霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 老狽(らうばい)〔一七六三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第4篇 新政復興 よみ:しんせいふっこう
章:第18章 老狽 よみ:ろうばい 通し章番号:1763
口述日:1924(大正13)年01月24日(旧12月19日) 口述場所:伊予 山口氏邸 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
清香姫は侍女・春子姫の手引きで深夜一緒に館を抜け出すが、秋山別・モリスはいち早く変事に気づく。
秋山別・モリスは、清香姫の逐電が人に知られて責任を問われる前に、姫を連れ戻そうと、二人だけで追いかけてゆく。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6918
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 365頁 修補版: 校定版:265頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001清香姫(きよかひめ)千早(ちはや)(ふる)神代(かみよ)(むかし)天教(てんけう)
002(やま)より天降(あも)(たま)ひたる
003日出神(ひのでのかみ)神柱(かむばしら)
004(わが)祖先(おやがみ)(みちび)きて
005(この)()(きよ)むる三五(あななひ)
006(をしへ)(ひら)かせ(たま)ひしゆ
007(かみ)御稜威(みいづ)四方(よも)(くに)
008(しま)崎々(さきざき)(いそ)隈々(くまぐま)
009()ちなく()れなく(ひろ)ごりて
010(あめ)(した)には(まが)()
011青人草(あをひとぐさ)村肝(むらきも)
012(こころ)(うち)より(むつ)()
013さながら天津御国(あまつみくに)天国(てんごく)
014姿(すがた)(うつ)せしヒルの(くに)
015インカの(すゑ)(あが)められ
016(おや)(おや)とは底津根(そこつね)
017堅磐常磐(かきはときは)(いは)()
018(うづ)宮居(みやゐ)(きづ)きつつ
019(うづ)(はしら)のいや(ふと)
020立栄(たちさか)えたる神柱(かむばしら)
021諸人(もろびと)(あふ)がぬ(もの)もなし
022(ちか)御代(みよ)より常世国(とこよくに)
023(よこさ)(をしへ)(はびこ)りて
024(あめ)(くも)らせ(つち)(けが)
025青山(あをやま)をば枯山(からやま)となし
026世人(よびと)(こころ)(すさ)()
027(むかし)(まま)神国(かみぐに)
028(いま)魔国(まぐに)とならむとす
029深夜(しんや)(まくら)(もた)げつつ
030()行先(ゆくさき)(うかが)へば
031ヒルの(みやこ)醜鬼(しこおに)
032棲家(すみか)ありとふ(かみ)(のり)
033八岐大蛇(やまたをろち)(おほかみ)
034(とら)獅子(しし)(くま)猛獣(まうじう)
035(つめ)(かく)して()()ると
036御神(みかみ)御告(みつ)()くにつけ
037(むね)(いた)みぬ(こころ)さやぎぬ
038あゝ(わらは)如何(いか)にして
039国司(こくし)御子(みこ)(うま)れしぞ
040(ひな)(そだ)ちし()にしあれば
041()かる(なや)みもあらまじものを
042清家(せいか)とふ()まはしき空衣(からごろも)(つつ)まれて
043身動(みうご)きならぬ(くる)しさよ
044(あはれ)(たま)天地(あめつち)(かみ)
045(あに)(ちか)ひし(こと)()
046(まも)りて()づるヒルの(しろ)
047(よる)(まぎ)れて山路(やまみち)
048(つた)(つた)ひて(すす)()
049(みち)行手(ゆくて)(くま)()
050(やす)(まも)らせ(たま)へかし
051高倉山(たかくらやま)(この)(しろ)
052(まも)らせ(たま)(うぢ)(かみ)
053ヒルの御国(みくに)永久(とこしへ)
054領有(うしは)(たま)国魂(くにたま)(かみ)
055大御前(おほみまへ)八雲(やくも)小琴(をごと)(だん)じつつ
056(こころ)すがすがすが()きの
057(いと)二筋(ふたすぢ)真心(まごころ)
058(ただ)一筋(ひとすぢ)(いの)るなり
059あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
060御霊(みたま)恩頼(ふゆ)(たま)へかし』
061 ()(うた)つて()(をり)しも、062烏羽玉(うばたま)()(おそ)ふて()た。063清香姫(きよかひめ)(ひそ)かに()(まは)りの準備(こしらへ)などして()(こく)(いた)るを()つた。
