霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 大評定(だいひやうぢやう)〔一七四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第1篇 清風涼雨 よみ:せいふうりょうう
章:第1章 第69巻 よみ:だいひょうじょう 通し章番号:1746
口述日:1924(大正13)年01月22日(旧12月17日) 口述場所:伊予 山口氏邸 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三五教の宣伝使国依別命が、神素盞嗚大神の末女、末子姫を娶ってより治めていた珍の国(アルゼンチン)が舞台となります。
天下泰平、四民和楽の治世も、次第に常世の国よりウラル教の思想が入り来たり、国内には他にもさまざまな悪思想がはびこり始めていました。
物語は、国司・国依別の補佐を長年勤めて来た松若彦が、部下の伊佐彦・岩治別に辞任の意を漏らすところから始まります。
松若彦は自分の老齢と、現代の情勢の厳しさを考え、退任して部下のいずれかに後を任せようとします。
伊佐彦:これまでのやり方を守り、あくまで松若彦を中心にして国を治めるべき。
岩治別:年老いた松若彦は早く退陣し、新しい考えをもった自分が国司の補佐となり、元の太平を取り戻す覚悟。
伊佐彦、岩治別は互いに意見が合わず、言い争っている。そこへ、国司国依別の長子、国照別がやってきます。若君は、浴衣の上に帯をグルグル巻きにして、鼻歌を歌いながら登場。
国照別:3人とも中途半端な骨董品だから、自分が親父に勧告して、皆職を解き、平民となって気楽に余生を送らせたいと思っているのだ。。。と3人を煙に巻いて退散します。
松若彦は若君のこの有様を見て逆に発奮し、隠退の言を撤回します。そして改革派の岩治別の任を解いてしまいます。
それだけでなく、松若彦・伊佐彦は岩治別を捉えて獄に投じようと画策します。しかし岩治別は国照別の手引きにより、城を脱出していずこかへ姿をくらまします。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6901
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 281頁 修補版: 校定版:31頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第五巻 言霊解・其他 > 【随筆・其他】 > 霊眼に映じたアマゾン流域
001 太平(たいへい)大西(たいせい)両洋(りやうやう)(またが)り、002常世(とこよ)(なみ)をせきとめて、003()つた屠牛(とぎう)片脚(かたあし)()うにブラ(さが)つてゐる南米大陸(なんべいたいりく)は、004春夏(しゆんか)はあつても秋冬(しうとう)気候(きこう)()らぬ理想的(りさうてき)天国(てんごく)である。005太洋(たいやう)より()えず()(きた)清風(せいふう)は、006塩分(えんぶん)(ふく)んで土地(とち)益々(ますます)豊饒(ほうぜう)ならしめ、007人頭大(じんとうだい)果実(このみ)随所(ずいしよ)豊熟(ほうじゆく)し、008吾人(ごじん)()して(なほ)(あま)りある(ごと)数多(あまた)(はな)四方(しはう)()きみだれ、009数万種(すうまんしゆ)薬草(やくさう)(いた)(ところ)山野(さんや)芳香(はうかう)(はな)つて繁茂(はんも)し、010アマゾン(がは)におち()数千(すうせん)支流(しりう)には数十万種(すうじふまんしゆ)魚族(ぎよぞく)棲息(せいそく)し、011(やま)には(きん)(ぎん)(どう)(てつ)石炭(せきたん)(とう)鉱物(くわうぶつ)豊富(ほうふ)包蔵(はうざう)し、012(とく)石炭(せきたん)産額(さんがく)全世界(ぜんせかい)(その)()()ざる(ところ)である。013乍併(しかしながら)現今(げんこん)(いま)充分(じゆうぶん)採掘(さいくつ)方法(はうはふ)(そな)はつてゐないので、014可惜(あたら)宝庫(はうこ)()()してゐる次第(しだい)である。
015 アンデス山脈(さんみやく)(たか)雲表(うんぺう)(そび)え、016海抜(かいばつ)一万四五千尺(いちまんしごせんしやく)より三万尺(さんまんしやく)高地(かうち)ママある。017そして(やま)(いただ)きには(せま)くて十里(じふり)018(ひろ)きは数十里(すうじふり)(わた)高原(かうげん)展開(てんかい)してゐる。019樹木(じゆもく)(かず)(わが)(くに)より()れば仲々(なかなか)(おほ)い。020(また)ブラジル(こく)(なが)るるアマゾン(がは)川幅(かははば)は、021日本全国(にほんぜんこく)(たて)河中(かちう)(ほう)()んでも、022まだ(あま)(やう)世界一(せかいいち)大河(たいが)である。023(とく)にペルウ、024ブラジル、025アルゼンチン(とう)原野(げんや)には、026日本(にほん)(かき)()()うな綿(わた)()所々(ところどころ)天然(てんねん)繁茂(はんも)し、027(あを)028()029(あか)030(むらさき)031(しろ)(とう)自然(しぜん)(いろ)(たも)つた綿(わた)年中(ねんぢう)(こずゑ)にブラ(さが)つてゐる。