霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 貴遇(きぐう)〔一七六六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第4篇 新政復興 よみ:しんせいふっこう
章:第21章 第69巻 よみ:きぐう 通し章番号:1766
口述日:1924(大正13)年01月25日(旧12月20日) 口述場所:伊予 山口氏邸 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宣伝歌の主は、国照別一行であった。
国照別は、二人の女が山賊に襲われているところに出くわし、間に飛び込んで加勢をする。その勢いに山賊たちは切りたてられ、ほうほうの体で逃げていく。
清香姫・春子姫は、国愛別の密使により、国照別の素性をあらかじめ知っていた。また清香姫は兄より、国照別こそ将来の夫、と聞かされていた。そこで、一緒にヒルの国で立て直しの活動をしようともちかける。
国照別も、ヒルの国にやってきたのは、実は国愛別との約束「珍の国の改良は国愛別が、ヒルの国は国照別が改革する」にしたがってのことであったと、明かす。
一行はヒルの都の場末にやって来た。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6921
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 378頁 修補版: 校定版:304頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001桃上彦(ももがみひこ)(むかし)より
002万古不易(ばんこふえき)国体(こくたい)
003(たも)(きた)りし(うづ)(くに)
004(かみ)(めぐみ)もアルゼンチンの
005高砂城(たかさごじやう)国司(こくし)(せがれ)
006われは国照別司(くにてるわけつかさ)
007(この)()(やみ)()らさむと
008雲霧(くもきり)()けて(あま)さかる
009市井(しせい)(ちまた)()をやつし
010下人草(しもひとぐさ)窮状(きうじやう)
011(うかが)ひすまし(あたら)しき
012五六七(みろく)御代(みよ)(はしら)をば
013堅磐常磐(かきはときは)()てむとて
014(うま)れついたる仁侠(にんけふ)
015()くに退()かれぬ男伊達(をとこだて)
016故郷(こきやう)(そら)(あと)にして
017()みもならはぬ(たび)(そら)
018(こころ)(みが)(きも)をねり
019(しこ)大蛇(をろち)曲神(まがかみ)
020地震(ぢしん)(かみなり)()(あめ)
021いつかな(おそ)れぬ(たま)となり
022(あめ)(つち)とに(わだか)まる
023八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
024(その)(ほか)(もも)曲鬼(まがおに)
025言霊剣(ことたまつるぎ)()きもちて
026言向和(ことむけやは)天国(てんごく)
027御園(みその)(ひら)(わが)(のぞみ)
028(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
029(かみ)(つか)へし(わが)(ちち)
030(すで)年老(としお)(たま)へども
031新進気鋭(しんしんきえい)(たましひ)
032(ふか)(かく)して(しの)びます
033(その)御心(みこころ)(おも)ひやり
034()としていかで悠々(いういう)
035遊惰(いうだ)()をば(おく)らむや
036(おも)()つたる今日(けふ)(たび)
037日出神(ひのでのかみ)(あら)はれて
038(ひら)(たま)ひしヒルの(くに)
039ヒルの(みやこ)()(かく)
040(みなみ)(きた)相応(あひおう)
041(この)高砂(たかさご)天地(てんち)をば
042(むかし)神代(かみよ)にねぢ(なほ)
043神人和合(しんじんわがふ)楽園(らくゑん)
044(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
045竜世(たつよ)(ひめ)御前(おんまへ)
046(つつし)(うやま)()ぎまつる
047(あさひ)()るとも(くも)るとも
048(つき)()(ほし)()するとも
049(かみ)(まも)りのある(かぎ)
050いかで(おそ)れむ敷島(しきしま)
051大和男子(やまとをのこ)(たましひ)
