霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 無遊怪(むいうくわい)〔一七九七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:第2篇 迷想痴色 よみ:めいそうちしき
章:第8章 第71巻 よみ:むゆうかい 通し章番号:1797
口述日:1926(大正15)年01月31日(旧12月18日) 口述場所:月光閣 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
玄真坊・コブライ・コオロの三人は、バルギーを袋叩きにした後、ダリヤ姫は逃げてしまったと思い込み、あきらめてハル山峠を上っていく。
玄真坊は、天下を驚かすようなことをやって英雄ともてはやされれば、ダリヤのような美人は思いのままだと一人合点し、一旗あげようと思案をめぐらす。
コブライにどうやって活動資金を作るのかと聞かれ、玄真坊は似せ坊主をやめて、また盗賊に戻るつもりであることを明かす。
そうこうするうちに、コオロは大あくびをして目を覚まし、夢の中で夢の国の国王となっていたと語る。
玄真坊は、その夢を売ってくれと掛け合い、コオロは、夢を売る代わりに自分に命令権を与えてくれと要求する。玄真坊は承知し、一同は山を下っていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7108
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 537頁 修補版: 校定版:109頁 普及版:49頁 初版: ページ備考:普及版・校定版「夢」。八幡版は目次「夢」、本文「無」。
001 オーラ(さん)立籠(たてこも)り、002星下(ほしくだ)しの芸当(げいたう)(えん)じ、003三千人(さんぜんにん)小盗児(せうとる)(あつ)004印度(いんど)七千余国(しちせんよこく)(わが)()(にぎ)らむと(くも)(つか)()うな泡沫(はうまつ)(ひと)しく、005(てん)(かがや)(ほし)竿竹(さをだけ)でガラチ(おと)()うな空想(くうさう)(ゑが)いて、006不格好(ぶかつかう)出来(でき)(あが)つた(はな)(ぱしら)をピコつかせてゐた玄真坊(げんしんばう)007三五教(あななひけう)梅公別(うめこうわけ)()()まれ、008最愛(さいあい)(つま)ヨリコには愛想(あいさう)をつかされ、009兄弟分(きやうだいぶん)(たの)むシーゴーには絶交(ぜつかう)され、010折角(せつかく)策戦(さくせん)計画(けいくわく)(いよいよ)画餅(ぐわへい)()し、011(わづか)三百(さんびやく)悪党輩(あくたうばら)引具(ひきぐ)し、012第二(だいに)作戦(さくせん)計画(けいくわく)遂行(すゐかう)せむと、013(かんぬき)(をんな)(また)しても(をとこ)()()うに彼方此方(あちこち)とウロつき(まは)り、014(つひ)にはスガの(みなと)のダリヤ(ひめ)(うつつ)()かし、015数多(あまた)部下(ぶか)(わか)016タニグク(やま)のシヤカンナが岩窟(がんくつ)天晴(あつぱれ)救世主(きうせいしゆ)(ばけ)()んで罷越(まかりこ)し、017シヤカンナには荒肝(あらぎも)(ひし)がれ、018ダリヤには御丁寧(ごていねい)(かほ)落書(らくがき)までされ、019(その)(うへ)後足(あとあし)(すな)をふりかけ、020ドロンと()えられた(くや)しさに、021シヤカンナの部下(ぶか)応援(おうゑん)(たの)み、022自分(じぶん)はコブライと(とも)山阪(やまさか)(かけ)めぐり、023玉清別(たまきよわけ)(やかた)にダリヤ(ひめ)(しの)びゐる(こと)をつきとめ、024執念深(しふねんぶか)くも(ひめ)奪取(だつしゆ)せむと(へび)(かはづ)(ねら)()うに、025(とざ)された(もん)(まへ)にコブライと(とも)夜警(やけい)(やく)(つと)めてゐた。