霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 性明(せいめい)〔一七五〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第1篇 清風涼雨 よみ:せいふうりょうう
章:第5章 性明 よみ:せいめい 通し章番号:1750
口述日:1924(大正13)年01月19日(旧12月14日) 口述場所:伊予 道後ホテル 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
国、愛、浅の三人が政治談義に気勢を上げているところへ、話を立ち聞きしていた取締りが入ってきます。
浅公は空とぼけて取締りを帰そうとしますが、この取締りはブルジョア階級に敵意を露にし、逆に三人の政談に乗ってきます。
ここにいたって愛公は自らの素性を明らかにします。自分は実はヒルの国の国司・楓別の倅、国愛別であり、珍の都で出会った国公と一緒に民衆のために活動している者である、と名乗ります。
取締り(松若彦の御家人で幾公)は、愛公・国公と意気投合し、仲間になってしまいます。そして、それぞれ愛公、国公を親分として結党し、都の南北に侠客として覇を利かせようと相談します。
そうしているうちに、外が騒がしくなり、「国司・国依別の倅、国照別(国公)が車夫となって帳場に潜伏」との号外が出てしまいます。夕暮れにまぎれて四人は裏口から姿をくらまします。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6905
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 300頁 修補版: 校定版:81頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001 (うづ)(みやこ)(まち)はづれ、002深溝町(ふかみぞちやう)俥帳場(くるまちやうば)(くに)003(あい)004(あさ)三名(さんめい)輓子(ひきこ)大気焔(だいきえん)()げてゐる(ところ)へ、005交通取締(かうつうとりしまり)青白(あをじろ)(やせ)こけた先生(せんせい)三人(さんにん)(はなし)立聞(たちぎ)きした(うへ)006素知(そし)らぬ(かほ)してツツと這入(はい)つて()た。007そして(いや)らしい()をギヨロつかせてゐる。008三人(さんにん)(いま)(はなし)(この)取締(とりしまり)()かれたのではないかと、009(いささ)胸部(きやうぶ)動揺(どうえう)(かん)じたが、010キチンと行儀(ぎやうぎ)よく(すわ)(なほ)素知(そし)らぬ(かほ)
011(あさ)『ヘー、012旦那(だんな)何用(なによう)(ござ)います。013車体(しやたい)検査(けんさ)(ござ)いますか。014二三日前(にさんにちまへ)御役所(おやくしよ)()つて(しら)べて(もら)つた(ばか)りの健康車体(けんかうしやたい)(ござ)いますから、015滅多(めつた)にお(きやく)さまを泥道(どろみち)転覆(てんぷく)させるやうな気遣(きづか)ひは(ござ)いやせぬ。016どうぞ(はや)(かへ)つて(くだ)さい。017貴方(あなた)(みせ)(なが)くゐられますと、018(なん)だか博奕(ばくち)でもうつてゐて、019(また)叱言(こごと)頂戴(ちやうだい)してるのぢやなからうかと、020(きやく)(こは)がつて()りつきませぬ。021さうすれば、022たアちまち、023吾々(われわれ)(はな)(した)干上(ひあが)つて(しま)ひます。024ドツサリと(あぶら)()られ、025車体(しやたい)修繕(しうぜん)(めい)ぜられ、026おまけに営業(えいげふ)妨害(ばうがい)をせられては、027俥夫(しやふ)だつてやり()れませぬからね』
028取締(とりしまり)『イヤ、029車体検査(しやたいけんさ)でも(なん)でもない、030(ぼく)交通取締(かうつうとりしまり)だ。031(あま)面白(おもしろ)さうに政治談(せいぢだん)流行(はや)つて()つたので、032(ぼく)(ひと)()きたいと(おも)つて這入(はい)つて()たのだ。033随分(ずいぶん)(えら)気焔(きえん)()げたものだな。034(ぼく)だつて稲田大学(いなだだいがく)堕落生(だらくせい)だから、035君等(きみら)(おな)仲間(なかま)だよ。036()安心(あんしん)して胸襟(きようきん)(ひら)いて、037(きみ)抱負(はうふ)()かして()(たま)へ、038アーン』
