おも)親心(おやごころ)かな。
247タラハンの(しろ)曲神(まがみ)大宮(おほみや)
248(いつは)(がみ)(おそ)れて(かへ)りぬ。
249守侍(もりざむらひ)(わが)職掌(しよくしやう)()(わす)
250(あるじ)をすてて(かへ)卑怯(ひけふ)さ。
251大正一四・一・六 新一・二九 於月光閣 加藤明子録)