032(また)(たけ)(ごと)きも日本内地(にほんないち)のすすき(かぶ)(やう)にかたまつて()え、033(ふと)さは(よこ)()つて、034棺桶(くわんをけ)手桶(てをけ)(つく)れる(くらゐ)である。035(ふき)(ごと)きは一枚(いちまい)()(した)十人(じふにん)(くらゐ)(あつ)まつて(あめ)(しの)ぐことが出来(でき)るやうなのがある。036(うし)(うま)(ひつじ)(ぶた)などは際限(さいげん)もなき原野(げんや)(かひ)(ぱな)しにされてゐるが、037それでも持主(もちぬし)はめいめい()まつてゐる。038(あぢ)()(いちご)やバナナ、039無花果(いちぢく)などは(すこ)低地(ていち)になると(いや)になる(ほど)沢山(たくさん)出来(でき)てゐる。040そして(さる)鹿(しか)041野猪(のじし)などは白昼(はくちう)公然(こうぜん)人家(じんか)(ちか)くよつて()平気(へいき)(あそ)んでゐる。042(たか)のやうな(てふ)蝙蝠(かうもり)043(また)(はち)のやうな蟆子(ぶと)044(すずめ)のやうな(はち)045(こぶし)のやうな(はへ)(かぜ)のまにまに(ぐん)をなしてやつて()ることもある。046すべてが大陸的(たいりくてき)日本人(にほんじん)()から()れば(じつ)(きも)(ひや)すやうなこと(ばか)りである。047乍併(しかしながら)瑞月(ずゐげつ)伊予(いよ)(くに)道後温泉(だうごをんせん)のホテルの三階(さんかい)横臥(わうぐわ)したまま()(えい)じたことを()べたに()ぎないから、048(あるひ)間違(まちが)つてゐるかも()れない。049南米(なんべい)事情(じじやう)(くは)しき(ひと)(この)物語(ものがたり)()んだならば、050(はじ)めて(その)虚実(きよじつ)(わか)るであらう。051(ただ)霊眼(れいがん)(えい)じた(まま)()べたに()ぎない。
052 三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)国依別命(くによりわけのみこと)が、053神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)054言依別命(ことよりわけのみこと)(めい)()り、055(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)八人乙女(やたりをとめ)末女(まつぢよ)末子姫(すゑこひめ)(めあ)ひて、056アルゼンチンの(うづ)(みやこ)国司(こくし)となりしより、057天下泰平(てんかたいへい)国土成就(こくどじやうじゆ)して四民和楽(しみんわらく)し、058(うづ)天国(てんごく)永久(えいきう)(きづ)()げ、059国民(こくみん)国司(こくし)仁徳(じんとく)(した)ふて、060天来(てんらい)主師親(しゆししん)(あふ)(つか)へまつることとなつてゐた。061(しか)るに常世(とこよ)(くに)よりウラル(けう)思想(しさう)何時(いつ)とはなく、062交通(かうつう)発達(はつたつ)(とも)輸入(ゆにふ)(きた)り、063()()(つき)(かさ)ねて、064(やうや)国内(こくない)には妖蔽(えうへい)(てう)(てい)して()た。065(いた)(ところ)清家無用論(せいかむようろん)や、066乗馬階級撤廃論(じやうめかいきふてつぱいろん)勃発(ぼつぱつ)し、067(たがひ)(たう)(つく)()(あらそ)ひ、068さしもに平和(へいわ)なりしアルゼンチンは、069(やうや)乱麻(らんま)(ごと)世態(せたい)醸成(じやうせい)するに(いた)つたのである。070国依別(くによりわけ)(やうや)年老(としお)ひ、071城内(じやうない)歩行(ほかう)にも(つゑ)(もち)ゐるに(いた)(かしら)(しも)(いただ)き、072前頭部(ぜんとうぶ)(ほと)んど電燈(でんとう)(ごと)くに(ひか)()した。073末子姫(すゑこひめ)(やうや)年老(としお)ひ、074中婆(ちうばば)さまとなつて(しま)つた。075国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)二人(ふたり)(なか)国照別(くにてるわけ)076春乃姫(はるのひめ)といふ一男一女(いちなんいちぢよ)があつた。077国照別(くにてるわけ)(ちち)国依別(くによりわけ)洒脱(しやだつ)にして豪放(がうはう)気分(きぶん)()け、078幼少(えうせう)より仁侠(じんけふ)(もつ)処世(しよせい)方針(はうしん)としてゐた。079そして清家生活(せいかせいくわつ)非常(ひじやう)()(きら)ひ、080隙間(すきま)があれば、081城内(じやうない)をぬけ()簡易(かんい)なる平民生活(へいみんせいくわつ)をなさむと(かんが)へてゐたのである。
082 国司(こくし)補佐(ほさ)して忠実(ちうじつ)につとめてゐた松若彦(まつわかひこ)083捨子姫(すてこひめ)(やうや)年老(としお)ひ、084松依別(まつよりわけ)085常盤姫(ときはひめ)二子(にし)をあげてゐた。086そして松若彦(まつわかひこ)部下(ぶか)伊佐彦(いさひこ)087岩治別(いははるわけ)左右(さいう)重職(ぢうしよく)があつて、088松若彦(まつわかひこ)政務(せいむ)補佐(ほさ)しつつあつた。