039(あさ)『ヘン、040(いま)取締(とりしまり)(なん)とかかんとか()つて衆生(しゆじやう)()()ふやうなお世辞(せじ)()ひ、041臓腑(はらわた)(そこ)(まで)(しやべ)らしておいて、042ソツと役頭(やくがしら)上申(じやうしん)し、043御褒美(ごほうび)(もら)(こと)(ばか)(かんが)へてゐるのだから、044滅多(めつた)政治談(せいぢだん)などは(はな)せないのだ。045(なに)(ほど)取締(とりしまり)だつて(おれ)(たち)汗膏(あせあぶら)(めし)()つてゐるのだ。046()はば俺等(おれたち)旦那(だんな)さまだから、047(あま)横柄(わうへい)()はないやうにして()れ。048(これ)でもタツタ(いま)普選施行(ふせんしかう)になれば天下(てんか)代議士(だいぎし)だからなア』
049取締(とりしまり)『ハヽヽ、050ソロソロ臓腑(はらわた)()()したな。051面白(おもしろ)い、052(ぼく)賛成(さんせい)だ。053(きみ)立候補(りつこうほ)をやつたら、054(ぼく)買収(ばいしう)して()(たま)へ。055(ぼく)一票(いつぺう)権利(けんり)はあるんだからな』
056(あさ)『ヘン、057君等(きみたち)一票(いつぺう)(なん)になる。058君等(きみたち)投票(とうへう)して(もら)(ため)(かね)()すのならば、059モチツとらしい人間(にんげん)投票(とうへう)して(もら)ふワ、060ヘン、061()みまへんな』
062取締(とりしまり)大老(たいらう)だつて、063清家(せいか)だつて、064富豪(ふがう)だつて、065(おれ)だつて(きみ)だつて、066矢張(やつぱり)権利(けんり)一票(いつぺう)だ。067買喰大将(かひぐひたいしやう)一票(いつぺう)も、068(おれ)(たち)一票(いつぺう)効能(ききめ)(おな)(こと)だ。069(あま)()くびつて()れない』
070(あさ)『フーン、071そんなものか。072さうすると、073(おれ)(たち)買喰大将(かひぐひたいしやう)普選即行(ふせんそくかう)となれば同等(どうとう)だな。074ヨシうまい、075それでは労働者(らうどうしや)味方(みかた)につけ、076(おほ)いにやつて()ようかな、077大政党(だいせいたう)組織(そしき)して党首(たうしゆ)となり、078内閣(ないかく)をとつて衆生(しゆじやう)(ため)(おほ)いに経綸(けいりん)(おこな)(つも)りだ、079イツヒツヒ。080(その)(とき)には(きみ)滅多(めつた)交通取締(かうつうとりしまり)(ぐらゐ)はさしておかないよ。081ドツト抜擢(ばつてき)して大目付(おほめつけ)(ぐらゐ)には(にん)じてやるからな』
082取締(とりしまり)『アツハヽヽヽ面白(おもしろ)面白(おもしろ)い…(とき)083(きみ)(くに)さま、084(あい)さまでないか。085()うして(また)こんな(ところ)にこんな商売(しやうばい)をしてゐるのだ。086モウ(かく)しても駄目(だめ)だから、087(なに)もかも()つて(もら)ひたい』
088(くに)(ぼく)(くに)さまでも(なん)でもないよ、089(くろ)さまだよ。090だから下層階級(かそうかいきふ)帳場(ちやうば)哥兄(あにい)をして苦労(くらう)をして()るのだ。091(あま)見違(みちが)へて(もら)ふまいかい。092それよりも(はや)四辻(よつつじ)()たないか。093(また)田車(でんしや)児童車(じどうしや)衝突(しようとつ)があつちや、094(たちま)(おん)とか(めん)とかの()頂戴(ちやうだい)して、095おまけに煙多(けむた)(ところ)へブチ()まれねばならぬやうな羽目(はめ)(おちい)るぞ』
