霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 達引(たつぴき)〔一七九五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:第1篇 追僧軽迫 よみ:ついそうけいはく
章:第6章 第71巻 よみ:たっぴき 通し章番号:1795
口述日:1925(大正14)年11月07日(旧09月21日) 口述場所:祥明館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
玄真坊とコブライは道に迷って立ち往生していたが、そこへ、部下のコオロと合流する。
三人は泥棒となって天下を取ろうなどと法螺を吹いているが、そこへ、神谷村を追い出されたバルギーがやってくる。三人はバルギーからダリヤの居場所を聞き出そうとするが、バルギーはダリヤへの義理から、頑として白状するのを拒んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7106
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 527頁 修補版: 校定版:80頁 普及版:36頁 初版: ページ備考:
001(こひ)(くる)ふた妖僧(えうさう)
002天真坊(てんしんばう)はどこ(まで)
003ダリヤの行方(ゆくへ)(さぐ)らむと
004コブライ()きつれ(よる)(みち)
005普門品(ふもんぽん)をば(とな)へつつ
006毒蛇(どくだ)禁厭(まじなひ)しながらに
007スタスタ()けば(やま)()
008いつの()にやら()(あた)
009行手(ゆくて)(みち)(うしな)つて
010()むを()ざれば立往生(たちわうじやう)
011(あか)くなる(まで)()()たる
012かかる(ところ)(むか)ふより
013一人(ひとり)(をとこ)がすたすたと
014(いき)せききつてはせ(きた)
015小石(こいし)につまづきバツタリと
016二人(ふたり)(まへ)(たふ)れける
017玄真坊(げんしんばう)(あや)しみて
018よくよく()ればこは如何(いか)
019岩窟(いはや)(なか)見覚(みおぼ)えの
020泥棒(どろばう)(かほ)()るよりも
021()たりと矢庭(やには)にひつ(つか)
022こぶしを(たか)くふりあげて
023これやこれや貴様(きさま)はバルギーと
024(しめ)(あは)せてダリヤ(ひめ)
025()がした(やつ)(ちが)ひない
026(はや)白状(はくじやう)(いた)さねば
027貴様(きさま)(いのち)(あさ)のつゆ
028(たちま)(きえ)(あと)もなく
029なるが承知(しようち)かこれや如何(どう)ぢや
030すつぱりこんと白状(はくじやう)せよ
031()へば(をとこ)(かほ)をあげ
032アイタタタツタ アイタタツタ
033(まへ)名高(なだか)天真坊(てんしんばう)
034三千世界(さんぜんせかい)隅々(すみずみ)
035一目(ひとめ)見通(みとほ)神様(かみさま)
036(まへ)さまの(ため)(たの)まれて
037ダリヤの行方(ゆくへ)(さが)すもの
038見違(みちが)へられては(たま)らない
039真偽(しんぎ)(ほど)()はずとも
040(かみ)さまならば()れませう
041どうぞ(ゆる)して(くだ)さんせ
042(けつ)して(かみ)御前(おんまへ)
043毛頭(まうとう)(うそ)()ひませぬ
044()へば玄真(げんしん)うなづいて
045顔色(かほいろ)(やはら)(こゑ)(ひく)
046そんならお(まへ)はダリヤをば
047(さが)しに()つて()れたのか
048これやこれやコブライ間違(まちが)ひは
049なからうか調(しら)べて()れよ
050()へばコブライ(かうべ)をば
051(うへ)(した)とに()(なが)
052こいつはバルギーの配下(はいか)だが
053シヤカンナさまに(たの)まれて