089神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
090皇大神(すめおほかみ)経綸(けいりん)
091遂行(すゐかう)せむと斎苑館(いそやかた)
092(あと)(なが)めてはるばると
093(あま)岩樟船(いはくすふね)()
094アルゼンチンの(うづ)(くに)
095(うづ)(みやこ)天降(あも)りまし
096八人乙女(やたりをとめ)末子姫(すゑこひめ)
097(くに)(つかさ)(さだ)めつつ
098国依別(くによりわけ)神司(かむづかさ)
099(つま)(さだ)めて合衾(がふきん)
100(しき)()げさせ(いさ)()
101(ふたた)びフサの産土(うぶすな)
102(いづ)(やかた)(かへ)りしゆ
103三十三年(みそまりみとせ)星霜(せいさう)
104()にける今日(けふ)都路(みやこぢ)
105(いらか)(たか)立並(たちなら)
106数十倍(すうじふばい)(ひと)(いへ)
107()てひろがりて南米(なんぺい)
108(なら)(もの)()大都会(だいとくわい)
109交通機関(かうつうきくわん)完成(くわんせい)
110数多(あまた)役所(やくしよ)(たち)(なら)
111大商店(だいしやうてん)櫛比(しつぴ)して
112(むかし)のおもかげ何処(どこ)へやら
113うつて(かは)りし繁栄(はんえい)
114(おどろ)かざるはなかりけり
115国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)
116二人(ふたり)(なか)(うま)れたる
117国照別(くにてるわけ)春乃姫(はるのひめ)
118容色(ようしよく)(しう)にぬきんでて
119(うづ)(みやこ)月花(つきはな)
120南米諸国(なんべいしよこく)()りわたり
121(わか)男女(だんぢよ)情緒(じやうちよ)をば
122そそりて()をばわかせたる
123(とほ)神代(かみよ)物語(ものがたり)
124(しとね)(うへ)(よこ)たはり
125言霊車(ことたまぐるま)ころぶまに
126面白(おもしろ)可笑(をか)しく()べて()
127あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
128御霊(みたま)(さちは)ひましませよ。
129 (うづ)(みやこ)高砂城内(たかさごじやうない)評定所(ひやうぢやうしよ)別室(べつしつ)には、130大老(たいらう)松若彦(まつわかひこ)(はじ)め、131伊佐彦(いさひこ)132岩治別(いははるわけ)老中株(らうぢうかぶ)(くび)(あつ)めて秘密会議(ひみつくわいぎ)(ひら)いてゐた。133(そら)はドンヨリとして(なん)となく蒸暑(むしあつ)く、134一種(いつしゆ)異様(いやう)不快(ふくわい)零囲気(ふんゐき)室内(しつない)(つつ)んでゐる。135松若彦(まつわかひこ)二人(ふたり)老中株(らうぢうかぶ)打向(うちむか)ひ、136(みづ)ばなをすすり(なが)ら、137(ほね)(かは)との赤黒(あかぐろ)(うで)(まへ)へニユツと()し、138(まねき)(ねこ)(よろ)しくの(てい)()のぬけた(くち)から、139(ふる)(ふる)()火葢(ひぶた)()つた。
140御両所(ごりやうしよ)殿(どの)141今日(こんにち)御多忙(ごたばう)(ところ)早朝(さうてう)より()御来城(ごらいじやう)(くだ)さつた。142今日(けふ)御招(おまね)(まを)したのは、143(をり)()つて御両所(ごりやうしよ)相談(さうだん)したきことがあつて、144自分(じぶん)決心(けつしん)忌憚(きたん)なく吐露(とろ)し、145御両所(ごりやうしよ)御援助(ごゑんじよ)()たいと(おも)ふのだ』
146()(なが)ら、147コーヒーを一口(ひとくち)グツと()んで、148顎鬚(あごひげ)にしたたる(つゆ)を、149()(あつ)いタオルでクリクリと二三遍(にさんべん)(ぬぐ)ふた。
150伊佐(いさ)御老体(ごらうたい)()(もつ)て、151何時(いつ)国家(こくか)重職(ぢうしよく)身命(しんめい)(ささ)(くだ)さる(だん)152(まこと)感謝(かんしや)()へませぬ。153そして今日(こんにち)吾々(われわれ)をお(まね)きになつた御用件(ごようけん)如何(いか)なる(こと)(ぞん)じませぬが、154吾々(われわれ)(ちから)(およ)(こと)ならば、155国司(こくし)(ため)156(うづ)(くに)(ため)157あらむ(かぎ)りの努力(どりよく)(はら)ふで(ござ)いませう』
158松若(まつわか)『イヤ、159それを()いて松若彦(まつわかひこ)安心(あんしん)(いた)した。160岩治別(いははるわけ)殿(どの)161貴殿(きでん)(また)伊佐彦(いさひこ)殿(どの)御同感(ごどうかん)(ござ)らうなア』