026そこへ玉清別(たまきよわけ)(せがれ)()(げん)じた(かみ)()言霊(ことたま)()ちまくられ、027ダリヤ(ひめ)(すで)(すで)玉清別(たまきよわけ)(やかた)()()したりと(しん)じ、028ハル山峠(やまたうげ)(ふもと)(まで)やつて()たが、029(おな)じシヤカンナの部下(ぶか)であつたコオロと出会(でくは)し、030バルギーを(たた)()ばし、031此処(ここ)三人(さんにん)()(たづさ)へて、032ダリヤの(こと)()(かく)鉢巻(はちまき)締直(しめなほ)し、033一奮発(ひとふんぱつ)をやつて天下(てんか)耳目(じもく)(おどろ)かすやうな大事業(だいじげふ)遂行(すゐかう)し、034天晴(あつぱ)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)ともてはやされなば、035ダリヤの(ごと)美人(びじん)(もと)めず(とも)(あめ)()(ごと)()つて()るだらうと(ひと)合点(がつてん)し、036不細工(ぶさいく)目鼻(めはな)一所(ひととこ)集中(しふちう)させ、037出歯(でば)をむき()し、038禿茶瓶(はげちやびん)から湯気(ゆげ)()ててニタリと(わら)ふた(その)御面相(ごめんさう)は、039平素(へいそ)苦虫(にがむし)をかんだやうな(むつ)かしい(をとこ)040(おも)はず()()さずには()られない()うなスタイルであつた。
041 玄真坊(げんしんばう)はコブライ、042コオロの両人(りやうにん)後前(あとさき)(したが)へ、043ハル山峠(やまたうげ)頂上(ちやうじやう)辿(たど)りつき、044東南(とうなん)(はう)瞰下(かんか)すれば、045タラハン(じやう)(いらか)(たか)(かべ)(しろ)夕陽(ゆふひ)(かがや)いて、046(なん)ともなく壮大(さうだい)気分(きぶん)()いて()た。047玄真坊(げんしんばう)頂上(ちやうじやう)右側(うそく)なる大岩(おほいは)(うへ)にドツカと団尻(だんじり)(おろ)し、048(なつ)(ゆふべ)(がま)()()()うな調子(てうし)(くち)をパクパク開閉(かいへい)し、049(あご)をしやくり(なが)(ひとり)(ごと)
050『ヤア見渡(みわた)(かぎ)りの連山(れんざん)樹木(じゆもく)繁茂(はんも)し、051土地(とち)(こえ)たる原野(げんや)際限(さいげん)もなく展開(てんかい)し、052タラハン城市(じやうし)(なん)となく殷盛(いんせい)(きは)めた(やう)光景(くわうけい)()(うつ)つてゐる。053大丈夫(だいぢやうぶ)たる(もの)(まさ)(この)()(おい)永住(えいぢう)し、054天下(てんか)()をなすべきである。055シヤカンナも、056かのタラハン(じやう)左守(さもり)として(とき)めいて()つた(やつ)057あれ(くらゐ)(をとこ)左守(さもり)になれる(くらゐ)なら、058(わが)法力(はふりき)才智(さいち)(もつ)(のぞ)めばタラハン(じやう)(わが)()()れる(くらゐ)(なん)手間(てま)ヒマが()るものか、059オヽさうぢや さうぢや、060これから(ひと)(あたま)改造(かいざう)をなし、061大計画(だいけいくわく)(とり)かかつてやらう。062()いては棟梁(とうりやう)(しん)がなくては(かな)ふまい、063(なん)とかして()家来(けらい)()ちたいものだが、064三千(さんぜん)部下(ぶか)(ひき)つれた(この)玄真坊(げんしんばう)065今日(こんにち)(ところ)では(じつ)にみじめなザマだ。066栄枯盛衰(えいこせいすゐ)(つね)ならざるが人生(じんせい)経路(けいろ)とはいひ(なが)ら、067泥棒(どろばう)小頭(こがしら)をやつてゐたコブライや小盗児(せうとる)のコオロ両人(りやうにん)左守(さもり)068右守(うもり)では到底(たうてい)駄目(だめ)だ。