霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 (あけ)(かは)〔一七四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻 篇:第5篇 神風駘蕩 よみ:しんぷうたいとう
章:第19章 第68巻 よみ:あけのかわ 通し章番号:1743
口述日:1925(大正14)年01月30日(旧01月7日) 口述場所:月光閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年9月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
右守の手下、カークとサーマンは、太子とスバール姫が梅公別に助け出され、城に向かっていることを右守に注進しようと、インデス河の川辺を走っていた。
そこへ、右守の弟エールが、王女バンナを捜索しているのにでっくわした。カークとサーマンの報告を聞いたエールは、右守の計画の一大事と、梅公別一行を待ち伏せて、太子を亡き者にしてしまおうとたくらむ。
エールは社の陰から太子を狙って切り付けるが、太子は身をかわす。バランスはエールを捕まえ、急流に投げ込んでしまった。カーク、サーマンはそれを見て一目散に逃げ出してしまう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6819
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 248頁 修補版: 校定版:263頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001 カーク、002サーマンの二人(ふたり)はインデス(がは)河辺(かはべり)膝栗毛(ひざくりげ)(むち)うち一生懸命(いつしやうけんめい)(はし)()く。003右手(めて)草村(くさむら)より手招(てまね)きして『オーイオーイ』と(さけ)(もの)がある。004二人(ふたり)聞覚(ききをぼえ)のある(こゑ)(たち)とまつて、005(いき)をついでゐた。006そこへ萱草(かやくさ)()けて、007のそりのそりとやつて()たのは右守司(うもりのかみ)サクレンスが(おとうと)エールであつた。008二人(ふたり)はエールの(かほ)()るより、009地上(ちじやう)(うづく)まり、
010カーク『これはこれは、011エールの君様(きみさま)012(おも)はぬ(ところ)でお()にかかりました。013貴方(あなた)(また)斯様(かやう)(ところ)(なに)をしてゐらつしやるのですか』
014エール『イヤ、015一寸(ちよつと)秘密(ひみつ)用向(ようむき)があつて』
016カ『秘密(ひみつ)御用向(ごようむき)仰有(おつしや)るのは、017アリナの行衛(ゆくゑ)(さが)してゐられるのでせう。018(たつと)御身(おんみ)(もつ)(とも)をも()れず、019(ただ)一人(ひとり)なぜ()やうな(ところ)にお()ばりになつてゐられるのですか』
020エ『イヤ、021アリナの行衛(ゆくゑ)捜索(そうさく)せなくてはならぬが、022王女(わうぢよ)バンナ(ひめ)(さま)のお行衛(ゆくゑ)(たづ)ねて、023此処(ここ)(まで)やつて()たのだ。024(この)(すこ)先方(むかふ)(しづ)岩屋(いはや)()つて岩窟(がんくつ)がある。025此処(ここ)はカラピン王様(わうさま)御先祖(ごせんぞ)奥津城(おくつき)(あと)026それ(ゆゑ)(もし)や、027バンナ(ひめ)(さま)がお(まゐ)りになつてゐるのではあるまいかと、028(ただ)一人(ひとり)ワザとに(さが)しに()たのだ』
029カ『(ひめ)(さま)は、030そしてゐられましたか』
031エ『イヤ、032姿(すがた)()えないのだ。033あゝ(こま)つた(こと)だワイ。034(しか)しお(まへ)秋野ケ原(あきのがはら)水車(すいしや)小屋(ごや)(ばん)(おほ)せつかつてゐた(はず)だが、035どうして(また)(かへ)つて()たのだ』