054ダリヤとバルギーを(さが)すべく
055先頭(せんとう)(いち)()(やつ)
056(けつ)して(うそ)ではありませぬ
057安心(あんしん)なさるが(よろ)しかろ
058()へば玄真(げんしん)(うなづ)いて
059なる(ほど)貴様(きさま)()(とほ)
060此奴(こいつ)言葉(ことば)(しん)だらう
061ダリヤの行方(ゆくへ)(わか)つたか
062バルギーの様子(やうす)(さぐ)つたか
063(はや)()らして()れないか
064()()でならぬ(この)場合(ばあひ)
065()へば盗人(ぬすと)(くび)()
066(わたし)はコオロと()(をとこ)
067一番槍(いちばんやり)功名(こうみやう)
068(いた)さんものと()るものも
069()りあへずして()(いだ)
070神谷村(かみたにむら)をのり()えて
071ハル山峠(やまたうげ)頂上(ちやうじやう)
072(のぼ)つて()れば()(ひと)
073(はなし)(うち)にダリヤ(ひめ)
074バルギーによう()二人(ふたり)()
075神谷村(かみたにむら)(かみ)()
076(かく)れて()ると()(こと)
077(さと)くも(みみ)()れました
078それ(ゆゑ)(あと)へすたすたと
079()(かへ)したる次第(しだい)です
080屹度(きつと)二人(ふたり)神谷(かみたに)
081(むら)(かく)れて()るでせう
082アイタタタツタ アイタタツタ
083(むか)(ずね)をばすりむいて
084これこの(とほ)血糊(ちのり)めが
085ぼとぼと(なが)れて()りまする
086(はや)(たす)けて(くだ)しやんせ
087(まへ)()めにこんな()
088()ふた(わたし)()てたなら
089(たちま)(かみ)罰当(ばちあた)
090ダリヤの(ひめ)()()らず
091貴方(あなた)(しまひ)にや谷底(たにぞこ)
092スツテンドウと(ころ)げおち
093(えら)()()るに(ちが)ひない
094嗚呼(ああ)(かな)はぬ(かな)はぬ かなはない
095目玉(めだま)とび()すやうだわい
096アイタタタツタ アイタタツタ
097(げん)『エイ、098(ろく)でもない(やく)にも()たぬ蠅虫(はへむし)めツ、099こればかりの(きず)()(づら)をする(やつ)があるかい。100よう(いま)(まで)泥棒(どろばう)(かせ)いで()つたものだなア、101これやコブライ、102貴様(きさま)がしやうもない小供(がき)()ふた(こと)()()けて()()さうとするものだから、103こんな()にあつたのだ。104エヽもうかうなりや仕様(しやう)がない、105どうせ此処(ここ)(とほ)らにやならぬ一筋道(ひとすぢみち)だ。106神谷村(かみたにむら)()るとすりや、107いづれ此処(ここ)にうせるだらう、108ほんとに(わけ)のわからぬ野郎(やらう)だなあ』
109コブ『勝手(かつて)になさいませ、110天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)天帝(てんてい)化身(けしん)大看板(だいかんばん)()つたお(まへ)さまが、111ダリヤ(ひめ)所在(ありか)(くらゐ)(わか)らぬと()ふのはテツキリ(この)()(たばか)売僧坊主(まいすばうず)だ。112(まへ)さまも、113もつとは天眼通(てんがんつう)()いて()るかと(おも)つたに114交際(つきあ)へばつき()(ほど)金箔(きんぱく)()げて115おまけに鼻持(はなもち)のならぬ糞坊主(くそばうず)だ。116もうこんな(こと)()めますわ、117サア(いま)(まで)日当(につたう)をどつさり(くだ)さいませ、118のうコオロお(まへ)(しつか)りして()()がれ、119此奴(こいつ)懐中(くわいちう)(かね)をぼつたくらうぢやないか。120泥棒(どろばう)はお()のものだからのう』