069(ああ)(なん)とかして、070せめてはシヤカンナの部下(ぶか)糾合(きうがふ)し、071(また)オーラ(さん)からひつぱり()した三百(さんびやく)部下(ぶか)(あつ)めて、072種々(しゆじゆ)訓練(くんれん)(ほどこ)し、073天下(てんか)()つてみねば、074自分(じぶん)(はら)(むし)(をさ)まらない。075ダリヤ(ひめ)()(がた)いが、076タラハン(じやう)()(がた)い、077ナアニ精神一到(せいしんいつたう)何事(なにごと)()らざらむやだ』
078岩上(がんじやう)()立上(たちあが)り、079東南(とうなん)(そら)をハツタと見下(みおろ)した(その)眼光(がんくわう)080どこともなく物凄(ものすご)()えた。081コブライは(この)様子(やうす)()て、082()()(なが)ら、
083『ウツフヽヽ、084もし玄真坊(げんしんばう)さま、085(なん)だか()りませぬが、086大変(たいへん)雄猛(をたけ)びで御座(ござ)いますな、087丸切(まるき)枯木(かれき)(はな)()(やう)御計画(ごけいくわく)()うに、088一寸(ちよつと)(ぬす)(ぎき)(いた)しましたが、089一体(いつたい)どんな御計画(ごけいくわく)ですか、090タラハン(じやう)なんか到底(たうてい)駄目(だめ)でせう。091あの城内(じやうない)には綺羅星(きらぼし)(ごと)名智(めいち)勇将(ゆうしやう)(はやし)(ごと)(なら)んで()りますれば、092何程(なにほど)玄真坊(げんしんばう)さまが天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)でも、093一寸(ちよつと)(てこ)には()ひますまい。094空想(くうさう)(ふけ)るも結構(けつこう)だが、095ここは(ひと)相応(さうおう)()といふ(こと)御考(おかんが)へにならないと、096御身(おんみ)破滅(はめつ)(まね)くかも()れませぬよ。097(わたし)忠実(ちうじつ)なる臣下(しんか)として、098貴方(あなた)将来(しやうらい)(ため)御忠告(ごちうこく)(まをし)()げます』
099(げん)『ナアニ、100盗人(ぬすびと)分際(ぶんざい)として英雄(えいゆう)心事(しんじ)(わか)るものか、101()細工(さいく)粒々(りうりう)102(おれ)のする(こと)()てをれ』
103コブ『盗人(ぬすびと)分際(ぶんざい)仰有(おつしや)いますが、104貴方(あなた)だつて盗人(ぬすびと)親分(おやぶん)ぢやありませぬか。105殊勝(しゆしよう)らしく数珠(じゆず)(つま)ぐり、106金剛杖(こんがうづゑ)をつき、107救世主(きうせいしゆ)(ばけ)()んで御座(ござ)るが、108(こころ)(なか)はヤハリ虎狼(こらう)(ひと)しい大泥棒(おほどろばう)109()()ふと、110チツタお()(さは)るか()りませぬが、111貴方(あなた)御面相(ごめんさう)には凶兆(きようてう)(あら)はれてゐますよ。112匹夫(ひつぷ)(げん)にも(また)真理(しんり)ありで、113吾々(われわれ)()(こと)もチツとは(みみ)(かたむ)けて()いて(もら)ひたいものですな』
114(げん)『ソリヤお(まへ)()(こと)()かねばなろまい、115(しか)(なが)(おれ)だとて一足飛(いつそくとび)にヒマラヤ(さん)(うへ)まで(あが)らうと()ふのぢやない。116(これ)から(じゆん)()ふて味方(みかた)(ふや)し、117(ちから)(やしな)ひ、118(その)(うへ)(おい)ていよいよ実行(じつかう)()(かか)(つも)りだ。119(なん)()つても三千人(さんぜんにん)部下(ぶか)統率(とうそつ)して()(うで)(おぼえ)のある玄真坊(げんしんばう)だからのう』