096取締(とりしまり)(なん)とマア、097(きみ)(えら)いものだね。098()変相(へんさう)した(もの)だ。099(かく)しても駄目(だめ)だよ。100(しか)(なが)(きみ)行動(かうどう)(ぼく)随分(ずいぶん)()()つたね。101児童車(じどうしや)田車(でんしや)衝突(しようとつ)したつて(なん)だい。102将来(しやうらい)見込(みこみ)のある(きみ)乾児(こぶん)になれば、103今日(けふ)から(この)十手(じつて)(ぼう)()つたつて(うら)むことはない。104あの児童車(じどうしや)には、105いつもブルブル階級(かいきふ)狸町(たぬきまち)芸者(げいしや)()せて、106そり(かへ)つてゐやがるのだから、107一遍(いつぺん)(ぐらゐ)衝突(しようとつ)さしてやつたら(かへつ)通街(つうかい)だ、108アツハヽヽヽ』
109(くに)『これは()しからぬ。110(おまへ)食務(しよくむ)不忠実(ふちうじつ)(やつ)だな』
111取締(とりしまり)『ナニ、112それが(かへつ)忠実(ちうじつ)になるのだよ』
113(あい)『ハヽア、114たうとう白状(はくじやう)しやがつたな。115交通取締(かうつうとりしまり)とは表面(うはべ)(いつは)口答鼠輩(ごとごと)だな。116(なん)だか(あや)しい()をしてゐると(おも)つた。117モウ()うなれば仕方(しかた)がない、118()つて()かしてやらう。119(おれ)はヒルの(みやこ)楓別(かへでわけ)(せがれ)国愛別(くにちかわけ)()(をとこ)だ。120愛州(あいしう)名乗(なの)つて民情視察(みんじやうしさつ)(ため)此処(ここ)()てゐるのだ。121さうした(ところ)122(この)国州(くにしう)にベツタリコと出会(でつくは)し、123(たがひ)胸襟(きようきん)(ひら)いて、124(おほ)いに天下蛮衆(てんかばんしう)(ため)(つく)さむとしてゐる(ところ)だ。125(きさま)大方(おほかた)松若彦(まつわかひこ)のお(さき)だらうが、126あんな古親爺(ふるおやぢ)何時(いつ)(まで)ついて()つても(すゑ)見込(みこみ)がない。127社会(しやくわい)廃物(はいぶつ)だからな。128それよりも(この)(くに)さまの乾児(こぶん)になつて、129天下(てんか)刻下(こくか)(ため)大活動(だいくわつどう)をする()()いか。130()打明(うちあ)けた以上(いじやう)は、131ロハでは(かへ)さないのだ。132サア()うだ降参(かうさん)するか、133(したが)ふか、134(ふた)つに(ひと)つの返答(へんたふ)だ。135(おれ)(たち)自分(じぶん)素性(すじやう)()かした以上(いじやう)は、136(この)(まま)(まへ)(かへ)(わけ)には()かぬ、137返答(へんたふ)()かして(もら)はふかい』
138取締(とりしまり)『ヤ、139仕方(しかた)がない……ではない、140結構(けつこう)だ。141万事(ばんじ)(きみ)(まか)すから、142()(やう)にして()(たま)へ』
143(くに)(ぼく)(じつ)(ところ)普通(ふつう)人間(にんげん)では()いのだ。144(しか)(なが)本名(ほんみやう)()ふの(だけ)()つて(もら)はう。145何時(いつ)密告(みつこく)されるやら(わか)らないからな。146(しか)(なが)(この)(くに)さまは147(つよ)きを(たす)(よわ)きを(くじ)惑酔会員(わくすゐくわいゐん)でもなければ、148猜疑(さいぎ)嫉妬(しつと)()たされた三平社員(さんぺいしやゐん)でもないから安心(あんしん)(たま)へ』
149取締(とりしまり)『ヤ、150(わか)つてる。151()()かいでも、152(きみ)風采(ふうさい)()ひ、153言葉(ことば)()ひ、154大抵(たいてい)何処(どこ)(たぬき)(きつね)(ぐらゐ)呑込(のみこ)んでゐる。155名乗(なの)らなけや名乗(なの)らいでも()い。156マア()(かく)(たがひ)胸襟(きようきん)(ひら)いて刻下(こくか)(ため)157相提携(あひていけい)しようだないか』
158(くに)(じつ)(ところ)159刻下(こくか)々々(こくか)(にはとり)のやうに()ふのも結構(けつこう)だが、160(いつそ)人類愛(じんるゐあい)(ため)()つた(はう)時代相応(じだいさうおう)だらうよ』