121コオ『それやさうだ、122(おれ)ももつと()()いた坊主(ばうず)だと(おも)つて()たに愛想(あいそ)がつきた。123慈悲(じひ)(なさけ)()らぬ糞坊主(くそばうず)だ。124(おれ)がこの(とほ)(むか)(ずね)をやぶつて(くるし)んで()るのに、125(きやう)一口(ひとくち)()ふて()れるぢやなし、126悪口(わるくち)(たた)くと()不敵(ふてき)悪僧(あくそう)だ。127どうだ二人(ふたり)してバラしてやらうぢやないか』
128コブ『エン、129こんな悪僧(あくそう)をバラす(ぐらゐ)(はうき)(てふ)()さへるよりも容易(たやす)(こと)だ。130(まへ)其処(そこ)()つて()てをれ、131(おれ)荒料理(あられうり)してやる。132もう()うなりや(やぶ)れかぶれぢや、133ヤイ売僧坊主(まいすばうず)134きりきり懐中物(くわいちうもの)をすつかり(わた)せ、135()()()ふと(ろく)(こと)出来(でき)ないぞ。136(しちてんはつたう)()るしみもがいて(じふ)(じふ)(めん)つくつてももはや年目(ひやくねんめ)だ、137何程(なにほど)迷惑(めいわくせんばん)(かほ)をしても()(まま)にしてをく(おく))と()(わけ)にや()かぬ。138サア懐中物(くわいちうもの)(のこ)らずちよう(てう)(だい)せうかい』
139(げん)『アハヽヽヽ。140おい小盗人(こぬすと)野郎(やらう)141(おれ)をどなたと心得(こころえ)()る。142オーラ(さん)(おい)三千(さんぜん)部下(ぶか)(よう)し、143泥棒(どろばう)大頭目(だいとうもく)として(その)()(たか)玄真坊(げんしんばう)だぞ。144()()いてさへ(おどろ)くシーゴー、145ヨリコ(ひめ)(おれ)部下(ぶか)だ、146見事(みんごと)前等(まへら)細腕(ほそうで)()れるなら()つて()よ。147(ある)(とき)泥棒(どろばう)となり、148(ある)(とき)救世主(きうせいしゆ)となり、149千変万化(せんぺんばんくわ)活動(くわつどう)(いた)天真坊(てんしんばう)だ。150(もと)より天眼通(てんがんつう)なんか(わか)つて(たま)らうかい』
151コブ『ヤアそいつは一寸(ちよつと)()()いて()る、152(おほい)(わか)つて()る、153そんなら追撃(つゐげき)一段落(いちだんらく)をつけて、154(あらた)めて玄真坊(げんしんばう)頭目(とうもく)片腕(かたうで)とならうぢやないか、155のうコオロ、156(まへ)だつて泥棒(どろばう)より(ほか)にする所作(しよさ)がないのだから、157よもや不足(ふそく)はあるまい』
158コオ『何分(なにぶん)兄貴(あにき)159宜敷(よろし)(たの)むわ、160玄真坊(げんしんばう)頭目(とうもく)(まへ)161(とり)なしを(ねが)ひます』
162(げん)『アハヽヽヽ、163面白(おもしろ)からう、164(しか)(なが)(ここ)(しばら)くは(ねこ)(かぶ)つて天帝(てんてい)化身(けしん)(すま)()んで()なくては仕事(しごと)出来(でき)ないからのう。165ダリヤ(ひめ)をどうしても(わが)()()れなくては肝腎(かんじん)仕事(しごと)出来(でき)ない。166彼奴(あいつ)はスガの(みなと)富豪(ふうがう)(むすめ)だから(うま)彼奴(あいつ)をひつつかまへ、167ウンと()はしたが最後(さいご)168一躍(いちやく)して長者(ちやうじや)主人(しゆじん)だ。169さうなりや貴様(きさま)()(いち)番頭(ばんとう)()番頭(ばんとう)抜擢(ばつてき)してやらう。170あゝ()富豪(ふうがう)のレツテルを(かぶ)つて泥棒(どろばう)をして()りや滅多(めつた)(あし)のつく(こと)はないからのう』
171コブ『成程(なるほど)172(せつ)御尤(ごもつと)も、173如何(いか)にも左様(さやう)(さふら)へ、174名案(めいあん)々々(めいあん)
175 玄真坊(げんしんばう)両手(りやうて)()(にぎ)(こぶし)胸板(むないた)(かは)(がは)()ちたたき雄猛(をたけ)びしだした。