120コブ『成程(なるほど)121ソラさうでせう、122貴方(あなた)御器量(ごきりやう)はコブライと(いへど)も、123毛頭(まうとう)(うたがひ)(いた)しませぬ。124(しか)(なが)(なに)をやるにも(かね)先立(さきだ)つぢやありませぬか、125(その)(かね)(いづ)れどつかに(かく)してあるのでせうなア』
126(げん)『ソリヤ(かく)してある(とも)127あのタラハン(じやう)()よ、128(まち)所々(ところどころ)(しろ)(くら)(かべ)()えるだろ、129あれは(のこ)らず(おれ)財産(ざいさん)がしまひ()んであるのだ』
130コブ『アハヽヽ何程(なにほど)財産(ざいさん)がしまひこんであつても、131自分(じぶん)所有主(しよいうぬし)でない(かぎ)り、132公然(こうぜん)とひつぱり()して使(つか)(わけ)には()きますまい、133如何(どう)なさる御考(おかんが)へですか』
134(げん)『そこが天帝(てんてい)化身(けしん)135天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)だ。136(この)()(うへ)にありと所在(あらゆる)財産(ざいさん)(みな)(かみ)(つく)つた(もの)137手段(てだて)(もつ)()()使(つか)(つもり)だ』
138コブ『あ、139さうすると、140貴方(あなた)矢張(やつぱ)り、141天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)仮面(かめん)()ぎ、142(もと)泥棒(どろばう)親方(おやかた)還元(くわんげん)なさる御計画(ごけいくわく)とみえますな』
143(げん)千変万化(せんぺんばんくわ)変現出没(へんげんしゆつぼつ)(きは)まりなきが、144大英雄(だいえいゆう)本領(ほんりやう)だ。145キリストも()つたでないか…(ひと)(かみ)(かね)とに(つか)ふる(こと)(あた)はず…と、146大宗教(だいしうけう)法主(ほつす)不渡手形(ふわたりてがた)発行(はつかう)したり、147貴族院(きぞくゐん)議員(ぎゐん)詐欺(さぎ)広告(くわうこく)をやつて貧乏人(びんばふにん)(かね)(しぼ)つたりする()(なか)だ。148(なん)()つても(かね)(もと)だ。149(きさま)(おれ)目的(もくてき)(たつ)したなれば、150キツと(おも)(もち)ゐてやる、151それ(まで)()んな(こと)でも(おれ)のいふ(こと)は、152(ぜん)にまれ(あく)にもあれ服従(ふくじゆう)するのだ。153第一(だいいち)(まへ)(はら)さへ()まれば、154(この)玄真坊(げんしんばう)神算鬼謀(しんさんきぼう)のあらむ(かぎ)りを(つく)し、155大望(たいまう)(おこ)してみようと(おも)ふのだ』
156コブ『成程(なるほど)157此奴(こいつ)面白(おもしろ)からう。158(しか)しながら貴下(あなた)天下(てんか)()つた(とき)や、159(この)コブライは、160キツと左守(さもり)右守(うもり)にして(くだ)さるでせうなア』
161(げん)『ウーン、162(また)(その)(とき)(その)(とき)(かぜ)()くだらう』
163コブ『(その)(とき)(かぜ)()(やう)によつては、164どんな運命(うんめい)(おち)()れられるかも()れませぬな。165そんな(たよ)りないお約束(やくそく)出来(でき)ませぬワ』
166(げん)(いま)から()らぬ(たぬき)皮算用(かはざんよう)()つて()るよりも、167()実行力(じつかうりよく)肝腎(かんじん)だ。168実行(じつかう)さへすれば、169(まへ)(いや)だと()つても、170(おれ)(はう)から(たの)んで左守(さもり)になつて(もら)ふワ、171論功行賞(ろんこうかうしやう)成功(せいこう)した(あと)(こと)だ。172サ、173(これ)から(ひと)つ、174(おれ)数珠(じゆず)(なげ)()て、175金剛杖(こんがうづゑ)をへし(をり)176天晴(あつぱ)泥棒(どろばう)張本(ちやうほん)石川(いしかは)五右衛門(ごうゑもん)再来(さいらい)となつて、177大活動(だいくわつどう)をしてみよう』