052金鉄(きんてつ)よりも(なほ)(かた)
053(いさ)めよ(いさ)乾児(こぶん)(ども)
054(すす)めや(すす)めヒルの(くに)
055高照山(たかてるやま)(さか)しとも
056()()(あらし)(つよ)くとも
057(みち)行方(ゆくへ)(とほ)くとも
058いかで(ひる)まむ男伊達(をとこだて)
059(をとこ)(なか)(をとこ)よと
060()(うた)はれて()(すく)
061(これ)吾等(われら)(のぞみ)なり
062(これ)吾等(われら)(ねがひ)なり
063あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
064御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
065 国照別(くにてるわけ)国州(くにしう)(はじ)駒治(こまはる)066(いち)067(うま)068(あさ)一行(いつかう)五人(ごにん)捩鉢巻(ねぢはちまき)をし(なが)ら、069真黒(まつくろ)(うで)をヌツト()し、070(ほこり)まぶれの()だらけの(すね)(ひき)()(なが)ら、071此処(ここ)までやつて()た。072()れば(あや)しき(ひと)(わめ)(ごゑ)073唯事(ただごと)ならじと近寄(ちかよ)()れば、074孱弱(かよわ)二人(ふたり)(をんな)相手(あひて)(だい)(をとこ)()めかけて()る。075国州(くにしう)(をとこ)()るは(いま)(この)(とき)と、076赤裸(まつぱだか)(まはし)(ひと)つとなり、077喧嘩(けんくわ)(なか)矢庭(やには)(とび)()み、078大音声(だいおんじやう)にて、
079()つた()つた、080(この)喧嘩(けんくわ)081(おれ)(あづ)かつた』
082(だい)()になつて、083()ちはだかれば、084(この)(こゑ)(いづ)れも二三間(にさんげん)(ばか)(あと)退()いて(いき)(やす)めて()る。085源九郎(げんくらう)(ひや)やかに(これ)(なが)めて、
086『オイ、087どこの唐変木(たうへんぼく)()らねいが、088(おれ)(たち)喧嘩(けんくわ)這入(はい)つた以上(いじやう)は、089みん(ごと)090(らち)をあけるだらうのう。091なまじひ挨拶(あいさつ)なら、092やらねえが()いぞ、093みん(ごと)094甲斐性(かひしやう)があるか』
095(くに)『アツハヽヽヽ、096耄碌(まうろく)(ども)097(しつ)かり()け。098(その)(はう)()旅人(たびびと)(かす)むる悪逆無道(あくぎやくぶだう)泥棒(どろばう)ぢやねえか、099(おれ)はかう()えても天下(てんか)侠客(けふかく)だ。100()(ため)には(いのち)(をし)まねえお(にい)さまだ。101泥棒(どろばう)旅人(りよにん)(かす)めてる(ところ)(いり)()んで()たのは102仲裁(ちうさい)ではねえぞ、103(こら)しめの(ため)にやつて()たのだ。104どうだ、105(その)(はう)(はじ)一同(いちどう)(やつ)106改心(かいしん)(いた)して真人間(まにんげん)になるか、107返答(へんたふ)()かう』
108(げん)『ワツハヽヽヽ、109蟷螂(かまきり)空威張(からゐばり)()110そんなおどし文句(もんく)(おどろ)(やう)源九郎(げんくらう)ぢやねえぞ、111(おれ)(たち)(ひと)(はだか)にして、112財物(ざいもつ)()れば()いのだ。113それを(いな)(やつ)は、114()(どく)(なが)(いのち)()つても目的(もくてき)(たつ)するのだ。115(その)(はう)もいらざる空威張(からゐば)りを(いた)すより、116赤裸(まつぱだか)のまま、1161トツトと(かへ)れ。117いらざるチヨツカイを()すと、118()(どく)(なが)(いのち)がねえぞ』
119(くに)『ハツハヽヽヽ、120盗人(ぬすびと)猛々(たけだけ)しいとはよく()つたものだ、121()れるなら()つて()よ』
122 源九郎(げんくらう)(かみ)逆立(さかだ)(なが)ら、
123『オイ乾児(こぶん)(ども)124(なに)躊躇(ちうちよ)して()る。125タカが侠客(けふかく)四人(よにん)五人(ごにん)126ばらして(しま)へ』