064 城内(じやうない)(あかり)()えて四辺(あたり)閑寂(かんじやく)()(ただよ)ひ、065(ただ)天井(てんじやう)(ねずみ)(はし)(おと)がシト シト シトと(かす)かに(きこ)ゆるのみであつた。066時分(じぶん)はよしと、067清香姫(きよかひめ)(ひそ)かに(わが)居間(ゐま)(しの)()でむとする(ところ)へ、068侍女(じぢよ)春子姫(はるこひめ)足音(あしおと)(しの)ばせ(きた)り、
069(ひめ)(さま)070()だお(やす)みぢや(ござ)いませぬか』
071 (この)(こゑ)清香姫(きよかひめ)はハツと(おどろ)(なが)ら、072素知(そし)らぬ(かほ)して、
073『あ、074其方(そなた)春子姫(はるこひめ)か、075(まへ)まだ(やす)めないの』
076春子(はるこ)『ハイ、077(なん)だか、078今晩(こんばん)(かぎ)つて()がさえざえと(いた)しまして、079(ひめ)(さま)のお()(うへ)()にかかり、080(なん)だか()られないので(ござ)りますよ』
081清香(きよか)『お(まへ)()られないかね、082(わらは)(なん)だかチツトも(やす)めないワ』
083春子(はるこ)(ひめ)(さま)084(うた)でも()んで()(あか)しませうか』
085 清香姫(きよかひめ)迷惑(めいわく)(なが)らも、
086(わらは)もやがて(ねむ)れるだらうが、087(しか)一二首(いちにしゆ)(うた)()んで(わか)れませう』
088春子(はるこ)『ハイ、089有難(ありがた)(ござ)います』
090春子姫(はるこひめ)(ひめ)(そば)(ちか)()()め、
091高倉(たかくら)(おもて)()てる鉄門守(かなどもり)
092(その)まなざしの血走(ちばし)りて()えぬ。
093十五夜(じふごや)月光(つきかげ)(のぞ)裏門(うらもん)
094いとも(しづ)けし(かぜ)さへもなし』
095 清香姫(きよかひめ)(はじ)めて春子姫(はるこひめ)が、096自分(じぶん)今夜(こんや)()()すことを(さと)り、097裏門(うらもん)から()()せと(をし)へて()れたのだらうと感謝(かんしや)(なが)ら、
098(ゆく)(はる)(つき)(ひかり)(てら)されて
099(きよ)(かを)れる(うめ)初花(はつはな)
100(にほ)ふとは()白梅(しらうめ)(おく)(ふか)
101谷間(たにま)にもゆる姿(すがた)かしこし』
102(たがひ)(うた)をかはし、103清香姫(きよかひめ)は、
104(つき)庭園(ていえん)をチツトばかり逍遥(せうえう)して()ますから、105春子(はるこ)106其方(そなた)(この)(こと)(だん)じて()つてゐて(くだ)さい』
107()(なが)裏口(うらぐち)へと(しの)()く。108裏口(うらぐち)には蓑笠(みのかさ)109手甲(てかふ)脚絆(きやはん)110(つゑ)(その)()一切(いつさい)(たび)必要(ひつえう)なものがチヤンと(ととの)へてあつた。111春子姫(はるこひめ)(なみだ)(うか)(なが)ら、
112(ひめ)(さま)113(けつ)して、114貴女(あなた)一人(ひとり)(たび)はさせませぬ、115どうぞ御安心(ごあんしん)なさいませ』
116小声(こごゑ)()へば、117清香姫(きよかひめ)(あと)(ふり)(かへ)り、
118何処(どこ)()くのも神様(かみさま)二人(ふたり)()れ、119()()んで(くだ)さるな』
120()(のこ)し、121()つけられては一大事(いちだいじ)裏口(うらぐち)()で、122手早(てばや)()づくろひをなし、123裏門(うらもん)からソツト()()し、124馬場(ばんば)木立(こだち)(した)(くぐ)つて(みなみ)(みなみ)へと(いそ)ぐのであつた。125(あと)春子姫(はるこひめ)126二絃琴(にげんきん)()り、127(へだ)ての(ふすま)(ぢやう)をかけて、128(こと)(だん)じつつ(うた)つて()る。
129此処(ここ)(よる)なきヒルの(くに)
130ヒルの(みやこ)中心地(ちうしんち)
131(かみ)御稜威(みいづ)高倉山(たかくらやま)
132岩根(いはね)()ちし(うづ)(しろ)
133日出神(ひのでのかみ)(むかし)より
134三五教(あななひけう)大神(おほかみ)
135(いつ)きまつりし(うづ)(しろ)
136さはさり(なが)(ほし)(うつ)
137月日(つきひ)(なが)()くに()
138(ひと)(こころ)(やうや)くに
139あらぬ(かた)へと(うつ)ろひて
140()刈菰(かりごも)(みだ)れゆく
141()(あさ)ましき(この)天地(てんち)
142(きよ)めむ(ため)皇神(すめかみ)