178といひ(なが)ら、179数珠(じゆず)をズタズタにむしつて、180岩上(がんじやう)にブチつけ、181百八煩悩(ひやくはちぼんなう)にかたどつた、182(ひやく)(やつ)つの菩提樹(ぼだいじゆ)(たま)雨霰(あめあられ)四方(しはう)(とび)()り、183金剛杖(こんがうづゑ)(みつ)つにへし()られ、184(うら)めし(さう)(つら)をして大岩(おほいは)(ふもと)(たふ)れてゐる。
185 玄真坊(げんしんばう)流石(さすが)数珠(じゆず)幾分(いくぶん)執着(しふちやく)(のこ)つたか、186(とび)ちる数珠(じゆず)(たま)(なが)(なが)ら、
187南無(なむ)百八(ひやくはち)煩悩(ぼんなう)数珠(じゆず)大菩薩(だいぼさつ)188南無(なむ)大救世主(だいきうせいしゆ)遍照金剛(へんぜうこんがう)(つゑ)如来(によらい)189南無(なむ)阿弥陀仏(あみだぶつ)南無(なむ)阿弥陀仏(あみだぶつ)
190手向(たむ)けの言葉(ことば)(のこ)し、191岩上(がんじやう)(くだ)つて、192(たうげ)(あま)(ひろ)くない赤土(あかつち)(みち)()た。193コオロは(たび)(つか)れで、194コロリと(よこ)たはり(らい)(ごと)(いびき)をかいてゐた。195玄真坊(げんしんばう)(これ)(なが)めて、
196『オイ、197コブライ、198コオロといふ(やつ)199気楽(きらく)(やつ)ぢやないか、200こんな(ところ)何時(なんどき)追手(おつて)()るかも()れないのに、201(らい)のやうな(いびき)をかいて()てゐやがる。202(ひと)(ゆす)(おこ)してみたらどうだ』
203コブ『玄真坊(げんしんばう)さま、204(この)コオロといふ(やつ)205(なに)(なん)だか(わか)りませぬぜ。206ワザとに(たぬき)空寝入(そらねい)りをして、207貴下(あなた)(わたし)計画(けいくわく)(のこ)らず聞取(ききと)208タラハン(じやう)へでも()つた(とき)にや、209(おそ)(なが)らと内通(ないつう)をする(やつ)かも(わか)りませぬ。210どうも此奴(こいつ)のそぶりが(へん)だと(おも)つて、211始終(しじう)注意(ちうい)(おこた)らなかつたのですが、212こんな(ところ)(いびき)をかくとは益々(ますます)(あや)しいぢやありませぬか、213(わざはひ)未然(みぜん)(ふせ)ぐは智者(ちしや)のなすべき(ところ)214二葉(ふたば)禍根(くわこん)()()るが将来(しやうらい)安全策(あんぜんさく)心得(こころえ)ます。215斧鉞(ふゑつ)(もち)ゐても()()はない()うになつてからは、216最早(もはや)如何(いかん)ともすることが出来(でき)ますまい』
217(げん)『さう深案(ふかあん)じをするものでない、218(この)(つら)(なに)出来(でき)るものか、219マア心配(しんぱい)をするな、220(おれ)(まか)しておけ』
221コブ『ヘーン、222さうですかいな、223そんなら(わたし)提案(ていあん)をどうぞ(この)コオロに(はな)さないやうにして(くだ)さいや』
224(げん)『ウンよしよし、225いらざる(こと)(しやべ)つて、226同僚間(どうれうかん)内訌(ないこう)(おこ)させる()うな拙劣(へた)(こと)はやらないよ、227マ、228安心(あんしん)したが()いワ』
229 コオロは「ウーンー」と手足(てあし)()ばし、230ワザと()()つビリビリとふるひ、231アーアーと欠伸(あくび)をつづけて(のち)232()をこすり、233どん(ぐり)(まなこ)をギロリとむき()し、