161取締(とりしまり)(じつ)(ところ)(ぼく)は、162松若彦(まつわかひこ)御家人(ごけにん)幾公(いくこう)()(もの)だが、163何時(いつ)(まで)馬通族(ばつうぞく)提灯持(ちやうちんもち)をしてゐるのも()()かない、164()加減(かげん)(あし)(あら)つて時代(じだい)目覚(めざ)めねばならないと(おも)つてゐた(ところ)だ。165それでは(くに)さま、166如何(いか)なる(たふと)(かた)血統(ちすぢ)()らぬが、167()国州(くにしう)168愛州(あいしう)交際(つきあ)つて(もら)ひたい。169(きみ)誤大老(ごたいらう)になつた(とき)(また)敬語(けいご)使(つか)ふからな、170ワツハヽヽヽ』
171(くに)『ヨシ()()つた。172そんなら幾公(いくこう)173サア握手(あくしゆ)だ』
174(いく)『イクらでも握手(あくしゆ)ならして()れ。175何分(なにぶん)資本(しほん)()らぬのだからな』
176(くに)(ふた)()には資本(しほん)だとか(なん)とか、177そんなケチなこと()ふない。178(ぼく)はモウ資本(しほん)だとか清家(せいか)だとか、179そんな(こゑ)()くと、180(みみ)(いた)くなり(むね)(わる)くなり、181(はら)(なか)擾乱(ぜうらん)勃発(ぼつぱつ)するやうな()がしてならないワ。182(いま)資本家(しほんか)所謂(いはゆる)(あし)四本家(しほんか)だからなア』
183(あい)幾公(いくこう)(おれ)(たち)素性(すじやう)()ぎつける(やう)に、184寒犬(かんけん)(はな)()()した以上(いじやう)俥夫(しやふ)最早(もう)駄目(だめ)だ。185キツト(ほか)(やつ)()ぎつけて()よるに(ちが)ひないから、186()うだ、187(ひと)つ、188()れから侠客(けふかく)にでもなつたら、189将来(しやうらい)計画上(けいくわくじやう)都合(つがふ)()いかも()れないぞ』
190(くに)『ソラ面白(おもしろ)い。191(しか)(たれ)親分(おやぶん)になるのだ』
192(いく)()親分(おやぶん)(くに)さまに(ねが)はうかな。193(しか)しモ(すこ)(とし)がいつてると(にら)みが()いて()いのだがなア』
194(くに)『そんなら(あさ)野郎(やらう)腰抜(こしぬけ)だから、195例外(れいぐわい)として(おれ)乾児(こぶん)にしてやる。196(きみ)愛州(あいしう)兄弟分(きやうだいぶん)となつては()うだ。197(この)(うづ)(みやこ)(きた)(みなみ)侠客(けふかく)親分(おやぶん)となり、198()()かさうぢやないか』
199三人(さんにん)賛成(さんせい)々々(さんせい)大賛成(だいさんせい)だ』
200(くに)『そんなら直様(すぐさま)此処(ここ)結党式(けつたうしき)……いな分列式(ぶんれつしき)()らうだないか……オイ浅公(あさこう)201横町(よこちやう)のお多福屋(たふくや)()つて、202豆腐(とうふ)(さけ)()つて()い。203湯豆腐(ゆどうふ)一杯(いつぱい)204(やはら)かう四角(しかく)(さかづき)をしよう。205(しか)浅州(あさしう)206(たれ)にも()つちやア()けないよ』
207(あさ)『ヨシ合点(がつてん)だ』
208徳利(とくり)をぶら()げ、209裏口(うらぐち)からチヨコチヨコ(ばし)りに()でて()く。
210 (おもて)大道(だいだう)にはどつかに馬鹿旦(ばかだん)事件(じけん)(おこ)つたと()ふので、211喧平隊(けんぺいたい)四五十人(しごじふにん)(れつ)(ただ)して(はし)つて()(くつ)(おと)が、212三人(さんにん)(みみ)異様(いやう)(ひび)く。
213 (しばら)くすると一升徳利(いつしようどつくり)二本(にほん)ぶら()げて浅公(あさこう)(かへ)つて()た。
214(あさ)『ハアハア……、215エライ エライ、216(すずめ)()()つてゐると(おも)ふて、217一生懸命(いつしやうけんめい)(はし)つて()た。218サア一杯(いつぱい)やらう。219二升(にしよう)なれば、220四五(しご)二十(にじふ)だ。221五合(ごがふ)(あて)になるから一寸(ちよつと)()へるだらう。222(はや)くから(のど)(むし)()がギウギウ ゴウゴウと催促(さいそく)してゐやがらア、223ヘツヘツヘ』
224(いく)『オイ、225豆腐(とうふ)()うしたのだ』