162岩治(いははる)『いかにも、163左様(さやう)164吾々(われわれ)(もと)より身命(しんめい)君国(くんこく)(ため)(ささ)ぐる(もの)165閣下(かくか)御言葉(おことば)(たい)一言半句(いちげんはんく)たり(とも)166違背(ゐはい)(いた)道理(だうり)(ござ)いませぬ。167乍併(しかしながら)今日(こんにち)()(おほい)(あらた)まつて()ります。168革新(かくしん)気分(きぶん)(みなぎ)つて(まゐ)りました。169それ(ゆゑ)慨世憂国(がいせいいうこく)吾々(われわれ)170閣下(かくか)御言葉(おことば)()つては171(あるひ)国家(こくか)将来(しやうらい)(おもんぱか)るについて(そむ)かねばならないかも(わか)りませぬ。172そこは(あらかじ)御承知(ごしようち)(ねが)つておきます』
173松若(まつわか)成程(なるほど)174貴殿(きでん)()はるる(とほ)り、175今日(こんにち)社会(しやくわい)昔日(せきじつ)社会(しやくわい)ではない。176日進月歩(につしんげつぽ)177(ほと)んど(とど)まる(ところ)()らない()(なか)情勢(じやうせい)(ござ)る。178(つい)ては松若彦(まつわかひこ)御両所(ごりやうしよ)御相談(ごさうだん)(まを)すのは、179御承知(ごしようち)(とほ)老齢(らうれい)(しよく)()へず、180大老(たいらう)(しよく)()し、181新進気鋭(しんしんきえい)御両所(ごりやうしよ)()(しよく)(ゆづ)り、182退隠(たいいん)()となり、183光風霽月(くわうふうせいげつ)(たの)しみ、184閑地(かんち)につきたいと(ほつ)するからで(ござ)る。185(なん)御両所(ごりやうしよ)(おい)()希望(きばう)()れ、186後任者(こうにんしや)たる(こと)承諾(しようだく)しては(くだ)さるまいか』
187伊佐(いさ)『これは()しからぬ閣下(かくか)(おほ)せかな。188閣下(かくか)珍一国(うづいつこく)柱石(ちうせき)では(ござ)らぬか。189上下(じやうげ)一致(いつち)()き、190清家(せいか)衆生(しゆじやう)との争闘(さうとう)(はげ)しき今日(こんにち)191国家(こくか)重鎮(ぢうちん)たる閣下(かくか)今日(こんにち)場合(ばあひ)192万々一(まんまんいち)退隠(たいいん)さるる(やう)(こと)あつては、193それこそ(みだ)れに(みだ)れし国家(こくか)はいやが(うへ)にも争乱(さうらん)勃発(ぼつぱつ)し、194社稷(しやしよく)(あやふ)うするの(たん)(ひら)くのは(もつと)(あきら)かなる道理(だうり)(ござ)る。195何卒(なにとぞ)(この)()(ばか)りは(おも)(とど)まつて(いただ)きたう(ぞん)じます』
196松若(まつわか)貴殿(きでん)勧告(くわんこく)一応(いちおう)(もつと)(なが)ら、197老齢(らうれい)(しよく)()へざる()(もつ)国家(こくか)重要(ぢうえう)(しよく)()り、198後進者(こうしんしや)進路(しんろ)壅塞(ようそく)し、199国内(こくない)零囲気(ふんゐき)をして益々(ますます)腐乱(ふらん)せしむるは、200拙者(せつしや)(おい)(しの)びざる(ところ)201何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)(わが)希望(きばう)()れ、202御両所(ごりやうしよ)(うち)(おい)大老(たいらう)(しよく)(あづ)かつて(もら)ひたい』
203岩治(いははる)成程(なるほど)204松若彦(まつわかひこ)(さま)のお言葉(ことば)(とほ)り、205(よはひ)幾何(いくばく)もなき老人(らうじん)国政(こくせい)()るは国家(こくか)進運(しんうん)(さまた)ぐること(もつと)(はなはだ)しく、206(かつ)惟神(かむながら)大道(だいだう)違反(ゐはん)するものならば、207(のぞ)みの(とほ)御退隠(ごたいいん)なさいませ。208拙者(せつしや)(じつ)(ところ)数年前(すうねんぜん)より只今(ただいま)のお言葉(ことば)期待(きたい)して()りました。209(じつ)賢明(けんめい)なる閣下(かくか)御心事(ごしんじ)210イヤ(はや)感激(かんげき)(いた)りに()へませぬ』
211 伊佐彦(いさひこ)憤然(ふんぜん)として言葉(ことば)をあららげ、
212『コレハコレハ御両所(ごりやうしよ)(とも)213(もつ)ての(ほか)のお言葉(ことば)214左様(さやう)意志薄弱(いしはくじやく)なる(こと)では(たみ)(をさ)むる(こと)出来(でき)ますまい。215()(まで)国家(こくか)(ため)犠牲的(ぎせいてき)精神(せいしん)発揮(はつき)(あそ)ばすのが大老(たいらう)御聖職(ごせいしよく)では(ござ)らぬか。216岩治別(いははるわけ)殿(どの)松若彦(まつわかひこ)(さま)(たい)し、217御諌言(ごかんげん)(まをし)()ぐることを(わす)れ、218(みづか)(その)後釜(あとがま)(すわ)り、219(おそ)(おほ)くも、220国司(こくし)(さま)代理権(だいりけん)執行(しつかう)せむとする(その)心底(しんてい)野望(やばう)(ほど)221歴然(れきぜん)(あら)はれて()りますぞ。222左様(さやう)野心(やしん)(いう)する役人(やくにん)(かみ)にあつては、223(しも)益々(ますます)(みだ)224(つひ)には収拾(しうしふ)(べか)らざる乱世(らんせい)となるでせう。225拙者(せつしや)はあく(まで)松若彦(まつわかひこ)(さま)御留任(ごりうにん)希望(きばう)して()みませぬ』