176『アハヽヽハツハアハヽヽヽ
177幼少(えうせう)(とき)からこの(おれ)
178どてらい(こと)大好(だいす)きで
179(なに)(おほ)きな芝居(しばゐ)をば
180()つてやらうと朝夕(あさゆふ)
181(おも)()んだがやみつきで
182ヨリコの(ひめ)をちよろまかし
183オーラの(やま)三年(みとせ)ぶり
184岩窟(いはや)(かま)へていろいろの
185手段(しゆだん)(めぐ)らし三千(さんぜん)
186部下(ぶか)(あつ)めて(つき)(くに)
187七千余国(しちせんよこく)(おの)()
188掌握(しやうあく)せむと(たくら)みし
189(その)魂胆(こんたん)(みづ)(あわ)
190三五教(あななひけう)梅公(うめこう)
191肝腎要(かんじんかなめ)牙城(がじやう)をば
192(あら)され(いま)是非(ぜひ)もなく
193第二(だいに)策戦(さくせん)計劃(けいくわく)
194遂行(すゐかう)せむとハルの(うみ)
195(なみ)()しわけて()(わた)
196スガの(みなと)富豪(ふうがう)
197(むすめ)のダリヤに()をかけて
198一旗(ひとはた)()げむ(わが)(たく)
199(いろ)(こひ)との二道(ふたみち)
200かけたる(おれ)目算(もくさん)
201肝腎要(かんじんかなめ)(とこ)になり
202どうやら画餅(ぐわへい)となりさうだ
203とは()ふものの人間(にんげん)
204七転八起(しちてんはつき)()ふぢやないか
205一度(いちど)二度(にど)三度(さんど)四度(よど)
206失敗(しつぱい)したとて(かま)はない
207飽迄(あくまで)初心(しよしん)貫徹(くわんてつ)
208()(とこ)まではやつて()
209それが男子(だんし)本領(ほんりやう)
210コブライ、コオロの両人(りやうにん)
211天下無双(てんかむそう)英雄(えいいう)
212玄真坊(げんしんばう)より(ほか)にない
213()(ことわざ)()(とほ)
214勇将(ゆうしやう)(もと)弱卒(じやくそつ)
215(けつ)して()いのはあたりまへ
216(まへ)はこれから強卒(きやうそつ)
217なつて一肌(ひとはだ)()いでくれ
218(おれ)天下(てんか)になつたなら
219貴様(きさま)要求(えうきう)(なん)なりと
220(ふた)返事(へんじ)()いてやろ
221(わが)成功(せいこう)(あかつき)
222指折(ゆびを)(かぞ)(たの)しんで
223(よだれ)手繰(たぐ)つて()つがよい
224あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
225(ひと)(こころ)()ちやうだ
226何程(なにほど)失敗(しつぱい)したとても
227(こころ)土台(どだい)(しつか)りと
228(すわ)つて()れば(かま)はない
229あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
230梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
231大国彦(おほくにひこ)御前(おんまへ)
232(かしこ)(かしこ)()ぎまつる
233エヘヽヽヘツヘエヘヽヽヽ
234愉快(ゆくわい)(こと)になつて()
235(すで)天下(てんか)()つたよな
236(なん)とはなしに心持(こころも)
237ダリヤとバルギーが()(きた)
238此度(こんど)はぬからず()(とら)
239ウンと()はしてくりよ(ほど)
240バルギーの(やつ)懲戒(みせしめ)
241手足(てあし)(ゆび)もバラバラに
242バラしてしまはにや(のち)()
243(わが)目的(もくてき)邪魔(じやま)になる
244そこをぬかるな合点(がつてん)
245エヘヽヽヘツヘ面白(おもしろ)
246いよいよ面白(おもしろ)なつて()た』