226(あさ)酒呑(さけのみ)豆腐(とうふ)()るかい。227都府(とふ)()(あひだ)地震(ぢしん)滅茶(めちや)々々(めちや)になつたと()(こと)よ。228(いま)福幸院(ふくかうゐん)(おこ)して震議(しんぎ)最中(さいちう)だから、229(しばら)()つてゐるが()からう。230シロ都風(とうふ)焼豆腐(やきどうふ)もサツパリ滅茶(めちや)々々(めちや)だよ。231(なん)()つても松若彦(まつわかひこ)老体(らうたい)がナマクラの別荘(べつさう)梯子段(はしごだん)(あつ)せられて()んだとか至難(しなん)とか()問題(もんだい)で、232豆腐(とうふ)(どころ)(さわ)ぎぢやないワ。233()(さけ)さへあれば(なん)とか酒段(しゆだん)がつくだろ』
234(いく)()うも仕方(しかた)がないな。235オイ兄弟(きやうだい)236モウ仕方(しかた)がねい、237豆腐(とうふ)()くても、238(この)(まま)徳利(とつくり)(くち)から()(まは)してやらうかい』
239(くに)『エ、240邪魔(じやま)(くさ)い、241こんな()つポケな(くち)からチヨビチヨビやつてゐてもはづまないワ。242徳利(とつくり)(けつ)(たた)()つて(かぜ)(かよ)ふやうにすりや()()()るだらう。243(たまご)でも一方口(いつぱうぐち)では()へないから、244両方(りやうはう)(あな)()けるだないか』
245()(なが)ら、246(くるま)梶棒(かぢぼう)徳利(とくり)(しり)をコンと(ぶつ)つけた(はずみ)に、247徳利(とつくり)切腹(せつぷく)して(たちま)(には)(つち)一升(いつしよう)(さけ)()めて(しま)つた。
248(くに)『チエツ、249金城鉄壁(きんじやうてつぺき)(くに)さまの一撃(いちげき)()ふてサツパリ滅茶(めちや)々々(めちや)だ。250ヤツパリ(しゆ)たる徳利(とくり)(そな)はつて()らぬと()える(わい)251ハヽヽヽヽ』
252(あさ)『オイ国州(くにしう)253イヤ親分(おやぶん)254(なん)()勿体(もつたい)ないことをするのだい。255(つち)(みな)結構(けつこう)(さけ)()んで(しま)つたぢやないか。256本当(ほんたう)一生(いつしやう)(そん)をしたものだ』
257(くに)徳利階級(とくりかいきふ)(くち)(ばか)りへ()れてるのも勿体(もつたい)ないから、258チツとはズブ(した)(つち)にも()ましてやりたいと(おも)ふて爆発(ばくはつ)させたのだ。259タコマ(やま)でもチヨイ チヨイ爆発(ばくはつ)するだないか。260()だ、261ここに一本(いつぽん)(のこ)つてる、262(これ)(きさま)(たち)自由(じいう)にしたが()からう。263(おれ)はモウ()むよりも、264()うして(はら)打割(ぶちわ)つて(さけ)洪水(こうずい)(おこ)(はう)が、265(なに)(ほど)痛快(つうくわい)()れないワ、266アツハヽヽ』
267(あい)一升(いつしよう)(さけ)(これ)から四人(よにん)()つて(たひら)げることとせう。268さうすりや一人前(いちにんまへ)二合(にがふ)五勺(ごしやく)(くらゐ)だ。269マア(さかな)には公侯(こうこう)でも()つて()てバリバリとやるのだな。270そして芸者(げいしや)もなし、271一人(ひとり)()いで()めば私酌(ししやく)にもなり、272(をとこ)のお給仕(きふじ)()がせば男酌(だんしやく)にもなり、273小間物店(こまものみせ)()せば()(しやく)にもなるのだから、274(これ)(しやく)(やまひ)(なほ)し、275溜飲(りういん)()げることに仕様(しやう)かい』
276(あさ)私酌(ししやく)男酌(だんしやく)結構(けつこう)ですが、277()うです親分(おやぶん)278三筋(みすぢ)(いと)這入(はい)らないと(あま)面白(おもしろ)くないぢやありませぬか。279(わたし)(これ)から刑務所(けいむしよ)……オツとドツコイ……芸務所(げいむしよ)(はし)つて()つて、280生首(なまくび)でも白首(しろくび)でも引張(ひつぱ)つて()ませうかな』
281(くに)『おけおけ282芸務所(げいむしよ)梅害(ばいどく)養生所(やうせいしよ)だ。283(また)一筋縄(ひとすぢなは)二筋縄(ふたすぢなは)()へぬ(やつ)が、284三筋(みすぢ)(いと)(はな)(した)(なが)(やつ)(あやつ)つてゐるのだから、285そんな代物(しろもの)輸入(ゆにふ)されちや背水会(はいすいくわい)迷惑(めいわく)だ』