226岩治(いははる)『これは()しからぬ伊佐彦(いさひこ)言葉(ことば)227拙者(せつしや)(けつ)して野心(やしん)なんか毛頭(まうとう)()つてゐませぬ。228よく(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。229松若彦(まつわかひこ)(さま)(すで)御頽齢(ごたいれい)230かやうな(とき)には、231新進気鋭(しんしんきえい)若者(わかもの)でなくては国家(こくか)支持(しぢ)し、232民心(みんしん)をつなぐ(こと)出来(でき)ますまい。233さすが賢明(けんめい)なる松若彦(まつわかひこ)(さま)234(この)(かん)消息(せうそく)御推知(ごすいち)(あそ)ばされ、235(すす)んで自決(じけつ)(みち)()でられたのは236天晴(あつぱれ)国家(こくか)柱石(ちうせき)称讃(しようさん)(まをし)()ぐる(ほか)はありますまい。237(およ)ばずながら御心配(ごしんぱい)(くだ)さるな。238みごと拙者(せつしや)松若彦(まつわかひこ)後任者(こうにんしや)となつて、239(かみ)国司(こくし)(たい)し、240(しも)国民(こくみん)(たい)して、241至真(ししん)至粋(しすゐ)至美(しび)至愛(しあい)善政(ぜんせい)()き、242(うづ)天地(てんち)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(くだ)らせ(たま)ひし、243(むかし)天国(てんごく)浄土(じやうど)立直(たてなほ)して御覧(ごらん)()れませう』
244伊佐(いさ)『おだまりなされ。245貴殿(きでん)老中(らうぢう)地位(ちゐ)()りと(いへど)246無能(むのう)無策(むさく)247到底(たうてい)国家(こくか)重任(ぢうにん)()へざるは、248上下(じやうげ)一般(いつぱん)(みと)むる(ところ)(ござ)る。249(つね)大言壮語(たいげんさうご)()き、250私立大学(しりつだいがく)創立(さうりつ)して不良青年(ふりやうせいねん)収容(しうよう)し、251国家顛覆(こくかてんぷく)根源(こんげん)(つちか)悪魔(あくま)張本(ちやうほん)252到底(たうてい)城中(じやうちう)政治(せいぢ)左右(さいう)する人格者(じんかくしや)では(ござ)らぬ。253それだと()つて(ほか)適任者(てきにんしや)はなし、254御苦労(ごくらう)(なが)松若彦(まつわかひこ)(さま)今一度(いまいちど)御奮発(ごふんぱつ)(ねが)はなくては、255(たちま)貴殿(きでん)(ごと)非国家主義者(ひこくかしゆぎしや)政権(せいけん)掌握(しやうあく)さるる(こと)となつて(しま)ふ。256()国家(こくか)(ため)(もつと)(おそ)るべき大事変(だいじへん)(ござ)る。257貴殿(きでん)にして一片(いつぺん)報国(ほうこく)至誠(しせい)あらば(てい)よく老中(らうぢう)地位(ちゐ)()り、258爵位(しやくゐ)奉還(ほうくわん)し、259()(くだ)つて、2591民情(みんじやう)をトクと視察(しさつ)260(その)(うへ)(あらた)めて意見(いけん)進言(しんげん)なされ。261(この)伊佐彦(いさひこ)のある(かぎ)り、262どこ(まで)貴殿(きでん)欲望(よくばう)()げさせませぬぞ』
263 松若彦(まつわかひこ)(こころ)(うち)にて……到底(たうてい)今日(こんにち)()(なか)264(いま)(まで)(どほ)りではやつて()けないことは、265(ひやく)(せん)承知(しようち)してゐた。266されど投槍(なげやり)思想(しさう)()びた岩治別(いははるわけ)政権(せいけん)(わた)せば、267(たちま)国家(こくか)根底(こんてい)(くつがへ)すであらうし、268(しん)国家(こくか)(おも)伊佐彦(いさひこ)政権(せいけん)(わた)せば、269時勢(じせい)おくれの保守主義(ほしゆしゆぎ)()りまはし、270益々(ますます)民心(みんしん)離反(りはん)(たん)(ひら)くであらう、271ハテ(こま)つた(こと)だなア、272退()くには退()かれず(すす)むにも(すす)まれず、273国内(こくない)一般(いつぱん)民情(みんじやう)()れば、274()げもおろしも、275自分(じぶん)(ちから)ではならなくなつて()た。276到底(たうてい)清家政治(せいかせいぢ)閥族政治(ばつぞくせいぢ)のいつ(まで)(つづ)くべき道理(だうり)がない…(いな)(かく)(ごと)乗馬階級(じやうめかいきふ)政治的(せいぢてき)権力(けんりよく)最早(もはや)最後(さいご)(ひん)してゐる。277(なん)とかして国内(こくない)空気(くうき)一新(いつしん)し、278人心(じんしん)倦怠(けんたい)(すく)ひ、279思想(しさう)悪化(あくくわ)緩和(くわんわ)し、280上下(じやうげ)一致(いつち)新政(しんせい)()きたいものだ。281あゝ()うしたら()からうかな、282……と(みづ)ばなをすすり、283(うで)をくみて両眼(りやうがん)よりは(なみだ)さへ(したた)らしてゐる。284三人(さんにん)(いづ)れも(くち)(つぐ)んで(たがひ)(かほ)見守(みまも)つてゐる。