036カ『(これ)()いては大変(たいへん)珍事(ちんじ)突発(とつぱつ)(いた)しました。037それ(ゆゑ)御報告(ごほうこく)がてら、038(かへ)つたので(ござ)います』
039エ『椿事(ちんじ)とは何事(なにごと)だ。040民衆救護団(みんしうきうごだん)でもやつて()て、041太子(たいし)(うばひ)()つたのではないか』
042カ『ハイヽヽヽイエヽヽヽー、043さうでも(ござ)いませぬが、044三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)がやつて(まゐ)りまして、045太子殿下(たいしでんか)(および)スバール(ひめ)(すく)()し、046たつた(いま)(こま)(またが)つて、047ここを(とほ)るで(ござ)いませう。048太子(たいし)城内(じやうない)(かへ)られたならば、049()第一(だいいち)右守司様(うもりのかみさま)御迷惑(ごめいわく)050用意(ようい)(あそ)ばさねばなるまいと、051一生懸命(いつしやうけんめい)御注進(ごちうしん)(かへ)途中(とちう)(ござ)います』
052エ『ヤ、053其奴(そいつ)大変(たいへん)だ。054オイ両人(りやうにん)055(こと)成就(じやうじゆ)(うへ)(なんぢ)立派(りつぱ)(やく)使(つか)うてやるから、056どうだ、057(この)(すこ)向方(むかふ)に、058一方(いつぱう)(かは)059一方(いつぱう)岩山(いはやま)060其処(そこ)には(ふる)ぼけた(みや)()つてゐる。061(これ)から(その)(みや)(うしろ)三人(さんにん)(しの)()り、062太子(たいし)(かへ)るのを待伏(まちぶ)せ、063太子(たいし)(いのち)()つて(しま)ふか、064(ただ)しは激流(げきりう)投込(なげこ)むか、065(なん)とかして片付(かたづ)けねば()らぬ、066どうだ、067(おれ)(めい)()くか』
068カ『ハヽヽヽヽイ、069貴方(あなた)御命令(ごめいれい)なれば、070(けつ)して(いなみ)(いた)しませぬが、071三五(あななひ)宣伝使(せんでんし)といふ(やつ)072到底(たうてい)一筋縄(ひとすぢなは)ではゆかぬ(やつ)(ござ)いますから、073用心(ようじん)をせなくちやなりませぬ』
074エ『ナアニ、075あの地点(ちてん)()むるに(かた)(ふせ)ぐに(やす)きタラハン(ごく)第一(だいいち)険要(けんえう)喉首(のどくび)だ。076彼処(あこ)にさへをれば、077仮令(たとへ)千万人(せんまんにん)(てき)()ても大丈夫(だいぢやうぶ)だよ』
078カ『如何(いか)にも左様(さやう)079成程(なるほど)御尤(ごもつと)も。080オイ、081サーマン(きさま)どうだ。082御命令(ごめいれい)(ほう)ずるかな』
083サ『そら……、084(おれ)だつて、085出世(しゆつせ)のしたいのは(おな)(こと)だ。086そんな安全(あんぜん)(ところ)なら、087(おれ)御用(ごよう)(うけたま)はらうかい』
088エ『ヤ、089両人(りやうにん)(とも)090合点(がつてん)がいたなれば、091(はや)岩山(いはやま)(もり)(まで)()かう。092(やが)太子(たいし)一行(いつかう)(かへ)つて()時分(じぶん)だらう』
093といひ(なが)岩山(いはやま)(もり)()して(はし)()く。
094 一方(いつぱう)アリナは体中(からだぢう)095肉付(にくつき)のよいブクブクとした(やは)らかな背中(せなか)()はれ、096(なん)となく(めう)気分(きぶん)がして来出(きだ)した。097そしてバランスも(また)アリナのどこ(とも)なく(をとこ)らしく、098凛々(りり)しい姿(すがた)に、099……(この)(をとこ)ならば……といふ(やう)(めう)()になつて()た。100太子(たいし)(こゑ)(すず)しく、101馬上(ばじやう)(ゆた)かに月光(げつくわう)()(なが)行進歌(かうしんか)(うた)ふ。
102『あゝ有難(ありがた)有難(ありがた)
103九死一生(きうしいつしやう)(くるし)みを
104三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