286 ()雑談(ざつだん)(ふけ)(なが)287四人(よにん)一升(いつしよう)(さけ)喇叭呑(らつぱのみ)にして(たひら)げて(しま)うた。
288 ()かる(ところ)289新聞配達(しんぶんはいたつ)(はげ)しき(りん)(おと)チリン チリンと(ひび)()る。
290(くに)『オイ(あさ)291号外(がうぐわい)(ひと)()うて()い、292キツと変事(へんじ)突発(とつぱつ)したに(ちが)ひないからな』
293 (あさ)言下(げんか)(しり)()(まく)り、294号外屋(がうぐわいや)(あと)()つかけ(なが)295『オーイ オーイ』と熊谷(くまがい)もどきに()いて()く。296(あと)三人(さんにん)(あさ)(かへ)るのを(いま)(おそ)しと()つてゐる。
297(くに)地震(ぢしん)でもなし、298政変(せいへん)でもなからうが、299(いま)号外(がうぐわい)(なん)だらうかな。300如何(どう)吾々(われわれ)気懸(きがか)りでならないワ』
301(あい)『さうだな、302此奴(こいつ)ア、303普通(ふつう)ぢやあるまい。304吾々(われわれ)一身上(いつしんじやう)(くわん)する大問題(だいもんだい)(おこ)つたのだあるまいか。305コラ幾州(いくしう)306(きさま)(おれ)(たち)(はなし)立聞(たちぎき)しやがつて、307新聞記者(しんぶんきしや)(やつ)にでも、308(なに)(しやべ)つたのだらう』
309(いく)(なに)310(おれ)(なに)(しやべ)らない。311悪徳新聞(あくとくしんぶん)記者(きしや)此処(ここ)(のき)()つてペンを(はし)らしてゐるから、312此奴(こいつ)可怪(をか)しいと(おも)つて近寄(ちかよ)つて()れば、313記者(きしや)(やつ)314(めう)(つら)して、315どつかへ姿(すがた)(かく)しよつたのだ。316それから()(あと)(すこ)(ばか)(おれ)()いた(だけ)だ。317(あま)(おほ)きな(こゑ)(はな)してゐたものだから「国照別(くにてるわけ)俥帳場(くるまちやうば)(ひそ)む」(ぐらゐ)見出(みだ)しで号外(がうぐわい)でも()したのかも()れないよ。318さうすりや大変(たいへん)だ、319大目付(おほめつけ)(やつ)(おどろ)いて部下(ぶか)取締(とりしまり)(めい)じ、320(おれ)(たち)逮捕(たいほ)()るかも()れない。321サア()(かく)さう、322侠客(けふかく)()(はじ)めに(つか)まつては幸先(さいさき)(わる)いから……』
323 三人(さんにん)はサツと(かほ)(いろ)(かは)つた。324其処(そこ)(ころ)げる(やう)にして(かへ)つて()たのは浅公(あさこう)である。325浅公(あさこう)門口(かどぐち)から、
326『オイ、327タヽ大変(たいへん)だ。328クヽ国依別(くによりわけ)のセヽ(せがれ)329国照別(くにてるわけ)が、330此処(ここ)帳場(ちやうば)潜伏(せんぷく)してゐるから(その)(すぢ)()都下(とか)一面(いちめん)(まは)つたと、331ゴヽ号外(がうぐわい)()いてあるワ。332クヽ国照別(くにてるわけ)(つか)まへられたら、333オヽ(おれ)乾児(こぶん)だから同罪(どうざい)だ。334サア(なん)とかして(この)()()げようぢやないか』
335 国照別(くにてるわけ)平然(へいぜん)として、
336『ハヽヽ、337面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、338(これ)でこそ願望成就(ぐわんまうじやうじゆ)(とき)(いた)れりだ。339オイ愛州(あいしう)340幾公(いくこう)341(あさ)342(おれ)()いて()い。343第二(だいに)計画(けいくわく)(うつ)らうぢやないか』
344()(なが)悠々(いういう)として裏口(うらぐち)から、345一行(いつかう)四人(よにん)夕暮(ゆふぐれ)(やみ)(さいは)ひ、346何処(どこ)ともなく姿(すがた)(かく)した。
347大正一三・一・一九 旧一二・一二・一四 於伊予道後ホテル、松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。