127下知(げち)すれば、128(また)もや十数人(じふすうにん)小盗人(こぬすびと)四方(しはう)八方(はつぱう)より()つてかかる。129清香姫(きよかひめ)130春子姫(はるこひめ)(これ)(ちから)()131前後左右(ぜんごさいう)(てき)(くぐ)つて、132(きり)()(なぎ)()てる。133(またた)(うち)に、134十数人(じふすうにん)(やつ)(はな)()がれ、135(うで)をかすられ、136(あし)()かれ、137ホウボウの(てい)(さん)(みだ)して(にげ)(いだ)す。138源九郎(げんくらう)(この)(てい)()て、139大人気(おとなげ)なくも、140高照山(たかてるやま)山頂(さんちやう)目懸(めが)(かたな)(うち)()(なが)ら、141殿(しんがり)(まも)り、142味方(みかた)(さら)へて()げて()く。143国州(くにしう)()ひかけるも無用(むよう)と、144谷川(たにがは)(みづ)()(すく)ふて(のど)(うるほ)し、145()づくろひをし(なが)ら、
146『オイ(こま)147如何(どう)だつた、148チツト(あわ)()いただらうな』
149(こま)侠客(けふかく)喧嘩(けんくわ)なら喧嘩(けんくわ)仕応(しごた)へもありますが、150(なに)()つても151一方(いつぱう)泥棒(どろばう)だから険呑(けんのん)でなりませぬワ。152マアマア御蔭(おかげ)吾々(われわれ)一同(いちどう)には怪我(けが)()くて結構(けつこう)でした』
153(くに)泥棒(どろばう)だつて、154侠客(けふかく)だつて、155喧嘩(けんくわ)(かは)りは()い。156(しか)(なが)らお(まへ)(たち)も、157此処(ここ)でゆつくり一服(いつぷく)するが()い。158(この)(ひめ)(さま)如何(どう)して(また)あんな(もの)喧嘩(けんくわ)をなさつただらうかな』
159()(なが)ら、160清香姫(きよかひめ)(そば)()り、
161(くに)『エー(ひめ)(さま)162(あぶ)ねえこつて(ござ)えやした。163()御怪我(おけが)()くて、164芽出度(めでた)(ござ)いやす。165わつちや、166国州(くにしう)()つて、167(うづ)(くに)(もの)168ヒルの(くに)()途中(とちう)169(はか)らずも泥棒(どろばう)出会(でつくは)し、170(ひと)目覚(めざま)しをやつて()ましたが、171イヤ(はや)もろい(もの)(ござ)えやした。172アツハヽヽヽ』
173清香(きよか)『ハイ有難(ありがた)(ござ)います、174(あやふ)(ところ)へお(いで)(くだ)さいまして、175こんな(うれ)しいことは(ござ)いませぬ。176貴方(あなた)(いま)177(うづ)(くに)国州(くにしう)()侠客(けふかく)だと仰有(おつしや)いましたが、178そんなら貴方(あなた)(わらは)(たづ)ぬるお(かた)179国照別(くにてるわけ)さまぢや(ござ)いませぬか』
180 浅公(あさこう)(そば)より、
181左様(さやう)々々(さやう)182(いま)こそ侠客(けふかく)になつて(ござ)るけれど、183(うづ)(みやこ)御世継(およつぎ)国照別(くにてるわけ)(さま)(ござ)いますよ。184(よう)()いのにヒルの(みやこ)()かうと仰有(おつしや)るので、185乾児(こぶん)(かな)しさ(やむ)()()いて()ましたが……ヘヽヽヽこんな別嬪(べつぴん)さまが(ござ)るので、186親分(おやぶん)さまも御越(おこ)しになつたのだな、187イヤ(わか)りました、188親分(おやぶん)さま、189一杯(いつぱい)()うて(もら)はにやなりませぬぞ』
190(くに)『エ、191仕方(しかた)()(をとこ)だなア。192(これ)だから(くち)(かる)(やつ)ア、193(こま)ると()ふのだ。194チツト(ひか)へて()らう』
195(あさ)(なん)とマア、196親分(おやぶん)愉快(ゆくわい)(さう)(かほ)197そらさうだらう。198乾児(こぶん)(わし)だつて、199愉快(ゆくわい)(たま)らないもの……()(ひめ)さま(よろこ)びなさい。200貴女(あなた)遥々(はるばる)(した)ふて(こは)()をして、201(たづ)ねて()三国一(さんごくいち)婿(むこ)さまは、202ヘエー、203(この)親方(おやかた)(ござ)いますよ。204(なに)をグヅグヅして(ござ)る、205(はづ)かしい(こと)(なに)もない、206(およ)ばず(なが)207(この)浅公(あさこう)月下氷人(なかうど)となつて握手(あくしゆ)をさせませう。208(なん)(わる)うは(ござ)いますまいがな』
209清香(きよか)(わらは)(あま)りの(おどろ)きで(なに)(まをし)()げる(こと)出来(でき)ませぬ。210春子姫(はるこひめ)211(まへ)(かは)つて、212あの(くに)さまにお(はなし)をして(くだ)さいな』