285 そこへ浴衣(ゆかた)(うへ)無雑作(むざふさ)三尺帯(さんじやくおび)をグルグル(まき)にして286鼻唄(はなうた)(うた)ひながらやつて()たのは国照別(くにてるわけ)であつた。
287国照(くにてる)『ヨー、288デクさまの御集会(おしふくわい)かな、289到底(たうてい)290()からびた(ふる)(あたま)では、291(ろく)相談(さうだん)もまとまりはしまい、292…ヤアー松若彦(まつわかひこ)293(まへ)()いてゐるのか、294(まへ)もヤツパリ(とし)()つた加減(かげん)か、295余程(よほど)(なみだ)つぽくなつただないか、296……ヤア保守(ほしゆ)老中(らうぢう)伊佐彦(いさひこ)投槍(なげやり)老中(らうぢう)岩治別(いははるわけ)だな、297…ヤ面白(おもしろ)からう、298(ひと)大議論(だいぎろん)をやつて退屈(たいくつ)ざましに(ぼく)()かしてくれないか。299(ぼく)(じつ)(ところ)清家生活(せいかせいくわつ)がイヤになつて、300どつかへ(とび)()さうと(おも)つてゐるのだが、301(なに)をいつても(かご)(とり)同様(どうやう)302近侍(きんじ)だとか、303衛士(ゑじ)だとか旧時代(きうじだい)遺物(ゐぶつ)(ぼく)身辺(しんぺん)にぶらついてゐるものだから、304()うすることも出来(でき)やしない。305(これ)(えう)するに(あたま)(ふる)大老(たいらう)指図(さしづ)だらう。306(ぼく)親爺(おやぢ)は、307(けつ)してこんな窮屈(きうくつ)なことは、308(この)まない(はず)だ。309オイ(さけ)でも()んで、310いさぎようせぬかい。311高砂城内(たかさごじやうない)(なみだ)禁物(きんもつ)だからのう』
312 松若彦(まつわかひこ)手持無沙汰(てもちぶさた)(なみだ)をかくし(なが)二三間(にさんげん)(ばか)()をしざり、313(たたみ)(あたま)をすりつけ(なが)ら、
314『コレハ コレハ、315若君様(わかぎみさま)(ござ)いますか、316エライ御無礼(ごぶれい)(いた)しました。317何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、318無作法(ぶさはふ)をお(ゆる)(くだ)さいませ』
319国照(くにてる)『オイ、320(ぢい)321ソリヤ(なに)をするのだ。322左様(さやう)虚礼虚式的(きよれいきよしきてき)(こと)は、323(ぼく)大嫌(だいきら)ひだ。324モウちつと活溌(くわつぱつ)直立不動(ちよくりつふどう)姿勢(しせい)()つて、325簡単(かんたん)挙手(きよしゆ)(れい)をやつたら()うだ、326(あま)りまどろしいぢやないか』
327松若(まつわか)(おそ)()りました。328(しか)(なが)城内(じやうない)には城内(じやうない)規則(きそく)(ござ)いますから、329有職故実(いうそくこじつ)(やぶ)(わけ)には(まゐ)りませぬ。330(れい)なくんば(おさ)まらずと(まを)しまして、331国家(こくか)(をさ)むるには礼儀(れいぎ)第一(だいいち)(ござ)いますから、332(これ)(ばか)りは(なに)(ほど)()()らなくても(ゆる)して(いただ)かねばなりませぬ。333(これ)(うづ)(くに)国粋(こくすゐ)とも(まを)すべき重要(ぢうえう)なる政治(せいぢ)大本(たいほん)(ござ)います。334礼儀(れいぎ)なければ国家(こくか)(ただち)にみだれ、335長幼(ちやうえう)(じよ)(やぶ)れ、336君臣(くんしん)父子(ふし)夫婦(ふうふ)(みち)(ほろ)びて(しま)ひます』
337国照(くにてる)『ウンさうか、338それも結構(けつこう)だが、339(まへ)()しも国替(くにがへ)をして、340()らなくなつても、341有職故実(いうそくこじつ)保存(ほぞん)されると(おも)うてゐるのか、342今日(こんにち)人間(にんげん)(こころ)はそんなまどろしい(こと)(この)まないよ。343何事(なにごと)()(とり)(ばや)(らち)をつける(こと)流行(りうかう)する()(なか)だ。344(むかし)(やう)(うた)をよんだり、345長袖(ながそで)()てブラブラと(あそ)んで()つた時代(じだい)とは()(なか)(かは)つてゐる。346(むかし)百倍(ひやくばい)千倍(せんばい)事務(じむ)煩雑(はんざつ)になつてゐるのだから、347そんな辛気(しんき)(くさ)(こと)到底(たうてい)3471永続(えいぞく)すまいよ』