143御心(みこころ)(ふか)(さと)りまし
144若君(わかぎみ)(はじ)(ひめ)(さま)
145(おも)()つての鹿島立(かしまだち)
146(おも)へば(おも)へば(わが)(なみだ)
147淵瀬(ふちせ)(なが)れて()()なし
148(この)()(かみ)のます(かぎ)
149若君様(わかぎみさま)姫君(ひめぎみ)
150(ふと)(いさを)()てまして
151(やが)てはヒルの神柱(かむばしら)
152(すく)ひの(きみ)(あふ)がれて
153これの御国(みくに)()ふも(さら)
154高砂島(たかさごじま)端々(はしばし)
155(みな)(その)(とく)(まつろ)へて
156(むかし)(かは)るインカの(さか)
157(まつ)目出度(めでた)高砂(たかさご)
158(じやう)(うば)との末永(すゑなが)
159(をさ)まる御代(みよ)()たれける
160あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
161皇大神(すめおほかみ)御恵(みめぐみ)
162姫君様(ひめぎみさま)行衛(ゆくへ)をば
163何卒(なにとぞ)(やす)(うづ)(くに)
164(あに)(みこと)のましませる
165霊地(れいち)無事(ぶじ)(おく)りませ
166御側(みそば)(ちか)(つか)へたる
167春子(はるこ)(ひめ)赤心(まごころ)
168(ささ)げて(いの)(たてまつ)る』
169 秋山別(あきやまわけ)170モリスは(わが)()(かへ)つて()たが、171(なん)だか胸騒(むなさわ)ぎがしてならぬので、172(ひめ)()(うへ)変事(へんじ)はなきかと、173両人(りやうにん)()せずして、174()(こく)(すぎ)表門(おもてもん)(くぐ)つて(いり)(きた)り、175各自(めいめい)事務室(じむしつ)()つて監視(かんし)(やく)(つと)めて()る。176(ひめ)居間(ゐま)よりは流暢(りうちやう)(こと)()(きこ)えて()た。177秋山別(あきやまわけ)178モリス両人(りやうにん)(こと)()()いて(ひと)()安心(あんしん)し、179両人(りやうにん)愉快気(ゆくわいげ)(こゑ)(たか)らかに談話(だんわ)(はじ)めて()る。
180秋山(あきやま)『モリス殿(どの)181(この)深夜(しんや)御老体(ごらうたい)貴殿(きでん)182御苦労(ごくらう)千万(せんばん)(ござ)る。183(なに)急用(きふよう)でも出来(でき)たので(ござ)るかな』
184モリス『(べつ)(これ)といふ急用(きふよう)()けれども、185(なん)だか胸騒(むなさわ)ぎが(いた)し、186(あるひ)城中(じやうちう)(ひめ)(さま)()(うへ)(つい)変事(へんじ)突発(とつぱつ)せしに(あら)ずやと、187()(もの)(とり)(あへ)ず、188夜中(やちう)(なが)らも、189(とも)をも()れずソツト()(まゐ)つた次第(しだい)(ござ)る。190そして貴殿(きでん)(また)夜陰(やいん)御登城(ごとじやう)になつたのは、191(なに)(かん)ずる(ところ)があつての(こと)(ござ)るかな』
192秋山(あきやま)吾々(われわれ)貴殿(きでん)御考(おかんが)への(ごと)く、193(なん)だか胸騒(むなさわ)ぎが(いた)すので、194(ひめ)()(うへ)(かは)つた(こと)はなきやと心配(しんぱい)でならず(まか)()したので(ござ)る。195(しか)(なが)(ひめ)御居間(おゐま)(ちか)(うかが)()つて、196様子(やうす)(さぐ)れば、197いと流暢(りうちやう)なる(こと)音色(ねいろ)198ヤレ安心(あんしん)とここ(まで)引返(ひきかへ)して休息(きうそく)(いた)して()(ところ)(ござ)る。199どうやら(ひめ)(さま)もお()()したと()えて、200明日(あす)()()たれてならぬか、201一目(ひとめ)()ずに(こと)(だん)じて()られるとは、202(これ)(まで)にない(こと)(ござ)る。203テも(さて)(よろこ)ばしい瑞祥(ずゐしやう)では(ござ)らぬか』
204モリス『如何(いか)にも御説(おせつ)(とほ)吾々(われわれ)若返(わかがへ)つた(やう)()(いた)すで(ござ)る。205一度(いちど)(もと)(むかし)(わか)()(うへ)になつて()たい(やう)(ござ)るワイ。206アツハヽヽヽ』
207秋山(あきやま)(とき)にモリス殿(どの)208(ひめ)(さま)何号(なんがう)がお(のぞ)みであらうかな』
209モリス『あの(うた)によれば、210一号(いちがう)二号(にがう)三号(さんがう)四号(しがう)駄目(だめ)でせう、211()五号(ごがう)御採用(ごさいよう)になるでせう。212秋山別(あきやまわけ)殿(どの)213御芽出度(おめでた)(ござ)る。214貴殿(きでん)御子息(ごしそく)では(ござ)らぬか』