213春子(はるこ)『これはこれは(あやふ)(ところ)214(たす)(くだ)さいまして、215(あつ)御礼(おれい)(まをし)()げまする。216貴方(あなた)(うはさ)(たか)(うづ)(くに)国照別(くにてるわけ)(さま)(ござ)いますか、217(ぞん)ぜぬ(こと)とて御無礼(ごぶれい)(いた)しました。218(ひめ)(さま)(おほ)せに(したが)ひ、219(わらは)(かは)つて御話(おはなし)(まをし)()()(ござ)いますが、220(ひめ)(さま)はお兄様(あにさま)(しめ)(あは)せ、221国家(こくか)窮状(きうじやう)(すく)はむとして、222色々(いろいろ)画策(くわくさく)(あそ)ばされ、223(いま)(また)兄様(あにさま)密使(みつし)()つて……(うづ)(くに)国州(くにしう)さまと()侠客(けふかく)にお(まへ)娶合(めあは)してやらう、224さうすればヒルの(くに)(すく)(こと)出来(でき)る……と御通知(ごつうち)(ござ)いましたので、225()(もの)取敢(とりあへ)此処(ここ)(まで)(まゐ)つたので(ござ)います。226(はた)して貴方(あなた)国照別(くにてるわけ)(さま)ならば、227こんな好都合(かうつがふ)(ござ)いませぬ。228(これ)からヒルの(くに)へお(とも)をして(かへ)()(ござ)います。229どうぞ(この)()御聞届(おききとどけ)(ねが)ひます』
230(くに)『ウン、231貴女(あなた)国愛別(くにちかわけ)(さま)のお妹御(いもうとご)(ござ)つたか。232兼々(かねがね)兄上(あにうへ)より貴女(あなた)思想(しさう)御器量(ごきりやう)(うけたま)はつて()りました。233(じつ)(ところ)234(この)国照別(くにてるわけ)もヒルの(みやこ)()して()たのは、235貴女(あなた)()()くもあり、236(また)(ひと)(うづ)(くに)国愛別(くにちかわけ)(さま)御願(おねが)(まを)して改良(かいりやう)して(いただ)き、237(その)(かは)りとして拙者(せつしや)がヒルの(くに)根本的(こんぽんてき)改革(かいかく)せむと、238侠客(けふかく)となつて浮世(うきよ)(しの)下層生活(かそうせいくわつ)をし(なが)ら、239回天動地(くわいてんどうち)大業(たいげふ)()さむと、240此処(ここ)(まで)やつて(まゐ)りました。241(これ)(ねが)ふても()(たがひ)奇遇(きぐう)242(しか)らば(これ)より(ひめ)(さま)御伴(おとも)(いた)し、243ヒルの城下(じやうか)(まゐ)りませう』
244 (これ)より一行(いつかう)男女七人(だんぢよしちにん)堂々(だうだう)として、245大道(だいだう)正中(まんなか)宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、246ヒルの(みやこ)()して(すす)()く。247浅公(あさこう)(さき)()つて、248道々(みちみち)宣伝歌(せんでんか)(うた)ふ。
249『テルとカルとの国境(くにざかひ)
250高照山(たかてるやま)山麓(さんろく)
251高砂島(たかさごじま)()(たか)
252大親分(おほおやぶん)(くに)さまと
253あたりを(はら)堂々(だうだう)
254(つち)()みならし(すす)()
255(とき)しもあれや谷川(たにがは)
256傍辺(かたへ)(あや)しき(ひと)(こゑ)
257何事(なにごと)ならむと近寄(ちかよ)れば
258豈計(あにはか)らむや(くも)をつく
259ばかりの(おほ)きな泥棒(どろばう)
260(なが)(やつ)をば(ひき)()いて
261二人(ふたり)(ひめ)をまん(なか)
262前後左右(ぜんごさいう)から()りつける
263此奴(こいつ)(すく)はにやなるまいと
264親分(おやぶん)さまが赤裸(まつぱだか)
265喧嘩(けんくわ)(なか)(おど)()
266()つた()つたと四股(しこ)()めば
267さすがの泥棒(どろぼう)(きも)つぶし
268二足(ふたあし)三足(みあし)(あと)しざり
269蜥蜴(とかげ)欠伸(あくび)をした(やう)
270(そら)(あふ)いで(あき)(がほ)
271親分(おやぶん)さまの掛合(かけあひ)
272()()泥棒(どろぼう)(ことごと)
273大切(だいじ)大切(だいじ)仕事(しごと)をば
274可惜(あつたら)(ぼう)()(なが)
275手疵(てきず)()ふて()げて()
276(あと)国照別(くにてるわけ)さまは