348岩治(いははる)(じつ)(いた)()つたる若君様(わかぎみさま)のお言葉(ことば)349岩治別(いははるわけ)350(じつ)感激(かんげき)()へませぬ。351(かく)(ごと)若君様(わかぎみさま)()てこそ、352(うづ)国家(こくか)万代不易(ばんだいふえき)353国家(こくか)隆昌(りうしやう)()する(こと)出来(でき)るでせう。354親君様(おやぎみさま)最早(もはや)御老齢(ごらうれい)355何時(いつ)御上天(ごしやうてん)(あそ)ばすかも()れぬ(この)場合(ばあひ)356賢明(けんめい)なる若君様(わかぎみさま)御心(みこころ)(うけたま)はり、357岩治別(いははるわけ)358イヤもう、359大変(たいへん)(よろこ)びに()たれ、360勇気(ゆうき)勃々(ぼつぼつ)として()いて(まゐ)りました。361(この)若君(わかぎみ)にして(この)(しん)あり、362老中(らうぢう)仲間(なかま)(くは)へられたる吾々(われわれ)なれど、363(いま)(こころ)まで老耄(らうまう)はして()りませぬ。364何卒(なにとぞ)若君様(わかぎみさま)365微臣(びしん)御心(みこころ)にかけさせられ、366重要(ぢうえう)事務(じむ)微臣(びしん)直接(ちよくせつ)御命令(ごめいれい)(くだ)さいませ。367松若彦(まつわかひこ)殿(どの)老齢(らうれい)(しよく)()へずとして、368(ただ)(いま)吾々(われわれ)(まへ)辞意(じい)をもらされました』
369国照(くにてる)『ウンさうか、370松若彦(まつわかひこ)もモウ退()いても()いだらう。371伊佐彦(いさひこ)随分(ずいぶん)(ふる)(あたま)だから、372此奴(こいつ)駄目(だめ)だし、373岩治別(いははるわけ)(すこ)(ばか)今日(こんにち)時代(じだい)(すす)みすぎてるやうでもあり、374(また)(おく)れてるやうな(ところ)もあり、375到底(たうてい)完全(くわんぜん)政治(せいぢ)はお(まへ)たちの(うで)では出来(でき)(さう)もない。376(ぼく)親爺(おやぢ)勧告(くわんこく)して退職(たいしよく)をさせ、377簡易(かんい)なる平民生活(へいみんせいくわつ)()れてやり、378安楽(あんらく)余生(よせい)(おく)らせたいと(おも)つてゐるのだから、379一層(いつそう)のこと、380(まへ)たちも大老(たいらう)老中(らうぢう)なんか()して、381安逸(あんいつ)田園(でんゑん)生活(せいくわつ)でもやつたら()うだ。382(ぼく)(おほい)覚悟(かくご)してゐるのだからな』
383 三人(さんにん)国照別(くにてるわけ)(かほ)無言(むごん)のまま、384(ぬす)(やう)にして(うち)(まも)つてゐる。385国照別(くにてるわけ)無雑作(むざふさ)に、
386高砂城(たかさごじやう)(とこ)置物(おきもの)387無神経質(むしんけいしつ)骨董品(こつとうひん)殿(どの)388三人(さんにん)よれば文珠(もんじゆ)智慧(ちゑ)だ。389トツクリと衆生(しゆじやう)平和(へいわ)幸福(かうふく)とを擁護(ようご)し、390人民(じんみん)思想(しさう)善導(ぜんだう)すべく神算鬼謀(しんさんきぼう)(めぐ)らしたが()からう。391あゝ(むつ)かしい皺苦茶面(しわくちやづら)()(かた)()つて()た。392ドーラ、393(うま)にでも()つて馬場(ばば)でもかけ(まは)つて()うかな』
394()ひすて、395足音(あしおと)(たか)奥殿(おくでん)さして(すす)()る。396(あと)見送(みおく)つて松若彦(まつわかひこ)(また)(なみだ)()らし(なが)ら、
397肝心要(かんじんかなめ)後継者(こうけいしや)たる若君様(わかぎみさま)が、398あのやうなお(かんが)へでは最早(もはや)(うづ)国家(こくか)滅亡(めつぼう)するより仕方(しかた)ない。399あゝ(こま)つた(こと)になつたものだ、400なア伊佐彦(いさひこ)殿(どの)
401 伊佐彦(いさひこ)真青(まつさを)(かほ)して、402(くちびる)をビリビリふるはせ(なが)禿()げた(あたま)をツルリと()で、
403閣下(かくか)()はるる(とほ)り、404(こま)つた(こと)(ござ)る。405どうして(うづ)衆生(しゆじやう)安穏(あんおん)ならしめ、406(いへ)永遠(えいゑん)(さか)ゆべき方法(はうはふ)(かう)じたら(よろ)しう(ござ)いませうか。407深夜(しんや)(まくら)(もた)げて国家(こくか)前途(ぜんと)(おも)ひみれば、408(じつ)不安(ふあん)(じやう)()へませぬ』
409岩治(いははる)『アツハヽヽ、410(この)行詰(ゆきつま)つた現代(げんだい)流通(りうつう)させ、411衆生(しゆじやう)皷腹撃壤(こふくげきじやう)天国的(てんごくてき)歓楽(くわんらく)()ひ、412(おのおの)(げふ)(たのし)善政(ぜんせい)()くは(なん)でもない(こと)(ござ)る。413御両所(ごりやうしよ)(たち)()(まを)すと(はばか)(おほ)いが、414頑迷固陋(ぐわんめいころう)にして時代(じだい)(かい)(たま)はざる(ため)(ござ)いませう。415時代(じだい)潮流(てうりう)善導(ぜんだう)してさへ()けば、416(うづ)衆生(しゆじやう)国司(こくし)(とく)(した)ひ、417(たちま)天国(てんごく)社会(しやくわい)展開(てんかい)されるは(あきら)かな事実(じじつ)(ござ)いますぞ。418()(かく)退隠(たいいん)(あそ)ばすが国家(こくか)進展上(しんてんじやう)第一(だいいち)手段(しゆだん)だと(かんが)へます。