234『アーアーよう()た よう()た、235たうとう華胥(くわしよ)(くに)国王殿下(こくわうでんか)になりかけてゐたのに、236(をし)(ゆめ)()めたものだ。237……(いのち)にも()へて(をし)けくあるものは、238みはてぬ(ゆめ)のさむるなりけり……だ。239ヤ、240玄真坊(げんしんばう)さま、241ア、242コブライの哥兄(あにい)243えらい失礼(しつれい)をしたな』
244(げん)『よく()たものだな、245(しか)しお(まへ)華胥(くわしよ)(くに)国王(こくわう)になつた(ゆめ)をみたといふが、246そら()辻占(つじうら)だ、247(その)(ゆめ)(おれ)()つてやらう』
248コオ『ハイ、249有難(ありがた)御座(ござ)います、250(しか)(なが)らこんな(ゆめ)金銭(きんせん)()(わけ)には()きませぬ。251(ところ)はハル山峠(やまたうげ)頂上(ちやうじやう)252常磐堅磐(ときはかきは)(いは)()()(ゆめ)ですから、253キツト(これ)実現(じつげん)するでせう、254絶対(ぜつたい)()(こと)出来(でき)ませぬ』
255(げん)(なん)()つても(ゆめ)ぢやないか、256(もと)がかかつてゐるのぢやなし、257百両(ひやくりやう)やるから()つてくれ』
258コオ『…………』
259コブ『モシ、260玄真(げんしん)さま、261そんなバカなこた、262おいたら如何(どう)ですか、263折角(せつかく)計画(けいくわく)(ゆめ)になつちや(つま)りませぬがな。264無形(むけい)(ゆめ)有形(いうけい)(たから)()はうとは、265チツと貴方(あなた)(あたま)(わる)いですな』
266(げん)『バカを()ふな、267(ゆめ)()といふ、268()()なり、269()より()(しやう)ず、270()にして()なり、271()にして()なり、272()(すなは)言霊学上(げんれいがくじやう)言霊活用(げんれいくわつよう)だ。273(てん)なり(ちち)なり、274大宇宙(だいうちう)なり、275大権威(だいけんゐ)なり、276どうしても(この)睡眠中(すゐみんちう)()霊夢(れいむ)(おれ)()()れねば、277目的(もくてき)成就(じやうじゆ)せない。278こらキツと(かみ)さまがコオロにお()せなさつたのだろ。279(まへ)(おれ)とがタラハン(ごく)占領(せんりやう)し、280国王(こくわう)にならうと(まで)計画(けいくわく)()ててゐる、281(その)足許(あしもと)()(ゆめ)だから、282現幽一致(げんいういつち)だ、283こんな瑞祥(ずゐしやう)(また)とあるまい。284それだから、285コオロが()らないと()へば、286(その)(ゆめ)(この)玄真(げんしん)()つて(しま)ふのだ。287(もと)より(ひと)(もの)()るのは(おれ)商売(しやうばい)だから、288アハヽヽ』
289コブ『何程(なんぼ)泥棒(どろばう)商売(しやうばい)だと()つても、290(ひと)(ゆめ)(まで)ふんだくるとは、291(あま)(ねん)()りすぎるぢやありませぬか』
292(げん)(みづ)()らさぬ仕組(しぐみ)といふぢやないか、293(ねん)には(ねん)()れ、294(さい)より()()つて、295注意(ちうい)をめぐらすのが、296(まさ)智者(ちしや)のなすべき(ところ)だ。297至大無外(しだいむぐわい)298至小無内(しせうむない)活用(くわつよう)(すなは)(かみ)たる(もの)資格(しかく)だ』
299コブ『貴方(あなた)(いま)300数珠(じゆず)()て、301金剛杖(こんがうづゑ)をヘシ()泥棒(どろばう)還元(くわんげん)し、302天帝(てんてい)化身(けしん)廃業(はいげふ)なさつたぢやありませぬか。303最早(もはや)只今(ただいま)となつては、304神様(かみさま)()ばはりは通用(つうよう)(いた)しませぬよ』