277ヒルの(くに)からやつて()
278天女(てんによ)のやうな(ひめ)(さま)
279二世(にせ)約束(やくそく)(かた)めつつ
280(われ)()乾児(こぶん)(ひき)()れて
281そんならお(まへ)()(とほ)
282(これ)からヒルの都路(みやこぢ)
283()つてやらうと(うれ)()
284()はれた(とき)(ひめ)(かほ)
285(そば)()てゐる(おれ)さへも
286(なん)だか(うれ)しうなつてきた
287オイオイ駒治(こまはる)(いち)(うま)
288(まへ)(もと)取締(とりしまり)
289現在(げんざい)泥棒(どろぼう)()(まへ)
290(なが)(なが)らに(なん)のザマ
291コラツと一声(ひとこゑ)かけもせず
292(あを)(つら)して(ふる)ふて()
293こんな取締(とりしまり)()(なか)
294あると(おも)へば衆生(しゆじやう)
295(まくら)(たか)()られない
296何奴(どいつ)此奴(こいつ)腰抜(こしぬけ)
297親分(おやぶん)さまの御光(おひか)りで
298ここまで御伴(おとも)はしたものの
299()しも一人(ひとり)になつたなら
300キツト泥棒(どろばう)にこみわられ
301(かひな)一本(いつぽん)()()られ
302ベソをかいたに(ちが)ひない
303あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
304(これ)(おも)へば浅公(あさこう)
305矢張(やつぱ)(きも)(ふと)いワイ
306サア(これ)からは浅公(あさこう)
307親分(おやぶん)さまの(いち)(えだ)
308(まへ)乾児(こぶん)になるがよい
309ウントコドツコイ ドツコイシヨ
310(てん)(ふう)じた老木(らうぼく)
311並木(なみき)街道(かいだう)(すす)()
312(われ)()一行(いつかう)(なん)()
313勝利(しようり)(みやこ)()くやうな
314(すず)しい気分(きぶん)になつて()
315(たに)(なが)れは淙々(そうそう)
316飛沫(ひまつ)(たま)(かざ)りつつ
317(わが)一行(いつかう)歓迎(くわんげい)
318(こと)(だん)じて()つて()
319(みね)(あらし)松柏(しようはく)
320(こずゑ)()いて吾々(われわれ)
321謳歌(おうか)して()(いさ)ましさ
322ウントコドツコイ ドツコイシヨ
323(いま)侠客渡世(けふかくとせい)だが
324親分(おやぶん)さまがたつた(いま)
325ヒルの(みやこ)(あら)はれて
326清香(きよか)(ひめ)婿(むこ)となり
327(くに)政治(せいぢ)()られたら
328(かなら)抜擢(ばつてき)(あそ)ばして
329使(つか)ふて(くだ)さるだろ(ほど)
330駒公(こまこう)市公(いちこう)馬公(うまこう)
331それをば(さき)(たのし)みと
332(おも)つて(おれ)()いて()
333前途(ぜんと)はいよいよ有望(いうばう)
334(おも)へば(おも)へば()(たま)
335(いさ)みに(いさ)(おど)()
336(なに)(ほど)(さか)はきつくとも
337(なに)(ほど)()かげは(あつ)くとも
338前途(ぜんと)(のぞ)みを(かか)へたる
339吾等(われら)一行(いつかう)(たましひ)
340()にも()けない(また)(みづ)
341(おぼ)るる(こと)なき大丈夫(だいぢやうぶ)
342大和男子(やまとをのこ)典型(てんけい)
343末代(まつだい)(まで)()()げて
344(くに)(はしら)となるだらう
345あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
346全隊(ぜんたい)(すす)めいざ(すす)
347勝利(しようり)(みやこ)(ちか)づいた
348勝利(しようり)(みやこ)はヒルの(くに)
349あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
350国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
351(われ)()前途(ぜんと)幸福(かうふく)
352(まも)らせ(たま)へと()(まつ)る』
353 ()(かは)(がは)行進歌(かうしんか)(うた)(なが)ら、354十数日(じふすうじつ)()黄昏(たそがれ)(ごろ)ヒルの(みやこ)町末(まちすゑ)()茅屋(ばうをく)()いた。
355大正一三・一・二五 旧一二・一二・二〇 伊予 於山口氏邸、松村真澄録)