419(いたづら)旧套(きうたう)墨守(ぼくしゆ)して衆生(しゆじやう)(こころ)(おさ)へ、420社会(しやくわい)進歩(しんぽ)(さまた)ぐるに(おい)ては何時(いつ)如何(いか)なる大事(だいじ)脚下(あしもと)から勃発(ぼつぱつ)するかも()れませぬぞ。421拙者(せつしや)(けつ)して自己(じこ)権利(けんり)()むが(ため)422(また)政権(せいけん)壟断(ろうだん)せむが(ため)論議(ろんぎ)するのではありませぬ。423国家(こくか)(すく)ふのは拙者(せつしや)(かんが)ふる(ところ)(もつ)最善(さいぜん)方法(はうはふ)(おも)ふからです。424御両所(ごりやうしよ)()かせられても、425(すみやか)色眼鏡(いろめがね)撤回(てつくわい)して拙者(せつしや)真心(まごころ)御透察(ごとうさつ)(くだ)さらば、426(おのづか)らお(うたがひ)()けるでせう』
427松若(まつわか)侫弁(ねいべん)(もつ)(おの)野心(やしん)遂行(すゐかう)せむとする貴殿(きでん)内心(ないしん)428いつかな いつかな、429(その)()()松若彦(まつわかひこ)では(ござ)らぬ。430(およ)ばず(なが)拙者(せつしや)(うづ)(くに)柱石(ちうせき)431かくなる(うへ)最早(もはや)御心配(ごしんぱい)(くだ)さるな。432拙者(せつしや)(いのち)のあらむ(かぎ)り、433君国(くんこく)(ため)に、434老齢(らうれい)(なが)奮闘(ふんとう)努力(どりよく)(いた)して()よう。435()いては伊佐彦(いさひこ)殿(どの)436今日(こんにち)只今(ただいま)より岩治別(いははるわけ)(たい)し、437老中(らうぢう)(しよく)()くから、438貴殿(きでん)もさう(かんが)へなされ。439そして今後(こんご)何事(なにごと)拙者(せつしや)御相談(ごさうだん)(つかまつ)らう』
440 伊佐彦(いさひこ)喜色(きしよく)満面(まんめん)(うか)(なが)ら、441「ヤレ邪魔者(じやまもの)排斥(はいせき)された」……と()はぬ(ばか)りの態度(たいど)にて、
442閣下(かくか)(おほせ)443御尤(ごもつと)千万(せんばん)444国家(こくか)(ため)445(つつし)んで(しゆく)(たてまつ)ります。446岩治別(いははるわけ)殿(どの)447大老(たいらう)よりのお言葉(ことば)448ヨモヤ違背(ゐはい)(ござ)るまい。449サア(すみやか)(この)()退出(たいしゆつ)()され』
450居丈高(ゐたけだか)になつて(ののし)つた。
451岩治(いははる)『これは()しからぬ両所(りやうしよ)のお言葉(ことば)452拙者(せつしや)貴殿(きでん)()より任命(にんめい)された(もの)では(ござ)らぬ。453永年(ながねん)国務(こくむ)鞅掌(あうしやう)(いた)した功労(こうらう)思召(おぼしめ)され、454国司(こくし)より老中(らうぢう)(れつ)(くは)へられたる(もの)455(しか)るを大老(たいらう)()(もつ)吾々(われわれ)免職(めんしよく)()ひつくるとは、456(じつ)不届(ふとど)千万(せんばん)では(ござ)らぬか。457貴殿(きでん)()神権(しんけん)無視(むし)し、458国政(こくせい)(わたくし)するものと()はれても(のが)るる言葉(ことば)(ござ)りますまい。459乱臣賊子(らんしんぞくし)とは貴殿(きでん)()のことで(ござ)る』
460居丈高(ゐたけだか)になり(こゑ)(あら)らげて()めつけた。
461 松若彦(まつわかひこ)462伊佐彦(いさひこ)目配(めくば)せし(なが)ら、463ソツと(この)()()つて国依別(くによりわけ)国司(こくし)御殿(ごてん)(すす)()る。
464 (あと)岩治別(いははるわけ)双手(もろて)()み、465越方(こしかた)行末(ゆくすゑ)のことなど(おも)()かべて、466慨世憂国(がいせいいうこく)(なみだ)にくれてゐた。467そこへ若君(わかぎみ)国照別(くにてるわけ)はあわただしく只一人(ただひとり)(いり)(きた)り、
468『オイ、469岩治別(いははるわけ)殿(どの)470一時(いつとき)(はや)裏門(うらもん)より(のが)()でよ。471(なんぢ)(とら)へて(ごく)(とう)ぜむと、472二人(ふたり)老耄爺(おいぼれぢい)大目付(おほめつけ)()()手配(てくば)りさしてゐる。473サア、474(とき)(おく)れては取返(とりかへ)しがつかぬ、475(はや)(はや)く』
476とせき()てた。477岩治別(いははるわけ)挙手(きよしゆ)(れい)(ほどこ)(なが)ら『ダンコン』と(ただ)一言(いちごん)(のこ)し、478夕暗(ゆふやみ)(さいは)ひ、479姿(すがた)(へん)じて裏門(うらもん)より何処(いづく)ともなく()えて(しま)つた。
480 三五(さんご)(つき)(ひがし)(やま)()(てら)して、481高砂城内(たかさごじやうない)(さわ)ぎを()らぬ(がほ)にニコニコと(なが)めてゐる。
482大正一三・一・二二 旧一二・一七 於伊予山口氏邸、松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。