305(げん)『アハヽヽ、306(かみ)にもいろいろある、307(おれ)正神界(せいしんかい)辞職(じしよく)したが、308(これ)から邪神界(じやしんかい)(かみ)となるのだ。309泥棒(どろばう)にも(かみ)さまがあるよ、310(おれ)(これ)から泥棒(どろばう)(かみ)だ、311ボロンスの(かみ)だ』
312コブ『ヘー、313フンさうすると貴方(あなた)天国(てんごく)浄土(じやうど)死後(しご)安住(あんぢう)はお(のぞ)みにならないのですか』
314(げん)『オイ、315泥棒(どろばう)分際(ぶんざい)として、316(あるひ)(ひと)(くに)占領(せんりやう)するといふ豺狼(さいらう)(こころ)抱持(はうぢ)(なが)ら、3161天国(てんごく)浄土(じやうど)もあつたものかい、317霊肉(れいにく)(とも)地獄(ぢごく)覇者(はしや)となつて活動(くわつどう)するのだ。318極楽浄土(ごくらくじやうど)()つて百味(ひやくみ)飲食(おんじき)(あた)へられ、319(はす)(うてな)安逸(あんいつ)生活(せいくわつ)(おく)無聊(むれう)(くる)しむよりも、320地獄(ぢごく)(ちまた)(かけ)()つて、321(いのち)(まと)車輪(しやりん)活動(くわつどう)(はう)(なに)(ほど)(たの)しいか()れやしないワ。322極楽(ごくらく)なんか(おれ)たちの(しやう)()はない(ところ)だ』
323コブ『ウン成程(なるほど)…チギル秋茄子(あきなすび)324地獄(ぢごく)御尤(ごもつと)もだ。325そんなら(わたくし)玄真坊(げんしんばう)悪鬼(あくき)羅刹(らせつ)乾児(こぶん)となつて修羅(しゆら)(ちまた)突入(とつにふ)し、326獅子(しし)奮迅(ふんじん)327暴虎憑河(ばうこひようが)(いきほひ)(もつ)て、328タラハン(じやう)根底(こんてい)から、329メチヤメチヤに(くつが)へし、330()にかけて御覧(ごらん)()れませう、331イツヒヽヽヽ』
332(げん)『オイ、333コオロ、334どうしても(おれ)()つてくれないか』
335コオ『ハイ、336()りませう。337(その)(かは)(わたくし)(ひと)つの註文(ちうもん)があります。338(かね)()りませぬ、339(わたくし)命令権(めいれいけん)(あた)へて(くだ)さい』
340(げん)『よし、341(あた)へてやる。342(その)(かは)(ゆめ)(たしか)(この)(はう)受取(うけと)つたぞ』
343 コオロは(よこ)()いて一寸(ちよつと)(した)()し、344素知(そし)らぬ(かほ)して、
345コオ『ヤ、346()(がた)い、347サ、348(これ)から玄真坊(げんしんばう)だらうが、349コブライだらうが、350(おれ)命令(めいれい)服従(ふくじゆう)するのだ』
351といひ、352(かた)(そびや)かし、353(にはか)元気(げんき)づく。
354(げん)『ハヽヽ仕方(しかた)のない代物(しろもの)だな』
355コブ『ヘン、356こんな(やつ)命令(めいれい)()いて(たま)るかい、357チヤンチヤラ可笑(をか)しい、358臍茶(へそちや)(いた)りだ。359(しか)玄真(げんしん)さま、360こんな(やま)(うへ)何時(いつ)(まで)()つても、361食物(たべもの)もなし、362何処(どつか)人家(じんか)(おそ)ふて(はら)(こしら)へようぢやありませぬか。363()西山(せいざん)(かたむ)いたし、364(この)(ふもと)(さと)(まで)はまだ三里(さんり)御座(ござ)いますよ、365サ、366(まゐ)りませう』
367とコブライは勝手(かつて)(おぼ)えし山路(やまみち)を、368(さき)()ち、369三人(さんにん)急阪(きふはん)(くだ)()く。
370大正一五・一・三一 旧一四・一二・一八 於月光閣 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)