247なぞと、248元気(げんき)よく大法螺(おほぼら)()いて()る。249そこへバルギーは村人(むらびと)腰骨(こしぼね)(たた)かれた(いた)さに竹杖(たけづゑ)をつき(なが)ら、250ヒヨロリヒヨロリとやつて()た。251玄真坊(げんしんばう)大喝(だいかつ)一声(いつせい)
252『コリヤ泥棒(どろぼう)()253ダリヤ(ひめ)をどう(いた)した。254(はや)白状(はくじやう)(いた)さぬと貴様(きさま)(いのち)がないぞよ』
255バル『ヤアこれは天帝(てんてい)御化身様(ごけしんさま)256ようまあお(むか)ひに()(くだ)さいました。257ダリヤ(ひめ)ですかい、258彼奴(あいつ)はさつぱりです。259(わたし)ももう(あきら)めました、260安心(あんしん)して(くだ)さい』
261(げん)『こりや、262バルギー、263(なに)()つて()るのだ。264(おれ)女房(にようばう)()()しやがつて、265何処(どこ)(かく)したのだ。266さあすつぱりと白状(はくじやう)せい』
267バル『(おれ)(また)268天帝(てんてい)御化身様(ごけしんさま)女房(にようばう)があるとは()らないものだから、269ダリヤ(ひめ)(たの)まれてスガ(みなと)(おく)るべく途中(とちう)(まで)やつて()(ところ)270神谷村(かみたにむら)(むら)(はづれ)(まで)()()ると、271(しろ)(けむり)となつて(てん)(のぼ)つて仕舞(しま)ひ、272(なに)(ほど)(わめ)いたとて(よん)だとて、273春風(しゆんぷう)(こずゑ)(わた)(こゑ)ばかりだ。274本当(ほんたう)にあのダリヤと()ふのは人間(にんげん)ぢやなかつたらしいよ』
275(げん)馬鹿(ばか)(まを)せ、276左様(さやう)(こと)()つて何処(どこ)かに(かく)しておいたのだらう、277白状(はくじやう)せないと貴様(きさま)(いのち)()らうか』
278バル『(なに)(ほど)(いのち)()られても恩人(おんじん)行方(ゆくへ)貴様(きさま)らに()らしてなるものか、279(をとこ)(くち)から一旦(いつたん)()はぬと()ふたら(した)()かれても()はないのだ。280そんな(やす)つぽい(をとこ)(おも)つて(もら)つては281(この)バルギーさまも(いささ)迷惑(めいわく)だ。282こりや売僧坊主(まいすばうず)283それに不足(ふそく)があるのならどうなりと勝手(かつて)にしたがよい。284こりや其処(そこ)()るのはコオロにコブライぢやないか、285()だこんな売僧(まいす)について()るのか、286もうよい加減(かげん)()(さま)せ』
287コブ『(おれ)売僧(まいす)売僧(まいす)だと(おも)つたが、288(いま)(きい)()れば大変(たいへん)抱負(はうふ)をもつた偉丈夫(ゐぢやうぶ)だから289(いま)親分(おやぶん)乾児(こぶん)約束(やくそく)をしたのだ。290もう(この)(うへ)親分(おやぶん)(どく)づいて()よ、291命令一下(めいれいいつか)292貴様(きさま)(いのち)(もら)ふてやるぞ』
293バル『ハヽヽヽヽ、294猪口才(ちよこざい)千万(せんばん)な、295サアかかるならかかつて()よれ。296(おれ)()うして腰骨(こしぼね)()つて(つゑ)(すが)つて()るものの、297貴様等(きさまら)三匹(さんびき)五匹(ごひき)(もの)(かず)でもない。298さあどうなりと()たがよいワ。299(くび)から()るか(うで)から()るか、300さあ何処(どこ)からなつと()つて()よ』
301(からだ)一面(いちめん)(りう)刺青(ほりもの)をした(はだ)()(くさむら)(うへ)にどつかと()302三人(さんにん)(つら)(またた)きもせず()めつけて()る。
303大正一四・一一・七 旧九・二一 於祥明館 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)