105梅公司(うめこうつかさ)(たす)けられ
106妹背(いもせ)(えにし)(つつが)なく
107(ふたた)びここに相生(あひおひ)
108(まつ)(みどり)(いろ)(ふか)
109駿馬(しゆんめ)(またが)戞々(かつかつ)
110(みね)(あらし)()かれつつ
111インデス(がは)河辺(かはべり)
112(いさ)(すす)んで(のぼ)(うち)
113(こころ)(とみ)()えわたり
114(かみ)のまします天国(てんごく)
115旅路(たびぢ)(すす)心地(ここち)せり
116(つき)(ひかり)(なみ)()
117(またた)()めて(うるは)しく
118飛沫(ひまつ)(おと)はタラハンの
119国家(こくか)復興(ふくこう)(うた)(ごと)
120(みみ)をすまして(きこ)()
121あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
122(かみ)(おもて)(あら)はれて
123(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)けて
124(わが)旧国(きうこく)根底(ねそこ)より
125(あらた)(たま)民衆(みんしう)
126(なが)平和(へいわ)幸福(かうふく)
127(あた)(たま)ふぞ(うれ)しけれ
128(わが)()(きみ)(したが)ひて
129川辺(かはべ)(もり)()てみれば
130月夜(つきよ)(またた)篝火(かがりび)
131(かげ)()りそふ数十人(すうじふにん)
132(なに)をなすやと(うかが)へば
133(あみ)にかかりし旅人(たびびと)
134死骸(しがい)をあぶり肉体(からたま)
135(いのち)(すく)(たす)けむと
136民衆団(みんしうだん)団長(だんちやう)
137(ちから)(かぎ)りに介抱(かいはう)
138(こころ)(くだ)(をり)もあれ
139(わが)()(きみ)言霊(ことたま)
140死人(しにん)(やうや)(よみがへ)
141よくよくみれば(わが)(した)
142(かしこ)(とも)のアリナなり
143アリナは(やうや)元気(げんき)づき
144バランス団長(だんちやう)()はれつつ
145河辺(かはべ)(つた)ひスタスタと
146吾等(われら)一行(いつかう)(くは)はりて
147此処(ここ)(まで)無事(ぶじ)(かへ)りけり
148あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
149(かみ)(めぐみ)(たふと)さよ
150向方(むかふ)()ゆる岩山(いはやま)
151(かみ)(まつ)りし(もり)のかげ
152吾等(われら)其処(そこ)(まで)()けつけて
153一先(ひとま)(いき)(やす)めつつ
154(かみ)のまにまに城内(じやうない)
155(くつわ)(なら)べて(かへ)るべし
156あゝ(たの)もしや(たの)もしや
157一陽来復(いちやうらいふく)(はる)()
158あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
159御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
160 ()(うた)ひつつ、161(こま)足音(あしおと)大地(だいち)(ひび)かせ(なが)ら、162(やうや)くにして岩山(いはやま)森蔭(もりかげ)163(ふる)(やしろ)(まへ)()いた。164太子(たいし)一行(いつかう)はバランスやアリナの()(つか)れを休養(きうやう)さすべく、165ワザと此処(ここ)(こま)(とど)めたのである。166梅公別(うめこうわけ)(はや)くも(この)古社(ふるやしろ)(うしろ)(あや)しき(もの)ありと勘付(かんづ)いたが、167まさかの(とき)には言霊(ことたま)(もつ)霊縛(れいばく)せむものとタカをくくつて、168何食(なにく)はぬ(かほ)(なが)ら、169一行(いつかう)五人(ごにん)(いち)()(がた)になつて社前(しやぜん)敷石(しきいし)(こし)(うち)かけ、170煙草(たばこ)(くゆ)らして()た。171(やしろ)(うしろ)には三人(さんにん)(ささや)(ごゑ)