215秋山(あきやま)成程(なるほど)216拙者(せつしや)(せがれ)菊彦(きくひこ)果報者(くわはうもの)(ござ)るワイ。217拙者(せつしや)貴殿(きでん)とは当城(たうじやう)御娘子(おむすめご)紅井姫(くれなゐひめ)(さま)(たい)し、218大変(たいへん)苦労(くらう)(いた)して、219(つひ)にはあの結果(けつくわ)220(じつ)若気(わかげ)(いた)りとは(まを)(なが)ら、221エライ(はぢ)をかいたもので(ござ)るが、222(わが)(せがれ)(ちち)(まさ)つて、223(ひめ)(さま)御意(ぎよい)(かな)ふとは、224テもさても()(なか)(かは)つたもので(ござ)るワ、225オツホヽヽヽ』
226笑壺(ゑつぼ)()つて()る。
227 一方(いつぱう)春子姫(はるこひめ)は……最早(もはや)(ひめ)(さま)(おち)のびられたであらう、228ヨモヤ追手(おつて)もかかるまい。229サア(これ)から(わらは)もお(あと)(した)ひ、230(ひめ)御身(おんみ)保護(ほご)せねばなるまい。231照国街道(てるくにかいだう)一筋道(ひとすぢみち)232夜明(よあ)けに()のない(とら)(こく)233グヅグヅしては()られない……と足装束(あししやうぞく)(かた)め、234裏門(うらもん)より一散走(いちさんばし)りに()()した。
235 城内(じやうない)洋犬(かめ)()える(こゑ)がワウ ワウ ワウと(しき)りに(ひび)(きた)る。236秋山別(あきやまわけ)237モリスは(この)(こゑ)(みみ)()ませ、
238秋山(あきやま)何時(いつ)にない(いぬ)泣声(なきごゑ)239コリヤ一通(ひととほり)では(ござ)るまい。240第一(だいいち)241(ひめ)(さま)のお()(うへ)()づかはしい』
242()(なが)ら、243(ひめ)居間(ゐま)(まへ)(かけ)つけて()ると、244(こと)()はピタリと()んで()る。
245秋山(あきやま)(ひめ)(さま)246御免(ごめん)
247()(なが)ら、248(へだて)(ふすま)をガラリと引開(ひきあ)け、249(のぞ)()れば豈計(あにはか)らむや、250(こと)(ぬし)藻脱(もぬ)けの(から)251()しや便所(べんじよ)ではあるまいかと、252(さが)(まは)れども、253(ひめ)気配(けはい)もせぬ。254春子姫(はるこひめ)(おこ)して(たづ)ねむかと、255春子(はるこ)居間(ゐま)()つて()れば、256(これ)(また)藻脱(もぬ)けの(から)……
257秋山(あきやま)『コリヤ大変(たいへん)だ、258(しか)(なが)らこんな失態(しつたい)(えん)(なが)ら、259国司(こくし)御夫婦(ごふうふ)(まをし)()げることは出来(でき)まい。260(さき)には若君(わかぎみ)取逃(とりにが)し、261今度(こんど)(また)姫君(ひめぎみ)取逃(とりにが)したと()はれては、262吾々(われわれ)両人(りやうにん)(しわ)(ぱら)()つて(まをし)(わけ)をするより(みち)()からう。263(さいはひ)まだ(たれ)()らぬ(うち)だ。264モリス殿(どの)265貴殿(きでん)両人(りやうにん)がソツと(さが)さうでは(ござ)らぬか』
266モリス『秋山別(あきやまわけ)殿(どの)267如何(いか)にも左様(さやう)268吾々(われわれ)大責任(だいせきにん)(ござ)れば、269城内(じやうない)人々(ひとびと)(わか)らぬ(うち)270(あま)(とほ)くは(まゐ)りますまい、271捜索(そうさく)(いた)しませう。272表門(おもてもん)(ひと)()()つ、273()づは裏門(うらもん)より』
274裏門(うらもん)()して(いそ)()く。275裏門(うらもん)()無造作(むざうさ)()(はな)たれ、276(をんな)半巾(はんかち)(ひと)()ちて()る。277モリスは(はや)くも半巾(はんかち)(ひろ)()げ、278夜明前(よあけまへ)月光(げつくわう)(てら)して()れば、279(はる)(しるし)がついて()る。280……テツキリ(これ)春子(はるこ)(ひめ)(さま)(しめ)(あは)せ、281逐電(ちくでん)したに(ちが)ひない……と()(なが)ら、282両人(りやうにん)裏門外(うらもんぐわい)階段(かいだん)をトントントンと()(なが)ら、283(つゑ)(ちから)()けつ(まろ)びつ、284馬場(ばんば)()(しげ)みを()して()つかけ()く。
285大正一三・一・二四 旧一二・一二・一九 伊予 於山口氏邸、松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。