霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:前付 よみ:
章:第71巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1925(大正14)年11月07日(旧09月21日) 口述場所:祥明館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
妖僧・玄真坊は色欲に目がくらんで失敗を重ね、現幽二界をさまよって苦難を味わい、ついに照国別一行に救われる物語を骨子とする。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm710002
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 500頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 稀代(きたい)妖僧(えうそう)玄真坊(げんしんばう)002折角(せつかく)掌中(しやうちう)(たま)(しん)じてタニグク(やま)岩窟(がんくつ)()()んだダリヤ(ひめ)()()され、003シヤカンナの部下(ぶか)(かり)()け、004八方(はつぱう)捜索隊(さうさくたい)差向(さしむ)(なが)ら、005自分(じぶん)泥棒(どろばう)小頭(こがしら)コブライを(ともな)ひて、0051(これ)追跡(つゐせき)し、006途中(とちう)神谷村(かみたにむら)玉清別(たまきよわけ)(やかた)にバルギーと(ひそ)んでゐるダリヤ(ひめ)消息(せうそく)()りつつも、007玉清別(たまきよわけ)(せがれ)(かみ)()言霊(ことたま)()(はら)はれて(その)()(たつ)せず、008(さら)小盗児(せうとる)コオロを部下(ぶか)として泥棒稼業(どろばうかげふ)逆転(ぎやくてん)し、009持前(もちまへ)(いろ)(よく)とに再三(さいさん)失敗(しつぱい)(かさ)ね、010現幽(げんいう)二界(にかい)憂目(うきめ)()め、011(つひ)照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)(すく)はるる経路(けいろ)本巻(ほんくわん)骨子(こつし)とし、012()れに(くわん)する中途(ちうと)喜劇(きげき)悲劇(ひげき)乃至(ないし)千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)013(ならび)妖幻坊(えうげんばう)出現(しゆつげん)(とう)興味(きようみ)(あらた)にするもの(すくな)からず。014(かつ)女色(ぢよしよく)金銭欲(きんせんよく)(たい)する霊界(れいかい)戒飭(かいしよく)など、015吾人(ごじん)(かへり)みて体得(たいとく)せざる(べか)らざる教訓(けうくん)深刻(しんこく)(あた)へられてあります。
016 あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
017   大正十五年二月一日 於月光閣
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。