172エ『オイ、173カーク、174()たぞ()たぞ。175サア(おれ)忠義(ちうぎ)(つく)すのは(いま)だ。176()正中(まんなか)()(やつ)太子(たいし)だ、177彼奴(あいつ)矢庭(やには)(この)(かたな)(もつ)袈裟掛(けさがけ)()()てるのだ。178それさへすれば(ほか)(やつ)アどうでもよいから、179サア()()け』
180カ『ハイ、181(まゐ)ります。182(しか)し、183旦那様(だんなさま)184(わたし)()いて()(くだ)さい。185(なん)()つても向方(むかふ)五人(ごにん)186そんな(ところ)(わたし)一人(ひとり)()つた(ところ)駄目(だめ)(ござ)いますからなア』
187エ『エー、188()(よわ)(やつ)だな、189そんならサーマンと一緒(いつしよ)(とび)()して()け』
190サ『ハイ()かぬこた(ござ)いませぬが、191(なん)だか手足(てあし)がワナワナ(いた)しまして、192(こは)くつて(たま)りませぬワ』
193エ『チヨツ、194エー(くち)(ばか)りの代物(しろもの)だなア。195サア(おれ)()いて()い。196そして(おれ)()ぎわを()るがよい』
197()(なが)ら、198バラバラと不意(ふい)(たち)()で、199木下蔭(こしたかげ)(ちから)太子(たいし)()がけて、200(やみ)(ひらめ)白刃(はくじん)(いなづま)201アワヤ太子(たいし)真二(まつぷた)つと(おも)ひきや、202ヒラリと(たい)をかはし、203太子(たいし)は、
2031曲者(くせもの)204()てツ』
2041大喝(だいかつ)したり。205バランスは(これ)()るよりエールの(うで)強力(がうりき)(まか)して(なぐ)りつけたる206(その)途端(とたん)(うで)はしびれ、207白刃(はくじん)はガチヤリと大地(だいち)()ちた。208バランスはエールの首筋(くびすぢ)(つか)んで(たか)差上(さしあ)(なが)ら、209川辺(かはべり)(もち)()き、210(つき)曲者(くせもの)(つら)(てら)してみれば、211(まが)(かた)なきエールなりける。
212バラ『もしもし、213宣伝使(せんでんし)(さま)214太子様(たいしさま)215一寸(ちよつと)御覧(ごらん)なさいませ。216(この)(つら)右守(うもり)(おとうと)エールの(やう)(おも)ひますが、217(しら)(くだ)さいませぬか』
218 太子(たいし)(ほか)四人(よにん)はバラバラとバランスの(そば)()けより、219曲者(くせもの)(つら)(なが)め、
220(たい)『ヤ、221如何(いか)にも此奴(こいつ)はエールだ。222()しからぬ(こと)(いた)す、223悪党(あくたう)()
224バラ『殿下(でんか)御証明(ごしようめい)がある以上(いじやう)は、225(この)エール、226(この)()()かしておく代物(しろもの)では(ござ)いませぬ。227此奴(こいつ)(つら)には剣難(けんなん)(さう)(あら)はれてゐます。228(いづ)(とほ)からぬ(うち)229漁業団員(ぎよげふだんゐん)(いのち)()られる(やつ)230エー邪魔臭(じやまくさ)い、231太子様(たいしさま)御許(おゆる)し』
232といひ(なが)ら、233激流(げきりう)()がけて、234小石(こいし)()ぐるが(ごと)く、2341ドンブリと(なげ)()んだ。235エールは(なげ)()まれた途端(とたん)に、236川中(かはなか)(つき)()(いし)脳天(なうてん)打割(うちわ)川水(かはみづ)(あけ)(そめ)て、237ドンドンと(なが)れて(しま)つた。238(この)(すき)にカーク、239サーマンの二人(ふたり)一生懸命(いつしやうけんめい)()けつ(まろ)びつ、240(いのち)あつての物種(ものだね)右守(うもり)(やかた)()して()げてゆく。
241大正一四・一・七 新一・三〇 於月光閣 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)